メンターレポート Vol.1

    メンターレポート

    3.2から実装されたビギナーさんを支援するシステム「メンターシステム」。

    このシステムはこれからも続くものなので、今後このメンターシステムに関わる内容や自分の考えをメンターレポートとして書き綴っていきたいと思います。

    ただ、このレポートを読むにあたって注意点がふたつ。

    ① ここに書かれている事はあくまで1ユーザーである僕の個人の見解と意見です。
    ※全メンターの総意ではありません。

    ② グングニルサーバーのメンターシステムを使用しています。
    ※内容や文化に関してはサーバーにより異なる場合がございます。

    それを踏まえてお読み頂くようお願いします。

    めんたーシステム

    メンターシステムの実装から約1週間が過ぎました。

    今のメンターシステムを取り巻く現状をまとめます。

    ■ ビギナーチャットの現状は?

    実装初日からビギナーチャットのメンター数は100オーバー。
    1週間たった今でも常時100名近いメンターがビギナーチャットにいます。
    ゴールデンタイム等はかなり運が良くないとメンターはビギナーチャットに入れない状況です。

    ただ、ビギナーの数が10人以上いる状態を見たことがありません。

    メンター100人に対し、3名~7名のビギナーというのが今の所自分が目にした1週間目の現状です。

    めんたーシステム1

    ■ ビギナーチャットではどういう会話がなされているのか?

    ほぼ、会話はありません。
    たまにビギナーさんが質問し、それにメンターさんが親切に答える。

    「ごくまれにそういう会話がある」というのが現在自分が見ている範囲のビギナーチャットの会話です。
    メンターさんがビギナーさんのわからないエンドコンテンツの話をしたり、言葉遣いの悪い人というのも特に見ませんでした。


    ■ ユーザーのメンターシステムへの反応は?

    ゲーム内の話題、SNSでの発言、ツイッターでのツイート等この一週間ポジティブなもの、ネガティブなもの目を通してきました。
    大体自分が感じたユーザーの反応が下記の「イメージ」です。

    ・メンターシステムのここがダメ。(40時間問題・複数言語問題など)
    ・こんな駄目なメンターがいた。
    ・ビギナーチャットが機能していない。
    ・メンター数に対し、ビギナーが少ない。

    などの発言が多いようなイメージを持ちました。
    メンターシステムに対し全体的にネガティブ方向の意見が多く思えます。

    ざっくりではございますが、以上が僕の感じたメンターシステムを取り巻く現状です。


    めんたーシステム2

    この1週間の初動を見た、僕の感想。

    「いい感じ。」

    えー!?マイディーさん!ポジティブにも程があるよっ!!w

    って思いますよねw さすがにw

    メンターシステムについてネガティブな気持ちになっている皆さん。

    まず冷静になって、僕の話を聞いてください。

    みなさん・・・・

    めんたーシステム3

    たった1週間で、ゲーム内の条件をクリアしただけのメンターさんがいきなり聖人のような清い心を持ち、いきなりFF14はじめました!っていう人が押し寄せ、メンターシステムがフル稼働素晴らしいビギナー支援が行われると思いますか?しかも全サーバーで。

    そ・・・そら無理やでーーーーっ!!!w

    まあそこまで期待してた人はさすがにいないと思いますけどねw

    ではどこが「いい感じ」だと感じるのか?

    めんたーシステム5

    まずメンターシステムというコンテンツについての僕の認識。

    例えばエンドコンテンツである、律動編零式。
    これはバトルコンテンツであり、クリアするには相当の技術が必要ですが実は「ゴール」は決まっている。
    ゴールというのは4層の突破ですね。

    プレイヤーはゴールがわかってるのでクリアに必要なDPSを出すために練習したり装備を揃えたり。
    ギミックを調べたりする事ができます。ですのでクリアまでに要する時間を次の実装までとか短いスパンで考える事ができます。

    ところがメンターシステムは。

    攻略法どころか、ゴールがどこかわからない。ゆえに初動をどうすればいいか誰もわからない。

    でも、みんなが漠然と感じているゴールはある。

    「メンターさんがビギナーさんを綺麗に導く」という姿。

    現在はまだゲーム内の条件をクリアしただけのメンターさんが指導するのに慣れ成長するまでの時間もかかる。
    また、ビギナーチャットでビギナーさんが質問しやすい空気を作っていく必要もある。

    ユーザー主導のシステムだけに、ルールやモラルが生まれては淘汰され・・・が続き

    やがてそれが「文化」のレベルで定着するまでには

    最低でも1年~2年はかかると思う。
    メンターを仕事として給料をもらってやってるんじゃないからねw
    早く立ち上げなければならない「責任」も無い。

    今は実装されたばかりなので、全員が初心者メンターという状態。
    モラルがまだわからない人や、どう指導したらいいかわからない人が殆どだと思う。

    特別な教育を受けたわけでもない。先週まではみんなと同じプレイヤーだったわけです。

    めんたーシステム4

    僕が実装前に心配していたのは、メンターになる人の絶対数。

    この部分だけは現在うまく行っていると感じますし、メンターはボランティアに似ている部分があるので熱意のない人はいずれ去っていくでしょう。

    そして1年後残ってるのは、1年間好きでメンターを続けた人です。
    指導スキルも向上していると思えます。

    1年後の成熟したメンター数に直接比例する確立が高い初動の人数が多かった。

    また、現在メンターが100人いて、ビギナーが5人くらいというビギナーチャットの比率は
    まだなったばかりの不慣れな我々メンター達にとって丁度良いと思います。

    この部分が1週間目の「いい感じ」です。

    この絶対数が少ないとどうにもならないですしねw

    これからがメンターさんの頑張りどころだと思います。

    あとは1週間では評価しがたい内容かと思います。

    めんたーシステム6

    ■ もちろん気になった問題点等もある。


    ■ ビギナーが自分の意思でビギナーチャットに入る機能はやはり必要に思えた。

    RMT業者がビギナーチャットに入り込み・・・という部分を危惧して招待制を取っている現状ですが、逆に入りたいビギナーさんが自分の意思で入れないという弊害がある。運営もその部分を天秤にかけ招待制を選択したと思いますが、現状のメンター数の目があればRMT業者は即キックできるように思う。その後のビギナーさんへのフォローもできるのではないかと感じました。

    ■ 公式の「メンター規範」があると定着速度が早くなると思う。

    公式の「お手本」が無いという問題。故に個々のメンターが自分の考えを正義と信じて動いている。
    勿論それでもいずれは色んなルールが淘汰され文化が出来上がっていくとは思いますが、メンターさんにはこう動いて欲しいという「公式のメンター規範」があれば、メンターさんも動きやすく間違った行動を取っていると判断したメンターにそれは違うよって言えるようになる。無くても良いがあった方がメンターはずいぶん楽になつように思う。

    ■ メンタールーレットの意味がちょっとわからない。

    「初見者」がいる所に行くルーレットというメンタールーレット。
    メンターの指導対象は「若葉さん」だけではないという事なのだろうか?
    コンテンツ毎のビギナーさんの指導も必要なのだろうか????
    なんかこれだけズレてるような気がします。僕だけ??


    めんたーシステム8

    ■ メンターさん。

    公式のメンター規範がない今、メンターの指導方法に正解は無い。
    ですので今は、個々が自分の良いと思うことをしている時期。

    そんな中、ツイッター等でメンターさんがメンターさんを批判しているのをよく目にしました。
     
    ・ルーレットで先走るDPSメンターさん。
    ・プレイヤースキルが低いメンターさん。
    ・ビギナーさんの気持ちの配慮に欠けるメンターさん。

    「こんなやつがメンターなのかよ。」という批判が多いですね。

    それは、はっきり言って仕方が無い。
    「一般プレイヤー」なんだから、そういう人もいるに決まっている。

    でも、そういう人を摘み上げてネットで叩く メンターさん の方が僕は不安に思った。

    たしかにそれは問題だ!という行為かもしれないけど、大切なのは「そういう人がいるからどうするか?」を考えるべきであって、感情のままにネットに書きなぐって何になるのか?って思います。

    そういう事をネットで書けば、読んだ人が「メンターってそんな人ばかりなんだw」って思うだけで、普通に頑張ってるメンターさんの印象まで悪くなるんじゃないかな?

    外野がおもしろがって書くのはそういう人もいるので仕方ないけど、メンターさんが身内であるメンターさんを責める姿はちょっと見てて心が痛みました。

    今は僕も含めメンター全員が「メンター LV1」なんだから、仲良くやっていくべきだと僕は思います。

    人の善行を

    ■ これから予想される流れは?

    徐々にメンターとしての行動になれてきて、実際にビギナーさんを綺麗に誘導してあげる事ができるようになってくると、ネット上にも「初心者さんのこんな言葉に感動した!」とか「こういう事をしようと思う!」みたいな前向きな発言も出てくるでしょう。

    でも、メンターさん・・・これだけは覚えておいてください。

    「 善行は笑われるもの。 」

    今の時代は「人のために良い事をしよう」と思って行動すると、必ず「偽善だ!」という人が必ずいます。

    もちろん、褒めてくれる人も多いですが、「善行=偽善」と思っている人もいます。

    人の善行を笑いたい人は必ずいます。

    うまく行ったメンター行為を笑う人がきっと出てきます。

    でもそういう人を責めても、嘆いても仕方ないです。
    そういう時期って誰にでもあるじゃないですかw

    僕もサスタシャ村をやってた時、散々言われましたよw

    でも、あれから1年以上が経った今でも、当時のプレイヤーさんから感謝の言葉をもらったりすると、うれしいしやって良かったと思えます。

    これから自分がメンターらしく行動した時、そういう心無い一言に傷つくこともあるでしょう。

    初心者支援の真実はネットの批判ではなく、目の前のビギナーさんが発する「ありがとう」という言葉が全てだと思っています。

    それだけを信じましょうね。

    勝負は?

    ■ メンターの勝負は2017年。

    今から1年後の2017年。「ファイナルファンタジー」は30周年を迎えます。
    FF14も恐らくキャンペーンを打つでしょうし、4.0もスタートするでしょう。

    ビギナーさんの数が大きく増加するタイミングはそこだと思います。

    今いるメンターさんは、初動の混沌とした今の状況に耐え、1年間ビギナー誘導を行い続けてきた「真のメンター」となっている事でしょう。

    その「真のメンター」になる可能性のある人が常時100人以上存在するのが、
    グングニルサーバーにおけるメンターシステムの初動です。

    スタートとしては、「超いい感じ。」

    以上が、メンターシステム最初の1週間で「僕が思った事」です。


    メンターよ!横を向くな!前を向け!!


    「メンターレポート」次回をお楽しみに。




    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    FC:じょび個室探訪 ゆずの部屋 ~女の子の夢~

    ゆずの部屋

    自分だけのスペース。それはどこよりも落ち着く場所。

    エオルゼアを西へ東へと走り回る光の戦士たちも、自分の部屋に帰ってきたときだけはほっと一息。

    自分の好きなように物がおけ、誰にも邪魔されず自分自身が好きなようにできる。
    個人部屋はその主の性格を色濃く反映します。

    FCじょびメンバーの個人部屋を紹介してきたこのコーナー。

    題して!「FC:じょび個室探訪」!

    ゆずの部屋1

    皆様こんばんわ。個室探訪家のマイディーです。

    現在我々FC:じょびは新規入団受付を行っておりませんが、かつて別の世界で共に戦った仲間が、古巣であるじょびに帰還する事があります。つい最近もそういった帰還者がエオルゼアへとやって参りました。

    ゆずの部屋2

    名前は ゆず。

    恐らく現在のFC:じょびの中で一番古い仲間の一人です。ここ数年別の世界で生きていましたが、エオルゼアに流れ着き、さまよっている所を無事 捕獲 しました。

    ゆずの部屋17

    LV50になるまでは、FC:じょびに入れないのでしばらく庭の「チョコボ小屋」で生活させられるという仕打ちに耐え、持ち前の超努力でみるみる成長。今はもうLV60になり個人部屋を開くまでに成長しました。

    ゆずの部屋3

    ゆずは、ベテランオンライナーなので色んな世界を渡り歩いているだけあり順応性も高い。
    高いセンスと発想の持ち主でもあるので、どんな個人部屋を作るのかすごく楽しみにしてました。

    ゆずの部屋4

    今日はそんなゆずの個人部屋にお邪魔してみたいと思います。

    さてさて・・・・FF自体は最近はじめたけど、オンラインゲームは色々やってきたよというゆずの部屋・・・。

    いったいどんな工夫が待ち受けているのか・・・それでは・・・

    「おじゃましまーっす!!」

    ゆずの部屋5

    おおーっ!!ピンク!!

    女子全開部屋だっ!!

