空を飛んでみた。

    空を飛んでみた。

    3.0バージョンアップのひとつの見所であるフライングマウント。

    フィールド内を自由に飛びまわる事ができるこのシステムは、他のオンラインゲームでもよく見られるフライトシステムがFF14にも実装されました。

    実装!さあ!今日からどこでも飛べるよ!というものではなく、各エリアの風脈を探し当て解放していかないといけません。

    これがまた、未知のフィールドでの宝探しみたいで楽しいんですけどねw

    フィールドに設置してある風脈の他に、クエストをクリアしないと解放されない封脈もあったりするわけです。

    クルザス西部高地で、風脈解放に必要なダンジョンが「ダスクヴィジル」。

    LV51から行けるダンジョンですね。

    空を飛んでみた。1

    ダスクヴィジルは結構楽しいIDです。LV51になって行けるイシュガルドで最初にであるIDですね。

    敵も程よく、ボスも個性的。グラフィックがかっこいい武器も手に入るので、周回するのがとても楽しいです。

    空を飛んでみた。2

    クルザス西部高地での風脈探しは、ここがラストになりました。

    最後のボス戦が楽しいですよ!ぜひ予習無しで行って欲しいですw

    FCメンバーの初見予習無し4人で楽々クリアできました!

    空を飛んでみた。3

    ダスクヴィジルをクリアし、最後の風脈を開放、これでクルザス西部高地での飛行が可能となりました!!

    そしてコレクターズエディションの特典だったグリフィンに乗ってみる。

    なるほど・・・この流れだからグリフィンだったのか・・・。納得。

    空を飛んでみた。4

    ジャンプボタンでふわっと浮く。

    このふわっと感。

    これがすごく好き。ビューンとかギューンではなく、すごくナチュラルにふわっと浮く。

    飛ぶというより浮くという感じ。羽を広げるタイミングとか、高さとか、音とか相当こだわったんだろうなって思う。

    とにかくナチュラル!

    空を飛んでみた。5

    そのままジャンプボタンを長押しでどんどん上昇する。

    いつも見ている風景がどんどん小さくなっていく。

    さっきまで同じ目線だった人もどんどん小さく・・・・あ、これ飛んでるわ。

    空を飛んでみた。6

    すごく気持ちいい。

    空を飛んでみた。7

    そしてすごく速い、そしてすごく便利。

    あっと言う間に目的地まで飛んで行ける。その事にすごく感動する。

    これなんで「速い」って感じるかわかりますか?
    これなんで「便利」って感じるかわかりますか?

    空を飛んでみた。8

    「風脈」の力ですよ。

    僕らの脳は知ってるんです。

    風脈を集めてた時、敵に襲われたり、わざわざ遠回りしないとたどり着けなかったり、延々とチョコボで雪の中を走ったり。

    はっきり言って大変でしたよね。僕も朝までかかりました・・・。

    僕らの中に、その「風脈集め」記憶があるから「速さ」や「便利」さを感じるんです。

    これ、いきなりクルザスに来てビューンと飛べたらここまでの感動は無かったと思います。

    「不便」を知らないと「便利」のありがたさってわからないもんです。

    マップの広さを身を持って体感しているからこそ、フライングマウントのありがたさがわかる。

    だからこういう設計になってるんだと思いますよ。


    さらにもうひとつの感動。

    空を飛んでみた。9

    うれしくなってクルザス西部高地を飛び回ってたときのことです。

    空を飛んでみた。10

    とても巨大な竜騎士の像を発見しました。

    そしてそのまま

    空を飛んでみた。11

    巨大竜騎士像の肩に着地。

    飛んでみた1

    巨大竜騎士像と同じ目線でクルザス西部高地を見下ろす。

    実に雄大だ。

    空を飛んでみた。12

    この竜騎士は何百年もこの風景をずっと眺めていたのかなと感傷に浸っていると・・・。

    新たな発見。

    空を飛んでみた。13

    こんなところにもNPCがいる。

    それにすごく感動しました。ただオブジェをどーんと置いてるだけじゃない。
    ここにこれがあるから人がこうするだろうという考えてNPCが配置されており、それが世界観にぐぐっと深みを与えている。

    FF14のこういう所すごく好き。

    空を飛んでみた。14

    高さ。

    今まではずっと地面を走っていた。大きな意味では2D世界とそう変わらなかったのかもしれない。
    それがフライングマウントを手に入れたことで冒険に高さの概念が生まれた。

    これによってまたエオルゼアは深い世界観を演出できるようになるんだろう。

    空が飛べる生活・・・それが今始まったんだ。

    空を飛んでみた。15

    高度を下げるとそのまま着地して、通常マウントして走り出す。

    この着地も本当にナチュラルで 「ストッ」 っていう感じ。

    そしてそのまま走り出す疾走感もまた良い。

    ああ・・・これからずっとこんな感じで進化していくのか、エオルゼア。

    飛んでみた2

    ずいぶん昔のPLLで、プレイヤーの今後の活動を「空」に向かわせるか「海」に向かわせるか・・・やっぱり「空」かな・・・

    みたいな話をよしPがしていたように思います。

    あの頃ぼんやりと頭の中に描いていた未来のエオルゼアがこうしてひとつずつ現実のものになっていってるんですね・・・。

    今はそれが本当にうれしい。


    つづく。




    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    No title
    自分も早く飛びたいー!
    うわあ、飛行開放がすごい楽しみになってきました…!
    ユーザーの楽しませ方をちゃんと考えてくれていること、
    この世界を大好きな者の一人として嬉しいものです。
    個人的には風脈探しは冒険してる感があって楽しかったですね
    どちらかというとサブクエ報酬で貰える風脈を集める方が大変だった…
    マイディさん!いつも楽しく拝見しています(^◇^)こんな風に楽しくてしょうがない物を見つける事ができて羨ましいです♪♪
    私もそういう物が欲しい……
    今仕事で後輩を育てる事に煮詰まってるから発散が欲しいw 部下の才能を引き出せないのは上司の責任ですよねぇ〜 なんて
    すみませんwコメントでこんな話w
    誰も見てないのにw
    風脈最初に解放した時、私も時間忘れて暫く飛び回っていましたw
    嗚呼…いつかはイシュガルド以外のMAPも飛んでみたい!
    No title
    マイデーさん、相変わらずいい事言いますねw
    そういうところに惹かれて毎日ここにきているのですw
    簡単に飛べたら悔しいじゃないですか
    No title
    マウントツインタニアはまだですか?
    マイディさんは本当に素敵な考え方を持ってるね
    一緒にいると辛い事も楽しいに変えていけるんだろうな…見習いたいね

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。