FC2ブログ

    砂漠の街に降る雪は

    砂漠の街に降る雪は

    あたしはいっちょん。

    ファイナルファンタジー14の「14」から名前を取った。

    いちよんだからいっちょん。


    砂漠の街に降る雪は1

    一人で旅を始めて、仲間ができたあのミコッテさんのように、あたしにも、このエオルゼアで友達ができた。

    これから、どんな冒険が待っているんだろう。

    砂漠の街に降る雪は2

    フォティンちゃん。

    あたしと同じ、ファイナルファンタジー14の「14」から名前を取ったんだって!

    なんだか、あたしはその事が嬉しくて嬉しくて、いっぱい聞きたい事があったんだよ。

    「立ち話もなんだし!キャンプに戻ろうかっ!」

    フォティンちゃんの言うままに、キャンプに戻ることにした。

    ふふ。リアルだと立ち話は疲れるけど、ゲームだからずっと立ってても疲れないのになw

    フォティンちゃん、変なのw

    あたしたちは、テコテコ走ってキャンプまで戻った。

    砂漠の街に降る雪は3

    キャンプに着いたら、あたしは焚き火の前に座ってみた。

    別に座らなくてもチャットはできるけど、もし自分が本当にそこにいたら、そうするだろうと思って座ってみた。

    フォティンちゃんも横にちょこんと座ってくれた。

    「いっちょんはFF始めてどれくらいなのかな?」

    「ん~。まだ始めて3週間くらいかなあ」

    なんだろう・・・この胸が高鳴るというか・・あせるというか・・・この感じ・・・


    新しく進学して・・・クラスに誰も知り合いがいなくって・・隣に座った子と初めてお話する感じ?


    どこの人?いくつなの?なんでFFしようと思ったの?なんでブリオー着てるの?どうして声をかけてくれたの?

    あ、前はお辞儀してくれてるのにデジョンしてごめんね!

    聞きたい事がいっぱいありすぎて・・・ 逆に何から聞けばいいかわかんなくなって、ちょっと嫌な沈黙が・・・

    そうすると、フォティンちゃんは、立ち上がり、裁縫を始めた。

    砂漠の街に降る雪は4

    あー・・・ 退屈させてしまったかなっ><

    でも・・・頭の中で聞きたい事がぐるぐる廻って・・文字を打っては消し打っては消し・・・

    どうしようっ>< 沈黙がつらいっ!!

    何か聞こう!何か・・!! そして必死で考えた末に決まった質問は・・・

    「裁縫やってるんだねっ」

    あー!あー!そんなの見たら解るのにっ!なんでそんな事聞いたかなっ! あたしわっ!!

    でも、フォティンちゃんは答えてくれた。

    「うん~♪たのしいよねーw まだ始めたばっかりだけどねー」

    「あたしもね、裁縫やってるんだよ。まだ草糸もたまに失敗するけどね」

    「そうなんだーwサイトでレシピとか見てるだけで楽しいよねw」

    「うんうん!いっぱい服の名前覚えたよ!作れないけどぉ」

    「あははwわかるーw」


    一度、会話が滑り出すと、あとは普通に友達と話しているような気持ちになれた。

    とても たわいも無い会話。でも、とても楽しい会話!

    裁縫をしながら、フォティンちゃんは器用にお話を続ける。

    砂漠の街に降る雪は5

    「いっちょんよっ!これは運命だと思うんだよっ!」

    「ん?」

    「同じ由来の名前を持つ二人は出会う運命だったんだよっ!」

    「おー!」

    「ですのでー!今フォティンちゃんは、メモリアルアイテムを作ってマース!」

    なんか・・ちょっとキャラがよくわかんないよw フォティンちゃんw

    でも、運命とか言われると・・・嬉しくなってくる自分がいる・・・

    「何作ってるの?」

    「名づけて、友情の14グローブです!出来たらあげるね^^」

    砂漠の街に降る雪は6

    なんだろうw 14グローブってw

    でも、初めてのお友達フォティンちゃんが今、あたしの為に何かを作ってくれてるんだっ!

    それだけで、すごく嬉しいよー!

