Second Life 想像力で生きていく。

    セカンドライフAA1

    さて、本日は出張二日目です。

    ですので、10/28~11/1の間は、当ブログ一撃確殺SS日記がというよりも、僕本人が渡り歩いてきたオンラインゲームの世界を振り返っていく短編記事を自動更新していきます。

    ガンダム世界を生きるオンラインゲーム「UCGO」でオンラインゲームデビューを果たした僕。
    しかしUCGOのサービス終了の告知を受け、終わるんだったらまた別ゲームを探さないとな・・・

    という感じで色々物色していたときに見つけたのが「セカンドライフ」でした。

    今から10年近く前、ニュースなどでも話題になったオンラインゲームですね。
    今でもサービスは元気に続いているようです。

    無限の世界旅行12

    いわゆるサンドボックス系のオンラインゲームで、アバターを自由にデザインしたり、積み木のようなシステムでいろんなオブジェクトを作ったりと想像力と技術力次第で何でも生み出せるという魅力あふれる世界でした。

    しかし、10年ほど前に世間が注目したのはそこではなく、未だに考えられないすごいシステムでしたね。

    無限の世界旅行7

    「公式RMT」、聞こえは悪いですが、わかりやすく言うとそういう事です。

    ゲーム内で何かを買う場合、「リンデンドル」というゲーム内通貨で買い物をします。

    そしてこの「リンデンドル」は、リアルマネーを使って購入します。

    もしくは、ゲーム内で何かを製作しそれを販売する事で「リンデンドル」を稼ぐこともできます。

    まあここまでは、ありかな?と思えるシステムです。

    ただ驚くのは、その稼いだ「リンデンドル」をリアルマネーに換金できるんですよね。


    すごい・・・。

    つまり、ゲーム内で何かを製作してそれを売れば、現金が稼げてしまうというオンラインゲームなんです。

    無限の世界旅行2

    運営はその換金手数料等が収益になるというスタイルです。

    世界中でブームになっていましたから、発想次第では一攫千金(リアル)もありえるというすごいスケールの世界。


    無限の世界旅行16

    僕もプレイしてたんですが、そんなビジネスには手も出さずただ黙々とザクを作って遊んでましたねw

    小さいスケールで作って18mまで拡大してコクピットまで作ってやるんだ!みたいな勢いで頑張ってましたねw

    元来、物づくりが好きなので、めっちゃ楽しんでましたね。

    ガンダム破壊命令4

    所が、いろんな所が複雑で、最初は歩くことにも苦労してしまうほど。

    操作性はお世辞にも良いとは言えないもので、なれるまでに時間がかかりました。

    そういう部分で興味を持って始めてみたけど、よくわかんないや、ポイ!みたいな人が多かったのかもしれません。

    今でも運営は続いてますが、話題になる事はほとんどなくなりましたね。

    僕も3週間ほど遊んで、どこかにスタックして動けなくなりそのまま引退したという・・・w


    もしセカンドライフがもっときちっとした操作性を持ち、万人にわかりやすい形でスタートしていたのであれば、オンラインゲームの世界はもっと変わっていたのかもしれない。 惜しいですね。

    大地も空気もユーザーが作り、その世界の中だけで生きていけるオンラインゲーム。

    たまーにまた何かを作りに行きたくなりますねw

    さて、オンライン大三千世界の旅路・・・

    明日は、「エミルクロニクルオンライン」です。


    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    No title
    お金を稼ぐには、お金を払う人がいなければいけないのですが、セカンドライフの宣伝にはその視点が抜けてたゲームだったなあ~なんて当時思っていましたw
    このゲームすごい!
    リンデンドルでリアルマネーが稼げる!
    ・・・なんて大きく宣伝されて、一気に人が流入したものの稼ぐ側の人ばかりで肝心の「ゲームが好きでゲームの中のアイテムにお金を払う消費者」がいなかったっていうオチだった気がします。

    企業もこぞってセカンドライフ内に土地買って進出して広告代わりにしていましたが、結果が残らず・・・><

    日本語コミュニティがあったものの微妙に日本人には参戦しにくいMMOでしたね;;
    No title
    スタックして引退って半袖引退未遂並みに衝撃じゃないですかw
    そろそろ10年目
    私は未だにSecond Lifeやってます、黒い砂漠も遊んでますけど。さてSecond LifeですがMMOとかサンドボックスとか公認RMTとか色々捉え方はあると思いますが、特に今のSecond Lifeを一言で説明するなら「3Dの大人のアメーバピグ」になるかなと、とりあえず人に聞かれたらそんな感じで言ってます。

    アメーバピグはブラウザゲームですが世界のデータがキャッシュがあるにしろクライアント側ではなくクラウド上からダウンロードするところも、まあ似てるような気がします。Second Lifeが重いって言われる最大の原因ですけどね。

    稼ぐぞと意気込んできた人たちは早々にいなくなりましたが、物づくりと「お店屋さんごっこ」を楽しんでる人たちは残っているように思います。日本人外国人問わず店で通常販売しているものよりイベントでほぼ無料でもらえるようなもののほうが時にクオリティが高いように感じることが多いです。

    私は絵もろくに書けなくて物づくりはさっぱりですが今は3Dモデル制作ソフトで作ったデータを持ち込めるようになったので自由度が上がってるそうですよ。

    私がSecond Lifeでやってることと言ったら週に何度か30分程度ログインしてイベント(トレジャーハントなど)を見て回ったり、カフェのようなコミュニティというかたまり場で常連の人達とチャットしたり、私の遊び方がアメーバピグ的なんですけどね。ちなみに砂漠はSecond Lifeで知り合った人がやってたので始めました。他にも知り合い同士でギルド作って他のMMOを遊んでる方たちもいるそうです。

    初心者支援をやってる方の話だと今でも日に何人かは、まったくの新規の方がこられるとか、コミュニケーション系の要素をメインとして、あとはおまけ程度に考えて遊べば、色々改良もされてるし、まだまだSecond Lifeは魅力的な場所だと思います。

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。