SSを使ってLive2Dで遊ぶ。

    Live2dSS遊ぶ。

    右目をつぶったマイディーさん。

    FF14自体にこの表情はありません。

    これは画像加工をして作りました。
    ですんでよく見たら、ちょっとうさんくさいですよねw

    今回使ったソフトは「Live2D」というソフトです。

    本来このソフトは、画像加工ソフトというジャンルではありません。

    SSを使ってLive2D1

    簡単に言うと「Live2D」は、2Dで書かれたイラストを3D風に動かすというソフト。

    さらにわかりやすく言うと、2Dの絵に点を付けて、その点を動かすソフトです。



    最近ではカメラに連動し、アニメキャラが動くということでツイッター等で話題になったりしてますよね。

    すごいじゃないですか・・・人間がアニメキャラになれるとか、未来きましたねw

    でも・・・自分は絵が描けないし・・・なんか難しそう・・・。

    そう思って諦める・・・。

    SSを使ってLive2D2

    否!そんなおもしろそうな未来!諦めてなるものか!!

    僕のライフワークとなっている「パーティーキャッスル」で体得した技術

    ゲームキャラ(3D) ⇒ スクリーンショット(2D) ⇒ パーティーキャッスル(3D)

    この一度「二次元世界」を通過して、別の次元で再生するという読んだだけではなんか「SF」っぽい技術を応用すれば・・・

    できるんじゃないかっ!?

    そう思い立ち・・・「超アバター計画」を始めることにした。

    この計画が進めば・・・いずれ人類はオンラインゲームの自キャラを思いのままに動かし、自分の代わりにビデオチャットなんかで使える未来がやってくるはずだ!!

    すごい人類に貢献できそうな気がしてきたのでがんばってみよう。

    ようは、どういうことかと申しますとぉ・・・

    SSを使ってLive2D3

    ① ゲーム内でSSを撮り・・・
    ② Live2Dで使う各パーツに切り分ける。
    ③ Live2Dのルールに従い組み立てる。

    こうすれば、ゲームキャラに似た絵を動かす・・・
    という意味合いから本物のと変わらないものが動くという意味合いに変わってくる。
    使うのは本物の写真なんだから・・・。

    SSを使ってLive2D4

    パーティーキャッスルの場合は、元の3DキャラのSSを別の3Dキャラに貼り付けて移植するというものだったので、骨格が違うものになる為、完全に再現することは不可能だった。

    Love2de1.jpg

    しかし「Live2D」は、3Dモデルを動かすのでは無く、SSそのものを動かす為、再現率もなにもない!

    自由にできるのではないか?

    というコンセプトから超アバター計画を開始。

    Love2de3.jpg

    まずは、Live2Dの基本と仕組みを理解するために、教材を使ってきっちりと勉強する。
    チュートリアルがわかりやすく、徐々に何が必要でどうすれば完成するのかがわかってくる。

    一通り勉強したので、必要な素材を準備する。

    Love2de2.jpg

    まずパーティーキャッスルで得たノウハウを元に、ゲーム内でのアイテムを駆使し、パーツがある状態と無い状態のSSを複数枚用意する。

    イラストを用意する場合はレイヤーなんかで描き分けたりするんでしょうが、それができないので、ゲーム内のアイテムを使い差分を用意していく。

    Love2de4.jpg

    次に同じ正面から撮った色々な状態のSSを組み合わせ、SSからパーツ切り取り、Live2Dで必要な素材を作っていく。

    普通のマイドさんのSSに見えるが、これは眉毛、眼球、チョーカー、前髪、横髪、後ろ髪などなど全て別のSSパーツで組み立てられたマイドさんである。

    なんでこんなめんどくさいことをしているかというと・・・

    Love2de5.jpg

    一枚絵では見えない部分がのちのち重要になってくるからだ。

    あれに似てますね、女の子が子供のころに遊ぶ、紙の着せ替え人形。
    あれをつくるわけですね。

    Love2de4.jpg

    このマイドさんは一見普通の一枚絵ですが、前後関係がきっちりあったパーツの集合体なんですね。

    目にかかる前髪は「目に前髪がかかっている絵」ではなく「目の絵」「前髪の絵」が重なっているというわけですね。

    アニメーションさせるためには、これが必要になってきます。

    Love2de6.jpg

    元の1枚絵の上にパーツを配置していきます。ふくわらいみたいな感じですね。

    Love2de7.jpg

    今度は各パーツに点を打っていき線でつないでいきます。

    気の遠くなる作業・・・。アニメーションさせる際は、この点を動かしていくわけですね。点と点を線でつなぐのはつながれた線によりその間の絵が「伸びる」ように設定するためです。

    Love2de8.jpg

    次に可動する箇所を作っていきます。

    たとえば目が開いた状態はこの絵、閉じた時はこの絵というようにスタートとゴールを作っていく。そうするとその間は自動で動いてくれる。

    点を動かし絵を少しずつずらして形を作っていく感じです・・・(説明難しい・・・)

    Love2de9.jpg

    上向いてるとき、下向いてるとき。

    これは正面を向いている絵のパーツを移動させ、パーツの形を変形させて作っています。
    この作業を手早く、効果的にする為に、細かくパーツを分けているわけですね。

    ひとそろいの動きができあがったら・・・

    Love2de10.jpg

    同梱のアニメーション製作ツールを使い、動くSSを作っていく。

    何秒目でこのアニメーション。瞬きはこのタイミング。角度はこのタイミング・・・などなど。

    そんなこんなで出来上がったのがこちらです。

    うんうんアニメ

    うんうん。

    絵はひとつも描いてない・・・・。

    ゲームで撮ったSSを、Live2Dで動かす。

    絵心は無いけど、努力と根性と工夫で動かしたった・・・・。

    今はまだ「うんうん。」だけだけど、この技術をもっともっと学んでいけば、ゲーム内のSSを使ってアニメも作れる日がくるかもしれない。

    しかもビデオカムと連動して自分と同じ動きをするSSと邂逅する日が来るかもしれない。

    すごい未来がきたもんだ。

    (Live2D自体はずいぶん前からありますけど・・・w)


    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    No title
    勝手に動いてくれる「えもふり」も良いものですぞ!
    No title
    ウィンクマイディさんかわいい。
    エオルゼアにもウィンクが標準であってもいいかもですね。

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。