カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「玩具日記 」カテゴリ記事一覧


    カッコいいだって正義。

    かっこいいだって正義

    実はずーっと以前にファイヤーコンボイをご紹介させていただいたとき・・・

    次回は「ギャラクシーコンボイ」だよ!みたいな事を書いたのですが・・・あれから一年以上忘れてました!!

    っていうかした気になってたなあ・・・。そんなわけで・・・

    本日ご紹介いたしますのはーっ!!

    ぎゃらこん1

    タカラトミー トランスフォーマーギャラクシーフォース
     ギャラクシーコンボイ
     です。

    2017年はたしかトランスフォーマーの映画がまた上映されるらしいので、また注目を集めるであろうトランスフォーマー。

    でも、映画のトランスフォーマーってなんだか、日本のロボットヒーローっぽくないどことなく、生物っぽいデザインが特徴ですよね。

    まああれはあれでかっこいいのですが、どうもこう日本のロボマニア的には「うんうん・・・」みたいな感じのテンションになってしまう。

    しかし!本日ご紹介します ギャラクシーコンボイ は往年の日本ロボマニアも納得するヒロイックなコンボイさんなんですよっ!

    ぎゃらこん2

    まずはビークルモード。 モチーフは科学消防車ですかね??

    かなり未来的な消防車です。絶対火を消す気がない、戦いに行く気満々なデザインがかっこいいですね。

    ぎゃらこん3

    1/144のガンダムと比較。結構大きく作りもしっかりとしている。

    このギャラクシーコンボイが発売されたのは、今から13年前ですね。この頃はまだプラスチックの原価が安かったらしくトランスフォーマ玩具もオーパーツ的な贅沢仕様のものが多かった。

    またこのギャラクシーコンボイは、海外産ではなく、国産でデザインされた最後のコンボイタイプでもあります。
    2004年当時のかっこいいロボ要素がかなり取り入れられているので、国内での人気も高いんですよね。

    では・・・かっこいい司令官にトランスフォーム!

    ぎゃらこん4

    まずは、放水銃やラダー(?)部分をガバッと分離。

    トランスフォーマーはパーツを取りはずす事なく完全変形する事が好ましいとされていますが、コンボイタイプだけは別。
    コンテナ部分は切り離してもいいみたいな暗黙のルールがありますよねw 

    ぎゃらこん5

    そしてこのかっこいいフロント部分を・・・

    ぎゃらこん6

    ガバっと分割。

    一手目が大きく割れたり、開いたりするトランスフォーマーは変形させる時気持ちいい。

    ぎゃらこん7

    コンボイタイプは、ビークルモードの前面が胸になるパターンが多いですが、ギャラクシーコンボイはサイドのグラス部分が胸に来るという構造。ここ素敵。

    ぎゃらこん8

    そんなわけでトランスフォーム完了。

    ちょっとゴリラっぽい体系のコンボイですね。手足、ウエストが共に太くふとましい感じ。

    ぎゃらこん9

    お顔も、口があるタイプ。

    体系や顔から察するに、ビーストウォーズのゴリラコンボイを意識しているのかしら?

    ぎゃらこん10

    ドカベン体系ですねーw 現場監督とかしてそう。

    そして、ギャラクシーフォースの特徴でもある全身に施されたメカっぽいモールドがかっこいいです。

    ぎゃらこん11

    胸のカバーを開けると、司令官の証、マトリックスが収納されてます。

    ちゃんと取り外せるのもにくいギミックだ! 

    さて・・・国産のコンボイですからね!!これだけでは終わりません!

    ここからが本番!

    先ほど取り外した消防車部分とグレート合体です!


    ぎゃらこん12

    まずは太ましかったふくらはぎ部分を分割し、下駄を作ります。

    ぎゃらこん13

    スマートになった足に、キャノン砲付ふくらはぎが合体。

    ぎゃらこん14

    これで脚がすらっと長くなる。

    ぎゃらこん15

    そして先ほど取り外したコンテナ部分をよっこらしょと背負い・・・

    ぎゃらこん16

    ランドセル方式でガチャンとロック!

    ぎゃらこん17

    そして、マスクが下からせり上がり、耳飾を開く。

    するとあら不思議・・・あのドカベン体系だった司令官が・・・
    ぎゃらこん18

    一気にヒーローロボ体系に!

