FC2ブログ

    デモンエクスマキナ戦記 俺の両目がどっかいった。

    俺の目がどっかいった

    どうした?そんなに俺の目が珍しいか・・・・?

    まあちょっとした事故にあってな・・・今では機械の目さ・・・。

    そんなに怖がらないでくれよ・・・・。

    俺の目1


    でもよ・・・今ではこんな目になっちまった事、ちったあは良かったと思ってるんだぜ?

    ああそうさ・・・生まれたまんまの目ん玉じゃあ・・・地獄を見るのは辛すぎる。


    俺の目2

    というわけでー!!待ってたぜーっ!!

    ずっとやりたかったけど・・・スイッチかあ・・・と思って悩んでいた・・・

    デモンエクスマキナのPC版がスチームで発売開始!

    そんなのすぐ買う!すぐやる!!

    俺の目3

    ロボ好きの僕が、数時間やってみた感想を書かせて頂くとするならば・・・

    「最高か!」・・・と。

    世界観、ロボ、どれをとっても、そうそう!こういうロボゲーがやりたかった!!という、まだ数時間しかやっていないのに、もう僕のハートをアルティメットパーフェクトイーグルキャッチ!!究極完全鷲摑み状態です。

    今日はこのデモンエクスマキナを数時間しかやっていない僕が、その数時間で得られた好きをぶちまけていきたいと思います、レディゴー。

    俺の目4

    ありがとうございますのキャラクリエイト!!

    まずロボゲーはロボを動かすことがメインになるので、キャラクリできるロボゲーはほっとんど無い!
    まああったとしても、アイコン的な存在の自キャラをぺたぺたと作る感じのもの位ですよね。

    しかし、デモンエクスマキナはきっちりと、MMOのキャラクリレベルで作り込める。

    俺の目5

    キャラクターを自由に作れるという事は、プレイヤーが遊んできたゲームの歴史を引き継ぐ意味合いもあると思うので、これだけでかなり好印象になってしまう。

    そしてさらに・・・!!

    俺の目がどっかいった22

    作ったキャラクターで整備ハンガーを自由に歩き回れる!!

    俺の目6

    自分が乗るロボット、アーセナルをアバターを通して目視確認できる!

    これがもうしびれちゃう!!ロボゲーにおいてカスタマイズやミッションの受注は、正直テキストのUIだけで事足りる。

    でも、こうやって自分で作ったキャラクターで歩き回って作業している感じが楽しめるのは、最高に贅沢でロボットのいる世界に生きている感覚を味わえる!

    俺の目7

    整備班の近くに行ってみなさいよあーた!

    そしたら、「どんな戦闘すればこんなに痛められるんだよ・・・・」みたいに愚痴られるんですよ!?

    あははははあああんって変な声が出た。すいません、こんなセリフをずっと言われたい人生だったので・・・・w

    しかもハンガーには義足の犬までウロウロしている!! きっとこのハンガーのマスコット的存在なんだなと思わせられる!
    なんというパーフェクトなロボSF感!!

    そして肝心かなめのロボ要素は・・・!!

    俺の目がどっかいった223

    ロボの脚がまっすぐだ!!

    これぞ国産のロボゲー!って感じ!国産のオリジナルロボットゲームはあんまり出てくれないので、しゃーなしに海外のロボゲーで遊んだ時に味わう鳥脚のロボットのコレジャナイ感。そんなものとはもうおさらばだ!

    ヒロイック過ぎず、兵器過ぎず・・・ これぞジャパニーズリアルロボット!

    パーツはもちろん、カラーリングやデカールまで貼れるう!

    俺の目8

    戦闘は、ブースト消費無しで自由に空を飛べて、地上ではローラーダッシュ的移動!

    その上でブーストもあり、リアルタイムで武器を切り替えつつ、フェムトと呼ばれる強化エネルギーを、移動、防御、攻撃どれに回すかを瞬時に判断しつつ戦う。両手の10本の指をすべて使って戦っている操作感。簡単ではないけど、そこまで難しくない。
    ほぼ全てのボタンを使って操作するので、ロボットを操っている感がたまらない!

    な お か つ!!

    俺の目がどっかいった224

    戦闘中に乗り降り可能!!

    ロボットをただ動かすだけのゲーム、それは人を動かしているのと体験的にはそう大差がない。
    ロボがロボであるためには、人間と対比する表現があってこそロボゲーなのだといつも思ってた。

    ロボットを動かすゲームではなく、ロボットに乗るゲーム!

    それがここにある!!

    俺の目がどっかいった225

    降りた状態でも生身での戦闘が可能で、ミッションによっては生身で挑むものあるそうな・・・。
    こういう絵が撮れる3Dロボゲーをずっと待ってた。愛してる。

    かっこいいろぼげー1

    戦闘を有利に進めるための、スキルは人体改造を行う事で習得!

    へー・・・SF的でかっこいいじゃない。いいよいいよ!やっちゃってー!






    しかし・・・・


    その安易な判断が・・・恐ろしい結果を生む。






    目があ

    目・・・・目が・・・目がああああっ!!

    目が機械化されてしまった・・・・。僕の両目はどこへいった・・・・。

    かっこいいろぼげー2

    人間の目に戻すには、20,000c必要・・・・よ・・・容赦なし!!

    強くなるために、強化を行うと強くなる代わりに、キャラクリエイトで丹精込めて作った自分のキャラクターが人間でなくなっていく。

    これが最初から用意されているキャラクターだったら、特に何も感じないかもしれないけど、自分が作ったキャラクターが崩れていき、少しずつ人でなくなっていくという衝撃・・・・。

    スキルを使わず、生身のままプレイヤースキルをあげて戦っていくか・・・。
    生身の身体を捨てて、どんどん強化して機械の鬼になっていくか・・・。

    そんなハードSF的なジレンマをストーリーやセリフではなく、システムで味わっていく・・・・。

    ゲームシステムと、世界観が見事に融合してなんとも言えない気持ちになっていく・・・。


    そう・・・・


    こういうのが・・・・


    こういうのがっ!!


    目があs

    こういうゲームがしたかった!!!

    PC版が出てくれたほんと嬉しいい!!

    ずっとロボが好きで、理想のロボゲーを求めて旅をしてきましたが・・・

    僕の望んできたもののほぼほぼ全てが入ってるゲームデモンエクスマキナ。

    まだ5つくらいしかミッションやってないけど・・・はやくも続編を待ち望み始めているw

    これにフォトモードやサンドボックス的要素が加われば、一生遊ぶゲームになりそう。



    つづく!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    ©BANDAI NAMCO Online Inc. ©BANDAI NAMCO Studios Inc.

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。