大迷宮レポート FCでの大迷宮への挑み方。

    第二回迷宮調査

    大迷宮バハムート。

    この迷宮は驚異的な難易度を誇り、さらに複雑な挑戦条件の為、挑戦するもの達の人間関係をことごとく破壊するという。

    うしろめたさ、嫉妬、PSの差、疎外感、職の性能差、オンラインゲームにおける負の感情が心の奥底から湧き出る仕様になっている。

    この迷宮にFC単位で触れる事は、トラブルを意味する。

    しかし、タイタンを倒しレリックを手にした者達は、この迷宮を目指す。その欲求はごく自然なものだ。

    その欲求を満たすべく、自分のFCメンバーを導いていくのがFCマスターの使命とも言えよう。

    自分はFCじょびネッツアのマスターです。

    第二回迷宮調査1

    我々じょびネッツアは、「絆ブレイカー」と呼ばれるこの大迷宮に挑み、
    「みんなで仲良く攻略する」道を選ぶ。


    おそらく、大迷宮に関する攻略記事は多数あると思う。

    そこで、当ブログでは「大迷宮に挑むFCのマスター視点」で記事を構成していこうと思います。

    ゆっくりかも知れませんが、全エオルゼアで悩むマスター達の為に大迷宮に挑む仕組み作り、スケジュール管理、進捗管理を中心に「じょびネッツアのやり方」を発信していきたいと思います。

    第二回迷宮調査2

    まず、全エオルゼアの「FC」に所属するメンバー達に知ってほしい。

    あなたが所属するFCのマスターは、あなたと同じ月額料金を払い、あなたと同じ条件でエオルゼアに立ち、誰から給料を貰うわけではなく、「無給」でマスターの役割を引き受けている事。

    マスターもいちプレイヤーである事を忘れないで下さい。

    もし、あなたが何も意見をしないのであれば、その分マスターは考えなければなりません。

    マスターの仕事は、あなたの居心地をよくする事ではありません。みんなの居心地をよくする事だと思います。

    FCはマスター一人でがんばる物ではありません。

    同じ月額を払い、みんなで作り上げていく物である事を忘れないで下さい。

    マスターでは無いFCメンバーである方はそれを踏まえてお読みいただければ幸いです。





    さて、FCじょびネッツアの現状です。

    現在、FCのメンバー数は22名。

    基本的に新生からFF14を始め、LS一撃学園でLV50まで上げた人たちが参加しています。

    第二回迷宮調査5

    企画運営をしていくにあたり、未見の物を取り扱うのは難しい。まず自分が体感し、経験することで企画の精度を上げる。

    大迷宮に挑む条件を満たしているメンバーだけで「先遣隊」を組織し、まずは自分で体感してみました。

    FC内の告知は無しで。

    第二回迷宮調査6

    結果、大迷宮の仕様と難易度は体感できましたが、その結果として「人選に漏れた人のストレス」、「他メンバーを置いていった事に対する罪悪感」が生じる事になりました。

    みんな負担をかけてごめんなさい。

    この第一回調査で得たものは、大きかった。それはドロップしたアイテム等ではなく・・・

    第二回迷宮調査7

    FCでの大迷宮への取り組みは「情報の共有」こそが必要不可欠であること。

    スケジュールの公開、結果の公開、アイテムドロップの内容、これらはフォーラムで公開していく必要性を感じる。

    「気を使った隠密行動」は、トラブルの元であり絶対に行ってはいけないという事がわかった。


    そこで るがさんの提案もあり、まずは改めてメンバー達にフォーラムを使い「大迷宮に行ってみたい人」をヒアリングしました。

    自分のPS/装備に対する自信、なんかよく解らないからいいやみたいな気持ち、今はクラフターやりたいっす!という気持ち、そもそもフォーラムを見ない人、いろいろな人がFCにはいます。

    団体での攻略の基本とも言える「意思」の確認です。

    第二回迷宮調査4

    その結果、フォーラムで返事があったのが自分含め12名。

    おっと危ない。これは聞いてよかった。全員で行くぞ!となると10名のメンバーが「えー・・・」と思う所だった。

    自分はとても大迷宮に行きたかった。だからと言ってみんな同じ気持ちではないという事を忘れないようにしよう。


    第二回迷宮調査3

    希望者12名・・・

    8名で行くと、4名あぶれる・・・。

    第二回迷宮調査8

    前回調査隊が1層のボス「蛇」と戦ったとき、その攻略上2班に分かれる所がありました。

    この時は、自分、るがさん、りりーさん、せとちゃんのレガシーチームである通称「うさぎさんちーむ」とその他4名の調査員で構成した「かめさんちーむ」に別れ、これを討伐しました。

    その班分けをそのまま利用し、今回は自分を含む「うさぎさんちーむ」はお休み、「かめさんちーむ」+「初見ちーむ」
    の8名で討伐に行って来てもらいました。

    約1名希望のロールではないアタックになりましたが、なんとかぎりぎりロール構成はできたかもしれません。

    詩人はいませんでしたが・・・。

    第二回迷宮調査10

    この時、とても力になってくれたのがテキーラさんでした。

    自ら率先してフォーラムにスケジュール合わせのスレを立て、自発的にメンバーをまとめてくれました。

    こういう自発的な行動はマスターにとってとても助かります。

    ありがとうございました。

    第二回迷宮調査11

    結果、1層の突破はなりませんでしたが、初見メンバーも大迷宮の内容、スケジュール感は掴めたと思います。

    これで、希望者12名が全員大迷宮を経験した事になる。

    今週は、「うさぎさんちーむ」+「8名のうち暇な人ちーむ」の8名で挑み、新しい考え方を導入したい。

    メンバーを随時組み替え、「FC全体で層を攻略する方法」。それと同時に攻略メンバーのFC内での追加募集。

    FCでの攻略方法共有の為のフォーラム設立。

    情報の共有を密になす事で、疎外感を払拭していければいいんだけど・・・・。

    どうだろう・・・。

    今はなんでも試してみるしかない。

    第二回迷宮調査12

    こうして・・・FCじょびネッツアによる・・・

    いろいろな意味で最大難易度を誇る大迷宮バハムートへの挑戦が始まった。


    大迷宮に眠るお宝は・・・アラガン装備ではない。

    それを乗り越えた、FCでのチームワーク、絆であると私は思いたい。


    そうつくづく思う、ミコッテのマイディーさんでした。



    つづく。

    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。