    これが素敵ですよねっ!!少ない手順でガラッと体系が変わる面白さ・・・それがギャラクシーコンボイ!!

    どことなく勇者ロボを髣髴させるシルエット。口のある顔にマスクが付きグレードアップするというシーケンスも勇者っぽい。

    これぞ国産の司令官!という感じですねw

    ぎゃらこん19

    普通にロボとしてかっこいい記号が詰まっていてかっこいい。
    可動もなかなか良いのですが、装備がごてごて付いてるのであまり自由に動かせない。

    そしてさらに・・・イグニッション!!

    ぎゃらこん20

    フォースチップというのを差し込むことで武装が開放され、背面にあった放水銃とラダーが前面に回りフルバーストモードに。

    かっこいい・・・!!

    ぎゃらこん21

    いいか?触るなよ?絶対触るなよっ!?

    少しでも触ると司令官うしろに倒れるからなっ!! 
    さすがに背中に大きな背負い物をしているので自重が後ろにありすぐ倒れるのがたまにきず。

    派手なアクションを取らせる事ができないんですよねw

    でもかっこいい!w

    新G8

    日本のロボットの特徴である「中心から外に情報が広がっていく」という法則性に準拠したコンボイ司令官。

    それが何よりかっこよく感じる秘密になっているのだと思います。

    ぎゃらこん22

    その分飾るとすごい場所を取るんですけどねw

    それでもその場所を確保して飾っておきたいかっこよさ。

    ぎゃらこん23

    かわいいは正義といいますが・・・かっこいいもやっぱり正義ですよねw

    でも・・・触るなよっ!!


    独身万歳!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    FFXIV ミニオンフィギュア VoL.2 (アイメリク・オルシュファン)

    アイメルクとオルシュファン0

    立体物はいいですよねー。

    アニメのキャラクターの立体物って2次元でつかれる嘘をそんなことないよ!と立体的に証明しないといけないので大変だろうなあと思います。

    たとえばアニメのガンダムは、絶対正面で両手を合わせる事ができない構造なのに2次元の嘘が使われ人間さながらの動きをしてしまう。

    それを何十年もかけて、あの手この手の構造を作り出し、それが嘘じゃないんだ!証明する職人たち・・・。

    それって深い深い「愛」がないとできないことだろうなーと思います。

    しかし、昨今のアニメやゲームは元々3Dで考えられているので意外とすんなり立体で再現できたりするのかなーと思ったりしますね。なのでいろんな商品が発売されて嬉しい限りです。


    さて、今回ゲットいたしましたのはーっ!

    アイメルクとオルシュファン1

    タイトー FFXIVミニオンフィギュア Vol.2

    その中から、アイメリクとオルシュファンです。

    ガルーダとパイッサはみつけられなかった・・・・。いつかリベンジしようと思います。
    まあこの二人がいれば満足ではありますけどねw

    そんなわけで、我等がFFXIVからの立体化シリーズ、プライズのミニオンフィギュアシリーズの第二段です。

    エオルゼアでもファンが多いこの二人のイケメンフィギュアとなれば、光の戦士ならそろえておきたい所ですよねっ!

    では、みていきます!!

    アイメルクとオルシュファン2

    ■ アイメリク

    まず最初の感想は・・・「Vol.1より格段に品質が上がっている。」という感想。
    これはちょっと嬉しいですよっ!! 前回は塗装が少し残念なことになっていたのですがVol.2は大丈夫!きれいに塗装が入っています。

    アイメルクとオルシュファン3

    で、こちらのアイメリクさんの着ている衣装も美しく細かい部分はプリントで処理されていてイイ!

    これはがんばったなあ・・・・。

    アイメルクとオルシュファン4

    ゲーム内のミニオンと比べるとこんな感じ。

    細かい装飾品まで綺麗に塗られていますね。 ゲーム内のミニオンアイメリクはやや面長なんですが、フィギュアはキリッとしたアニメ輪郭にアレンジされています。これはこれでいいんじゃないかな?? 男前です。

    ミニオンフィギュア21

    やや下を見た流し目なのもポイントですねw 口元もややへの字になっていてかわいいです。
    髪の流れなどはゲーム内を綺麗に再現してくれています。

    この肌色がエポパテっぽくて好きw 

    ミニオンフィギュア22

    驚いたのは、肩アーマーと手の甲にある紋章。かなり小さいのにきれいにプリントされている。

    ミニオンフィギュア23

    また、ツヤの出し方もマテリアルにって変えていて驚き。

    耳の飾りが髪と同じ黒色なので、耳飾にツヤを入れて目立たせている。芸コマですね。

    VoL.1の時は「まあ、プライズだしね」という感想でしたが、Vol.2は「プライズでここまでできるんだ?」って思うくらい品質が上がっているて、これからのシリーズ展開への期待度をあげてくれる!

