FC2ブログ

    新生した頃。

    新生したころ

    こんにちは!バタバタしててログインできず、ログインできないから記事のネタが無い負のスパイラルが続くマイディーです!

    旧時代を思い出す記事もたくさん書いてきましたが、「新生したころはどんな感じだったのかを知りたい」というおたよりもいくつかいただきましたので、今日はそのあたりを振り返ってみましょうか。

    新生したころ1

    ■ 2012年11月11日、エオルゼアにダラガブが落ちる。

    後に語られるカルテノーの戦いという旧時代最後のイベントがあった日ですね。この日で一応旧FFXIVは終了となったのですが、運営さんのご厚意でギリギリまでサーバーはあけておくね!という嬉しいサプライズがありました。サーバーが開いているのですが、セーブデータは残らないので、割とめちゃくちゃな感じでしたねw 宿屋で目が覚めてベッドを調べると当時最強の武器だったレリックが1つ置いてあって使ってもいいっていうw 12月の終盤くらいまで開いてましたっけ?

    新生したころ2

    ■ 守秘義務。

    この頃、エオルゼアでよく話題になってた言葉がこの「守秘義務」。この頃、旧時代のプレイヤーを対象に新生FFXIVのαテストが行われていたんですね。この時期が僕の長いFFXIVライフの中で一番苦しかった時代。というのも、αテストは抽選で当選した人しか参加する事ができず、テストに参加した人もその内容については、テストに参加する守秘義務によりSSを発表する事も話す事もできない。当選者の発表は段階を追って発表されていくので、参加してる人と参加してない人の間に大きな溝ができてましたねw いいなー・・・って感じでw 僕は初回落ちたので、その夜は悔しくて眠れませんでしたw

    新生したころ3

    ■ 新生エオルゼアαテスト。

    やっと参加できた新生エオルゼアαテスト。嬉しかったですねー。
    この頃のSSもたくさん残ってるのですが、守秘義務により公開不可。

    何より、フィールドでジャンプできるのが新鮮だった!!

    旧時代はジャンプ無かったですしねw

    そんな期間限定のαテストにさんかしながら、新生を心待ちにする日々が半年近く続いた。

    新生したころ4

    ■ 新生エオルゼアβテスト。

    エオルゼアにダラガブが落ちて、約7ヶ月が経過。βテストもフェーズ3まで進み、SSの公開が可能となった。
    旧時代のキャラクターもコンバートされ、いよいよサービス開始も近い!とワクワクしていた時代ですね。

    新生したころ5

    ■ 新生に引き継がれた、旧時代のマイディー。

    まだテストなので、あくまで見た目の引継ぎのみでしたが、感動の再会でしたねw 
    最初の印象は・・・・「なんか違う!?」 でしたw 目の色は薄くなり、メッシュが濃くなってるように感じたんですよね。
    旧時代は全体的に淡い色合いな感じでしたが、新生してグラフィックがパキっとしたのでそう感じたのだと思います。
    新生して新たに胸部の大きさが変更できるようになったので、大きくしたり小さくしたりする人も多かったw
    僕は、「なんでダラガブが落ちたらおっぱいが大きなるねん!」っていう信念のもと、全て旧時代のままスタートしましたw

    新生したころ6

    ■ き・・・君は!?

    これは、旧時代、いきなり実装された謎のサブクエストに登場した特別モデルのララフェルが、実は重要なキャラだった!と知った時のSSですね。ナナモ様・・・。

    新生したころ7

    ■ レガシーは隔離しろ。

    世の中にはひどい人もいるもので、新生から始める一部プレイヤーから「旧時代からいるレガシープレイヤーは隔離しろ」という訴える人もいた。ひどい話ですよねw 2年もこの世界で遊んでるのに、新しく来る人達に迫害されるってw まあ気持ち、わからなくもないですけどね・・・。 旧時代のFFXIVは特別な人だけしかできないのではなく、誰でもできたのになあ。

    新生したころ8

    ■ 新生前夜。

    いよいよβテストもフェーズ4に突入し、ものすごい数の人がログインが予想される。
    今回のβテストフェーズ4はオープンβで誰でも参加できるうえに、そのデータは製品版に引き継がれる。
    アーリーのアーリーみたいな感じですねw レガシープレイヤーは旧時代の荷物なども今回から引き継げるようになった。

