FC2ブログ

    裁縫師と小さな手袋

    裁縫師と小さな手袋

    今回の記事は裁縫師ランク36の職クエストです!

    ここは、エオルゼアのファッションの中心地ウルダハ。

    そしてそのウルダハに門を構える一流の洋品店、その名は「サンシルク」

    サンシルクには世界中の裁縫師が修行にやってくる世界最大の裁縫ギルドでもある。



    裁縫師と魔法の靴16

    魔法の靴を手に入れ、憧れの舞踏会へと向かった、小さな女の子チュチュム。


    それから数日が過ぎ、裁縫師の耳にある噂が入ってきました。

    「今回の舞踏会で、とある美女に王子様が恋をされた。」

    「しかし、その美女は深夜を過ぎると飛び出していった。」

    「その美女は長手袋を落としていった。」

    「王子様はその長手袋の持ち主を探している。」

    裁縫師と小さな手袋1

    ドスティ 「そのため、ウルダハ中の女性が長手袋を求めてるざます。もう片方を自分が持っていると主張したいのでしょう。」

    そんな女性の夢を叶えるのもサンシルクの役目。

    ドスティは至急高級手袋「ラグジュアリーグローブ」10本作るよう裁縫師に指示しました。

    しかし、裁縫師はそのラグジュアリーグローブという手袋を作った事が無い為、材料がわかりません。


    そこで裁縫師は、チュチュムに必要な材料を尋ねます。

    裁縫師と小さな手袋2

    チュチュム 「ラグジュアリーグローブを10本も作るのは大変ですね。」

    どうやら必要な素材の1つに「ザナラーンスパイダーの露糸」が必要らしい。

    ザナラーンスパイダー・・・。

    カッパーベル鉱山にいると言われる恐ろしい蜘蛛だ。

    一介の裁縫師では太刀打ちなどできない強力なモンスターだ。

    裁縫師は格闘の心得もある為、カッパーベル鉱山へと向かいました。

    裁縫師と小さな手袋3

    裁縫師は万が一に備え、かばんに闘器を入れ走りました。

    ザナラーンスパイダー・・・倒す事ができるでしょうか。


    裁縫師と小さな手袋4

    少し時間がかかりましたが、カッパーベル鉱山へ到着した、裁縫師。

    おや? 鉱山の入り口にチョコボがつながれています。

    誰か、着ているのかもしれません。

    そう思い、鉱山の入り口を探す裁縫師・・・。


    しかし・・・そこにいたのは・・・・


    裁縫師と小さな手袋5

    蜘蛛の糸でぐるぐる巻きにされたチュチュムでした。

    チュチュム 「あうう…裁縫師さん助けてください。日頃の…恩返しに…あたち…頑張って…糸を取ってきて、あげようと思ったら…怖い蜘蛛さんに捕まって…ぐるぐるって…大変な事に…」


    どうやらチュチュムは自分を舞踏会へ行かせてくれた裁縫師への恩返しに、自らザナラーンスパイダーに挑み、その露糸を身体に巻きつけて逃げてきたようです。

    で、でも…ごろごろ逃げて…糸は、取れました…というか、あたちが、その糸で動けない状態です…うぅ、糸をほぐして、取って下さい…。

    危険な事を自分の為にしてくれたチュチュム。

    でも、裁縫師はゴロゴロ転がって逃げるチュチュムの姿を想像すると少し可笑しくて笑ってしまいました。

    命懸けでチュチュムが取ってきてくれたザナラーンスパイダーの露糸。

    その露糸はとても脆いのです。

    サンシルクまでこのまま運ぶ事はできません。

    施設は無いですが、ここでチュチュムから露糸を採取し、この場でラグジュアリーグローブを編み上げるしかありません!!

    裁縫師の腕の見せ所です。

    裁縫師と小さな手袋6

    少し納得がいかない依頼。

    王子様が恋した美女がしていたというラグジュアリーグローブを10本。

    美女が落としていった手袋を注文するウルダハの女性達。

    「その片方を持っているのは私です!」

    その手袋を10本作る事は、10の嘘を紡ぐ事になる。

    裁縫師と小さな手袋7

    それでも裁縫師が手袋を紡ぐのは、自らの危険を省みず命をかけて裁縫師に恩返しをしたいというチュチュムの友情を感じたからに他なりません。

    待ってて、チュチュム、今その体の糸を手袋にしていきます。

    朝、昼、夜。

    時間はかかりましたが裁縫師は無事、10本のラグジュアリーグローブを完成させました。

    チュチュム 「ぬぬぬ、ここまでほどければあとは、あたちの裁縫師パワーで!」

    露糸で動けなかったチュチュムも謎の裁縫師パワーで無事動けるようになりました。

    裁縫師と小さな手袋8

    ドスティに無事ラグジュアリーグローブを納品する裁縫師。

    出来も上々です。


    ドドン!

