下限レベルを知っておく。

    下限レベルを知っておく。

    先日、初見さんのリットさん~魔導城をお手伝いしてきました。

    なんと・・・・22時からスタートし、合間のクエストもとんとんと進んでもらって・・・

    終わったのが午前3時でした。

    5時間。

    なぜそんなにかかったのか・・・

    下限レベルを知っておく。1

    それは全て「下限アイテムレベルでの参加」機能を使っての挑戦だったからです。

    どういう機能かご存知の方も多いかと思いますが、一応説明しておきますと、各ID・討伐戦に挑める最低のアイテムレベルに自動的に調整してくれる機能なわけですね。

    なにこれ、どんな時に使うの?って思う方もおられるかもしれませんが、まあ簡単に言うと・・・

    全てのコンテンツに「極」を付けてくれるような機能です。

    極・サスタシャ侵食洞、極・リットアティン討滅戦、極・弱ガルーダ

    最後は極めて強い 弱いガルーダみたいになってますが・・・・。

    下限レベルで挑戦できる全てのコンテンツをベリーハードにしてくれるわけですね。

    下限レベルを知っておく。3

    FF14にあるアイテムレベルという概念。

    基本的に新しく実装されるコンテンツには挑戦できるハードルとして必要相手アイテムレベルが設定されており、各自の装備を最新のもの(よりアイテムレベルの高いもの)を揃え挑戦権を得る形になっています。

    つまり最新のバトルコンテンツに挑戦する際は必要ギリギリの「下限レベル」での挑戦になるわけですね。

    下限レベルを知っておく。4

    アイテムレベルが上がってくると、過去に実装されたコンテンツをクリアするのは容易になってきます。

    ある程度アイテムレベルシンクされるとしても、逆に言えばそのコンテンツの「上限レベル」の強さで挑むわけですね。

    言い方を変えれば、全てのコンテンツを実装時の難しさに合わせてくれる機能。
    とも言えますね。

    では・・・・

    実際に、どれくらい内容が変わるのか、ご説明したいと思います。

    下限レベルを知っておく。5

    今回、実験にご協力いただきますのは、
    魔導城に勤務する最初の周回モンクさん(50)です。


    いろんな状態で彼と戦ってみましょう。

    下限レベルを知っておく。6

    ■ 制限解除 モンクLV60 アイテムレベル200以上

    まずは全ての制限を解除した、LV60モンクの通常状態。疾風迅雷が3まであがることなく彼は倒れてしまいます。
    レベルシンクされていないので、まるで勝負になりません。光の戦士強い!!

    下限レベルを知っておく。8

    ■ 通常 モンクLV50 アイテムレベルシンク有

    何の設定もせず、通常の状態で申請した形。ジョブのレベルが50まで引き下げられ、アイテムレベルはシンクされて下がりますが、そのコンテンツに挑める最高レベルのアイテムレベルになります。
    この状態だと、1対1でもなんとかギリギリ勝てるレベル。

    下限レベルを知っておく。9

    ■ セルフ下限レベル モンクLV60 アイテムレベル42

    次は、制限解除で申請し、LV60のままでアイテムレベルのみを装備の組み換えで魔導城の下限レベル42にアイテムレベルを合わせた状態。

    下限レベルを知っておく。10

    すごくいい勝負w なんとかギリギリ勝てたり、油断したら負けたり・・・ですねw

    光の戦士が強いと言うより、光の戦士の着てる装備が強いって感じに見えちゃいますねw
    もしくは、帝国の装備がめっちゃ良いかw

    下限レベルを知っておく。11

    ■ 下限レベル制限 モンクLV50 アイテムレベル42

    さて、これが今回のメイン。

    「下限アイテムレベルでの参加」にチェックを入れて申請した状態です。

    下限レベルを知っておく。12

    まったくかなわない。

    コンボがどうとか、組み合わせがどうとか言うレベルではなく、こちらの攻撃ダメージの6倍、7倍くらいのダメージを食らいますのでまったく勝負になりません。

    これが・・・「下限アイテムレベルでの参加」にチェックを入れた状態でのバトルコンテンツです。

    実際には、PTメンバーは8人いて、それぞれのロールがありますからもちろんコンテンツは進める事ができますが、その難易度は通常の申請よりも極めて難しい状態と言えます。


