おにーさん、ちょっと全裸で女子校を走り回ってみた。

    全裸で女子高

    ちんたおにーさんね、なんでこんな状態になったのか、ちょっと時間を遡って考えてみる。

    ただね、今日の記事はね、あぶない。

    このタイトルだけでね、なんか「やばい」と感じた人は読まないことをお勧めする。強くお勧めする。

    また18歳未満のベイビーたち。君たちも読んじゃだめ。18歳のバースデーに読みに来なさい。

    「ゲーム」と「現実」を混同しない紳士のみなさん。むしろ読め。そして学べ

    全裸走り。

    おにーさん今日の仕事のメールを全部終えて、午後からお茶飲んでた。紅茶。

    紅茶飲みながらね、明日の仕事の段取りとかぼやっと考えてた。そんな大人の午後を過ごしてた。
    あ、写真はフリー素材。実際飲んでたのは午後ティーのレモンティーをラッパ飲みね。

    そしたらね、1通のメールがやってきた。ブログの方に来たメールだった。
    おにーさんはさっと目を通したね。そしたらね、こう書いてあったの。

    「ちんたおにーさん、このゲームやってみ?」

    そこに初めて聞くゲームの名前が書いてった。特に今日の記事の予定も無かったから、おにーさん言われたとおり某サイトに行ってゲームをダウンロードしてみた。

    そしてスタートしたのね。

    予備知識も特に無いけど、大丈夫かな?やってみればわかるかな?

    そんな気持ちでスタートしたのね。

    そしたら、そんな心配皆無だったね。

    全裸で女子高1

    おにーさん、一瞬で自分が置かれている立場、理解した。

    本能で理解した。ただただ、「のっぴきならない状況」にいること、理解した。

    それと同時に紅茶を飲んでた落ち着いた午後、どっか行った。
    人生、いつ何時、何が起こるかわからない。

    全裸で女子高2

    このゲームは、「NAKED RAN」っていうゲームらしい。

    ゲームジャンルは、痛快横スクロール変質ロマンアクションかな。
    このジャンルではぶっちぎり1位の人気を誇るとおもう。他に無いから。

    メールをくれた人、なぜこれをやれとおにーさんにメールしたのか。何を伝えたかったのか。さっぱりわからない。


    全裸走り1

    ゲーム内容は非常にシンプル。

    全裸で女子高を駆け抜け、女性警官みたいな人に捕まらないように、女子高生に自分自身をアピールする。
    あれ・・・?なんでだろう・・・。

    説明書なんか無いのに、ゲームのルールがスッと頭の中に入ってきたよね。スッと。

    おにーさん天才かもしれない。自分の才能が怖い。本当に怖い。泣きそう。

    全裸走り2

    ゲームパッドにも対応してるんだ。
    ちなみに中央の黒い丸はおにーさんがつけたんじゃない。ゲームについてる。安心してほしい。ストレスフリーってやつ。


    そのフロアにいる女生徒に自己アピールして、フロアにいる女生徒を全員失神させたらステージクリア。
    でもステージをクリアしていく喜びより、積み重なっていく罪悪感が結構くる。

    これ多分、この学校を狙う悪霊が女生徒に取り憑いていて、それを除霊するには軽いショック状態を与えないといけないんだ。
    そうそう!これは新手の「悪霊ハンターもの」!!

    そう考えないとやばい。

    というか、そういう考えにたどり着くおにーさんも社会的にやばい。

    全裸走り4

    そしてゲーム内の状況もやばい。警官みたいな人が追ってきた。
    この女生徒たちを救うにはこの方法しかないわけだけど、そんな事を説明しても信じてもらえるはずが無いわけ。
    自分自身半信半疑だから。

    今はまだ捕まるわけにはいかない、志半ばで倒れるわけにはいか

    全裸走り5

    いゃおうっふっっ!!