    ゆずの部屋6

    まあなんとも「かわいいものが全力で好きです!」という ゆずらしい家具のチョイス。

    色調が、ピンク、ホワイト、トンベリグリーンで整えられ、統一感があります。

    きっとこれは、LV60になる冒険の合間にマケボを覗き、個人部屋を作るときはこれを置いてあれを置いてとコツコツ金策しながら、計画していたのでしょうねー。

    思いっきり好きなようにやりましたー!!っていうのが見えて気持ち良い個人部屋です。

    よっぽど「チョコボ小屋」での生活が辛かったのでしょう。

    ゆずの部屋7

    そして色んなところに女性というか「女の子」らしいこだわりが施されています。

    例えば、このお風呂の中央にある赤い花。

    お花を眺めながらお風呂に入れるとか幸せ!って思って置いたんだろうなーって思わず想像してしまう。
    ほほえましいw

    ゆずの部屋8

    仕切りも壁ではなくパーテーションでゾーニングしています。

    また選択したパーテーションも機能的なものよりそのデザインで選ばれていますね。

    そしてベッドの下に「チョコボのぬいぐるみ」を配置。

    ぬいぐるみを床に置くという発想ってリアルの生活だと維持する難易度が高い。
    蹴りますからねw しかしゲームのハウジングはそういう心配はありません。

    ですので、ゲームのハウジングはモデルハウスのディスプレイ的な配置のまま生活を行うことが可能であり、このゆずの部屋は生活感よりも全体を見た時の「絵」として感じるイメージを大切にしているんだなと感じる事ができますね。。

    そして・・・おもしろいものを見つけました。

    ゆずの部屋11

    これは、「ドレッサー」ですね。

    エオルゼアの家具もどんどんと増えてますが、まだまだ実装されていないような家具もある。

    無かったら今ある家具を組み合わせ、それっぽいものを作ってしまえ!という技術が「見立て」です。

    そしてこのドレッサー。見立て方がおもしろい。

    ゆずの部屋12

    まず中央のトンベリのスクリーン。左右に大きな柱があるのと、ガウンの中央部分が下に下がっているシンメトリカルなデザインは、そして木目のたてのラインから、なんとなく中央から左右に扉が開き、鏡がでてきそう「イメージ」を受けます。

    そして並んでいる色とりどりの人形や小物。これもあえて色調をバラバラにする事で、人形ではあるもののなんとなく「化粧品」がならんでるような「イメージ」を沸き立たせます。

    そういったドレッサーの持つ記号的なイメージがうまく融合し、脳内にあるドレッサーのイメージが再生され補填する。

    だからドレッサーに見えるんです。

    そう言われたらほら・・・もうドレッサーにしか見えないでしょ??

    このセンスはすごいw

    よっぽど「チョコボ小屋」での生活が辛かったのでしょう。

    ゆずの部屋9

    ひな壇を使ったケーキバイキング!!

    な・・・なんと・・・w 今回のプリンセスデーで実装されたばかりのひな壇をディスプレイスペースとして活用。

    本来「ぬいぐるみを並べる」という使い方をイメージしてしまうのですが、
    そこに「大好きなケーキを並べてみました!」っていうそのまんまな女子的願望を乗せてきた・・・w

    す・・・素直でよろしいっ!!

    ゆずの部屋10

    おもしろいなーと思って見てたのは、この並びねw

    これ多分・・・ゆずの中にケーキの序列があるんですよw

    「イチゴが多く乗ってる奴は強い!」みたいなw

    多分これ並べてるときすっごい笑顔で並べてたんでしょうねw
    そういう所を想像するとおもしろいというかかわいいと言うか・・・・w

    女の子だなあ・・・って思いますw

    エオルゼアでは大好きなケーキをいくら食べても太らないからね!というゆずの声が聞こえてきそうです。

    よっぽど「チョコボ小屋」での生活が辛かったのでしょう。


    そんな女の子の願望が詰まったこの部屋でひとつだけ違和感を出しているものがありました。

    ゆずの部屋13

    こんなかわいらしい統一感の中、肉が一皿・・・。

    ここは紅茶とか置いた方がかわいいんじゃないかなあ?

    なんで肉なんだろう??

    そこをゆずに聞いてみた。

    ゆずの部屋14

    「これはおもてなしのお肉。」

    FC:じょびでは月に一回「DDD」というイベントを行っている。

    月に一度メンバー誰かの個人部屋に集まり、何もせずにだらだらとお話しましょうというイベント「DaraDaraDay」だ。

    ゆずの部屋15

    もし、そのDDDで私の部屋が選ばれたら、このテーブルにいっぱいお料理を並べようと思って置いてみた。


    僕とは長い付き合いで、じょびメンバーとしても古参なゆず。
    でも最近エオルゼアにやってきたばかりで、今も一生懸命馴染もうと努力してくれている。

    今のじょびメンバーもそんなゆずと仲良くしてくれている。

    この世界の一緒に同じ屋根の下で暮らす。

    エオルゼアに来てそんな気持ちをもってくれたのかな?

    この部屋にFCのみんなが来てくれる!という気持ちも入って作ってくれた部屋なんだなーと思うと嬉しかった。

    見立てのセンスも素晴らしく、作り手の「楽しい!」という気持ちがこもったとても気持ちのいい個人部屋でした。

    ゆずの部屋18

    個人部屋は個人の個性が色濃くでてくるコンテンツ。

    そのレイアウトを見ればその人の人となりが見えてくる。

    見立てのセンスも素晴らしく、作り手の「楽しい!」という気持ちがこもったとても気持ちのいい個人部屋でした。


    それではまた次回の個室探訪でお会いしましょう。さようなら。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    意識の高いひなまつり。

    意識の高いひな祭り

    今日は「ひなまつり」らしい。

    これも最近流れ着いたドマの文化の一つなのだろうか・・・。

    エオルゼアでも「プリンセスデー」でおお盛り上がりですね。

    FC:じょびネッツア倉庫課としては、今回のシーズナルイベント品にどのようなものがあるかを事前に調べる必要がありますね。

    意識の高いひなまつり

    そうこさん・・・それはFC:じょびの共有アイテムを預かる意識の高い倉庫キャラ。

    ただアイテムを預かるだけでなく、何よりもそのアイテムに込められた「愛」を預かる事を第一に考える意識の高さを持っている。

    エオルゼアに新たなシーズナル家具が実装されれば、その意味と汎用性を追求し、必要がなくなれば瞬時に片付ける。

    それも倉庫課の仕事のひとつなのだ。

    意識の高いひなまつり1

    なるほど・・・今回のシーズナルイベントの家具は・・・「ひな壇」か・・・・。

    これは・・・倉庫課としてはかなり難度の高いアイテムだ・・・・。

    だからこそ倉庫課がきっちりと管理しないといけない。

    皆さんを「しあわせ」にするかどうかは・・・・私の腕にかかっているのだから・・・・。

    意識の高いひなまつり3

    よーし!手の空いてるららっ子たちはリビングにあつまってー!

    はじめるよー!

    「はーい」

    「わーい」

    意識の高いひなまつり4

    おーかわいー!!

    FC:じょびメンバー ララフェル組による・・・

    意識の高いひなまつり5

    ララフェル雛人形の完成だーっ!!

    意識の高いひなまつり6

    みんな瞬きしないでー!撮りにくいーっ

    無理ー!ww

    意識の高いひなまつり7

    めるくんに視線合わせてー!

    は-い!

    意識の高いひな祭り1

    きゃっきゃw

    きゃっきゃw

    意識の高いひなまつり2

    楽しかったねー!

    また来年もやろうねー!!

    おやすみー!

    意識の高いひなまつり8

    雛人形・・・・。

    それはひんがしの国のどこかにある国の風習・・・。

    なんでも、平安時代の結婚式を表現している飾りつけだと言われているらしい。

    意識の高いひなまつり9

    その事から、雛人形を飾るということを「娘の結婚」に当てはめて考えるようになったらしい。

    時期が近づくと雛人形を早く出す事で、娘の幸せを願う。


    意識の高いひなまつり10

    問題はその後だ・・・・

    意識の高いひなまつり11

    早く片付けないと、娘の結婚が遅れるらしい・・・。

    つまり・・・
    私が早く片付けないとFC:じょびの皆さんがいつまでもエタバンできないって事。


    意識の高いひなまつり12

    ひなまつりが終わる、本日の午前0時きっかり・・・・。

    その瞬間にこのひな壇を片付けなければ・・・・。

    FC:じょびの皆さんの幸せを左右するのは・・・倉庫課の・・・私なのだから。

    意識の高いひなまつり13

    午前0時きっかりに片付ける・・・。

    0時0秒・・・・。

    意識の高いひなまつり14

    その瞬間に撤去!!

    コンマ1秒でも遅れればその分皆さんのエタバンが遠のく!!

    みなさんの幸せは私にかかっているんだ・・・・。

    コマンドの選択ミスは許されない。コンマ何秒の世界・・・か・・・。

    やれるかじゃない・・・やるんだ私!!

    意識の高いひなまつり15

    「倉庫課よりお知らせです。本日0時にひな壇を撤去します。まだひな壇で写真を取っていない方は0時までにお済ませくださいますようお願いします。

    撤去目標予定時間は午前0時000.1秒です。



    「意識高っ!!」


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    経年劣化のかっこよさ。

    経年劣化のかっこよさ。

    経年劣化。

    それは、何かを「長く使うことで徐々に朽ちていく様」をそういう風に言ったりする。

    「良いものを長くきれいに保存したい。」

    多分、コレクターと呼ばれる人のほとんどが人がそう思ったりするのかもしれない。

    なので、鑑賞用と保存用とか2個買ったりしますもんね。

    ですので、「経年劣化」はコレクターにとって「永遠の敵」なのかも知れません。

    さて!!今回購入いたしましたのは・・・!!

    経年劣化のかっこよさ。1

    タカラトミー トランスフォーマーマスターピース MP-1 コンボイ (ジャンク)

    です!! やっと巡り合えた・・・「MP-1」!!

    まずこれがどういうものか説明いたしますと、トランスフォーマー玩具には最高峰のシリーズ「マスターピース」というシリーズがあります。 

    マスターピースは可変機構とプロポーションの両方を高次元で再現するシリーズで、その出来はため息がもれる事もあれば、ため息がもれる時もある・・・という人気のシリーズですねw

    そのマスターピースシリーズの第一弾として発売されたのがこちらの「MP-1コンボイ」です。

    発売が2003年ですから、今から15年くらい前に発売されたモデルですね。

    経年劣化のかっこよさ。2

    マスターピースのコンボイは、その後2011年に「MP-10」としてリニューアルされます。

    「MP-1」からサイズをダウンさせ、他のマスターピースとスケールを合わせる。
    不必要なギミックをオミットし、デザインもリファインされている。こっちの方が人気が高い。

    でもなんか・・・僕は新しい「MP-10」はなんとなく顔が当時のアニメに比べ小さく感じ、プロポーションはかっこいいんですが、あのアニメの泥臭いプロポーションこそコンボイ司令官だ!と思ってるのでMP-10は買ってなかったんですよね。

    経年劣化のかっこよさ。3

    最初期に発売された「MP-1」はレア度も高く、だいたい完品で3万円。コンテナ付のデッドストック等は5万前後というかなり手に入れづらいアイテムです。

    それが・・・!!付属品は「コンボイガン」のみという状態のもの1万円で見つけ即ゲット!!嬉しくて泣きそうでした。

    MP-1のコンボイなのでコンテナ部分はありませんが、ロボットモードで飾るならいらない!

    それでは・・・早速・・・「サイバトロン戦士!トランスフォーム!!」

    経年劣化のかっこよさ。4

    ああ・・・・ああっ・・・!!ああーーっ!!
    このプロポーションと佇まい・・・まさしくあなたはサイバトロン総司令官 コンボイ様!!

    経年劣化のかっこよさ。5

    そうかあ・・・「MP-10」に比べて胸の四角い窓と目が大きいんだなー。

    やっぱり僕は「MP-1」のコンボイ司令官の方が好きだ。

    そして全長30センチで、今のマスターピースにはない金属が使われてる部分が多く鉄アレイか!っていうくらい重い。
    多分当時の超合金魂にライバル心めらめらだったんだろうなあw

    経年劣化のかっこよさ。6

    まるで声が聞こえてきそう・・・今にも「私にいい考えがある」って言い出しそう。

    どことなく父性溢れるお顔・・・いいなあ・・・。ちなみに後頭部を押し込むとマスク部分がモゴモゴ動くギミックがついてますw

    これ、新しいMP-10には無いもんなー・・・・かわいいw

    経年劣化のかっこよさ。7

    もちろん、胸には歴代司令官(プライム)の叡智が詰まった「マトリクス」が。

    ボタンを押すと発光します。取り外して開けることもできる。

    経年劣化のかっこよさ。8

    左腕の通信機に「バンブルくん」。右はスタスクなので、初期生産版ですねー。

    こまかい・・・!!

    経年劣化のかっこよさ。9

    足首のサスペンションで冷却ダクトが開くギミックもMP-1ならでは。
    変形だけでなくこういった細かいギミックが詰まってるのがいいですね。

    経年劣化のかっこよさ。10

    ふんだんに金属が使われているので、その自重で足回りは不安定になり大胆なポージングは取れない。

    でも、もう立ってるだけで司令官としてのオーラがあふれ出ててなんとも・・・何時間見てても、ニヤニヤしてしまう。

    経年劣化のかっこよさ。11

    サイバトロン戦士!アターック!!

    さあ!戦いだ!

    経年劣化のかっこよさ。12

    離れろ!コンボイ司令官が爆発する!!

    ふおおおぉおおぉおおおーーーーっ!!!

    この状態にして30分くらいずっと笑ってたw

    今回買ったのは、箱無しのジャンク品なので、金属パーツの塗装の剥がれが結構ある。

    経年劣化のかっこよさ。13

    でも逆にその経年劣化が、リアルでかっこいいんですよ!

