FC2ブログ

    一撃確殺週末日記 2019.12.1



    ふわー・・・もう12月ですよー!

    令和元年も残り1ヶ月ですねー。今年も年末年始は実家に帰れそうにないですね。
    というか、手術をしてから1年もたったのかあ。

    いろいろご心配おかけしましたが、今はすっかり大丈夫になって元気に暮らしております。
    痺れのデバフも出ることなく、もはや懐かしい思い出となりました。

    とはいえ、健康には気を付けて生きていかねばなりませんね。
    最近また運動不足気味だからなんとかしないとだ。ビートセイバーとかやろうかなw

    では今週のふわっと日記です!どうぞー!




    120123.jpg

    ■ 十三機兵防衛圏クリア。

    あああ~おもしろかったああああ。やっぱりいいですねーSFジョブナイルものは!!
    ストーリーがめっちゃおもしろかった。
    作中いろんなSF作品のオマージュネタが出てくるんですが、網口くんの話がもう完全にあのOVA作品で、初めてあのOVAを見た時に感じた恐怖というか絶望感みたいなものを再体験出来て感動しましたw 作品名を言いたいけど、それを言ったら完全にネタバレになってしまうのでいかんともしがたいw

    戦闘もオマケ程度かと思っていたら、すっごい楽しくて夢中でプレイしてしまった。
    クリア後の感想をネタバレ無しな形で、一度きっちり記事にしたいなと思える作品だった。

    最初から最後まで薬師寺さんは、好みのタイプど真ん中ですw




    SFUSA.jpg

    ■ ストリートファイターUSA

    格闘ゲームの金字塔ストリートファイターが1995年にアメリカでアニメ化されたんですが、これがすごい。
    アマゾンプライムで見れるので是非見てほしい。なんというかもうほんとすごい。見た方がいい。
    よく漫画やアニメの原作が実写化されるとき、原作通りの出来かどうかでみんな怒ったりするじゃないですか。
    このアニメを見たら、僕らは何に腹を立ててたんだろうってなる。
    全話見れば、実写版の進撃の巨人とか割とよくできてるんじゃないか?って思ってしまうくらい寛大な心を持てるようになると思う。

    ハリウッドで実写化されたストリートファイターの流れを組むアニメ作品なのですが、もうね、びっくりする。

    主人公はガイルなんですよね、まあそれはアメリカのアニメだからわかるんですよ。
    で、このガイルさん、世界中の猛者を集めて作ったエキスパートチーム「ストリートファイター」のリーダーなんですよ。
    GIジョーとかXメンみたいな感じです。

    で、われらがリュウやケンも出てくるんですが、扱いがあからさまにひどくて笑えますw
    第一話では、リュウが森の動物におしっこをかけられて、マジで死にかけるんですよ。あのリュウがw

    ザンギエフに至っては、ソビエト出身だからかシャドルーの一員になってたりとアメリカ最強!って感じで口が開きますよw

    鍛錬、正義、責任!鍛錬、正義、責任!ソニックブーム!




    SFUSAd.jpg

    ■ 今週のオンラインの向こう側

    週刊ファミ通さんで隔週連載させてもらっているコラム「オンラインの向こう側」。
    第11話のタイトルは「昼下がりの洗濯戦争」です。

    ある日のFC:じょびのリビングで繰り広げられた「洗濯戦争」がテーマ。
    洗濯をコインランドリーで済ます民族コインランドラーのマイディー。
    なぜか、洗濯を巡って女子メンバーと口論に!マイディーは、コインランドラーとしての生きざまを貫くため理論武装に身を固め、徹底抗戦を試みるが、あるちゃんの意外な一言に撃沈する・・・。完璧な理論を打ち砕いたあるちゃんの一言とは・・・?

    というお話です。買ってねー!!十三機兵防衛圏特集も載ってるよ!




    SFUSAdsse.jpg

    ■ コレクションからセレクションへ。

    そろそろ玩具を置くスペースが無くなってきた。深刻な問題だ・・・。

    今は買ったものは、とりあえず箱から出して並べてますが、並び方に納得がいかない。
    実写物があったり、ロボットがいたり、キャラクターものがあったり。見た目が美しくない!

