FC2ブログ

    旧時代、吉田P/Dが来てからどう変わったのか?

    どうかわったのか

    吉田P/Dが就任してからどんな風に変わりましたか?

    たくさんの旧時代の質問をいただく中で、これがなかなかおもしろそうなので今日はそのあたりをお話をしようと思います!

    2010年の12月、吉田P/Dがやってきた。当時のみんなの印象は・・・「誰?」っていう感じw

    ほんと当時誰もわからなかった。僕の周りでは「エロゲーを作ってた人」っていう噂がマジで流れていましたw

    それよりも何よりも、このままサービスが終わるかも・・・って囁かれていた時期だったので、新体制で・・・という話にわずかな希望を感じましたね。どこの吉田さんかはわからないけどよろしくお願いします!って感じでした。

    その後、吉田P/Dから「プロデューサーレター」というものが当時のロードストーンにアップされた。
    たしか自分の記憶では、その書き出しが「誰やねんって思ってるかもしれませんが、吉Pって呼んでね」っていう内容だったように思うw 違ったらすいませんw

    え?この人大丈夫かな?って思いましたが、その先に書かれている内容がとてもわかり易く、今の現状にまったくめげてない姿勢だったので「お?」と思ったのはたしかですね。

    旧時代のNPCたち14

    これはいけるのでは?って思ったのは最初のPLLを見たときでした。

    ツイッター等でリアルタイムに寄せられる質問に対して吉田P/Dが答えるというコーナー。
    感動したのは、あらゆる方面の質問に対して全てシンキングタイム無しの即答で答える姿。

    例えば、店の店長が突然いなくなって、はい、今日からあなたが店長です!って言われたとします。

    わずか数ヶ月でどの商品がどこにあり、それをどういう経緯でどこから仕入れて、今後それをどう販売していくかなんてのを全商品分答えてるようなもので・・・。しかも即答で・・・。

    それを生放送で見せられて、単純に社会人としてすごいなって思いましたねw

    で、吉田P/Dが来てからどのようにゲーム内が変わっていったのか?

    当時のプレイヤーとして一番をそれを感じる事ができたのが、ストーリーでした。

    旧時代のNPCたち1

    その変化を語る前に、旧FFXIVのメインストーリーの仕組みから語りたいと思います。

    まず、これが今と全然違う。

    今のメインストーリーは、それを追っていくと経験値が入り、話を追いながらレベリングもできるというありがたいものですが、旧時代はそうではなかったのです。

    まずメインストーリーと呼ばれる(考えられる)ものが2つあったと考えてください。

    ① メインクエスト 

    旧FF14スタート時からあったクエスト。 一定のレベルに達すれば受ける事ができるクエスト。
    おなじみのミンフィリアやヤ・シュトラたちも出演するストーリー。

    ② グランドカンパニークエスト

    吉田P/D就任後、新体制になってからスタートしたクエスト。グランドカンパニーに所属してからスタートする。
    最終的には、ダラガブが落ちて、新生につながっていく。

    旧時代のNPCたち2

    まず①のメインクエスト。

    これが難儀でした。まず旧FFXIVスタート時の思想として確実に間違いになったであろう思想がひとつありました。

    それが・・・「【ファイター】と【ギャザクラ】どちらでも生きていける」というもの。

    具体的にどういう事かと申しますと、【ギャザクラ】でもメインクエストを進める事ができたということ。

    裁縫師なら裁縫が得意なので、戦闘力はゼロに近い。
    それなのに、【ファイター】と同じメインクエストを進める事ができる。

    もちろん、メインストーリーはエオルゼアに帝国が侵攻してきた!戦わねば!!というストーリーです。

    旧時代のNPCたち3

    ここで、【ファイター】で進める展開と、【ギャザクラ】で進める展開が違えば良かったのですが。

    これを同じものにしてしまったわけですね。これで何かおかしなことになってしまった。

    Lv35の格闘士が帝国兵を倒すストーリー!【わかる】
    Lv35の裁縫士が帝国兵を倒すストーリー!【わからん】

    なぜ裁縫士は洋服を作る人なのに、Lv35の格闘士と同じ強さなのか・・・って事ですね。
    でも、平等に同じストーリーを見せたい。

    そういう経緯があったからか・・・・

    旧時代のNPCたち4

    旧メインクエストのクライマックス!帝国との決戦だ!!

    旧時代のNPCたち5

    かっこよくガイウスの弾を避けるパパリモ!

    旧時代のNPCたち6

    イダさんも鍛えた格闘術で立ち向かう!!

    旧時代のNPCたち7

    サンクレッドもかっこよく回転しながら飛び!ナイフを投げる!!

