交信雷波塔破壊作戦

    交信電波塔破壊作戦

    祝!Encyclopaedia Eorzea発売!!

    FFXIV初の世界設定本!!もう皆さん購入されましたかっ!? 買った人はもう、大満足な出来だとみんな言ってますねw

    まずこの装丁が、すご過ぎますねw

    なんともファンタジー色の強い革張りの表紙をイメージさせるデザイン。持ったときの重さ、触ったときの質感!
    そして指でトントンとノックしたときの音!! 

    驚いたことに、どっこにも「FAINALFANTASYXIV」の文字が無いんですよね・・・。おしゃれだ・・・。

    この本、学者のミラプリ用にゲーム内に欲しいですねw

    で・・・なにより中身も素晴らしく、圧倒的なボリュームでエオルゼアの世界について語ってくれています。

    交信電波塔破壊作戦1

    いろんなNPCの「年齢」が書かれており、驚きが隠せなかったりするわけですが・・・。

    嬉しいのは旧時代からの時代の流れも全部記されていると言う所。冒険者と呼ばれていた存在が光の戦士となり世界を救っていくという自分たちが歩んできた軌跡が文章になって記されている・・・。

    これを読みながら・・・そうだったなあ・・・そんな事もあったっけ・・・・なんて思い出に浸れるのもオンラインゲームならではかなと思います。

    そんなEncyclopaedia Eorzea。 
    38ページから46ページの「第七霊災の記憶」という章が、旧FF14のグランドカンパニークエストのストーリーですね。

    当時は、「今は凪の時代と呼ばれるエオルゼアで一番平和だった時期であり、そこがFF14のスタートです。」って教えられてた。
    平和すぎて何も無かったっていう・・・w その後のグランドカンパニーの復古あたりから、本格的に吉田さんの手が入っているという感じですね。

    旧時代のストーリーに関しては「おわりの名は希望」や「カルテノーの戦い」なんかは記事にしてきたんですが、その中のひとつ「交信雷波塔破壊作戦」についてはそんなに触れてないなーと思ったので、今日はその辺を記事にしてみようと思います。

    交信電波塔破壊作戦2

    Encyclopaedia Eorzeaの42ページにある「交信雷波塔破壊作戦」は、旧時代のバトルコンテンツのひとつでした。

    背景としては、当時のグリダニアはガレマール帝国が黒衣森まで侵攻してきており、疲弊しきっていました。
    空にはダラガブも落ちてきているし、その対処もしないとだし、もうかなりヤバい状態。
    カヌエさんが言うには、あと1回ガレマール帝国に攻めて来られるとグリダニアは陥落する状態らしい。

    交信電波塔破壊作戦3

    そこで、カヌエさんは、昔エオルゼアにあったエオルゼアの都市が協力して危機に対して立ち向かう「エオルゼア都市軍事同盟」を復活させて立ち向かう他無い!という結論に至り、冒険者(プレイヤー)や救世詩盟(ルイゾワ率いる、ヤ・シュトラ、イダ、パパリモ、ウリエンジェとその他男性一名)と共にリムサとウルダハに働きかける。

    交信電波塔破壊作戦4

    ところが、各国色々な問題を抱えているため、「エオルゼア都市軍事同盟」参加へのリアクションは薄い・・・。

    もう、こりゃダメだ。私たちでなんとかしのごう・・・・と決意を固めるカヌエさん・・・

    ・・・・とその時!

    交信電波塔破壊作戦5

    「んだよ!俺は葬式に呼ばれた覚えはねえぞ!」

    とかっこよくシドが登場。 旧時代のシドはヒゲありません。

    「同盟軍が誕生する瞬間に、立会いに来たんだぜ!?」

    さらにそれに続いて各国の代表が集結してくる!

    交信電波塔破壊作戦6

    リムサからはメルウィブ提督が・・・

    当時のエオルゼアにはルガ女子がいなかったので、世界でたった一人のルガ女子だったメルウィブさん。

    交信電波塔破壊作戦7

    ウルダハからはラウバーンがっ!

