光のぴぃさん第3話 「それはそうだろう。当然そうなるだろう。」

    年月日表記43

    「っていう話があってね・・・・・。」

    「そうか・・・ええやん。」

    「本になればたくさんの人に見てもらえるとはおもうんやけど・・・」

    「せやな。」

    「でもな・・・巻頭がちょっと問題でな・・・」

    「本の?」

    「うん・・・なんか・・・お父さんのキャラのセクシーグラビアを載せたいらしい・・・」

    「・・・・・・・。」

    「・・・・・・・・・。」

    それはそうだろう。3

    よーないわっ!!!! なんでちょっと乗り気やねんっww

    ああ・・・父は強くなってしまった・・・・オンラインゲームの説明をした時・・・「そんなんわし恥ずかしいわ・・・」って言ってた頃が・・・

    なんだかもう・・・ずいぶんと昔のような気がする・・・・。




    それはそうだろう。4



    人は 「夢」 をみる。

    希望・・・ 憧れ・・・

    こうなれたらいいな・・・・ こうだったら幸せなのに・・・・ 人は様々な「夢」を想い描く。


    そしてその「夢」が「目標」に変わったとき・・・


    新しい冒険が始まるのかもしれない・・・・。



    それはそうだろう。

    「意外ですね・・・お父さん・・乗り気なんですねぇ・・・」

    「そうなんだよ・・・それもちょっと困ったもので・・・」

    「またちょっとややこしい事になってきましたね・・・」

    そうですよね・・・お父さんのセクシーグラビアを撮るなんて・・・
    マイディーさん的には微妙な気持ちでしょうね・・・。


    「でもなんか、おかしな話だな・・・・」

    それはそうだろう。5

    「クライブさん・・・起きてた!」

    「寝てないよw」

    「どの辺が気になる?」

    それはそうだろう。6

    「えー・・・何出版だ・・・」

    「ゆるふわ出版!」

    「そう・・・そのゆるふわ出版ってのがおかしくないか?」

    それはそうだろう。7

    「どうして?ちゃんとした出版社だったよ?調べたらちゃんとゲームの本も出してる。」

    「FFの?」

    「そうじゃないけど・・・ゲームの本。」

    それはそうだろう。9

    「それだよ、だいたいスクエニって自社で出版部門持ってるじゃない。」

    「あるね。」

    「やるなら自社でやるって言うんじゃねーの?そのなんとか出版に任せずにさ・・・」

    「まあ・・・それはそうだよね。」

    それはそうだろう。10

    「それはそうだけど、その辺はモモゾノさんも出版業界の人だし、さすがにわかってる思うよ?なにか考えがあるはずだよ・・・クライブさん疑いすぎw」

    「だってうまい話すぎるだろw」

    それはそうだろう。11

    「スクエニ側から何か出版のお話とかは無いのですか?」

    「ないないないっwww」

    それはそうだろう1

    「オンラインゲームの運営が気に入った一般プレイヤーを、自分たちの都合で持ち上げてそのプレイヤーだけいい思いさせる事なんか絶対無いよ・・・w」

    「まあ・・・お客さんは平等に扱わないといけないしなw」

    「だから運営側から そういう話は絶対出ない。」

    「じゃあマイディーさんからお願いすれば、いいよってなるかもしれませんよ??」

    それはそうだろう2

    「別に本を出したくてブログやってるわけじゃないしね・・・」

    「まあ・・・たしかに・・・・」

    「それになんか・・・スクエニさんに・・・

    それはそうだろう5

    『なに・・・?貴様のブログを出版しろだと?・・・
    ちょっと褒めれば調子に乗りおって…一般プレイヤーの貴様ごときが…
    我々世界のスクウェアエニックスに指図するのか・・・
     ・・・・許さん! ここで人知れず死ねっ!!


