カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「玩具日記 」カテゴリ記事一覧


    純金仕上げ。

    純金仕上げ

    『同じものを買う』という行為には躊躇いがある。

    消耗品なら抵抗は無いけど、コレクション品等で同じものを複数買うときってなんか勇気がいる。
    もうすでに持っているもの、一度手にしたものを再び買う・・・。普通はあまりしない行為だろう・・・。

    僕の趣味は「玩具収集」なので、そういう事はよくある。

    とても好きすぎて、保存用、観賞用、改造用と3つ買う時もあるし・・・
    壊れてしまって買いなおす事もある。

    そして玩具業界もコレクターのそういう性質を熟知しているのか、同じタイプのものを「色違い」や「バージョン違い」、「復刻版」として発売してきたりする・・・。まんまと買ってしまうんですけどねw

    今回の買い物は・・・・都合3回目の購入になる・・・そんなアイテムです。

    本日購入いたしましたのは・・・!!

    純金仕上げ11

    バンダイ 超合金魂 ゴールドライタン 24金メッキ仕上げです。

    このブログを昔から読んでいる人は、え?また!?って思うかもしれない・・・。
    そう・・・また買ったんです、ゴールドライタン。

    えー・・・過去を振り返りますと・・・。

    実家トレジャー1

    2014年・・・

    参考記事:屋根裏トレジャーした結果。

    発売当時に購入した超合金魂ゴールドライタンを掘り返そうとした結果、箱だけを残し・・・本体を紛失している事が明らかに・・・。

    Gライタン3

    2015年・・・・

    参考記事:変わるんだ変わるんだ。無敵のロボに。

    本体のみをアウトレットでみつけ安価で購入したものの・・・本体色はバージョン違いのシルバーだった。
    翌年、友人にプレゼントし再び手放すことに・・・。

    そして2018年の本日・・・超合金魂ゴールドライタンがリニューアルして発売開始!

    純金12

    ふおおおお・・・・・。そら買うわあ・・・・。

    普通の再販であったなら、買わなかったかもしれない。

    しかし今回のリニューアル・・・とても心惹かれる要素があったんですよ・・・。

    それを確かめるために・・・あけるぞ・・・あけるぞ・・・。

    純金13

    おおっ!うち箱が豪華に大きくなっているっ!!

    すごい高級感が・・・何買ったんだっけ? 時計だっけ? アクセサリーだっけ??

    いや・・・ゴールドライタンだっ!! さらにうち箱を開けると・・・

    純金14

    わろた。

    高島屋?大丸!? 完全にロボットの超合金とは思えない高級感溢れるレイアウトw

    かっこいい・・・・w この箱を開けた時の喜びというか感動まで演出してくれるのが超合金魂だなあってつくづく思う。

    まあなぜここまで高級感を煽ってくるのかというと・・・

    純金仕上げ12

    なんと全身 24金メッキ仕上げなんですねー。

    ちなみに最初に発売された、超合金魂ゴールドライタンは18金メッキ仕上げ・・・。

    どう違うのかというと・・・

    純金15

    18金というのは、金の含有量が75パーセントのものを18金とするらしい。

    18金は銀や銅なんかが混ざっている為耐久性が高くアクセサリーなんかによく使われる。
    鉱山から掘り出された金のほとんどはこの状態で出てくるらしい。

    色もピカピカしており、いかにも「金色」ですよっ!という感じに仕上がる。
    以前のゴールドライタンは、この18金メッキ仕上げだった。

    ところがっ!!