    なんでも集めるコレクションはそろそろ卒業して、厳選したものだけを買って飾るセレクションに切り替えなければならない。
    来年はいかに見栄え良く飾って行けるかをテーマに買い物を進めてみようかなー。

    ・・・・でも・・・・欲しいものは欲しいし・・・棚をもうひとつくらい買ってみるのもありか・・・・。

    むずかしい・・・・。



    そんな感じの一週間でした!ではまたあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    1日1時間の旅 -13週目-

    13週目

    サブキャラで1日1時間メインストーリーを進めていく「1日1時間の旅」。

    8月の終わりから始まったこの旅も、いよいよ舞台を第一世界に映し、漆黒のヴィランズの旅が始まりました。

    本来はこれをやりたかったんですよねーw それを毎日1時間蒼天から全部思い出す旅時になろうとはw

    というわけで、今週から漆黒編のスタートですが、まだストーリーのネタバレをするのもなあという感じなので、主だった感想を書いていこうかなと思います。

    すたーとー!

    13週目1

    ■ 導入部分で装置を探す。

    新しい旅が始まる前のワクワク部分! このタイトルが出るまでのアバン部分が結構好き。

    前回の引きで、装置を探せ・・・みたいに終わってたので、それが見つかるまでひともんちゃくあるのかと思いきや、ものすごくあっさりとみつかるw いやまどうせ装置をみつけるので「ひともんちゃく」は、たしかにいらないとは思うのですがw 科学的な力なんかを使う準備もしている割には、あまりにも普通に捨ててあったので笑いましたw ただガーロンドのマークがちょっと変わっていて、類似品にご注意!みたいな流れは好きでしたねw ビッグス&ウェッジは癒しだ。

    13週目2

    ■ 時空を超える。

    装置の力で時空を超えて第一世界へと渡るシーン。 クリスタルのかけらのようなものに、過去の出来事が映し出されている空間。 これが何なのかの答えは明確にはされないけど、この世界のいろんな出来事が記録されているクリスタルみたいなものが漂っているというイメージなんでしょうねー。これは個人個人の記憶なのか、それともDVDのチャプターみたいに、出来事単位でまとめてあるのか気になりますね。過去の事だけではなく未来の事も間で記されてるようですが・・・。謎。

    こういうカットシーンが好きなんですよねー。
    自分のキャラクターがたって話しているだけでなく、ゲーム内でできないアクションをしているカットシーン。
    増えるといいな、アクション付きカットシーン!

    13週目3

    ■ 第一世界。

    エオルゼアとは明確に違う幻想的な場所に飛ばされるけど、2.0のオープニングで登場したおじさんと最初に会う。
    この演出はめちゃかっこいい!短い会話の中で、ここは並行世界であり、この世界は夜も明るいという情報がプレイヤーに刷り込まれる。・・・ここでぐいっと心を掴まれますよね。もうこの入りだけで、あ!今回もおもしろそう!って思えるー!

    指輪を印象付ける演出もうまいなあ。

    13週目4

    ■ しばらく歩かせる。

    この演出も超好きですねっ!w あえてゆっくりと街まで進めさせる。
    「街が見えてくる」ってやはり冒険ものでは鉄板演出ですよねw いいわーw

    13週目5

    ■ タイトル。

    目いっぱい見知らぬ土地を歩かさせてから、なじみ深いクリスタルタワーが見えてタイトル!!
    最高のアバンですよね。

    初見時はうわあ・・・うわあ・・・ってなってたけど、2回目ともなると冷静に作りが見えてきておもしろいですw

    13週目6

    ■ 水晶公のお迎え。

    街についてライナと話していると罪食いが現れて、ライナに倒される。
    状況をセリフで説明するのではなく体験で表現する手法がイイ感じ。
    最初の街に付くまでに、舞台の説明と、倒すべき敵がイメージできるようになってるんですねー。

    この時点で水晶公がやった事って、自分の世界を守る為に必死で戦っている人を、自分の都合で呼び寄せてそれよりもこっちを救う為に戦えって言う訳ですから、実はとんでもないやつなんですよね。もちろんそれにはふかーーい理由があるし、自分がやっている事のひどさも心得てらっしゃる。だから最初に詫びを入れてから事情を説明する事でキャラクターも立たせてる。

