ワクワク無限大ミニ四駆ワールド オンラインゲームの未来は。

    ミニ四駆

    本日出張最終日!今晩には戻るはず!

    10/28~11/1の間は、当ブログ一撃確殺SS日記がというよりも、僕本人が渡り歩いてきたオンラインゲームの世界を振り返っていく短編記事を自動更新してきましたが、それも今日まで。明日から通常更新にもどります。

    そんなわけで、オンライン大三千世界の旅路、最終日は「ワクワク無限大ミニ四駆ワールド」です。

    このオンラインゲームはすでにサービスを終了しているんですが、忘れられない世界のひとつでした。

    その名のとおり、ミニ四駆を作って走らせ、レースを楽しむオンラインゲームでした。

    これがまた楽しかった。


    あのコーナーを曲がれ!9

    模型屋さんでミニ四駆のパーツを買ったりして、自分のマシンを強くしていくのがメインのコンテンツ。

    パーツやモーターはいろんな種類があり、コースによってセッティングを変えたりする必要がある。

    マイタウン9

    その他はファッションを楽しんだり、自分の街を大きくしたり、釣りをしたりとオンラインゲームとしてのサブコンテンツも充実していました。

    水の中のレース9

    剣と魔法、ロボットに乗って宇宙で戦う・・・色は違っても味は同じなオンラインゲームが多い中で、「ミニ四駆」でレースするというプレイ内容が新鮮で、別にミニ四駆が好きなわけでも無かったですがおもしろかった。

    数年前までは、こういうオンラインゲームも多かった。

    釣りをメインにしたオンラインゲームや、ときメモオンラインとかもありましたよね。

    数年前から、そういったゲームがどんどんと死滅してしまった。

    今ある国産オンラインはバトルアクション系のものばかりになってしまっている。

    BD敗れる7

    このミニ四駆オンラインのようなジャンルはどこへ行ってしまったのか?

    こういうニッチなジャンルは、スマホに流れて行ってしまったのかな?ちょっと悲しいですね。

    オンラインゲームは、作るのも運営するのもあらゆる面でコストがかかるし企業力も必要なので、プレイヤー層の多い最大公約数的な世界で無いとなりたたないんだろうなとも思う。

    新ダッシュ1

    さらにオンラインゲームは人付き合いが絡んでくるので、中々複数のタイトルを同時に遊ぶ事ができない。

    なおかつ、サービスが終了しないとゲーム自体が終わらないので、数年単位で遊ぶ事になる。

    なので、プレイタイトルの回転率は悪く、弱いタイトルは新規が取れずにどんどんと死滅していく業界のようだ。

    オンラインゲームという文化が生まれ、淘汰の時代が終わり、今や名だたるゲームメーカーのタイトルだけしか残らない時代になってきたのかもしれない。

    息の長いタイトルは、実装を重ねどんどんと出来る事のボリュームが増えていく。

    これから新たにスタートするオンラインゲームは、サービス開始時点で 長年続いているオンラインゲームと同等のボリュームが無いと見切られるので、新規メーカーが参入もしづらい状況になってきた。

    このままでは先細りの未来しか見えないような気もする。

    新ダッシュ2

    この状況を打破する方法は、やっぱりひとつしかないように思える。

    それは「オンラインゲームの認知度をもっと上げること。」

    プレイヤーの絶対数を増やす事が何よりも必要なのではないかと考える。

    そうすれば今までよりも多種多様なニーズも生まれてくるので、
    それに対応したいろんなオンラインゲームが遊べるようになるだろう。
    各メーカーが、オンラインゲームを運営する「うまみ」もでてくるだろう。

    volganic.jpg

    オンラインゲームにしかない「楽しさ」や「奥深さ」はたくさんある。

    うちの父でもどっぷりとハマるくらいなのだから、オンラインゲームの需要は絶対にある。

    オンラインゲームに付きまとうネガティブなイメージを払拭し、
    広い層に対してオンラインゲームの「楽しさ」や「新しい価値観」を伝えていけば、きっとその先は新しい未来に繋がるはず。

    そしてオンラインゲームは人と人が繋がる世界。

    オンラインゲームがもっともっと普及すれば、もっともっとたくさんの人々が、僕らが今オンラインゲームで感じている「人と交わす言葉の大切さ」や「相手を思いやる優しさ」を再び学び直すことができるとも思う。

    そうなればリアルも今よりもう少し明るい未来が見えてくるんじゃないかなあ・・・。


    たかがゲーム、されどゲーム。 しかしそこには人と人との関係がある。

    ネットの海に浮かぶ無数の世界が連なってできている僕達の大好きな「オンライン大三千世界」。

    そこにはそんなパワーがあるんだと、信じて進んでいきたいですね。


    僕はオンラインゲームが好きだから、これからもそういう方向に尽力していきたい。



    そんな感じで明日から通常更新頑張りますっ!!

    ミニ四駆の話あんまりしてないけど、まあいいかw

    それでは、またあした!!



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    東方女官衣装

    東方女官衣装

    出張から帰ってきたら、アップデートでした!

    しかも課金アイテム「東方女官衣装」まで発売になってたっ!!

    油断してた・・・w 発売を公式のツイートで見てびっくりしましたねw

    で、ほとんど内容も見ずに即ポチですっ!!

    われ等、課金三銃士はアイテムの内容ではない。課金する事が全てなのだ!

    女官服

    『東方女官衣装セット』  税込み1,944円

    東方女官帽 / 1個
    東方女官服 / 1個
    東方女官靴 / 1個

    のセットですね。モグステーションでは完全に靴が隠れていて、どんなのかわかんないw

    韓服というかチョゴリというかそんな感じのアジアンな衣装ですね。和装とはまたちょっと違う独特のラインです。

    では各アイテムを見ていきましょう。

    女官衣装

    ■ 東方女官服

    まず目を引くのは帯ですね。腰ではなく胸の下で結ぶのが特徴的。

    飾りもしつこくなく、あっさりしすぎてるわけでもなく、上品に飾られていていいですね。

    肩のラインがすごく強調されるので、体格がしっかりしている種族は立ち方を調整したほうがいいかもしれませんねw

    女官服1

    定番の白で染色してみる。 ちょっとパーティードレスっぽくなりますね。

    髪はロングがいいかもしれません。

    東方女官衣装2

    課金三銃士ゆずちゃんのコーデ。

    ピンクで染色し、寂しく見える首元に同色で染色したリボンを装備。
    首アクセががっちり表示されるデザインなので、この選択が結構重要なのかもしれません。
    またセットに含まれない手装備はメイド服から持ってきてますね。
    かわいらしい。

    女官衣装1

    ■ 東方女官帽

    こちらはかなり派手目の飾り帽子。布もドレープが入りゴージャスな感じですw

    女官衣装2

    傘のような帽子をあご紐(でいいのかな・・・)でしっかりと固定されています。

    ここも貴婦人っぽくていいですよね。

    女官服2

    国の統一感に違和感を感じなければ、バッスルドレスに合わせてもいいかもですね。
    まるで合わせて作られたかのように、デフォルトカラーのままでも違和感なく見えます。

    東方女官衣装3

    ■ 東方女官靴

    そして今回のセットで最も高い汎用性を持っているのが靴です!

    つま先に金具が入ったショートブーツ。しかもヒールがかっこいい!
    ベルトも表と裏で色が違い、内側にちらっと見える赤がかわいいですよね。

    こんないいデザインのブーツなのに、購入するとき見えないとは・・・もったいないw

    東方女官衣装4

    ブーツカット機能の付いた脚装備と合わせると、めっちゃかっこいいやんっ!

    女官衣装3

    隠れたおしゃれポイントはココ!

    染色するとヒールの装飾も染まるという芸細なところっ!w

    なんというこだわりw

    女官服3

    黒っぽい服ならなんでも合うかと思います。

    モノトーン系ミラプリが好きな人はこれ1つ持っていると、迷ったらコレ!みたいな形で楽だと思いますよw

    女官服4

    ベルトの内側の赤がマッチして、最近流行のロミンサンルテナン・ジャケットと合わせてもかっこいいですね。

    靴装備好きにはたまらないセットでしたっ!

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    TAMASII NATION2016 行ってきた。

    魂ネイション

    5日間の長期出張の行き先は東京でした。

    その日はお昼から予定があって、午前中はフリーだったんですよね。

    まってたぜ!この日を・・・!!この隙をっ!!という事で、飯田橋のビジネスホテルに泊まっていたのですが、朝一番に朝食を済ませ、秋葉原へ。

    その目的は・・・「TAMASII NATION2016」という簡単に言えば、バンダイの新商品発表会みたいな感じ。

    開催は10/28~10/30のわずか3日間! 

    東京おもちゃショーとか、そういう玩具関連のイベントは全部東京で、地方の人間から見たら「いいないいなー」と指をくわえて出てくる情報をネットで拾う事しかできません。

    しかし、今回はその期間内に自分は東京にいる!このチャンスを逃してはいけない!!
    そして最終日の午前中、ついにそのチャンスがやってきたのですっ!!

    魂ネイション3

    そんなわけで、行ってまいりました。魂ネイション2016!

    まあなんともすごかった・・・・。写真撮影は禁止なので、この写真しか残ってないですけどね・・・w

    最新の超合金や、ガンダムフィギュア関連、ライダー、戦隊その他もろもろ。

    目福なひと時でした・・・。

    魂ネイション1

    内緒の新商品コーナーでは、あぁ・・・こんなの出るんだ・・・これ買わなきゃ・・・と震えましたねw

    新情報はだいたいネットで見て驚くというのが最近の当たり前なのですが、今回は違って目の前にソレがもうあるわけで・・・

    今目の前にまったく未知の新商品が並んでいるという感動は会場内を歩きながらニヤニヤしすぎてしまって、これはまずいなと思って回りを見たら、みんなニヤニヤしてたw

    でも今回、僕には重要なミッションがあった。

    それが物販コーナーに売られているあるアイテム。

    会場限定で販売されるガンダムのフィギュアなんですね。

    これがまたこのイベントでしか買えない(後に抽選販売されるけど)ので、すごい人気で3日間の開催で販売個数を均等に割られてたんですが、連日午前中には売り切れる。 なので並んで買いましたよーっ!

    魂ネイション5

    2個買いました!

    1個は普段超お世話になっている人へのお土産。絶対ガンダム好きなはずなので・・・w
    もう一個が自分用です。で、無事1個はお土産としてお渡しさせていただいたのですが・・・・

    その日の夜、とても素敵な女性の方からとても素敵なプレゼントを頂きまして、突然の事で何もお返しを用意しておらず・・・

    「あのっ・・これっ・・・・めっちゃいいガンダムです!」

    ってお渡ししてしまったんですよね。・・・もらった本人はすっごいキョトンとされてました・・・。

    でもこれが僕の・・・その時自分ができる最大限のお返しだったんですっ!w

    なんでガンダムやねんって思ったかもしれませんが・・・僕の最大限の気持ちでした・・・お許しください・・・w

    ・・・・と長くなりましたが・・・

    本日購入いたしましたのは・・・

    魂ネイション4

    バンダイ ロボット魂 TAMASII NATION2016 会場限定
    <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E. 
    「劇場ポスター リアルタイプカラー」・・・ですっ!!

    なんで並んで買った2個を手放したのに、まだ1個持ってるかというと・・・。
    翌日、秋葉原でめっちゃレア値ついてるやつを自分用に買ったんですよw

    そうなんです。どうしても僕はこれを持っておきたかったんです。

    そしてこのフィギュアの記事を書かなければならない。

    あの女性の方に説明しなければならない・・・そう思ったんです。

    きっとあの方が箱を開けたとき・・・

    魂ネイション6

    「あれ?もらったガンダムが なんか黄ばんでる!?」

    お土産でお渡しした方は、「ああ・・なるほどそういう色ね」ってわかってくれそうなんですが

    その女性の方は、あれ?ガンダムってこんな煮玉子みたいな色だったっけ?って思いかねない・・・。

    という事なのでこの商品の事をきっちりと説明しておかなくてはーっ!

    魂ネイション7

    通常の一般的なガンダムと言えば、白、青、赤、黄色・・・いわゆるトリコロールというカラーリングが主です。

    この色使いはヒーローっぽさを強調しており、ガンダムを表現するにははずせない色です。

    何だってこの色で塗られていると僕らはガンダムに見えてくる。

    しかしながら、ガンダムは兵器であって、戦場にこんな目立つカラーリングで立ってたらあっという間に的になってしまう。

    リアルタイプ

    なので、ガンダムのカラーリングをもう少し現実の兵器に寄せた色合いで構成した

    「リアルタイプ」シリーズというのがカラーリングが存在するわけです。

    まあ何を持って「リアル」とするかはおいておいて・・・。

    世間を騒がせたガンプラブーム時代に このカラーリングバリエーションは発表され、大変な人気となりました。

    リアルタイプ1

    その人気は大きくなり、やがて公開されるガンダムの映画のポスターは劇中の色と違い、この「リアルタイプカラー」で描かれるようになったわけです。

    いつもとちょっと違う大人っぽい落ち着いたカラーリングのガンダムを見て、当時のちびっこは「リアルだ・・・」って思ってたわけですね。

    魂ネイション8

    今回のガンダムは、この劇場版ポスターに描かれたガンダムのカラーリングで作られてるわけですね。

    魂ネイション9

    カラーリングだけでなく、フィギュア本体もすばらしいものなんです。

    本体の「ver. A.N.I.M.E.」シリーズは、現在最新のシリーズであり一番最初のガンダムのデザインを周到しています。

    しかし、ガンダムは所詮アニメなので、本来曲がらない方向に腕がまがったり、腰が捻じ曲がったりと物理方式を無視した動きをしてしまいます。

    なので、今までのガンダム玩具はデザインはシャープでかっこいいけど、劇中のポーズを取らせることができないものが多かった。 

    魂ネイション10

    しかし、技術の進歩はとどまるところを知らず、ガンダムのデザインを損ねることなく劇中のポーズのほとんどを再現できるシリーズが完成しました。それが「ver. A.N.I.M.E.」シリーズです。

    魂ネイション11

    脅威の可動範囲!!

    バンダイ脅威のメカニズム!

    魂ネイション12

    本来ガンダムは胸がでっぱっているため、それが邪魔をして腕を伸ばしたまま両方の手首を重ねることができません。

    魂ネイション13

    ですが、この「ver. A.N.I.M.E.」シリーズのガンダムは、コクピットブロックが前にせり出し、いわゆる「だっちゅーの」な形で胸を中央に寄せてくれる。 そうする事でビームサーベルを両手で構えたり、銃を顔の正面に持ってきたりする事ができるんですよっ!

    ここすごいっ!!

    魂ネイション15

    このギミックがあるおかげで、腕を伸ばしてビームライフルを正面に構えることができる。

    すなわち、あの映画のポスターと同じポーズが取れるという仕組みです。

    絵で描かれたガンダムと同じポーズが取れるって、単純なようでとてもすごい技術なんですよーっ!

    魂ネイション16

    エフェクトパーツも多数付いているので、劇中のあのシーンこのシーンを自由自在に演出できる。

    魂ネイション17

    はい!こうやって遊ぶんですよっ!わかってもらえましたか??

    この色もガンダムをコトコト煮込んでついた色じゃないですよっ!?

    元々こういう色なんですよっ!w

    魂ネイション18

    そしてプレゼントありがとうございました!

    大事に大事に飾らせていただきますっ!


    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    MONSTER HUNTER FRONTIER 冒険の始まり。

    MHF冒険の始まり。

    出張中の次回予告で次回は「MHF」と言いつつ違う記事がアップされ申し訳ございませでした!

    というわけで、MHFの話も聞きたいよーというお声を頂きましたので、もう出張は終わりましたがアップさせていただきます!

    UCGOがサービス終了し、ECOの世界に渡ってきた僕たちは、そこで「じょびネッツア」というグループを作りました。

    ブログなんかも書き始め、仕事が終わって帰宅したらECOにINしてみんなと遊ぶ。

    そんな毎日が当たり前になっており、レベルを上げたり、サブキャラを作って遊んだりしてました。

    しかしそんな生活も3年目くらいから少しずつ変わってくる。どんなオンラインゲームも3年も遊べば多少なりとも飽きてくるもの。

    ですが、その世界にはたくさんの友達がいて、その関係はとても心地よいものなのでログインはするけど、戦いに行ったりクエストを消化したりはしない。ただアップタウンという街でたわいもない話をする。

    いつしか僕にとってのECOは、ゲームというよりとても良くできたコミュニケーションツールになっていました。

    そんな時、当時、じょびメンバーのせとちゃんがやっていたブログで「MHF」を始めましたみたいな記事をアップしていた。


    MHF冒険の始まり。1

    そこで見た、せとちゃんのキャラクターに一目惚れ。

    ECOっていうと、かわいいキャラクターが売りですよね。せとちゃんのキャラクターはECOではかわいらしいんですが、そのブログで見たせとちゃんのMHFのキャラは、ECOのキャラとは打って変わって金髪に青い目でキリッと凛々しく鎧に身を固めている。

    それを見た時、なんだか世界が広がったんだと思います。

    同じ人なのに、世界が違うと容姿がガラッと変わる。中の人は同じなのに・・・・。

    それがとても面白く感じたんでしょうね。僕もすぐコントローラーを買い、MHFに課金してダウンロードしました。

    長くやるつもりはまったくなかった。ECOがあるし。ただ違う世界のせとちゃんをひと目見たかったわけですねw

    MHF冒険の始まり。2

    そしたら、ひとりふたりと、ECOのじょびから仲間がやってきた。

    みんなで力を合わせてモンスターを狩る。
    ECOの世界ではもう強くなりきった僕らでしたが、この世界ではまだまだ非力なんです。

    MHF冒険の始まり。3

    特にハンターランク30の試験が熱かった。

    みんな装備も弱いので、なかなか倒せない・・・。ついに砦までたどり着かれここでやられたら居間までの苦労が水の泡・・・。

    そんな追い詰められた状況で、BGMがモンハンのメインテーマに変わった時のあの感動。あの高揚感。

    そのメインテーマにのせて、竜撃槍が決まり、全員で砦を飛び降り最後の人勝負に挑むあの瞬間!!

    たまりませんでしたね・・・・。


    それがとても楽しかった。


    明らかにECOのふんわりかわいい世界とは違う。 重厚な鎧の男が闊歩するハードな世界。
    チャットで交わされる言葉は今までと変わらない日常なのに世界が変わるとこんなにも雰囲気が変わるものなのか。

    この頃から僕の中で「同じ仲間と違う世界を渡り歩いて遊ぶ」という発想が生まれてきたのかもしれません。

    第20回狩人祭

    その後MHFの世界にも猟団「じょびネッツア」を発足。ECOから流れてきた人たちと一緒に猟団部屋を作り、みんなでワイワイと遊び始めた。

    その後、ECOを辞めたわけではなく、ECOにもログインしつついろんなオンラインゲームを旅していくというスタイルが出来上がっていく。そのスタイルはホームがエオルゼアになった以外は今も変わらない。

    MHF冒険の始まり。4

    ネットという新しい宇宙に生まれては消えるオンラインゲームの世界。

    その世界の一つ一つに違ったルールや文化があり、その世界を懸命に生きる人たちがいる。

    まさに仏教で言うところの「三千大千世界」のよう。

    人の本質が身体ではなく『心』だとしたら、無数の心が互いに意思の疎通をする場所を『世界』と呼ぶのであれば、オンラインゲームは人が作り出した新しい『世界』になりえるんじゃないかなあ。

    ECOが始まりなのであれば、僕にとってMHFへの旅は、そんなオンライン大三千世界への冒険の始まりだったんだと思う。



    さて、オンライン大三千世界の旅路・・・

    次回をやるとすれば・・・次回は「TERA」です。w


    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ガンダムフロント東京に行ってきた。

    ガンダムフロント

    ガンダムフロント東京。

    それは僕の世代にとっては一生のうち1度は訪れなければならない最大の聖地である。

    女子は知らないと思うけど、男子は1日に5回決まった時間になるとガンダムフロント東京の方角に向けて礼拝を行っている。

    デートの時などは何気なくトイレに行くフリをして、ガンダムフロント東京の方角をスマホで軽く調べてそちらに向かって礼拝する。

    大きなショッピングモールの男子トイレでは、入ると大体誰かが礼拝しているので、その方角がガンダムフロント東京なんだなとちょっと横着して礼拝する。連邦派もジオン派も関係ない。1年戦争派もその他派も関係ない。

    その時間だけは、ただただ『ガンダム』に感謝する時間なのだ。

    今回の東京出張ではまるっと1日休みがあったので、僕も聖地に行ってみる事にしたのです。

    ガンダムフロント1

    場所は「東京お台場」だって。

    関西人は、テレビなんかでこの言葉を聞くたびイラっとする。

    なんか楽しそうな告知がある度に「お台場」という言葉が出てくる。
    どうせ行けない、関西人にとっては現実味の無い場所。それがお台場という場所。

    しかし、今回はまるっと一日東京で休みという超レアな状況!!この機を逃しては行けない。
    巡礼しないと!ガンダムの神様ありがとうございます、わたくしにこのようなチャンスを与えてくださり感謝いたします。

    ジークジオン。

    ゆりかもめっていう人が運転しない乗り物に乗って、台場で下車。
    なんでもガンダムフロントは、「ダイバーシティ」という施設の中にあるらしい。

    ダイバーシティ・・・なにそれかっこいい。さすが東京。「イオンモール草津」とかと全然違う響き。

    そんな事を考えながらてくてくと歩いていくと・・・。

    ガンダムフロント2

    ああーっ!!見えてきた!!白い悪魔が見えてきた!!

    そうあれこそ、一生のうちに一度は見ないと極楽に行けないと言う実物大ガンダム!

    ガンダムフロント3

    あぁ・・・・あぁあぁあああぁぁ・・・・・ああぁ・・・ああ・・・・・・。

    ガンダムフロント4

    はぁああぁぁ・・・あぁ・ぁ・・・ぁ・・・・南無阿弥陀仏。

    以上が第一印象でしたw いやあ・・・感動ですよねw

    なんというか、すごい説得力。

    今までずっと追い求めていた架空の兵器「ガンダム」の実物大が目の前にあるわけです。
    ガンプラモデラーはこれに近づけるためにその技術を高めていくわけです。

    もし、今目の前にあるガンダムのプラモデルが、18メートルというサイズだったら・・・そういう空想の中生きてきたわけです。

    ガンダムフロント5

    僕の机の上に置いてある1/144のガンダムより144倍大きい。
    僕の机の上においてある1/100のガンダムより100倍大きい。

    これが本当のガンダムの大きさ。
    それが目の前にあるという言葉にしがたい感動。

    ガンダムフロント6

    なんだかんだ言っても、やっぱりかっこいいっていう説得力。

    ガンダムフロント7

    見て!!雨だれってこういう風に付くんだよっ!!