    アイメルクとオルシュファン5

    ■ オルシュファン

    さて、お次はFFXIVのNPCの中でもとりわけユーザーの思い入れが深いオルシュファンです。

    こちらも塗装のレベルが前回に比べ格段に上がっています。

    アイメルクとオルシュファン6

    まずポーズがイイですよねっ!

    何がイイって・・・これはイイ!ですよね!

    このポーズにしてくれた事が何より嬉しいですねw

    アイメルクとオルシュファン7

    こちらのホーバージョンの再限度もかなり高い。ホーバージョンの網目もプリントではなくてモールドになっているからサイズ的にはこれが限界かな?

    輪郭はこちらもアニメっぽく処理されていますね。違和感はありません。

    ミニオンフィギュア24

    金色の塗装も金属感が出ており、全体のグレードを上げてますね。
    ガントレットにある金のリベットとかがんばったなーという感じ。

    ウイングブレードの質感もイイですね。

    ミニオンフィギュア25

    背面に背負っている思いで深い盾も、きれいにプリントされています。淵のシルバーも綺麗に入ってますね。

    ミニオンフィギュア26

    イイ!

    さてさて、コレクションフィギュアの良い所は「並べられる」所にあります!

    Vol.1のフィギュアも一緒に並べてみましょう。

    ミニオンフィギュア27

    じゃん! ゲームの中のキャラクターが机の上にいるという嬉しみ。

    ミニオンフィギュア28

    ファンフェス土産のストレスボールを使えば、アラガンロット回し遊びができるぞ!

    たのしいw

    アイメルクとオルシュファン8

    バージョン3.0の雰囲気が出るディスプレイ。
    うーん!こうなると、エスティニアンとルキア、イゼルもほしいっ!

    あのイシュガルドの旅路の思い出を、机の上で再現したくなりますねw

    ほんっとに品質が上がっきているのが目に見えてわかったので、このままどんどんシリーズを増やしていって欲しいですねっ!

    なんだったら、コンプリートボックスの発売もーっ!

    独身万歳っ!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    2017年 ガンプラはじめ



    一年の計は元旦にあり。

    なんでもはじめが肝心ですよという事で、一年のはじめである元旦にその年の目標を決めるのが良いようです。

    僕の趣味は、玩具収集ですが昨年は結構あれもこれも!と物欲に身を任せ節操なく買い物をした感じがありました。

    そこで2017年からは、買い物に何かしらの「テーマ」をもうけ、それを主軸として収集を頑張っていこうと考えました。

    何言ってるのかさっぱりわからないですよねw

    まあ簡単に言うと、今年はこれを中心に集めるぞ!という目標を持ってコレクションライフを充実させていこうという考えですw

    そんなわけで・・・本日購入いたしましたのは・・・

    ガンプラはじめ1

    バンダイ 1/144 ガンプラ HGUC シリーズ

    僕は決めました。

    今年の趣味目標は・・・・
    「ファーストに出てきたMSをHGUCでコンプリートする。」

    すごいでしょ!人から見たらめっちゃどうでもいいこの目標w いいんです、自分が楽しむ趣味の目標ですからっ!

    ガンプラはじめ2

    HGUCシリーズは、サイズ、値段ともにコレクション製に優れたシリーズ。
    しかもファーストのモビルスーツは部品点数も少なく組やすい。
    ですので、忙しくても1~2週間に1体くらいは作れるかなあと思ったしだいです。

    一応のルールとして・・・

    ・素組み・・・最低限の処理はする。
    ・スミ入れ、つや消しトップコート。
    ・素材の持ち味を活かして無塗装。
    ・デカール・シールはキット付属の物のみ使用。