    【注】マイディーの勝手なイメージです。

    それはそうだろう4

    ・・・・っとか言って殺されるのも嫌じゃない?」

    「殺しはせんだろw」

    「すごい想像力ですねw」

    それはそうだろう6

    「死にはしないけど、せっかく褒めてくれてるのにそんな風に思われるのは悲しいじゃないw」

    「その気持ちもわかるんだが・・・うーん・・・。」

    モモゾノさんが書籍化の話を持ってきてから・・・FC内でも光のお父さん書籍化が話題になっていました。

    それはそうだろう7

    マイディーさんは乗り気ではなかったけど・・・書籍化をOKしてくれないかなって・・・
    みんなはちょっとワクワクしてたんですよね・・・。

    だって・・・マイディーさんが行った親孝行が一冊の本になって・・・それをお父さんが読む・・・。

    なんかそれってとても素敵じゃないですか・・・。



    でも・・・私達のワクワクした時間は・・・そんなに長く続きませんでした・・・。

    年月日表記52

    それから数日後・・・モモゾノさんがじょびハウスに再びやってきました・・・

    しかもなぜか・・・プリプリと怒っているのです・・・。

    それはそうだろう8

    「え?どういうことですか?ちょっと詳しく聞かせてくださいっ」

    それはそうだろう。1

    「ほんっとあの人たちサイアクですよ~♪」

    「いや・・・あの詳しく・・・・」

    「モモゾノ!ぷんぷんですっ♪」

    「ぷんぷんはいいから・・・詳しく・・・」

    それはそうだろう9

    「今日ね、天気良かったから・・・・モモゾノ、スクエニさんに行ってきたんです。」

    「え?」
    「え?」

    それはそうだろう10

    【え?あるちゃん・・・今この人スクエニって言ったよね・・・】
    【はい・・・】

    【なんでスクエニさんに行ってるの?まだ本やるとも言ってないのに・・・】
    【わかんないです】

    【そんな話まだしてないよねっ?ねっ?】
    【わかんないですっ】

    【で、なんでプリプリ怒ってんのっ!?】
    【わかんないですーーっ!!】

    それはそうだろう12

    「ほんと困った人たちです・・・モモゾノが怒ってる理由はですね・・・」


    それはそうだろう13

    『ごめんください♪私ゆるふわ出版のモモゾノです♪
    【光のお父さん】をうちで書籍化したいので、うちの本でFF14のSSを使っても良いですかぁ?』


    「?」

    『FF14のキャラクターのグラビアとかするんで写真使っていいですかぁ?うちの出す本で!』

    それはそうだろう14

    「うち自社に出版ありますから・・・やるなら自製でやりますよ。」

    それはそうだろう16

    『・・・・・・・・・・・・・・

    それはそうだろう17

    ・・・・・じゃあもういいです。』


    それはそうだろう18

    「はい」



    ・・・・ってなったので、朝マックして帰ってきました。

    モモゾノ、ハッシュドポテト大好き♪ 思わず2個食べちゃいましたw

    おいちっ♪

    ひどくないです?6

    「朝から・・・・ハッシュドポテト2個とか・・・・・

    ひどくないです?

    ・・・・・どう考えても昼から胸焼けするぞっ!!」

    「マイディーさん、別にそこはどうでもいいとこです。」

    マイディーさん・・・・また混乱してきてる・・・・・・・!