    結構な情報量を開始早々伝えてくるんですが、1アクションで1つの事を伝えるのではなく、1つのアクションにいろんな手法でうまく混ぜ合わせ情報を伝えてますよねー。

    ソシャゲにありがちなキャラクターの笑えない漫才だけで、最初にどばーっと情報を伝えてくるゲームは辟易するもんなあw

    13週目7

    ■ アルフィノとアリゼー。

    水晶公から、漆黒のヴィランズとはこういう世界だよという説明を一通り受けたら、アルフィノとアリゼーのどちらと先に会うかの選択がある。プレイヤーには嬉しい悩みw 
    ずーっと説明フェーズが続いてきたから、ここで「どっちからいこうかなー?」と頭を使わせてくるのは良いですねw

    最終的にはどちらにも行けるけど、なんとなくアリゼーから行かないと後で怒られそうだし・・・アルフィノは嫉妬とかしないし後でもいいかみたいな、ゲーム内でも変に気を使う僕w

    アリゼー編では、この世界の悲しいルールを、アルフィノ編ではこの世界の歪んだ現状を知る事ができる。

    13週目8

    ■ 規格外のドンさん。

    これもすごいw 今までの敵はドラゴン族を除いて、だいたい常識的な人間の形をしていたけど、ドンさんの規格外のボディには驚かされましたよねw あきらかに人でない人というかw あとチャイ婦人の存在も大きい。
    エオルゼアの人も太るんだっていうw

    あとベースになる設定で面白いと思ったのは、暁メンバーに年齢とは関係ない時間が過ぎ去っているというところ。
    こちらでは一瞬の時間でしたが、キャラクターによっては5年ぶり!とかもあるわけで。その5年間どんな生活をしていたんだろうと想像を巡らせたりする余地が生まれてキャラクターに深みが増したと思う。良い。

    13週目d

    ■ 闇を取り戻す旅。

    アルフィノ、アリゼー両方と合った後は初めてのIDホルミンスターが登場。
    ボスの大罪喰いを倒した後、空を覆っていた光は消え、夜の闇が戻る。

    夜の闇を取り戻す・・・ありそうでなかったこのテーマ。
    本来「闇」「暗さ」はネガティブに感じるものだけど、光を払って夜空が見えた時の美しさは素晴らしかった。

    光の戦士が闇の戦士になり、夜の闇を取り戻す。 厨二展開的ルールもここまでくれば、毒気が抜けて普通にかっこいいw

    そういう面でも漆黒のヴィランズのシナリオはいいんですよねーw

    13週目9

    漆黒スタートからホルミンスターまでは、約7時間ほど。

    とても丁寧に作り込んだ構成で、漆黒のヴィランズでプレイヤーが何をするのかをしっかりと伝えてくれた。

    オンラインゲームにおけるストーリーって、昔はオマケ程度のもので、だいたいこんな感じでいいでしょみたいなものが見えかくれしていたんですが、時代は進みましたねw

    やっぱりいいよ!漆黒は!w

    というわけで、来週に続く。


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    アルマ・コスチュームセット

    アルマコスチューム1

    モグステメンテである!!

    あ、今日この後ちょっと予定がありますので、またまた前置きはカットで行きますねw

    さて!本日新たなる課金アイテムが投下されました!

    今回発売されましたのにはー!

    あるま

    アルマ・コスチュームセット。 1,320 円 (税込)

    リターントゥイヴァリースに出てきた、ラムザの妹であるアルマのコスプレセットですねー。
    もはや説明不要かと思いますw

    ただ・・・元ECO民としては、「アルマ」「課金」と聞くと激しい頭痛が襲ってくるのでちゃんと説明しておかないと・・・。

    頭:なし
    胴:マジェスティック・ドレス
    手:マジェスティック・リストドレス
    脚:なし
    足:マジェスティック・ブーツ


    髪型は、すでに実装されているのでセットには付かないようですね。

    あと今回はコスプレセットなので、染色ができません。 ご注意を。

    では各部位見ていきますね!