    純金仕上げ13

    今回のゴールドライタンは24金メッキ仕上げ。

    24金とは、掘り出された金から銀や銅なんかの成分を取り除き、金の純度を高める精製がされたもの。

    24金は99.99パーセント「金」、いわゆる「純金」と呼ばれる金属なのだ。

    つまり、今回のゴールドライタンは、全身を純金でメッキ加工された純金のゴールドライタンなのだ。

    そう聞くとめっちゃ高いのでは!?って思われるかもしれませんが、1万ちょっとなんですけどねw
    前回のゴールドライタンは定価7,000円くらいだったので、それよりは高いのですが・・・w

    純金16

    でもさすがに24金仕上げだけあって金色に深みがある。

    前回の18金バージョンは、明るくて「金ピカ」!って感じだったんですが、今回のはどことなく大人っぽいゴールドだ。
    クリスタルカットが映える・・・。

    ピッチリと合わさる分割線が愛おしい・・・・わかるかなー・・・この良さw

    斜めに分割線が入ってるのに、規則正しい四角の並びが崩れてないんですよ・・・すごない?

    純金17

    100円ライターとの大きさ比較。

    ほんとにライターサイズなんですね。ジッポーなんかよりは厚みがありますが、握ると手にすっぽりと収まります。

    超合金ならではの重みと、クリスタルカットの手触りがもうたまりません。

    間違いなく触ってみたくなる超合金ナンバー1だ。

    では・・・今回もレインボーロードを通ってゴールドライタンに・・・!

    レインボーーーローーーッド!!

    純金18

    この金属のピッチリ感!今回は24金仕上げなので、なんかもう・・・息を呑むw

    純金19

    ふわあああ・・・

    純金110

    うつくしい・・・・。

    これおもちゃか?w

    純金111

    うわあ・・・・・。

    純金仕上げ14

    足はもう完全に金の延べ棒だw

    純金仕上げ15

    ゴールドライターン!

    ひえー・・・神々しい!!w 

    かっこいいなあ・・・・・。惚れ惚れする。

    純金112

    この御尊顔!!

    間違いなくお金持ちの顔。

    ファミレスとか行ってメニュー見ても金額のとこは見ないで注文するんだろうなあ・・・・。
    まあ行かないだろうね、ファミレスには・・・。

    純金113

    体型が体型なので、可動範囲はそこまで広くないですね。

    ゴールドライタンは徒手空拳で戦うので、付属の武器もありません。

    純金114

    ゴールドライタンの必殺技といえば・・・・

    純金仕上げ16

    ゴールド!クラッシュ クラッシュ クラッシュ クラッシュ ・・・・・

    必殺技が、パンチでもキックでもなく「貫手」っていうかっこよさ。

    純金115

    前回同様、ゴールドクラッシュ用平手も付属。

    ええもちろん純金メッキ仕上げですわよ、奥様。

    純金仕上げ17

    ゴールドクラッシュで敵の内部から抜き取る「お土産」も付属。

    これを握りつぶすと敵が爆発するんですよねー・・・えげつない・・・。

    純金仕上げ18

    しかし・・・
    自分の稼いだお金で純金のゴールドライタンを買えるようになるとは・・・


    大人になったなーって思うわあ・・・・。

    でもさっき写真撮ってたら、母が部屋に入ってきて

    「あんたまたおんなじもん買って!!あほかっ!」

    って怒られたんですけどね・・・。この歳になってもそんな定番な怒られ方するんや・・・って思いました。

    大人になったなーっていう気持ち台無しや。

    というか前に買ったの覚えてるんだ・・・ゴールドライタンって一度見たら何故か忘れられないデザインですもんねw


    都合3度目の購入になるゴールドライタンですが、また新鮮な気持ちで触れて楽しかった!

    独身万歳っ!! お母さんすいませんww
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    『作る楽しみ』を買う。