    経年劣化のかっこよさ。14

    天然の銀チョロ塗装みたいになってる。

    サイズも30センチあるので、この塗装の剥がれが全体的に戦いを潜り抜けてきた司令官らしい風合いをだしてる。

    単調な古いデザインに走る傷がちょうどいい情報量になってて、めちゃめちゃかっこいいんです。

    経年劣化のかっこよさ。15

    ウェザリングによるフェイクの傷ではないので、説得力がはんぱない。

    玩具の場合はこういった傷や塗装の剥がれはマイナス査定される事が多いけど

    経年劣化のかっこよさ。17

    デニムのビンテージみたいな感じで、経年劣化が入り独特の風合いが出てるものは逆に高くなってもおかしくないかなーと思うんですよねー。ロボ物は特に・・・。

    まあ買う分にはお得でいいですがw

    経年劣化のかっこよさ。18

    うちの司令官たち。

    さすがMP-1・・・負けず劣らず大きいな・・・。

    経年劣化のかっこよさ。19

    なんとなく、85年~90年前半にかけての風景。

    この時代のコンテンツって強いですよね。今でもこうして生きている。

    経年劣化のかっこよさ。20

    経年劣化・・・。長い時間を生きてきたからこそ生まれる風合い。

    きれいに飾るのもいいんですが、こういう渋みが出てくるのも玩具の面白いところですよねw


    独身万歳!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    じょびチャラジオLS Vol.2配布のお知らせ。

    配布のお知らせ

    大変お待たせいたしました。
    じょびチャラジオLS配布のお知らせです。


    今回配布するLSは「じょびチャラジオVol.2」

    3月・4月放送分の番組をご覧頂くことができます。

    大変急で申し訳ございませんが、配布は明日3月6日(日)22時より開始致します。

    放送内容は・・・

    ■ 室町きりん今日のががんとす! (各回)
    ■ めるずナックル (注目!3.2装備(予))
    ■ マイナーロボット大戦 (ゲスト有)
    ■ 新番組 マイディー・ひとり一撃確殺FF日記。(仮)


    日程は後日発表致します。 (週一回程度)


    -じょびチャラジオLSの約束-

     じょびチャラジオ視聴ご希望の方は必ず以下をお読みください。

    ■ じょびチャラジオLSでの会話は一切禁止。
        (ログインログアウト時の挨拶も禁止です。)

    ■ 発言をされた方は、申し訳ございませんがLSを脱退させて頂く場合がございます。
    ■ 何度もLSを誤って発言された場合も脱退とさせていただく場合もございます。
    ■ 4月最終放送(日時未定)終了の翌日、当LSは解散とさせて頂きます。
    ■ 脱退は自由です。(無言で脱退してください。)
    ■ テスト内容については、ツイッターやブログ等で自由に公開頂いても問題ありませんが、LSに参加しているプレイヤーキャラクターの個人名は公開禁止です。ご注意ください。
    ■ 当テストで起こった何かしらの個人的トラブル等はFCじょびでは責任を負いかねますのでご注意ください。
    ■ テスト運営になりますので、状況を鑑みて上記内容を変更する場合もございます。

    以上のお約束をお守りいただく事を前提にLSを配布致します。



     今回もよろしくお願いします。

    【Vol.2LS配布開始日】

    3月6日 (日) 22:00~ 配布個数「80」 
    (定員になり次第終了)


    【チャラジオLS配布場所】

    ラベンダーベット6区17番 じょびハウス前。



    【チャラジオLS受け取り時のご注意】

    配布のお知らせ1

    22時の配布開始までは、上記丸印の中「ヤイヌ・パー円庭」にてお待ちください。

    22時になりましたら、チャットにてスタートをお知らせいたしますので、下記SS配布場所横の赤い線にそってお並びください。

    ちゃらじ3

    またLSの残数はツイッターのマイディーアカウントにてお知らせいたします。

    また、配布の様子をSSで撮影し、後日記事のSSに使用させていただく場合がございます(キャラ名は出ません)。
    あらかじめご了承ください。

    NEW!!

    お願い1

    ■ LS配布時の大切なお願い。

    たくさんの方が来られた場合、ハウジングサーバーが重たくなる可能性がございます。

    ですので、できるだけ開始時間直前に会場に来ていただけるようご協力お願いいたします。

    また、チャラジオLSを受け取られた方は、特に用事が無い場合はすみやかにハウジングサーバーから離脱していただけるよう重ねてご協力のほどお願い致します



    では、配布日は・・・3月6日(日) 22:00~!!

    今回は諸事情ございまして、前日の告知になり、大変申し訳ございませんでした。

    今回もがんばりますので、よろしくお願いします!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    グループポーズの新機能で撮影するSSにバリエーションを!

    GP機能

    オンラインゲームのスクリーンショット機能。

    単純にゲームの画面をキャプチャーする機能ではありますが、オンラインゲームではそれは重要な意味を持つ。
    どこかのボスを倒した記念写真や、その時しか見れない瞬間をゲームのサービスが終了した後でも見返す事ができる思い出のアルバムの大切な一枚として永久に保存できる。

    いろんなオンラインゲームがありますが、最近はこのスクリーンショットの機能がどんどん充実してきている気がします。

    GP機能1

    従来のオンラインゲームは日常の風景を撮っても、人が棒のように立っているだけのSSになりがたちでしたが、FF14には相手に視線を向ける機能があるので、より自然なSSを撮影する事ができます。

    その基本的な機能に加え、昨今実装されたグループポーズ機能により、日常のSSがより快適に撮影できるようになりました。


    そして・・・今回のパッチ3.2でグループポーズがさらに進化!!

    今日は、僕の主観ではありますが、この機能によりどんな恩恵があるかをご紹介したいと思います。

    GP機能2

    当ブログでは上記のようなSSがよく登場します。

    人物が中央におらず、左右どちらかに寄っている。

    なんでそんな事をしているのかというと・・・

    GP機能3

    これは、読み手の人が退屈しないように視線を左右に振ってるんですね。

    え?そうした方がいいのっ!?って聞かれると・・・自信ないですけどねw

    GP機能4

    今までのFF14ではスクリーンショットを撮影できるものの、原則として必ず自分のキャラが中央にいるSSしか撮影できなかった。

    JPGでいく5

    ですので、SSの左右どちらかにキャラを寄せたい場合は「トリミング」をして加工する必要がありました。

    しかし・・・!!今回実装されたグループポーズの新機能があれば・・・!!


    GP機能5

    通常。

    GP機能7

    今までの上。

    GP機能6

    下に加え・・・

    GP機能8

    新たに右、

    GP機能9

    左にもカメラがきれるようになりました。

    チャット欄に「/gpose」と入力し左スティックを倒すだけでこれが可能です。

    この機能が追加された事で

    GP機能10

    中心に自キャラがいないSSが簡単に撮れる様になりました。

    特にトリミングの技術も必要ないので、プリントスクリーンで撮ったSSをそのままロードストーン等に載せても素敵な感じになりそうですね。

    そしてここからはちょっとマニアックな使い方ですが・・・

    GP機能11

    さらに便利な機能として、十字キーの左右でパーティーメンバーやミニオン等中央にしたい対象を切り替えられるという機能が追加。

    これによりミニオンなども簡単に撮影できるようになりました。

    そしてこれがとてもありがたい。

    GP機能12

    今まではカメラの上下移動できる距離の関係上、「足装備」のSSが正面から撮れませんでした。

    GP機能13

    それでも足装備を撮る場合は、このように最下段までカメラ位置を下げ、そこからさらに角度を変えて撮るしかなかった。

    さらにこの状態からもっと足装備を大きく撮影したいので足装備にカメラを寄せていくと・・・

    GP機能16


    是が非でも中心を逃すまい!と思ってるカメラは自動的に角度を調整され上を向くんです。

    ですので、「足装備」の細部を撮影したい場合は、座ったりして中心と足の距離を近づけるしかなかった。

    GP機能17

    ところが!! ミニオンを中心とすることでカメラの上下可動の範囲がミニオンの高さに調整されます。

    GP機能18

    なのでかなり「足装備」に近づく事ができるようになり・・・

    GP機能19

    「足装備」をかなりアップで撮れる様になった。

    ごちゃごちゃ書きましたが、簡単に言えば「ミニオンの視点になるから足元が大きく撮れるよ!」というわけですねw

    GP機能22

    あとクロックワークサンを中心にすれば・・・

    GP機能23

    スクロールロックで消えてくれるので、便利。
    クロックワークサンを視点の中心にしたいところ置き、スクロールロックで消すという使い方ができます。

    GP機能24

    今回実装されたシステムはやや上級者向けの便利機能な感じですが、これを使いこなせれば
    ロードストーンやブログ等により自分のイメージに近いSSを無加工でアップできるようになれると思います。

    FF14もほんといろんなバリエーションのSSが撮れる様になってきましたねー。

    願わくばもっともっと進歩して、SSを撮ったら自動的にブログの記事も書いてくれるような機能ついたりしてくれないかな・・・w

    以上、僕の気になったグループポーズ新機能でした!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    メンターレポート Vol.2

    メンターレポート2

    実装から2週間が経過した「メンターシステム」の現状。

    メンターシステムに関する色んな情報や問題点、起こった出来事などを綴っていくコーナーの2回目です。
    1週目は叩きに叩かれたメンターシステム、その後どうなっているのかレポートしていきます。

    ただ、このレポートを読むにあたって注意点がふたつ。

    ① ここに書かれている事はあくまで1ユーザーである僕の個人の見解と意見です。
    ※全メンターの総意ではありません。

    ② グングニルサーバーのメンターシステムを使用しています。
    ※内容や文化に関してはサーバーにより異なる場合がございます。

    それを踏まえてお読み頂くようお願いします。


    メンターレポート21

    ■ あいかわらずメンターはビギナーチャットに入れない。

    1週間ほど毎日普通にプレイしてきましたが、1週間でゴールデンタイムにビギナーチャットに入れたのは「1回だけ」でした。
    あと、深夜に数回(いずれもビギナーが0人でした)。

    相変わらず「メンター100人体制」が続いています。

    とは言うものの、離席している人もかなり多い(僕が見た時は30人くらい、早朝とかはもっと多そうw) ので離席と同時にビギナーチャットから弾かれるシステムの実装が待たれる状態。

    ■ ビギナーさんの人数は?

    ここも急激には増えていませんが、僕がビギナーチャットに入った時は、3人~5人前後でした。
    今この記事を書いてる時点で、現在ビギナーチャットに入ってるるーしーに聞いたら「今は5人います。」との事でした。

    まあ1週目に比べ、そんなに増えてない印象を受けました。

    まだ今の段階では、一気に100人、200人増えても対応できない気がするので、これくらいのペースでじわりじわり増えていくのがよさそうですね。

    メンターレポート22

    ■ ビギナーチャットの感想。

    ゴールデンタイムにビギナーチャットに入った時は、結構盛んに会話がなされていました。
    僕もいくつかビギナーさんのご質問にお答えする事ができました。

    誰かが質問をすると、すぐ答えが返ってくる状態にはなっていました。

    離席者が多いとはいえ、アクティブで動いている人は70人くらいいますので、大丈夫でしたね。

    僕が答えた質問は・・・・

    Q:「チョコボをゲットしたのですが、オス・メスは選べないのですか?」
    Q:「チョコボと一緒に戦っている人をみましたが、どうすればできますか?」

    おそらくメンターさんならすぐ答えられる内容ですねw

    ■ メンターさんの対応は?

    ビギナーさん数名に対し、メンターさんが100人いる。

    こういう状況を想像すると、「1人が質問したら100人が答える」という印象をついつい持っちゃいますが、僕が見ているときはそんな事はありませんでした。

    1人が質問すると最初に答える人がいて、そこに補足説明を加えてくれる方が3名ほど。

    という状態でした。

    メンターさんの返答もわかりやすく、ビギナーさんも問題解決に至っていました。


    実際僕も、誰かが先に質問に答えていたら「あまり多くの人が答えるのもな・・・」と思ってやりとりを眺めているだけという感じでした。

    そういう空気ができつつあるのかな?という風には思えました。

    メンターレポート23

    現在、ビギナーチャットに入れている るーしーの話によれば、今日もメンターは100名、ビギナーさんが5名程度。
    FATEを誘い合ったり、ビギナーさんが行きたいIDを発言したらすぐにPTが集まり無事完了したとの事でした。

    すごいっ!w ちゃんと形ができてきてるやんw

    メンターレポート24

    ■ ビギナーさんの募集する「トトラクの千獄」に行ってきました。

    ゴールデンタイムにビギナーチャットに入れた時、「トトラク」に行きたいというビギナーさんがいたので、その場で質問に答えていたメンターさんたちと一緒に行ってきました。

    ビギナーさんもすごく熱心な方で、わからない事はきちんと質問してくれる方でした。
    僕はタンクでビギナーさんがDPS。もう一名のDPSとヒーラーがメンターさんでした。

    基本的にCFでトトラクに行くと「脇道」に行く事はありません。
    今回はビギナーさんがいるので、全ての敵を倒しレべリングしながらゆっくり進もうという事になりました。

    開始直後に「ゆっくりと行きますので、質問があればその場で聞いてくださいね」と言った事が良かったのか、ビギナーさんはわからない事はその場で質問してくれました。

    Q:タンクのつける「◎」は人によって違いがあるのですか?など。

    メンターレポート26

    ■ メンターとしての発見があった。

    トトラクの千獄はちょっと変わったIDですよね。
    途中に点在する「魔導フォトセル」を集め、鍵を開けて進めていくスタイル。

    身内の初見に付き合う時などは、実際にフォトセルを取って「これを集めるんだよー」という説明をしていたのですが・・・

    メンターレポート27

    実はそのルール、「湿気を帯びた貼紙」に全部書いてある。

    ビギナーさんも読みたいだろうなーと思って貼紙ごとに立ち止まって読んでもらう時間を設けてたら。

    「なるほど!魔導フォトセルっていうのを集めればいいのですね。」

    と瞬時に理解してくれましたw

    口頭で教えるより、貼紙を読んでもらって理解してもらったほうが雰囲気も出るし、そっちの方がいいなと思いました。

    メンターレポート28

    ■ なんか楽しいトトラクだった。

    「魔導フォトセル」の収集をビギナーさんにお願いして進行。
    わき道がある事を説明したり、CFで行くときはここは飛ばされる事が多いですねと説明。
    装置を起動してもらったら後ろからボスがでてきてびっくり。
    ラストのボスは「小さいですね・・・」っておっしゃってましたが、実際近づくと結構大きかったりw

    普通にわきあいあいとトトラクで遊べて、すごい楽しい時間だった。
    周回の為CFで行くIDとはまたぜんぜん違う雰囲気が味わえ、あー・・・オンラインゲームだと思えましたw