    アルマコスチューム2

    ■ マジェスティック・ドレス

    グリーンの色がきれいな、ロングスカートのワンピース。胴装備のみになっています。

    スカートの部分のやわいドレープがかわいらしいですね。

    アルマコスチューム3

    襟とボタンもかわいらしい。

    胸元に来るマントの結び目がタイのようにも見えて清楚な感じがしますよねー。

    あるまさん1

    メガネかけた茶色いスーツの男にめちゃめちゃ狙われそうですが、大丈夫なペンダント。

    アルマコスチューム4

    背中は紺色のマントになっていて、刺繍が入ってます。

    あるまさん2

    裾の部分はこんな感じで、フリルが目立ってかわいらしいですね。

    アルマコスチューム5

    ■ マジェスティック・リストドレス

    これもフリルが特徴的なリストドレスですね。 
    こういうのは、袖の短いコーデの時、ワンポイントにちょうどいいらしいですよ。

    でもどっかで見た事あるデザイン・・・というわけで比較。

    アルマコスチューム6

    左がメイドリストドレス、右が今回のマジェスティック・リストドレスですね。

    メイドリストドレスよりもフリル感が増し増しになっておりますねー。

    アルマコスチューム7

    ■ マジェスティック・ブーツ

    ファンタジー感溢れる大きめのブーツ!

    いいですね!汎用性が高そうw ごついブーツが好きなので、こういうのはいくつあってもありがたいですw

    あるまさん3

    いい冒険感!w

    これも似た感じのアイテムがありますね。

    あるまさん4

    左がファルコナーブーツ、右が今回のマジェスティック・ブーツですね。

    形状は似ていますが、しわの入り方はマジェスティックの方が好みかなー?
    柄が無い分汎用性も高そうですね

    アルマコスチューム8

    ただ、ブーツカット系の脚装備だと突き抜けますね。

    あるまさん5

    うーん・・・・これは不具合なんだろうか?仕様だろうか?

    ファルコナーブーツはちゃんと脚装備に格納されるので、不具合なのかな?

    こういう事は今までなかっただけに、ちょっと不安になりますね。

    アルマコスチューム9

    でも!あくまでコスプレセットですからね!

    セットでコスプレする分には全く問題ないです!アルマさんのかっこをして久しぶりにリターントゥイヴァリースに挑んでみるのもありだとおもいますよっ!

    以上アルマ・コスチュームセットのレビューでした!

    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    十三機兵防衛圏 を遊んだ。

    13機兵

    年末の大型ゲームラッシュ!

    ずっと楽しみにしていたアトラス+ヴァニラウェアの新作「十三機兵防衛圏」が本日発売になった!

    うれしいー!ドラゴンズクラウンも、オーディンスフィアも面白いですからねっ!!

    しかし今回はアクションでもなく、RPGでもなくジャンルはアドベンチャーに近い感じ?
    題材も少年少女と巨大ロボットというド直球のお好みなので、めっちゃ楽しみにしてたんですよねっ!!

    十三1

    以前発売されたプロローグは、13人いる主人公のプロローグのみを遊べた感じでした。
    巨大ロボットである機兵に乗って戦うモードはまだ遊べなかったんですよね。

    あれがどんなゲームに仕上がっているのか!?ワクワクしながらゲームをスタート。

    13機兵11

    ああ・・・この耽美な2D世界。

    1980年代の日本の街が、美しいイラスト風ゲーム画面で描かれる・・・。
    ガクランって最近見ないなあ・・・。

    基本的にはこの美麗な世界を歩き回り人と話しながら進める2Dアドベンチャーなのですが、このゲームは少し変わったシステムになっております。

    13機兵12

    主ににらめっこする画面はこれになるのかな・・・・w

    単純に物語の始まりから終わりまでを追いかけていくのではなく。

    1つの物語をいくつもの視点で追いながら、物語の繋がりを追い求め理解していくという形ですね。
    体験型群像劇…そんな感じでしょうか?

    オーディンスフィアの話6

    オーディンスフィアも同じような形式でしたよね。Aのキャラクターのステージ3のボスがなぜあいつだったのか?みたいなのが他のキャラクターを遊んでみるとわかって物語が繋がっていくみたいな。

    考察が楽しい系ゲーム。

    13機兵13

    これを理解していないまま始めると、「え?どういうこと?」の連発でストレスが溜まるかもしれないw

    慣れてくると、わけがわからない展開になっても「なるほど、今はわからないけど後でわかるやつね」ってなってくるんですけどねw

    13機兵15

    プレイしていると、どこか懐かしさも感じるんですよね。

    今はほぼほぼなくなってしまった「コマンドアドベンチャー」的なわくわく。

    同じ様な所をぐるぐる回って人の話を聞きまくったり、怪しい所を調べまくったりしてやっと出てきた「ネタ」を持って、登場人物に話しかけると、さっきとは違う事を言い始めるあの感覚!w

