FC2ブログ

    俺ちょっと西片になってくる。

    おれちょっと

    ちょっといいゲーミングPC、20万前後。
    HTCVIVE、だいたい7万円くらい。
    そしてソフト代が1500円くらい。


    総額で約30万円くらい。 それだけお金をかけて何が出来るのか?

    「西片」になれるのだ。

    勇者になって魔王を倒したい。兵隊になって飛び交う銃弾の中戦ってみたい。モビルスーツのパイロットになって宇宙世紀を生き抜きたい!あらゆる男子の夢を叶えてくれるゲーム。あらゆる夢はゲームで叶ったような気もするがそんな事は無かった。

    まだあった。俺たちの夢が。

    冴えない中学生になって、女子にからかわれたい。

    そんな、ニッチなようで誰もが心の奥底に持っている夢を叶えてくれるゲームまでもが登場してしまった。

    それが・・・

    「からかい上手の高木さん VR」だ。

    高木さん

    「からかい上手の高木さん」を少し説明すると、中学生の西片君が隣の席の高木さんに「からかわれる」だけの日常漫画及びアニメですね。ネフリでも見れる。このおもしろさを説明するのはなかなか難しい。高木さんは、いつも西片君をからかうのですが、からかう方もからかわれる方も、心の奥底にはほのかな「中学生の恋心」が潜んでいる。大人である僕たちが第三者視点から見るとそれはもう明らかなのですが、本人たちはそれをなんとか隠そうとする、その理由は「恥ずかしい」からだ。

    この幼いころはたしかにもっていた、異性に対する「恥ずかしい」とか「照れくさい」いう感情を揺さぶってくるのが、からかい上手の高木さんの魅力と言える。

    そんな「からかい上手の高木さん」が、ゲームになった、しかもVRで。

    そりゃもうやるしかないよね。西片になるしかないよね。僕も。

    さっそくVRゴーグルを装着し・・・・ゲームスタート!!

    高木さん5

    …する前に!! まずは準備運動が必要だ。

    起動したのは、グーグルアースVR。これを使って、家から中学校までの道のりを何往復かする。
    そう、まずは取り戻す必要がある。あの多感でピュアだった中学生だった頃の自分を。

    すぐに高木さんVRを起動してしまうと、もはや自分は大人なので、高木さんに多少揺さぶられても動揺しないかもしれない。
    高木さんVRを100%楽しむ為には、まず自分は中学生なんだと暗示をかけなければならない。

    中学校までの道のりを、VRで歩く事で色々思い出す淡い思い出。
    好きだった子とすれ違う時の見てみぬふり。下駄箱のなんとも言えない匂い。
    放課後の教室に舞う埃、開けた窓から入ってくる風、遠くから聞こえてくる吹奏楽部の演奏、それに合わせて踊るカーテン。

    いける・・・今僕は中学生だった頃の自分。

    この雰囲気を持ったまま・・・高木さんVR起動!!

    高木さん6

    うあーっ!!

    い・・・いる!! 教室に高木さんがいるっ!動いてるっ!

    え!?もうすでにドキドキしてきたっ! これはやばい!

    なんか恥ずかしくて直視できない!!

    高木さん7

    うわっ!難易度高っ!!

    いや、操作は簡単だけど、高木さんの方を見ろって事ですよね。

    ええ・・・・恐る恐るスティックを倒すと・・・

    高木さん8

    近いっ!近いよっ!

    あかんよっ!近いよっ!!噂になるよっ!!
    二人は付き合ってるみたいな噂が校内に流れたら、もうそれは死活問題だよ!

    なんか、居残りで掃除をさせられてる状況のようだ。
    ホウキとチリトリを出して、掃除を進めなくては。

    高木さん9

    ホウキとチリトリを使って、ゴミを拾い、ごみ箱に捨てればクリア。

    邪魔されたりする事も、パズル要素があるわけではない。

    ゲームとしてはなにひとつ難しくない。

    高木さん10

    ただ・・・高木さんと二人で掃除をするというシチュエーションが・・・

    出所不明の緊張感を感じて、不思議と息苦しい。

    話を聞いてみると、居残りで掃除を命じられたのは自分だけで、高木さんはそれを手伝ってくれていたようだ。

    お礼にジュースをおごる事になる。

    高木さん11

    自販機の前に。

    慣れてきたので、やっと高木さんを直視できるようになってきた。

    高木さんがジュースを選んでいる間、何もする事は無い。

    高木さん12

    脚・・・細・・・。

    VRだから何でもできるけど、これ以上は謎のオーラで近づけない。無理。

    高木さん13

    嬉しそうにジュースを飲む高木さん。かわいい。

    高木さん14

    西片も飲むとジュースを手渡される。

    缶に手を寄せ、グリップを握り込むと缶を受け取る事ができる。

    だが・・・受け取って、飲もうとすると・・・

    高木さん15

    急に高木さんが近寄ってきて、耳元で・・・

    「間接キスだね」

    いきなり言われるので、ビクっとしてしまう。

    ビクっとするから、グリップが緩んで缶を落としてしまった・・・。

    これは・・・間違いなく 「からかわれている」!!

    見事ですよね。からかい上手の高木さんが見事にゲームになっている。

    高木さん16

    高木さんと海でビーチバレーをする事に。

    ただでさえ直視できないのに水着とは・・・

    高木さん17

    自分もちゃんと水着になってて、なんか笑えるw

    高木さん18

    しばらくは、高木さんとぽーんぽーんと楽しくVRビーチバレー。

    あるていどラリーが続くと・・・

    高木さん19

    高木さんがぽーーんっと高くボールを上げてしまう・・・。

    これはチャンス!落ちてくるボールにタイミングを合わせて打ち返してやる・・・と上空のボールを注意深く目で追っていると・・・


    「西片、水着の紐ほどけてるよ」

    えっ!?マジっと水着に目をやると・・・

    高木さん20

    いや、別にほどけてないけ・・・







    高木さん21


    あ・・・・・。



    高木さん26

    ゲームはいろんな体験ができて楽しい。

    勇者になって魔王を倒せる。兵隊になって飛び交う銃弾の中戦える。モビルスーツのパイロットになって宇宙世紀を生き抜き抜ける!

    そして、西片になって高木さんにからかわれる事もできる・・・。

    VRであるが故の、没入感があるからこそひっかかってしまう、からかいの数々。

    「からかい上手の高木さんVR」は、見事に「からかい上手の高木さん」をゲーム化している。

    PCのVR環境をお持ちの方は、ぜひネフリでアニメを全話見てから(重要)プレイして見て下さいませ。

    お見事でした。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    ©BANDAI NAMCO Online Inc. ©BANDAI NAMCO Studios Inc.

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。