    ビギナーさんも楽しんでくれたようでした。また是非行きたいw

    メンターレポート29

    ■ メンターのマナーに関する問題。

     ネット上では減ってきたものの、やっぱり「こんな駄目なメンターさんがいた。」報告は絶えません。

    メンターマークを付けた人が「DPSの先釣り」「注意したら無言退室した」等読みました。

    その場の状況を僕は実際には見てないのでなんとも判断できませんが、そういう声が上がっているのは事実。

    これはメンターさんは「メンターなのに」という目で常日頃から見られているという事だと思うんですね。

    例えは悪いですが、「万引き」という犯罪があります。

    「中学生が万引きしました。」と聞くと「まったく・・・・」と思いますよね。

    ところが・・・

    「教師 が万引きしました。」
    「警察官 が万引きしました。」

    ・・・・とか聞くと「中学生の万引き」とは違うレベルで「まったく・・・・」って思ってしまう。

    メンターさんもこれと同じように一般より高い「道徳観」を持っているべきと思われているという事です。

    模範的なプレイマナーを持ちなさいよ!って思われてる。

    まあそう思われて当然だと思います。

    メンターレポート211

    だって2番に書いてある。

    だからメンターたるもの、ここで「はい」を押す以上、最低限のマナーみたいなものはわかってないといけない。

    しかも、※プレイ内容によって 通報対象 になる可能性があります。と書いてある。

    なのでエオルゼアでプレイする人たちは

    常軌を逸したプレイをするメンターさんを通報してもいい。という事になってる。

    メンターさんはこれを了承してメンターマークを付けています。

    「暴言」をはいたり、ID内で「長時間放置」などするメンターさんはどんどんその場で注意して、なおらなければ通報すればいいと思います。

    プレイ内容の「迷惑行為」のジャッジはプレイヤーではなく運営にしか出来ない事ですからね。
    NGと判断されればしかるべき処置がなされるでしょう。

    僕もそういうメンターさんは通報しようと思います。

    メンターなのに「火力低い」とか「へたくそ」とか「なんか気持ち悪い」とか、それはまた違いますよ?w

    メンターレポート212

    メンターさんの道徳観はこれから先も ずっと言われると思う。

    メンターマークを付けてプレイする以上、「模範的プレイをする事を了承している。」という認識をもっと持たないといけないじゃないかなと思います。

    たくさんあるそういった意見はその部分を言われているのだと思って注意深くやっていこうと思いました。

    前回は「一般プレイヤーだからそういう人もいます。」と書きましたが、それは始まったばかりだからであってずーっとそういうわけにはいきませんからね。

    以上の事を一言にまとめると・・・

    「メンターなんやから、人に迷惑をかけたらあかん!」って事ですね。

    そんなのメンターに限った事じゃないですけどねw

    メンターレポート213

    ■ 希望もある。

    先日チャラジオLSの配布を行いました。今回は前日発表という事もありこじんまりと・・・。

    その中で見たことある名前の人が並ばれてたんですね。どこで見たのかなと考えていたら思い出しました。

    ああ・・・ビギナーチャットにいたビギナーさんだ。

    ビギナーさんはまだまだ少ないので名前を覚えていたんですね。

    「若葉マーク取れたのですね、おめでとうございます。」と声を掛けさえていただいたら、のちほど「おかげさまで取れました。ありがとうございました。」とお礼を頂きました。

    僕はその人に対して何もできていなかったけど、そう言って頂けたと言う事はビギナーチャットに満足してくれたのかもしれない。

    今の出来上がっていないビギナーチャットでもそういう言葉がいただけるのであれば、これからはメンターさん次第でもっともっとそういう人が増えるのではないかなと感じました。

    今回のレポートは以上です。


    ■ 求む!メンターに関する情報!!

    メンターシステムについて思う事、こんな良いことがあったよ!とかやっぱりここが駄目だよー!とか。

    当メンターレポートでは、そういったメンターシステムに関するコメントを頂けると参考にさせていただきます。
    頂いたコメントを次回のメンターレポートに活かしていきたいと思っております。

    忌憚ない意見ご意見が欲しいため、メンターレポートについてはコメントを非公開とさせていただきます。
    (コメント欄を議論の場にしたくないため。)

    ※追記 「屈託の無い意見」という自分でも良くわからない日本語を使ってましたw・・・修正いたしました、すいません。
    コメントでの指摘ありがとうございました。


    ご協力お願い致します。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    戦闘用ミラプリ。

    戦闘用ミラプリ

    最近、エキルレでもらえる「禁書」が嬉しい。

    最近までなかなか手が出ないなーと思っていたサブ職の禁書装備がどんどんもらえるから!!

    週制限の撤廃だけでなく、交換に必要な禁書の数もぐぐっとお安くなっていて嬉しいですよね。

    なので今回のルーレットはあんまり「伝承!伝承!!きえーーーっ!!」ってならないw

    気がついたら溜まってる禁書がいとしいです。

    戦闘用ミラプリ1

    最近良くTELLであの学者の時の足装備なんですか?とかあれは何色で染色してますか?とかご質問いただく事が多いので、今日はその辺をべべっと一覧にしておきますねっ!!

    多分そんな凝った事やってないのですが・・・。

    まあ「ふ~ん」みたいな感じで読んじゃってくださいませ。

    いつものかっこ

    ■ モンク

    昔ながらのAFスタイル。旧時代から戦うときはこのかっこですね。
    もうこれ以外は受け付けない身体になりました・・・。
    多分モンクの時はサービス終了までこれ。

    武器:エンペラーズ・ニューフェスト(素手)

    頭:非表示
    胴:テンプルシクラスRE ピュアホワイト
    手:テンプルグローブRE ピュアホワイト
    脚:ウォーサブリガ
    足:テンプルブーツRE ピュアホワイト



    いつものかっこ1

    ■ 暗黒騎士

    ロングコートに日本刀っていう組み合わせが好き。
    「ハイランダー」っていう昔の映画があってそれがすごくかっこいい。
    ナイトはガチガチの鎧で戦いたいけど、暗黒は軽装でも暗黒パワーでも守れるもん!ていうマイルール。

    武器:バルムンク

    頭:非表示
    胴:ウラエウスコート スートブラック
    手:パンチンググローブ 
    脚:聖府軍スカート スートブラック
    足:ファルコナーブーツ ロームブラウン



    いつものかっこ2

    ■ 忍者

    忍者アーマーな感じ。今や入手困難(?)なクリタワ装備の「風魔シリーズ」が凝ったデザインでお気に入り。
    あまり風魔で揃えてる人見ないなあ・・・。

    武器:吉光

    頭:ハイアラガン・ストライカーヘッドギア 開
    胴:ダークライト・ストライカーコースリット スートブラック
    手:風魔の手甲 
    脚:トードブレー スートブラック
    足:風魔の脚絆



    いつものかっこ3

    ■ 機工士

    ウエスタンライダーな感じに。なんといっても、FF14最強のアイテム「黒染姫君股引」がポイント。
    脚装備に困ったらいつもコレ!!w

    武器:バルダーリムファイア

    頭:マシーナリーゴーグル 開
    胴:アルケオーニス・クラフタージャックコート スートブラック
    手:†ビスタアームガード(SBグローブ) ※現在入手不可 アームガード系でいいと思います。 
    脚:黒染姫君股引
    足:ダルメルフリンジブーツ



    いつものかっこ4

    ■ 学者

    学者の禁書腕ラヴィ!いったいこの蛍光灯が何なのかさっぱりわかりませんがかっこいいものはかっこいい!!
    同じく学者の禁書足装備、サバントブーツも人気高いですね!レシピもなにもほとんど禁書装備ですが・・・
    サバントブーツのみパイレーツのリボンに色を合わせてます。

    武器:ストイケイア

    頭:非表示
    胴:スカイパイレーツ・ヒーラーコート スートブラック
    手:サバントエーテルセル スートブラック 
    脚:サバントキュロット
    足:サバントブーツ ロランベリーレッド



    戦闘用ミラプリ2

    こうやって一覧にしてみて気づいたのはスートブラックがどんだけ好きやねん!って感じですねw
    とりあえず何でも無難なスートブラックに染めておけ!みたいなw

    もう少し色で遊べるようになりたいものです・・・・。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    グループポーズのちょっと面白い機能。

    グループポーズのちょっとおもしろい機能

    マイディーの持つスタンド「グループ・ポーズ」!!

    その能力はッ・・・!!

    マイディーのスタンド12

    「そんなわけで困りましたって話ですーw」

    「あはは」

    「あれ?僕の顔に何かついてます?」

    マイディーのスタンド

    「グループ・ポーズ・・・」

    ドギャン!!

    マイディーのスタンド1

    マイディーのスタンド2


    マイディーのスタンド3




    マイディーのスタンド4


    マイディーのスタンド5


    マイディーのスタンド6

    「ところで先生、もう今日はエキルレ終わりました?」

    マイディーのスタンド10

    マイディーのスタンド! グループ・ポーズ!!

    その真の能力はッ・・・!!

    マイディーのスタンド13

    パーティーメンバーやミニオンのッ・・・!

    マイディーのスタンド8

    脳に直接入り込みッ・・・・!!

    マイディーのスタンド9

    「その人の主観視点」でものを見れるという・・・

    割とどうでもいい能力なのだッ・・・!!!!

    マイディーのスタンド11

    「まだやでー!行こか!?」


    マイディーのスタンド14

    だがひとつッ!!

    たったひとつだけ、この能力の恐ろしさが垣間見える瞬間があるッ!!

    マイディーのスタンド15

    この能力を持つもののミニオンを
    「かわいいねー」と迂闊に撫でてはならないッ!!


    なぜならばッ・・・!

    マイディーのスタンド16

    能力者がミニオンの視点に切り替えていると・・・

    ミニオンの視点は限りなく低いためッ!

    マイディーのスタンド17

    エクストリームダイナミックパンチラを披露する事になるからだッ・・!!

    気をつけられたしッ!!

    マイディーのスタンド18

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ザ・フィーストにおけるミラプリ戦術

    ザフィースト

    本日より実装される新しいコンテンツ「ザ・フィースト」。

    今回のPVPは、倒した相手のコインを奪うというスタイルでPVPのイメージにどうしても付きまとう「殺し合い」というイメージよりも「スポーツ」に近いように思えます。

    なので、フィーストならやってもいいかもというライトな層が増えそうな気もしますね。

    僕も今回は仲間とチーム組んだりして、一緒にやってみようかなーと思います。

    ザフィースト1

    何事も全力で見た目から・・・

    せっかく新しい事を始めるので、それに合わせて見た目も変えて遊んでみようかなと思い立つ。

    ザフィースト2

    やっぱり対人だから見た目「強そう」にしておいた方がいいんじゃないだろうか?

    どう見ても硬そうな感じの装備のほうが強そうに見えてあまり狙われないのかもしれない・・・。

    ザフィースト3

    チェストー!!

    見た目のかっこよさはテンション上がるし、これでいこうかな?

    ザフィースト4

    やはり対人だから、見た目が与える心理的影響っていうのも絶対あると思うんですよね。

    んー・・・。

    待てよ?

    心理的影響に特化するなら・・・

    ザフィースト5

    むしろこっち??

    むしろ肌を露出したほうが、心理的に攻撃しづらいんじゃないか??

    ザフィースト6

    こうやって並んでみたらむしろ右のほうが斬りかかりやすいんじゃない??

    どう見ても右の方が強そうだし脅威に感じるでしょうっ!左はいつもで倒せそうだけど右は先に倒しておかないとまずそうな気がするじゃないですかっ!?

    ザフィースト7

    さあどっちかを殴れ!!って言われたら・・・。

    僕なら殴っても相手が大丈夫そうな右を選んでしまう・・・。

    なんだろう・・・こういう部分が一瞬の判断を狂わせそうな気がする・・・。

    そんな事を悩んでたら・・・

    ザフィースト8

    うちに、きょん君が遊びに来た。

    きょんくんはドラクエのコロシアムで頑張ってたから、PVPのそういう部分に詳しいかもしれない。

    マイディー 「きょん君はPVPでまずどんな人から狙う?」

    ザフィースト9

    きょん君 「男キャラだね」

    やっぱり!!脅威に感じるほうから倒していくんだっ!?

    じゃ・・・じゃあさ!?


    ザフィースト10

    マイディー 「こんなんが敵にいたら狙う?」

    きょん君 「あー・・・それは俺、狙うわ。」

    おお・・・やっぱそうなのか・・・PVPは厳しい世界。

    倒せそうなやつから狙っていくのが定石なのかな。

    きょん君 「倒すとかじゃなく・・・蹴られに行く。」

    ザフィースト11

    「その後は、自分のリスポーンごとに蹴られに行く。」

    いやあの・・・そういう趣味の話じゃなくてですね。


    っていうか・・・






    ザフィースト13

    さすがにそれは一番最初に狙われると思うで?

    なんか腹立つもんw



    そんなこんなで「ザ・フィースト」!!

    間もなく開幕ですっ!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    お祭り堪能 ザ・フィースト

    お祭りフィースト

    新たに実装されたPVP「ザ・フィースト」。

    普段はPVPとか全然やらないのですが、流行には乗っておかないといけないっ!!

    新しいコンテンツができた時、何より楽しいのはあの勢いのある「お祭り感」かなと思います。

    てなわけで、先日は「ザ・フィースト」で戦いまくりました。

    フィースト

    もう、めちゃくちゃ笑った。

    僕ね・・・PVP、めちゃめちゃ弱いんですよ!w

    もうボーナスキャラか!っていうくらいヘタクソですw

    フィースト1

    メンテ明け直後は8人PTのCFで遊んでたんですが、回を重ねるごとに皆さんコツを掴んでうまくなっていくんですよねー。

    きっとこうやってみんな慣れていき、基本的な戦術みたいなのが生まれてきたりするでしょうね。

    8VS8は、始まったばかりという事もありほんとにワチャワチャとしてたら終わったー!
    もう一回!みたいな感じでお祭りっぽかった。

    今はシーズンレースも開催されてないので、色々試したりする時期ですのでそんな感じなのかな?