    これがたのしいw

    13機兵14

    しかも製品版は、アドベンチャーパートに加えてバトルパートもある。

    13機兵157

    バトルは機兵に乗り込んで、ステトラジーで戦うシミュレーションバトル。

    これに勝つと、ミステリーポイントというのがもらえて・・・それを使ってアーカイブを解放し、アドベンチャーパート等で出てきたアイテムの詳細なんかを見る事ができる。それを見て、あ!なるほど!あれはこういう意味だったのね!何てことを楽しむわけですねw

    「いったい何があったのか?」
    「こういう理由であの時あの人はあそこにいたんです」
    「ああ~それでww」

    こういうのが好きな人にはおすすめですw

    13機兵1578

    あとなんといっても、キャラクターがかわいい。

    13機兵15789

    薬師寺さんが好き!

    13機兵1578915

    たくさん主人公がいるので、絶対推しがみつかるとおもいますw

    13機兵15789156

    そして相変わらず美味しそうな、ヴァニラ飯w

    今回の物語はどんな繋がりを見せて、どういう結末になるのか・・・たのしみですねー。

    つづきやってきまーっすw

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    どうぶつしょうぎ。

    どうぶつしょうぎ

    先日ご紹介した、LAST LABYRINTH -ラストラビリンス-。

    こちら、VRを使った脱出ゲームなのですが、謎解きのひとつに「どうぶつしょうぎ」なるものがあるんですね。

    これが割とシンプルなのに奥が深くて結構面白かったんですよ!

    言うなれば、子供用将棋みたいな感じで、駒の数も少なく、ルールも覚えやすいんですよね。

    ルールの説明一切なしでゲームスタート!みたいになるのですが、将棋のさしかたを知らない僕ですら、何の説明もなく遊びながら理解できた。なのですごく印象に残ってたんですよー。

    そして知ってしまった!

    この「どうぶつしょうぎ」って実在するゲームだったんですよ!

    どうぶつしょうぎ1

    なので買ってしまいましたよ!w

    あまぞんで2,000円くらいだったもので・・・w 届いて嬉しかった・・・w

    ゲームのまんまだーっ!ってw

    どうぶつしょうぎ2

    使用する駒も木製の積み木みたいでかわいらしい。

    どうぶつしょうぎ3

    このように駒を並べたら、先攻後攻を決めてゲームスタート!

    人間同士が戦う将棋と違って、ここは野生の王国。

    一発触発の状態からスタート。いつだってサバンナは食うか食われるか。

    ちなみに各駒は、赤丸の方向に1マスだけ動けます。わかりやすい。

    どうぶつしょうぎ4

    そして、将棋と同じ様に、相手の駒に重なったら・・・

    どうぶつしょうぎ5

    その駒はこちらの仲間になり、いつでも好きな場所に助けに来てくれるようになる。

    このあたりも将棋と一緒。

    どうぶつしょうぎ6

    百獣の王である「らいおん」を捕まえた方の勝ち。

    将棋に無いルールとして、らいおんが相手の一番手前のラインにたどり着いても勝ちというルールもあるので、逆転もありえる!このあたりがおもしろいですねー!

    どうぶつしょうぎ7

    あと1マスずつにしか前に進めない最弱の戦士ひよこちゃんですが・・・。

    あいてのラインまで到達すると・・・

    どうぶつしょうぎ8

    にわとりにパワーアップして機動力が増す!

    どうぶつしょうぎがアニメ化された際は、おそらくこのひよこが主人公になるんだろうなあっ!!

    どうぶつしょうぎ9

    対戦していて、うまくやっているつもりがあれ?こんなはずじゃ・・・!?みたいな事も割とあって奥が深い。
    サイズも小さくてかわいらしいし、インテリアとして飾っておいてもいいと思う。

    小さなお子さんにプレゼントするのもいいですねー!
    大人が遊んでもなかなかに面白いですw

    おすすめです!

    え?おもしろそうだけど、一緒に遊ぶお友達がいない??

    そういう場合は、ラストラビリンスを買えばOK!!

    どうぶつしょうぎ10

    ラストラビリンスなら、この「どうぶつしょうぎ」のコンピューター対戦ができるんですよー!

    これならひとりでも楽しく遊べますねーっ!!w やったあ!










    ただ・・・
















    どうぶつしょうぎ100


    笑っていられるかは、あなた次第ですけどね・・・。





    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。