    作る楽しみを買う

    僕はマイディー。

    子供の頃から「ガンダム」が大好きだ。

    ガンダムと名の付く作品は全部見ている。もちろんガンダムAGEも全話見た。
    世間一般で言うガンダムオタクだと思う。

    そして僕は、アニメ作品のガンダムだけでなくガンダムのプラモデル・・・・
    「ガンプラ」もこよなく愛している。

    子供の頃から・・・いったい何体のモビルスーツを完成させたのだろう・・・。

    ガンプラは作っている時が一番楽しい・・・。

    日ごろのいろんなことを忘れて、ガンダムの世界に没頭できる。

    ガンプラを組み立てている時間・・・
    それは僕にとって・・・かけがえの無い癒しの時間となるのだ。


    さて・・・今日は何を組み立てようか・・・・。

    りーおー

    HG 1/144 リーオー。
    定価は1,000円・・・2割引で800円だった。

    安い・・・。

    リーオーは、ガンダムWに出てきた敵側のヤラレメカだ。

    僕は特にこのモビルスーツに思い入れは無い。

    特に好きでも嫌いでもない。町ですれ違っても、特別目で追うことも無いだろう。

    なのに何故このキットを選んだのか?

    りーおー1

    それは確かめてみたいから。

    模型業界を牽引するバンダイ・・・そのバンダイの技術力がこのキットに詰まっているらしい。

    黙っていても売れるであろう「ガンプラ」に満足する事無く、常に進化させようとする姿勢・・・。

    常に走り続けるトップランナーの姿勢を見てみたいからだ。

    この無個性なモビルスーツに・・・どんな魔法をかけたのか・・・それを見ていきたい!

    りーおー2

    まずは箱を空け・・・パーツを確認する。

    さらにビニールを開け・・・・ランナーを取り出す・・・。

    りーおー3

    あれ・・・?

    なんだこれ・・・?

    りーおー4

    メインランナーが・・・・たった3枚・・・!?

    それとポリキャップとビームサーベルエフェクト・・・・。

    HGのザクⅡでもランナー5枚だったのに・・・3枚で足りるのか??

    りーおー5

    まあ確かに色数は少ないモビルスーツだけど・・・。少なすぎないか?

    ランナー欠品とか・・・?

    りーおー6

    いや・・・これで合ってる・・・・。

    っていうか・・・細かな色分けを表現する「シール」すら付いてない・・・。

    この少ないランナーを組みあげるだけで・・・

    りーおー7

    これができるってことか・・・・。

    パーツが少ないから値段も安い。それは良いことだ。

    でもこれが「ガンプラ」である限りは、完成後の稼動範囲もそれなりにないと良いものとは言えない。

    この少ないパーツ数でどれだけのポテンシャルを引き出せるのか・・・気になるっ!

    りーおー8

    組んでみるか・・・。


    りーおー9

    おおっ!? 第1工程が足!?

    最近のガンプラにしては、珍しいな! 

    りーおー10

    ガンプラの組み立て工程って、頭部から作って次に胸部って進むのが最近の定石。

    これってショートケーキで言うところの「いちご」に当たる部分なんだよね・・・。
    一番作っていて楽しい部分を先に作らせ・・・完成した姿をイメージさせる。

    そしてそれが完成までの大きなモチベーションになる・・・。

    りーおー11

    なのにこのリーオーはその定石を破って足から組ませる?

    定石にとらわれず・・・時代と共に常に新しいものへと挑戦し続ける・・・・。

    また新しい時代に一歩を踏み出そうとしているのか・・・ガンプラ!

    りーおー12

    スリッパ完成。 色分け綺麗にできてるなあ・・・。

    相変わらずパーツの合いが素晴らしい。何も考えて無くてもスポッと入る。

    パーツとパーツをあわせる時の・・・このスルっとした指ざわりがたまらない・・・。

    りーおー13

    パチ・・・・パチ・・・・。

    りーおー14

    すごいな・・・脛は2パーツのモナカのみ・・・。

    膝関節を受けるためのポリキャップを仕込まない?

    斬新だなあ・・・これでちゃんと可動するんだろうか・・・。

    りーおー15

    え?膝はこれ1パーツ!?

    通常のプラスチックは、磨耗に弱い。

    なので関節部分にはポリキャップやABSを使うのが常識・・・。

    でも・・・・!!

