FC2ブログ

    新生した頃。

    新生したころ

    こんにちは!バタバタしててログインできず、ログインできないから記事のネタが無い負のスパイラルが続くマイディーです!

    旧時代を思い出す記事もたくさん書いてきましたが、「新生したころはどんな感じだったのかを知りたい」というおたよりもいくつかいただきましたので、今日はそのあたりを振り返ってみましょうか。

    新生したころ1

    ■ 2012年11月11日、エオルゼアにダラガブが落ちる。

    後に語られるカルテノーの戦いという旧時代最後のイベントがあった日ですね。この日で一応旧FFXIVは終了となったのですが、運営さんのご厚意でギリギリまでサーバーはあけておくね!という嬉しいサプライズがありました。サーバーが開いているのですが、セーブデータは残らないので、割とめちゃくちゃな感じでしたねw 宿屋で目が覚めてベッドを調べると当時最強の武器だったレリックが1つ置いてあって使ってもいいっていうw 12月の終盤くらいまで開いてましたっけ?

    新生したころ2

    ■ 守秘義務。

    この頃、エオルゼアでよく話題になってた言葉がこの「守秘義務」。この頃、旧時代のプレイヤーを対象に新生FFXIVのαテストが行われていたんですね。この時期が僕の長いFFXIVライフの中で一番苦しかった時代。というのも、αテストは抽選で当選した人しか参加する事ができず、テストに参加した人もその内容については、テストに参加する守秘義務によりSSを発表する事も話す事もできない。当選者の発表は段階を追って発表されていくので、参加してる人と参加してない人の間に大きな溝ができてましたねw いいなー・・・って感じでw 僕は初回落ちたので、その夜は悔しくて眠れませんでしたw

    新生したころ3

    ■ 新生エオルゼアαテスト。

    やっと参加できた新生エオルゼアαテスト。嬉しかったですねー。
    この頃のSSもたくさん残ってるのですが、守秘義務により公開不可。

    何より、フィールドでジャンプできるのが新鮮だった!!

    旧時代はジャンプ無かったですしねw

    そんな期間限定のαテストにさんかしながら、新生を心待ちにする日々が半年近く続いた。

    新生したころ4

    ■ 新生エオルゼアβテスト。

    エオルゼアにダラガブが落ちて、約7ヶ月が経過。βテストもフェーズ3まで進み、SSの公開が可能となった。
    旧時代のキャラクターもコンバートされ、いよいよサービス開始も近い!とワクワクしていた時代ですね。

    新生したころ5

    ■ 新生に引き継がれた、旧時代のマイディー。

    まだテストなので、あくまで見た目の引継ぎのみでしたが、感動の再会でしたねw 
    最初の印象は・・・・「なんか違う!?」 でしたw 目の色は薄くなり、メッシュが濃くなってるように感じたんですよね。
    旧時代は全体的に淡い色合いな感じでしたが、新生してグラフィックがパキっとしたのでそう感じたのだと思います。
    新生して新たに胸部の大きさが変更できるようになったので、大きくしたり小さくしたりする人も多かったw
    僕は、「なんでダラガブが落ちたらおっぱいが大きなるねん!」っていう信念のもと、全て旧時代のままスタートしましたw

    新生したころ6

    ■ き・・・君は!?

    これは、旧時代、いきなり実装された謎のサブクエストに登場した特別モデルのララフェルが、実は重要なキャラだった!と知った時のSSですね。ナナモ様・・・。

    新生したころ7

    ■ レガシーは隔離しろ。

    世の中にはひどい人もいるもので、新生から始める一部プレイヤーから「旧時代からいるレガシープレイヤーは隔離しろ」という訴える人もいた。ひどい話ですよねw 2年もこの世界で遊んでるのに、新しく来る人達に迫害されるってw まあ気持ち、わからなくもないですけどね・・・。 旧時代のFFXIVは特別な人だけしかできないのではなく、誰でもできたのになあ。

    新生したころ8

    ■ 新生前夜。

    いよいよβテストもフェーズ4に突入し、ものすごい数の人がログインが予想される。
    今回のβテストフェーズ4はオープンβで誰でも参加できるうえに、そのデータは製品版に引き継がれる。
    アーリーのアーリーみたいな感じですねw レガシープレイヤーは旧時代の荷物なども今回から引き継げるようになった。

    新生したころ22

    僕はログイン戦争に運よく勝つことができ、一目散に遺失物管理人の所へダッシュ。
    早速AFに着替え、モンクになった。

    新生したころ9

    モンクなのに、モンクになる謎ストーリー。いや、いいです。もう持ってるので。

    緊急メンテ中に思ふ3

    ■ そして始まる、アーリーアクセス。

    あの時の熱気は、忘れられない。レガシーも新生から始めた人もものすごい勢いで、エオルゼアを駆け回る3日間。
    僕も一睡もせずものすごい勢いで遊びましたね。

    想像して見て下さい。新生したエオルゼアという大興奮。
    それは、蒼天や紅蓮、漆黒とは違う、まるっと新しくなりましたという世界。

    今遊んでるFFXIVが、半年間ちょっとストップしてプレイできなくなり、全く新しくなって解放されるみたいなものですから、その熱気はすさまじかったですよねw アーリー開始から、22時間が経過したころ、緊急メンテナンスが入った。これが無かったら僕も倒れるまでプレイ続けてただろうなあw

    ログイン戦争と1

    ■ そして始まる「ログイン戦争」と「FFXIV禁断症状」。

    今ではログイン戦争と言っても、長くて5分とか10分とかかわいいものですが、新生したての頃のログイン戦争は桁が違った。
    仕事が終わって帰宅して、ログインしようとすると、2時間~3時間待ちはざら。結局今日はログインできなかったという日もあったくらいですね。めちゃめちゃおもしろいのにログインできないという状況で、ログイン待ちの人がツイッターで「禁断症状」が出てきたとか言い始めたりもしましたねw FFXIV禁断症状と言う言葉が流行ったりもしましたw

    しかし、理由は仕方ないとしても、月額課金なのにログインできないというのは問題でしたねw

    それらも今となってはかなり改善されて、快適になりましたよね。

    入学式3

    そんなログイン戦争も1ヶ月ほどでおさまりみんな楽しく遊べるようになってきた。

    新生から始める人も多く、僕はそんな初心者さんを支援するLSを作って頑張ってましたね。

    あれだけ叩かれたFFXIV。そんな時代の僕のブログを見て新生からFFXIVを始めてくれた人達。
    そんな人たちを集めて作ったのが、LS一撃学園であり、そのメンバー達で作られたFCが、じょびネッツア。
    おかっぱのあるちゃんもなつかしいw

    新生したころのFFXIVを取り巻く環境はこんな感じでした。
    ※あくまで僕の記憶を基に書いているので多少のズレ等はあるかもですが・・・。

    そしてこの後・・・エオルゼアは「大ギスギス時代」を迎えるわけですが・・・それはまたいつかw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。