    ガンダムフロント8

    ほらっ!!これが本物の墨だよっ!!

    ガンダムフロント9

    仕上げはつや消し一択だったけど、本物は光沢があるよ!

    ガンダムフロント10

    USJに行ったとき、それなりに楽しかった。いろんな作品の乗り物や体験ができて楽しかった。

    でも、僕にとってこの実物大ガンダムは、そんなエンターテイメントをはるかに超えていた。
    全身の至る箇所に新しい発見があり、今までこれが本物だったらと手の中で組んできたパーツの答えがすべてそこにある。
    比類なき説得力を持った存在をもとに、今までの答え合わせができる至福の時間。

    これが幸せ。

    気がついたら、2~3時間たってましたねw 多分いつまでも見てられる。一人で来て良かったw

    そして、ガンダムフロント内へ。
    撮影してもいいですか?って聞いたら一部を除いて大丈夫ですよと言ってもらえたので遠慮なくパシャパシャ撮りながら進んだ。

    ガンダムフロント11

    美しいショーケースの中に飾られる、昔の愛すべきガンプラたち。

    なんと味わい深い造形か・・・・。

    ガンダムフロント12

    リアルタイプっ リアルタイプw

    ガンダムフロント13

    真剣に作られたキャラコレには、ほんと感動。

    ガンダムフロント14

    最終回で乗り捨てられた実物大コアファイター。

    ガンダムフロント15

    劇中よりずいぶん狭く感じるコックピット。

    これで合ってるのかな? あの双眼鏡みたいな装置はどこから伸びてるんだ??

    ガンダムフロント16

    1/7500スケールのア・バオアクー

    これもなかなか見ごたえがあった。

    ガンダムフロント17

    各フィールドの艦艇数も書かれており、資料的価値も高い。

    僕はヨーツンヘイムがいた、Eフィールドが好き。

    ガンダムフロント19

    各部がジオラマで再現されていてニヤニヤしてしまうw

    ガンダムフロント18

    探せばジョニーライデンの姿なんかも確認できる。

    しかし・・・何より一番おもしろかったのは・・・

    ガンダムフロントのトイレだっ!!

    まず男子トイレのドアを開けると・・・・

    ガンダムフロント20

    たしかに。

    まさかここで、このタイミングでこれを言われるとは思ってもいなかった・・・・。

    やべっぐずぐずしてたらブライトさんに殴られるシーンだっ!!

    出撃しないと!!

    ガンダムフロント21

    えっ!?

    ターゲットサイトが・・・ここを狙って撃てってことなのか?

    そいでもって戦闘態勢に入ると・・・・

    目の前で・・・

    ガンダムフロント22

    すいませんっ!!っていうか左舷だれもいませんっっ!!

    そして今から左舷には移れません!!ブライトさんっ!!

    ちょっと女子トイレどんな風になってるか知りたいので、どなたか情報くださいw

    ガンダムフロント23

    そしてガンダムゲーム30周年の展示も良かった。

    おおー・・・ホットスクランブルのファだ・・・なんとありがたいドット絵・・・。
    遠藤さんもこれ見てたのかなあ・・・。

    ガンダムフロント24

    ほんと一人で来て良かった。

    誰かと来たらやっぱり気を使うし、自分のペースで見れないですもんねー。

    じっくり楽しめて幸せ休日でした。

    あー楽しかったw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 11.6



    11月ですねーっ!寒くなってきました。

    今年は風邪引いてる場合ではないので、健康的に過ごしていこう。

    って言うばっかりです。 健康的な生活とはいかなるものかいまいちわからない。

    健康的に寒さに負けず外にウォーキングに行くのが健康的なのか、風邪を引かないよう暖房をつけて部屋を暖かくして閉じこもっているのが健康的なのか・・・。

    とにかく暖かいカッコをしないといけないなと、リテイナーに話しかけハイランドスモックを出してくる僕でした。

    寒い・・・。

    そんなわけで週末のふわっと日記です。





    11062.jpg

    ■ ぼちぼち生きるエオルゼア。

    ほんと毎日バタバタしすぎてて、3.4のコンテンツがまだまだ全然遊べてないっ!!最近やっとDDに行き始めました。

    がっつりと何日もかけて攻略するという遊びが時間的に難しい今、DDはさくっと遊べて最後は埋もれた財宝を開けるというお楽しみもあるので、短時間で遊べていいですよね。これをあるちゃんや、くらいぶさん、せとちゃんと固定を組んでじわりじわりと遊んでます。4人で遊べるというのも大きいですね。

    エッダちゃんのミニオンがちょっと欲しい。あの鎌みたいなニューエッダちゃん武器いいなー・・・。あれは斧扱いなのかな?
    衣装はなんとなく課金で販売されるような気もするので、ちょっとお楽しみですよね。

    このペースで行ったら次のアップデートまでに3.4のコンテンツ全部遊べるか不安になりつつあるのでぼちぼち進めないとなあと思っております。クロちゃんも絶対こいつ使えないなーとか思ってそうでそのうち手帳くれなくなるんじゃないだろうかw

    今日は休みなので、またDD行きたいなーとか思ってます。




    11063.jpg

    ■ 攻殻機動隊 S.A.C.ONLINE

    現在オープンβ中なので、とりあえずプレイしてみた。なんというか・・・FPSでしたw

    劇中のキャラクターを選んで、特殊なスキルを使って敵チームと撃ち合うというこのゲーム。

    FPSは超下手なので、全然面白みがわからないまま終了しました。FPSってどれをやっても同じに見えてしまうんですよね。
    スタートしてみんなについて行って打ち合いが始まり、銃を撃つんだけど当たらない。あれー?とか思っているとどこかから撃たれて倒れる。それを繰り返しているうちに何をやってるのかわかんなくなってしまうw

    完全に向いてないなーと思いますw 完全に実力世界なので、全然ついていけませんw

    なので、のんびりSSを撮って記事にしてっていうのがすごい難しいんです!

    ロボが好きなのでフィギュアヘッズなんかも遊んでるんですが、記事にしにくいんですよ!
    戦略的にこう攻めたらこうなったとか書けるまでうまくなれば、おもしろい記事もかけそうになるんですが、はじまった、迷子になった、やられた、しか書く事ができないのが現状の僕のスキルで・・・w

    なれてきたらタチコマとかに乗れるようになるのかな? それくらいまでは続けてみたい・・・。




    11065.jpg

    ■ 中野ブロードウェイとか。

    先日ご紹介した、ガンダムフロントに行った日に、行ってみました中野ブロードウェイ。
    秋葉原もなーって前に記事で書いたとき、中野ブロードウェイは?って何人かが進めてくれたのでとりあえず行ってみましたよ。

    まず最初に行ったのは2F。なんだここは天国か!?と思いましたw いやはやすごいですね。いろんなお店がひしめき合っててどれも興味アリ!w 1店1店じっくりと観察しながら見て回りました。

    感想としては、かなりレア度の高いお宝が多く、僕の好きなダイアクロン関係なんかも揃っていたりしてこれはまたすごいなと目福な時間をすごしました。2時間くらいかけて2Fを見て周り、もうくたくただ・・・とか思いながら3Fに上がってみたら・・・

    えー!まだこんだけ店あるのーっ!?って感じでw 合計5時間くらいうろうろしていたような気がしますw

    すごいなー!うおー!とかかなり気持ち的に盛り上がって感動したのですが欲しいものはみんな数万円して手が出ない・・・w

    11066.jpg

    結局前から欲しかった次元可動アイギスだけ買いました。

    独自アレンジのプロポーションが好きです。

    その後、まだまだ懲りずに秋葉原まで出ました。またラジオ会館から色々とブラブラして、さすがに朝のガンダムフロントから歩きっぱなしだったので、どこかで休憩しようと思いまして・・・

    1106123.jpg

    初エオカフェしました。

    なんとなく行ってみたらいけますよーって言われたのでソロでコンテンツファインドです。

    もっとすごく広いのかと思ってたらそうでもなくって、いい感じの広さでしたね。

    周りを見たらカップルで来てる人とか、外人さんとかいて・・・みんな楽しそうだなあとニコニコしながら見てました。

    1106124.jpg

    とりあえず飲み物はクルルさんにしてみました。

    あ・・・あまい・・・。 となりの人が僕と同じようにソロだったのですが、次から次へと注文されててすごい勢いで食べていくんです。
    わんこそばの大会みたいな勢いで食べてらっしゃる。 

    すごく頼もしい感じがしたのでジョブはタンクかなーとか想像して遊んでました。

    ここにいる人たちはみんなエオルゼアの人たちなんだという不思議な気持ちになれる空間でしたねw

    楽しかったでっす。




    11067.jpg

    ■ スペースラナウェイ!

    スーパーミニプラのイデオン届きました。

    なんかもう違う次元へ行ってしまっている『食玩』の世界・・・。イデオンもかなり出来が良かった。

    これで墨入れのみの無塗装ですしねー。大きさも1/100のガンダムサイズで迫力もありますね。

    イデオンというロボットは古きよき直方体のブロックを組み合わせたようなデザインなので、細かいモールドがほんとかっこよく見える。 あしの斧みたいな部分が全体の記号とマッチしてないところとか個性があっていいですよね。でも顔は無個性という不思議なロボットだ。

    イデオンは当時全然売れなくて、大失敗とされて以降ロボットアニメ業界に「赤いロボットは不吉」というジンクスまで残してしまったんですよねw まあストーリーもすごいしねw

    次回のスーパーミニプラは、ウォーカーギャリアかな?ガオガイガーもリリースされるそうで・・・。

    楽しみですね。


    てな感じの1週間でした!

    またあした!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    伝説の転校生。

    伝説の転校生。

    久しぶりにアストルティアへとやってきた。

    前に来たのはそう・・・夏。 竜王との決戦をしにきたときだ。

    たしか・・・メインストーリーは途中でやたら敵が強くなり、どうしても勝てなくなったので、「もういいや。」となってほったらかしになってたはず・・・。

    ログインしたら氷の村にいたけど・・・ここで何してたのかも思い出せない・・・。

    とりあえず家に帰ろう。

    伝説の転校生。1

    家に帰ってポストを開けると・・・どさどさと手紙が出てきた・・・。 46通・・・。

    スペ福をもらいつつ・・・その他の手紙は流し読みしていく・・・・。

    何か面白い手紙は来てないかな・・・そう思って一番新しい手紙に目を通す。

    伝説の転校生。2

    アスフェルド学園・・・なんだそれ・・・。

    あ・・・そういえば随分前に、学園物のコンテンツが実装されるって聞いたことがある。

    その後、ドラクエ10の情報を何も仕入れていないので、
    結局その学園物コンテンツがどういうものかさっぱりわからない

    ふむ・・・・通常オンラインゲームって公式ページやニュースサイトで事前に情報を仕入れて、ある程度どういうコンテンツかを知った上で挑むのが定番・・・。

    まったく事前知識が無いコンテンツを遊ぶというのも・・・楽しそうだ。

    よし・・・この学園物コンテンツ・・・やってみよう。


    そう思った僕は、久しぶりに動かすモウカリさんをグランゼドーラ王国へと向かわせた。

    伝説の転校生

    ルーラストーンを使ってルーラなんだけど、その使い方をさっぱり忘れてる・・・。

    なんとか思い出し、グランゼドーラ王国へ。

    伝説の転校生。3

    なつかしい・・・・。

    ここでデミカという人が学園の事を教えてくれるらしい。

    行ってみましょう。

    伝説の転校生。4

    そしてデミカさんを発見。あんまりパッとしないNPCだなあ。

    デミカさんは、アスフェルド学園について教えてくれた。

    なんでもアスフェルド学園という所は、エリートをたくさん輩出した名門校で、今大変なことが起こっているらしい。
    詳しくは学園に行って学園に行って聞いてくれとのこと。

    手紙には、アンタから詳しい話を聞けって書いてあったのに!!

    出島いったら横浜いけ、横浜いったら浦賀いけ、浦賀いったら「わあ黒船だぁ」  もう!

    って懐かしい。

    奥のエレベーターを降りると、学園への直通列車があるらしい。
    とりあえず、乗るだけ乗ってみる。

    伝説の転校生。5

    あれ?なんかチェックシステムみたいなのが起動して、通過できたぞ?

    なんかかっこいいぞ??

    っていうか学生やったっけ?

    伝説の転校生。6

    地下のホームに受け付けあったので聞いてみる。

    入学案内係のフラッセさんは、学園長から聞いている。あなたがモウカリさんですね。と学生カバンと学生手帳を渡された。
    なんでも通常の装備などは学園には持ち込めないらしい。

    と、淡々と説明をしてくれるのはいいけど・・・
    学園長に話を聞くのになぜ入学しないといけないんですか?

    話聞きにきただけなんですけどっ!!

    こんなキャバ嬢をイメージした容姿なのに、これで制服着ろってそれなんか昭和のAVみたいなそんな胡散臭い学生に

    伝説の転校生。7

    気が利いてるじゃない。

    どうやらそのまま学園に潜入したら目立つから、魔法の力で学園に合ったキャラクターにリメイクしろという展開。
    しかも性別まで変えられるのですね・・・。

    伝説の転校生。8

    とりあえず、髪だけ下ろしておこうか。

    こう潜入任務ってアップの髪を下ろしたりするじゃない?そういイメージで・・・。

    伝説の転校生。9

    制服まで与えられた・・・。

    伝説の転校生。10

    いやだから話を聞くだけだって!

    伝説の転校生。11

    え?入学!?手続きって?

    なんだこのNOと言えない流れ・・・・怪しい!この学園!!ショッカーじみたこの導線!!
    悪の組織の匂いがする!!

    伝説の転校生。12

    その後、急に性格診断テストを受けさせられる。

    なんでだ・・・なんでこんなことになってるんだ・・・

    そしていくつかの質問の後・・・結果が言い渡された。

    伝説の転校生1

    ほっといてくれやっ!

    なんやねんっ!もうっ!! っていうか!

    ちょっと待って?性格って『やさしい』とか『努力家』とかじゃないの?

    『くろうにん』ってどういうことよっ!

    なあ?それ結果ちゃうのん? 苦労してきた人の総称ちゃうのん?

    なあ?  


    なあって!!

    伝説の転校生。13

    文句ばっかり言うてたら電車乗せられた。

    多分学園行きの列車。

    伝説の転校生。14

    その後おおよそドラゴンクエスト要素がまったくないオープニングムービーが流れて・・・・

    学園に到着。

    伝説の転校生。15

    いいだろう。そっちがその気なら・・・・

    ドラクエであることはさっぱり忘れて、これは「ときめもオンライン2」だくらいの勢いで楽しんでやろう。

    そして今回手紙を出してきた学園長とやっとの事でご対面。

    伝説の転校生2

    なんでも今この学園は危機的状況にあるらしい。

    伝説の転校生。16

    ある日突然学園内の各施設に通れなくなる壁ができた。

    やばい。

    伝説の転校生。17

    学校の図書室に出てきた預言書によると、学校がヤバなったら、伝説の転校生モウカリっていうのが来てなんとかしてくれるって書いてあった。

    だから呼んだ。

    簡単に言うとそういう事らしい。

    数々のエリートを輩出している名門校らしいのに・・・なんともザクっとした理由で呼ばれたものだ。

    伝説の転校生。18

    このドラクエらしからぬ世界の中で、「いいえ」を選択したら永遠に話が進まないというドラクエらしさが光る。

    いいでしょう。 おっさんの言うことを聞いてみよう。

    何より「伝説の転校生」という言葉の響きがかっこいい。

    「はい。」

    よし。キミは2学年のスペーディオ組。

    すなわちⅡ・スペーディオの所属とする!


    あぁそうなん?わかりました。

    伝説の転校生。19

    こうして、モウカリさんのアスフェルド学園の伝説の転校生としての学園生活が始まった。

    いったいどんなストーリーなのか?どんな冒険が待ち受けているのか?

    まったく予備知識が無いので、ドキドキですね・・・・。


    そんな希望を胸に、モウカリさんは、学園長からもらった生徒証をなんとなく見てみた・・・・

    伝説の転校生。20

    せいかく「くろうにん」って書くなやっ!!

    好きなものマイディーとか書くなやっ!! ちょっと恥ずかしいやんけー!!

    伝説の転校生。21

    ちょっと誰かマジック貸してー!マジックー!!

    つづく。


    【次回予告】

    伝説の転校生。22

    学園を襲うなぞに迫る、伝説の転校生(くろうにん)のモウカリさんは

    伝説の転校生。25

    封印危機対策委員会、通称「フウキ」に所属し、新たな仲間ミランと出会う。

    伝説の転校生。26

    「フウキ委員 解錠せよ!」

    学園いちのフェロモンを持つシュメリア先生の指令のもと、学園に張り込まれた封印を解け!

    次回 伝説の転校生 第二話

    「汗とゴムと革の匂いがする青春の下駄箱」

    次回掲載予定無し!!



    伝説の転校生。27

    こういう今までの流れをぶった切るような思い切ったサブストーリーの実装は、自キャラそのままで別ゲームを遊んでるような気持ちになるので、とても新鮮で楽しいですよねw

    時間を見つけて進めていきたい・・・・。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    THE.Healer's

    ヒーラーズ

    メンテですね!

    メンテの1時間くらい前にログインしてみたらめるくんがいたので、なんとなく3.4以降のおしゃれ装備について語り合っていました。

    3.4で結構多く増えたのですが、3.45ではこれと言って増えてないなあという話をしていたのですが・・・

    ヒーラーズ1

    実は今、一番旬なおしゃれ装備は、「レプリカ・アラガン」シリーズなのではないか?

    という結論に・・・。

    ヒーラーズ2

    少し前まではマーケットでもやや高値でやり取りされていたのですが、最近では埋もれた財宝G2からボロボロドロップしてくれるので、マーケットでもかなり安くやりとりされるようになりましたね。

    2.0スタート当時は、アラガン装備と言えば憧れの的だったのですが、今では誰でも簡単に染色までできて着れちゃう。

    良い時代になったものですよね。

    で、これを使って何か遊べないか?という話になったのが、、メンテ30分前くらい・・・

    ヒーラーズ3

    なんとなくスートブラックで染めた『レプリカ・アラガンヒーラーチュニック』を着てみたら、なんかロックでかっこいい!とういう話になり、メンテ15分前なのに この黒で染めたヒラチュニをい使って、バンドを結成しようという話になりました。

    ヒーラーズ4

    バンド名は「THE.Healer's」

    ヒーラーズ5

    メンバーは左から、シロ、ガク、セイの三人。

    では、「THE.Healer's」の黒に染めたヒラチュニの着こなしを見ていこう。

    ヒーラーズ1

    占星術師、セイくんは、下の装備に『ハイアラガン・ヒーラーパンタロン』を決めてきた。

    裾に赤色が映えるチョイス。アラガン系とハイアラガン系はよくマッチしますよね。

    ヒーラーズ31

    白魔道師のシロは、『ミリシアタイツ』を合わせてきた。数あるタイツ装備の中でも質感が一番ツヤツヤのやつですねっ!

    足をタイツのみにすることで、ヒラチュニの存在感を強調!

    ひらちゅに1

    学者のガクは、サイオンズヒーラーサイブーツ。

    ひらちゅに2

    やや野暮ったく見えるヒラチュニの腕を、ハイアラガンヒーラーグローブで強制七部袖に。

    前にめるくんがやっていた「袖殺し」のテクニックですねー。袖殺しできるグローブもっと出ないかなー。

    ひらちゅに3

    3人揃うと・・・か・・・かっこいいっ!! バンド感出てるよ!

    衣装や色を揃えると、何とも言えない連帯感が生まれてくる。

    ひらちゅに4

    今レプリカ・アラガン系の装備はどんどん値段が下がってきているので、お買い時ですよね。

    染色すればずいぶんイメージも変わってくるので、FC/LSの制服に指定してもいいかもしれない。

    こういう手に入りにくいちょっと前のおしゃれ装備なんかが手に入れやすくなるアップデートがあると、なんかやっぱり嬉しくなりますよね。

    ひらちゅに5

    今こそレプリカアラガンを見直す時だ!

    なあ、セイ!シロ!!

    ひらちゅに7

    と思ったら、僕がグループポーズで写真をバシャバシャ撮ってる間に、二人は音楽性の違いについて喧嘩してた。

    メンテ4分前なのにっ!!