    これなら時間も取られないし、仕事の合間の息抜きにもちょうどいい。

    来年のお正月に、全てのMSを並べてお酒を飲む。
    これを目標に今年は頑張っていこうと思いますw

    ガンプラはじめ3

    そんなわけで、1日目の元旦は連邦軍の量産型もビルスーツ「GM」からスタート。

    ジム、ジオン訛りだとゲム。 さすが初期に発売されただけあって金型がかなり痛んでいるのかモールドが全体的にもっさりしておりますなー。 ランナーも2枚・・・というシンプルさw

    てなわけで特に特別なこともしないのでサクサクっと組み立て・・・

    ガンプラはじめ4

    はい。完成・・・。

    素朴!!この素朴感こそジムですねーw

    脚の合わせ目がバッチリと前面に出ていましたので、そこだけ処理。ジムの魅力はこのなんのかざりっけも無い脚ですからね!

    ジムって劇中では白いのに、ガンプラになると薄いミントグリーンになるんですよね。

    旧キットの成型色のイメージなのかな?

    ガンプラはじめ5

    ロボット魂のガンダムと比較。

    サイズはほとんど一緒ですか、このガンダムのお値段はHGUCジム20体分しましたからね・・・w
    その分、性能も良い・・・変な納得感。

    ガンプラはじめ6

    ジムってやっぱりこうやって、盾に隠れながらへっぴり腰でスプレーガンを構えてほしい。

    一年戦争の勝敗を分けたのって連邦の物量とか、技術力みたいに言われてるけど、この「盾」だと思うんですよね。
    ガンオンやっててそう思った。

    この頃のHGUCはまだまだ可動範囲が広くないので、大胆なポーズがとれない。

    まあ・・・600円くらいだったからなあ。

    ガンプラはじめ7

    続いてガンタンクも作ります。

    ガンプラはじめ8

    できた。終わり。

    かっこいいポーズを取らせるも何も・・・・。

    ガンプラはじめ9

    うん・・・まあ・・・ガンタンクですね。

    言うなればカレーについてる福神漬けみたいな立ち位置ですしねーガンタンク。

    ガンプラはじめ10

    なんとまあ・・パッとしないツーショット。

    何ともいえないソシャゲのスタート時みたいなパーティで味わい深い。

    明日からお仕事開始ですので、なんとか今月中にV作戦だけは終わらせたいなあ・・・。

    今日は1月3日・・・一年戦争開戦の日です。

    僕のHGUC一年戦争も今日からスタート!コンプリート目指して頑張ろうっ!!

    独身万歳!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    久しぶりのフル塗装。

    フルとそう

    物を作るとストレス解消になるらしい。

    なんとなくそれわかる。人間の指先には、いろんな神経が集中してるらしくて、それが脳に直結してるんだって。
    だから指先をたくさん使うと、脳へ刺激を与え活性化し、ストレスの解消になるらしい。

    普段PCの仕事をしている人は指先を使ってはいるんだけど、それはキーボードを打つアクションがほとんどで、その動きに指がマンネリ化してるんだって。なので物を作ったりすると指先が普段違う動きをするのでいいらしい。

    だから、ガンプラはいいらしい。


    というわけで・・・今回作りましたのは・・・

    フルとそう1

    バンダイ 鉄血のオルフェンズ 1/100 グリムゲルデ。 

    こちらのガンプラは自分で買ったのではなくて、頂き物でございます。いいですね、ガンプラの頂き物。
    普段自分ではセレクトしないキットというのが、新鮮でいいです。

    しかも頂き物なので、積んでおくのは失礼です。ちゃんと作らないと!!

    ・・・というわけで、今回少し時間も出来たので、フル塗装で頑張っていきたいとおもいまーっす!

    フルとそう2

    まずは、仮組。

    説明書どおりにまじめに組み立てる。おおー・・・かっこいいですね。最近のガンプラはスタイリッシュです。
    グリムゲルデは、オルフェンズの1期最終回に登場したモビルスーツ。量産型でどこにでもある機体ではなく、ワンオフな感じのモビルスーツでしたね。なのでちょっと豪華に塗装してみようと思います。