    ひどくないです?7

    「っていうか・・・なんの策も無く行っちゃったんですか?」

    「いい天気だったもので・・・・♪」

    ひどくないです?4

    「そら・・・そうなるでしょ・・・・当然そうなるでしょっ!!」

    「なんの・・・計画も無く・・・・・」

    ひどくないです?8

    「まさか自社に出版があるとは・・・予想できませんでしたぁ♪」

    「・・・・・・・・・・」

    「・・・・・・・・・・・」









    それはそうだろう。2

    【あるちゃん・・・・】
    【はい・・・・・・。】

    【きっと・・・今頃スクエニさんでは・・・】
    【はい・・・・・。】

    それはそうだろう19

    「今日【光のお父さん】をうちで出版させろってやつが来てさあw」

    「え?うち出版部あるのに?なんで他社で出すねんww」

    「しかもグラビアやでw マイディーアホやろ?w」

    「アホやなあいつ・・・w」

    「調子乗りすぎやろw アホやで・・・w」

    【注】マイディーの勝手なイメージです。

    それはそうだろう21

    きっと・・・こんな風に思われて・・・・

    僕・・・うんうんって話聞いてただけやのに・・・・・

    僕がアホみたいに・・・おもわrて・・・

    【注】マイディーの勝手なイメージだと思いたい。

    それはそうだろう22

    「そんなわけで残念ですが書籍化は無理でっす♪ これからもブログがんばってくださいね♪」

    それはそうだろう23

    「さよなら~♪」

    モモゾノさんは本当にあっけなく・・・私たちの方を、振り向きもせずに走り去っていきました。



    ひどくないです?9

    「ああああああああーーーーっ!!」

    「マイディーさん・・・・・」

    光のぴぃさん第二話1

    「どうしてこんな目にばっかりあうんだっ!!」

    あの日・・・マイディーさんはそう言って崩れ落ちた・・・。

    私もかけてあげる言葉が思い浮かばなかった。

    光のぴぃさん第二話2

    それは「光のお父さん」計画は完遂したものの・・・連載が止まっていたあの頃のお話。

    マイディーさんは「書けない」と言っていたけれど・・・・

    本当はもう「書きたくなかった」のかもしれない。

    光のぴぃさん第二話53


    あの時、私は足早に走り去るあの人の背中を見ながら・・・なんとなくそう思ったのです。


    それはそうだろう24

    ちょっと離席するね・・・・。
    麦茶飲んでくる・・・・。



    年月日表記50

    マイディーさん・・・・。

    それはそうだろう25

    さすがに今回はなんて言葉をかけていいか・・・・。

    それはそうだろう26

    今はそっとしておいてあげよう・・・。

    それはそうだろう27

    そっと・・・・

    しばらくは、マイディーさんにお客さんが来ても、私が対応するようにしよう・・・・。






    年月日表記51



    それから数日がたったある日の事でした・・・・。



    それはそうだろう28

    「こんばんは。じょびハウス・・・やっとみつけました。」

    それはそうだろう29



    それはそうだろう30

    ル・・・・ルガディン族・・・・・?


    それはそうだろう31

    「マイディーさんはおられますか?」

    しばらくは、マイディーさんにお客さんが来ても、私が対応するようにしよう・・・・。



    それはそうだろう32

    そう思ってたのに・・・私はそのルガディンさんを見て・・・・圧倒されたのか・・・

    それとも今までの人とは違う・・・何かを感じたのか・・・・

    【マイディーさん・・・お客様です・・・お通ししますか?】

    この人はマイディーさんに繋がないといけない。そう感じたのです。


    そしてこの出会いが・・・私達のとてもとても長い 新しい旅の始まりになったのです。







    それはそうだろう33

    光のお父さん書籍化の話は無くなり、書籍化したかったわけでもないのに心に深いダメージを受けたマイディーさん。

    そこに突如現れたルガディン。 彼はマイディーさんに自分の夢を語った。


    それはそうだろう34

    「そうですね・・・この世界では・・・【ぴぃ】とお呼びください。」

    自らを「ぴぃ」と名乗るルガディンの夢をきっかけに、大きな運命の歯車が音を立てて回りだす。

    次回、光のぴぃさん第4話

    「え?・・・・・今・・・今、なんて言いました!?」

    お楽しみに。


    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    とうとう話の本題に!!
    続きが楽しみになって来ましたヽ(*´∀`)ノ

    次は親子グラビアなのかっ!?
    マイディーさんの妄想が…ただの妄想でありますように…自分から動いたわけでもないのに、そんな結末悲しすぎます…。

    きっとぴぃさんは素敵なお話を運んできてくれるのだと信じてます!次も雲行き怪しかったら、なんかもう私が代わりに謝りたいです。マイディーさん、負けないで!
    No title
    何がぴぃさんかと最初から疑問だったのですが
    ここでついに「ぴぃ」さん登場ですね!
    なにか…とてつもなく巨大な何かが動き出しそうな、物語のひき。

    次話も見逃せません!

    あ、肝心のFF14ですが、パッチ直前、私事のため1月お休みになります。
    そこでブログでの紹介記事、毎日楽しみにさせていただきますね♪
    No title
    クライブの親方相変わらず渋いなー
    ぴぃ・・・ぴー・・・P・・・

    よし・・・
    No title
    ぴぃさんきたー!
    しかしタイトルなのにやっとこ登場のセリフ少なし

    ぴぃさん・・・ぴぃさん・・・・



    ぴぃさん!?
    こ・・これはもしかして連載終了したら
    書籍化発表なんですかい!?
    いよいよ気になってきた
    No title
    ぴぃ… よしぴぃ…
    No title
    ぴぃ・・・ぴぃ・・ぴ・・・P・・・

    はっ!
    プロデューサー!?
    お前ら
    ぴぃさんだからって深読みしすぎやろw
    No title
    モモゾノさん自由すぎわろたwww
    No title
    ぴぃ・・・ぴぃ・・ぴ・・・P・・・

    はっ!
    デキるスーパーナイト!?

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。