    フィースト2

    しばらくすると、FCメンバーやフレンドがログインし始めたので、4人PTを組んで4VS4に切り替え。

    もうここからがすごい面白かったですw

    フィースト3

    4人固定PT参戦の良いところは、勝っても負けても身内だけ。っていう所です。

    ザ・フィーストに興味はあるけど・・・ちょっと怖い・・・。という人は4人固定PTで遊ぶのもいいと思いますよ。
    特に初見4人で行くフィーストは楽しかったですw

    フィースト4

    「狼たちに、俺たちひつじの力を見せ付けて来るぜ!」とまわりに言い残し出陣。

    フィースト5

    あっという間に負けて

    フィースト6

    すぐ帰ってくる。

    今は人が多く、即シャキするのですぐ最出陣。

    負けてもPVPポイント150に加え、禁書20、伝承10がもらえるんですよっ!!

    行かなきゃ損!っていうくらいお得です。

    フィースト7

    中に入ると試合開始まで1分ほどの時間があるので、そこで作戦タイム。

    さっきはここがこうだったから、次はこれでやってみようと試行錯誤。

    いろんな作戦考えるのがおもしろい。 

    負け続けた僕らがとった最後の作戦は・・・

    フィースト8

    開始直後に一列に並び・・・敵が攻め込んできたら・・・

    フィースト9

    誠意をこめて深々と土下座。

    そして相手が油断したところを一気に叩き込む・・・・!!

    という人として最低の作戦 で初勝利をもぎ取ろうとしたら・・・・

    フィースト10

    相手チームの人になぐさめられ・・・


    戦いの中で、「己の醜さ」と、「人の持つ優しさ」を知ってしまい・・・

    フィースト11

    申し訳なさで攻撃しづらくなり、やられるという事態に。

    フィースト12

    その後は、弱いながらも「この辺で戦ってみたらいいかも!?」とか「この順番で戦ってみよう!」と試行錯誤を繰り返す。

    フィースト13

    そうしていくうちに、少しずつ帰ってくるまでの時間が長くなっていく。

    そしてついに来た初勝利!!

    ずーっと負けてきたので、声を出して喜びましたねw

    初勝利の喜びを分かち合うころには・・・

    フィースト14

    今週の伝承はカンストし、PVPポイントは5000を超えていましたw

    その後もどんどん続けて勝っては喜び、負けては笑いで夜遅くまで遊びました。

    ちなみに・・・2勝17敗ですよw

    成績は散々ですが、ほんとにおもしろかったw

    フィースト15

    そしてもらったポイントを持ってジェイルに・・・・。

    合計で6000ポイントくらいあった。

    PVPはあまりやらなかったので、今まではショーウィンドウに飾ってある装備を試着して喜んでるだけでしたが、実際に交換できるという「うれしみ」!!

    臨時収入で1万円くらいもらっておもちゃ屋をウロウロする小学生のように吟味に吟味を重ね・・・。

    お祭りフィースト1

    ずっと欲しかった暗黒装備と交換しました。

    うれしい。

    PVPって勝てないとおもしろくない!という人も多いかもしれませんが、負けたら負けたでそれはそれでおもしろい。

    そう思える仲間との4人固定PT はおすすめですね。

    ひょっとすると新しい楽しみが芽生え、狼の道を進むことになるかもしれませんよ!?

    即シャキする今が旬!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    こころのリセット日

    こころのリセット日

    記事の数がもうすぐ2,500を超える。

    全部読もうとすると、1記事を1分で読んだとして41時間。

    休まず読み続けたら1日半ってとこですねー。死んでしまうかもしれないけど・・・w

    最近はちょっと頑張りすぎて、明日何を書くかが決まってないと中々寝れない・・・みたいになってきました・・・。

    これ、あかんやつや。

    こころのリセット日1

    まあ趣味で書いてるから楽しいんですけども、このままいくと考えが偏ったり、ブレていったりしそうだ。

    ・・・・というわけで!! 土日の記事は今までの記事とは違い、

    あんまり何も考えずに書く「こころのリセット日」にしようと思います。

    特に文脈や関連性を考えずに、面白かった漫画の話とか、思った事とかをジャンルに縛られず書く。

    土日はそれでいこうと思います。うんうん。

    春だからなんか新しい事も始めたいですからねーw

    じゃあ早速思ったことを書いていこう。

    こころのリセット日2

    ■ 「光のお父さん」。

    最新話を書き始めました。 3月中か4月上旬までにアップできたらいいなー。
    あと2回で終わるわけですが、最終回との間が開くのは申し訳ないので次回の話と最終回、あとがきを3日連続でアップしようと計画中です。

    ただ、次回は5層攻略なので、多分最長の長さになると思うんですよね・・・。
    多分SSも70~80枚くらいになりそうな予感です・・・。そうするとかなり重たくなるのでどうしたものか・・・。

    ちなみに父は伝承集めつつ、放置してたメタルギアVも最近は頑張ってるみたいです。
    律動は一緒にいってますw

    そんな感じ。

    こころのリセット日3

    ■ 「プラモ狂四郎」。

    なんか、無性に読みたくなって、ブックオフに探しに行ったら売ってなかった。
    ちくしょう!と思って電気屋さんを回ってマスターグレードの「パーフェクトガンダム」を探したけどこれも売ってなかった。

    日本政府が裏で動いて、プラモ狂四郎を消しにかかってるのだろうか?

    鉄血のオルフェンズもすごい面白いけど、「プラモ狂四郎」を今こそアニメ化してほしい・・・。

    三丁目の夕日のような昭和初期のノスタルジーな映画やドラマの人気も高く、ひとつのコンテンツとして成り立っているのであれば、その時代をややスライドさせた1980年代初頭にノスタルジーな感覚を持ってる人が今後狙い目だと思うんですよね。

    なので、80年代初頭ガンプラブームの風景をリアルに描写したアニメ版「プラモ狂四郎」とかすごく良さそうじゃないですか??

    こころのリセット日4

    ■ 「フィギュアヘッズ」。

    実は地味にクローズドβの時からやってます・・・。
    世界観とかルールとか結構好きなのですが、いかんせん「WASD」での移動が下手だ。
    キーボードでゲームできる人はすごいなーって思いますねーw

    今は両機の数も減って支持は出しやすくなったけど、やっぱり操作がややこしいねー。
    たまにしかやらないので、あれ?マップってどのキーだっけ?あ、待って1号機そっちいかないでー!あー!とかなってますw

    フロンドミッション1stとのコラボ楽しみ。

    こころのリセット日5

    こんな感じでゆるーっと書くのも楽しいw

    読んでる方はふーんって感じでしょうが・・・。

    さて、今日はこの後アレキ部です。

    律動編をかなりゆっくり攻略して楽しんでます。
    またその辺も記事にしていきますね。

    ではー!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    箇条書きブログ。

    箇条書きブログ

    昨日書いた箇条書きブログがすごく楽だった。

    これからブログを書いてみたいという人に意外とおすすめかもしれない。

    今日は実験的に昨日のような箇条書きでFF14の事を書いてみようと思います。

    悪い顔

    ■ 「悪い顔」。

    新しいエモ「勝利を喜ぶ」。デフォルトのエモではできない微妙な表情をしたりするので結構好きですw
    特に好きなのが、忍者が勝利を喜ぶを使った時、最後に見せる「悪い顔」。

    目をすわらせながら何かたくらんでそうに笑う。ミコッテだけなのかな??

    表情エモももっと増えて欲しいですねー。

    箇条書きブログ1

    ■ 「きりんちゃん」。

    最近仕事がめっぽう忙しいようで、あまりログインできないようです。

    そして最近、髪型の変更がたのしくなってきたようで、いろんなヘアスタイルに挑戦しています。

    そのうちお洋服にもこりだし、スタイルも良くなくっちゃ!って種族を変えたりして、大人になっていき、いずれ恥ずかしいからヤダ!とか言ってひざにも座ってくれなくなり、やがて誰かの元に嫁いでいくのだろうか・・・。お父さん心配です。


    箇条書きブログ2

    ■ 「オーケストリオン」。

    譜面集めたいけど、なかなか時間が無い・・・。
    お気に入りは「上り階段を下れ」ですねー。落ち着いた曲がいいですね。
    欲しいのはシリウスの曲。ノーマルでも出るようなので欲しい人集めて制限解除で周回しようかな。
    部屋の曲をアチーブでもらえる「プレリュード」にしてたら、るーしーに「PLLが始まりそう」って言われたw


    箇条書きブログ3

    ■ 「ひとりがたり」。

    じょびチャラジオで企画している新しいコーナー。マイディーひとりで1時間くらいしゃべるというコーナーですね。
    何をしゃべろうかなー・・・。多分一人だと結構な量しゃべらないといけないと思うなあ。
    エオルゼアに関することにしたいので、旧時代の思い出話とかにしようかな??
    じょびチャラジオ関連、もろもろご連絡が遅くなり申し訳ありません。
    近日中に放送予定を発表できると思います!もうしばしお待ちくださいませ。

    箇条書きブログ4

    この土日、箇条書きのブログで済み、色々準備などもはかどりました。
    今週は15日からシーズナルイベントのエッグハントが開始。今年は譜面がもらえるようですね、「パッパヤ」。
    それが終われば、次は紅蓮祭まで無かったかな??

    さて、土日のチャージも済みましたので明日からまた通常の記事構成でがんばっていきますね。
    明日あたり、皆さんから寄せられたコメントを元にメンターレポートを書こうかと思います。

    それでは明日から月曜日!がんばっていきましょう!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    メンターレポート Vol.3

    メンターレポート3

    メンターシステムに関する色んな情報や問題点、起こった出来事などを綴っていくコーナーの3回目です。

    今週もメンターらしい活動は何もできなかったので、今日は先週いただきました様々なメンターに関するコメントを元にレポートしていきたいと思います。


    ただ、このレポートを読むにあたって注意点がふたつ。

    ① ここに書かれている事はあくまで1ユーザーである僕の個人の見解と意見です。
    ※全メンターの総意ではありません。

    ② グングニルサーバーのメンターシステムを使用しています。
    ※内容や文化に関してはサーバーにより異なる場合がございます。

    それを踏まえてお読み頂くようお願いします。

    メンターレポート31

    ■ ビギナーさんからの意見もいただけた。

    実は自分自身、2日前まで青葉だったのですが結局ビギナーチャットには入れませんでした。

    自分の場合は親切な冒険者さんにリンクシェルに誘ってもらったり、質問したりすることができたので良かったのですがただやはりなにか新規の方への能動的なビギナーチャットへの参入の方法はあっても良かったのでは?と思います。



    正直、メンタ-になるベテランの人は活動拠点がイシュガルドかFCハウスの方が多く、エオルゼアにいることがほとんどないのではないでしょうか。FATEも基本一人でやるときばっかりです。

    そんな状況なのにビギナ-チャンネルに入るには誘ってもらわないと入れないのでなかなかビギナ-が増えないのも納得です。

    個人的にアクティブなメンタ-もしくはビギナ-がTELLなりサ-チしてビギナ-チャンネルに入るのはなかなか難しいと思います。せっかくのメンタ-システムなのにもったいないなと思います。



    まだFF14自体を始めて間もないのですが、正直言ってビギナーチャットに入れて欲しくても、最初はメンターの方に声をかける事自体にかなり勇気が要ります。

    私はMMOは初めてというわけではないのですが、それでも初めてのゲームで初めての世界に遊びに来て、初めての方に自分から声をかけるというのは、なかなか上手くできません。

    本当は私からも「入れて欲しい」と声をかけるべきなのかもしれませんが、
    ゲームを始めたばかりの初心者の心理としては、なかなか出来るものではありません・・・w

    マイディーさんのブログにこうやってコメントを書き込むのも、実はかなりの勇気が要りましたww

    MMO自体は初めてではない私でもこんな状況なので、「MMOをFF14から始めました!」という完全な初心者さんではもっと厳しいのではないかなと思ったりします。


    ビギナーさんからのコメントで多いのは、「ビギナーチャットに入れない」という声が多いように感じました。
    この問題に関しては理由が二つあると考えます。

    ① ビギナーさんの意思でビギナーチャットに入れない。
    ② メンターさんがビギナーさんの加入意思を察知できていない。

    ①に関してはRMT業者へのビギナーチャットへの侵入を防ぐ為にシステム的に制限がなされているのでユーザーサイドでの解決は不可能。

    しかし②の問題に関してはメンターさんの努力で乗り越えられるのではないかと思います。

    メンターレポート32

    ■ ビギナーチャットへの「勧誘」。

    「ビギナーチャットへの無言の勧誘」が一時話題になりました。

    手っ取り早くビギナーさんをビギナーチャットへ招くべく、片っ端から若葉マークの人を誘っていくという方法。

    最終的にはそのビギナーさんが「なにかわからないけど知らない間に誘われたビギナーチャットのおかげで助かった。」という状態になればそれはそれでOKなのかなとも思いますが、僕の個人的な意見としては少々「雑」に思えました。

    メンターの仕事は「ビギナーチャット」を一杯にすることではなく、「ビギナーさんを助ける」という部分にあると思うので、システムで最低限の説明はされていますが、「ビギナーチャットとは?」「入った時のメリット」くらいは説明して誘ってあげるほうが「親切」かなと思います。

    実際に僕が声をかけてビギナーチャットの説明したビギナーさんの中に、「いいですね!入ります!」となったのですが、誘ってみるともうすでに知らない間に入ってた・・・という事もありました。

    このような事から、無言でビギナーさんをビギナーチャットへ勧誘するのは、ビギナーの数を増やす事はできてもあまり活用ができないのではないかなと考えます。

    メンターレポート33

    ■ 警官は交番にいる。

    リアル社会の街には交番があります。生活をおくる中で「万が一の事態」に陥れば、交番を探すと思います。
    なぜかというと、そこに我々を守る「警察官」がいるからです。もし、街に交番が無く「警察官」がどこにいるかわからない場合、万が一の事態になっても警察官を探さなくてはなりません。 交番に行けば警察官がいるというのはもしもの時その場所に行けばなんとかなると思えるので僕たちは普段安心して暮らせているのかもしれません。

    これと同じように「ビギナーさんを助ける存在のメンターさんが常にいる場所」があれば、ビギナーさんは安心できるのでは無いでしょうか??

