絶対王は北の洞窟へと向かった。

    タイトル4

    エテーネ村のおはなし

    はなちゃんを連れて アバの家に戻ると
    アバは 村人を集め 間もなく起こるという大いなる災厄の お告げの内容を語った。

    エテーネの民が 死に絶えるという災厄を回避するには 育みの大地より はるか北の
    清き水の洞くつに咲く テンスの花が必要らしい。

    シンイと はなちゃんと共に テンスの花を 採りにいくことになった。

    北の洞くつ

    便利な機能だ。

    前回までのお話がすぐに確認できる。これがあれば、大切なことを忘れず旅ができそうだ。

    北の洞くつ1

    アバ様が言うには、この村は滅ぶという。まったく信用ならないカメからお告げを聞いたそうだが、村人みんなが信じているので、話は合わせてあげないといけない。

    まったく私は優しい絶対王だ。

    北の洞くつ2

    めがね・・・とりあえずこの村の真の絶対王の座を掛けた闘いはおあずけだ。

    ここは共闘し、アバさまの機嫌をとっておこう。やつが目覚めてしまった今、従っておくのが得策だ。

    ただ私の足をひっぱるようなら、お前を見捨て私は先に進む。おぼえておくんだな。

    北の洞くつ3

    村の人たちが優しい。

    そりゃそうだろう。もうこの村は滅ぶかもしれない。それを救えるのは私たちだけだ。

    でも・・・セリフの節々に感じる。

    北の洞くつ4

    このエテーネの村の人たちは・・・

    北の洞くつ5

    エテーネの村の心配より・・・私たちの心配してくれている。

    こんな田舎の辺境の村で・・・エテーネの民はこうして生きてきたのか。

    カメの話を信じたり、自分の未来より他人の心配をしたり・・・

    まったくどうしようもない村人どもめ・・・。

    北の洞くつ6

    だが、私はそんな素朴で純粋な村人たちの王になるのだ。

    絶対王の名に誓い、そなたらの為、たとえ五臓六腑撒き散らそうともこの命をかけ、テンスの花を持って帰ることを約束しよう。

    そんな気持ちになってるのに・・・

    北の洞くつ7

    めがね・・・お前 LV7 ってどういうことや?

    はなちゃんの LV3 はいい。かわいいから。

    私よりLVが3つも下やのにえらそうに・・・。

    なんなん?

    北の洞くつ8

    その服の色、ガンダム意識してんのん?

    なあ?・・・なあ?

    北の洞くつ9

    はい!集合ーっ!

    これからレベル上げをしまーっす。

    村の危機なのにまだ LV7 の人がいるからでーす。

    誰とは言いませんがー!

    はなちゃんはLV3でいいよーっ!かわいいから。
    はなちゃんのことじゃないよーっ!安心してね。

    北の洞くつ10

    とりあえず、足を引っ張りそうなこの めがね のレベルを私と同じ10まで引き上げてやろう。

    そうせんことには、安心して北の洞窟にいかれへん・・・。

    そう思い戦闘を繰り返す・・・。

    北の洞くつ11

    戦って闘って・・・・

    北の洞くつ12

    戦い続けて・・・・

    北の洞くつ13

    30分ほどが経過した・・・・

    北の洞くつ14

    ちょっちょっちょっちょっ!

    ちょと待って!ちょ待って!

    北の洞くつ15

    はいっ!集合っ!しゅうごーう!

    え? なんなん?

    なあ・・・自分なんなん?

    北の洞くつ16

    あんたもう・・・それ以上レベル上がらへんのんか?

    なあ・・・?30分も戦ってるのに全然上がる気配ないやんか?

    上がらへんのやったら上がりませんって・・・

    あんたそれ・・・先に言わなあかんで?

    はなちゃんはいいよ・・・。かわいいから。

    北の洞くつ17

    言うチャンスなかったか? あったやろ?

    「あ、なんか僕レベルあがらんみたいですーっ」ってさ・・・。

    それで30分無駄にしたんやで?

    みんな待ってるんやさかい・・・ちゃんとしてや?


    そったら、今から北の洞窟に向かいますんで。

    とりあえず、やくそう使って回復はしてあげますけども。

    みんなね、待ってます。待ってますんで。

    いいですか?大事な事はちゃんとはよ言うてくださいよ?

    北の洞くつ18

    ほなまあ・・・ちょっと・・変な空気になりましたけど。

    もうあの・・・・向かいますんで。

    ちょっとテンション上げて行きましょう!

    北の洞くつ19

    そして私たちは・・・育みの森をぬけ、名も無き草原へと入る。

    北の洞窟はまだ先だ。

    北の洞くつ20

    草原には緩やかな風が吹いていた。

    遠くに見える大きな建物・・・クリスタルタワーみたい・・・。

    あれはなんだろう。

    北の洞くつ21

    できるだけ無駄な戦闘を避け、北の洞窟を目指す。

    ゴールドはたーんとあるので、やくそうは99個持ってきた。

    これがあれば即死でもしない限り全滅することはないだろう。

    そして北の洞窟の入り口付近まで私たちはやってきた。

    北の洞くつ22

    なんか・・・おるで・・・。

    いったりきたりして・・・洞窟を守っているようだ。

    ここでひるんではいけない・・・。村人を救うため・・・突撃だ!!