    りーおー16

    パチ・・ン・・・。

    これだ・・・
    C字ジョイントが噛み付く時に感じる・・・若干の粘り気・・・。


    グニャっとせず・・・カチンとせず・・・・
    やわらかさの中に骨がある独特の感触・・・


    これだ・・・これこそ現代ガンプラの真骨頂・・・。

    りーおー17

    新素材「KPS」!!

    プラモデルはその名の通りプラスチックモデル・・・。
    なので主要な素材はプラスチック・・・。

    しかしプラスチックは関節部分の擦れによる磨耗に弱く・・・すぐに関節がへたってしまう・・・。
    なので可動重視のロボットなんかは本来プラモデルには不向き・・・。

    por.jpg

    そこで間接部分にはポリキャップを仕込むことが常識になった・・・が・・・。

    ポリキャップを使用する場合、それを格納するスペースが必要になる・・・

    つまり、どうしてもパーツを大型化せざるを得ないという事。

    大型のキットならそれも可能だけど・・・小型の1/144の関節では少し難しい・・・。

    そこで登場してきたのがABS樹脂。弾力のあるプラスチックとでも言おうか・・・。

    りーおー18

    ABSは、ポリキャップを仕込まず耐久力のある関節可動を可能にする。
    昨今女の子のプラモデルが増えてきたのもこの技術の恩恵といえる・・・。

    が・・・ABSは、塗料との相性が悪く下地処理をしっかりしないと塗料が侵食し・・・割れてしまうのだ・・・。

    りーおー19

    ガンプラに使用されている新素材「KPS」は、言うなれば塗装しても割れないABSみたいなもの。

    関節に使用してもへたる事が少なく、なおかつ塗装も容易。

    バンダイの情熱が作り出した耐久力がある、新世代のプラスチック!!

    りーおー120

    しかも・・・リサイクル可能とか・・・天使かよ!!

    りーおー121

    さらにこの膝裏の B-11のパーツ!!

    あとから塗装しやすいようにあらかじめ「後ハメ加工」がされてるじゃねーかよっ!!

    なんだよっ!お母さんかよっ!!

    あとでこれ必要でしょとか、ここは後で苦労するでしょって所を先手を打って設計してある。

    手に取る人ができるだけストレスフリーで組めるよう・・・様々な心配りが随所に見られる・・・。

    膝ひとつとってもすごい愛情だ。

    りーおー122

    そうなんだよ・・・これなんだよ・・・
    これがガンプラなんだよ。


    完成するとかっこいいのができる。かわいいのができる・・・。

    それだけじゃないんだ・・・。

    この「作る過程に対する思いやり」こそがガンプラの素晴らしい所なんだ。

    しかも今・・・両足作り終わったんだけどさ・・・・

    りーおー123

    このすごさ・・・・。わかるかな・・・。

    りーおー124

    必要なパーツの場所が、直感的にわかるように配置してある。

    プラモデルを作ってる時一番時間を消費するのが「パーツを探す時間」なんだよね。

    1つの部位を作るにしても、いろんなパーツをあっち行ったりこっち行ったりしてパーツを切り出さないといけない。

    その時間が少しでも短縮できるように、考えて考えてパーツを配列してる。

    メーカーの都合をユーザーにまったく感じさせない。

    りーおー125

    メタルビルド・・・ロボット魂・・・。

    いまやモビルスーツを扱ったアイテムは数多く発売されている・・・・。

    りーおー126

    どのアイテムも細かいディティール。広い可動範囲を併せ持ち・・・

    クオリティの高い完成品として購入する事できる。

    りーおー1210

    それでも僕はガンプラが好きだ・・・。

    りーおー127

    それはガンプラには「物を組み立てる喜び」が詰まってるからだろう。

    組むことで伝わってくる・・・。

    りーおー129

    組む人に対する細やかな配慮・・・。

    それは・・・

    りーおー1211

    ね?ね? 物を作るの!楽しいでしょっ!?

