ぼくがネトゲとよばない理由。

    僕がネトゲと言わない理由。

    今日は仕事の飲み会で帰りも遅くなったので、特にネタがありません。

    ですので、昔話をひとつ。


    インターネットに回線をつなぎ、ひとつのゲームをみんなでプレイするコンテンツ。

    当ブログでは「オンラインゲーム」という呼び名で呼称しています。

    でも実は一般的には「ネットゲーム」「ネトゲ」と呼称する人の方が多いのかもしれない。


    そうとわかってなぜ、オンラインゲームと呼称しているのか。

    ぼくがネトゲとよばない理由

    自分の中では「オンラインゲーム」と「ネットゲーム」はまったく別物なのです。

    自分の中の「ネットゲーム」というジャンルは、ずばり

    「PBM」 をさします。

    Play-By-Mail

    インターネットが普及しまくった今、そのゲームスタイルは死滅してしまった。

    自分も幼い学生だった頃、このPBMに没頭していた時期がありました。


    ぼくがネトゲとよばない理由1

    あの1年はとても楽しかったし、その後の人生を大きく変えてしまった。

    その1年があったから、今こうしてオンラインゲームのブログを書いているのかもしれない。


    その時代、私は宇宙の戦士でした。

    バトルクラックと呼ばれるエアバイクレースが盛んな惑星「バルコル」。

    バルコルに本社を置く大手軍事メーカー「フォーチュンマキシマ社」。

    フォーチュンマキシマ社の戦術技研組織「スカーレットニードル」。

    自分はそこの人型兵器DOLLに駆り、社を守る「ノーザンライツ隊」の隊長を任されていました。


    ぼくがネトゲとよばない理由2

    部下は2名。

    北海道の女の子と石川県の男の子でした。

    その世界の名は・・・「クレギオン」

    今はもう無いホビーデータという会社が行っていた「PBM」です。

    ここで少し、PBMについてお話します。


    PBMとは、もともとヨーロッパの誰かさんが遠くの友人と郵便を使ってチェスを行ったのが起源とされています。
    ネットなど無かった時代、彼らはチェスの一手一手を手紙に書き、郵便を使ってやり取りをしチェスを楽しんでいたそうです。

    でも僕たちが遊んでいた、PBMはもっと壮大なものでした。

    その流れをご紹介します。

    ぼくがネトゲとよばない理由3

    ① 参加申し込み

    まず最初にゲームが始まる数ヶ月前からゲーム雑誌等で告知がされます。

    参加希望者は、たしか15,000円くらいをゲーム会社に振り込みます。

    そうすると手元にルールブックが郵送されてきます。

    ② キャラメイク

    ルールブックをもとに、自分の分身になるキャラクターを製作します。

    製作するといっても、昨今のオンラインゲームのように容姿を決めるのではありません。

    ルールブックの世界観に乗っ取って、そのキャラクターの設定を決めるのです。

    選択肢はありません。自由に決めてよいのです。医者でもいいし、浮浪者でも軍人でもジャーナリストでも良い。

    キャラクター設定用紙に書いた文章がそのまま反映されます。

    ③ 郵送、ゲーム開始を待つ。

    自分のキャラクター設定を作ったら、その用紙を返信専用の封筒に入れ、ポストへ投函です。

    そして・・・・ゲームが開始されるのを待つのです。

    ぼくがネトゲとよばない理由4

    ④ ゲーム開始。 最初の事件が知らされる。

    ゲームが開始されると「リアクションシート」と呼ばれるものが自宅に郵便で届きます。

    郵便物の中身は、自分の作ったキャラクターが登場する小説のようなものが入っています。

    ホビーデータに在籍するゲームマスター達がプレイヤーから送られてきたキャラクター達を配置し、
    ストーリーを構築して小説化してくるのです。

    自分のキャラクターはその世界でどういう立ち位置なのか、そしてその自キャラはその世界でどう生きているのかがリアクションシートに書かれています。

    自分が最初に受け取った状況は、自分がさっきあげたスカーレットニードルの隊員である事、複数の仲間と「黄色い太陽」と呼ばれるテロ組織と対立している事が書かれていました。

    そして・・・黄色い太陽がどうやら、フォーチュンマキシマ社のイベント会場を襲撃するらしい・・・・

    というところでリアクションシートは終わっています。

    リアクションシートには、「H-24」という番号が書かれています。

    さあ・・・・行動開始です。

    ぼくがネトゲとよばない理由5

    ⑤ 情報を収集し、アクションを考える。

    H-24と言うのは、Hブランチの24種類目のリアクションシートという事です。

    Hブランチは自分のいる惑星のストーリーです。自分がいたバルコルだけでなく、
    他にもいっぱい星があり、数々の事件が起きています。

    まあそれは置いておいて、自分の惑星での出来事に集中です!

