君は家へ帰る途中ドラクラを買って帰ることにした。

    ドラクラ

    新生FF14がオモチロすぎて、もう僕は中途半端なゲームをしても何も感じなくなっていた。

    色々なオンラインゲームを試しはしたけど、これといって夢中になれるものが見つからない。

    ああ・・・ゲームがしたいのだ。ゲームっぽいゲーム!しかも作りこまれた名作臭漂う上質なゲームが!!

    そして気がついたら仕事終わりに今日の晩御飯と一緒にVitaと「ドラゴンズクラウン」を買って帰ってた。

    ドラクラ1

    ドラゴンズクラウンは、7月末にアトラスから発売されたベルトロール形アクションRPGだ。

    これが今話題になっている。なぜか・・・

    それは・・・・ずるいからだ。

    ドラクラ2

    何がずるいのか・・・

    それは昨今のヘビーゲーマーの今見ている部分とはまったく違う角度から
    正々堂々とハートを鷲掴みにしたからではないだろうか?

    まったくその発想は無かったけわけではないけど、今この時代にそこを深堀しましたかー!

    やられたー!!という感じだ。

    そのクリティカルヒットぶりは、思わず僕にVitaを買わせた程だw

    ドラクラ3

    まず、ベルトロール・・・。

    いかにリアルに。いかになめらかに。いつの頃からかゲームの世界は3D表現されるようになってしまった。

    そんな時代にとことんまで2Dを突き詰めたドラクラ。

    ドラクラの世界は、肖像画の世界がそのまま動いているよう。

    そしてこの右端から次は何がやってくるのかというドキドキ感は・・・

    ドラクラ4

    子供の頃夢中になった「ゴールデンアックス」に似たドキドキを再び味あわせてくれるのだ。

    ずるい・・・今のこの時代に、その選択肢を極めようとしたのはずるいw


    ドラクラ5

    そして、随所に入るナレーション・・・・。

    これも秀逸だ。 絶体絶命のピンチであろうが、ボスをもう少しで倒せそうな緊迫した状況であろうが、

    常に淡々とナレーションが入る。朗読口調で淡々と!!

    そしてすごいと思ったのは、

    プレイヤーの行動をナレーションしているのでは無くって、
    ナレーションどおりにプレイヤーが行動しなければならないという構成!

    ドラクラ6

    スライムに囲まれれば・・・

    「スライムは火に弱い、壁の松明が役に立ちそうだ・・・。」

    とか、攻略のヒントをこのナレーションが教えてくれる。

    プレイヤーはこのナレーションからヒントを得てボスを攻略するという一風変わった目新しさ。

    ドラクラ7

    そしてこの語り口調もドラクラの大きな魅力のひとつ。

    プレイヤーは、ナレーターから「君」と呼ばれる。

    この語り口調・・・・自分の中に深く埋もれこみ、忘れ去っていた冒険を思い出させる・・・。

    ドラクラは、各所で選択肢による分岐が発生したりする。

    ドラクラ8

    そしてその選択肢の前に、ナレーションは「君」に語りかける・・・・。


    「さあ、君はどうする?」

    ドラクラ9

    ゲ・・・「ゲームブック」じゃないかっ・・・!!

    小説に選択肢が登場し、読者は自分の行動を決める。

    たとえば・・・

    君は赤と青の二つのスイッチを見つけた。

    さあ、君はどうする?

    赤いスイッチを押す・・・・39ページへ。
    青いスイッチを押す・・・・45ページへ。

    この選択肢により、読む人によって結末が変わる小説、それがゲームブックだ。

    まだ、コンピューターゲームが人の想像力を下回っていた時代、それはブームとなった。

    自分も昔夢中で読み漁り、脳内冒険に出かけたものだ。

    ドラクラ10

    そう言えば、この独特の絵もゲームブックを髣髴とさせる濃密なハイファンタジーな世界観だわ。

    いつの頃からか、日本のファンタジーには「キカイ」が登場しスチームパンクっぽく進化して行ったけど

    これこそ純正ファンタジーな世界だ。それを味わえるだけでもすばらしい世界観といえるのに・・・


    ドラクラ11

    先が見えないベルトロールアクションのおもしろさと・・・

    その世界に没入させてくれる語り口調のゲームブック・・・

    忘れかけていた、その二つの魅力を掛け合わせ蘇らせるという・・・

    その発想が出た時点で、ドラゴンズクラウンのヒットは約束されてたんだろうなあ・・・。

    これは本当におもしろい!新生までの間、やれるだけやってみよー!





    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    開発したのはヴァニラウェアって会社でアトラスは販売を行ってるだけですよ。
    ヴァニラウェアは朧村正って名作もVitaで出てるのでそちらもおすすめです!!
    いつも拝見してます。
    ドリクラ、一撃さんやしドリームクラブやろwwwって考えてました本当にすいません。
    ↑*2の方がおっしゃっているようにアトラスは開発に一切関わっていません
    ヴァニラウェア社は以前からずっとこのようなゲームを作っており今作に限ったことではありません
    はっきり言ってこういった紹介の仕方は不愉快です
    >みなさま

    お叱りありがとうございました!

    勉強不足によりご不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございませんでした!

    ゲームに対する感想は変わらない為、内容を修正させていただきました!

    以後気をつけますので今後ともよろしくお願い致します!

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。