    ひらちゅに8

    結局、話は4分間ではまとまらず、各々の音楽性の違いから、「THE.Healer's」はメンテ開始とともに解散する事になった。

    結成からわずか15分足らずの出来事だったという。

    「結成のタイミングが悪かったんですよ。」

    ・・・・と元リーダーのガクは言う。

    メンテがあけた今、彼らは普通の生活に戻り、平穏な毎日を過ごしているとのことだ。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    続々々々々々々々々々々々・ナナモ様と女子会

    ナナモさまと女子会A1

    ナナモ 「ほんま腹立つわーっ!」

    メルウィブ 「はいはい。」

    カヌエ 「なんなん?またミンミン?」

    ナナモ 「ちょ!聞いてやっ!なんなんあいつ・・・」

    メルウィブ 「なんなん?」

    ナナモ様AA1

    ナナモ 「今日あいつとさー、お昼買いに行った時、あっしトイレ行ってんかあ」

    カヌエ 「うんうん」

    ナナモ 「ほんで帰ってきたら言いよんねんかあ・・・」

    ナナモ様AA2

    ナナモ 「ちょっとw トイレ行くなら言ってよw 探しちゃったじゃないw とか言いよんねんで?」

    カヌエ 「うん。」
    メルウィブ 「うん。」

    ナナモ 「え?なんなん?おかしない?」

    カヌエ 「おかしいか?w」

    ナナモ 「え?なんで?・・・おかしいやろ?」

    ナナモ様AA3

    ナナモ 「なんなん?あっしトイレ行く度にあの人に今からうんこしてきます。って報告しなあかんの?」

    カヌエ 「いやまw そうじゃないけどw」

    ナナモ 「なんなんあいつ。なんであっしのトイレ事情把握せなあかんの?あいつこの国の何を統括してんの?」

    ナナモ様AA4

    カヌエ 「急におらんくなったから心配したんやろーw」

    ナナモ 「子供ちゃうねんw おらんようなったらトイレかなくらい思うやろw」

    カヌエ 「まあそやけど・・・w」

    ナナモ 「まあ、トイレで30分くらいツイッターしとったんやけどな。」

    カヌエ 「30分も戻らんかったら心配するやろっww」

    ナナモ様AA5

    メルウィブ 「ほんまあんた根性ババ色やな。トイレの話だけに。」








    ナナモ様AA6











    ナナモ様AA7

    カヌエ 「たしかに、ナナモちゃん見てたらなんか心配やもんなあ。みんみんの気持ちちょっとわかるわ。」

    ナナモ 「あっしかてもう大人やしなw」

    カヌエ 「なんか知らんおじさんとかについて行きそうやしなw」

    ナナモ様AA10

    ナナモ 「なんやねんもうっ!大体みんな子ども扱いしすぎやねんっ!チッチキチー!」

    カヌエ 「ていうか、ちゃんと一人暮らしとかできてんの?w」

    メルウェブ 「あんた自炊とかできんの?」

    ナナモ 「できるわ!」

    ナナモ様AA11

    カヌエ 「えぇ?ナナモちゃん料理とかするんや?w」

    ナナモ 「趣味、料理やしな。」

    カヌエ 「初めて聞いたわw」

    ナナモ様AA12

    ナナモ 「こないだ【鮭の冷製リゾット】作った。」

    カヌエ 「え?なに?イタリアンやんw」

    ナナモ様AA16

    ナナモ 「え?枚方の人でもイタリアとか知ってるんや?」

    カヌエ 「知ってるわww」

    ナナモ 「え?KBS京都とNHKしかうつらへんのに?」

    カヌエ 「うつるわ!いっぱいうつるわw」

    ナナモ様AA17

    メルウィブ 「それにしてもこじゃれたもん作るんやな。リゾットとか・・・」

    ナナモ 「簡単やで。」

    カヌエ 「そうなんや?」

    ナナモ様AA13

    ナナモ 「サトウのご飯、チンするやん?」

    カヌエ 「?」

    ナナモ 「ほんで、鮭フレークとコンビニの冷たいウーロン茶かけて終わり。」


    カヌエ 「あー・・・・あんな・・・ナナモちゃん・・・

     それちょっと言いにくいけど・・・



    ナナモ様AA15

    それ・・・・・お茶漬けやわ。」

    ナナモ 「リゾットやろっ!」

    カヌエ 「いやいや・・・w 入れるのお茶やろ?w」 

    メルウィブ 「ご飯すら炊いてないやんww」

    カヌエ 「ナナモちゃんw それイタリアン言わへんでww」

    メルウィブ 「え?なんで冷たいウーロン茶なん?w」

    ナナモ様AA18

    ナナモ 「それは・・・・・猫舌やさかい・・・。

    メルウィブ 「どうでもええわwwwww」

    カヌエ 「ちょっとかわいいww ちょっとかわいいけどそれはイタリアンちゃうなあw」

    メルウィブ 「まあ、冷たいお茶漬けやしなww」

    ナナモ様AA19

    ナナモ 「・・・・スプーンで食べんねん。」

    メルウィブ 「そこwwww」

    カヌエ 「ごめんwww ナナモちゃんそこ重要やないねんwww」

    ナナモ様AA20

    メルウィブ 「あっ!w スプーンで食べるからお茶漬けやないとw」

    カヌエ 「あーww そう思っちゃったんやねw」

    ナナモ 「そうやんっ!スプーンで食べるしイタリアンやん!」

    ナナモ様AA21

    メルウィブ 「ほなカレーは?w カレーもスプーンで食べるやんww」

    カヌエ 「ほんまや・・・カレーもイタリアン?w」

    ナナモ様AA22

    ナナモ 「いや・・・カレーは・・・・」



































    ナナモ様AA23

    ナナモ 「・・・・・・インディアン。」

    カヌエ 「wwwwwww」


    メルウィブ 「あんた・・・・www あほやろwwwwwww」



    ナナモさまと女子会A30

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    進め!マイディー小隊!新たなる任務!

    新たなる指令0

    私は!!最初お前たちの事がよくわからなかった!!

    普通の若者は・・・国を守るため・・・愛する人を守るため・・・軍隊に志願する・・・・

    しかしお前たちは違う!!

    お前たちは・・・この私に憧れて入隊を志願したと聞く・・・・。

    しかもそのほとんどが・・・

    新たなる指令1

    私がモーグリキャッチャーでひたすらMGPを溶かしてる姿を見て入隊を決意したと聞く。

    それは今だに、意味がわからない。

    新たなる任務1

    だから、私はこう思った!

    この人の下について置けば、仕事もせずにGSで遊んで楽できそうと思ったんだなと。

    なめたやつらだ・・・軍隊がそんなに甘い所でない事を教えてやる。

    新たなる任務2

    そう思ってお前たちには人一倍きつく当たった。

    戦場で甘さは命取り。お前たちを甘やかすことはお前たちの死期を早めるに他ならないからだ。

    楽ができそうなんて気持ちでここにいても、時間を無駄に使うだけだからだ。

    新たなる指令2

    だがお前たちは!不満を一言も漏らさずに、私の言いつけを守り訓練を続けた・・・。

    もうお前はいらないと除隊させても諦めず・・・何度も何度も面接にやってきて・・・・。

    無言で努力を重ねた。

    新たなる任務3

    お前らはここで何かを見つけたのだろう。

    誰かの為に戦う事の素晴らしさを、ここにきて初めて知ったのだろう!

    街のみんなからもらう、「ありがとう」「助かったよ」という一言一言がお前たちを前に進ませたのだろう。

    新たなる指令3

    そしてお前たちはやりとげた。

    全員LV50になり、一人前の兵士となった。

    新たなる指令4

    やっとこの世界を守るための『力』を身に付ける事ができたのだ!

    これからお前たちは、この世界を守る為に・・・みんなの笑顔を守る為に・・・

    胸を張って前に進んでいくその資格を得たのだ!!

    新たなる指令5

    お前たちにその強い意志に、敬意を表する。

    これからはエオルゼアの為、お前たちは粉骨砕身の意思を持ち、前進を続けるのだ。

    この世界で暮らす・・・みんなの笑顔を守る為に・・・・。

    新たなる指令6

    さあ・・・一人前になった・・・そんなお前たちに・・・・

    最初の任務を言い渡す。

    新たなる指令7

    なんか次、小隊コンテンツにおもしろそうなやつが実装されるまで・・・

    ・・・・特にすることも無いので、『待機』っ!!










    新たなる任務5

    ・・・・・それ以来、隊長は・・・・

    一切兵舎に来なくなった・・・。




    時々でいいから・・・小隊のこと・・・・思い出してあげてください。




    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ガムが切り開く未来。

    ガム

    『おもちゃ屋さん』は どこへ行ってしまったのだろう。

    その昔、おもちゃは 『おもちゃ屋さん』 かデパートにしか売ってなかった。

    商店街にある、おもちゃ屋さんは決して広くは無いスペースにびっしりと箱が詰まれてたりして狭い。
    そんな狭い店内の奥に、おじさんがいる。店に入ってもおじさんは何も言わない。

    ショーウインドウには、そのおじさんの息子が作ったガンダムのガンプラが凛として立っていた。
    僕はそのガンダムが大好きだった。

    しかし、国道沿いに大きなおもちゃ屋さんが誕生した。その名はハローマック。

    全国展開しているおもちゃのチェーン店だ。店内は広く、ゲームの試遊もできて明るい。
    そこはいつもキラキラ輝いており、僕は商店街のおもちゃ屋さんに行かなくなった。

    やがて、同じ国道沿いにトイザらスができた。広くて見やすい店内。車がとめやすい大型の駐車場も完備。
    さらにハローマックには売ってない海外のおもちゃ。値段も安い。

    みんなトイザらスへ行くようになり、ハローマックは消えてしまった。

    そして僕が大人になった今、そのトイザらスは、規模を縮小しやがて消えてしまった。

    最近では、おもちゃは大型電気店で売っている。

    『おもちゃ屋さん』はどこへ行ってしまったのだろう。

    子供の頃よく行った商店街のおもちゃ屋さんはもうずっとシャッターを閉じたままだ。

    あの頃輝いていたショーウィンドウのガンダムも、くたびれてお辞儀をしている。

    さて!本日購入いたしましたのはーっ!!

    ガム1

    バンダイ SHODO ウルトラマンVS 2個

    1個確か500円くらいで買いました。そうです。いわゆる「食玩」というやつですね。

    食玩だと、ブラインドボックスと言って中に何が入っているかわからないタイプの物がありますが、この商品は中身を選んで買えるタイプです。なのでダブる心配はないし、欲しい物が手に入る。

    僕が買ったのは・・・

    ガム2

    「ウルトラセブン」 と「キングジョー」です。

    まー僕、「ウルトラセブン」が大好きでして!!w 今でもガンダムと同じくらい見返す作品のひとつですねー。
    そしてセブンに出てくる怪獣の中でも、とりわけこの「キングジョー」が好きなんですよー!!

    なので今回のSHODOは夢のカップリングすぎました!w

    作品の話をすると長くなりすぎるのでこのへんで・・・

    ガム4

    「食玩」と言うと、言うなれば所詮オマケにすぎないので、まあまあこの程度だろう・・・という妥協がつき物なのですが、このSHODOシリーズはその限界に挑戦していると言うか、プロポーションと可動を極限まで追及しているシリーズ。

    ガム3

    なので、ほんとかっこ良くて、よく動く!!

    軸間接とボールジョイントをうまく使っており、様々なポーズがとらせられるだけではなく・・・

    ガム5

    劇中の技を再現するための数種類のハンドパーツも付属する。

    ワイドショットや飛行時に使う平手や、エメリウム光線用ハンドパーツ、そしてアイスラッガーを握ったパーツ。
    頭部のアイスラッガーはもちろん着脱可能。

    ガム6

    そして何より・・・この「キングジョー」がめちゃめちゃかっこいいっ!

    500円そこそこでこの出来はほんとすごい!!

    バランスの取れたプロポーション。

    キングジョーのデザインってすごいですよね。見ていて飽きないんですよっ!!

    ガム7

    ロボットというと、大体直線をメインでデザインされるのですが、キングジョーはほぼ曲線で構成されている。
    丸みを帯びていて、どこか愛らしさがある。

    凶悪なウルトラ怪獣たちの中でも、ぶっちぎりで無表情。
    無表情でセブンに襲い掛かる恐怖。

    未だにファンが多いのもうなずけますねー。

    ガム8

    そしてガム。

    この商品が『食玩』である証であるガム。

    このガムが1箱に1個コロッとているだけで、その商品の意味合いが大きく変わるのはご存知ですか?

    ガム9

    少子化が進み、今はおもちゃが売れない。

    おもちゃを必要とするパイが減少している。なので、大人も楽しめるようなおもちゃが販売されている。
    今の大人が子供の頃に憧れたヒーローたちがあの手この手でリメイクされ、毎日商品化されている。

    でも、子供がいない人ってまずおもちゃ屋さんに行かないんですよね。おもちゃに興味が無ければ行く必要が無い。

    なので、おもちゃに興味を持つ大人を増やしていかなければならないわけです。

    そうしていかなければ、おもちゃというコンテンツは縮小の一途をたどる運命に。

    ガム10

    必死になったおもちゃはプライドを捨てた。

    自らの箱にガムをひとつ入れて、「俺たちはガムのオマケだ!」と言い張った。

    主役をお菓子にする事で、彼らは人の減ったおもちゃ屋を脱出。流通のルートを食品に変えた。

    そうする事で、おもちゃに興味が無い大人たちの目に留まる、コンビニや、スーパーに紛れ込んだのだ。

    ガム11

    コンビニで一人の男性が、その商品を手に取る・・・。

    うわーなつかしいな・・・子供の頃この人形持ってたなあ・・・・

    「やあ久しぶりキングジョーだよ、懐かしいでしょ?買っみてよ。」

    なつかしいね、ひとつ買ってみようかな。

    ガム12

    へー・・・最近おもちゃってこんなに動くんだねー。すごいね。

    でしょーっ!!おもしろいでしょー!?

    そうだねー。

    ガム13

    でも僕たち・・・所詮オマケなんだよね。
    実は全然本気出してないんだよ。

    そうなの?

    うんうん!そうそうちょうど良かった!

    ガム14

    実は今度、S.H.Figuartsっていうシリーズで「ウルトラセブン」が発売されるんだー。

    こっちは、本気出してるからね、僕たちよりもっともっとリアルでもっともっと動くんだよっ!!

    へーちょっと興味出てきたよー。おもちゃ屋さん行ってみようかな?

    ガム15

    涙ぐましいまでのおもちゃたちの努力。

    みずからのおもちゃというプライドを捨て、オマケに成り下がってまでも、食品売り場に紛れ込み、自らのスペックの片鱗をチラ見せしておもちゃ屋へといざなう。

    『食玩』・・・彼らはおもちゃというコンテンツの尖兵なのだ。

    ガム16

    彼らはきっと思っている。

    「僕たちは『大人のおもちゃ』なんですよ!」

    と自分をアピールできたらどんなに楽だろうと・・・・。
    そんな簡単な一言で自分たちの存在を一瞬で説明できるのに・・・・。

    でも僕たちは、大人のおもちゃだ!とアピールすればするほど・・・
    なんとなくドンキホーテのカーテンの向こうに置かれてしまうような気がしてちょっと恥ずかしい・・・。

    なのでメトロン星人なみにまわりくどい作戦で自分たちをアピールしているのかな。

    少子化が進みおもちゃが売れない世の中で、おもちゃたちはその存在をかけ今日も必死で戦っている。

    あのショーウインドウのガンダムも、お辞儀をしているのではなく、そんな風になってしまった世の中から目を背けているのかもしれませんね。


    独身万歳。←今回はちょっと言いづらい。



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    誓いの言葉。

    誓いの言葉

    今年の12月でじょびネッツアは10周年を迎える。

    10年もギルドを運営していると、いろいろな事があった。良い事も悪い事もみんないい思い出となっている。

    そんなじょびネッツアに、今年ひとつの事件が起こった。

    事件と言っても良い事件である。

    なんとそれは・・・メンバー同士のリアル結婚 という

    とても華やかで幸せな大事件だったのだ!w

    FCじょび1

    今回ご結婚されたのは、リング名「じょびネッツア」の名付け親でもある初代サブマスターのべるさんとオフィーリアさん。

    随分前に りーのから「べるさんとおふぃさん付き合ってんねんで?リア充死んだらええねん。」と密告を受けていたので二人がエオルゼアに来る前から良い仲であるのは知っていました。

    そしてついにゴールインされたわけですね。おめでたい。

    誓いの言葉1

    このたび結婚しました!という発表をLSで受け、FCから何かお祝いができないかとあるちゃんが提案。

    さすがあるちゃん。 そしてじょびネッツア女子チームが中心となり秘密裏に企画を進めることになりました。

    美しい整列と、サプライズはじょびネッツアのお家芸ですからねw

    誓いの言葉2

    ハウスの地下が訳あって現在改装不可になっているため、ゆっきーの個人部屋を女子チームが教会風に改装!!

    なんと気持ちをこめる為、カラクールを狩る所からはじめ、ほとんどの家具や調度品を自分たちで作り上げたそうです!

    レッドカーペットまでちゃんと作ってあって雰囲気がありますね・・・すごい!w

    今回はこの会場を使って・・・ある作戦を実行するとか・・・。

    誓いの言葉4

    作戦決行の日は明日のFCイベント「だらだらデー」。

    この日ならみんな集まるし、自然と二人もやってくるだろう。 

    別の部屋で、普通にDDDを初め、二人が揃ったところで、教会風に改造されたゆっきーの部屋に誘導。

    そこで二人の手製の結婚式を行ってしまおう!という企画だ。

    誓いの言葉5

    FF14にはエタバンがあるのに、なぜ手製の結婚式を行うのか・・・

    その理由は、べるさんだった。 おふぃさんは、べるさんとエタバンしたいのに、べるさんが恥ずかしがって全然エタバンしようと言い出せないからだw なんだこのかわいい二人はw

    もう仕方が無いので、もう二人の結婚式をFCからの強制イベントにしてしまえっ!!という微笑ましいサプライズ。

    僕はバタバタしてたので、今回の企画には参加できず、当日のみ参加という形でしたが・・・

    誓いの言葉6

    当日、時間がずれてしまい司会を務めるはずだったあるちゃんがどうしても参加できなくなってしまい。

    僕が急遽司会を務めることに・・・!!w が・・がんばらないと!

    そんなわけで、DDDを普通にスタートししばらくたってべるさんとおふぃさんがログイン。
    二人には少し待ってもらって、メンバーたちは速やかにゆっきーの部屋へと移動し、準備を始める。

    誓いの言葉7

    神父の役を務めるのは・・・我らの親方、くらいぶさん。

    見た目が神父っぽいという事でこの大役を任されることに・・・。
    普段はじょびのタンクとして、また地下工場を全面的に任される責任者として活躍する親方だが・・・

    こういうシチュエーションには弱いのか、ガチガチに緊張していてかわいいw

    そして、女の子たちの提案でららメンバーはおそろいの服で整列している。
    聖歌隊みたいでみんなかわいいw

    準備が整い、ゆっきーの部屋に来るよう二人に伝えられる・・・。

    新郎新婦のサプライズ入場だっ!!

    誓いの言葉8

    驚く二人。

    しかしここで今から何が行われるか・・・力の入ったこの個人部屋を見ればすぐに理解できたと思うw

    何もいわず祭壇の前に進む二人。大人だ・・・。w

    べるさん恥ずかしがりやだからきっとモニターの前で赤面してますよねw

    そしてエレゼン男子とヒューラン女子のカップルかっこいいなw

    誓いの言葉9

    そして神父役の親方が、二人にこの場で誓いをたてさせる。

    親方 「ベルトロさん、あなたはこの女性を健康な時も病の時も富める時も貧しい時も良い時も悪い時も愛し合い敬いなぐさめ助けて」

    しばし沈黙・・・・なぐさめ助けて・・・?続きは?親方??

    親方 「変わることなく愛することを誓いますか」

    親方の緊張っぷりが伝わってくるも・・・w

    べるさん 「はい誓います。」

    おおーかっこいい!!みんな感動してますっ!!そして誓いの言葉をおふぃさんにも・・・


    親方 「オフィーリアさん、あなたはこの男性を健康な時も病の時も富める時も貧しい時も良い時も悪い時も愛し合い敬いなぐさめ助けて変わることなく愛することを誓いますか」


    おふぃさん 「はい・・・」

    誓いの言葉15

    おふぃさん 「違います。」

    マイディー 「あれっ?」
    ゆかっち 「えっ!?」

    おふぃさん 「まちがえたw 誓いますっ!」

    おふぃさんww 致命的間違いをーーww

    そして、主役の二人からお言葉を頂く流れへ・・・

    誓いの言葉12

    そして・・・ここで・・・べるさんは・・・

    べるさん 「ずいぶんお待たせすることになってしまいましたが、今日はこれを持ってきました。」

    ん?なになに?一発芸でもするの?という雰囲気・・・しかし・・・

    べるさん 「この日のために鍛えに鍛えた彫金の成果 受け取っていただけますか」

    誓いの言葉13

    なんとあの恥ずかしがり屋なべるさんが・・・

    今ここで・・・このタイミングでおふぃさんにエターナルバンドを申し込んだのです!

    誓いの言葉14

    このイケメンすぎる展開に一同は大興奮!w

    かっこいい!w べるさんかっこいいっ!w

    おふぃさん 「はい 喜んで。」

    おおおおーっ!! すごい感動だっ!!

    おふぃさん 「これはちょっと不意打ちでした・・・」

    そう言って、おふぃさんはその場でいきなり生産を始め・・・・

    べるさんにトレードを申し込む。

    誓いの言葉16

    おふぃさん 「やり返してみました。」

    なんとその場で、清純の指輪を作り、べるさんに返したのだ!!

    もうこれには、一同悶絶であるっww かっこよすぎるーっ!!

    だって、この場でさっと作ったって事は、指輪の材料をずーっと持ち歩いてたってことでしょ!?

    それって・・・ずっとべるさんからの言葉を・・・

    けなげにずーーーーっと待ってたって事でしょーっ!?


    誓いの言葉17

    そんなん見てるこっちが泣けてくるわ・・・。

    この二人は絶対幸せになるわ。べるさんにはおふぃさんしか駄目だし、おふぃさんにはべるさんしか駄目なんだわ。

    そんな最高のパートナーを・・・この世界で見つけたなんて・・・。同じFCの中にいるなんて・・・。

    オンライン大三千世界では様々な奇跡が起こる・・・。

    これもまた、そのひとつなんだな・・・。

    誓いの言葉18

    サプライズをしかけて感動してもらおうと思ったのに・・・、二人からこんな感動をもらえるなんて・・・。


    まったくーーっ!!

    もうっ!w お幸せにっ!!w


    誓いの言葉11

    誓いの言葉の後は、せとちゃんからの記念イラストの贈呈。

    誓いの言葉A

    ECO時代の二人と、FF14の二人。

    オンラインゲームで知り合い、二人が長い年月を一緒に旅してきた象徴ですね。
    とても素敵です。


    誓いの言葉B

    べるさん、おふぃさん・・・リアルでのご結婚、エターナルバンドのお約束

    あらためて、おめでとうございますっ!!

    我々じょびネッツア、心より祝福させていただきます。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 11.13

    1113A12.jpg

    こんにちわ!!マイディーです!!

    最近ちょっとVRに興味が出てきた。理由は寒くなってきたからだ。

    VRゴーグルをつければ、暖かいお布団の中で様々なエンタメを楽しめるんじゃないかなとか考えてる。

    VRゴーグルをつけて寝落ちしてみたい。

    ・・・・で目が覚めたらバーチャル空間にいるという経験をしてみたいw

    気になったので、VRヘッドマウントディスプレイが今いくらくらいか調べてみたら・・・。

    どうなってんの?8万円くらいするやつと、4千円くらいのやつと二極化してるやん!!