    ・そこに行けばメンターさんがいるので、ビギナーチャットに入れる。
    ・そこに行けば自分を助けてくれるメンターさんに会える。

    という場所があれば、ビギナーさんはとても心強いのではないかと考えます。

    メンターレポート34

    ■ 初心者の館にテーブルがある。

    僕は暇なとき、ここに座ってたりします。そうするとビギナーさんがやってくるんですよね。
    そこで声をかけてビギナーチャットの説明をして勧誘した事が何回かあります。

    もちろん、サブキャラクターで装備を取りに来られる方もおられますが純粋なビギナーさんもたくさん訪れます。

    暇なメンターさんはここで待機しておくというのは、良いかも知れません。

    それが文化レベルで根付けば、メンターとしての活動もやりやすくなるのではないかと考えます。

    とはいえ・・・

    ここにたくさんのメンターさんが溢れるのもビギナーさんにとっては得体の知れない恐怖を与えることになるでしょうし、ここで範囲スキルをぶっぱなしながらsayでエンドコンテンツの話をしたりしても逆に近寄りがたい空気を作ってしまうので注意が必要です。 1人~2人いれば充分かなーと思います。

    しかし、「初心者の館」という場所は、今後のメンター活動において重要な意味を持つことになりそうな気がします。

    ここに来ればメンターさんに会える。ビギナーチャットに入れてもらえる。という場所があれば、ビギナーさんも安心できると思うのですが、いかがでしょうか?

    メンターレポート35

    ■ メンターマークが・・・

    私はメンターでも若葉でもないのですが、ルレ等でメンターさんを見かけます
    王冠マークをつけているのでどうも偉そうに見えてしまいます
    実際ぞんざいな態度を取るメンターさんにも何度か会ってしまいました

    王冠じゃなくてハートマークや笑顔マークにすれば良かったのになと思います


    このコメントめっちゃ納得してしまいまいたw 「たしかに!w」 とw

    ビギナーチャンネルが使えなくなった今感じるのは、メンターシステムの一番の功績は、個人的にはメンターマークかなと思います。

    今までは、ビギナーのマークはあれど、それに対するものはなかったように思います。

    それが、メンターさんだと一発でわかるマークが出来たことで、わからないことがあったら教えてくださるかも知れない!という安心感に繋がっている気がします。


    まぁ最初、メンターマークを見て『なんだろう…王冠着いてるけど偉い人なのかな?FCのトップの人に付くとか??』っていう盛大な勘違いをしていましたがσ( ̄∇ ̄;)


    なんで王冠になったんだろう??

    うちのメンバーで「王冠ではなくて、若葉マークを育てる太陽のマークとかにすれば良かったのに」という意見があって、なにそれかわいい!と思いましたw

    でもこの「王冠はえらそうに見える」というのは、コメントもらわないと気がつかなかった。

    意外と周りの人のメンターに対する印象に対しても大きな影響があるのかもしれませんね。

    メンターレポート37

    ■ その他のいろんなご意見。

    ゴールデンタイムだったと思います…ビギナーチャットに偶然入れていて、ビギナーさんも3〜4人はいらっしゃったのですが、メンターのうちの1人が本来シャウトなどで行われているFC勧誘をビギナーチャットでしてしまったのです

    その時私は別のことをしていて即反応出来なかったのですが、何人かのメンターさん達の注意により勧誘は辞めて頂き、その場はFC勧誘をしたメンターを除名して終わったのですが、マイディーさんのサーバーでもし同じことが起きたらどう対処したら良いと思いますか?


    ビギナーチャットでのFC勧誘ですね。
    ビギナーさんがその後楽しめるのであれば問題は無いとは思いますが、たしかにはたから見ると気持ち的に「うーん」と僕も思いますね。それまでの経緯や流れがあるのでしょうが、「メンターである事を利用したFC勧誘」と見られてしまうんじゃないかなと思いますね。ただ、どういう流れでそうなったのかはわかりませんが、除名はやりすぎかな;とは個人的には思います。その誘われたビギナーさんがかわいそう。

    ビギナーチャットでのFC勧誘はルール的に禁止はされてませんが、個人的にはあまりよろしくないなと考えます。

    メンター同士の雑談が無いのは良いことなのですが、あまりだんまり状態が続くとビギナーさんが声をかけづらいかな…という点も気になります。

    メンターが定期的に「質問や募集があったらビギナーチャンネルにて気軽にどうぞ!」といったメッセージを流す…といったことができれば良いのですが

    他99人のメンターのログにも表示されるため、鬱陶しがられるリスクを考えると躊躇してしまいます。
    ビギナー状態の方に、ログイン時や一定間隔でそういったシステムメッセージが表示されたらいいのではと思いました。

    またビギナーの数が増えればそれだけ質問・募集も増えるでしょうし、ビギナー側からのチャンネル登録が出来るようになったらこの点も幾分改善されるかな?と期待しています。


    今後のビギナーチャットが抱える大きな問題。
    「ビギナーさんが質問しやすい空気になってるか」という部分ですね。

    オンラインゲームを始めたばっかりの人がチャットで質問するというのは、結構敷居が高いと思います。
    そういったシステムメッセージがあればたしかに「そうなんだ・・・じゃあ!」というきっかけにはなりそうに思えますね。

    メンターレポート38

    ■ 個人的にうれしかったコメント

    ビギナーズチャンネルでお世話になりました。
    記事のトトラクに連れて行って貰った■キャラ名■です。

    あの時は、ブログを書いてる方だとは知りませんでした。知ってたからといって何する訳でも無いんですが...ともかく、トトラクではありがとうございました。

    チョコボのオスメスの話も印象に残っています。バディ メス とググっていたら知り得なかった情報だと思います。

    バディ メス とググっていたら知り得なかった情報だと思います。
    今日も■チョコボ名■君は元気です。

    少し離席している間にビギナー卒業してしまいましたので、最後にお礼も何も言えなかった事が心残りです。

    さて、メンターについての情報ですが、ビギナーからの目線で一つ。

    上述した卒業についてです。40時間というリミットや勝手に脱退してしまうのは仕様ですので仕方ないと思います。
    これも仕方ない事かも知れませんが、脱退した後に、これからどうすればいいのかと少し途方に暮れました。
    僕はネトゲ慣れしていたのでシャウトでpt募集したり、ptからフレンドを見つけたり出来ましたが、
    ネトゲ初心者がいきなりビギナーズチャンネルから放り出されて、同じ様に道を見つけられるのか、どうすればいいかわからないから辞める、と直結してしまわないかが心配です。

    デジョンすれば抜け出せる様な簡単な問題じゃないし、Maidyさんにどうこうして欲しいという話でも無いんですが、元ビギナーの現ビギナーからの意見でした。


    僕は無事に学者になる事が出来ました。
    スキルやマクロの研究に明け暮れていて、ストーリーが滞っていますが、また何処かでお会いしたら、よろしくお願いします。



    前回のレポートで取り上げさせていただいた Q:「チョコボをゲットしたのですが、オス・メスは選べないのですか?」
    という質問をされたビギナーさんからコメントをいただきました。

    「オスしか選べないんです。チョコボはイシュガルドという国の名産品で、繁殖されないようにメスは出荷しないんですよ。」って教えてあげたのをよく覚えています。

    そうかあ・・・トトラクをご一緒して、その後ビギナーチャットを卒業されたのですね。

    ビギナーチャット40時間の問題もシステム的な問題なのでそれを伸ばすことはユーザーにはできません。
    この部分も早く改善が入るといいですね。

    こういう嬉しい言葉をもらえるから、メンターは楽しいんだと再認識できました。

    ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています。

    離席メンターのビギナーチャット自動退室も実装され、より機能しやすくなるビギナーチャット。
    まだまだうまく行っているとは言いがたいですが、じっくりしっかり良いものにしていきたいですね。


    ■ 求む!メンターに関する情報!!

    メンターシステムについて思う事、こんな良いことがあったよ!とかやっぱりここが駄目だよー!とか。

    当メンターレポートでは、そういったメンターシステムに関するコメントを頂けると参考にさせていただきます。
    頂いたコメントを次回のメンターレポートに活かしていきたいと思っております。

    忌憚ない意見ご意見が欲しいため、メンターレポートについてはコメントを非公開とさせていただきます。
    (コメント欄を議論の場にしたくないため。)

    ご協力お願い致します。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    エーッグハーント!-2016-

    エッグハント

    さて!今日からシーズナルイベント「エッグハント」ですね!

    1年を通して色んなシーズナルイベントが行われますが、日本にはなじみの薄いイベントなのに加え報酬は「たまご」をモチーフにした装飾品等が多くあまり心惹かれない・・・という方も多いかもしれません・・・。

    ・・・が!!

    今年は報酬品の中に「Pa-Paya」の譜面もあり、これさえかけて置けばハウスが年中お祭り騒ぎだ!という事で挑戦する人も多そうですね。

    そんなわけで早速行ってまいりました。

    エッグハント1

    今回のスタートはグリダニアのミィ・ケッド音楽堂。

    内容は街に配備された3つのミニゲームを駆使して報酬の「アルコンエッグ」を入手。
    集めたアルコンエッグを景品と交換するというのが基本的な内容。

    エッグハント2

    景品は、クリスタル類に加え、ミニオンのダストバニーやスプリガンキャプ。
    庭具のアルコンエッグタワー等があります。本命は譜面かな??

    そのアルコンエッグを集める為のゲームが以下の3つ。

    エッグハント3

    ■ 追撃!ジャンボエッグ

    町中を走り回る巨大なたまごを追いかけるクエスト。
    時折立ち止まるのでその隙を突いて「魔法の鱗粉 」をぶっかける。

    ただ、この魔法の鱗粉は詠唱時間がとても長く、ジャンボエッグが立ち止まった瞬間に詠唱を開始しないと間に合わなかったりする。

    エッグハント4

    ジャンボエッグの走るコースは決まっている。
    しかしジャンボエッグのスピードは速く、スプリントでも振り切られてしまうことがある。

    このコース上で出現を待ち変えて見つけたらスプリントでかけつけ鱗粉をぶっかける。
    深追いすると追いつけず見失うので注意が必要。エーテライトで移動し、コース上で張り込む形が有効かもしれない。

    エッグハント5

    ■ 運搬!エッグキャリアー

    大きなたまごを、指定されたところまで運ぶクエスト。
    途中に待ち構えているスプリガン・エッガーに見つかるとアウト!スタートに戻る。

    マップとにらめっこしながら目的地点を目指そう。
    こういう場合遠回りが一番の近道だったりしますよねw

    エッグハント6

    ■ 計測!アルコンエッガー

    スクリーンの間を通り抜けるスプリガンが持っている卵の色を暗記し個数を答えるクエスト。
    移動距離も少なく、コツが掴めれば一番早くクリアできる。

    昼間にやる方が視界が明るく有利。

    初級、中級、上級の三つのお題がありすべて正解でクリアになる。

    実は各級のたまごの合計数を覚えておくと楽。

    エッグハント7

    ・初級

    たまごの合計数は「5」
    たまごの色は、「白」と「青」。

    暗記が苦手な人は、「白」の数だけ数えれば勝てる。

    合計数5-「白」の数=「青」の数 だからです。

    エッグハント8

    ・中級
    たまごの合計数は「6」
    たまごの色は「白」「青」「橙」。

    たまごの色が1色追加になり、スクリーンも狭まる。
    この場合は両手の指を立て左を「白」右を「青」にして数えれば良い。

    合計数6-左手の指の本数(白の数)-右手の指の本数(青の数)=「橙」の数。

    エッグハント9

    ・上級
    たまごの合計数は「8」
    たまごの色は「白」「青」「橙」「黒」

    一気に難易度があがる上級。たまごの合計数も上がり、後半はまとめてドバっとスプリガンが出てくるので難しい。

    普通に記憶しても「うあーっ!」ってなって失敗する事が多い。

    上級の攻略法は・・・・

    エッグハント10

    四の五の言わずに、素直にメモ帳と鉛筆を出してくる事だ。

    横着したい気持ちを拭いきり、迅速に行動できる者が勝利をつかむ。

    エッグハント11

    3つのゲームをクリアしてクエストを進めるともらえるチョコボ装甲がかわいい。

    エッグハント12

    うしろにチョコボのぬいぐるみも付いてるよー!!!

    特に人数が必要なものも無いので、あわてず空いてからやるのもありですねーっ!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    新兵器!!エッグカウンター登場!