    新生したころ22

    僕はログイン戦争に運よく勝つことができ、一目散に遺失物管理人の所へダッシュ。
    早速AFに着替え、モンクになった。

    新生したころ9

    モンクなのに、モンクになる謎ストーリー。いや、いいです。もう持ってるので。

    緊急メンテ中に思ふ3

    ■ そして始まる、アーリーアクセス。

    あの時の熱気は、忘れられない。レガシーも新生から始めた人もものすごい勢いで、エオルゼアを駆け回る3日間。
    僕も一睡もせずものすごい勢いで遊びましたね。

    想像して見て下さい。新生したエオルゼアという大興奮。
    それは、蒼天や紅蓮、漆黒とは違う、まるっと新しくなりましたという世界。

    今遊んでるFFXIVが、半年間ちょっとストップしてプレイできなくなり、全く新しくなって解放されるみたいなものですから、その熱気はすさまじかったですよねw アーリー開始から、22時間が経過したころ、緊急メンテナンスが入った。これが無かったら僕も倒れるまでプレイ続けてただろうなあw

    ログイン戦争と1

    ■ そして始まる「ログイン戦争」と「FFXIV禁断症状」。

    今ではログイン戦争と言っても、長くて5分とか10分とかかわいいものですが、新生したての頃のログイン戦争は桁が違った。
    仕事が終わって帰宅して、ログインしようとすると、2時間~3時間待ちはざら。結局今日はログインできなかったという日もあったくらいですね。めちゃめちゃおもしろいのにログインできないという状況で、ログイン待ちの人がツイッターで「禁断症状」が出てきたとか言い始めたりもしましたねw FFXIV禁断症状と言う言葉が流行ったりもしましたw

    しかし、理由は仕方ないとしても、月額課金なのにログインできないというのは問題でしたねw

    それらも今となってはかなり改善されて、快適になりましたよね。

    入学式3

    そんなログイン戦争も1ヶ月ほどでおさまりみんな楽しく遊べるようになってきた。

    新生から始める人も多く、僕はそんな初心者さんを支援するLSを作って頑張ってましたね。

    あれだけ叩かれたFFXIV。そんな時代の僕のブログを見て新生からFFXIVを始めてくれた人達。
    そんな人たちを集めて作ったのが、LS一撃学園であり、そのメンバー達で作られたFCが、じょびネッツア。
    おかっぱのあるちゃんもなつかしいw

    新生したころのFFXIVを取り巻く環境はこんな感じでした。
    ※あくまで僕の記憶を基に書いているので多少のズレ等はあるかもですが・・・。

    そしてこの後・・・エオルゼアは「大ギスギス時代」を迎えるわけですが・・・それはまたいつかw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ヴェルビン。

    ヴェルビン1

    今朝大きめの地震がありまして。

    フィギュア系を立たせて飾ってる我が家もなかなかの被害にあいました。

    以下、被害の状況です。

    今朝の地震の影響で、キングスカッシャーさんが棚から転落。
    また、リボルテックVF1Jさんも、背後のバクシンガーさんに押される形で棚から転落しました。
    この件に関して、バクシンガーさんは「俺も後ろから押された」と発言しており、調査したところ、どうやら隣にいたモスピーダさんが背面の自重を支えきれず後ろに倒れ、バクシンガーさんを背面から蹴り飛ばす形で転倒している事がわかりました。
    しかしこの件に関しては転落したVF1Jさんは、「モスピーダさんの背面が原因なら仕方ない」と発言しており、両者の間で示談が成立している模様です。
    なお、転落した、キングスカッシャーさん、VF1Jさんに大きな破損は無く、玩具棚全体に安堵の声が広がっています。

    現場からは以上です。

    朝からひやひやしました、いい加減少し整理をした方がいいのかもしれない玩具棚なんですが、地震で倒れたフィギュアを治していると、ふと2020年に入って、まだ何もロボ系を買っていない事に気づき、あわてて買いに行きました。
    あわてる必要まるで無いんですけどね・・・。

    で、今回購入いたしましたのは・・・!

    ヴェルビン2

    ROBOT魂 ヴェルビン (ナの国近衛騎士団長仕様)です!

