FC2ブログ

    ひかりとお姉さん 第5集

    ひかりとお姉さん5集

    「ひかりとお姉さん」とは?

    AP GAMESさんというゲームチャンネルがyoutubeで配信しております実況動画で、ひかりさんと瑠花さんというオンラインゲーム経験ゼロのお二人が、FFXIVを姉妹でプレイして冒険していくというシリーズ。ひかりさんとお姉さんだから「ひかりとお姉さん」。

    というわけで、少し間が開きましたが第5集です。最近ログインするとほぼ毎晩のようにログインされているお二人。
    そろそろエオルゼアでの暮らしが生活の一部になってきた頃では無いでしょうかw こうして共に旅をして少しずつエオルゼアに人をおくっていく・・・そんな999のメーテルのような活動・・・w 

    そんなお二人の活躍を今回もバッチリ振り返って行きたいと思います!

    では!動画まとめ第5弾!どうぞ!




    ■ 前回までのまとめ

    ① ひかりとお姉さん 第1集

    ② ひかりとお姉さん 第2集

    ③ ひかりとお姉さん 第3集

    ④ ひかりとお姉さん 第4集




    ■ 第30話 初心者が下限で挑む「外郭攻略 カストルム・メリディアヌム」

    初の8人IDになる、外郭を下限で挑戦。今までの4人IDと比べると攻撃のエフェクトなんかも単純に倍になりますからねw 最初は何をやっているかさっぱりわからないだろうなと思います。 内容的に強敵が出現してっていうIDでもないので下限でもサクサク進むのですが、少し道が複雑。いいタイミングだったので、ID中にクエスト情報でやる事を確認して進むというのを覚えてもらいました。加えて、このIDで覚えてほしいのは「大砲」の撃ち方。これは今後のIDでもたまに出てくるので、積極的に使ってもらっています。



    ■ 第31話 初心者が下限レベルで挑む「魔導城プラエトリウム前編」

    さあ、地獄の始まりだw 魔導城の初見さんを交えた下限での挑戦は、1日仕事と言っていいですからねw 最悪の場合は、1回目は時間切れという事も往々にしてありえるわけなのですが、2.0のラストダンジョンという事もあり、いつまでも忘れる事のない冒険にしてほしいので、あえて好きにやってもらう。そんなコンセプトで挑みました。そしてちょっと嬉しかったのは、二人が最初のAFで参戦してくれた事。魔導城は最初のAFで行くっていうのが、卒業式的な感じがして好きなんですw 二人とも今までの経験の集大成を発揮しようと気合が入ってますねw 



    ■ 第32話 初心者が下限レベルで挑む「魔導城プラエトリウム後編」

    というわけで、後編。ラスト、アルテマウエポン到着の段階で残り45分・・・余裕なように見えますが・・・下限ですからねw
    2.0実装当時は、ここで全滅を繰り返してタイムオーバーってのも何度か味わいました。そして、アルテマウエポンに乗り込むガイウスを見て、「え?乗るんだ?」っていうリアクションはみんなが通る道ですよねw ラストバトル前の煽りは一撃学園であるちゃんたちを教えていた頃から使ってる煽りですねw ラストバトル感を味わってほしいっ! やっぱりアルテマウエポン戦はいいですよねー。今まで苦労して倒してきた蛮神の力を全部使ってくるという凶悪ぶり・・・w 苦労して倒した1回目のアルテマウエポン・・・カットシーンでもう一度戦う流れになりそうな事を悟った時の二人のドン引き表情が「わかる」ってなりますよねw そしてギリギリ残り5分くらいでなんとかクリア。勝利のファンファーレを聞いて安堵する二人を見てちょっとホロリとしますねw よく頑張った。

    ひかりとお姉さん5集1

    もともとこの企画は、昨年の9月にまったくのゲーム初心者である二人の姉妹がエオルゼアを冒険して、光のお父さんと同じ様にツインタニアを倒すという企画でした。しかも下限で。一応FFXIV全体の基本が詰まったチュートリアルと言える2.0のエンディングまでたどり着く事ができましたが、僕が教えてきたのはあくまで基本的な立ち回りだけ。細かいスキル回しや効果的なバフのかけかた、タイミング等はほとんど教えていない状況です。このまま下限で大迷宮に進んでも、今の二人の技量では、きっとうまくは行かない。ここで再び、二人の意思を確認し、父が歩んだ道と同じ様に「レリック」を作りながらプレイヤースキルの向上を目指すという案を提案しました。今の時代レリックなんて作ってもほとんど意味は無いですが、全てをほぼ実装当時と同じ下限でクリアする実力を身に付ければ、なんとかなるかもしれませんからね。メインを進めながら、下限でレリックを作り、PS向上を計る。