    なぜこんな話を今しているのかと言いますと・・・

    下限レベルを知っておく。13

    メンターシステムの実装に伴い・・・

    「初心者さんにはコンテンツをクリアする喜びを知ってほしい!
    だからIDとかは下限レベルで挑戦して実装当時の難易度で挑戦してもらおう!」


    と言うからには・・・自分自身もそれに付き合う

    それ相応の覚悟がいるという事を知っておかねばなりません。

    下限レベルを知っておく。14

    先日の初心者さんを連れた下限レベルでの魔導城は・・・

    何度も全滅し、時間ギリギリのクリアでした。 

    結果的にクリアできたらから良かったですが、クリアできなかったら何これ・・こんな難しいのもう嫌だ!と大ダメージを受ける可能性もあります。

    下限レベルを知っておく。145

    本当にギリギリでのクリアになったので、なんか壮大なドラマになりましたけどねw

    もう多分、エオルゼアで生きていく上でこのクリアの喜びはずっと忘れないと思います。
    魔導城をクリアした喜びで感動して泣いてらっしゃいましたw

    僕らも熱い戦いですごい楽しめましたw

    とはいえ

    下限レベルを知っておく。146

    「初心者さんにはコンテンツをクリアする喜びを知ってほしい!
    だからIDとかは下限レベルで挑戦して実装当時の難易度で挑戦してもらおう!」


    という考え方。とても良いとは思いますが、それが単なる「エゴの押し付け」になっていないか?

    その答えは初心者さんが楽しんでくれたか、喜んでくれたかどうか。だと考えます。

    その塩梅はとても難しくてデリケート。

    下限レベルでの挑戦は、それにかかる時間、精神的フォローそういったもの全てができて接する必要がある。
    途中で投げ出すくらいならやってはいけないと僕は考えます。

    下限レベルを知っておく。147

    「そんなのいいから、早く先に進みたいんだよー」

    という人もいると思います。いや、います。

    そういう人を捕まえて「いや!クリアする喜びを知って!下限レベルで行きましょう!」っていうのもおかしいですしねw

    もちろん、「クリアする感動を味わいたい!」というのを望む人にはとてもお勧めできるスタイルではありますが、それが初心者さんに対する正義でも答えでもない。

    僕が今まで書いてきた記事はあくまでそういう 「やって良かった例」にすぎません。

    もし・・・僕のブログを読んで初心者支援に興味を持ってメンターやるぞ!という方がおられるのであれば、それは忘れないでほしいです。

    メンターの仕事は「思想の植え付け」ではない。
    あくまでやってくる初心者さんの「困った」を助けてあげるのがメインであると考えてやっていきたいと僕は思っております。

    メンターやってみようかなー?って思ってる人は一度お仲間と「下限レベル」で色々挑戦してみるといいかもです。

    あ、やべ!下手なこと言えねっw

    ってなるかもですよw


    つづく。
    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    まいでぃーさんこんにちは‼︎
    今日FF14のソフトとコントローラーが届きました(*´∀`*)
    あとは新しいpcが届くのを待つのみです‼︎
    早く始めたくてワクワクしてる反面、やっぱり戦闘はすごく難しそうですね〜><

    ところで今回このメンターシステムや初心者支援のようなものを受ける際「このレベルまでは上げておいた方が良い」とかの条件みたいなのはあるんでしょうか?
    それとも、始めてレベルも何も上げてない真っさらな状態が良いのでしょうか?