    そうか、今はそんなに安くなってるのか!と思って4千円くらいのやつを調べると、PCに接続するのではなく、水中眼鏡みたいなのにスマホをセットして使うものらしい・・・。

    すごい・・・なんかちょっと悲しい感じがする・・・w

    でも、このスマホをセットするVRゴーグル欲しい。

    このスマホVRをつけて寝落ちしてみたい。

    そして目が覚めたらスマホがはずれてて、水中眼鏡だけつけてる状態を経験してみたい。

    そうしたらきっと、今の世の中すべてバーチャル空間なんだと思いこんで 毎日をもっと楽しめるのではないだろうか?

    そんなわけで、週末のふわっと日記です!




    1113A14.jpg

    ■ ナナモ様と女子会シリーズ

    勢いで始めたシリーズなので、タイトルを「続」、「続々々」と続けてしまい、今週更新した分は

    「続々々々々々々々々々々々」と「々」が11個もついてしまってる・・・・。

    今更第○回とかにも変えられないし、まあこれはこのまま行くとしてw

    つらくなって来ているのがSSですねーw 僕のPCには「女子会フォルダ」というものがあり、その中にはあのカットシーンだけを撮ったSS 約1061枚が保存してある・・・w

    3人の瞬きの微妙な瞬間とか、口パクの口の形とかかなり細かく撮っていて女子会シリーズを書くときはそのSSを使っているのですが・・・ さすがにちょっと限界を感じてきました・・・。

    あー・・・あの各国の代表に化けられた守護天節のイベントの時に1万枚くらい撮っておくべきだった・・・。

    4.0で新ジョブや新エリアも楽しみなんですが、またあの3人で女子会開いてくれないかなーと期待していますw
    そしたらあと3年は戦えるっ!w

    この間若葉さんとお話したときに、「ナナモ様って関西弁なんだと思ってました!」と言われました。

    ほんと、すいません・・・。




    1113A15.jpg

    ■ 芸人だった時の話。

    おたより頂きました。

    マイディーさんは 昔 芸人さんだったと記事に書いてらっしゃいましたが、なんというコンビ名だったんでしょうか??
    芸人時代の話を聞いてみたいです!

    ペンネーム:光のお笑い芸人さん


    まあちょっと活動してたコンビ名は言えません・・・。まだググると出てくるので・・・。
    本名でやっていたので、それを話すと完全に身バレしますので・・・w
    同じようなおたよりをちょくちょく頂きますので、活動時期や個人名なんかを伏せながらちょくちょく書いていこうかなと思います。

    僕は、高校を卒業し、浪人時代を経て友達に誘われ『吉本総合芸能学院』に進学する事になりました。
    進学?違うなw 専門学校でもなんでもないのでw

    とはいえ、1期生でダウンタウンを排出したあのNSCです。僕が試験を受けたときは倍率は20倍くらいでしたね。
    今はどうなってるかさっぱりですが・・・・。誘ってくれた友達と一緒に受けてコンビで合格。

    晴れてNSC○○期生として、お笑いの勉強を始めたんです。入学(?)した時は同期の生徒が100人ぐらいいたと思います。
    なんせお笑いスターを目指す人たちですからクラスでも一番おもしろい奴が全国から集まってくる訳です。

    稽古場の近くに公園があり、その向こう側にラブホテルがあるんですよ。
    大体、授業(?)が終わったらみんななんとなくその公園に集まってお笑いに対する持論を披露しあう。
    それを見て「素敵!」って思われた男子はその女子と奥のラブホテルに行く・・・というパターン。

    いやー、僕はその公園が大嫌いでしたw 燃えちまえって思うくらい嫌いでしたねw

    えらそうに「今のお笑いは駄目だ」とか「俺は伝説を作る」とか言ってるんですが、そういう人たちに限ってネタを作らないんですよねw

    そしてそういう人から順番に授業(?)に来なくなっていくパターンですねw

    ぴぃさん10話13

    僕が通っていたころのNSCの授業はわずか3つだけ。

    「漫才」、「発声」、「演劇」の3つです。

    「発声」は腹筋したりして大きい声が出せる訓練をしていく。しんどい。
    「演劇」はお芝居の練習をする。コケかたの練習とかしましたねw 
    この授業にのめりこんで行く人は、新喜劇を目指すようになるw

    そして要の「漫才」の授業・・・これがすごかった。そして僕はこれが一番好きでしたw
    「漫才」の授業なんですが、先生がネタの作り方とかをテキストに沿って教えてくれる授業ではありません。

    稽古場に1枚のホワイトボードがあって、1から20までの番号が振られている。
    そこにコンビ名を書いて、ネタをするんです。そしてしなくてもいい。

    初日からそれでしたね。授業が始まると、漫才の作家の先生がいて、50人くらいの生徒が座っている。
    その前で誰から教えてもらったわけでもない漫才やコントを披露する。

    見ている生徒は仲間ではありますが、将来的にはライバルになる人たちばかり。
    なので、必然的に仲が良くても「笑ったら負け」という空気が充満している。

    そんな最初から凍りついた稽古場で3分間のネタをやるわけです。

    僕らは入学前から予習していくつかネタを持っていたので、初日から勇気を出してネタをやりました。

    恐らく僕の人生の中で、あれほど勇気を振り絞ったことは後にも先にも無いかもしれませんw
    もちろん結果は、全然うけませんでした。

    ネタを披露すると、作家の先生から参考になるかならないかわからないような適当なコメントをもらい。
    他のコンビのネタを見る。もちろん笑ったら負けです・・・。

    そんなちょっと変わった吉本総合芸能学院の1年間。また機会があったら書きますね。

    なんか書きながら当時を思い出してニヤニヤしながら書いてしまった・・・w




    どらくえがくえん

    ■ どらくえがくえん。

    今週久しぶりに遊んだ、ドラクエX。おもしろかったなー。まだ学園終わってないんですけどねw

    こんな本編とは180度違うコンテンツを実装するとは思ってみなかった。
    「こんなの作る時間とコストあるなら、もっとドラクエさせてくれ!」みたいな意見もあるみたいですね。
    ドラクエ愛が高い人とかなら、たしかにその気持ちもわかる気もする。ドラクエの世界観が好きなんだ!という人も多いですもんね。

    ありそうでない、過去にはあったけど無くなった学園物MMOとかやってみたいなーと思ってたので僕にとってはお得な感じでしたw

    今後は部活動とかそういうものも実装されるのかな?夏休みイベントとか体育祭イベントとかも始まったりするのかな??w

    なんか作るほうも楽しそうでいいですねこれw

    時間見つけて進めていかないとー!




    じょしこうへい1

    ■ クラシックミニファミコン欲しい。

    くー!!誤算だったー!!クラシックミニファミコン買えなかったー!!予約しなくても、当日電気屋に行けば買えるだろうとか思って余裕ぶっこいてたら、近所の電気屋さんが全店予約完売してたw 売れてるんですねー。

    しゃーないアマゾンで買うかと思ったら、転売屋が倍くらいの値段付けて売ってるし・・・もうだめだ・・・。
    二次出荷は12月中旬のようですねー。うーーーーんw

    まあやりたいのはFF3だけなんですけどね・・・・w もうファミコンとFF3買おうかなw

    ちなみに写真はfigmaのリトルアーモリーのなんとかさんです(名前忘れ・・・)。

    前に買った魂エフェクトのビルと合わせて、女子攻兵にしたかったので、買いました。


    そんな感じの一週間でした!

    またあした!!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    光のぴぃさん第10話 「それはちょっと無理かも・・・と思ったけどやるしかなかった。」

    ぴぃさん10話1

    「●▲さん・・・先日の件ですが・・・・。」

    「あー、資料見ましたよ。なんか新しい試みだなとは思いました。
    でも・・・ゲームでドラマを撮るっていうのがどうも現実離れしてませんか?」


    「最近のゲームはほんとすごいんですよ。」

    「エモートというのでお芝居するんでしたっけ?」


    「はい・・・。百聞は一見にしかず、こちらをご覧ください。」




    ぴぃさん10話2

    「たしかに・・・演技してますね・・・
    これCGムービーじゃなくて誰かが操作して演技してるってこと?」


    「そうなんです。しかも作ったのはプロではなく、このゲームで遊んでいるプレイヤーさんです。」

    「・・・・・すごいな。」

    ぴぃさん10話A15

    「はい。でも驚くのは そこじゃないんです。」

    「ん?」

    「何より驚くのは・・・・
    素人である彼らが・・・このパイロットムービーを・・・


    光のぴぃさん10話2

    わずか2時間で完成させたというところです。」

    「2時間!?」

    ぴぃさん10話A14

    「はい・・・。●▲さん・・・これと同クオリティのCGムービーを専門の制作会社に発注した場合・・・一体どれだけの時間と金額がかかりますか・・・?」

    「・・・・・・。」

    「モデルを製作し、モーションを撮り、背景を起こし・・・途方も無い時間と金額がかかるでしょう・・・。しかし素人がそれを たった2時間でやってのけた。」

    ぴぃさん10話3

    「彼らにプロの映像作家を監督として付け・・・プロの声優が声を付ける・・・そうすれば充分視聴に耐える まったく新しいドラマが完成すると思いませんか?」

    「たしかに・・・・。」

    「これが彼らの言う・・・オンラインゲームの新しい可能性です。

    「・・・・これはおもしろそうですね。」






    人は 「夢」 をみる。

    希望・・・ 憧れ・・・

    こうなれたらいいな・・・・ こうだったら幸せなのにと・・・・ 人は様々な「夢」を想い描く。


    そして その「夢」が「目標」に変わったとき・・・

    新しい冒険が始まるのかもしれない・・・・。


    この物語は・・・・

    「ゲームプレイブログのTVドラマ化」
    という、 前人未踏の夢に【挑戦】する・・・


    ひとりのゲームブロガーと、
      ひとりのプロデューサーの物語である。

    ぴぃさん10話タイトル

    久しぶりにマイディーさんを訪ねてやってきた訪問者・・・

    それは誰もが知っている出版社・・・『講談社』からのお客様でした・・・。

    しかも・・・ぴぃさんのご紹介でここに来た・・・・という事は・・・【光のお父さん】の原作本は講談社から出版されるという事なのかな・・・?とりあえず私は、事情をマイディーさんに説明し、応接室へお客様をお通しする事にした。

    年月日表記56

    「は・・・始めまして・・・一撃確殺SS日記というブログをやっております、マイディーと申します。」

    マイディーさん・・・ちょっと緊張してる感じですね・・・

    ぴぃさん10話A414

    「始めまして、私、講談社で編集をやっておりますタカダと申します。」

    ぴぃさん10話A16

    「講談社って・・・ViVIi出してる講談社ですよね・・・!?」

    「はい。」

    ぴぃさん10話A17

    「なかよしの全プレに応募したら、ほんとに全員に送ってくれる講談社でしょうか?」

    「ほんとに全員に送る講談社でございます。」

    ぴぃさん10話A44

    「こ・・・講談社って・・・あのコミックボンボンの講談社ですよねっ!?」

    「はい。プラモスピリッツの講談社でございます。」

    ぴぃさん10話A43

    「うあああああっ!!」

    ぴぃさん10話A18

    【ど・・どうしよう・・・あるちゃん!せとちゃん・・・
    今回の出版社は・・・


    聖闘士で例えたら・・・黄金聖闘士だよっ!!】

    ぴぃさん10話A19

    【マイさん、気をつけてください。聖闘士ナントカ矢は、S社、もしくはA書店です。
    聖闘士で例えてはいけません。】


    【ええ・・・っ!?じゃ・・じゃあ・・・】

    ぴぃさん10話A46

    「あのっ!僕!コミックボンボン派でしたっ!!プラモ狂四郎大好きだったんです!」

    .「あはは・・・ありがとうございます。【弊社】のボンボン読んでくださってたんですね。」

    「はいっ!大好きでした!もういっこのよく転がりそうな名前の分厚いやつは全然読んでません!!プラモ天才エスパー太郎は読んでませんっ!!

    「ははは・・・」

    ぴぃさん10話A47

    「読んでません!!プラモ天才エスパー太郎は読んでません!!決っして読んでないです!なんかちょっと語呂も悪いし!プラモ天才エスパー太郎は!!

    あ・・すいません、ほんとはちょと好きですプラモ天才エスパー太郎・・・でもちょっとだけで・・・

    お願い殺さないで・・・。


    マ・・・マイディーさん・・・舞い上がりすぎて・・・
    訳のわからない敬意の表し方に・・・

    ぴぃさん10話A20

    「あの・・・マイディーさん・・・プラモなんとかは置いておいて・・・ご用件を・・・」

    「あ!失礼しました!ご用件をお伺いしますっっ!!」

    ぴぃさん10話A21

    「はい・・・実は知り合いを通しましてぴぃさんという方から、マイディーさんの書かれた【光のお父さん】の書籍化企画を頂きまして・・・」

    「はい・・・。」

    ぴぃさん10話A415

    「なんでも今、皆さんでTVドラマ化に【挑戦】されているらしいですね・・・。ぴぃさんが熱く語ってらっしゃいましたよw」

    「ええ。できるかどうかはわかりませんが、この世界の仲間たちと一緒にがんばってます。」

    「いやいや、夢があってよろしいですねーっw」

    ぴぃさん10話A22

    「私も昔は、マイディーさん達のような 何かに【挑戦】する熱い作家さん達と一緒に仕事をしたものです・・・。私も若く作家さんと一緒になっていろんな事に【挑戦】したものですw 本当にあの頃は良い時代でした。」


    ぴぃさん10話A42

    「そして今回・・・ブログの【光のお父さん】も読ませて頂きました・・・・」

    「はい・・・・。」

    ぴぃさん10話A23

    「私・・・オンラインゲームですか?これがさっぱりわかりませんでして・・・」

    「は・・・い・・・。」

    「私の部署は政治や経済のノンフィクションなんかを取り扱う部署でしてね・・・ゲームのノンフィクションを出した経験も無くてですね・・・・。ですのでどの形が正解かはなんとも言えない所ですが・・・
    これを本にするには・・・いくつか問題点がありまして・・・」


    「はい・・・。」

    ぴぃさん10話A12

    まず第一に【長い】です。

    本のサイズは、四六判、約270ページくらいが丁度いいでしょう。

    そうなると、全てのエピソードをそのまま入れ込むことが難しい。という事はいくつかのエピソードを選択して、入れなす必要がでてくる。

    しかし、そうすると各話がぶつ切りになってしまい、お父さんが長い旅路の果て目的を果たしたという部分が伝わりにくくなります。


    ぴぃさん10話A13

    次に「写真の数」です。

    これら全てをフルカラーで印刷するとなると、前頁フルカラーにしなければなりません・・・・。

    そうなってくると、印刷コストが高くなり、1冊5,000円以上になってしまいます。
    それではさすがに売れません・・・。

    ですので、写真も減らさないといけませんね。
    4ページに1枚くらいならなんとかなるでしょう。

    しかし、そうすると【光のお父さん】の持ち味である漫画と小説の中間のような読み物という雰囲気は失われてしまいます。

    ぴぃさん10話A24

    「そしてSQEXは出版もやってます。講談社がFFの本を出した例もありません。さらに言えば・・・ブログの記事はファンの方もおられますでしょうし消せません。ということは、本を買わなくてもブログを読めば良いわけです。」

    「はい・・そうなりますね・・・・。」

    「今回ドラマ化を目指すにあたってしっかりとした原作として書籍が必要だという事はよくわかります・・・・。」

    ぴぃさん10話A25

    「ですが・・・、この【光のお父さん】を書籍化するのはあまりに障害が多く 書籍化不可能 と判断しました。」


    重たい空気だった・・・・。

    ドラマ化に向けて、強い原作権を持つ書籍の出版は必要不可欠であり、これができないとなると【光のお父さん】のドラマ化は更に困難になってしまう。

    ぴぃさん10話A26

    【光のお父さん】の持つ持ち味というか、構造的な問題が書籍化の妨げになっている・・・。

    ここまでがんばって来たのに・・・・こんな根本的な問題があったなんて・・・

    これではマイディーさんが・・・あまりにも・・・


    ぴぃさん10話A48





    「でもね、マイディーさん・・・・。」



    「だからこそ・・・思ったんですよ・・・・。」



    ぴぃさん10話A416
    ぴぃさん10話V
    「え?」
    「えっっ!?」

    ぴぃさん10話A41

    「ブログも最後まで読みました。ゲームのことはよくわかりませんでしたが、これはオンラインゲームを通じてこじれた親子の仲が埋まっていくという・・・立派なノンフィクションだというのはよくわかりましたよ。」

    ぴぃさん10話A49

    「ありがとうございますっ!」

    ぴぃさん10話A417

    「私も講談社で長く編集をやってきました・・・。

    大作家さんの本は、極端な話私が担当しなくても売れるんです。
    あなたのようなこれからの人を担当する方が・・・編集は楽しいんですよ。
    私もまた昔のように熱くなりたいです。一緒に良い本にしましょう!」


    「よ・・・よろしくお願いします!」

    ぴぃさん10話A11

    【挑戦してみたい】・・・・。 

    タカダさんのその言葉を聞いた時、私はぴぃさんと同じ意気込みを感じました。

    何かを作るのは挑戦の連続・・・何かに挑むその気持ちが無ければ、きっと良いものは作れないんだろうな・・・。

    タカダさんはその気持ちを持ってくれている・・・だからこそぴぃさんがこの人に企画を持ち込んでくれたのかもしれない・・・。

    ぴぃさん10話A418

    「今回一番の難所と思われる部分、弊社からFFの本を出すというのは・・・・
    ぴぃさんがSQEXと交渉し、14チームが社内で調整してくれたそうですよ。」


    ぴぃさん10話A27

    「ぴぃさんおとこまえっ!!」
    「SQEXもおとこまえ。」

    ぴぃさん10話A28

    「マイディーさんすごいですねっ!皆さんの気持ちが少しずつ・・・集まってきたんですね。私も私にできる事がんばりますっ!」

    「私に・・・できること・・・。」

    ぴぃさん10話A419

    「ではまず・・・どの話をカットするかから考えましょうか。私が思うのは・・・・」

    ぴぃさん10話A410

    「タカダさん・・・。そういうのは・・・しません。」

    ぴぃさん10話A420

    「ん?でも構成考えないとすごいページ数になりますよ。」

    「270ページですよね・・・」

    「まあそれくらいが理想かと思いますが・・・」

    ぴぃさん10話A30

    「今回のドラマ化に向けて・・・いろんな人がいろんな事に【挑戦】してくれています。」

    ぴぃさん10話A31

    「誰だって楽な方が良い。
     難しいことは考えたくないし、逃げたくなる。
    でも、本当に楽しく笑う為には踏ん張って頑張らなきゃいけない時だってある。


    ぴぃさん10話A411

    「きっとみんなそれを知ってるんです。だから僕も・・・、僕にも【挑戦】させて下さい。」

    「挑戦・・・・」

    ぴぃさん10話A33

    【光のお父さん】の構成を再度見直して・・・・

    きっちり270ページになるよう・・・書籍用に・・・

    1113A16.jpg
    ぴぃさん10話V2mif
    そうすればきっと、一度ブログを読んだ人も楽しめるし・・・もっとオンラインゲームを知らない人にもわかりやすくする事ができると思うんです。

    ぴぃさん10話A121

    文字は横書きで、SSは単色でもかまいません。 必要な箇所は撮りなおします。

    本文中によく使った間を演出する長い行間の演出も・・・ページのめくりをうまく利用すれば再現できると思います。

    そうすれば、予算的にも 構成的にもブログの持ち味をそのまま伝える事ができると思います。

    ぴぃさん10話A412

    それが僕の・・・【挑戦】ですっ!!

    ぴぃさん10話A34

    「同じ物語を再度書き直し、書き下ろす・・・ですか・・・。
    いい【挑戦】ですね・・・・。本当に編集の仕事はおもしろい・・・。
    おもしろそうです・・・書き方は私が教えます。」


    ぴぃさん10話A421

    「一緒に良い本・・・作りましょう。」



    ぴぃさん日付表記1010

    マイディーさんはこの日からハウスに閉じこもり、執筆を開始。

    これが問題なく完成すれば、講談社から発売される事になり、ドラマ化された際はこの書籍が原作となる。

    問題なく・・・完成すれば・・・・。



    ぴぃさん10話A35

    「しかし、すごい大風呂敷広げちゃいましたね・・・大丈夫ですか?」

    「うーん、さすがにそれは無理かなと思ったけど、やるしかないって思ったんだよ。」

    「でも・・・」

    ぴぃさん10話A36

    「『誰だって楽な方が良い。難しいことは考えたくないし、逃げたくなる。
    でも、本当に楽しく笑う為には踏ん張って頑張らなきゃいけない時だってある。』

    ・・・って・・・ちょっとカッコ良かったねってちなみちゃんと言ってたんですよw」


    「ははは・・・。」

    「ジーンときましたw」

    「そりゃそうだよ・・・w」


    ぴぃさん10話A413

    「スマイルプリキュア!
     第31話『ロイヤルロックとキャンディの秘密!!』

     
    ・・・で、キュアハッピーが言った台詞だからね。」

    「ぷ・・・ぷりきゅ・・・ち・・ちなみちゃん・・・
    ま・・まさかのプリキュア語録でしたよ・・・。」


    ぴぃさん10話A37

    「問題ありません。プリキュアの本も講談社です。」

    「あ・・はい。」


    いろんな人に背中を押され、勇気をもらい・・・。

    「光のドラマ化計画」は少しずつですが、着実に進んでいくのでした。




    ぴぃさん10話A39

    じょびハウスで原作本の執筆に大忙しのマイディーさん。

    そこにぴぃさんが、お客様を連れてやってきた。

    「クリエイティブ方面をそろそろ進めていきます。脚本家を連れてきました。」

    え!?それって!TVドラマ【光のお父さん】の脚本を担当する人!?

    ぴぃさん10話A40

    「え?そのままではドラマになんかできませんよw」

    そう言って脚本家さんが持ってきた脚本・・・。

    それは・・・まったく見たことが無いストーリーだった。


    次回、光のぴぃさん第11話

    「それは、【光のお父さん】ですか?」

    おたのしみに。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    表情の話。

    表情の話

    お母さんちょっと遅なったし、今日の晩御飯は冷蔵庫にあるもんでええか?