    24種類目・・・つまり他のプレイヤーが受け取っている23とか28とかのリアクションシートには、
    この事件を別の角度から見たストーリーが書かれているわけです。

    現状の情報をより多く集めるには、他のリアクションシートを手に入れねばなりません!!

    リアクションシートには近隣にいたキャラクターをプレイするプレイヤーの住所〔!〕が書かれている名簿が同封されています。

    個人情報にうるさい今では考えられないw

    で、どうするのか・・・・他のプレイヤーとリアクションシートを交換する為に・・・

    お手紙を書くのです!!!

    当時、携帯電話、メール、ネット等は世の中にありません。
    だから文房具屋でレターセットを買ってきて、紙に文章を書き、自分のリアクションシートのコピーを同封して「交換してくれ!」って片っ端から送るのです。

    文通開始です!!

    ぼくがネトゲとよばない理由6

    数日後、同じようなプレイヤーからたくさん手紙が届きます。

    その返事を書き、集まった情報を交換し合い・・・

    作戦を提案、相談、決定、この過程を全て手紙で行いアクションを決めます。

    アクションとは前回の途中で終わっているリアクション小説を受けて、自分のキャラクターがどう行動するかを文章にして運営のホビーデータに送るのです。

    そうするとそれを受けたゲームマスターがマスタリングを行い、新たなリアクションシートを発行するのです。

    以降、全12ターン。約1年をかけて一つの物語を楽しむ。

    それが「PBM」と呼ばれる遊びでした。

    ぼくがネトゲとよばない理由7

    今考えると想像を絶するような手間。

    でもその一つ一つが手書きの手紙で行うからこそ、楽しかったんだと思います。

    当時、午後3時くらいになると郵便屋さんが手紙を持ってくるんです。
    そのバイクの音を聞くとものすごくドキドキして、興奮していました。

    だから、今でも郵便屋さんのバイクの音を聞くとドキっとするんですよねw

    ぼくがネトゲとよばない理由8

    その後、自分はこの冷たい宇宙の中で饅頭屋を営む女の子と友達になりました。

    文通から始まり、オフ会で会ってご主人さんとも仲良くなり、芸人時代に入っても交流は続きいろんなサポートをしてもらったりとかなり深いお付き合いをさせていただきましたのですよね。

    よく週末は新婚ほやほやのお家に遊びに行って晩御飯とかご馳走してもらったものですw

    楽しかったな。

    ゲームというもの、ロールプレイングというものを通して、友達ができていく楽しさを知ったのは、PBMが最初だったんだと思います。

    人と人とが手紙を交換して交流が深まっていくゲーム。

    いつしか、PBMはその様子から「ネットゲーム」と呼ばれるようになっていました。

    それはインターネットなんか無かった時代のネットゲーム。

    その印象が強い為、自分は昨今のMMOやFPSを「ネットゲーム」と呼ばず「オンラインゲーム」と呼んでいるのだと思います。

    すっげーどうでもいい話でしたねww


    ぼくがネトゲとよばない理由9

    ただ、今も昔も思うのは、それが手紙であれ、オンラインであれ

    人と人とが繋がっていくゲームは最高におもしろいって事。

    オンライン大三全世界。

    そこに身を置く一人として、

    そのすばらしさを一人でも多くの人に伝えていければいいな。





    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    うわぁ、めちゃくちゃ懐かしい話してる。
    オンライン上でTRPG経験者ならぼちぼち見かけるけど、PBM経験者は滅多に見かけないのにこんなところで。

    あれは毎月1回の行動と返信とだけ聞くとずいぶんゆったりした感じですが、
    実際には返信が届いてから行動締切までの間に何度郵便でやりとり出来るかという厳しい状況でしたよねー。

    参加費も高いし、ゲームを楽しむこと自体コミュニケーション能力が要求されて難しいし、残念だけど下火になって滅ぶは必然だったのかなあ。
    ふと「蓬莱学園の冒険」を思い出した。

    友達がハマってたなーこういったの。
    そうか、これがネトゲもといプレイバイメールってやつか。
    また、この頃はテーブルトークRPGも流行ってた時代だったね。

    ただ、どっちもやったことないけど!