    グリムゲルデ

    頭部が西洋甲冑みたいなデザイン。羽飾りまでついててオシャレモビルスーツです。
    FFの竜装備でもこんな感じのありましたねー。

    全体的に表面を均一にするため、ペーパーがけをしていきますね。
    あと顔の部分はやや丸く感じたので、心持ちシャープになるよう削りました。

    フルとそう3

    まずはフレームの塗装。
     
    オルフェンズのフレームって無骨な鉄のイメージがあるので、ガンメタリックっぽいグレーで塗装です。
    スミ入れも行い、シルバーやゴールドを使ってワンポイントを入れました。頑張って入れたところほど、装甲で見えなくなる事が多いので、仮組した写真を見ながらどこが見えるのかを考えて入れていく。全体的にマットで鉄っぽさを出し、白いチューブはビニールチューブっぽくツヤツヤに光沢を出しました。

    グリムゲルデ1

    光沢を調整するだけで、同じプラスチックなのに違う質感になったりするのがプラモデルの楽しいところですね。

    続いて、装甲の塗装をはじめまーっす。

    グリムゲルデ2

    まずは、全体的に限りなく黒に近いグレーで塗装。

    そして装甲裏面をマスキングテープで覆っていきまーっす。
    地味でとてもめんどくさい作業だけど、派手な色のモビルスーツはこれをやっておくと、完成後ぐいっと締まる。

    グリムゲルデ3

    次は、黒の上からシルバーを吹きます。

    ややフチに黒を残すがポイント。残してないけど・・・w

    今回ここがちょっと反省点だなー。シルバーじゃなくてチタンにするべきだった。

    グリムゲルデ4

    今度は、シルバーの上にクリアーレッドを吹きます。

    今回使ったのは、ディープクリアーレッド。やや深みのある赤になる。
    シルバーの上にクリアー系で塗装すると、金属っぽいツヤが出てかっこいいんですよっ!!
    多分チタンで下地を塗ってたら、もう少し明るくなったかなーと思う。まあこれはこれでアイアンマンっぽい赤で好き。

    あ、エアブラシ必須です。

    グリムゲルデ5

    市販のディティールアップパーツやデカールを使ってデコレーション。

    使いすぎると逆効果だったりね。バランスやセンスが問われる部分です。僕、センスないです。

    あとスミ入れもしておきましょうね。

    グリムゲルデ6

    うんうん。これくらいにしとこっか。後は細かい部分の塗装をやっていきます。

    最後は装甲部分にクリアーを吹いて光沢を整え・・・

    フルとそう4

    完成でーっす。

    本格的にツヤを出したい場合は、何層にもクリアを重ね、コンパウンドで磨いたりするんだけどそこまでは・・・。

    フルとそう5

    塗装すると見違えますねー。

    グリムゲルデ7

    手間隙をかければかけるほどかっこよくなるんだけど、意外と引き際も肝心。

    奥が深いガンプラ道。

    フルとそう6

    自分にはこれくらいがちょうどいい。

    グリムゲルデ8

    ギャラルホルン製MSの特徴、フェイスオープン。

    グリムゲルデ9

    完全に塗装が乾いたら、動かして遊ぶ。

    グリムゲルデ10

    スカート周りの裏はマスキングして良かった。ここもメタリックだと多分もっと安っぽくなってた。

    グリムゲルデ11

    フルとそう7

    フルとそう8

    うん、僕 満足。

    フルとそう9

    そんなわけで、久しぶりのフル塗装ガンプラでした!!

    いいストレス解消になったw

    独身万歳!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    2016年のお買い物。

    2016年のお買い物

    あーもう20日ですよーっ!終わり行く2016年。

    さてさて、今年もこの『独身万歳』ではたくさんのホビーアイテムをご紹介させて頂きましたねー。

    お金使ったったー!

    このブログってオンラインゲームがメインになっているんですが、結構玩具マニアな人も多いようで嬉しいですねw
    まあ完全に趣味だけのコーナーですが・・・書いてて楽しいので来年も多々買っていこうと思いますw

    先ほどメガミデバイスが届いたので、今年の主だったお買い物はこれにて終わり。
    それでは今年の主だったお買い物を振り返ってみましょう。

    ダンボー15

    今年最初のお買い物は、「完全変形ダンボー」でしたねー。

    ダンボール状態に完全変形しつつ、可動もプロポーションもかっこよく、武器を持たせるという新たな発想が光るアイテムでした。

    これよく出来てた・・・。

    夢はでっかく!7

    そして年初もうひとつの大きなお買い物は・・・もう見た目も大きい!