    すいません、今日の記事はそんな記事ですw

    しまった・・・今回のぴぃさん書き上げてぼーっとしてたw

    さてさて、当ブログなのですが・・・・

    表情の話。1

    「ええっ!?」

    ・・・みたいな、SSを挿絵というか、マンガのコマ的に使ってお話を進めていくという手法をよく使っております。

    FF14の場合であれば、エモートと表情、リップシンクを組み合わせて撮影しているわけなんですね。

    表情の話。3

    光のぴぃさんは、先に文章を作ってからSS撮影をしていく方式をとっているので、いろんな感情に合わせて表情を作っていく作業になります。

    人間の感情は大きく「喜怒哀楽」という4つに分けられます。

    表情の話。2

    その喜怒哀楽を、表情エモートを駆使して表現しているのですが、そこから見えてくる発見もあったりするわけです。

    表情の話。4

    例えば「喜び」「楽しい」という表情。

    「微笑み」「笑顔」という2段階の表情エモートがあるんですよね。

    その他にも「不適」や、「自信」、「ウインク」。そして最近実装された「悪だくみ。」

    表情の話。5

    これらのエモートは、全て口角があがります。

    口角が上がる表情は、相手に対し「好意的」な印象を与える表情です。

    表情の話。6

    最近実装された「悪だくみ」も悪い事を考えているという意味なのに、どこかユーモラスに見える。

    口角が上がっているからですね。

    なので喜怒哀楽の喜びや楽しいは、表情エモートの数も多く表現しやすい。

    表情の話。7

    そして喜怒哀楽の「哀」の表現。

    悲しいだけでなく、恐怖の表情や、驚き、不安も「哀」に含まれます。

    「恐怖」「泣き顔」「激痛」「心配」など、眉が下がる表情も豊富に用意されています。

    なので、困惑するシーンや恐怖したり悲しんだりするシーンなんかも選択肢が多いんですよね。

    そして最後は・・・「怒」の表情。

    表情の話8

    実は無いんですよ。

    「怒る」というエモートはあるんですが、表情は無いんですよ。

    怒ってる表現としては眉が上がり目を細め、歯を食いしばるイメージなんですが、それに該当するものがありません。

    エモートにはあるのに、表情には無いんですよね。

    唯一、「不機嫌」と「感知」がそれに近い。なのに不機嫌とリップシンクを使い表現しています。
    選択肢はこの二つしかないのでワンパターンになってしまう。

    表情の話。8

    なので、今回のような「強い意志を持って意見する。」というシーンは難しかったりするわけですね。

    こういうシーンは、毎回苦労するw

    しかし、なぜ「怒りの表情」なんていう単純な感情が実装されてないんだろう・・・

    表情の話。9

    それはこれが「オンラインゲーム」だからですね。

    怒りの感情を受けて嬉しいなんて人はまあ、いません。

    これは運営の意図的な「配慮」なのかなと思っています。

    表情の話。10

    ガンプラの劇中再現度は年々進化し続けています。

    しかし、どのガンダムもブレードアンテナの先だけは再現しません。

    先を尖らせる技術が無いのではなく、お子さんがあまやって怪我をしないように「配慮」されているんです。

    怪我がおきてからでは遅いですしね。

    表情の話。11

    これと同じように、他のユーザーに対して、深いな気持ちを抱かせるようなものは、実装しにくいんだと思います。

    「ひっぱたく」「物を投げる」のエモート・・・ これ、どちらも笑顔ですしねw

    「怒り」の表情が無いのは、そういった「配慮」からではないかと思います。

    表情の話。12

    もっともっとオンラインゲームのプレイヤーが相手の気持ちを思いやれる大人なら、そういった配慮もいらないのでしょうね。

    なかなか難しい問題ですねー。

    ・・・って、まあ僕の推測に過ぎないんですけどねw

    あーっ欲しい!眉がつりあがる表情っ!!w


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    かっこいいSSを撮ろう。~モンク編~

    モンク編

    やがてやってくる・・・モンクの時代・・!!

    来年の紅蓮が実装されれば、モンクの時代が到来する!!いよいよ到来する!!

    街にはモンクが溢れかえり、モンクでいっぱいになるっ!!

    それを境に世界の中心はモンクになり、アメリカの新大統領にはモンクが選ばれ、TVはどこのチャンネルもモンク特集。
    ファッション雑誌はこぞってモンクファッションを取り入れ大旋風を巻き起こす・・・。

    まあここまでは誰でも予想できるはずなので、今からモンクを頑張っていこうという人も多いと思います。

    モンク編1

    でもモンクって難しいんじゃないの?いつも忙しそうだし・・・。

    たしかに・・・。まだモンクを触ったこと無い人たちはモンクにそういったイメージを持っているかもしれませんね。

    疾風迅雷を切らさずにいかに多くの攻撃を敵に入れるか・・・その為におしまぬ特訓の日々・・・。

    今日はモンクは難しそうとイメージしてしまい、育成に二の足を踏んでしまってる皆さんに・・・・。

    モンクの基本を僕が教えましょう。

    これさえ覚えれば、モンクがんばっていこう!そういう気持になることうけあいです。

    ではまず・・・絶対覚えておきたいモンクの基本・・・それは・・・

    モンク編3

    南ザナラーンの特殊気候・・・「灼熱波」です。

    あれ?マイディーさん・・・?コンボの基本とかそういう話じゃないの?立ち回りの仕方とか・・・・。

    はい。違います。モンクを始めるにあたってコンボよりも大事なのは「灼熱波」です。

    なぜ、灼熱波が大事なのか・・・?

    まずはこちらをご覧ください。

    モンク編4

    モンク編5

    モンク編6

    これは、モンクにジョブチェンジして「戦士の演舞」を行っているSSです。

    かっこいいですね。 え?戦士の演舞はモンクじゃなくてもできるだろうって?

    はい。そのとおりです。モンクじゃなくてもできます。でも学者がやってる演武と、モンクがやってる演武とでは・・・

    気持が大きく違いますからね!まあそんな事より・・・!!大事なのは「灼熱波」です。

    通常のエリアでの戦士の演舞を確認したら、南ザナラーンのサゴリー砂漠へと向かいます。

    夜明け前に出発するといいでしょう。

    モンク編7

    そして小高い丘の上で、ポーズを決めたまま朝日を浴びます。

    そうする事で、人間の中に存在するという・・・「功夫」が目覚め始めます。

    「いさお」じゃないよ。「クンフー」だよ。

    モンク編9

    ここで演舞エモートを連打して、演舞を開始・・・!!

    モンク編10

    四肢が空を切る音が、己に眠る功夫を高めていきます。

    無我夢中で続けましょう!

    モンク編11

    太陽が昇り、そして沈んでいく・・・その間もずっと演舞を続ける・・・。

    そして・・・やがて・・・己に眠る「功夫」が高まりきったとき・・・。

    モンク編12

    天候が「灼熱波」に変わる!! ※ 灼熱波に変わるまでの時間には個人差があります。

    そして灼熱波を浴びることにより・・・!!

    功夫が高まった演舞に変化が・・・!!

    モンク編111

    ユルユルユル・・・・

    モンク編13

    ユルユルユルユル・・・・

    高まった功夫が、演舞の動きに残像を生み出す・・・
    そうこれが・・・これこそがっ・・・!!


    モンク編14

    モンクの究極奥義・・・

    モンク編15

    「無双転生」であるっ!!

    モンク編16

    ・・・・という感じのSSが撮れるのであるっ!!

    モンク編112

    とにかく灼熱波の時のみ現れる、残像がかっこいいw

    モンク編17

    グループポーズで撮ると、残像はまろやかになります。

    これもイイ感じ。まあモンクじゃなくてももちろん撮れるんですが、モンクでやるとテンションが上がりますよw

    灼熱波のサゴリー砂漠は、モンクのお勧めSSスポットですw

    モンク編113

    太陽を使ってドラゴンボール的な技も・・・ばっっ!! ポーヒー!

    さあ!4.0に向けて、形からモンクを始めよう!!

    コンボなんてそれからだっ!!w


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    TERA 次世代の到来。

    次世代オンライン0

    新しい世界が生まれては消える オンライン大三千世界。

    新しい世界が生まれれば生まれるほど、僕達の選択肢は増えていく。

    今の時代は、一時に爆発的に増えた世界も淘汰され、安定期に入ったのかもしれない。

    そんな風に思っていたらつい先日、新しいゲームがサービス開始から26時間でサービス終了という、なんとも頭を抱える事件が起こった。オンラインゲームの世界もまだまだ波乱の時代なのかもしれませんね。

    モンク編18

    そんなオンライン大三千世界にも、一時期「黄金時代」のような時期があった。こう書くと今は廃れてしまったみたいに見えるのであまり好きではないが、その頃は雨後のたけのこのように、にょきにょきと新しいオンラインゲームが誕生していた。

    当時はまだ2Dアクションなオンラインゲームが多く、3Dのものもあるにはあったが数はそんなに多くなかった。

    そんな中「TERA」と「ブレイド&ソウル」は、ハイポリゴンな美しい背景と、魅力あるキャラクターが際立っており、「次世代オンラインゲーム」なんて呼ばれていた。ちなみに旧FF14もその中のひとつだった。

    しかし、旧FF14がスタートするも、ご存知な状態でのスタートだった為、国産MMOに見切りを付け、海外からやってくる新しい世界に期待をよせている人も少なくは無かった。

    そんな中、日本にやってきたのが「TERA」だった。

    エリーン。1

    海外のオンラインゲームらしく、個性溢れる「種族」も魅力があった。動物の姿をした「ポポリ」や、悪魔的な「キャスタニック」、無骨な「アーマン」。中でも爆発的な人気を獲得したのが「エリーン」だった。

    まあ・・・わかる。
    という事で僕もエリーンで遊んでましたw

    次世代オンライン9

    で、遊んでみた最初の感想は「戦闘が楽しい」でした。

    僕はどちらかと言うと、どのオンラインゲームも遊び始めると文化的な部分に目が行ってしまうのですが、TERAでは戦うのが楽しかったですね。僕はバーサーカーという斧を振り回すクラスで遊んでいたんですが、何より感心したのは

    斧が重い。という部分だったんですよね。

    体が小さいエリーンでプレイしていたからこそ思ったのかもしれませんが、斧を持ち上げるにしてもいったん腰を落として、えいや!って持ち上げる。そして斧の自重で叩き割るという戦い方が見てるのも操作しているのも楽しかったんだと思います。

    モンハンの大剣以来の衝撃でしたねw 世界も美しくアクションも楽しい。たくさんの友達ができた。
    ギルドじょびネッツアも作り、公式のSSコンテストにも入賞し順風満帆のスタートだったんですが・・・・。

    次世代オンライン10

    正式サービスが始まってからの人の引きがすさまじく感じた。

    オープンβではプレイ料金が発表されず楽しい楽しいと遊んでいたのですが、正式サービス開始とともに月額3,000円。
    と発表され、数ヶ月は続けたものの足が遠のいてしまった。

    今はもう無料で遊べるようになったんですね。運営も変わり、新しい世界がどんどん広がっていってるのかな?

    オンラインゲームも商売なので、運営会社が儲からないと意味が無い。それはわかっていても、その発表のタイミングやその周辺の情報の出し方に嫌悪感を抱いてしまうと、ゲームは楽しいけど人は離れていくんだなと学ぶことができました。

    次世代オンライン11

    TERA好きなんですけどね・・・。

    運営も変わってしまい、そのタイミングも離れていたのでアカウントがどうなったかわからなくなってしまった。

    新しくクノイチとかも実装されて興味あるんですけどねーっ。いつかまたやってみようと思います。


    毎回思いつくままに書いているこのコーナーなので、相変わらずまとまりのない内容ですが・・・


    次回があるとすれば・・・

    僕の大好きだったオンラインゲーム(?)
    「パーティーキャッスル」にしようかなw
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    伝説の合コン。

    合コン

    アスフェルド学園に潜入してしばらくが過ぎた。

    封印危機対策委員会、通称フウキに所属して、学園に張り巡らされた封印を解除してまわる毎日。

    少しずつ、学園の封印は解かれていくものの、まだまだ謎は多い。

    一体誰が何の理由で、平和な学園を封印しようとしているのか・・・。

    合コン1

    地道な活動続けるフウキにも頼もしい仲間達が増えてきた・・・。

    赤髪イケメンとか、天然イケメンとか、金髪とか黒タイツとか・・・。
    なんというか、非日常学園物としての基本に忠実なキャラ配置、うんうんとうなづきならストーリーを進めていく。

    合コン2

    そんな日常を送っていく中、時折不穏な言葉が構内の生徒達の間で飛び交っているのを耳にした。

    そのワードは・・・「合コン」。

    「○○ちゃん合コン行く?」「行こっか。」

    それだけではなく、「お持ち帰り」というワードまで飛び交っている。

    合コン3

    実は僕、リアルで「合コン」って行った事無いんですよ。

    合同コンパ・・・。何度か誘われたことはあるんですが、それが何をする集まりなのか昔からよくわからないんです。

    まあ知り合いの知り合いくらいのつながりの男女が集まって、お酒飲んだりしてきゃっきゃって話すんだとは思うんです。

    その「目的」がよくわからなくて、仮に行ったとしても、何を話せばいいのかさっぱりわからない。

    知り合いと飲みに言ったら、互いを知ってるので、あれどうなった?とかあいつどうしてるの?とか共通の話題もあるだろうけど、知らない人と席に座って幹事の人が

    「では、今から合コンをはじめます・・・
     準備はいいですか?では・・・トークスタート!!


    って始まるんでしょ?? まあ最初は自己紹介するんだろうけど・・・その後何はなすの?

    趣味の話とかすればいいんだよw とか言うけど

    何?延々と「トランスフォーマーのG1」の話とかしていいの?
    それ聞く体制できてんの?大丈夫なの?? そんなの考えるだけで恥ずかしい・・・。

    合コン4

    ・・・・という理由から「合コン」とやらに一度も行った事が無い。

    しかし・・・このアスフェルド学園では、まるで放課後の部活動のごとく合コンが行われているらしい。

    想像するに、何かしらのクエストをクリアすれば、合コンに参加できるようになるのではなかろうか?

    合コン5

    その言葉を知って以来、フウキの仲間達と青春ロードまっしぐらって感じでストーリーを進めて行く中、
    頭の中は合コンという言葉でいっぱいだった。

    リアルでは合コンって行った事ないけど、それがドラクエ10のシステムとしてあるのなら・・・どんなものか見てみたい!!

    合コン6

    もしそれが本当になるのなら、オンライン合コンみたいな感じなんだろうか?

    次、○○さんのトークタイムですとかなって、面白い話とかして・・・マッチングした相手がおもしろかったらいいね!入れたりして・・・相性のゲージが上がったり下がったりして・・・。

    最後は、気に入った人をひとり指名して・・・互いに指名してたらその後、二人で別マップに行って・・・みたいな??

    合コン7

    けしからんっ!! なんだそれは!! ドラクエ10は小学生とかのキッズもいるんだぞ!!

    すれたおねーさんみたいな人が、小学生の男の子に、胸元ちらつかせて反応見て楽しんだりするんでしょっ!!?
    小学生の女の子に、おじさんと鉄棒しにいこっか・・・とか日常茶飯事になるってことでしょっ!!?

    地球があぶないっ!! そんな不埒なシステム許してはおけないっ!!

    早くストーリーを進めて、調べなくては!! 謎の合コンシステムをっ!!

    合コン8

    そしてついに発見!合コン開放クエストっ!!

    合コン9

    即効でクエストを済まし、合コンに参加できる資格を得る。

    合コン10

    教室にいる、このチャラそうな女の子に話しかけて合コンに参加するようだ。

    このたち方・・・いかにも売人っぽい立ち方じゃないか!!

    合コンに行くにはチケットがいるらしいが、1回目は無料らしい・・・。

    この手口・・・!あやしいっ!! 早速もらったチケットで合コンを申請・・・。

    合コン11

    びっくりしたことにあっという間にマッチング!!

    どんだけ人気あるんだ・・・合コン!!

    合コン12

    すると、高級そうなバーの入り口みたいなところに放り出された。

    みんな「よろしくお願いします。」と挨拶をしてる。

    とりあえずここは僕も挨拶をしておく。

    そして挨拶が済み・・・扉を開けると・・・・




    合コン13


    「!?」

    合コン14

    「???」

    合コン15

    「!!!!」

    合コン17

    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」

    合コン18

    最近の合コンってこんな感じなんや?

    割とすぐ終わる・・・。

    合コン19

    リアルで合コン行った事無いので、これが正しい合コンの形なんかどうか・・・・。

    マッチングして戦闘して、退出。 これを世間で合コンと言うのであれば、僕は今まで毎日合コン三昧だったってことか・・・。

    報酬としてもらったのは、なんか武器が強化できるアイテム? 

    合コン21

    マジ、イケてた?

    もっかいいこっかな・・・・。

    合コン22

    「合同懇親教練」・・・通称合コン

    それは僕が期待した思った合コンとはちょっと違うものだった。

    短時間でさっと楽しめて、ノーリスクな戦闘が楽しめる。普通に面白いコンテンツだった。

    合コン23

    かくして・・・地球の平和と、子供達の平穏は守られた・・・・。

    しかし・・・心のどこかで・・・

    少しがっかりしてしまっている自分を忘れようとバイクを飛ばす 伝説の転校生であった・・・・。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    パーティーキャッスル オンライン史上、最も優れたキャラクリエイト。

    PTCの世界

    出張では無いのですが、今月は月末までかなりバタバタしそう。

    そんなわけで、オンライン大三千世界の旅路、ちょっとだけ復活です。

    前回はTERAでしたね、もはや時系列も何も関係なくなってきていますが、今日のお話は・・・

    やってましたよ、もしくはまだ触っているよという方がおられましたらお友達になりたいw

    僕の大好きだったオンラインゲーム「パーティーキャッスル」です。

    このブログを昔から読んでいただいている方は、もう何回も話題に上がっているオンラインなのでご存知かもしれませんね。

    パーティーキャッスルは、スクウェア・エニックスが2009年の秋からサービスをスタートし、2010年の夏の終わりにサービスを終了したオンラインゲームです。

    ただ、ゲームというかなんというか、変わった世界でしたね。

    ライフワーク13

    プレイヤーは、まず自分のキャラを作るのですが、身長や頭身を自由に操れる白紙のボディを与えられ、
    さあ・・・書け!というもの・・・。 へのへのもへじでもいいし、きっちりと陰影を付けてプロ並みに仕上げてもいい。
    僕は他のゲームのSSを使って他ゲームのキャラクターを移植する遊びにはまっていました。

    マーケット

    洋服や、アクセサリなど、何十種類もの白紙のモデルがあり、そのテクスチャを自分たちで自由にカスタマイズできる。

    作ったアイテムは、マーケットで販売する事ができて、販売で得たゲーム内マネーで他の人が作った洋服を買う。みたいな結構面白いシステムだったんですね。

    なので、オンラインゲームの着せ替え要素が好きな人にはたまらないオンラインゲームだったんだと思います。
    そんな仕組みからか、女性プレイヤーが多かった印象です。

    指

    さらに、エモートも自由に作れるので、自由に作ったキャラクターに自由なモーションを取らせる事ができるのでみんな独自のダンスを踊ったり、ライダーキックを決めたりして自由に遊ぶことができました。

    しかもそういった専門的な知識が無くても、簡単にいろんなものが作れるシステムも大きな魅力でした。

    すごいですよね。サンドボックス系が好きな僕にはたまらない仕様でした。

    ところが・・・

    203の旅

    そこから先が何も無い世界なんですよw

    プレイヤーは、広場という所に行くことができるんですが、そこにはただ空間があるだけ。
    チャットしかする事が無い。

    もちろん、ストーリーもクエストもレベルの概念すらない・・・・。
    キャラクターを作ってみんなで話すだけ・・・というのが「パーティーキャッスル」だったんですね。

    エオルゼアで言うと、エーテライト前しかない・・・みたいな感じです。

    ライブ

    しかし・・・!! なんせ自キャラをゼロから作るような人たちが集まるわけです。
    そんな世界を好き好むプレイヤーの想像力は無限大・・・。

    みんな、そこで芝居をして遊んだり、バンドを組んだり、作ったエモートを駆使して戦ったりして遊び始めたんですよね。

    じゃあ明日は探偵事務所ごっこして遊ぼうか、僕所長のキャラ作ってくるね、じゃあ私謎の美少女作ります。みたいな遊び・・・。

    これがめちゃめちゃ楽しかったw

    お次は。。

    キャラクターもエモートだけでなく、その世界の遊びすら自分たちで作るオンラインゲーム・・・。

    新しく実装されたパーツをどう使うか、それを使ってどんな遊びができるのか?
    毎日が楽しいパーティーだった。

    そんなパーティーキャッスルですが、惜しまれつつもサービス開始から約1年で、サービスを終了した。

    そしてサービス終了時、何よりうれしかった事がある。

    運営は、サービス終了後も、オフラインで遊べるよう、クライアントを改良してくれたのだ。

    もう広場でみんなと一緒には遊べないものの、サービスが終了して6年たった今でもパーティーキャッスルを起動すればあの頃のキャラクターに会える。この配慮に感動した僕は、実は今でもパーティーキャッスルで遊んでいる。

    これは僕のライフワークだ。2

    サービス開始時から2010年のサービス開始当初から、ECOの自キャラ、マイドさんをPTCに移植するという目標。

    モデルが違うので当然同じものはできない。でもどこまで似せられるのか、ギリギリのラインを求めて作り続けている。

    物づくりはやればやるほど、作れば作るほど新しい発見があっておもしろい。
    最初はSSを使ってたけど、最近はもう手書きである・・・wしかもマウスで・・・w

    どんなに忙しくても、1週間に1回は必ず起動し、続けている・・・。

    きっと10年後もやってるだろうなあ・・・w

    それくらい好きです、パーティーキャッスル!
    作ってくれた方・・・本当にありがとうございます。

    最後に・・・ここを見ているかどうかなんてわからないですが、サービス終了から6年たった今でも、ドリームキャッスルで日記を書いたり白紙やテクスチャを発表している皆さん。僕はそこで日記とかまったく書いてないですが、必ず毎日見ています。

    何週間も開いて、誰かの日記が更新されるのを見ると・・・ああ・・・まだPTCは生きてる・・って思えるんです。
    ありがとうございます。

    あの頃の広場の思い出を胸に、僕は今日も白紙に線を引いていく。


    さて、次回があるとすれば・・・(あると思うけど・・・)

    そうだなー・・・じゃあゲームはほとんどしていないのに課金ばっかりしてた・・・

    「LOSTSAGA 」にしようかなっ!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 11.20



    はーい!そろそろ11月も終わりはじめまーす。

    あと1回週末日記を書けば11月は終わってしまうのか・・・そうすると誰がなんと言おうと12月になるのか・・・。

    12月か・・・。ついに12月か・・・。

    あ、ちなみにトップ画はかっこいいきりんちゃんです。

    メインストーリーは各プレイヤーが主人公ですよね。プレイヤーの数だけメインストーリーがあるわけで・・・。
    同じストーリーだけど主人公だけ変更してシリーズ化したらおもしろいかもしれませんねw

    きりんちゃんのメインストーリーとかおもしろそうです。ガイウスとか光の戦士きりんをどんな目で見るんだろう。
    教皇庁の橋の上できりんちゃんはどんな表情するんだろう・・・。クレヨンしんちゃんの映画のような、思いっきり笑って泣けるストーリーになりそうですね。見てみたいw


    そんなわけで週末のふわっと日記です!どうぞ!