    どっから説明したらいいんだこれ・・・w えー・・・昔「聖戦士ダンバイン」と言うアニメがありまして、それに登場したロボットをオーラバトラーって言うんですが、これが従来の四角いロボットと違って、丸みを帯びた虫っぽいロボットなんですね。それがとてもかっこ良かったんですが、どうも当時の子供にあまり受けなかったらしく、スポンサーがもうちょっとロボットロボットしたやつも出してくれない?と言い出し、そんな大人の都合で物語の中盤で主人公がオーラバトラーを乗り換える事になるんですよ。そこで登場したのがビルバインって言うオーラバトラーで、そのデザインやカラーリングはダンバインの世界観にあまり合ってなくそこまで人気が出なかった。

    そして放送終了後に、デザイナーの出渕裕氏が中心となり、ダンバインの世界観をよりファンタジーに近づけた「オーラファンタズム」という冊子が発売になった。ここに登場するオーラバトラーはどれもかっこよく、ここからダンバインのリファイン版であるサーバインも登場してきたわけですね。じゃああのビルバインもちゃんと世界観に合った形にしましょうよとなったのかどうかはわかりませんが、ヴェルビンっていうビルバインに似たオーラバトラーも登場した。しかし、ビルバインの大きな特徴である変形機能はファンタジーに寄せる為かオミットされており、色も深い緑のような色だったんですね。そしてさらにそのヴェルビンを当時のビルバインと同じカラーリングにしてみましょうよ!として誕生したのが、このヴェルビン(ナの国近衛騎士団長仕様)という訳ですね。

    この世界観に合わないから折角ファンタジーに寄せてリファインしたのに、それをまたロボットロボットに寄せるという、思わず「どうしたいねん!」って叫びたくなるような経緯を経て誕生したのが、このオーラバトラーってわけですよ!

    もう開封!

    ヴェルビン3

    かっこいいじゃない。
    ものすごくビルバインじゃない。

    もうオーラバトラーさは殆ど無いけどっ!これはこれでイイ!
    このオーラバトラーらしからぬカラーリングも近衛騎士団長のオーラバトラーだから、装飾も凝ってるんだよ!っていう事ですねw そもそも僕、ビルバイン好き派だったので、全然いいw

    ヴェルビン4

    ダンバインが鎧を付けてるような意匠も正統進化っぽくてかっこいいですよね。
    かなりヒロイックなイメージだ。

    ヴェルビン5

    唯一の武器、オーラ・ソード。

    ビルバインが持っていた、オーラキャノンとオーラソードライフルは無い。
    まあビーム兵器は違うような気がするしねw

    ヴェルビン6

    ちゃんと鞘から抜けるのもいいですね。さすがのバンダイ。

    ヴェルビン7

    長さも太さもちょうどいい!! かっこいいなー!

    ヴェルビン8

    各関節もよく考えられていて、よく動くのですが、デザイン上干渉するパーツも多く、なにより各所尖っていて怪我しそうw
    動くとますますビルバインっぽさが出てきていいなー!かっこいい!

    ヴェルビン9

    ダンバインと言えば、今でいう異世界転生ものの元祖みたいな感じですよね。

    今は、CGアニメでオーラバトラーも再現できるし、リファインものを出すには今が好機では!?
    タイトルも今風に「異世界に転生したら、オーラ力がそれなりすごかったんだけど、言うほど無双できずに最終的には全滅した件」とかでいいと思う。

    ヴェルビン10

    しかし、なんで今ヴェルビンが立体化されるんだろう?って思ったら新しいスーパーロボット大戦に参戦してたんですねー。
    ハイパーオーラ斬り。チャムもいいけど、シルキー・マウもいいですよね。
    昔、ガレージキットのシルキー・マウ作ったなー!海洋堂の1/1のやつ!

    ヴェルビン11

    オープンワールドでバイストンウェルを舞台にしたゲームとか出てくれたら嬉しいですよね。
    小さな討伐クエストとかいっぱいあるやつ。オーラバトラーをカスタマイズしたりとか。

    ロボットものだと歩幅が人よりもかなり大きくなるので、オープンワールドにしてもあまり広く感じないのかもしれないw

    ボトムズ、ザブングル、ダンバイン、エルガイム、どれも世界観が素晴らしいと思うので、そういう世界を冒険したいですねー。

    ヴェルビン111

    というわけで、2020年最初の独身万歳!はヴェルビンでした!

    今年も、最新玩具に拘る事無く、自分のタイミングでいろんな玩具をレビューしていこう。
    たとえそれが読者さんが知らないようなマニアックなものだとしても、好きなんだからしょうがない!