    送り手側からのそんなメッセージに感じる。

    うんうん・・・・。僕はHGリーオーを買ったんじゃない・・・。

    HGリーオーを「作る楽しみ」を買ったんだ。

    物が自分の手によって出来上がっていく喜び・・・完成を目指す時間の心地よさ・・・。

    りーおー128

    この「HGリーオー」からは特にそれを強く感じる。

    わかりやすい組み立て説明書に・・・計算されたパーツ配置。

    そういった部分にコストを割く事で、プラモデルの敷居を下げ、より多くの人にプラモデルを組み立てることの喜びを知ってもらう。

    ハイクオリティな商品を続けて出すだけでなく、新規顧客の広がりを常に意識する・・・。

    それこそが・・・業界のトップランナーの姿勢なのだろう・・・。

    ほんとすごいな・・・バンダイのプラモデル。


    りーおー1212

    うーーーん!!

    久しぶりにものづくりの楽しさを再確認できた・・・・。

    りーおー1213

    うん!楽しかった!!

    組み立てる楽しみ2

    HG 1/144 リーオー !

    ごちそうさまでしたっ!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    THE PRIMALS

    ぷらいまるず

    どんどん多様化していく「FFXIV」のコンテンツ。

    オンラインゲームとして遊ぶというのが、本来の形なのかもしれませんが、昨今ではゲームに留まらず、いろんな方面に飛び出し僕らを楽しませてくれる。

    リアルイベントであるファンフェスティバル、もはやひとつのバラエティー番組か!と思わせるPLL。
    オーケストラでBGMを演奏するコンサート、あと・・・ああっドラマ!w

    1つのオンラインゲームとしてはもちろん、最近ではひとつの「コンテンツ」として考えられるほどに成長してきていますね。
    そしてついに・・・というかなんというか・・・! 
    ゲームのサウンドデェレクターを中心としたロックバンドが結成され、CDデビューを果たすというおもしろいことになってきたw

    というわけで! 本日購入いたしましたのは・・・!!

    ぷらいまるず1

    THE PRIMALS 1st Album "THE PRIMALS" です!

    こちらのCDは、FFXIVの蛮神戦(ボス戦)のBGMをロック調にアレンジし、さらに歌詞まで付けた曲をたっぷりと詰め込んだアルバムになっております。
    おそらくFFXIVを知らない人が聞いたら、「ああ、こういうロックバンドの曲ね」って思うのではないかという感じですねw

    5/25からは全国のZeppを回るツアーまで行われるという盛り上がり。

    このコーナーで音楽CDを取り扱うのは初めてなので、正直自分でもどうしたらいいかわかってないですが・・・w

    僕自身音楽にはまったくうといので、どこどこのベースが良かったとか、あそこの伴奏がすごいとか全然わからない。
    無理やり書いたとしても・・・

    1・原始の審判 〜蛮神イフリート討伐戦〜 かっこよかったです。
    2・混沌の渦動 〜蛮神リヴァイアサン討滅戦〜 すげーかっこよかったです。
    3・忘却の彼方 〜蛮神シヴァ討滅戦〜 これもかっこよかったです。ギターとか?

    っていう小学生並みの感想しか書けないので、そのあたりは詳しい人たちに任せるとして、僕は物理的なかっこよさについて語っていこうと思います。このコーナーらしく・・・。

    ぷらいまるず2

    まずは大きさ比較から。

    玩具レビューっぽく隣に1/144のガンダムを置いてみました。高さは大体1/144のガンダムより若干低いくらい。
    実測で全長約125mm、幅142mmなので、恐ろしいほど精巧な技術を用いてCDケースの規格に合わせてきてますね。すごい。

    さらに、歌詞カードの全長は約120mmなので、上下約2.5mmの板で歌詞カードを支えている事になりますね。
    THE PRIMALSの力を持ってすれば、これくらいは余裕っていうオーラすら感じる。マジか。

    ぷらいまるず4

    そしてジャケットのロゴがかっこいい。

    黒いバックに赤と白のロゴ。そしてゲーム内で初めて出会う蛮神イフリートの意匠が取り込まれてますね。
    炎の蛮神らしくファイアーパターンも描かれてます。 

    アーティストのフォトなどを使わずにバンド名にしてアルバム名のロゴのみっていうのがまたロックバンドっぽいですねー!