    113012.jpg

    ■ 東京ファンフェス!

    あと1ヶ月もすれば、東京ファンフェスですねっ!!ラスベガスのファンフェス基調講演では4.0の大枠みたいなものが発表され以降のファンフェスに注目せよ!みたいな感じでした。しかし今回は吉田さん曰く新しいことに挑戦してみる・・・。とか、混乱するかもしれない・・・。増えるものがあれば減るものもある・・・となんともどう解釈すれば良いかわからない発言もちらほら・・・。
    どういう仕掛けが待っているのか、たのしみですねー。

    FC:じょびのメンバーも数名ファンフェスチケットをゲットしたようで遊びにいくとのこと。楽しいでしょうねーw
    この間初めてエオカフェに行ったとき、周りにいる人はみんなエオルゼアの人なんだ・・・というなんとなく幸せを感じる空気を味わったので、ファンフェスはその何倍も何十倍もそういう空気が満ちていてさらに楽しそうですねーっ!

    僕は内容を記事にしないとだし、諸々あるので行きませんがw 当日重要な情報も出るでしょうし、その日頑張って働いてる人もいるでしょうから、そういった人達のために頑張ってまとめますね!

    それが終わったら忘年会だー!




    113013.jpg

    ■ 芸人だった時の話 2回目

    なんとなく、前回の続きです。『吉本総合芸能学院』、NSCに通い始めて半年ほど経過したころ、公園にたむろしていた持論を語るだけでネタを作らない生徒は、バイトに目覚めたり、子供ができたりしてどんどん消えていった。僕と相方はすごくストイックに頑張ってました。授業で披露できるネタはたった3分。その短さからショートコントを主流にしているコンビが多かったです。

    僕らは漫才にこだわって、やっていこうという方針だったので、僕は毎日ネタを考えてました。僕の立ち居地はボケだったんですが、なんかボケの人がネタを考えるんや!みたいな空気があったので僕がネタは書いてました。

    漫才のネタの書き方なんか誰も教えてくれないし最初は苦労しましたね。別に僕はお笑いマニアでもなんでもなかったのでw
    とりあえず漫才の番組は欠かさずチェックして自分なりに研究しました。 そこでわかったのがネタで最も重要なのは、「つかみ」と呼ばれる部分なんだという事。

    「つかみ」とは、漫才で言うと「一番最初のボケ」ですね。これがウケずにスベってしまうと、お客さんの中で「この人達面白くないスイッチ」が入ってしまい、その後盛り返すのが大変なんです。 なので超重要。

    しかし、これがネタを作る上で一番難しい。 挨拶から始まってわずか10秒ほどの間で笑いを造らなければならない。
    これがベテランになってくるといわゆる「持ちギャグ」を1回やればつかめるんですが、僕ら新人にはそんなものはありませんしねw

    113014.jpg

    毎日ネタのことばっかり考えてました。ネタ作らないと授業で発表できないし、練習も始まらない。
    早く仕上げてクオリティの高いものにしなければならないわけです。
    わずか会話4手ほどで笑いを作る・・・それはそれは難しい作業でした。

    僕は何でも昔から理屈で考えてしまう人だったんですよね、なんでそれがそうなるのか。どういう仕組みでそうなるのかがなんでも気になってしょうがないめんどうさい奴だったんですw でもその時はその性格のおかげである発見をして乗り切ることができました。

    なぜ「つかみ」が必要なのかを考えたんですよ。 それは最初に笑いをとって、僕たちの話にお客さんを引き込む必要があるからです。では、スベるリスクを無理にしょってまで笑いに走らなくても、お客さんの意識を僕らの会話に引き込めればつかみはOKなんだという発見をしたわけですね。

    それがわかったので、その方向で「つかみ」を作るようになりました。 
    いかに僕らに興味を持たせるか。僕らの最初の会話で「え?どういうこと?」と思わせるか。

    「昨日、喫茶店にいってさー、こんな事があってさー、そしたらさー」という時系列に沿って話を進めずに、「昨日、喫茶店に行ったらこんな事があった。考えられへんやろ?、それには実はこういうわけがあったんや・・・」というように、結論から話を始めて相手を話に引き込むテクニックとか諸々をここで、身に付けましたねw

    エヴァのTV版がそうですよね。最初の1話は完全に視聴者を置いてけぼりにして、ぐいぐい話を進め、これがどういう話なのかをゆっくり2話以降説明してくという流れ・・・。

    僕のブログ記事も、いつも最初にわりとどうでもいい話が一つ入るのは、「つかみ」が無いと話せないというその頃ついた癖のせいでしょうねw

    今日はこんなところで。




    11301.jpg

    ■ オリジン4を劇場で見てきた。

    お世話になっている方から、オリジンの劇場鑑賞券を頂いたので、公開初日の第一回目放映で見てきましたw

    とてもお世話になってる方からもらったので、そのお気持ちに答えるにはどんなに急がしくても全力で見に行く!しかも初回放映で!と決めてました。 そういう事にうるさい僕なので徹夜明けでいってきましたよw

    ただただ、ララァがかわいかった・・・w

    公開されたばかりなので、細かい感想は避けておきます!

    長かったオリジンのシャア編がやっと完結。おお・・・これでやっと1年戦争編に突入か・・・長かったやっと次回ガンダムが大地に立つのか!と思ったら、来年はルウム戦役やるんですねw

    ブリティッシュ作戦・・・コロニー落としの物語・・・楽しみだ!

    ちなみに久しぶりに満席の映画館を見た。まあ、京都では単館で2週間の限定上映ですからね。
    それでも京都にお住まいの熱心なガンダム信者がこんなにいるのか、とちょっとうれしかったですw




    113015.jpg

    ■ すーぱーふみな ティターンズメイドVer

    プレバン限定のすーぱーふみなのティターンズカラー。届きました。

    通常のすーぱーふみなをティターンズカラーにして、猫耳や尻尾のオプションパーツがオマケでついている。

    予約開始当初、勢いでポチったけど全然作る時間無いので積む。

    すーぱーふみなのニューバージョンもこの間のガンプラEXPOで、発表されましたね。
    顔の造形はどうするんだろう・・・進化してくれるとうれしいな。また3個買う。


    と、そんな一週間でした!

    また明日!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    宇宙・・・。そこは最後のフロンティア。

    宇宙そこは最後のフロンティア

    宇宙・・・。そこは最後のフロンティア。

    これは宇宙戦艦エンタープライズ号が、新世代のクルーのもとに24世紀において任務を続行し、未知の世界を探索して、新しい生命と文明を求め、人類未踏の宇宙に勇敢に航海した物語である...

    ぱ~ぱぱぱ~♪ ぱぱぱ~♪

    昔すっごい好きだったんですよね!スタートレックTNG。 

    スタートレックはアメリカのSFドラマで、今でも根強い人気を誇るシリーズ。いろんなシリーズがあるけど僕はTNGが一番好き。

    スタートレックは、スーパーヒーローが活躍するSFドラマじゃないんですよね。
    宇宙戦艦エンタープライズ号のクルーが一丸となって宇宙の過酷での任務を遂行していく。

    シナリオも練りこまれており、毎回おもしろい。
    SFドラマだけど無駄に戦闘するわけではなく、致し方ない状況の時のみ戦闘。
    主に描かれるのは、大宇宙を航海するエンタープライズ号のクルーを中心とした人間ドラマ。

    TNG1.jpg

    コミュニケーターやトリコーダー。フェーザー銃にホログラムルーム、数々のSF設定も魅力があり、登場キャラクターも魅力的。

    まだ見たこと無い人はぜひ1話だけ見てほしい。基本1話完結なので、何話から見てもだいたい話はわかりますw

    SF好きな方はきっと引き込まれるでしょう。きっとアンドロイドのデータが好きになると思うw

    TNG2.jpg

    そんなスタートレックがシリーズ生誕50周年を記念してブラウザゲームになったようです。

    もとトレッキーとしては、やらなければならない!! あの色濃い人間ドラマやよくできたシナリオを体験できるのか!とわくわくしてスタート。絵もいいですね!! アニメ絵ではなくて実写風!!もうこれだけで日本の市場はあんまり気にしてないよね。

    連邦か、クリンゴンどちらかの陣営を選んでキャラを製作!! クリンゴンでスタートするとプレゼントがもらえちゃう!!

    なんというか・・・完全に今のパワーバランスがばれてるというか・・・・w

    TNG3.jpg

    スタートするといきなり艦隊戦からスタート!クルーの台詞がスタートレックっぽいっ!!

    TNG4.jpg

    ぴしゅんぴしゅん・・・・。

    ぴしゅん・・・・。


    あれ・・・・。わけがわからないまま終わってしまった。

    TNG5.jpg

    戦闘を終えたら、よくわからない宇宙に迷い込んだよう。あーそれもスタートレックあるあるだね!
    ここをどうやって脱出するか知恵を絞って地球へ帰還するんですねっ!!

    知恵を絞りたい!!いっぱい絞って脱出したい!!
    ピカード艦長のようなクルー思いの優秀な艦長を目指したい!!

    TNG6.jpg

    マイディー艦長はとても優秀だった。

    プレイヤーである僕がわざわざ指示しなくても常に最善の判断を自動的に打ち出してくれる・・・・。

    TNG7.jpg

    この空間を管理してるジェニーさんも超優秀。次に何をするかをまったく無駄なく教えてくれる。

    この二人がいればきっとこの空間を調査し、脱出できるだろう。

    二人はどんどんと最善の策を決めていく。

    この謎めいた広大な宇宙で・・・

    TNG8.jpg

    気がつけば、僕は矢印で示された部分をクリックするだけという重要な任務についていた。

    がんばらなきゃ・・・僕がクリックをしないと・・・矢印で指定された場所をクリックしないと・・・全乗組員が路頭に迷ってしまう!!

    TNG9.jpg

    時間がたつにつれ・・・僕は少しずつ二人の会話を聞かなくなってきた。

    ただ矢印を追っている自分に気づいた。長い・・・あまりに長いチュートリアル・・・。

    TNG10.jpg

    やりながら思った。

    なんだろう・・・これスタートレックなのかな??


    TNG12.jpg

    スタートレックっぽいのは、制服だけではないですか?

    既存のブラウザゲームのテンプレにスタートレックを乗せただけ・・・そんな気がして仕方ない。

    残念だ・・・。本当に残念。

    おしい・・・。

    でも僕は今からでもこのゲームをトレッキーが好むスタイルに一瞬で変える方法を知っている。

    宇宙そこは最後のフロンティア1

    UIを全部このTNGのパネルに変えてしまえばいい!

    これだけであの世界にいるような気持ちにさせてくれるのに・・・もったいない。

    でも僕はおかげでスタートレックが好きだった事を思い出したよ。

    映画見に行こうかなw


    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コーヒー飲んで課金装備を着る。

    コーヒー飲んで

    「Tポイントカードは持ってません」と書かれたTシャツはどうか?

    どこに行っても聞かれる気がする「Tポイントカードは持ってますか?」という質問。
    毎回持ってませんと答えるのですが、これきっと持ってない僕は損してるんだなーと思ってます。
    じゃあ作れよ!と思うのですが、めんどくさい・・・。

    そのめんどくさいを飛び越えないので、毎回聞かれる。
    いやでも、作っても毎回レジのたびにTポイントカードを探すのもめんどくさいし・・・。

    めんどくさい世の中になってきたな・・・とは思うのですがっ!!

    コーヒー飲んで1

    なんか、新しくダイドーの「スマイルスタンド」っていう自販機でコーヒーを買ってスマホを翳せばポイントがたまるサービスが始まったらしいです。

    それがなんとっ!
    コーヒー飲んで2

    溜まったポイントを「Crysta」と交換できるらしいんですよ、奥さん!

    1円につき1ポイント溜まり、下記のレートで交換できる。

    1500P100 Crysta
    4300P300 Crysta
    7000P500 Crysta


    簡単に言うとダイドーの自販機で7,000円分買えば、500円の課金アイテムチケットがもらえるよという事。

    今日はこれをちょっと掘り下げて考えていこう。

    コーヒー飲んで3

    例えば「ダイドーブレンドコーヒー」。

    こちらは調べたらメーカー小売価格が115円だったので、値段は色々だと思うけど、1缶120円としよう。

    120円なので、1缶買うと120P溜まる。
    これを「1ダイドー」とします。

    コーヒー飲んで4

    僕が会社勤めをしていた時の事を思い出す。1日にどれくらいコーヒーを飲んでいたか。

    朝の通勤中に1缶、昼の休憩中に1缶、そして退勤時に1缶。 だいたい1日に3缶くらい買っていたと思う。

    つまり、1日の基本ダイドー消費量は「3ダイドー」

    ポイントに換算すると、1日で「360ポイント」が溜まる計算になる。

    コーヒー飲んで5

    そしてこちらは現在人気NO1の課金装備「東方姫君衣装セット」。

    お値段「1,944 Crysta」 まあざっくりと「2000 Crysta」と考えよう。

    気になるのは、じゃあこれが何ダイドーでもらえるのか?という所ですね。
    計算しますと・・・

    「東方姫君衣装セット」をもらう為には約「233ダイドー」必要という事になります。

    1日の消費ダイドーを3ダイドーとすれば、日数にして 「77日」

    1ヶ月の勤務日を22日とすれば、約「3ヶ月」

    コーヒー飲んで6

    これを日頃のサイクルに組み込めば「1パッチに1つ高級課金装備がもらえる。」

    という感覚が、光の戦士には伝わりやすいかもしれない。

    これはいいんじゃないのっ!?w

    コーヒー飲んで7

    ん??でもちょっと待てよ?

    「1 Crysta」 は 「1円」 でしょ? 233ダイドーは何円なんだ??

    223ダイドー×120円・・・・つまり・・・ 27,960円!?

    コーヒー飲んで8

    なんで僕・・・こんなにコーヒーにお金をかけてるんだっ!?

    だいたい多いんじゃないのか?1日3ダイドーって!!

    たしかにかけがえの無いあのコーヒーブレイクを買ってると思えば、高くないのかもだけど・・・。

    仕事終わりに飲む缶コーヒーは別に我慢できるんじゃなのか??
    昼休みにのむ缶コーヒーは別に・・・会社のお茶でもいいんじゃないか??

    そう考えると、余裕で1日1ダイドーは減らせそうじゃないか??

    てことは・・・!? ひょっとして??

    1日1ダイドー減らすことができれば・・・??

    120円×77日で・・・

    コーヒー飲んで9

    77日 で 「 9,240 Crysta 」 もらえるだとっ!?

    つまり1パッチ中に出る課金装備やアイテム・・・余裕で買えるじゃないかーっ!!

    コーヒー飲んでる場合じゃ無かったよー!!


    コーヒー飲んで11

    とは、言うものの。

    僕たちが120円で買っているのは、コーヒー飲料だけを買っているわけではありません。

    僕たちがお金を払っているのは、仕事に疲れほんの少しの「癒し」を得る、あの「小さな幸せ」を買っているわけです。

    これを減らすのは中々難しかったりするんですよねw

    コーヒー飲んで12

    今回サービスが始まる「スマイルスタンド」は、そんな小さな幸せに、「ポイント溜まったらどの衣装買おうかな?」と考えるこれまた小さな幸せをプラスする良いサービスなんではないかな?と思いました。

    職場や近所の自販機がダイドーの人は、ダイドーかよって思ってたかもですが、その自販機が幸せを増幅してくれるようになるかもしれないんですよーっ!w

    Tポイントもサービス利用権だけじゃなくて、ポイントを「Crysta」に変換できるならTポイントカード作るのになー・・・。

    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    LOSTSAGA ゲームをゲームとして遊んでなかった。

    ロストサーガ

    ゲームというのは、基本的にどう遊んでもいいと思う。

    例えば、通常よりも厳しい条件でプレイする「縛りプレイ」や、とことんまで追及して遊ぶ「やりこみ」、本編をほったらかしにしてずーっとカジノで遊ぶなどなど。誰かに迷惑をかけないものであれば基本的にどう遊ぼうと自由だ。

    いろんなオンラインゲームを旅してきた自分にとって、忘れられない場所がある。

    それが「LOSTSAGA」だ。

    ロストサーガ2

    「LOSTSAGA」は無数に用意された「ヒーロー」を操って戦う、多人数型対戦アクションオンラインだった。

    2チームに別れて戦い、ポイントが多かった方が勝ちという基本的なものから、デスマッチや1VS1のタイマンなどなど多彩すぎるほどのモードを持っている優秀な対戦アクションだった。

    悪魔サッカー7

    普通に対戦サッカーが楽しめるモードなんかもあってかなり楽しい。

    でも僕がLOSTSAGAに感じていた魅力は、ゲーム自体ではなくそのキャラクター達だった。

    ああもう!タイガーちゃん!9

    LOSTSAGAの世界で暴れるキャラクター「ヒーロー」

    これがとてもよく出来ていた。世界各国のありとあらゆるヒーローが入り混じって作られる世界観。

    孫悟空もいれば、サムライや忍者の良く知ってるヒーローから、韓国最古の小説に登場するヒーロー、ホン・ギルドンやインドのインドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する鬼神ガトートカチャ!果てはスプレー缶で壁にグラフィティを書く「グラフィティライター」や動物界のヒーロー「虎」まで!

    黒ストの女5

    そこに参戦する「覇王丸」「不知火舞」、「草薙京」「ナコルル」などのキングオブファイターたち。

    世界中のありとあらゆるヒーロー達が、LOSTSAGA独特のかわいらしいキャラクターにフォーマットされて集まってくる。

    これがまたかわいらしいw 数週間に1度のペースで新しいヒーローが実装され続けるので後半はもう膨大な数のヒーローが存在しててすごく楽しかったw

    ゾンビ娘4

    新しいヒーローが実装されると、とりあえずそのお試しキャラがもらえます。お試しでもらえるキャラは戦場に出て数時間したら使えなくなってしまい、ガチャで当てるかゲーム内マネーを貯めて交換したりしないと使えなくなってしまうのですが、ロビーにいる時間やログアウトしている時間は換算されません。なのでロビーに待機させて鑑賞しているだけならずーっと使えるわけです。

    新しいヒーローを手に入れたら・・・

    ゾンビ娘5

    顔や髪型、肌の色等を結構自由にカスタマイズできます。

    あ、そうそう。無料でもらえるお試しキャラは「男性」の状態で付与されます。
    これを「女性」に変えるためにはリアルマネー「100円」がかかるという面白いシステムw

    ゾンビ娘7

    世界中のヒーローを自分ごのみにカスタマイズしてロビーに並べる。

    これがなんか楽しかったんですよね。

    うちの看護婦8

    部屋にフィギュアを並べる感覚に似ているというか。どんどん与えられるキャラクターを取捨選択して好きなように配置していく。

    もう後半は戦いにもいかずそれだけを楽しんでいましたw 一番のお気に入りは四つんばいで歩くタイガーだったなーw

    仕事でゲームする気力が残ってない程に疲れきって帰ってきた時は、LOSTSAGAを起動し戦うわけでもなくただそこに並べているヒーローを動かして寝る・・・僕にとってLOSTSAGAは「癒し」でもあったんでしょうね。

    もちろんゲームも楽しかったんですけどねー。

    友よ明日の無い星と知っても1

    約2年間程でサービスは終了してしまいました。

    サービス終了の報告までこのノリですからねw ほんとに楽しいオンラインゲームでした。

    2週間に1度くらいのペースでヒーローが増えていくという勢いある世界で、終ってほしくなかったので結構課金してたんですけどねw 僕のフィギュアを並べた棚はもう見ることはできなくなりました。

    残念だなー。台湾ではまだサービス続いてるんだったかな?

    遊んでいたようで遊んでなかったLOSTSAGA。なつかしいな。


    さて、次回のオンライン大三千世界の旅路は・・・いよいよ登場か!?

    野菜たちによる野菜たちの為のベジタブルオンライン・・・

    「野菜村」です!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    グループポーズで多彩なエモ表情を撮る。

    GP表情0

    グループポーズの実装により、よりいっそう楽しくなったFF14のSS界。

    集合SSのタイミングを合わせたり、激しいアクションの1ポーズを切り抜いてかっこいいSSを撮ったり。
    最近ではいろんなエフェクトまで使えたりして、ますます楽しくなっています。

    そんな多彩な機能のひとつが、「モーションストップ」

    今日はこのモーションストップの特性をいかした、おもしろいお遊びを共有したいと思います。

    GP表情1

    以前記事にしましたが、FFXIVのキャラクターは多種多様な表情をとらせる事ができます。
    なんとその数15種類!これらはどんどん増えていってるので、今後も増えていくことは間違いないでしょう。

    微笑から、悪だくみまでいろんな表情を表現することが可能なわけですが・・・。

    実はこの15種類だけではなく、さらに多くの表情が存在している事はご存知でしょうか?

    GP表情2

    それが、エモートに付随する固有の表情 (以下、エモ表情)ですね。

    エモ表情はそのエモートを撮った時だけにする表情で、エモートの合間に一瞬だけしかとらないので、なかなかじっくり見ることができませんでした。

    しかし、グループポーズにモーションストップ機能が追加されたことでそれらをじっくりと鑑賞することができるようになったわけですね。

    しかも・・・・

    GP表情3

    モーションストップを使っても、止まるのは身体の動きだけで、表情の変化は止まらない仕様なんですね。

    これを利用して、モーションが始まると同時にコマ送りみたいな形でモーションストップをちょんちょんと押していけば・・・

    GP表情4

    ポーズをとらずにエモ表情だけとらせる事ができるわけです。

    では・・・いろんなエモートに付随してるエモ表情をじっくり見ていきましょう。

    GP表情5

    「照れる。」

    眉を下げ、困った表情をしながらも右の口元のみ上がっている。
    ミコッテの場合は力が抜けて若干耳が下がっているのもいいですねw

    GP表情6

    「怒る。」

    口を大きく開け、眉を吊り上げた表情ですね。

    これは怒ってるわー。

    GP表情7

    「慌てる。」

    「慌てる。」はモーション中に表情を2回変えます。これはその2回目の表情ですね。
    なんでやねん!っていう表情ですかねw

    GP表情8

    「活を入れる。」

    歯を食いしばり、目を細める表情ですね。くやしそうですw

    くっそー!!