    大きな音を立ててサンシルクのドアが開きます。

    裁縫師と小さな手袋9

    イードブルガ 「あの長手袋、入荷したんですって!?」

    オック・ポラリ 「はやく、およこしなさい!私のものよ!!」

    勢いよく入ってきたのは、チュチュムをいじめる義理の姉達。

    彼女達もまた、王子様に「私が手袋の持ち主です」と主張したいのでしょう。

    チュチュムが命懸けで取ってきた露糸を使ってる等とは夢にも思っていないのでしょう。

    その時。

    ドドン!!

    また大きな音を立ててサンシルクのドアが開きました。

    裁縫師と小さな手袋10

    そうです。そこに現れたのは・・・

    裁縫師と小さな手袋11

    渦中の人、ザナラーンの王子様、その人だったのです。

    王子 「邪魔をするぞ、サンシルクで勤労に励む都市民達よ。麗しいご婦人方にひとつ試していただきたいのだ。」

    王子様は噂どおり、舞踏会で美女が落としていった手袋の片方を持つ美女を探しておられるようです。

    裁縫師と小さな手袋12

    王子の秘書は、すっとその手袋を差し出します。

    この手袋の片方を持つものこそ、このザナラーンの次期王妃。

    女性達は、苦労して用意したラグジュアリーグローブを持って、我こそはと秘書の下へ集まります。



    しかし、その手袋は…

    裁縫師と小さな手袋13

    な、なんて小さいの!?

    その手袋は大変小さく、これを身につけられるのはミコッテ、ヒューラン、エレゼン族では到底無理な話。

    そう、ララフェル族用の手袋だったのです。

    裁縫師と小さな手袋14

    秘書は、サンシルクの奥をとぼとぼ歩いてるララフェル族を見つけました。

    そう、チュチュムです。

    チュチュムは事の成り行きがわからぬまま、秘書から手渡せれた手袋をつけてみました。


    裁縫師と小さな手袋16

    裁縫師は思いました。




    チュチュム。

    裁縫師の仕事はただ服を作るだけではないんだよ。


    裁縫師と小さな手袋16.5

    裁縫師は願いを込めて、糸を紡ぎ、針で縫う。

    裁縫師と小さな手袋17

    そして願いを持った人が裁縫師の作った洋服に袖を通す時。

    裁縫師と小さな手袋18

    その願いを叶える為の・・・

    裁縫師と小さな手袋19

    とても素敵な魔法がかかるんだ。

    裁縫師と小さな手袋21

    夢が叶って良かったね。

    おめでとう、チュチュム^^



    ここは、エオルゼアのファッションの中心地ウルダハ。

    そしてそのウルダハに門を構える一流の洋品店、その名は「サンシルク」

    サンシルクには世界中の裁縫師が修行にやってくる世界最大の裁縫ギルドでもある。



    今日も裁縫師は糸を紡ぐ。


    裁縫師と小さな手袋24




















    紡ぐ理由はただひとつ。







    裁縫師と小さな手袋23


    夢が叶った人の 素敵な笑顔が 見たいから。





















    マイディーは思います。


    赤ずきん22













    ここで・・・・








    ここで終わればよかったのに!!



























    その後展開される。

    エオルゼア全ての裁縫師の心を完膚なきまで叩き折る、


    裁縫師と小さな手袋22

    まさかのエピローグ!!




    ドスティが、義理の母が、そしてチュチュムが・・・




    完全に超次元へと躊躇無く飛んでいく

    世界最強に残念なストーリー!



    スクエニよ、どうしてこうなった!!



    何か、裁縫師に恨みでもあるのか!!!!





    気になる結末は・・・自分の目で確かめようっ!!



    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    コレ、シンデレラのオマージュ⁈
    グリムのシンデレラの最後は継母らに復讐(かなり残忍な)して終わりますが、それの忠実なオマージュなのでしょうか?
    このクエストのストーリーを見ているわけではないので、確たることはいえませんが、スクエニも思い切ったことをしたなーと言わざるをえません。
    ただ、人に対して辛く当たれば、機会があれば確実に戻ってくることは当然なのですから、当たり前の教訓を含んだストーリーであるとも考えます。
    これらのことからFF14は対象年齢が20歳以上(FF11を卒業した年齢?)向けなのかもしれないですね。
    >戦士90さん

    そうなんです!第一話からシンデレラだなあとは思っていたのでこうなる事は見え見えでした。

    だが、だがしかしだったんですよw
    裁縫師の心を折るのはグリム通りだったからというわけではなく・・・。

    一連のストーリーとして見る分にはそういう話もあるよねwって感じなんですが、苦労して苦労して上げたレベルのご褒美がこんなお話じゃ・・救われない;;

    って思いましたw

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    ©BANDAI NAMCO Online Inc. ©BANDAI NAMCO Studios Inc.

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。