    タイタンクラスの「メトロプレックス」。全長60センチのトランスフォーマー。

    ダイアクロンのロボットベースに塗り替えようという計画の下購入しましたが、時間がなく・・・・。
    でもこのままでもかっこいいしなー・・・。

    トミカ15

    ちょっと変わったところでは、「トミカ ハイパーブルーポリス」

    これもお値段の割りに癒されるよい玩具でした。
    お子さん用に作られているので角が丸くなっており、触っていると癒されるプラスチック。

    経年劣化のかっこよさ。17

    ずっと欲しかった「MP1 コンボイ」も買えました。

    塗装の剥げ具合がかっこよくズシリとした重みに、司令官の風格が備わったすばらしいアイテム。

    ビンテージなので・・・高かった・・・。

    またロマンティック買いました8

    メガハウスの「バニーブルマ」も買いましたね。今年のベストブルマフィギュアだと思います。

    まあかなりアレンジされているので、劇中のイメージとはちょっと離れていますが、現代の技術で作ったブルマという感じでこれはこれで美しいものでした。飾ると恥ずかしいので箱に入ったままです。

    伝説の復活35

    そして、今年の僕的玩具ライフの目玉とも言える「ダイアクロン」の復活。

    「ダイアバトルスV2」ですねー・・・。

    もうギミックてんこ盛りすぎて、いつまでも触ってられる良いロボ玩具。
    男の子のロマンをすべて備えた最高の逸品でした。

    まいめろ24

    今年の買い物で一番強烈な印象を残したのはこちら・・・

    「ちょうごうきんマイメロディー」

    つぶらな瞳と愛らしい口元を持った鋼鉄のボディとか最強すぎる。
    ギミックも凝っていて、値段の割には活躍してましたねー。

    完成フィギュア30

    頑張って作った「キャラグミン ハニュエール」

    バタバタしている中、結構手間隙をかけてPSO2の自キャラキャプテン・マイディーを製作。
    念願の自キャラフィギュアですよー。FF14もはよーっ!!

    せいしゅんのかたち12

    変わったプラモデルも作りましたね。セガの「アストロシティ筐体」

    ほんとに出来がよくって、作ってる間・・・懐かしい気持ちにさせてくれて嬉しかったです。
    プラモデルは完成させるまでの過程にドラマがあり楽しいエンタメですよね。

    ボーナスパーツの灰皿がいい味を出してました。

    顔が顔になって8

    秋ごろにやってきた、もう一体のタイタンクラストランスフォーマー「フォートレスマキシマス」

    すでにタイタンクラスは年始に買った「メトロプレックス」がいるので、どうしようか悩みましたが結局ポチってしまいましたねw

    でも買ってよかった・・・。今はもう、じわりじわりとレア値が付き始めてますよ・・・。

    2年後には買った時の倍くらいになってそうです。

    バーゼラルド14

    今年もたくさん発売されたフレームアームズガール。
    その最高傑作とも言えるキット「バーゼラルド」

    これもほんとよく出来たキットで、コトブキヤの伸びしろをすごく感じたアイテムだった。
    ホビージャパン限定版も予約しているので、それも届くのが楽しみだ・・・。
    そっちはオリジナル塗装に挑戦してみようかな。

    ルプス9

    休むことを知らない王者・・・・バンダイのプラモデル。

    今年のガンプラも、作りながらため息が漏れる素晴らしいものが多かったですね。

    特にこの「1/144ガンダムバルバトスルプス」の出来は神がかっていました。

    お正月休み、久しぶりにガンプラでもつくろうかなと思ってらっしゃる方には強くお勧めしたいキットです。
    作りやすくて、かっこいい!!

    魂ネイション9

    魂ネイション2016で買った「劇場ポスターカラーのガンダム」

    やっぱりこれ、買いなおして良かった。本当に良かった。

    いつかまたこのガンダムに付いてもう一度書けたらいいなー。

    オーディンフィギュア11

    そして今年最後の大きなお買い物は、
    「マイスタークオリティ<闘神オーディン>」ですね。

    ほんとこれはお勧めです。

    光の戦士の方には特におすすめ!!ぜひ・・・・

    2016年のお買い物1

    あーっ!!

    物が物だけに・・・これは再販厳しいと思います・・・が・・・なんとか頑張って欲しいところですねっ!!


    まあそんな感じの2016年のお買い物。


    今年も満足のいく1年だった・・・・。
    2017年のも多々買いだ!

    独身万歳っ!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。