    GP表情9

    「なだめる。」

    力の抜けた笑顔というか、愛想笑いというか微妙な感情が表現されてますねw

    ああ・・・そうなんや・・・みたいな顔ですね。

    GP表情10

    「平手打ち。」

    いたずらっぽさがある笑顔ですね。良い事を思いついた時の顔でもあるかなw

    いひひひ・・・。

    GP表情11

    「考える。」

    唇を尖らせ、視線を右に寄せた表情。 困ったなあ・・・という表情ですね。
    拗ねているようにも見えますね。

    GP表情12

    「自分を見る。」

    静かな驚きの表情ですね・・・。

    え・・・?

    GP表情13

    まだまだありますが、キリが無いのでこの辺にしておきましょう。

    いやはや・・・ゲームを進めるにあたっては、まったく必要ない部分ですがここまで手が込んでいる事に改めて脱帽ですね。

    エオルゼアを生きている。そんな気持ちにさせてくれるのはこういった細部が作りこまれているからこそなんですねー。

    ぜひ、お時間ある時にでも、自分のキャラクターがこの世界でどんな表情をして生きているのかをじっくり見てみるのも楽しいかもしれませんよ??



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    第33回プロデューサーレターライブをまとめておきました。



    なんだか久しぶりな感じがする単独のPLL。

    今回はパッチ3.5の新情報パート1ですね。

    4.0に向けての新ストーリーの展開や、あらたな実装項目などに注目が集まるところですね。

    新たなジョブの発表などは、次回のファンフェスで行われるとして・・・今後の流れを予想する重要なヒントが出てくるような気がします!

    しかし今回は・・・平日の20時からということで・・・

    まだまだ仕事で帰れない社会人の皆さんのために・・がんばってまとめていきましょう!

    だが・・・だがしかし!

    毎度の事ながらPLL記事にあげてます情報は、あくまで自分がメモ程度にまとめたものを公開しています!

    間違いなどあるかもしれませんので、正しい情報は公式ページで確認するようお願い致します!

    でわ!どうぞー!



    ■ 第33回 プロデューサーレターライブ

    33PLL8.jpg

    ■ パッチ3.5特集パート1

    パッチ3.5 タイトル 「宿命の果て」

    タイトルに入っている「EDGE」にはどんな意味が??


    ■ 新たなメインストーリークエスト追加
    ■ 新たな三闘神バトル追加
    ■ 新たなサブストーリークエスト
      聖アンダリム神学院しるし
      ヒルディブランド 蒼天編
      アニマウェポンストーリー

    ・新たなインスタンスダンジョン

    33PLL9.jpg

     ● 巨大防壁 バエサルの長城

          グリダニアとアラミゴ領との壁。

     ● ソームアル(Hard)

          ノーマルは上っていったが、ハードは降りていくイメージ


    ・新たなアライアンスレイドダンジョン

    ● 影の国ダン・スカー


    33PLL10.jpg

    第一ボスは、飛行中の飛空艇の上で戦う。 落ちるかも・・・。

    ● 手に入る装備ポロリ

    33PLL1623333.jpg

    33PLL162.jpg

    33PLL163.jpg



    ■ 新たな討滅戦

    33PLL11.jpg

    鬼神ズルワーン討滅戦
    極鬼神・ズルワーン討滅戦


    これで三闘神ストーリーは終る?

    ■ お得意様開拓コンテンツ 「シロ・アリアポー編」

    33PLL12.jpg

    クロの空想帳のギャザクラ系のコンテンツ。

    今後お得意様NPCがどんどん増えていくイメージ。

    将来的にはおしゃれコンテンツになり、コーディネイトを楽しんだりする。


    ■ 雲海探索ディアディム諸島リニューアル。

    雲海探索ディアディム諸島 『狩猟』
    雲海探索ディアディム諸島 『採集』


    探索任務を達成していくことで、装備が入手できるようになる。

    今のディアディム諸島は撤廃される。
    今回の雲海探索は目的がはっきりしている。
    ワーワーと楽しめる内容になっている。

    名前こそあるが、まったく違ったコンテンツになる。

    3.5Xから実装

    33PLL3.jpg



    ■ パーティ募集機能アップデート

    33PLL13.jpg

    ● 新・パーティ募集機能

    ・データセンター内ワールド間パーティ募集が可能になる。
    ・募集は同一データセンタ内のワールド全てで閲覧・参加が可能に
    ・同一ワールド内のみでの募集も可能。(アクアポリスなど)
    ・対象コンテンツはCF/RFに対応しているコンテンツのみ。(死者の迷宮などNPCに話しかけてスタートするものは今後対応)
    ・募集に参加したプレイヤーはワールドを超えてパーティを編成しチャットが可能。
    ・サーバーが違う人といつもどおりのパーティー画面で会話が可能。
    ・いずれフレンド登録もできるようにと考えている。

    ● その他の便利機能

    ・パーティ募集の絞込み機能
    ・パスワードロックをかけたプライベート募集機能
    あらかじめ決めた4桁の数字を入力したプレイヤーのみ参加できるパーティ募集。



    33PLL4.jpg

    ■ PVP関連アップデート

    ● フロントライン

    ・マッチング時にフリーなGCとしてマッチング可能に。
    ・従来どおり特定GCでのみ申請すれば今までどおり遊べる。
    ・対戦中のFC/LSチャットも可能に。

    ● デュエル

    ・デュエル申請時にIL150シンク機能を追加
    ・デュエル申請時に申請者のILにシンクする機能を追加
    ・シンクしない従来のデュエルも可能。
    ・デュエル開始時に全リキャストタイマーがリセット。

    ● ザ・フィースト

    33PLL14.jpg

    ・新たなフィールドを追加。
    ・対戦中のチャットを使用不可に。
    ・変わりに定型文での指示や挨拶ができるようになる。(PVPアクションとして実装され、ホットバーに登録できる。)




    ■ バディチョコボアップデート

    ● バディ専用処理を大幅に改修①

    ・バディ呼び出し中にCF申請が可能に。
    ・パーティリスト上の表示が、ペットと同様の表示に変更され、パーティリストからははずれる。

    ● バディ専用処理を大幅に改修②

    ・召喚士/学者はそれぞれのペットと同時に使用可能。
    ・フルパーティ状態でもバディチョコボが使用できるようになり、8人+バディチョコボ8匹が可能になる。
    ・他人のチョコボのHPなどはターゲットして確認する必要がある。



    33PLL1.jpg

    ■ 召喚士エギについて

    ・ガルーダ/タイタン/イフリート・エギを任意のペットの姿に変更可能。
    ・クエストをコンプリートすることで機能開放される。
    ・テキストコマンドでエギの姿を変更する。
    ・変更した姿は他のプレイヤーにも表示される。
    ・パッチ3.5ではカーバクル三種だけだが、今後増えてくる。


    ■ その他実装項目

    ● ビギナーチャンネル

    ・勧誘を受けた際、チャンネルに加入するかの確認画面が表示されるようになる。
    ・ビギナーチャンネルから任意に脱退が可能になる。

    ● リターナー(復帰者)の追加

    ・ジョブが1つでもLV50以上になった状態で休止していたプレイヤーが帰ってきたときリターナーとして支援が受けられる。
    ・条件・前回のログアウト45日以上経過しているキャラクターが対象。
    ・オンラインステータス「リターナー」の設定が可能になる。
    ・ビギナーチャンネルへ参加できる。
    ・メンターとパーティを組むと経験値ボーナスが取得できる。


    ● 装備試着画面での染色プレビューが可能に。



    ● ハウジングに絵画家具実装。

    33PLL15.jpg

    撮ったSSが飾れるわけではない・・・画家から絵画を買う。
    探索手帳を埋めておくと買える絵画が増える。

    実装予定日は・・・

    33PLL16.jpg

    パッチ3.5が3.Xシリーズ最終パッチ。

    パート2は、もう少し後ろ倒しになるかもしれない。

    細かい部分はまだまだあるが、パート1としてこれくらい。


    以上でした!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    リアルグッズいいよね。

    リアルグッズいいよね。

    先日のPLLでファンフェスで販売されるグッズなんかもご紹介がありましたね。

    これがなかなか良かったので振り返ってみようと思います。



    リアルグッズいいよね1

    ■ ポップテイスト ボクサーパンツ

    いきなりの登場で話題沸騰(色々な意味で)のボクサーパンツ!!

    昔はこういうのトランクスが定番だったんですけどねw 今の時代はボクサーパンツなんですね・・・。

    明るい色でかわいいらしい。

    どれがいいだろう? やっぱパイッサかな?

    でもパイッサの後方から出ている集中線みたいなのが前面に集約されてて・・・

    リアルグッズいいよね2

    「ほーら!ここにストレッチパワーが・・・」

    みたいになってて、なんだかちょっと恥ずかしいわ。

    ま、誰が見るわけでもないけど。

    ファットキャットかグーブーが無難かなー・・・。

    これ・・・男女共用でゲーム内で欲しいですよねー・・・・。


    リアルグッズいいよね3

    ■ ポップテイスト ハンドタオル

    いくつあっても困らないハンドタオル。ボクサーパンツと同じポップテイストシリーズのデザインですね。
    キャラクターの名前が入っててさらにかわいらしい。
    これ最初見たとき車のうしろにつける「赤ちゃん乗ってます」みたいなプレートかと思ったw

    FF知らなくてもかわいいって思ってもらえそうなデザインなので、これをこう町の雑貨屋さんにうまくもぐりこませてですね・・・。

    これもゲーム内のマットとかの家具にならないかなー?


    リアルグッズいいよね4

    ■ カラビナ

    鍵とか引っ掛けるやつですね。メテオマークかっこいいなー。これ欲しい。

    ベルト通しとかに引っ掛けて使うんでしょうが、サボテンダーのやつ使いづらそうだなーw
    でも、ちょっとFFやりましたよって言う人にあ!サボテンダー!ってわかってもらえるのはこれだけでしょうねw


    リアルグッズいいよね5

    ■ ジョブピンバッチ

    これもいいですよねーw わかる人にしかわからないシリーズ。ピンバッチなので、カバンとかにつけたりするんでしょうね。
    電車とかで隣に座ったきれいな人がこれを付けてて・・・みたいな事があったりんするんでしょうかね?

    モンクのマークつけてる人とか見かけたら話しかけてしまいそうだw


    リアルグッズいいよね6

    ■ Silver Pendant <Unbreakable Bonds>

    壊れたオルシュファンの盾の意匠になっているシルバーアクセ。「砕けぬ絆」とかかっこいいお名前もついております。

    25,750円ですよ・・・。敷居が高いアイテムですよねw 

    このアイテムの使い方は、恋心も冷めたカナ?っていう彼氏や旦那さんにプレゼントしてあげて、つけてもらうのがいいかもしれません。 そうすれば彼氏や旦那に「早く帰ってきてね」とか「また合いたいな」なんてイイ笑顔ができるようになるかもしれません。 彼氏や旦那ではなくオルシュファンに言えばいいわけですから。


    リアルグッズいいよね7

    ■ メモリアルノート〈フォルタン家〉

    これもかっこいいノートですね。でも・・・FF14のロゴはいらんかったかなー?そうか裏に入れて欲しかったかな。
    そしたら普通にかっこいいノートだったのにー・・・。まあFFのロゴが入ってないと隣に座るガノタに「それ?アムロのパーソナルマークやろ?」って聞かれそうですけどね。 まだ来年のノート買ってないからこれ欲しいなー。


    リアルグッズいいよね8

    ■ ファンフェスティバル2016 マフラータオル

    こういうのいいですよねー。利便性がどうかとかそういう事ではなくて、お祭りの時に買うお面みたいなものというか、これをファンフェス中に首に巻いて、ファンフェスー!ファンフェスー!!っていう空気を満喫できそうでいいですね。

    たのしそーだーw

    リアルグッズいいよね9

    もう1ヶ月をきった東京ファンフェス!!

    こういうグッズとか見るとうああーーたのしみーっ!!ってなりますよねーっ!!w

    僕は当日、留守番して情報のまとめがんばりまーーーす・・・・。


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 11.27



    雨の日曜日ですねー(関西)。

    休みの日の雨は嫌いではない。晴れてたり良い天気だと外にいかないと損をするような気がして変に焦ったりする。

    まあ晴れてても雨でも休みの日は家でゲームして育ってきた子なんですけどねw

    アニメとか漫画とか見てると、雨の日に傘も差さずに外に出るのって風邪をひくフラグになってるじゃないですか。

    「良かった・・・」とか何かに安心してバタっと倒れて、誰かが額に手をやって「すごい熱っ!」ってなる。

    シーンが変わって、洗面器に水をためて、それにつけたおしぼりみたいなのしぼって額に乗せるシーン。

    「あ・・・」って目覚めたら、看病してくれてる人が「大丈夫、お医者様がおっしゃってたわ。ただの風邪だって。」

    風邪で数時間も意識失うかー?ほんまに大丈夫かー??

    これによる刷り込みがあるので、オンラインゲームで誰かが「雨ふってるけどコンビニいってくるわー」って言ったら思わず「風邪ひかんように傘さしていきやー」って言ってしまう。

    別にちょっと濡れたくらいでは風邪はひかないのにねw

    そんなわけで週末のふわっと日記です。

    どんぞ!




    11271.jpg

    ■ トラブルなければ明日は光のぴぃさんです。

    編集中に記事が消えたとか、国家権力に押さえ込まれてブログが閉鎖されたとか無ければ無事更新できそうです。

    前回の予告が不穏な空気だったので、どうなるんだろう?とお楽しみにしていただいてる方も多いようでw

    今回我々の前に立ちはだかるのは・・・「原作の改変」という現実です。

    最近は実写化ラッシュとかで原作と全然違うストーリーで映画なんかが作られてファンの人たちが怒るっていう事多いですよね。

    まあ僕もなんでこんなことに!!とか思ってたんですが、自分がその立場に立って始めてその仕組みというか「現実」を目の当たりにしました。誰が悪いわけでもない、「現実」が悪いという絶望感をお楽しみいただけたらなと思いますw


    光のぴぃさん11話 「それは、【光のお父さん】ですか?」は明日の夕方頃更新です。

    きりんちゃんも登場ですw




    芸人だった頃の話

    ■ 芸人だった時の話 3回目

    吉本総合芸能学院NSC。授業開始直後は100人くらいいた生徒も卒業間近になると、30人くらいまで減ってしまう。
    残ったのは、コンビ数で言うと12~3組だけ。授業は1年間行われて、最後は「卒業公演」という舞台がある。
    各コンビが舞台でネタをやって、演劇の授業の集大成として「お芝居」をひとつやるというもの。

    この頃になると、もうすでにTVに出てる同期生なんかがいたり、賞を取ったコンビなんかもいたりする。
    僕らのコンビは、就学中に某プロデューサーに見初められ東京の舞台に呼ばれたりもしてた。
    女の子のコンビは大変そうだった。そんな頃からあるんですよ、枕営業。
    コンビの美人な方が有名な先輩芸人や業界の人に呼ばれ、ピンの仕事を手に入れる。
    そうするともう一人は置いてけぼりになりコンビ解散・・・。女の子のコンビはそれが多かった。

    そういう方向の話はドロっとしたものが多いのでこれくらいにしておきますw

    芸人だった頃の話1

    そしてここで衝撃の真実。

    吉本総合芸能学院NSC(当時)は、卒業したら吉本芸人になれるわけではない。

    という事実。卒業公演が終るとどうなるか? 次の日から授業に行かなくても良くなるだけなのだっ!!
    漫才一種とか、コントマネジメントみたいな資格が手に入るわけでもない。投げっぱなしで放り出される。

    とんでもないでしょw 吉本に若手芸人として登録されるとかいうシステムとか全然無い。
    今はわかんないけど・・・当時、吉本は芸人と契約しなかった。ただ用事のある芸人に仕事を与えるだけ。

    なので就学中にどれだけ、吉本社員に覚えてもらえるかというのが卒業後の全てで、まじめに授業を受けてればいいというものではなかったわけです。

    僕らは、覚えてもらえていたので、かろうじて「宣材写真」を撮って貰い、吉本に僕らのスケジュール帳があった。
    もちろん、NSCを卒業した全員が載るわけではない。でも僕らは生き残ったんだ!w

    「宣材写真」も超適当なものでNGKの屋上で適当に社員が撮ったやつだったけど嬉しかったなあ・・・w

    卒業後は、もう卒業したのにNSCの学生証を持って吉本本社に出入りし、スケジュール帳を確認する毎日。
    全然仕事なんか入ってこないw 月に1度か2度の営業に連れて行ってもらえるだけだった。

    それでも実績を積んでいけば、吉本社員に気に入ってもらえれば(最重要)仕事がレベルアップしていく。
    そんな実力とおべんちゃらだけの修羅の世界で生きていかないといけない・・・。

    芸の道は厳しいんやで・・・。




    オーブ

    ■ ウルトラマンオーブ

    もうね、めっちゃ好き。ウルトラマンオーブ。久しぶりになんというか、登場キャラクターが良いウルトラマン。
    変身後より変身前の話が好きですw ヒロインのナオミさんがもー・・・・かわいいっ!
    そしてそれ以上に・・・オーブの正体であるガイさんが・・・かわいい!!

    変身するときに・・・過去のウルトラマンの力が宿るカードで変身するんですが・・・カードを出すときに

    「ウルトラマンさん!ティガさん!光の力お借りします!」

    って変身するんです。ワイルドな性格なのに、先輩ウルトラマンはちゃんと「さん」付けで呼ぶんですよ。
    なんかそれだけじゃなくて、宇宙人もライバルもどことなくほのかな「かわいさ」を持ってるんですよね。

    ストーリーはちゃんとハードなんですが、そのかわいさにひかれて毎回楽しくニコニコしながら見てますw
    多分最終回は泣く。ストーリーではなくて、かわいいみんなの顔が毎週見れなくなるのが悲しくて泣くw

    そんくらい好きw



    オープニングも光の戦士はドキっとするかっこいい歌詞で良いですよ。

    怪獣娘も好き。ダム子、ゴモゴモ推しです。




    FAGあにめ

    ■ フレームアームズガールがアニメ化。

    えー・・・そうなんやー・・・。どうなんだろうこれはTVアニメ化なのかな?それともプロモムービー的なアニメ化なのかな?
    ティザーPVであかされた、FAGは実は1/1だったという真実。体長15センチだったんだ・・・この人たち・・・。
    普通の人間サイズだと思ってた。

    ん・・・・?ということは・・・?? ということはっ!? いずれやるんですよね・・・これは・・・

    「コトブキヤまんがまつり 武装神姫VSフレームアームズガール 南海の孤島大決戦!」

    みたいなやつ!!フブッホと轟雷の共闘とか、スティレットとアーンヴァルの空中戦とか見たい!!

    見たいけど!!ここ読んでる人のどれだけがこの興奮がわかるのかちょっと不安になってきた。


    そんな感じの一週間でした!