    という訳で、今年も多々買うぞ!
    独身万歳!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    旧時代のマーケット。

    旧時代のマーケット

    旧時代はマーケットボードが無かったと聞きます。
    どんな感じだったんですか?


    とのご質問を頂きました!オンラインゲームブログの1月ってお正月休みの影響で、だいたいネタが無いですからねっw
    助かりましたw

    何度か当ブログでも書いた事がありますが、過去記事からそれを探し出すのもつらいと思うので、新たに書いていきます。

    そうですねっ!現在では当たり前になっているマーケットボード。

    マケボの話1

    最近では検索機能まで充実してきたマーケットボード。

    ユーザー間で、クラフトの素材から、最新の装備、おしゃれ装備なんかの売り買いが毎日盛んに行われていますよね。

    もはやエオルゼアでの生活をおくるうえで、CFと同じくらい重要な位置にあるシステムです。

    旧時代にマーケットボードは無く、ユーザー達は別の形で商売に励んでいました。

    その方法は大きく2種類。

    まず一つ目がこちら・・・

    マケボの話2

    ■ リテイナー街。

    狭い空間に、冒険者のリテイナーたちがただ宙を見つめて無言で立っているエリアです。
    中国の兵馬俑の遺跡みたいな感じです。ただ無言で立っている。
    何か買い物をしたい場合は、まずこのリテイナー街に赴きます。

    マーケットボード5

    そしてこの一人一人が、色々な物を売っているので、そこで物を買うというシステム。

    ええーっ!?って思うかもしれませんが、当時のオンラインゲームはこのスタイルが一般的でした。

    マケボの話3

    ECOなんかも同じシステムでしたよね。ただECOの場合はキャラクターもアニメっぽくかわいらしい感じなので
    そんなに違和感が無かったのですが・・・

    マーケットボード1

    FFXIVの場合はグラフィックがリアルなので、ちょっと怖い感じです。
    スタート直後は結構不便な事も多かった。

    マケボの話4

    まず検索機能が最初は無かったので、例えばパンタレットが欲しいなあと思った場合、棒立ちしているリテイナー一人一人商品を覗いて売っているリテイナーを探さなければならない・・・。そして数十分彷徨った挙句、売ってないとか、たまにありましたねw 一応リテイナー街はいくつかあって、フロアごとにカテゴリーは分けられているのですが、どこに配置するかはユーザー次第だった。 例えばパンタレットだったら衣類のエリアに配置したりするんですが、売ってるのはパンタレットだけではなく素材なんかも売ってるわけで・・・w 結局全エリアを歩き回って探すというシステムでしたねw

    開業!1

    あと面白かったのは、リテイナーを出す際にギルを支払えば、壁際のカウンター付きの所に店が出せるというシステムw

    まあなんせ大量にリテイナーが立っているので、欲しいアイテムをみつけても、他の所の値段はどうなんだろうと別の所を見ているうちに・・・・さっき売ってたリテイナーを見失うという事が多々あったので、目立つカウンターを陣取るのは大事でしたねw

    マーケットボード4

    こういう風に書くと、なんだか最悪なシステムだな・・・w って思われるかもしれませんが、これはこれで良い所もあった。

    当時はまだゲームがスタートしたばかりで、世の中にどんな装備や、アイテムがあるのかみんなわからない。なので無数のリテイナーひとつひとつを見て、「へえ・・・これいいなあ」って言いながら見て回るウインドウショッピングがかなり楽しかった。

    試着も出来ませんからね・・・これ・・・どんな装備なんだ??っていうのも買わないとわからないっていうのもおもしろかったですねw 買い物がなかなかにギャンブルでw

    そしてもう一つの商売方法が・・・

    開業!マイド洋品店9

    ■ キャラクター直販売。

    ネームプレートの名前の横に袋のマークが入っているプレイヤーは何かを売っている。その人に近寄って、販売ウインドウで売っているものを確認し、その場で買う。今考えると、買う側もちょっと勇気がいるシステムですよねw

    このシステムは、今ではもう無くなってしまってちょっと残念ですね。というのも、このシステムで買い物をすると、売っている人も売れたのがわかるので、お辞儀のエモートとかをしてくれる。それが切欠で友達になるという事も多かったですからねー。

    マケボの話5

    またこのシステムを使って、クラフターさん達によるユーザーイベントも盛んに行われていましたね。
    ミィケッド音楽堂なんかで、開かれる事が多く、みんなこの直販売のシステムを使ってバザーを開いてる。
    これがまた、リテイナー街で買うよりもやすかったり、リクエストの答えてその場で作ってくれたりもするので、盛況でしたね。