    成る程、何がともあれコレで一つ賢くなった。
    今後はMMOのことをオンラインゲームと呼ぶことにしよう。
    いつも楽しくブログを拝見させていただいていたのですが、親しみ深い話題を見掛けたので。

    今でもあるみたいですよ、PBM。
    PBMだけでなく、場所をweb上に移してPBW(プレイバイウェブ)と名前を変えたものもあるようです。

    時代の変化と共になくなってしまうものなのかなあ、と思っていたので、こうやって僅かでも残っているのを見かけると嬉しくなります。一度、探してみてはいかがでしょう。
    15年以上前にボトルメールをしていた頃を何故か思い出しました。
    今まで聞いたこともない内容ですごく驚いております!
    PBM、ここがちんた。さんの原点と呼べるところなのですね。素晴らしい体験を紹介して頂きありがとうございます。
    PBMというもの、初めて知りました。
    何だか本物の、ドキドキする冒険という感じですね。
    想像するだけでもわくわくします♪
    わたしもPBMで遊んでましたよ!
    同人便箋とかでやり取りした覚えがあります
    確かにあの頃は、個人情報云々はとってもゆるかったと思います
    雑誌とかでも必ず文通コーナーがありましたね
    同人誌とかも直接、作家さんの家に郵便為替を送って発送して貰う
    なんて今じゃ考えられないシステムだったのを覚えてますw
    >あんずさん

    そうそうw

    来たらすぐ返事書かないと締め切りに間に合わないんですよねw

    ってあんずさんも詳しいw

    毎回必ず後半ぐだぐだになるのも懐かしいですねw


    >ぷぃさん

    蓬莱懐かしいw
    でも、自分はアレやってなかったんですよねー。

    無論TRPGもやってましたよ!
    実家にまだ多面体あるかも?


    >しめみさん

    コメントありがとうございます!
    PBWも見たことあります!
    やったことは無いけどw

    やっぱ紙の手紙だから楽しかったんだと思うなあ。
    チャットでTRPGとかもありそうですねー!

    >neiさん

    ボトルメールw
    自分は中学の文化祭で風船に手が見つけて飛ばすイベントやりました。

    返事が着たんですよ・・・その話も・・・いつか・・・しよう・・・。


    >さむらいさん

    知らなかったですかーw
    世代の違いかなーw

    今からでは想像もつかないゲームスタイルですしねw
    復活しました!ってなっても多分やらないだろうしw


    >鴨太郎さん

    実は・・・当時・・・このPBMで彼女ができたんです!

    その話も書こうと思ったんですが、書き出すとすごい長文になるのでカットしましたw

    いつか別で書こうかなw


    >ルセさん

    おおお!
    同人便箋とか懐かしいwww
    自分でも作ってたなあ・・・w

    当時は住所公開とか全然気にしてなかったけど
    今は絶対出来ませんよねww

    これも時代の移り変わりかな・・・



    なんとなく書いた記事だったのに、
    結構反響があってびっくりでしたw

    また機会があったらPBMの事書いてみよう。




    これは懐かしい…
    初めましてー。FF14のブログから入りましたがPBMの話が出るとはw
    ホビーデータのゲームは、光剣救主ライトセイバーズから、プレイ期間中に
    会社がなくなってしまったデモンスリンガー2まで参加しておりました。
    かなり後発のプレイヤーです。

    アクションを書く時に重要な要素は、なんでしたっけ…
    動機、目的、行動、でしたでしょうか。
    動機ばかりが先走り、なかなか上手に具体的な行動を捻り出せず、
    何度も悔しい思いをしました。
    文通での情報交換とか、もっとしておけばよかったなぁ。

    特に懇意にしていた北国の友人は、PBMを離れてオンラインゲーム…
    FF11を楽しむようになり、当時はその波に乗れなかった僕は
    少しさびしい思いをしました。

    彼は今、FF14をやっているのか。
    それともゲームから離れて、いい大人になってしまったのか。
    僕もPBMやってました。
    リアクションが来てから必死であちこち連絡して、作戦考えて、投函までギリギリ一杯でした~
    懐かしいなぁ

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。