マイオーディション アイドルになる為にすべきこと。

    アイドルになる為にするべきこと

    憧れる職業を語る子供達ってかわいいですよねっ!

    なんにだってなれる可能性がある子供達から出てくる発想は、新鮮でかわいい。
    それになれるかどうか、とかその業界がどうなのかとかまったく関係ない・・・純粋な憧れ・・・。

    僕が子供の頃、なりたかった職業は「喫茶店のマスター」だったなあ・・・

    おじいさんみたいな髭を生やして、エプロンして、ジャズなんかをお客さんに聴かせながら美味しいコーヒーを淹れる。
    店には色んなお客さんがやってくる。

    「マスター・・・プエルトリコ土産のコーヒーを淹れてくれ」
    「うちにそんなもんはねえよ・・・それはうまいのか?」
    「いや・・・地獄で飲んだ泥水と同じ味だ・・・」

    「また戦争でもおっぱじめる気か・・・OK、奥に入んな・・・」

    そんな喫茶店のマスターになりたかった。

    『アイドル』になりたい!

    女の子は子供の頃、一度はそういった夢を抱くのだろうか?
    かわいい衣装を着て、かわいい歌を歌い、みんなから注目されたいなー!っていうのが動機になるんだろうか?

    そんなかわいらしい夢を叶えてくれるのは、いつだって「オンラインゲーム」さ!

    私はアイドルになりたかっただけなんです。4

    プレイヤーがダンスを踊って、アイドルを目指す・・・そんなオンラインゲームが・・・

    オンラインダンスゲーム、「マイオーディション」でした。

    2012年の9月から日本でもスタートした「マイオーディション」は、前作の「X-BEAT」からその骨格を継承しており、当時としてはアバターもしっかりと作られたオンラインダンスゲームとしてスタートした。

    私はアイドルになりたかっただけなんです。5

    特にアバターには力を入れており、着せ替え自体がエンドコンテンツとなっており、新しい洋服を手に入れるためにゲームをするというスタイルに近かった。ちなみにスタート時からかなりの洋服が用意されており、なんとその数は2000種類にまで膨れ上がったそうな・・・。

    私はアイドルになりたかっただけなんです。12

    ゲーム部分は、いわゆる「音ゲー」になっており、タイミングよくボタンを押すことで、キャラクターが踊る。
    仲間とパーティを組み、一緒に踊って高得点を目指したりする・・・というのが楽しい要素だった。

    私はアイドルになりたかっただけなんです。10

    また楽曲もオリジナルのものではなく、ちゃんと許可を取ったらしい邦楽が流れており、当時のヒット曲などがきちんと選ばれており、キャラクターを放置していても、ヒット曲が流れてくるので立ち上げっぱなしのBGM環境ソフトとしても憂愁だったように思う。

    この辺りまでは前作の「X-BEAT」から受け継がれたものなので、特に驚きは無かったが、近作「マイオーディション」には、アイドルを目指すという目的が追加されていた。

    クエストで出されるお題をクリアしながら、アイドル街道を駆け上がっていくのですが・・・・

    そのクエストの内容が、ちょっとよくわからないものだった。

    私はアイドルになりたかっただけなんです。13

    クエストを受けると、ちょっといいホテルの中庭みたいな所に移動させられる。

    ここでプレイヤーは自由に動けるわけですが・・・何をさせられるのかというと・・・

    私はアイドルになりたかっただけなんです。18

    「にくまん」がPOPするので、ひたすらそれを拾うという仕事をさせられる。

    なぜ「にくまん」を拾う必要があるのか?その説明は無い。

    でもそういうクエストだから仕方が無い。

    アイドルになる為にするべきこと1

    最初は考える・・・これな何のメタファーなのか?

    アイドルになってみたい!っていってこのゲームを始め・・・・ただひたすらに「にくまん」を拾わされる行為は、いったい何を伝えようとしているのか?

    いくら考えても・・・わからない。

    プレイヤーはそのうち考えるのを止め、マシーンのようにただひたすらに「にくまん」を拾うだけの存在になる。

    時々我に返って、自分は何をやっているんだろう・・・こんな事してる場合なのか?なんて思っちゃうけど・・・・

    私はアイドルになりたかっただけなんです。19

    僕と同じような境遇の人も必死で「にくまん」を拾っているので、きっとこれは正しいのだろう。

    たまに同じ「にくまん」に手が伸びると「どうぞどうぞ!」と譲り合うやさしい世界。

    アイドルになる為にするべきこと2

    「おい、何泣いてるんだよ・・・泣いてる暇あったら拾えよっ!」

    「どうして?私アイドルになりたいのよっ?」

    厳しい・・・・華々しいアイドルの世界に足を踏み入れるには・・・どんな不条理にも耐えられる精神が必要なんだろう。

    できないやつからやめていく・・・それがこの世界だ・・・負けるな!!

    とか思いつつ、きっちり最初のクエストの気定数を納品し、僕は引退しましたw

    僕はアイドルにはなれなかったのだ・・・・。


    その後、マイオーディションは2年ほど運営した後、サービスを終了した。

    それでも運営が2年続いたということは導入クエストはこんな風に不条理な感じがしても、
    友達と一緒に始めたり、一緒に踊って遊んだりしてた人はきっと楽しい思い出を作った人もいっぱいいたんだろうなと思います。

    音ゲーの出来や、着せ替えに関してはとても良かったですからねw


    さて・・・ちょっとマイナー系のゲームが続いたオンライン大三千世界の旅路・・・

    次回は・・・50VS50!「ガンダムオンライン」ですっ!!



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。