ジャケ買い戦記03

    ジャケ買い戦記03

    1年以上間が空きました!ジャケ買い戦記!!

    このコーナーは私が本屋さんでなんの予備知識もなく、表紙だけのインパクトで漫画を買い、その感想をアップするだけのコーナーです。

    たまにはゲームを離れてみよう的なw

    今回ご紹介するのは、ここ最近の大当たりマンガを2冊!

    今回はちょっと濃いめにご紹介したいコッテリとした2冊です。

    1冊目

    ハイスコアガール

    ハイスコアガール

    表紙の感想

    まあSSは3巻の表紙ですが、1巻も似たような構図。作者は押切蓮介。押切どくとくのキャラクターですね。
    タイトルロゴからゲーム漫画と想像がつく。過去にも押切は「ピコピコ少年」というゲーム漫画を書いていて、それも読んでみたが、特にひっかかるものは無かった。購入を後押ししたのは帯。「このマンガがすごい!オトコ編2位」なるほど。。。何かあるな・・・と思い購入。

    内容

    1991年が舞台。主人公のハルオは6年生。勉強も運動もダメな子でゲームだけが取り柄。
    得意なゲームは「ストⅡ」、使用キャラはガイル。ゲーセンはハルオの聖域、ある日その聖域に、
    同じクラスの大野を見かける。大野は勉強も運動も優秀なお嬢様。
    その大野がストⅡの対戦台に座っている。

    なんでそんな大野がゲーセンにいるんだ?と画面を覗き込むと・・・

    え?使用キャラは・・・ザンギエフ・・!?

    ハイスコアガール1

    感想

    電車の中で泣きました。ボロボロと。

    ふつうのあるあるギャグマンガかと思って読み始めたら・・・痛い部分をグリグリと突く恋愛ものなんだもん。
    ストⅡという引き込みから、小学生が持つ恋愛を恋愛と気づかない独特の甘酸っぱいエピソードをかなり計算して入れてきている。

    ストⅡ等の懐かしいゲームの解説や、熱いほどのPCエンジン推し等ゲームマニアはクスクスと笑ってしまうようなノスタルジックなストーリーを読ませてくれると思いきや、友情か恋愛かわからない感情の動きが見事にエピソードに絡んでくる。

    1巻のラストは、まあ恋愛ものではよくあるシーン。そのシーンに至るまでのフラグの立て方もありきたり。

    だけど・・・それがいい!!

    これは在り来りな恋愛マンガをハルオが演じている漫画ではない。

    ハルオの日常に在り来りな恋愛マンガのような事が起こったのだ。

    それぐらい感情移入してしまったw

    ハイスコアガール2

    とにかく魅力的なのが、ヒロインの大野さん

    ホラー漫画家の押切が一生懸命可愛く描いたのがこれですw
    ええwって思うかもしれません。でも・・・すごくかわいいんですよ!

    一言もセリフをしゃべらない大野さん。でも喋らないからこそ一つ一つの動作に注目してしまう読者。

    そしてそんな大野さんの事を最初は大嫌いだったが、徐々にゲームを通し友情とも愛情ともつかない感情がでてくるハルオ。

    二人共めっさかわいいです。

    ハイスコアガール3

    1巻の完成度は異常

    物語への引き込み、読者の感情の導線の持って行き方、ラストへのストーリーの収束、どれをとっても美しい。

    そして絵も独特の個性がありながら、この絵でないと成り立たない全体のバランス。

    まあとにかく読んでみて!!

    2巻以降も出ていますが、読むかどうか悩んでます。

    ハルオは中学生になり・・・という続きらしいけど、あまりに1巻が綺麗に終わっているので続きはいらないとか思ってしまったり、その後が気になったり・・・う~ん。


    買ったけどねw

    → 立ち読みはこちら ←






    2冊目

    サンダーボルト

    機動戦士ガンダムサンダーボルト

    表紙の感想

    ガンダムです。プラモデルの箱絵のようなガンダムです。

    しかし・・・作者が 太田垣康男です。

    持論では「ガンダム漫画に当たり無し」(オリジンを除く)というのがあるので、どうかと思ったんですが。

    それ以上に太田垣の書くガンダムを読んでみたいという衝動に駆られ購入。

    内容

    サンダーボルト宙域という所で、戦う連邦兵とジオン兵のお話。

    連邦兵はジャズが好きなエリート。ジオン兵は流行歌が好きな義足のスナイパー。
    同じサンダーボルト宙域に流れるラジオの海賊放送を聴きながら戦う。


    サンダーボルト1

    感想

    やっぱり泥臭いお話が良い太田垣戦争漫画。

    実は太田垣康男が書くフロントミッションの漫画が大好きです。
    このセリフのあとに付けるハートマークが太田垣漫画っぽい。

    古い。どこか古いセンス。でも内容はハードで読み応えたっぷり。

    太田垣の独特の解釈によるフルアーマーガンダムとスキウレの戦い。
    まず題材のセレクトが渋い。

    太田垣はガンダムの事ちゃんとわかってんのか?とか思ってすいませんでした。
    すごくわかっておられましたw

    サンダーボルト2

    うーんどこかで・・・どこかで見たことのある雰囲気だなあと色々考えてみたら・・・

    松本零士の戦争漫画に雰囲気が似ている事に気づいた。

    戦争という大きな対局の中で揺れ動く個と個の戦いにスポットを当てる。

    その二人を深堀して深堀してストーリーを作っていく。

    ガンダムの漫画のようで別にガンダムで無くてもいいお話。

    でも、しっかりと設定を生かしているからこれはれっきとしたガンダム漫画なのだと感じる。

    サンダーボルト3

    1コマ1コマの演出から見て取れる太田垣のリアル。

    もはや30年以上の時を重ねたガンダムにリアル表現の手法は出し尽くされたと思っていたが、
    太田垣の考える宇宙世紀は、新しいリアルを生んでいる。

    コクピット内のモニター表示一つをとっても、納得の行く出来。
    このSSのジムの肩関節などは、今までにない表現方法だ。

    そして圧倒的な画力。男臭いストーリー。

    萌キャラ?そんなものいらない。

    サンダーボルト4

    ガンダム漫画に当たり無し

    その最大の理由は、作者の思い入れにある。ことガンダムの事になるとみんなの考えるかっこいいガンダムが先行しすぎて、何かを見失った漫画が多い。ガンダムという大きな題材に振り回されてる感が見て取れるので読んでて辛い物が多い。

    そんな中、サンダーボルトは画力、ストーリー共に太田垣独特のものを感じる。

    機動戦士ガンダムサンダーボルトは

    太田垣>ガンダム なのだ。

    現在1巻が発売中!2巻が楽しみだけど・・・・出る間隔長そう・・・・

    → 立ち読みはこちら ←


    というわけで、今回はゲームとガンダム!どちらも好きな題材でしたw


    関連記事
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメント

    サンダーボルトは確か雑誌で1話だけ見た気がします。
    なんか男臭いなぁと思った記憶がw
    面白そうだったけど普段読む雑誌じゃなかったのでそのまま放置でしたけど
    ライバルがスキウレ付きザクだったのかぁw

    コメントの投稿

    非公開コメント


    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。