    ぷらいまるず6

    では、オープンモードに変形させていきます。

    まずは左についている「キャップ」と呼ばれる部分を取り外します。特にロックはされていないので簡単に取り外すことができます。

    続いてケースの右側の上下あたりを指でやや圧迫し展開します。

    ぷらいまるず7

    めちゃかっこいい!!

    オープンモードにすると、店頭では見ることができない歌詞カードの裏表紙や、ディスク状に作り上げられたCDの表面が姿を見せます。

    いやまじすごすぎ。簡単な変形で見た目のイメージがガラッと変わる!

    全長はまったく変わらないのに横幅が2倍くらいになる。でも厚みは変わってない・・・魔法かこれ・・・。

    ぷらいまるず8

    CDのデザインもクールですね。黒にファイアーパターン。

    炎の帯が多すぎず少なすぎず。大雑把過ぎず、細かすぎず。

    マットな質感も高級感あって良いっ。

    ぷらいまるず9

    FFXIVと絡めて遊んでみるっていうのもいいですねっ!

    「THE PRIMALS INゲームツアー」

    Zeppツアーに行って盛り上がりたいけど予定が合わない!という人は、THE PRIMALSのCDを買った仲間達とPTを組み、BGMを切った状態で曲に合わせた蛮神戦に突入。CDを再生しながら各蛮神やレイドで戦って盛り上がる。
    ライズはちょっと混乱しそうだけど・・・。

    これ結構楽しそうじゃないですか?w

    ぷらいまるず10

    そして今回「CD」なのが地味に嬉しいですよね。

    FFXIVのサントラはBDだったりするので、車にCDデッキしかないって人は運転する時に聞きたい!と思ってもひとてまふたてまあったけど、今回はCDなので楽。

    車で買いに行って、聞きながらドライブして帰るってのもおつなものですよね。

    曲はどれもかっこいいんですが、僕は混沌の渦動 が一番お好みでした。

    とうわけで、THE PRIMALS 1st Albumの物理的レビューでした!

    ライブも楽しみですね!!


    独身万歳!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    L.E.D.MIRAGE V3

    レッドミラージュ

    今日はまるっと 1日買い物でした!

    久しぶりの日本橋探索・・・かなり歩いたのでくたくたですw
    なので本日は簡単な購入報告を!!

    本日購入いたしましたのはっ!!

    レッドミラージュ1

    ボークス IMS 1/100 L.E.D.MIRAGE V3

    本日発売ー!!レッドミラージュですよーっ!!ハアハアしながら発売を待っておりました。

    こちらのキットは、以前発売されたレッドミラージュV3 インフェルノナパームのインフェルノナパーム抜き。
    わかりやすく言うと、チャーシュー麺のチャーシュー抜きです。

    それってラーメンじゃないの?って思われるかも知れませんがそうなんです!ラーメンなんです!!

    インフェルノナパームの時は価格が2万2千円だったのですが、今回はレッドミラージュ本体にスパイド2本が突いて8,900円!! 

    FSS1巻冒頭のレッドミラージュが好き!という僕みたいな人にはたまらない構成なんですねー!!

    それでも箱がめちゃめちゃでかい・・・。

    レッドミラージュ2

    フレームに乳白色の半透明装甲を取り付けて完成するスタイル・・・。

    かっこいい・・・。

    レッドミラージュ23

    前に組んだK.O.Gと同じ1/100スケールなのも嬉しい。
    そして何よりプロポーションが素敵!!

    レッドミラージュ24

    組み立て説明書もかなり丁寧ですねー。

    レッドミラージュ25

    分厚くて良い紙!!高級感!!

    レッドミラージュ26

    外装は半透明なので塗装せずにグレーで墨のみ入れて、内部フレームは見えなくなるけどフル塗装したいですねっ!!