    今考えるととてもMMOらしい光景ですよねw

    マケボの話6

    ただ、かばんの容量が今ほど無かったので、直販売のリソースを第二の鞄として使ってる冒険者も多かったw
    矢とかを9,999,999万ギルとかにしてねw

    マケボの話7

    後半になると、リテイナー街に行かなくても、入り口で買い物ができるマーケットボードに近いシステムが実装されたので、このリテイナー街をぶらぶら歩く人はほとんどいなくなった。なので、よくここに来てエモート連発してましたねー。ログが人の迷惑にならないんでw

    しかし、マーケットボードの裏にはちゃんとこうしてリテイナーたちが立ってたわけですよwなかなかSFっぽいですよねw 
    実は今のエオルゼアのマーケットボードの地下にも無数のリテイナーが棒立ちしているのかもしれませんね・・・。

    旧時代のマーケット12

    たしかに今のマケボの利便性と比べると、不便でストレスが溜まるようにも思えるかもしれませんが、これはこれで、買い物ひとつとっても相手が人間なんだなと感じる事ができて、僕は好きでしたねー。

    便利になれば手間が無くなり、手間が無くなれば出会いが減る。
    まあこれは、世の常、人の常。仕方ないですけどねw

    でもまあっ!今の方が絶対良いですよw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2020.1.12



    今日が日曜日!

    結局あれから、例の夢の続きが見れてない・・・。2話でどうやら打ち切りになったようです。
    世の中どうやら三連休のようですねー。僕も今日は特に予定も無かったので、ずっとヤフオク見てましたねw
    家に居ながらにして無限に商品が出てくるヤフオク・・・ついつい時間を忘れてクリックを続けてしまう。
    特にこれといって欲しいものは無いんですけどねー・・・。僕はヤフオクはよく使うのですが、メルカリは使ったことが無い。
    全部即決のお値段になっているのはありがたいなーと思うのですが、こ・・・これは!!っていうのがだいたいSOLDOUTになっててガッカリするって事も多かったりしますw 世に出てるメルカリのいろんなコメントのやり取りを見てるのでなんかこう・・・ね。
    いや、そういうの良くないですね。一度使ってみようかな。

    というわけで、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    ゲーム障害

    ■ ゲームは1日60分!休日は90分!

    今週、香川県でゲーム障害対策として中学生以下のお子様を持つ親御さんに、子供が平日60分以上、休日は90分以上ゲームを遊んだら、こらー!って怒らないといけない責務を持たせるという条例案が話題になった。これに対してツイッターのTLではゲーマーの怒りが爆発してましたねー。僕も記事を読んだ時、またかとムッとしたんですが、ゲーム障害は問題ですもんね。オンラインゲームをやりすぎて学校や会社に行かなくなり生活が破綻する。そういう人はたしかにいますが稀ですよね。1の危険の為に9を規制し様々な可能性をもつぶしてしまうというのは、何の忖度も無い幼稚で雑なやり方だなあとは思いました。

    香川県議会議員さん、敵を倒すには、まず敵がどんなものかきちんと知らないといけない。

    そんな貴方に、『ファイナルファンタジーXIVフリートライアル』というものが存在する。

    グングニルにキャラクターを作り、僕に連絡ください。
    僕が手取り足取りオンラインゲームの真実を教えますので、一緒にツインタニアを倒してみませんか?






    ■ ふん、来たな。戦争を教えてやる・・・

    ありがとうございます!ありがとうございます!MSIGLOO2話の無料配信!
    やっぱり好きですねっ!この話っ!! 意地を通すというロマン。で、そこに垣間見える美学。
    男にとって、死は不幸ではなく、人生というストーリーの〆に他ならない。誇りを持って死ぬ。何かを貫いて死ぬ。
    そうする事で、自分の人生がきれいに〆る。絶頂点で死に、その後のグダグダを吹き飛ばす。かっこいいじゃないですか。

    こういう話って僕ら男子的には気持ちいいんですが、女性的にはどうなんだろう??
    このガンダムな上に、頑固なおっさんが悲惨な状況に陥りながらも、必死でもがいて死ぬというMSIGLOO。
    月刊なかよしとは真逆に振り切ったMSIGLOO。女性が見た感想が気になる限りですw

    CGが古いですね ٩(ˊωˋ*)و とか言われそう。

    それがええねんっ!!