    旧時代のNPCたち8

    ヤ・シュトラはいつものアレ!伝統と安心のバリア!

    旧時代のNPCたち9

    そうなんですよ・・・いくらファイター職をLv50まで上げていても・・・・

    【ギャザクラ】だけしかあげてない人いるから・・・プレイヤーが戦ったらおかしい。

    旧時代のNPCたち10

    なので、いつも目の前でおこる出来事を見てるだけなんですね。

    なので、クライマックスに至るまでのメインクエストの内容も、「探せ」や「逃げ切れ」という内容のものばかり。

    交渉10

    仮に戦闘になったとしても、【ギャザクラ】の人は「交渉」っていう謎のパズルゲームで戦ったりする。
    食べ物の話題・・・・連鎖!22点!

    旧時代のNPCたち11

    先日もお話したように、娯楽は「リーヴ」だけ。 
    FATEもメインストーリーでもらえる経験値もないので、経験値効率の良いモブをひたすら狩ってレベリング。

    今の人にわかりやすく言うならば、FATE無しのエウレカみたいなものです。
    なので、Lv50になるまでに、毎日やって数ヶ月くらいはかかった。

    そこで、やっとたどり着いた最後のメインクエストでも、かっこいいNPCの戦いを見ているだけ。
    挙句の果てに、ヤ・シュトラに「自分の力を知りもしないで、何が救えると言うの?」って怒られる。


    たしかに、【ギャザクラ】だけで生きていても、【ファイター】の人と平等に楽しめるという思想は素晴らしい。
    それが旧FFXIVのひとつの売りであったかもしれない・・・・。

    でも、その弊害としてFFXIVのメインストーリーは「戦わない」ストーリーになってしまう。

    最終的にこのあたりが煮詰められずに、リリースと相成ってしまったんでしょうね・・・。このあたりは僕の推測ですけどねw

    これを踏まえて・・・吉田P/Dがどう舵を取ったか。

    旧時代のNPCたち12

    今でも忘れない・・・PLLでのあの言葉・・・

    「たたかってください。」

    ファイター職どれでもいいので、Lv22まで上げてください。やっぱり世界の危機なので・・・戦ってもらわないと・・・。

    たしかに【ギャザクラ】だけがやりたくてFFXIVやってる勢もいた。それも売りのひとつだったから仕方ない。
    そこから非難される事もわかりつつ、断腸の思いで舵を切ったんでしょうねー。

    当時のあの空気の中、これを放送で言うのは さぞキツかった事だろうと思いますw

    熱くなるグラカンクエ4

    そして②のグランドカンパニークエストがスタートした。

    帝国の侵略に愛するエオルゼアを守るためにコブシで対抗していくストーリー。

    これを受けるには、ギャザクラでは受けられず、一定のファイター職のレベルが必要だった。



    このカットシーンは本当に驚いたw

    逃げていく人たちとは逆に、敵に向かっていく冒険者。

    初めて見たとき、「え!?行くの!!?」って思ってパッドをぎゅっと握りましたねw

    これは、FFXIVをもう一度立て直そうとした吉田P/Dをはじめとするスタッフの皆さんの決意。
    そして、友達も辞めてしまったFFXIVに残り続けたプレイヤー達の気持ち。

    そういったものを象徴したシーンだったように思えますね。
    今思うと「新生」はここから始まってたんですね。

    旧時代のNPCたち13

    ファイターとギャザクラどちらでもメインストーリーを進める事ができるというのは、たしかに面白いと思います。
    でもそれがファイナルファンタジーなのか?と聞かれるとう~ん・・・ってなってしまう。

    FF1~13の主人公はみんな戦っていましたからね。

    魅力的な種族や美しいグラフィック・・・そういう要素を持ちながらどこかFFっぽくないXIV。

    その後、吉田P/Dは「チョコボ」、「飛空艇」、「ジョブ」、「シド」といったFFの記号がどんどんと埋め込んでいった。

    誰も見た事が無い新しい「ファイナルファンタジー」から、
    みんなが知ってる「ファイナルファンタジー」に変わっていく。


    吉田P/Dが就任して、僕が一番感じた変化はこのあたりですねー・・・。

    たしかに無くなってしまって悲しいものもたくさんある。
    旧時代の方が良かったかもと思う部分も無いといえばうそになる。

    でもあの時のあの決断が無かったら、僕らは今頃ゼノスに食べ物の話題で交渉してたのかもしれない・・・・。
    今考えるとそれはそれで楽しそうではありますけどねw

    新生になり、たくさんの光の戦士が増えた今、これで良かったのだなと僕は思います。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。