    とりあえず明日からちくちくゆっくり組み上げていこうと思いますっ!! たのしみ!

    というわけで本日は購入報告でした!!

    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ガンダムマーカーエアブラシシステム!!

    ガンダムマーカーエアブラシ

    生活をガラッと変えてしまうような画期的な新発明。

    時折そういったものが発売されてあっという間に浸透し毎日の生活をガラッと変えてしまう・・・なんて事がたまに起こりますよね。

    最近の代表例がインターネットだったりスマートフォンだったり。

    特にスマートフォンなんかは、かなり世の中を変えてくれたなあーと実感している人も多いのではないでしょうか?

    ガンダムの最終回で、アムロはニュータイプとして完全に覚醒し、ガンダムのコックピットにいながらにしてホワイトベースのクルーと意思を疎通させ、崩壊していくア・バオアクーから見事に脱出させる。

    ガンダム放送当時は、そんな事ができるのは人類という枠組みから大きく進歩した物だけが使える「超能力」のように考えられていましたが・・・今の時代、スマートフォンがあればあの時のアムロと同じ事ができる。

    ア・バオアクーに地図をグーグルマップで調べ、脱出ルートを検索しLINEで教えてあげればいい。
    ミノフスキー粒子うんぬんはおいておいてw

    一昔前は超能力として考えられていた離れた人との意思の疎通ができる超能力。

    割と最近みんな使ってますよね。

    さて!本日購入いたしましたのはー!

    ガンダムマーカーエアブラシ11

    GSIクレオス ガンダムマーカー エアブラシ システム

    ついに発売になりましたね!!この画期的な大発明!! わずか・・・わずか3,400円で!

    なにがそんなにすごいのか!? それはこの商品がガンプラライフをガラッと変えてくれると感じるからです!

    ではそのあたりを解説していきましょう!

    ガンダムマーカーエアブラシ10

    そもそもガンプラはプラモデル。

    最近のガンプラは技術も進み、説明書どおりに組み立てる事で、ほぼほぼ劇中どおりの作品が完成します。
    それだけでも充分楽しいのですが、中級者くらいになってくると・・・

    もっとリアルに作りたい。とか、もっと自分好みの色にしたい。

    ・・・という欲求が生まれてきます。そうなってくると自分で塗料を買ってきて「塗装」をするようになってくる。

    エアブラシシステム

    最初に手にとるアイテムはこちらの「ガンダムマーカー」と呼ばれる商品。

    プラモデル用のマーカーペンですね。

    本格的な塗料である「ラッカー」に比べて、とても手軽でリーズナブル。
    細かいパーツなんかを塗るときはとても便利なんです。

    が・・・

    このガンダムマーカーが苦手とするもの・・・それが「広範囲の塗装」なんですね。

    エアブラシシステム001

    ガンダムマーカーはマーカーペンなので、広範囲を塗るとどうしても「ムラ」が出来てしまう。

    じゃあラッカー系塗料の筆塗りがいいのか?とかスプレーで塗装するのがいいのか?
    と順々に考えていくと・・・

    行き着くところは・・・・

    がんぷら27

    エアブラシが最強。 となってくる。

    エアブラシ塗装はラッカー系塗料をプラモデルに吹き付ける塗装方法。
    ムラなく広い範囲を塗装できたり、好みの色を調色できたり、グラデーションをかけた塗装なんかもできてしまう。
    広い面も細かい面も対応できてプラモデルとの相性抜群な塗装方法なんですね。

    だが・・・

    さまざまなデメリットを持っている。

    エアブラシシステム002

    シンナーくさい。洗浄が面倒。高い。うるさい。扱いがむずかしい。

    ラッカーはシンナー系のものが多いので、塗装に使うと強烈なにおいを発し、家族から煙たがられます。
    また、塗装したい色を変える場合、一度エアブラシを洗浄しなければならない。これがまた超面倒。
    そして空気を送るコンプレッサーは物にもよりますが使用すると非常に大きな音がします。

    などなど、上級者にならないとなかなか扱いづらいものがあるんですよね。

    これが今のガンプラを取り巻く「塗装」の現状。

    ガンダムマーカーは手軽だけど、大きなことはできない。
    エアブラシは何でもできるけど、手間隙がはんぱない。

    こういう現状があり、ガンプラの塗装は「めんどくさいもの」だったわけですね。

    エアブラシシステム003

    そして今回登場した画期的なアイテム ガンダムマーカーエアブラシシステム !!