    声にならない声、漏れる。

    敵は容赦なく、おにーさんのこのゲームでの最大の武器(かつ、最大の弱点)を的確につぶしにくる。
    いつの時代も悪霊より怖いのは人間自身。そんなテーマが隠されている。そんなんずっと隠しとけ。
    というか、前隠せ。

    全裸走り6

    一撃でも食らうと全てを失っちゃうよね。

    築き上げてきた地位、名誉、財産。そして訪れるはずだった明るい未来も。

    公然とわいせつな行為を行った者は6ヶ月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金
    NO MORE 露出マン。

    ハイリスクノーリターンな世界。男はいつも無謀な賭けには燃えちまう。馬鹿な生き物さ。

    全裸走り7

    おにーさんそれよりもびっくりしたのは、こんな内容なのに、やたらキーレスポンスが良くって各ステージの難易度もすばらしくゲームとしておもしろんだよw

    全裸走り8

    おにーさん攻略を進めていくうちに、少しずつ上手なアピールの仕方がわかってきた。

    100パーセント大丈夫な状態でしかアピールしちゃいけない。1パーセントでも捕まる危険性のある所ではアピールしてはいけない。ゆっくりと大胆に校内を逃げ回りながらチャンスを探す。

    全裸走り9

    2キャラがよっている時に中央でアピールし、二人同時にアピールする技、「ダブルドラゴン」

    全裸走り10

    壁まで走りきらずアピール起点で折り返す「カットバックドロップターン」

    おにーさん数々のテクニックを編み出していったよ。

    全裸走り11

    そしてクリア! 「アデュー!!」

    最初初めてやった時は、おにーさん、このゲーム「なんだこれっw」って思った。

    でもね、技術を身につけ、クリアを重ね、時間を重ね・・・やっとたどり着いたエンディングを見たとき思ったよ。

    内容はどうあれ、ゲームっていうのは、こういうクリアの喜びを断片的に与えてくれる・・そんな娯楽なんだなって

    ・・・・っ思うわけでもなく ふつーに「なんだこれ。」って思ったよ?


    でもおにーさんはこのゲームをしてひとつだけ学んだな。

    このゲームのような犯罪を犯しても、失うのは時間だけで「何も得られない。」ということ。

    僕は生涯こんな犯罪を犯すことは無いだろう。何も得られないからねー。

    それを学ぶゲームなのかもしれないね!

    またねっ!



    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    No title
    ちょっと全裸で女子校行ってくる!
    No title
    ちんたさん。

    おすすめされたのは、きっと、ちんたさんの、お名前からの連想ですよ、たぶん。
    そう連想する、わたしも やばいのかな。
    No title
    ルパンよろしくかっこよく大空へ飛び出した彼のその後が気になりますね・・・高校内だけであればシャレで済む可能性が日銀長期プライムレートくらいはあるかもしれませんが・・・

    このゲーム作った人は何を伝えたかったんだ・・・ほんとゲームってfreedom!!!
    No title
    吉田違いの吉田さんのいる情報サイトで見ましたφ(..)メモメモ
    No title
    私も最近このゲームの存在を知って気になってたところでした!

    なんだこれ。
    No title
    笑った
    あれこれ考えて憂鬱な風呂上り、どこか行ったありがとうそれはほんとうに有り難いんです
    What's My Age Again?がぱーって頭に流れました

    そのゲームで昇華になるんであれば意義も…あるのか…?
    ちんたお兄さん、「NAKED RAN」じゃなくて「NAKED RUN」ですよ…
    No title
    NAKED RUNが文章で「RAN」になってますよー
    なにこれどういうこと?
    No title
    昼休み中に読んでコーヒー吹きそうになったwww
    やつはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの築き上げてきた地位、名誉、財産。そして訪れるはずだった明るい未来です。
    ドラゴンが指していたのが北か南かで、犯罪係数が多少変わりそうですね。どっちにしろアウトですが。
    この記事をお父様が目にされると思うと胸が熱くなりますね。
    スマホで見たらmore▼が小さくて最初気づきませんでした。

    気づいて開いて読んでみて、あー別に気づかなくても良かったかもなーと思いました
    No title
    こういう才能の無駄遣いとも思えるゲーム大好きです(笑)
    そして、このゲームの面白さを120パーセント伝えてくれるマイディーさんに(謎の)感動を覚えました!!ありがとうございました。

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。