    北の洞くつ23

    ゴーレムが あらわれた!

    ゴーレムは、ドラクエシリーズでは最初に当たる強敵というイメージ。

    こいつを越えないと・・・洞窟には入れない!!

    行くぞ!めがね!はなちゃん!!

    北の洞くつ24

    たーっ!

    私は絶対王マイディー。

    貴様など素手でじゅうぶん!!

    北の洞くつ25

    なんかこいつっ!めっちゃ押してくるっ!

    北の洞くつ26

    この戦闘中に押したり押されたりするシステムが、まだ良くわかってない。

    北の洞くつ27

    あとがないっ!!

    なんだかわかんないけど・・・・

    北の洞くつ28

    おしかえせー!

    北の洞くつ29

    いけ!めがね!!

    ありったけの魔法をぶちこめー!

    ※私のMPは温存しておきたいから。

    めがねのメラが決まり、ダメージを重ねていく。

    北の洞くつ30

    チエストー!!

    北の洞くつ31

    よしゃー!

    洞窟の門番は倒した!!

    いよいよ北の洞窟・・・「清き水の洞くつ」へと突入だ。

    北の洞くつ32

    草原とは違う・・・湿った空気がほほを撫でる。

    この奥にテンスの花があるのだろう・・・

    敵も強くなっているに違いない・・・油断せずに進むんだ。

    洞窟に入るや否や・・・めがねが何かをつぶやき始めた・・・。

    北の洞くつ33

    北の洞くつ34

    北の洞くつ35

    北の洞くつ36

    たとえ 滅亡の運命から逃れることが できたとしても・・・

    北の洞くつ37

    生き残れるのは・・・たった・・・・ひとり・・・・と。

    北の洞くつ38

    北の洞くつ40

    北の洞くつ39

    はい。集合。

    北の洞くつ41

    言うたやん・・・大事な事は はよ言えって・・・。

    さっき言うたやろ?寝てた?

    北の洞くつ42

    なんでこのタイミングで言うたん?

    やっと洞窟について、テンスの花かなんかしらん、とりにきましょー!!わー!

    って時になんでそんな事言うたん?

    空気よみーさ。どうすんのこのテンション。

    ざんねんやっわー!

    だいたい・・・

    北の洞くつ43

    お姉ちゃん!!

    もうちょっと・・・もう行こう? 助かんの、ひとりかもわからんけど・・・

    もう行こう? 終わらへんで・・・。 いつまでたっても製品版いかれへん・・・。

    北の洞窟11

    せやな・・・行こう。

    北の洞窟にたどり着いた絶対王。

    しかし・・・チームの気持ちはバラバラだった・・・。

    これを束ねなおしている時間は無い。

    一行は洞窟の最深部を目指すのであった。


    つづく。

    ぼうけんのしょ

    ぼうけんのしょ北の洞窟

    やっとついた きたのどうくつ。

    てきもちょっとつよそうだ。でもゆっくりはしていられない。

    いちばんおくまですすみ テンスのはなをさがさなければ。

    はやく エテーネのたみ の ふあん を はらしてあげないとね。

    そうだ。

    エテーネのむらにかえったら みんなをよんで やくそうパーティーをしよう。

    いそがねば。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    No title
    ビジュアルに反して話が重い・・・。
    No title
    このブログ大好きです!
    めいでーさんとオンラインの世界のアストルティアで会えることを楽しみにしています!
    はじめまして、毎回楽しく読んでおります

    ゴーレムが押してくる理由ですが、これはゴーレムがメガネ野郎かおはなちゃんのどっちかをターゲットにして攻撃のために動いていて、マイディーさんがそのあいだに入って邪魔をしているから押してくるのです。
    ドラクエ10の前衛はターゲットが誰なのかを敵の目線を読んで喰らって死なないなら喰らい、ヒーラーへ向いてるなら押して時間を稼ぎそうして敵が痺れを切らすと手近な邪魔者をぶん殴ってくるのでそれを受けたりしながら戦うのが基本となっているのです
    No title
    このDQ10すごくおもしろそう
    No title
    ギスギスやめてください><
    きっとメガネはキーボード持ってないか
    キーボード打つのが苦手なんですよ><
    たまに流暢に喋るのは「よく使うセリフ」に入れてるんですっ><
    コレ、絶対自分の知ってるDQXじゃないw
    だって自分、オンライン(製品版)到達まで一時間かからなかったものw
    FF14もそうですが、ゲームで遊び尽くしてますよってカンジが、見ててホントに楽しいです❗
    No title
    きみ、めがねにつめたないかー
    このシリーズでめいでーさんのことをしりましたが、光のお父さんシリーズも一気読みして最近14ちゃん買ってしまいました!たぶんすぐ泣いて逃げ出しますが!
    No title
    DQやってくれてうれしーい!ブログ面白いです!

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。