    これはその名のとおり・・・

    「手軽なガンダムマーカーをエアブラシのように使う」という

    ・・・っていうアイテムなのです!! いやはやこれすごい!!

    エアブラシシステム001

    もう一回これを見て!!

    ガンダムマーカーで広い面を塗るとどうしてもムラになるっていうやつ!!

    ね!? ムラあるでしょ! ムラあるでしょっ!!?

    これが・・・ガンダムマーカーエアブラシシステムを使うと・・・

    ガンダムマーカーエアブラシ12

    ででーん!!

    見てください!このタマゴのようなムラのない白!!

    エアブラシを使わないと絶対出せないフラットな塗面!!

    エアブラシシステム004

    しかも元々ピンクのプラスチックスプーンですよ!!

    予想以上に「隠ぺい力」が高いガンダムマーカー!!

    シャア専用ザクをシン・マツナガ専用ザクに塗り替えることなんて朝飯前だ!!

    エアブラシシステム005

    使い方も簡単!!ガンダムマーカーをセットして吹くだけ。

    こうする事でペン先の塗料を吹き付けてくれる!! 画材のコピックなんかも同様のシステムがあるみたいですね!

    それをガンダムマーカーでやろう!という発想すばらしい。

    何よりうれしいのは、ガンダムマーカーはアルコール系塗料なので、あのシンナー臭がしない!!

    エアブラシシステム006

    注意点もいくつか・・・

    噴射口をプラモデルに近づけすぎると上記写真のように塗装に厚みができてしまいムラができます。
    なので、噴射口は少し話したところで均等に塗料が乗るようイメージして吹き付けましょう。

    まずは新聞紙などに試し吹きを行ってみるのが良いです。

    エアブラシシステム007

    エアーは缶から送り出すのですが、長時間使用すると缶がキンキンに冷えます。
    霜がつくほどに!!

    缶が冷えるとエアーが出にくくなりますので、冷えてるなと思ったら少々時間を置いてから塗装を再開しましょう。
    絶対火で暖めたりしちゃだめですよ!!爆発します!!

    エアブラシシステム008

    エアブラシに比べるとたしかに細かい塗装はできませんが、この圧倒的お手軽感はとてもうれしい。

    ガンプラの塗装をガンダムマーカーでやった事がある人ならば誰しも感動すると思う。

    手軽に広い面をムラなく塗装できることのすばらしさ。

    ではこのガンダムマーカーエアブラシシステムを使って・・・

    エアブラシシステム009

    最も簡単なガンプラ・・・
    プチッガイを作ってみたいと思います!


    何気に初めて作るわ・・・・

    エアブラシシステム0010

    カラーはミルクホワイトにしたので、まっしろけです。

    説明書見ずに5分くらいで完成しました・・・。

    では!ガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってこれを塗装しま

    エアブラシシステム0011

    できました!

    はやいはやいw 塗装時間は多分5分もかかってない。

    とにかくカラーチェンジが楽だ!ペンを差し替えるだけですからねw
    それでいてこのきれいな塗装。

    塗装後のエアブラシのお手入れも必要なし!!

    においもなし!!

    ほんと・・・・お手軽すぎて感動だ・・・。

    ガンダムマーカーエアブラシシステム!!
    まさにこのアイテムの登場は、ガンプラをより親しみやすくする画期的な大発明だと思います!!

    買うといい!!!


    独身万歳っ!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。