    現在では、ナナモ様の専用マウントのイメージが強いラウバーンですが、当時の政はラウバーンがバリバリ行っていた。

    交信電波塔破壊作戦8

    そしてずっと自国の事に精一杯だった三国が、共通の敵である「ガレマール帝国」と力を合わせて戦う事決意する。

    交信電波塔破壊作戦9

    この時は、感動したなあ。 ずっと世界の情勢を見てるだけだったプレイヤーが初めてエオルゼアの役にたつシーン。

    そんな感動的なシーンなのですが、そこに伝令が入る。

    「モードゥナへ派遣した偵察部隊より伝令!」

    交信電波塔破壊作戦10

    モードゥナにある帝国の拠点、「カストルム・ノヴム」から強い光が天に向かって打ち上げられたらしい。

    シドが言うにはそれは「交信雷波塔」の光らしい。

    帝国はこれを使い、ダラガブを操作するという。

    そしてシドはプレイヤーである冒険者に言う。

    交信電波塔破壊作戦11

    「出番だぜ!マイディー!都市同盟実行化の立役者さんよ!」

    交信電波塔破壊作戦12

    「交信雷波塔を破壊し・・・
    その手でエオルゼアの未来を紡ぎだすんだ!」


    このような燃える展開でバトルコンテンツ「交信雷波塔破壊作戦」がスタート。

    というわけで、コンテンツがスタートする場所へ向かうわけですね。

    8人PTです。

    交信電波塔破壊作戦13

    交信雷波塔があるカストルム・ノブム。

    ここに到着するとムービーが流れます。

    交信電波塔破壊作戦14

    敵の大軍団が登場し・・・

    交信電波塔破壊作戦15

    三国軍事同盟と冒険者軍団もついに立ち上がり・・・!

    決戦だ!!

    交信電波塔破壊作戦16

    行くぜーっ!!

    ・・・っていう盛り上がるムービーなんですが・・・。

    これをゆっくり見ていると・・・見ている間に

    交信電波塔破壊作戦17

    死んでるっていうね。

    ・・・というのも、「交信雷波塔」付近には、強力な帝国軍が鎮座しており、8人PTでも下手をすれば全滅するくらい強いんです。

    なので、コンテンツスタートの場所までたどり着けない場合もある。命からがら敵から追われて逃げてくる冒険者がそのモンスターをまわりに撒き散らし、ムービーを見ている棒立ち常態の冒険者を襲うという事象が発生。

    こういう所が旧時代っぽくて、今となってはほほえましいw

    交信電波塔破壊作戦18

    敵の数も多く、8人PTでも下手をすると全滅するくらい強いので、人が多い時間帯に行くことが攻略の近道だった。

    攻略と言うか、コンテンツをスタートすらしてないんですがw いうなればフェーズゼロが一番厳しいっていうねw

    交信電波塔破壊作戦19

    それでも生き残り、城門にたどり着いたものだけが挑めるコンテンツ、それが「交信雷波塔破壊作戦」。

    いざ・・・コンテンツスタート。

    交信電波塔破壊作戦20

    中に入ると中央に雷波塔の本体があります。

    これを破壊すれば、コンテンツはクリアです。

    ですが・・・。

    交信電波塔破壊作戦21

    中央の装置を守るために周囲に3つのバリア装置がある。

    これを壊さないと中央へのダメージが通りにくいというルール。

    バリア装置は破壊しても、30秒後に復活する。装置は壊せば壊すほど、本体へのダメージは通りやすくなる。

    装置をどのタイミングでどれだけ破壊するか、3つ同時に破壊して中央を狙うか、1つだけ壊してみんなの火力を中央に集中するか?またそれを邪魔する強力な魔道ヴァンガードや帝国兵の相手もしないといけない。

    交信電波塔破壊作戦22

    おそらくこれが、エオルゼアに初めて実装された明確な「ギミック」だろう。

    僕らが選んだ攻略法は、ヴァンガードたちをマラソンでひきつけるチームと、バリア装置を1個だけ破壊するチーム。そして中央に攻撃を入れ続けるチームにわかれて戦った記憶。 ずいぶん前で、クリアしても報酬も何も無かったので、1回しかやってないので記憶があいまいですw