    砂漠の街に降る雪は8

    「できたっ!友情の14グローブ完成でーっす!」

    「うわー!感動だよ~!」

    もうこの頃には、思っていることを入力して発言するようになっていた。

    フォティンちゃんがすごく近くに感じたんだよ。

    「・・・と言っても、コットンハーフグローブだけどねw」

    初めてのトレードが来た。

    あたしは、わからず、何度も決定ボタンを押した。

    グローブを受け取り、早速装備して、お辞儀をして見せた!

    砂漠の街に降る雪は9

    「ありがとう^^すごく嬉しい、大事にするね。」

    あたしも何か返したいけど、何も持ってない事をフォティンちゃんに言うと、フォティンちゃんは、また今度何か作ってーと言ってくれた。

    うん!あたし頑張るよっ!!

    その後、フォティンちゃんのお気に入りの場所へ移動し、遅い時間まで色々とお話をした。

    砂漠の街に降る雪は10

    どうやら、明日は「1.20」という大型アップデートというのがあって、色々この世界が変わるらしい。

    「あとね!ウルダハに雪が降るらしいよっ!」

    「え?砂漠なのに??」

    「うんw でもそれがすっごい綺麗らしくて、すごく楽しみにしてるんだー!」

    それはすごいっ!見たいっ!! ただでさえ綺麗なエオルゼアに雪が降るなんてっ!!

    しかもクリスマスツリーまで立つらしいっ!!うっわー!

    すごく楽しみだよっ!! 

    砂漠の街に降る雪は11

    「あー!っていうかもう3時だよー!寝ないとー!」

    え?もうそんな時間?? すごくあっと言う間に時が過ぎたよー!

    フォティンちゃんとは、今日会った気がまるでしない。ずっと友達だったような錯覚さえ覚えた。

    あたしの、はじめてのお友達・・・フォティンちゃん。

    寝るのがもったいないけど・・・寝ないとね><

    その前に・・・ 

    あたし、本当は自分から声をかけなくちゃいけなかったけど・・・
    でも、あたふたしててフォティンちゃんに声をかけてもらったんだった・・・




    このままじゃ駄目だ・・・

    ここで・・・あたしは変わるんだ!

    断られるかもしれないけど・・・

    あつかましいと思われるかもしれないけど・・・


    勇気を出して、あたしの物語をはじめるんだ!

    そのために、エオルゼアに来たんだからっ!

    あたしは、あたしの中にある勇気を振り絞って・・・顔を真っ赤にして、キーを叩いた。

    がんばれっ! あたしっ><


    砂漠の街に降る雪は12

    「明日、フォティンちゃんと一緒にウルダハの雪を見たい!」

    「だから、明日も一緒に遊ぼう?」


    言えた。言えたよ。あたしの気持ち。

    すぐに返事は返ってきた。

    「うん^^」

    砂漠の街に降る雪は13

    「14グローブありがとうね!大事にするっ^^」

    「いえいえっ じゃあ明日22時にウルダハに立つツリーの前で待ってるね^^」

    「22時にツリーの前ねっ!わかったー!」

    「おやすみー^^ノシ」

    「おやすみ^^」

    これから、はじまるあたしの物語。

    二人で狩りをしたり、二人でおしゃべりしたり。

    ほんの少しの勇気で良かったんだ。

    少しだけ、あたしは成長したのかな。








    次の日、あたしは仕事を終わらせ、先輩に夕食に誘われたけど、断った。

    男ができたか?とか言われたけど、違う違う。

    もっと素敵な人ができたのですよw

    家に帰ってさっそくPCの電源を入れる。

    まだ、約束の22時には40分ほど余裕があるけど、支度を済ませてログイン!

    バージョンアップが終わり、あたしは、いっちょんとしてウルダハの地に降り立った。

    砂漠の街に降る雪は14

    おおー!雪だっ!雪だー!ツリーもあるー!!

    これはテンションがあがるー! あれ?でもツリーって街中にいっぱいあるよ??

    まだ時間もあったので、ウルダハを一周してみる。

    とりあえず、一番大きいツリーの前で待ってよう^^

    砂漠の街に降る雪は15

    雪が降っても14グローブが温かいぞー!

    っていうか!今日は何して遊ぼうかなっ!おしゃべりもいいしー!
    ノートリアスモンスターに挑んでみるのもいいかなっ!!