    20201112c.jpg

    ■ 今週の80sロボ 「太陽の使者 鉄人28号」

    今週から1体ずつ1980年代のロボット玩具を紹介していきますね。

    こちらは超合金魂の太陽の使者鉄人28号。初代のまるっとした鉄人も大好きなんですが、80年代と言えば、こちらの太陽の使者バージョンですよね。西洋の甲冑のようなデザインはそのままにマッシブな体形に進化した鉄人。これはほんとにシンプルでかっこいいですよね。武器などはまったく使わず、腕も飛ばなければ、ビームも出ない。鉄の四肢が唯一の武器だ!パワーis正義。でも、当時版の超合金は、トサカが取れてオノになるギミックとかあったようなw

    なんといっても!あのオープニングがかっこいい。

    悪魔が街を狙ってる。僕らの街を狙ってる。スクランブルだ緊急出動、油断をするな。
    メカニック!スイッチオン!ハンマーパンチ。

    この「メェ~カニーィック、スイッチ!オンッ!」ってとこ・・・かっこよすぎませんかっ!!?

    暖房とか湯沸かし器とか、毎日何かしらのメカニックのスイッチをオンする僕らの生活ですが、その全てをこのテンションで生きられたらほんと楽しく生きれそう。

    ちなみに1番は、メカニックスイッチオン!ハンマーパンチ~♪という歌詞なのですが、2番になるとメカニックスイッチオン!センサーライト~♪なんですよね。センサーライトて・・・w人が通るとカチっとつくようなイメージしか・・・そういう所が愛おしくもありかっこいいですよね!

    そんな感じの一週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    最近のお気に入りSSスポット。

    最近のお気に入りスポット

    今日日曜日だと思って、週末日記をさっきまで書いてましたw

    休憩がてら、ビデオパスでゼロワンでも見ようと思ったら最新話が更新されて無くて、アレー休みかなー?とか思ってカレンダーみたら土曜日だった。あああ・・・ってなりましたね。

    というわけで本日はサクッと最近のお気に入りSSスポットです。

    おめがアルファ4層

    今回のおススメはこちら、次元の狭間オメガ:アルファ編4層。

    真っ暗な宇宙に星が散りばめられており、暗くもなく明るすぎもしない・・・特に照明をいじらなくてもかっこいいSSが撮れる場所ですね。人数制限解除でソロでも突入可能。

    最近のお気に入りスポット1

    全体的に白いライトが当たっているような感じですので、特に新たな照明を設置せずとも、明るさのマニュアル調整をちょいちょいっといじって自分好みにすればかっこいいSSが撮影できると思います。

    おめがアルファ4層11

    背景のデジタルっぽい模様もかっこいいですね。

    ワープ進化しそうです。

    最近のお気に入りスポット3

    【鮮やか4】

    特に照明を使わなくても、ここで鮮やか4を使えばかなりパキっとした色合いが出ます。
    屋外でも室内でもないスタジオで撮ったような雰囲気。

    最近のお気に入りスポット2

    【鮮やか4】+【水濡れ表現】

    鮮やか4のフィルターをかけるとかなりキャラクターが明るくなりますが、水濡れと明るさ調整を行い周りを落ち着かせると、目の輝きに力が入ります。

    おめがアルファ4層12

    ありがたい事にボスも強いので、結構早めにやられてくれますw
    撮りたい技を使ってそのまま倒され、リスタート後にグループポーズを起動すれば、ゆっくりと技を使っているSSを撮影する事ができます。

    これを使って、かっこいい技を繰り出しているSSも簡単に撮影可能。

    おめがアルファ4層13

    かっこいい。

    おめがアルファ4層14

    【鮮やか3】

    背景が星空なので、鮮やか3のクールなフィルターもよく合います。

    これもかっこいいですよねー。

    最近のお気に入りスポット4

    【鮮やか3】+【水濡れ表現】

    これもかっこいい。水濡れが入る事で装備品や肌の色が少し落ちるので、クールさが増し増し。

    おめがアルファ4層15

    とにかく後ろのデジタルっぽい模様がいい仕事しますので、横長なSSを撮って、ツイッターのヘッダーなんかにしてもかっこいいと思いますよ!

    そんなこんなで、今日は最近のおススメSSスポットのお話でした!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。