FC2ブログ

    おとこがわ

    おとこがわ

    僕はショーター。

    荒廃してしまったアレフガルドの住人だ。

    僕がメルキドの町にやってきたのは最近のことだ。

    魔物たちの進軍で全てを失った僕は、荒野を彷徨い・・・光の柱に導かれてこの町にやってきた。

    ドラクエビルダーズ1232

    とにかくこの町はすごいんですよ!!

    もうこの世界に人が安心して暮らせる場所なんて無いと思ってたのに・・・!!

    なんでもこの町を作ったのは・・・そう!あの伝説の存在!!ビルダーさんなんですよっ!!

    ドラクエビルダーズ1233

    まず町の四方を囲む高い壁!!

    なんでもビルダーさんがウォーキングデッド?とかいう書物を参考にして作ったらしいです!
    なんとこれ石垣で出来ているので、この辺の魔物では破壊できないんですよ!

    まさに城塞都市メルキドの復活ですよね!

    ドラクエビルダーズ1234

    町の中はまだまだ発展途上だけど、施設も充実してるんです!

    町の中心に掲げられているのが「希望のはた」!!

    なんかこの旗を見てると不思議と力がみなぎってくるんですよね!

    ドラクエビルダーズ1236

    食堂も充実していて食料も豊富!

    収納箱には食料がいっぱい入ってて自由に食べていいんですよ!

    ドラクエビルダーズ1238

    飾りつけもおしゃれだし、今のご時勢こんなに贅沢していいんだろうか?って思っちゃうw

    ドラクエビルダーズ1235

    床の柄もビルダーさんが作ったんですよ!

    こういうところに拘るの大事ですもんねっ!!

    あとあと!

    ドラクエビルダーズ1239

    2Fに上がるときれいな石造りの個室があって!

    ドラクエビルダーズ12310

    女性部屋らしいんですけど、ここも豪華な絨毯が敷いてあって素敵!
    でも、ベッドはなんで藁なんだろう?こだわりかな?

    男性部屋はこれから作るらしい!楽しみだな!

    そして一番驚いたのが・・・!!

    ドラクエビルダーズ12311

    万全のセキュリティ!!

    魔物が壁を壊そうとすると、ダメージを受ける仕組みになっているらしくて、直接戦わなくても魔物を倒せるんです!

    さらに・・・!!

    ドラクエビルダーズ12312

    魔物がが壁に迫ると音声で教えてくれるんですよ!!

    すごくないですかこれっ!?w どういう技術を使ってるのかさっぱりわからないけどすごいw

    壁の中は安全なので、この音声が鳴ったらゆっくり避難!

    これは安心だーw

    ドラクエビルダーズ12313

    そ・し・てっ!!

    この町のマドンナ!ピリンさんっ!!

    とってもかわいくて優しいんですよっw

    ドラクエビルダーズ12314

    ボロボロの服でやってきた俺に・・・

    ドラクエビルダーズ12315

    こんなおしゃれな洋服作ってくれてさ!料理もうまいし気立ても良いし!

    最高なんだよね!!

    ドラクエビルダーズ12316

    俺若いし!ちょっと小麦色に焼けたいい男だし!

    ひょっとしたら俺にもワンチャンあるかもーっ!!

    なんつってwww







    ドラクエビルダーズ12317











    ドラクエビルダーズ12318

    「いてててて・・・・あれ?ここは?」

    「兄ちゃん気がついたかい?」

    「土壁が迫ってきて・・・気がついたらここに・・・」

    「ははは・・・・」

    ドラクエビルダーズ123120

    「ようこそ・・・おとこがわ に・・・」

    「おとこがわ!?」

    ドラクエビルダーズ123121

    「そう・・・ここはメルキドの町の外の堀の中・・・・通称 おとこがわ さ」

    「堀?? なんでそんなとこに・・!?」

    「ここに入ったが最後・・・もう壁の中には入れねえぜ」

    「ビルダーさんに言って中に入れてもらいましょうよ!」

    「馬鹿言うな・・・お前も見ただろう、あの土壁・・・」

    ドラクエビルダーズ123122

    俺達も昔は壁の中で自由に暮らしていた・・・だがある日・・・脱出不能の小道に迷い込んじまった・・・。

    俺達は戻ろうとするが・・・一歩進めば土壁が後ろに壁が作られ戻れない・・・。

    そうやってねずみのように追い込まれ追い込まれ・・・堀に落とされる・・・。

    堀に落ちたら最後・・・もう壁の中には戻れない・・・。

    ドラクエビルダーズ123123

    最初は竜王の魔法か何かかと思っていた・・・だが・・・俺は見たんだ・・・。

    ドラクエビルダーズ123124

    無表情で土壁を積んでくる・・・やつの姿を・・・。


    恐ろしい・・・あいつのいる壁の中に戻るくらいなら・・・おとこがわにいるほうがマシだ。


    ドラクエビルダーズ123125

    「そんな・・・俺達がいったい何を・・・」

    「つべこべ言うな・・・もうすぐ夜だ・・・仕事の時間だぞ・・・」

    「仕事!?」

    「夜になると、魔物が堀の中に落ちてくるからな・・・逃げ回りながら叫ぶんだ・・・」

    ドラクエビルダーズ123126

    城塞都市・・・メルキド。

    ドラクエビルダーズ123127

    四方を壁に囲まれたこの都市には・・・

    「おとこがわ」という全自動防衛システムがあり、その鉄壁の守りにより住民達は安心して暮らしているという。

    超古代技術の流用か・・・はたまた超魔法の産物か・・・その仕組みは未だに明らかにされていない。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。