    交信電波塔破壊作戦23

    苦労しながらも、なんとかクリア。

    これでダラガブの操作は出来なくなったはず。ダラガブを意図的にエオルゼアに落とす作戦もこれで阻止できた。

    なんて安心していると・・・

    交信電波塔破壊作戦24

    いきなり全員が吹き飛ばされ・・・

    交信電波塔破壊作戦25

    白銀の凶鳥、ネール様登場。

    交信電波塔破壊作戦26

    そして延々と狂言じみた演説を続ける。

    ダラガブこそ神だ・・・みたいな事言ってる。

    そうなんですよね・・・この頃エオルゼアの誰一人として知らないんですよ。
    あのダラガブの中にバハムートが眠ってると言う事。


    交信電波塔破壊作戦27

    三国軍事同盟を結成し、交信雷波塔も破壊したのに・・・ネールは言う。

    もう交信雷波塔なんか必要ない。エオルゼアにダラガブは落ちると・・・・

    今思うともうこの時すでに、ネール様はバハムートのテンパード化してたんでしょうね。

    交信電波塔破壊作戦28

    そしてその後、冒険者にとどめを刺さず、青い炎に包まれながら「さあ!宴の始まりだ!」って言いながら消えるという・・・

    ラスボスだけに許される、超一流の敗北フラグを立てて去っていかれました。


    以上が、「交信雷波塔破壊作戦」の全貌でした。

    交信電波塔破壊作戦29

    Encyclopaedia Eorzeaに記された、エオルゼアの歴史・・・。

    そこには僕たちがこの世界を旅してきた軌跡もきっちりと記されている。

    そう思うと、ぜひ手元に置いて永久に保存したい一冊ですね。

    オプションでハードカバー・・・欲しいw



    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    電波塔破壊作戦
    新しくなる空島のレイドっぽい感じに見えますね、、、
    No title
    懐かしいですね、自分達のPTだけでなく周りのPTと協力(寄生?囮に?w)して奥へと突入していく感じでしたね。

    あと気になったんですが、「電」波塔でしたっけ「雷」波塔だった気がします。
    サンなんとかさんの扱いがw
    No title
    設定資料集、面白い内容でしたね!
    毎日ちょっとずつ読んでますが、知らなかったことや知ってたつもりのことも深く書かれていて、それでもまだ「ここはどうなってるんだろう…」と気になるところもあったりして、本当に奥が深い。
    新生CBTから始めた自分でも、「普段何気なく生きてるエオルゼアにもこれだけ深く設定が作られてるのか…」と感慨深くなりますが、旧時代から見てきた人にとってはより感慨深いでしょうね。
    今回、旧時代を知る人しかわからないことを知れて面白かったです。
    No title
    新生組にとっては体験することができない「設定上のストーリー」でしか無いのですが、まいでぃーさんたちレガシーはそこに参加してきてるんですよねー。
    そういうのはFF14独特という感じがします。
    時々こうやって関連する旧時代のお話が聞けるのは嬉しいです!
    No title
    雷波じゃない?
    No title
    ムービーを見ている棒立ち常態の冒険者を襲うという事象が発生

    これ読んで思い出したんですけど
    そうしや新生初期もこの仕様で後に改修されたなぁっと
    No title
    交信電波塔作戦。。レガシーなのに覚えてないなぁ、、と思いつつ
    マイディーさんのブログ読んでいたら唐突に思い出しましたぁ!

    はじめてのギミックバトルでおもしろくて、
    LS(当時FCは無し)のみんなと何度かいったり、
    出遅れていて近づけずにこまっていたひとを助けたりしてました!

    わぁ、なつかしい!
    8人だったメンバーが散り散りになって雑魚に蹴散らされたり
    塔に近づくだけでも苦労してましたね!

    あんな感じのフィールドバトルも絡んだコンテンツ
    またやってみたいです! 
    大分思い出に美化されているかもしれませんが。。w
    今回の記事を読んで出た感想は懐かしい!の一言に尽きます。
    仲間と一緒に突破したコンテンツのはずなのに今の今まで忘れていました。
    マイディーさんのおかげで昔の楽しい記憶を思い出すことができました。ありがとうございます。
    世界設定本到着してまだ封も開けてなかったのですが読みたくなったので開けてきますw
    良いお年を〜
    Re: No title
    > あと気になったんですが、「電」波塔でしたっけ「雷」波塔だった気がします。

    「雷」ですねっ!今気づきました!wずっと「電」だと思ってた・・・w
    修正しますねっ!ありがとうございます!
    No title
    旧14を知らない世代なのですが、設定集を片手にこのブログ読んでると、昔教科書で習った歴史が時代劇ドラマで再現されているみたいで楽しいです
    「ああ、当時現場ではこうだったんだな~」と過去記事を検索しながら読む幸せ
    エンサイクロペディア、本当に面白いですね!
    ボリューム凄すぎでまだ全然読み切れてないですが、『カルテノーの戦い』などをプレイヤー目線と合わせて読んだらより面白いかな、と2012年のマイディーさんのブログを読み返してました。
    旧FF14の終了( +サーバーのダウン)と、ダラガブの落下というエオルゼアに迫る危機、リアルとロールプレイが合わさったようなドキドキ感は味わいたくて味わえるものではないし、14に限らず恐らく二度と起こりえないものなのだろうと思います。その場に参加してたこと、改めて羨ましく思いました!

    ところで14は関係ないんですがw
    当時の記事を探してる過程で『ウィザードリィオンライン』についての記事を読みまして。それがとっても面白かったです!
    4月の、灰になっちゃった後でギリ蘇生出来た…とこまでは読んだんですが、その続きは書かれてますか?探したんだけど見つからなくて…;
    あそこまで厳しい世界はゲームスキルの底辺な自分には無理ですが、読んでる分には面白いですねw

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。