    レベルがまだ足りないだろうけど、ひょっとすると友情パワーで倒せちゃったりするかもっw

    無理かww


    砂漠の街に降る雪は16

    でも、ちゃんとフォティンちゃんの意見も聞かないとねっ!

    FFのサイト等を見ながら、何をどうやって裁縫のレベルを上げるか考えてみたりして時間をつぶす。

    部屋の暖房が効いてきて、少し眠たくなってきた。

    時計に目をやる。

    22時17分。

    砂漠の街に降る雪は17

    リアルの世界なら、電話やメールをするのになあ。 エオルゼアにはそんなものはないっ!

    何かあったのかな? 約束を忘れちゃった? そんな事はないだろうしなあw


    他のツリーで待ってるのかなあ?ちょっと見に行こう。

    砂漠の街に降る雪は18

    てくてくと他のツリーを見に行っても、いない・・・。

    そうか!この間させてもらった、フレンドリストを見れば、ログインしてるかどうかわかるじゃなーい!

    でも・・・たったひとつのフレンドリストにログインランプは灯っていなかった。

    もう時計の針が23時を指す。

    砂漠の街に降る雪は19

    だんだん不安になってきた。

    フォティンちゃんに何かあったのかな?という不安が、心の中で嫌われてるのかな?という不安に変わってくる。


    昨日は、意気投合したつもりでいたけど・・・合わせてくれてたのかな・・・


    砂漠の街に降る雪は、あたしの気持ちをどんどんと冷やしていく。

    時計は1時をまわっている。

    砂漠の街に降る雪は20

    そうだよね。こんなもんだろうね。


    なんとなく・・・そんな気はしてたんだ。


    14グローブで涙を拭う。


    こんな事になるなら・・・いっちょんなんて名前にするんじゃ無かったよ。


    砂漠の街に降る雪は21

    フォティンちゃんのいない砂漠の街に、いつまでも雪が降り続けた。

    綺麗でふわふわとした雪は、決して積る事は無く、あたしに触れるたびに消えてしまう。


    昨日と同じ午前3時。


    あたしはログアウトした。


    この日、アップデートされたFF14は、一瞬でゲームが終了できるように変更されていた。

    気が利くね。














    この日、フォティンちゃんが来なかった理由を知ることになるのは、それから数日が過ぎてからだった。



    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    続きがきになる~><;
    続きが気になりますねー

    ちなみに裁縫針はサボテンダーが好きです

    ララだとちっちゃくて見えにくいんですけどねw
    いっちょん・・・(´;ェ;`)ウゥ
    もはやいっちょんにいいことがあると「ああ、一度上がった方が落ちた時により痛いよね……」と考えてしまう私。
    薄幸そうな雰囲気がそうさせるのか、私がネガティブなのか。

    人生そううまくはいかないんやー!
    最後の、気が利くね。の言葉が寂寞感を出してますね。続きが気になります。それと、記事のタイトルも毎回素敵ですね。毎回楽しみにしております。
    いっちょ~~~ん!!。゚(PД`q*)゚。
    オンラインゲーマーの心にぐさりと突き刺さるこのシリーズ。
    EDテーマが一日ヘビロテになります。。w
    お願い!
    ハッピーエンドにして!
    お願い!(>_<)
    >忍夢さん

    続きはWEBで!w


    >まこるさん

    サボテンダーの針いいですよねーw

    48になると、またお花の刺繍に戻るので残念です;



    >くくりん

    最近いっちょんがお気に入りですねw

    出演する?w


    >あんずさん

    物語のベースは世界名作劇場のイメージなので、大事な人と引き裂かれる所か始まらないとねw


    >ミジンコさん

    投げ捨てるようにログアウトする気持ちというかなんというかw
    そんな感じになればいいなと思いブツっと終わらせましたっ


    >あしやんさん

    最終回のEDはお約束で別バージョンにしようと企てていますっw

    お楽しみにっ!いつになるかわかりませんがw


    >たけぼん

    そうなるといいですねっ!w

    でも・・もう・・・最後は決まってるので・・・

    オンライナーとして・・避けては通れぬ・・・



    げふんげふん  ケロッ

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。