    40時間という制限もかなり不安に感じつつもそこに疑問を感じました。
    初心者講習を始めてから40時間であればレベル15まで上げておいて、そこから開始出来ますが
    純粋なプレイ時間のみのカウントなら個々人でバラけてしまいますよね。
    まいでぃーさんはどう思われますか?
    ズタボロになりながらクリアした時ほど楽しかったなと思うものですが、それも通過できたからこその感想なんですかねー。
    個人的には縛りプレイ大好きなので、その先に絶望しかなくても進んでお付き合いしたいぐらいですがw
    Re: タイトルなし
    > ところで今回このメンターシステムや初心者支援のようなものを受ける際「このレベルまでは上げておいた方が良い」とかの条件みたいなのはあるんでしょうか?
    > それとも、始めてレベルも何も上げてない真っさらな状態が良いのでしょうか?

    まだ実装されていなくて、どんな空気になるかもよくわかりませんw
    自分からえいやっ!と入れるものであれば早めに入っておいた方が友人ができるチャンスが増えそうですね。


    > 40時間という制限もかなり不安に感じつつもそこに疑問を感じました。
    > 初心者講習を始めてから40時間であればレベル15まで上げておいて、そこから開始出来ますが
    > 純粋なプレイ時間のみのカウントなら個々人でバラけてしまいますよね。
    > まいでぃーさんはどう思われますか?

    おそらく純粋なプレイ時間で40時間だと思いますので、ギリギリでビギナーチャンネルに入って30分で卒業しちゃった!とかもありそうに思えますねw 楽しい旅になるといいですねっ!
    No title
    真蛮神すらまともに動けず転がっていた人を極に引っ張ろうとしてる光景はよく見る
    その人がどれくらいの難度を求めているかを観察したり、会話して見極めるのも
    メンターの大切な能力だと思う。
    No title
    初コメント失礼します。

    う〜ん、確かにメンターやるには、いろいろ考えないといけない事が多そうですね〜。

    私はまだ、メンターやるかどうか、迷ってます(´・ω・`)
    No title
    いつもIDはシャウト募集でメンバー集めて行ってます
    協力してくださる方たちはたいていレベル高い人ばかりなので
    楽しんでいただこうといつも下限シンクしてます
    下限シンクは初心者のためにある物ではなく、ベテランの為にあるものだと思ってます
    私も新生からではありますけど初期の頃からずっとプレイし続けているので下限レベルでの挑戦が如何に難しいかと言うのはもう身に沁みてますw

    過去の蛮神は真ですらレイド並に練習に行ってやっとクリア出来た時は本当に嬉しいもんですよね(極とかは更に嬉しい)
    初コメいたします
    いつもブログ楽しみに見させて貰っています。
    私も募集に乗って週末下限シンクで魔導城に行ったので、コメさせていただきました。
    下限だと普段はごり押してるネロやアルテマにも多彩なギミックがあるんだなと新鮮でした。
    ブログの内容の通り好みはあるんでしょうが、初見さんも含めて一致団結しないとクリア出来ない熱い戦いが出来るのは下限のいい所ですねー
    No title
    下限で挑戦した極タイタンは鬼でした…
    レリック作ってた頃の真タイタン戦を思い出しました。
    当時はギリギリのILで、ヒーラーさえもVitアクセサリーを検討していましたね。
    増えていく激震が容赦なくHPを奪う、時間切れ以前に相手の攻撃に耐えられないって状況…タイタンの本気は怖いw

    専用チャンネルの卒業は自分の意思で行えるといいんですけどね。
    お友達が出来て、LSで繋がればそれでいいんですけど。
    内気な方だと言えないまま誘われないままにならないか心配ですね。

    メンター同士の協力体制が必要であると感じました。
    No title
    メンターの「こうあってほしい初心者の姿」が強ければ強いほど、危険ですね。
    初心者さんはそれぞれ遊び方違いますし、初心者度合も違う。

    光のパパーンのように「MMOは初心者」の人もいれば、「MMOはやりこんでるFF14の初心者」もいるし、「RPGすら見たことない」人もいるかもしれない。
    そしてその初心者がどんな遊び方をしたいのか?を聞き取って、それが実現できそうな選択肢をプレゼントしてあげられたらいいなあと思いますね。

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。