    エッグカウンター

    時は2016年3月・・・・。
    人類はシーズナルイベント「エッグハント」に苦しめられていた。

    新緑の街、グリダニアを暴れまわるジャンボエッグ。
    たまごを運搬するものを狙うスプリガン・・・・。

    唯一の希望は、成功すれば短時間でアルコンエッグを手に入れられる「アルコンエッガー」だけだった。

    エッグカウンター1

    しかし・・・アルコンエッガーは集中力と記憶力が必要。

    特に上級ともなればその難易度は高く失敗することも多かった。

    エッグハント10

    そんな現状の中、メモを取って切り抜けるという方法が提唱されたが・・・。
    それでもメモする速度が追いつかず、戦況が大きく動くことは無かった・・・。

    エッグカウンター3

    駄目だ・・・・。

    このままではエッグハントの過酷な戦況に耐え切れず・・・人類は滅んでしまう。

    提唱したメモ作戦・・・このアナログ的な方法では全員が幸せにはなれない・・・。

    もっと画期的な方法で・・・憎っくきスプリガンどもの運ぶアルコンエッグが選別できれば・・・・



    だが・・・そんなそんな戦況を打開する大きな事件が今、起ころうとしていた・・・・。


    エッグカウンター4

    みむむ 「失礼しますっ!!」

    マイディー 「どうした、みむむ・・・エキルレならもう済ませた。」

    エッグカウンター5

    みむむ 「いえ。エッグハントによって苦境に立たされた人類を救う新たなシステムの開発に成功しました。」

    マイディー 「なに!?新しいシステム?」

    エッグカウンター6

    みむむ 「マイディーさんの提唱するメモ戦法は、視線を画面と手元、瞬時に行き来しないといけないので、訓練された一部の戦士のみが使える戦法です。」

    マイディー 「うむ。」

    エッグカウンター7

    みむむ 「私は、その視線の移動をほぼ 0 にするシステムを開発しました。


    名づけて・・・

    エッグカウンター8

    「エッグカウンター」!!!

    エッグカウンター9

    使い方は簡単です。

    エッグカウンター10

    視界に入ったたまごの「模様」と同じ箇所をクリックすれば・・・

    最先端の科学技術で・・・

    エッグカウンター11

    右側に数値化されます。」

    「な・・・なにいいいいいぃぃーーっ!!」

    みむむ 「これを使えば、上級も楽々ですよ。」

    エッグカウンター12

    人類の科学が・・・ここまで進歩していたとは・・・・

    いや・・・それよりも・・・それよりもだ!

    作ったというのか・・・これを・・・

    このシステムを・・・このララフェルが・・・

    わざわざ・・・作ったというのか・・・

    エッグカウンター13

    このエッグハントというシーズナルイベントのためだけにっ!?

    これ作ってる間に・・・軽く「Pa-Paya」の譜面取れただろうにっ!!


    そんな・・・


    エッグカウンター14

    そんな みむむが超好き。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    強さ。

    強さ1

    きょんくんがブログで「キングダム」面白いって言ってたので見たら面白かった。

    と言っても僕が見たのはバンダイチャンネルの無料で見れるアニメの方なんですけどね。

    下僕の主人公がいろんな人と会ったり戦ったりして成長していく、最近では珍しい とてもきれいなビルディングロマン。
    1期見終わったらもうね・・・2期も見ちゃうよねw 買おう。

    純粋に「強い」とはどんな事だろうとか考えながら見るとすごくためになる。

    強さ1

    僕もやっぱり少年漫画を読んで育ったので基本的に

    「強い」=「かっこいい」

    なんですよね、だからザクやドムを倒せる強い「ガンダム」かっこいいってなる。

    でも、成長するにつれて「強いの形」が色々あるって知っていく。

    ランバ・ラルの信念を曲げない軍人の「精神の強さ」がかっこいい。

    ガルマ・ザビの特攻を見て死んでまで「誇りを守る強さ」がかっこいい。

    強さ2

    色んな「強さ」があるのを知ると、色んな「かっこいい」が見えてくるなーと思う。

    やっぱり「かっこいい」を感じるドラマは見てて面白いですね。

    強さ4

    ザ・フィーストが実装されエオルゼアでも公式に「強さ」を競うランキングマッチが始まる。

    それがすごく楽しみだ。

    決戦に血がうずくぜ!っていう楽しみではなくて、それってこのサーバーで「一番強い人」はこの人です。って発表されるって事ですよねっ!

    決められた攻撃を覚えて避けるプログラム相手のエンドコンテンツをクリアとかではなく、1番になりたい!っていう「人間」と戦って戦って勝ち残る。その対戦相手別の攻略法はもちろん動画もwikiもない。

    瞬時の判断で作戦を切り替えたり、戦略を勉強したりしてきた人がナンバー1になるわけですよね。

    そんな真の「武人」が自分のサーバーに誕生するわけでしょっ!?

    強さ5

    DPSがなんぼとか、○○クリアとかマイルールが基準の「強い」「うまい」の世界ではなくて、同じ条件の人と戦って順位がはっきり付けられるっていうだけでもすごいプレッシャーがあるだろうに、それすらも乗り越えてそこのNO1になる人なんて「精神」も強いし「力」も強いし、めちゃくちゃストイックでかっこいいじゃないですか。

    キングダム風に言えば「天下の大将軍」ですよねっ!w かっこいい!w

    そんな人たちがどんどん誕生して武を競っていくかと思うとワクワクです。

    そういう人たちが名を馳せていき、○○さんのファンとか、あのチームを応援している!っていう文化がエオルゼアにも誕生してくるんでしょうねーw

    強さ7

    そうなると「観戦モード」の実装が待たれますねっ!

    観戦モードはエオルゼアにおける「スポーツ観戦」みたいにユーザーにとってのひとつの娯楽になると思う。

    ただランダムに試合が見れますというのではなく、きっちりと作って欲しいですねっ!
    チーム入場ムービーやキルシーンのズーム&スロー再生機能とか、あったら熱いw

    強さ9

    実況解説LSとか出てきたらおもしろそうですw

    なんだったらどっちが勝つかギルを賭けるモードも・・・ゴフゴフ。

    PVPって実は「観戦モード」や「応援モード」を充実させた方が盛り上がるんじゃないだろうか??

    強さ8

    そんなので色んな「強さ」を見て、いろんな「かっこよさ」を感じられる日が来るのが楽しみですね。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    律動編4層の感想。

    律動4層

    律動ノーマル終わりました。

    週1回、予習無しで50分くらい遊ぶ。

    合計すると4回くらいでクリアになったので予習無しでも3時間半くらいでクリアできたのかな。

    毎週楽しみにしているアニメを見るような感覚で遊べて大満足だった。

    そして4層に到達したとき、律動編の全てを悟った。

    律動4層1

    律動4層2

    やられた。

    律動4層3

    そして悟った。

    律動4層4

    「合体ロボ」に気をとられて・・・

    律動編は「戦隊ヒーローっぽい」とか「ロボットものっぽい」と錯覚してたんだ。

    律動編のテーマはそこじゃない・・・。

    ゴリラになったり・・・クレーンに捕まれたり・・・真心を壊したり・・・。

    そうか・・・あの爆弾の形も・・・!!

    律動4層5

    わかった・・・!わかったぞっ!

    だからか・・・!

    律動4層6

    だから4層のBGMはちょっと「山本正之」が入ってるのか!!

    「渡辺宙明」ではなく、若干の「山本正之」っぽさがっ!!

    律動4層7

    「律動編は動いて戦う。」

    律動4層8

    ゴリラになったり・・・クレーンに捕まれたり・・・真心を壊したり・・・。

    律動4層9

    このどこかなつかしい・・・戦いの雰囲気は「アレ」だ・・・・

    戦隊ヒーローや合体ロボットものとは違う・・・

    律動4層10





    この律動編の ゆかいな雰囲気 の戦いは・・・






    タイムボカン

    「タイムボカンシリーズ」っぽいんだ・・・・。



    だから楽しかったんだ・・・・。

    だから笑いながら戦えたんだ・・・・。


    律動4層11

    だから「勝利のポーズ」が実装されたんだ・・・・。


    機工城アレキサンダー律動編・・・ただただ楽しかったです。

    さあ!未クリアメンバーを連れて周回だっ!!


    -オマケ-


    リツドウキングの正しい爆発

    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 3.19

    一撃確殺週末日記

    1週間って早い。

    今週は結構バタバタしてたので、特にそう感じたのかもしれませんね。
    というわけで土曜日なので実験的に続けている箇条書き日記を更新したいと思います。

    土曜は一週間で考えた事やリアルも含めたトータルにして、日曜はFF14の一週間という風にやってみようかな。


    3192.jpg

    ■ ししゃも明太風味サラダ

    「ししゃも明太風味サラダ」これがヤヴァヴァイ。

    たまに母がスーパーで買ってきて食卓に並ぶのですが、もうこれとご飯だけあれば幸せ。

    ししゃものプチプチ食感と和えられた「からしマヨネーズ」がしっかりとした味を作り出していて白御飯に合うんですよねー。
    スーパーでも売ってるみたいなので、見かけたら買ってみるとよろし!!
    お茶漬けに入れても良い感じだよ!

    赤いキューブ状の見た目も、トランスフォーマーのエネルゴンキューブみたいでおいしそう。

    エネルゴンキューブのマヨネーズ和え。


    3193.jpg

    ■ 自分は「A」だから「B」は駄目。

    ネット上の議論を見ていると、そういう理屈がすごく多いように感じてしまう。

    誰かが行った行動に対して「この行動は正しい」という人と「その行動は間違ってる!」という人が言い争う。
    やがて口論は本論からはずれ、系論を言い争うようになるというのがいつものパターンですね。

    そういうのを見てるとなんでいつも「どっちが正しいか」を言い争うんだろうーって思ってしまう。
    「どっちも正しい」とか「どっちも間違ってる」という考え方や相手の意見を認めようとしない人が多いのかな。

    とにかく誰かをやっつけたいだけの人が多いのはたしかだw

    3194.jpg

    ■ 父が「Fallout 4」を始めてやめた。

    突然父が「Fallout 4」を買って来た。 また・・・なんでそんな敷居の高いゲームを選んだのか・・・・。

    僕もちょっと興味があったので、インストールしているのを横で見てた。

    インストール中に「S.P.E.C.I.A.L」のスキルの説明ムービーが流れてそれを見てたんですが、これってたしかS.P.E.C.I.A.Lの頭文字にあわせたスキルを振って自由に遊べるゲームなんですよね?

    父は「S.P.E.C.I.A.L」説明ムービーの「C」の説明あたりで「スターウォーズにしたら良かった。」って言い放ちスピード引退を決意されました。

    たぶんいきなり説明された7つのスキル系列をすぐに覚えられなくて、もうついていけない・・・って思ったんだろうなあ。
    ゆくゆく覚えていけばいいんじゃない?って言ったのですが、だめだーってなってます。

    ゲームを買う為の事前情報がパッケージのみ!の人ですからねー・・・。
    こういう事が多いみたいです。

    ちなみに先日クリアした律動ノーマルは一緒に挑戦できたので楽しんでらっしゃいましたw

    3195.jpg

    ■ とあるブログ。

    先日非コメでひっそり「とあるブログ」を教えていただきました。

    教えてくださった方、ありがとうございます。その圧倒的な内容にゲラゲラ笑って読みましたw

    あーおもしろかったwって一通り笑った後、メールしました。
    この話が収束したら、また週末日記で事の顛末を書いていきたいと思います。
    すごく笑えるのでお楽しみにw

    3196.jpg

    そんな感じの一週間でございました。

    来週もししゃも明太風味サラダ食べられるかなー?



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    そして世界へ

    そして世界へ

    今週はアレキ行ったり、ビギナーさんのお手伝いをしたりとちゃんと遊べた一週間でした。

    伝承もまだちょっと残ってるのでエキルレちょこちょこっとやれば今週は終わり。

    来週末はPLLがあるので、それもまた楽しみですねっ!

    さて、エオルゼアでの一週間を振り返ろうかな。

    そして世界へ1

    ■ 今週の買い物 「譜面:そして世界へ」。

    これが欲しかった!ボロボロの譜面はエアシップボイジャーで取れるらしいけど、それはFCメンバーの誰かが貰ってくれればいいや!と思ってマーケットで購入。

    これあれです!「FFのメインテーマ」が含まれてる曲。

    LV15のクエストで最初の街から飛び立つシーンでかかるやつですね。

    そして世界へ3

    序盤のクエストを終えて、他国に行けるようになるというシーンで、新生から始めた人はワクワクするシーンですよね。

    でも旧時代からやってたレガシープレイヤーのストーリーは少し違ってて、世界中の人が自分の事を忘れているというストーリー。

    新生からの人は、ここから色々なものを勝ち取っていく旅立ち。
    レガシーの人は色々なものを取り戻しにいく旅立ち。

    同じカットシーンですがその意味合いがぜんぜん違う印象深いシーン。

    そのシーンの曲が大好きで、まだ少し高いですが譜面を買ってしまいましたw
    でも聞いてるとテンションあがってきますので、すごくお勧めの譜面です!