    またあしたー!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    光のぴぃさん第11話 「それは、【光のお父さん】ですか?」

    ぴぃさん11話 A1

    「まいでぃ~さ~ん♪ まいでぃ~さ~ん♪」

    「はいはい・・・」

    ぴぃさん11話 A3

    「きりんの声は誰がやるか決まりましたか~?」

    「きりんちゃん・・・それが決まるのはもうちょっと先かな?
     まだドラマになるかどうかも決まってないからね・・・?」


    「は~い♪」


    【5分後・・・】


    「まいでぃ~さ~ん♪」

    「はいはい。」

    「きりんの声決まりましたか~?」

    GP表情14

    「きりんちゃっあのっ!まだ 5分しかたってないね?
    声が決まるのはまだまだずっと先だねー。決まったら教えてあげるからね~。今ちょっと大事な文章書いてるので、遊んでおいでー。」


    「は~いです♪」


    【20分後】


    「まいでぃ~さ~ん♪きりんの声決まりましたか~?」

    「あーーっ!もうっ!!決まった決まった・・・決まったよっ!」

    「誰ですか~っ!」

    ぴぃさん11話A23

    「・・・神谷明。」

    ぴぃさん11話 A5

    「知らない人ですね~。新人さんかな~??
    アキラちゃんは何の役をやってる人ですか~♪」


    「ごめ・・・ちょと今忙しいから・・・」





    人は 「夢」 をみる。

    希望・・・ 憧れ・・・

    こうなれたらいいな・・・・ こうだったら幸せなのにと・・・・ 人は様々な「夢」を想い描く。


    そして その「夢」が「目標」に変わったとき・・・

    新しい冒険が始まるのかもしれない・・・・。


    この物語は・・・・

    「ゲームプレイブログのTVドラマ化」
    という、 前人未踏の夢に【挑戦】する・・・


    ひとりのゲームブロガーと、
      ひとりのプロデューサーの物語である。


    ぴぃさん11話A01

    マイディーさんが書籍の執筆を始めて数週間が過ぎた・・・。

    最初は無理に思えた、「光のドラマ化計画」はスタートから6ヶ月が過ぎ、少しずつではあるけど実現に向かって前進している。


    ゴールデンウィークが過ぎ、また平穏な日常が始まった5月の中ごろ、久しぶりにぴぃさんがじょびハウスにやってきた。

    光のぴぃさん11話E1

    「こうやって顔を合わせるのはお久しぶりですね、マイディーさん。執筆の方は順調ですか?」

    「タカダさんがすごく親切に教えてくれているのでなんとか・・・ところで製作委員会の方はどうですか?」

    光のぴぃさん11話E2

    「こちらも順調ですね、パイロットムービーの効果はすごいです。まだお知らせする所まで進んでませんが決まれば大変なことになりそうですよw」

    「それは楽しみですね。で、そちらの方は?」

    光のぴぃさん11話E3

    「あ、すいませんご紹介が遅れました・・・こちら脚本家の・・・ヤジマさんです。」

    光のぴぃさん11話E4

    「始めまして。作家のヤジマです。ぴぃさんからマイディーさんの【光のお父さん】のドラマ化を進めてると聞きまして・・・ぜひ脚本をとお願いしたんです。お会いできて光栄ですよ。」

    「光栄だなんてとんでもないですっ!ただブログやってるだけのゲーマーなので・・・。」


    その脚本家さんは、とても物静かで知的な感じがしました。
    いろんなドラマや舞台なんかの脚本を手がけてきたベテランさんだとぴぃさんからご紹介を受けました。

    光のぴぃさん11話E5

    「まあ今回彼を連れてきたのは・・・製作委員会も形になろうとしている今、そろそろ脚本が必要な時期だなと思いまして打ち合わせに来ました。」

    光のぴぃさんMAP11話A

    「脚本製作!!もうそんな段階なんですね!」

    「脚本がないと、先には進みませんしね。」

    光のぴぃさん11話E6

    「そのとおりです。本来であれば出資営業に脚本が必要になってくるんですが、【光のお父さん】はブログがありますし、作っていただいたパイロットムービーがあれば、どんな事をしたいのかという意思は出資者に充分伝えられます。」

    光のぴぃさん11話E7

    「しかしこの先のキャスティングはそうは行きません。俳優さん達は実際にどんな台詞をしゃべるのか、がとても重要になってきます。自分のする役が実際にどんなイメージの役柄なのかがわからない事には俳優さんもその仕事を受ける事ができませんからね。
    ここから先は脚本が無いと進めない領域なんですよ。」


    光のぴぃさん11話C11

    「なるほどなあ・・・・。重要なんですね、脚本!」

    光のぴぃさん11話E8

    「そうなんです。そして脚本というのは誰でも書ける訳ではありません。その内容にかかる予算や、撮影技術の可能不可能。そういった事を熟知していないと書けません。」

    「例えば、『金持ちのライバルがフェラーリで登場。』とかって文章なら自由に書けるけど、実際にそれにかかる予算なんかも頭に入れて書かないと駄目って事か。」

    「簡単に言うとそういう事です。」

    光のぴぃさん11話E9

    「その分、彼は実績もあります。きっと素晴らしい脚本を書いてくれるでしょう。」

    「そうですね。私も今回の【光のお父さん】を楽しく拝見させていただきました。早速全話の シノプシス を作ってみようと思っています。」

    ぴぃさん11話A28

    「シノプシス・・・また難しい言葉が・・・」

    「全話のあらすじみたいなものです。1話から話がどのように進んで、全体を通してどういうストーリーラインになるのか。各話のテーマや内容をまとめた物ですね。」

    光のぴぃさん11話C12

    「各話のダイジェスト脚本みたいなものかな。」

    「そうですね。」

    光のぴぃさん11話E10

    「【光のお父さん】は、親子愛という普遍的なテーマを持っています。ですのでそれを前面に出して書いていこうと思うのですが・・・マイディーさん・・・ひとつだけ先にお話させてください。」

    「?」

    光のぴぃさん11話E11

    「マイディーさんは原作者として、今回のドラマ・・・ヒットさせたいですよね?」

    「そりゃ・・そうですね、多くの人にオンラインゲームの素晴らしさを知ってほしいですし・・・」

    「では質問です・・・今マイディーさんがおっしゃった『多くの人』とはどんな人ですか?」

    「ど・・・どんな?」

    「それは・・・まだオンラインゲームを知らない人や・・・良いイメージを持ってない人かな。」

    光のぴぃさん11話E12

    「ドラマ化は、それが重要なんです。」

    ぴぃさん11話A29

    TVドラマともなると、
    趣味で作る自主制作映画とはまったく意味が違ってきます。


    世の中を「光のお父さん」を知ってる人、知らない人にわけると圧倒的に知らない人が多い。
    オンラインゲームで遊んでいる人と、遊んでない人にわけると圧倒的に遊んでない人の方が多い。

    ヒットさせるためには・・・どちらに向けて作品を作ればいいのか・・・

    ぴぃさん11話A30

    それはもちろんこちらになってきます。

    原作になる作品が、有名な漫画であったり、誰でも知っているような名作のリメイクとかでしたら、その作品を知っている人に向けて作品を作っても採算は取れるでしょう。

    しかし・・・【光のお父さん】は、残念ながら作品を知っている人を対象につくり、その全てを取り込んだとしてもヒットと呼べるかどうかは疑問です。

    つまりどういうことか・・・

    光のぴぃさん11話E13

    【光のお父さん】の内容をもっと一般受けするようにアレンジする必要があるという事です。

    私もプロとしてこの作品に携わります。
    もちろん私だけでなく、ここにいるぴぃさんも、出資者達も、ドラマを制作する人たちもヒットする為に収益を得る為に携わります。

    ですので・・・最初にお断りしておきます・・・・。

    「そのままドラマになんかできませんよw」


    光のぴぃさん11話E14

    圧倒された・・・・。

    ヤジマさんの言っている事は、全て理解できた・・・・。

    今まで好きな漫画が、アニメ化やドラマ化された時、全然違う内容に改変されると私は怒っていた・・・・。

    でも・・・・これが・・・・現実なんだ。

    マイディーさん・・・・。またなんだとコラー!って怒ったりしないか・・・な。

    光のぴぃさん11話C10

    「わかりました。ちょっと僕にはわからない部分なので・・・一度ヤジマさんにお任せします。」

    マイディーさんも歯切れの悪い回答だった・・・・。

    光のぴぃさん11話E15

    ぴぃさんとヤジマさんは戻られ、シノプシスが完成したらもう一度集まってミーティングを行うことになった。



    光のぴぃさん11話E17

    「マイディーさん・・・・なんだか不安な雲行きになりましたね。」

    「別にドラマ化が無くなったわけじゃないし・・・とりあえずシノプシスを見てみようよ・・・・。」


    「ヤジマさんの言ってる事が正しいのはわかるんですが・・・なんかこうもやっとするものが・・・・」

    「そうだね・・・どんなのが出来てくるのか・・・・」

    光のぴぃさん11話E18

    「マイさん・・・おそらく次の打ち合わせが・・・マイさんの分岐点です。」

    「うん・・・。」

    「マイさん・・・なぜドラマを作るのか・・・マイさんは何がしたいのか・・・どんな状況になってもそれを忘れてはいけないと思います。」

    「ちなみちゃん・・・・。」



    そして・・・その日がやってきた。


    ぴぃさん11話B

    再びぴぃさんと、ヤジマさんがじょびハウスを訪れました。

    私は、二人を応接室にお通しし、光のお父さん脚本打ち合わせ(本打ち)が始まったのです。

    光のぴぃさん11話E19

    「では本打ち始めます。その前に現状と今後の流れを少し説明させて頂きます。」

    光のぴぃさんMAP11話B

    今回の打ち合わせは、ヤジマさんの作った全話シノプシスの発表。

    私とマイディーさんが内容を確認しまして、OKがでれば脚本の製作を開始。そしてこれが完成すれば・・・

    いよいよ、リアルパートに出演する俳優の選出、及びエオルゼアパートでの声優の選出に入ります。

    企画書、脚本、出演者の候補がそろった段階でSQEXに最終的なOKをもらい、製作委員会を結成。

    結成が完了すればドラマ化が決定、製作がスタートします。

    光のぴぃさん11話E110

    ですので、本日の本打ちで私プロデューサーと原作者のマイディーさんがOkを出しますと、その後ドラマ化に向けて一気にいろんなことが動き出す・・・というイメージですね。

    では、早速ヤジマさん。全話シノプシスの発表をお願いします。

    光のぴぃさん11話E111

    「はい。今回のシノプシス製作にあたり、原作にはない部分として以下の部分を加えました。」

    ■ 主人公の背景

    ・原作の問題点 この物語の主人公である「僕」がどんな人間なのかわからない。
    ・主人公の名前や経歴、人間像等のディティールを視聴者にイメージさせる背景やエピソードの追加。



    ■ 登場人物の追加

    ・原作の問題点 リアルパートの登場人物が僕、父、母の3名だけで絵的に地味になる。
    ・じょびメンバーのリアルの姿を作り、エピソードに盛り込んでいく。これにより場面の転換等が可能になる。



    ■ 物語の盛り上がりの追加

    ・原作の問題点 親子愛のテーマなのかオンラインゲームがテーマなのかわかりずらい。
    ・両方のテーマを追う事は話数の制限上不可能なので、茶の間ウケする親子愛にテーマをしぼる。
    ・親子愛を盛り上げる為の演出、エピソードを追加。



    以上の3点をアレンジ、追加いたしました。

    光のぴぃさん11話C6

    今回もヤジマさんがおっしゃってる事は、全部納得できた。マイディーさんも何も言わずうなずきながら話を聞いている。

    その説明の後、ヤジマさんが作ったTVドラマ【光のお父さん】のシノプシスが配られた・・・・。

    それは・・・こんな物語だった。




    ぴぃさん11話 D1

    主人公、トオルは、ゲームが好きな20代の男性。

    子供の頃、父にファミコンを買ってもらってからはゲーム三昧の人生。将来はゲームクリエイターになりたいと思っていたが、ゲーム会社への就職に失敗・・・その事がショックで引きこもりとなる。

    ぴぃさん11話 D5

    トオルは部屋に引きこもり、オンラインゲームFFXIVにはまる。

    そこではたくさんの仲間がトオルを褒めてくれる心地よい世界・・・ますます引きこもりに拍車がかかるトオル。

    ゲーム中はペットボトルをトイレ代わりに、暗い部屋の中夢中でFFXIVの世界に没入していく。

    しかし、ふとしたきっかけで父が「末期癌」である事を知る。

    父が余命数ヶ月と知ったトオルは父との絆を取り戻すため、父をFFXIVの世界に誘う。
    そして引きこもりである自分の正体を隠し父との接触を試みる。


    父をFFXIVに誘い込んだトオルは、父と知り合い「光のお父さん計画」をスタート。
    仲間達と共に正体を隠して父の冒険をサポートする。

    ぴぃさん11話 D2

    その後の話は、トオルの所属する「FC:じょび」メンバーのエピソードも加わってきた。

    アニメが好きで、部屋にアニメのポスターばかり貼っているアニメマニアのメンバー、ガイストさん (だれ!?)
    太った容姿のフィギュアマニアだけど、エオルゼアでは超イケメンエレゼンでモテモテのラインハルトさん (だれっ!??)
    彼氏いない暦38年、BLマニアの腐女子だけど、エオルゼアでは超人気のアイドルミコッテ ソフィーさん (だれっ!!?)

    その子達の社会では駄目だけどオンラインゲームではかっこいいというエピソードがてんこ盛り。

    TV用に誇張された「おたく感」。 それが強調されているエピソード。

    ぴぃさん11話 D4

    そんなじょびメンバーに対し、ゲームの中では初心者だけど人生経験豊富な、お父さんがひとりひとりを更生させていくのが基本的な毎回の流れ・・・。

    そして最後は・・・・。

    光のぴぃさん11話E112

    「ネット依存が深刻化する現代において、その鎖を断ち切り社会復帰するという内容は茶の間にもウケがいいでしょう。」

    光のぴぃさん11話C3

    「あの・・・それはいいんですが・・なんというか・・・その・・」

    エピソードも・・・何もかも・・・・私達にとってはとても屈辱的な内容だった・・・。

    これが・・・お茶の間の望むドラマなのであれば・・・私達は・・・何なの?

    それを覆すのが・・・光のお父さんなんだと・・・・思ってたのに・・・。

    でも、これがお茶の間にウケそうだっていうのも・・・わかってしまう自分がいる・・・。

    言い返したいけど・・・そうするとドラマ化がどうなるか・・・・

    なんかもう・・・涙が出そう・・・・。



    私が言葉に出来ないでいると・・・・マイディーさんが顔を上げて言った。



















    光のぴぃさん11話C5

    「・・・・・死んでません。」

    「!!」

    光のぴぃさん11話C4

    「父は死んでません・・・
    今も、今この時も癌を克服して毎日エオルゼアで楽しんでます。」


    「いやまあそうですが・・・これはドラマなんでw」

    光のぴぃさん11話C2

    物語の最後は・・・お父さんが癌で亡くなるシーン。

    それをきっかけに仲間と一緒に社会復帰を成し遂げるという・・・たしかにドラマとして見たら・・・感動する事は間違いない・・・そんなドラマだけど・・・。


    「もともと・・・光のお父さん計画は親孝行になればと思って始めたことです・・・。」

    光のぴぃさん11話E114

    それをドラマにしてくれるのは嬉しいですし、たくさんの人がそのドラマを見てオンラインゲームや親子の事いっぱい考えてくれるのは僕の夢でもあります。

    ですが・・・

    光のぴぃさん11話C8

    「ドラマをヒットさせる為に・・・
     僕の父を死んだ事にするんですかっ!?」


    あとがき3

    「お茶の間の人たちが感動してくれたとしても・・・癌を克服して今も頑張っている父は・・・」

    光のぴぃさん11話E120

    「僕の父は・・・どんな顔をして・・・そのドラマを見るんですか・・・・
    父が悲しい顔をして見るドラマ・・・・

    それは・・・・【光のお父さん】ですか?」


    光のぴぃさん11話E113

    「しかし・・・これはビジネスですし、ヒットする作品にしないと・・・・
    その為には一般の人が喜びそうなですね・・・」


    光のぴぃさん11話E115

    「プロデューサーの意見は!?」

    光のぴぃさん11話E116

    「売れるドラマを作るのがプロデューサーの仕事です・・・。」

    「!?」

    光のぴぃさん11話E117

    「ですが・・・今回は・・・原作者様のご判断に一任します。」

    光のぴぃさん11話E119

    「ドラマ化に向けてストーリーを一般の人も楽しめるようにアレンジする・・・その必要性はわかります。

    ですが・・・売れる為ならその根本すらもひっくり返さないといけない。

    光のぴぃさん11話C9

    ・・・そういう考えが必要なのであれば・・・僕にはドラマ化をこれ以上進める事が・・・できません。」



    光のぴぃさん11話E118

    「今まで・・・ありがとうございました。」







    年月日表記11話C













    光のぴぃさん11話E121

    「ちなみちゃん・・・夢は・・・見ている時が一番幸せなのかもしれないね・・・。 それを現実のものにしようとすると・・・こんなにも心が痛くなるんだね・・・。」

    光のぴぃさん11話E122

    「そうですね・・・きっと・・・・その激しい痛みを受けても、それに耐えぬいて前に進める人だけが・・・

    光のぴぃさん11話D12

    夢をつかむ事ができるのですよ・・・。」





    ぴぃさん11話 D66

    夢に向かってひた走った6ヶ月、光のドラマ化計画。

    夢は夢のまま終るのか・・・・。


    しかし・・・ぴぃさんはまだ諦めてはいなかった・・・。

    昔なじみの映画監督のもとに相談を持ちかけるぴぃさん。

    「ぴぃくん。必要なのは、みんなで一緒に作るという環境だと思うよ。」

    ぴぃさん11話 D67

    新たな決意を胸に・・・ぴぃさんは・・・再びじょびハウスを訪れる・・・。

    謎の【竜騎士】を連れて・・・。

    竜騎士は、口元に笑みを浮かべながらポツリと言う。

    「伝説を・・・作ってやりますよ。」


    次回、光のぴぃさん 第12話

    「それは、再び歩き出す為に必要な 頼もしい一言だった。」


    おたのしみに。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    コメントありがとう。

    コメントありがとう。

    先日更新された光のぴぃさん第11話「それは、【光のお父さん】ですか?」。

    たくさんのコメント本当にありがとうございます。もはや本編よりも、コメントの方が濃い状態ですねw

    ひとつひとつ うんうん と うなずきながら読ませて頂いております。

    みなさん総じて「そうじゃない!」と言ってくれてて嬉しいかったです。

    そうじゃない!の方向が「光のお父さんのストーリーやテーマ」であったり、「オンラインゲームのプレイヤー像」であったり。

    ただその中で、きりんちゃんの声は神谷明という事に関しては「そうじゃない!」がひとつも無かったのがおもしろかったですがw

    まあそれは置いておいて。

    やじまさん

    問:次の【  】に適切な言葉をいれなさい。

    「子供の頃から、ゲームばっかりしていると、【  】になる。」


    無差別に町にいる500人の人に頼んで、この問題に答えてもらったらどういう答えが多くなるのだろうか?

    皆さんはどう思いますか?【ゲームクリエイター】や【プロゲーマー】が1位になると思いますか?

    実際にアンケートを取ったわけではないので、これが正解だ!というのはわかりませんが、この質問自体に何かモヤっとするものを感じてしまう人も多いのではないかと思うんです。僕もそうです。

    僕らがこの問いを見て町の500人はこう答えるだろうなあ・・・と思わず想像してしまった答えが

    世間一般のゲームに対するイメージなのかなと思います。

    光のぴぃさん11話C3

    そこに対する皆さんの「そうじゃない!」という気持ち。

    それが先日のコメントにびっしりと詰まっていて、ああ、同じ気持ちでいてくれている人がいっぱいいるんだなと頼もしい気持ちになりました。

    そうなんです・・・「そうじゃない」んです!w

    文章的にはちょっと変ですがw そうじゃないんです!

    光のぴぃさん11話D12

    ニュースで見た凶悪殺人を犯した犯人はゲームばっかりしていたそうです。

    ゲームばかりやってるから「ゲーム脳」というのになって、現実とバーチャルの境界がわからなくなったって賢そうな人が言ってました。 恐ろしいですね。 それを見た母も「あんたもゲームばっかりやってると・・・・!」って言います。

    でも僕、自信あるわ・・・・。

    絶対その犯人より、ゲームばっかりやってる自信あるわ。

    でも僕は、人を殺したいとも思わないし、幼い子を誘拐して監禁したいとも思わない。
    現実でそういう事をしたらどうなるのかっていう事も充分承知で生きている。

    そしてそういう人が大半だろう。

    光のぴぃさん第11話「それは、【光のお父さん】ですか?」は、明確な敵が出現したというテーマ。

    皆さんのコメントを読んで、それがちゃんと伝わったのかなと嬉しくなりました。
    ありがとうございます。

    光のぴぃさん11話C9

    願わない方向に話が進まないよう、自分の夢を封殺する事で流れを止めたマイディーさん。

    次回は仲間と共に反撃だ!!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    15分くらいの息抜きができるもの。

    15分くらいの息抜き。

    1日15分くらいの時間で楽しめる娯楽っていいですよね。

    別にめちゃくちゃ楽しく無くていい。単純な作業でもいいのかもしれない。
    よし!休みの日を使ってじっくりやりこむぞ!というものでなくてもいい。

    ただふわっと心の中を浄化してくれるような娯楽ってイイですよね。

    一般にスマホが普及してきた今、それを担うのがゲームアプリなのかなと思います。
    仕事をして、お昼休みになってお昼ご飯を済ませたあと、なんとなく起動してなんとなく遊んで・・・さっと止めらるもの。

    そういう存在のものがあったら毎日が少し楽になる。

    すけじゃん

    かつて僕にとってそんな存在だった名作「スケ雀刑事」は死んだ。

    麻雀で悪人を懲らしめるのかと思いきや、捨て牌を相手に投げつけて倒すという「その発想は無かった!けど無くても別に困らなかった!」といういい塩梅の設定が心地よくついつい遊んでしまっていたが、残念ながらサービス開始直後に終了するというリーチ即ツモを見せてくれて殉職してしまった。

    スケ雀刑事を失った僕は、日常の渇きを癒すために似たような雰囲気のブラゲを捜し求めてさまよった。

    のすがる1
    そんな僕が流れ着いたのが・・・本日からサービスが開始されたブラウザゲーム・・・

    「のすたるじっくガールズ」、通称(自称)「のすがる」だ!!

    のすがる2

    「のすがる」は、一言で言うと・・・

    子供の頃身の回りにあったいろんな物が擬人化して、
    高額で日用品を売りつけてくる猫の勤める会社と戦う。


    という、ちょっと何を言ってるのかわからない世界観を持っている。

    まあ、MS少女で始まり、艦これで成熟したいわゆる「擬人化物」の一種である。

    のすがる3

    ちなみにこれが「給食に出てきたシチュー」を擬人化したキャラクター。

    もうわかんないよね、現代の日本が。

    のすがる4

    その他にも、いろんな文房具や学用品等が擬人化されている。

    鉛筆なんか、えんぴつBえんぴつHBの2種類を擬人化する徹底振り。

    どう違うっちゅうねんっ!同じ鉛筆やんけっ!って思うかもしれないけど・・・

    のすがる5

    でも実際にそのキャラクターを見てみると・・・

    「あ!なんとなく言わんとしている事もわからないでもない。」

    ・・・という気持ちになってしまう不思議さがある。

    のすがる6

    こういう擬人化物って、たとえば好きな戦艦が擬人化されたりしたらそれを推しキャラとして強化したりとかするのが楽しんだろうけど・・・正直何を基準に推しキャラを決めればいいのか・・・

    あー俺、子供の頃めっちゃ「朝礼台」好きだったわー!とか無いしなあ・・・・。

    そんな中抜群の存在感を放つキャラクターを発見。

    のすがる7

    それがこの「うわばきちゃん」である。

    このぞんざいに扱われた幸薄感じ・・・。
    この完全にどうしようもない感じ。

    この人を見つけ出して推しキャラとして育てていこうかなと思う。

    のすがる8

    でも一覧を見ても「うわばきちゃん」はどこにもいないんですよね・・・。

    上履きはどこのカテゴリーになるんだろう?運搬系かな?運動系ではないしな・・・

    下駄箱は見つけたんだけど、うわばきはないな・・・え?何体育館履きとかもいるの?それってどんな・・・

    あー・・・いくら探してもうわばきちゃんは見つからないなあ・・・まだ実装されてないのかなあ??



    ここでふと我に返る・・・・。

    「僕は何をやってるんだろう・・・・。」

    この忙しい最中何をやっているんだろう・・・。上履きよりも先に見つけないといけないもの・・・あるんじゃないのか?


    のすがる9

    これだ・・・この時間を無駄にしてしまった感じ・・・自分の生活を何も変えてくれないのに必死になってしまう感じ・・・。

    これこそ「息抜き」だ!


    よし・・・これに決めた。しばらくこの「のすがる」で最強の上履きを作るというのを目標にして・・・。

    息抜きで遊んでいこう!!


    あー・・・記事にしたのはいいけど・・・全然ゲームのルールとか説明してないや・・・息抜きだしいいか・・・・w


    つづく・・・。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。