バンブル君は出世したい。

    トップが0

    なんでも世の働き手の「出世欲」が減少しているそうな。

    まあたしかにそうかな。「俺は絶対この会社の社長になるぜ!」という気持ちでは働いてない。

    社会では地位が上がれば上がるほど、「強い」というイメージより「辛い」というイメージが濃い。

    今の生活を守ることができれば、今の地位でもいいや・・・・。

    そういう気持ちが蔓延している現代社会。 日本人はそういう民族なのかもしれない。

    さて!本日購入いたしましたのは・・・

    トップが1


    タカラトミー トランスフォーマーマスターピースシリーズ バンブルG-2。

    もう最近ではアメリカ特撮なトランスフォーマーの方が有名ですよね。

    実は、アニメ版が昔日本で放送されてたという事すら知らない人も多いかもしれない。

    さらに、アメリカ製ではなく、昔タカラが販売していた「ダイアクロン」や「ミクロマン」を輸出しそれをハスブロ社がアメリカでオリジナルで販売展開したシリーズという事もあまり知られていないのかも。

    トップが2

    今回ご紹介いたしますのは、そのトランスフォーマーに登場した「バンブル」君です。

    最近で言うところの「バンブルビー」ですね。あれ?でも車種がカマロじゃないの??

    そう、最初のアニメ版バンブルは「フォルクスワーゲン」だったんですね。

    イメージの黄色は今と変わりませんね。

    トップが3

    リアのスペタイヤケースもかわいらしい。

    それでは・・・

    サイバトロン戦士・・・トランスフォーム!!

    トップが4

    さあ!変形だ!(正宗ボイス)

    まずはボンネットがぱっかり割れて脚部へと変わっていきます。

    トップが5

    よっこらちょ。

    足が生えました。 なんかすでにトロットビークルみたいでかわいらしい感じにw

    トップが6

    続いて車体を起こしていくのですが、その際ナナメに入っていくボンネットのギミックが美しい。

    従来の子供が遊ぶトランスフォーマー玩具と違い、マスターピースシリーズは「最高級」のグレード。

    まさに大人のトランスフォーマー。そういうこだわりがこういう部分に見え隠れして感動するっ!!

    トップが7

    車内にたたまれて格納されていた両腕を展開。

    人型に近づいてきました。

    トップが8

    天井の後ろ半分を背面に倒し・・・顔が出現。

    トップが9

    胸のパネルをくるっとひっくりかえすと、中から正義の象徴「サイバトロンマーク」がこんにちわ。

    トップが10

    バンブル君、完成です。

    「やあ、スパイク」という塩谷さんの声が聞こえてきそうですね。

    アニメのトランスフォーマーを見てるとき、どうも違和感があったんですよね。

    たくさんのロボットが出てきて、2軍に別れて延々と戦うだけのアニメなのですが、海外のアニメだなって感じる部分が多々ある。

    トップが11

    トランスフォーマーの主役はこちらの「コンボイ司令官」です。

    今で言うところの「オプティマスプライマル」。「私にイイ考えがある!」の人(?)ですね。

    言わずと知れたサイバトロン軍の司令官であり、リーダーなんです。

    日本のアニメでは「リーダー」が主役になる事は少ない。

    日本のアニメの場合、下級の兵士や事件に巻き込まれた被害者が主役になる事が多い。

    その主人公がリーダー達に叱られたり、衝突したりして成長していくビルディングロマンが主流。

    トップが12

    ガンダムで言うと「レビル将軍」がホワイトベースで指示を出しつつ、ガンダムに乗り、ニュータイプになり戦争を終わらせる。

    やったなこのやろうと、「デギン公王」がビグザムに乗り込みレビル将軍のガンダムに蹴りかかる。

    トップが前線に行くリスクとか考えない。許せないから俺が行く!という感覚がすごい。

    そういう強烈なリーダー像にアメリカのちびっ子たちは憧れて成長するのだろう。

    いやな大人、わかってくれないリーダーが登場する日本のアニメを見て育った子供たちは
    トランスフォーマーの主役、コンボイ司令官の司令官らしからぬ行動力に違和感を抱いていたのかもしれない。

    トップが13

    そんな中、「バンブル」君の立ち位置はそんなコンボイ司令官に強い憧れもを持つ、ちょっとドジなメンバー。
    誰とでも仲良くなり、直情的に行動する。

    そんなバンブル君の姿は、日本アニメの主人公の位置に見えてくる。だから日本でバンブル君は人気があるのかもしれない。

    トップが14

    僕もどちらかと言えば司令官よりバンブル君が好き。

    サイバトロン戦士の社蓄として戦うバンブル君。

    トップが15

    「おまえなんかこうしてやるもんねっ」

    ちゅちゅーんちゅちゅーん。

    付属のレーザーガンを構える。

    トランスフォーマの使う銃の命中精度は極めて悪いw
    まずあたらない、ごくまれに何かの間違いで相手にレーザーが当たっても「ふおおおおおおっ」って言って吹き飛ぶだけ。

    殺傷能力はない。だから永遠に戦い続けるのだ

    トップが16

    「うわあっ!誰か助けて!」

    誇り高いトランスフォーマー達は、仲間に頼ることをあまり恥と思ってない。
    不利になると平気で「誰か助けて!」と仲間を頼る。

    トップが17

    「まったく、死ぬかと思ったよ!」

    トランスフォーマーにとって戦闘は日常。だから結構大事な戦闘をしててもおしゃべりしてたりする。
    口を動かしてる暇があったら戦え。そう突っ込みたくなる戦闘シーン。

    トップが18

    言うことを聞かない野蛮な仲間ダイノボット達を無人島に捨てに訓練しに行った時に使ったジェットパック。

    これを装着すれば自由自在に空を飛べる。

    空が飛べないカーロボット勢には画期的な新兵器だと思うんだけどその後量産される事は無かった。

    車にもなれて空も飛べるようになると自分のアイデンティティーが奪われると飛行機勢が圧力をかけたのか?

    トップが19

    いろんな部分が滅茶苦茶で、子供が見ても突っ込みたくなる事が多いのが初期のトランスフォーマー。

    コンボイ司令官が英知の塊マトリクスから導き出す「私のイイ考え」も荒唐無稽だし、敵の大将メガトロンはいつも部下を怒ってばかり。二人とも共通してるのは行動力はあるけどあまり後先考えないという部分。

    その下で振り回される両軍を見ていると、ほんと下っ端って大変ね・・・と同情してしまう。

    サイバトロンもデストロンも結構今の日本の企業と似ているのかもしれないww 

    そんな中、「社長に気に入られたい」と毎日がんばってるのがバンブル君。

    ブラック企業の社長を神と信じ盲信する若者、それがバンブル君か。

    やっぱりかわいい。

    ジャンルとしては大人の社会風刺ギャグアニメかもしれませんねw


    独身万歳!!


    つづく。


    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    リアルタイムで見ていたのでやっぱバンブルはこの子以外違う感じしますw
    リアルタイムで見ていた記憶はあるけど全く内容をおぼえていなかったりします
    No title
    ホアアァァァァァァ!!

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。