ねんどろいどフェイスメーカーでECOの『顔16』を作る。

    顔16を作る。

    「ドール沼」という言葉をご存知でしょうか。

    ホビーの世界にも色々ございまして、その中でもいわゆる「球体間接人形」、『ドール』という世界がございます。

    アニメや漫画のフル可動フィギュアとは、ちょっと違う世界観。

    メジャーなものは1/6とサイズも大きく、髪は1本1本植毛されたウィッグを使い、洋服などは裁縫された布製のものを使用する事が多い。

    アニメや漫画のキャラクターものもあるが、基本はフェイスパーツとボディ、眼球、ウィッグ等を自分なりの好みでチョイスしカスタムしていく、オンラインゲームのキャラクリエイトにも似た世界なのです。

    また上級者になると、市販のフェイスにメイク等を施しフェイスパーツをカスタムしたりと模型趣味と同様に深い世界となっている。

    市販フェイスを改造した、カスタムフェイスはオークションサイト等で工学で取引され顔パーツだけで数万から数十万するものあり・・・売れているのだ・・・。

    カタログ等から、フェイスパーツ等を全て選び1体をまるっとカスタムしてくれるサービスなんかも存在するが、ゲーミングPC並みのお値段だったりするので、一度足を踏み入れるとどんどんとお金を使ってしまう為、ドール沼なんて呼ばれていたりする。

    だが・・・完成したドールは、通常のフィギュアとは、まったく違う『存在感』を放ち、その場に置いてあるのではなく、その場に「いる」という感覚を感じる事さえある。 

    ドールは、まったくもって素晴らしい、深く高尚な大人のホビーなのである。

    さて!本日購入いたしましたのはっ!

    ねんどろいどフェイスパーツ

    グッドスマイルカンパニー ねんどろいどフェイスメーカー

    ツイッターや先日のブログで記事にしてみたら結構反響があり、詳細が知りたいというおたよりを頂きました。

    先日の記事でも書きましたように、ねんどろいどフェイスメーカーは人気のディフォルメフィギュアシリーズ『ねんどろいど』のフェイスパーツを自分で好きにデザインでき、完成したフェイスパーツを送ってくれるというサービスです。

    ねんどろいどフェイスパーツ1

    WEB上で、目、鼻、口などを、複数のパーツからチョイスし配置、大きさや位置も微調整できる。

    またチークや、眼に入るハイライトなんかも自由にカスタムできるので嬉しい。
    オンラインゲームのキャラクリ感覚で作れるのがまた良いですね。

    ねんどろいどフェイスパーツ2

    今回僕が作ったのは、ECOの中でもお気に入りのフェイス「顔16」です。

    この、常に閉じた目・・・固定ファンも多いですよね、顔16・・・。

    「顔16」をねんどろいどフェイスメーカで作り、フル可動フィギュアのフェイスパーツにしてしまおうというのが今回の趣旨です。

    顔16の瞑り目は、似せやすいですからねw

    ねんどろいどフェイスパーツ3

    ちょうどいい瞑り目パーツがあって嬉しいw

    で、これで発注。 お値段もリーズナブルで、2個セットで1,480円。

    プリントのみなので、ドールのカスタムフェイスと比べると怒られるかもしれないけど、自分好みのフェイスパーツを1,480円で二個も手に入れられるのは、安くてとてもありがたい!w

    ねんどろいどフェイスパーツ4

    WEB上でデザインしたのが左で、完成したものが右です。
    すごい。 肌色も透明感があっていいですね。

    と・・・言っても届くのはフェイスパーツのみ。

    本来はこれをお手持ちのねんどろいどと組み合わせ、ディフォルメフィギュアを作って遊ぶというのがコンセプトだと思うのですが、もう一歩踏み込んで遊んでみる。

    ねんどろいどフェイスパーツ5

    まずは数あるねんどろいどシリーズの中から、ECOのキャラクターと似た様な髪形のものを購入。
    ちなみに、サイコパスの 常守朱さん。 いいぱっつんボブ!

    不要な部分を削り、金髪に塗装。 そしてねんどろいどオプションパーツの耳を付ける。

    ねんどろいどフェイスパーツ6

    ってやったのが、3年前w
    当時の顔は目の塗装を落とし、手書きで瞑り目を描いた粗末なものでしたが・・・
    今回はちゃんとプリントされたものがあるわけで・・・。

    ねんどろいどフェイスパーツ7

    月日がたち、髪の塗装が劣化していたので、一旦3年前の金髪塗装を削り落とし、再度塗装。

    届いたフェイスパーツを、融合、I go、Here we go。

    なじんだ!!このままボディも手に入れろ!という事で選んだのは・・・

    ねんどろいどフェイスパーツ9

    アゾン ピコニーモD

    1/12サイズで、手足を大きくディフォルメしたシルエットが特徴的。

    大きな手足は、ねんどろいどの頭部とも愛称が良く、ねんどろいどの等身をバランスよく上げてくれる。

    が・・・。

    ねんどろいどフェイスパーツ10

    ねんどろいどの大きな頭を支えるには間接がゆるく、市販のままでは自立ができない。

    そこで登場するのが、「パーマネントバーニッシュ」。

    最近玩具レビュアーのヲタファさんの動画でも紹介され、一気に知名度があがりましたねw

    ねんどろいどフェイスパーツ11

    これを関節部に少量塗ること(塗りすぎ注意)で、関節の硬さが向上。

    これで、各関節部分を補強し、ねんどろいど頭部を接続して自立できるように調整する。

    顔16を作る1

    昔買ったスニーカーの底面がゴム製なのでグリップ力の助けもあり、自立できるようになりました。

    余談ですが、素っ裸の状態で作業するのはいつも抵抗があるので、マスキングテープ貼ってしまうわ・・・w

    これで、ボディと頭部は完成ですが、マスキングテープではかわいそうなので、洋服を購入してあげる。

    顔16を作る2

    これが結構高かったりするんですよね。

    タンクトップとパーカー、ニーソは既製品を。短パンはイイのがなかったので、ジャージセットを購入しカット、厚紙に両面テープを貼り、カット面を補強しつつECOの短パンの白い折り返し風に演出。

    しめて、5,000円くらいした・・・。

    もっといい服を!とも思うけど これ以上はどんどんとドール沼にはまりそうで怖い・・・。

    顔16を作る3

    布製の服は、間接部分が隠れるので、存在感が出ますね。

    ねんどろいど頭部+ピコニーモD、そして布服による着膨れで、トータル的にECOキャラっぽく見える。

    顔16を作る4

    ボディと同スケールのやまと1/12スコープドックと。

    ボディは同スケールですが、頭が大きすぎて搭乗は無理っぽいですねw

    顔16を作る5

    むしろアコギと並べるとおもちゃ感あってイイw

    顔16を作る6

    ロボに囲まれ、幸せそうな たたこ博士。

    オンラインゲームの自キャラ立体化は、やっぱり憧れますよね。

    ねんどろいどフェイスメーカーは、安価でフィギュアの命とも入れるフェイスパーツをデザインできる良サービスだと思います。

    ゆくゆくは、髪型パーツや、ボディパーツもカスタムできるようになれば、なお嬉しいですね!

    グッスマさん頑張って僕らの夢をかなえてください!

    独身万歳!!



    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。