    下限レリック編のスタートです。



    ■ 第33話 初心者が下限レベルで挑む「ドルムキマイラ討伐戦」

    2.0をクリアしたメンバーに先輩メンバーがレリックの元武器をプレゼントするというのが、一撃学園の習わしでした。今回もそれに沿って、クライブ親方に元武器の作成を依頼。二人に受け取ってもらいました。ここから始まる下限レリック制作! そして久しぶり過ぎて、手順を間違える僕w ゲロルトと邂逅する二人・・・まさかこのおじさんと長い長い付き合いになるとはこの時思いもしなかった・・・って感じだと思いますw そして下限で挑むドルムキマイラ!もう全然ギミックとか覚えてないので何回か全滅しましたねw 氷結の咆哮をスタンで止めるという発想がてぃんくさんから出てくる。イフリートでの経験がいきてますねーw かっこよかった。



    ■ 第34話 初心者が下限レベルで挑む「古城アムダプール攻略」

    つづく下限レリック制作の旅。今回は下限で行くアムダ。思い出されますね・・・2.0時代・・・。今では考えられないですが、普通のIDなのに、当時は時間切れ多かった・・・。ギミックや攻略も結構複雑なうえ、即死(落ちる)もありますからね。 
    何より1ボスの強さですよねw 下限だとレイド並みの攻略が必要ですからねー。そして時間切れによる手痛い敗退・・・。
    この日は敗退したまま終了となったので、二人の心が折れてないか心配しましたねー。



    ■ 第35話 初心者が下限レベルで挑む「善王モグル・モグXII世討滅戦」

    メインクエストを進めるとぶち当たる、モグルモグ戦。この下限がもう・・・大変でしたね・・・。恐るべき下限でのメメント・モーグリの破壊力。全てのモーグリを倒しても、素のままだと全滅するという鬼畜な仕様。全滅させたうえで、各自防御バフを炊いたり、学者を入れてバリアヒールを厚めにかけたり、ご飯食べてHPを底上げしたり、タンクLBを使ったりしないと耐えらえないんですよ。いろいろ下限で行ってますが、このメメント・モーグリだけは、突出して難易度が高い。 最初余裕ぶっこいて僕もエモで一緒に踊ってましたが、食らったダメージを見て笑いが吹き飛びましたねw これほんとにあってる!?って思いましたw ラストバトル、もうだめか・・・からのひっぴさんのヒラLBで逆転! 長い時間戦いましたが、気持ちのいい勝利でしたねw



    ■ 第36話 初心者が下限レベルで挑む「古城アムダプール」

    34話でクリアできなかった、下限アムダのリベンジ。今回もなかなかに苦労しましたが、なんとかクリアできて良かったですねw
    そして、アムダやモグル・モグとの激戦で、ちょっと疲れたかもなあと思っていた所、偶然シャウトで演奏会のお知らせが!まあたまにはこういう文化的な楽しみも体験して欲しいと、カーバンクルに移動して演奏会を見に行きました。非常に質の高いユーザーイベントで、二人もとても楽しんでいましたねー。僕も楽しかったです。FFXIVはバトルだけではなく、いろんな楽しみ方があるので、二人には幅広い範囲で冒険を楽しんでもらえたらなと思っています。



    ■ 第37話 初心者が下限レベルで挑む「ハイドラ討伐戦」

    再び下限レリック制作を進めるお二人。今回のお相手は下限ハイドラ。今の時代、ハイドラに行く人自体少なそうですが、さらにそれに下限で挑むという・・・w 最近始めてサクサクっと進んでしまった人はたぶん一生戦う事は無い相手ですよねw これでも当時は強かったんですよーw そしてここで初めて味わう「頭割り」。これから何度も何度も登場してくるギミックなのでここで学んだことはきっとこの先役に立ってくると思います。ちなみにこの回くらいからか、下限で勝った後に通常でも挑んで、実際はどれくらいの強さなのかも学んだりしています。

    ひかりとお姉さん5集2

    公開はあと2話分くらい進んでいるのですが、今回はここまで。

    魔導城も無事クリアし、最近は8人でのPTバトルも増えてきました。毎回ひかりとお姉さんのフェローシップでPTメンバーを募集して挑んでいるのですが、みんなほんとに根気強く二人のチャレンジに付き合ってくださって、優しい人ばかりですねー。今後もいろんな企画を開催していかれるようなので、気になる方はフェローシップのフォローもよろしくお願いします!

    次回は、いよいよ下限3蛮神とかも入ってくるのかな!? たのしみです。

    つづく!
    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    ©BANDAI NAMCO Online Inc. ©BANDAI NAMCO Studios Inc.

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。