    そして世界へ5

    ■ アーティファクト

    これもまた思い入れが強い装備ですね。アーティファクト、通称「AF」。

    せとちゃんがララに戻り、昔のAFを引っ張り出してきて着てくれました。
    やっぱりこれが一番かわいい。

    もう今となっては完全に通過点になってしまってるこの装備ですが、エオルゼアで初めて実装された「ジョブ専用装備」だったんですねー。実装当時はぶっちぎりで性能が良かったので、全員これを着てたんですよ!w

    そして世界へ6

    世界中どこへ行ってもみんな同じ服という時代でしたw

    だから職がアイコン見なくても誰がどの職か一目で何かわかるという時代が1年近く続いたのかな?
    なんだかそれが嫌で僕だけ脚を禁断したサブリガにしてましたねー。

    今はもう着てる人もほとんどいないのが、寂しいですねw

    そして世界へ8

    ■ 「光のお父さん」進捗。

    月内に残り二話あげられるよう頑張っております。

    先に最終回が完成しそうな勢いだ。ツインタニア戦で撮ったSSがなんと1500枚とにらめっこの日々が続く。
    3ヶ月間くらいやってましたからね・・・すごいたくさんSS撮ってます。
    必死で戦っていたからあまりいいSSが無いのがちょっと問題です;

    そんなに引っ張んなよ!って思うかもしれませんが、ただ単純に難しくて書けないんですよーっ!w 

    そして世界へ7

    クルル役の南條愛乃さんが、あいこめの中で「光のお父さんの続きまだかなー」とおっしゃってくれまして、クルルに言われてるようですごく嬉しかったです。ありがとうございました。

    あまりに嬉しくて、音を消してムービーを再生し、クルルさんのくちパクにあわせて あいこめ のそのシーンを再生すればクルルさんに直に言われてる気持ちになれるんじゃやないのっ!?って思って何度も何度も挑戦してたら

    今日という日が終わりました。ありがとうございました。

    がんばって続きを書き上げますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

    最後はじょびチャラジオのお知らせです。

    1月予定3
    3/21(月)

    22:00~22:30 きりん 今日のががんとす!
    出演:マイディー・室町きりん

    22:30~23:20 めるずナックル
    出演:マイディー・めるくん

    大人気のすぐに役立つエオルゼアファッション情報。今回のテーマは「3.2装備」。
    もうお手ごろ価格になりつつある3.2装備をめるくんがチョイス。
    放送を見ながら、試着もできるよ!



    一人ガタリ
    3/28(月)

    21:30~22:00 きりん 今日のががんとす!
    出演:マイディー・室町きりん

    22:00~22:45 一撃確殺ひとり語り
    出演:マイディー

    わたくし、マイディーがあれやこれやと一人で何かを語ります。
    ロボットの話になるのか、会社で役立つ豆知識になるのか、FF14の今後の話になるのかはその日のお楽しみ。
    新システム「Wシステム」を採用したあたしい番組です!




    というわけで2本の予定が立ちました!!
    開始時間がそれぞれ違うのでご注意ください。

    「ひとり語り」がちょっと楽しみですw

    そんなわけで明日は月曜日!
    また一週間よろしくお願いします!!



    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    パズドラFFコラボが今日からです。

    ぱずどらこらぼ

    エオルゼアのやり手営業マン、ヤ・シュトラさん。
    今度はパズドラに出張営業です。

    本日よりパズドラにて「FFコラボ」が開始されました。

    僕らのヤ・シュトラさんがディシディアに続きパズドラにも登場です。

    やっぱりヤ・シュトラさんなんですねーw

    FF14とのコラボというわけではなく、FFシリーズの各キャラクターがパズドラのキャラクターになりました。という感じですね

    パズドラコラボ1

    パズドラ・・・正直、全然やってませんでした。

    前にやったのは、FFコラボがあったとき。闇の雲と戦えるという事でチャレンジしたのですが、今回の第二段はまた違うFFボスたちと戦えるようです。

    パズドラコラボ2

    今回の相手はアルティミシアさん。

    パズドラコラボ3

    ジェクトさん。

    などなど、後半のナンバリングタイトルからの参戦が多いですね。

    まだまだ出てきますが、その辺はプレイしてからのお楽しみにしておきますね。

    パズドラコラボ4

    スタートは「中級」からになるので、これから始める人は急いでレベルアップしないとクリアできないかも?
    前にはまってたなあ・・・くらいの方は当時のキャラクターでもクリアはできそう。

    中級でも結構ドロップしましたよ。

    さて・・・!!
    正直ボスにはあまり興味がなくて・・・。

    ヤ・シュトラさんを探さないと!!

    見つけて捕まえて・・・

    パズドラコラボ5

    うちの究極進化させないバステトさんと褐色ネコ娘コンビを結成させる。

    それでこそコラボ!!

    しかし、ダンジョンではどうやらドロップしない様子。

    いろいろ見てみると・・・どうやらガチャで出るみたい。

    ちぇ・・・。

    パズドラコラボ6

    手持ちの魔法石は・・・5個・・・。

    ずいぶん昔のだけど使えるのかな?

    ・・・・っていうか

    パズドラコラボ7

    ヤ・シュトラさん・・・タマゴに入ってチョコボに丸呑みされてるのか。

    だいじょぶかな・・・だんだん仕事選ばなくなってきてるのかな・・・・。

    これはちょっと助けてあげないと・・・・。

    パズドラコラボ9

    魔法石は5個・・・・チャンスは1回・・・!!

    奇跡を起こせ!魔法石!!

    ヤ・シュトラさんを救うのだ!!

    えいっ!!


    パズドラコラボ8

    金っ・・・・!!!


    金来たっ!!!


    け・・・結果はっ!?


    パズドラコラボ10


    あ・・・・あんたは・・・っ!!


    ぱずどらこらぼ2

    シャントットさんだっ!!

    おしい・・・!!なんかおしいw

    パズドラコラボ11

    おー・・・なんか楽しそうなスキルですね。

    ぱずどらこらぼ3

    進化もするようです。

    悪魔属性が・・・・w

    あ・・・なんかちょっと嬉しくなってきた・・・w
    シャントットさんで満足してしまった・・・・。

    危なかった・・・コラボキャラがナナモ様なら・・・・
    課金しまくってぶん回してたかもしれない・・・w



    パズドラコラボ12

    久しぶりにやるとなかなか楽しかったパズドラ・・・。

    僕はヤ・シュトラさんを救い出せなかったので・・・誰か助けてあげてくださいw

    コラボの詳細はこちらです。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    境界を超える力。

    境界を超える力。

    すごい。 こんなに嬉しい事がかつてあっただろうか。

    コラボ企画が多いオンラインゲーム業界で、
    こんなに「意味」のあるコラボレーションを見た事があっただろうか?


    幾多数多の世界が共存するオンライン大三千世界において、二つの世界が手を結ぶ。

    境界を超える力。1

    この夏、「FF14」と「PSO2」がコラボする。

    正直、絶対 「無理」 だと思ってた。
    はっきり言って「戦争」してると思ってた。

    「FF14」と「PSO2」は「仲が悪い」と思ってた。

    境界を超える力。2

    でもそんな事を思ってたのは・・・・

    境界を超える力。3

    ユーザーだけだったんだ!!

    やり手営業マンのヤ・シュトラさんがタマゴに入ってチョコボに丸呑みされてる裏で、オーディンさんはとんでもないモノを断ち切ってたw

    境界を超える力。4

    現在発表されてるのは「PSO2」側のコラボイベント。

    PSO2にボスとして「オーディン」が登場する。さらにミコッテの種族服もPSO2内で実装される。

    境界を超える力。5

    実際に動いてるPVを見ると、もうFF14のオーディンそのままである。
    赤く示される範囲攻撃、グングニル、そして斬鉄剣による全滅。

    そのオーディンに攻撃を仕掛けるのは光の戦士ではなく、アークス達。

    簡単に言うと、「オーディン討滅戦」が「PSO2」でも遊べる。と言ってもいいレベルです。

    ティガレックスと戦うスネークを見た時以上の衝撃でした。

    境界を超える力。6

    ファンタシースター感謝祭2016 決勝大会にゲスト出演した吉田さんと酒井さんは、このコラボに期待している事として

    「現在本格的なオンラインゲームのプレイヤー人口はまだまだ少ない。
    そんな中、競い合う事も大事ではあるが、一緒にオンラインゲーム自体を盛り上げ、まだ触った事が無い人たちにアプローチしていきたい。」


    と語っていた。

    泣けました。

    境界を超える力。7

    人は何かを好きになると、それを守ろうとする。

    そしてその「愛」が強くなると、それ以外を認めなくなってくる事がある。

    好きなものを守る為に、それ以外を認めなくなり、やがてそれ以外のものを攻撃し始める人もいる。

    これが最高、これ以外は駄目。

    境界を超える力。8

    そうやって互いの足を引っ張り合う。

    そんな様が空気を作っていく。

    「PSO2最高、FF14なんてギスギスするだけ?」
    「FF14最高、PSO2ってレア堀りだけでしょ?」

    「PSO2やるほうがいい!!FF14なんかするな!」
    「FF14やるほうがいい!!PSO2なんかするな!」

    境界を超える力。9

    境界を超える力。11

    「喧嘩ばかりせず、大局を見よ!」

    オーディンさんがそう言ってるような気がしてならない。

    互いの世界に縛られた鎖を、斬鉄剣で断ち切ってくれたのだ。

    そういう方向を「FF14」と「PSO」は向きますという意味がこめられたコラボなんだと思います。

    奪い合っても仕方ない、新しい芽を育てていきましょう。

    そう互いの「公式」が言っている。

    自分がまったく予想しなかった事が、今起こってる。
    すごい。

    境界を超える力。12

    両陣営のトップが考えている事は、自社のゲームだけの事ではなく、オンラインゲーム全体の未来を考えて世界を作っているのだと感じ、本当に嬉しいコラボだった。ニヤニヤが止まりませんw

    これを機に、僕たちユーザーも成長する時なのかもしれませんね。
    もっと広まって欲しいな、オンラインゲーム。

    FF14側はいかなる内容のコラボにするのか、週末のPLLが楽しみです。


    つづく。




    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    「カルテノーの戦い」を思いだす。

    カルテノー

    今日は なんとなく昔話を。

    というのも結構新生から始めた人から「カルテノーの戦い」について聞かれる事が多いので、今日はその話を・・・。

    レガシープレイヤーならおそらくFF14において「一生忘れない出来事」のひとつだろうと思うカルテノーの戦い。

    それはいかなる「イベント」だったのか・・・?


    カルテノー1

    2.0のオープニングで、今にも落ちそうな赤い凶星ダラガブの真下で、大勢の軍勢がわー!わー!って戦ってますよね。

    あれは、ルイゾワ爺さんが落ちてくるダラガブを止めようとエオルゼアの神様を降ろす「神降ろし」を行おうとしている所に、それを阻止しようとガレマール帝国の大軍勢が押し寄せてきた。

    帝国軍にカルテノー平原を突破されると、「神降ろし」は阻止され、ダラガブが落ちてしまう。
    そこでプレイヤーも含むエオルゼア同盟軍が帝国軍をなんとか食い止めないと!と戦ってたんですね。

    カルテノー3

    実はこのダラガブ。最初は米粒程度の赤い点だったのですが・・・

    アップデート毎に大きくなってくるんです。

    最初のころは「なんだ!?あのウメボシはww」とか言って笑ってたんですが・・・。

    旧FF14サービス終了間近になると・・・

    カルテノー2

    これはさすがに死ぬかもしれない・・・という大きさに。

    もうやばいでしょw 昼夜関係なくこの空なんです。

    カルテノー4

    当時のウルダハ。

    グランドカンパニーも出来たばっかりなので、ゆるゆるです。

    帝国軍が余裕で町に入ってくる。

    のんびりクラフターとかしてられない・・・。

    カルテノー5

    この当時はまだ、FF14が一旦サービスを休止して、新生するのはわかっていても
    それがいつからスタートするかはわかってなかったんです。

    ひょっとしたら1ヶ月先かもしれないし、1年先かもしれない。

    1年先とかだったら、もう戻ってこない人も出てくるだろう・・・
    そんな不安を抱え、もう安全地帯は無くなったエオルゼアを生きてました。


    カルテノー6

    この世界が今後どうなるかわからない。

    ただはっきしりしてるのは、日々生きてる世界が変わってしまうということだけだった。

    そんな日々が続く中、ついにサーバー停止の日が発表される。

    そして発表される謎の最終イベント「最終戦」。

    開催期間は2012年11月11日(日)15:00~17:00 のわずか2時間だけのイベント。

    イベント内容は、「神降ろし」を妨害する帝国軍を撃て・・・だけ。
    それ以外は何も知らせれないユーザーたち。

    この決戦に向け、ファイナルファンタジーXIVのサービスアカウントをお持ちの方は契約の有無にかかわらず、2012年11月8日(木)17:00 ~11月11日(日) 17:00の期間はファイナルファンタジーXIVにログインできるようになります。

    総力戦だから、課金してない人も来い!みたいな話になってるので、何が起こるのか不安になる。

    カルテノー7

    イベント時間前になると、指定場所に続々と冒険者が集まる。

    誰もがわかってる。こんなの絶対サーバーが落ちる。

    運営もそんな事わかりきっているだろうに!!なぜこんな事をっ!?

    何をするのか、どうなるのかさっぱりわからない・・・。

    カルテノー8

    もう、会戦前から落ちる落ちる。

    それでも気になるからみんな必死でログインする。

    カルテノー9

    なんとか、開始時間には再ログインすることができた。

    そして開始時間になり・・・いきなり流れるシステムメッセージ。

    カルテノー10

    北西に敵がいるからやっつけろとのこと。

    とにかく重たくて、たどり着けるかどうかわからない状態。

    カルテノー11

    現れた帝国兵はそんなに強くないけど、とにかく回線が重かった。

    何人も棒立ちになってる人がいて、多分回線が切れてる人たちだ。

    一度落ちるともうログイン出来ないという超緊張状態がつづく。

    このままだとサーバーごとダウンしそう。

    カルテノー12

    運営も勿論それは察知していた。

    次に出たシステムメッセージは「ウルダハにも帝国が着たから分散して迎撃に当たれ」

    モードゥナに集中していたプレイヤーを各国に散らばらせ、サーバー付加を抑える作戦。


    カルテノー13

    しかしチャットでは情報が飛び交い、何がどうなってるのかまったくわからない。

    どうすれば勝ちなのか、どうなるのかわからないまま世界各地で帝国兵と戦う。

    落ちてしまい、徐々に減っていくLSメンバーたち。

    回線の状態に気を使いながら各地を戦って回る・・・。

    カルテノー14

    僕もモードゥナに戻って戦ったけど、志半ばで落ちてしまった・・・。

    この後戦いがどうなったのか?決着がついたのかつかなかったのか・・・それはわからない。

    カルテノー15

    モードゥナが落ちていたので、それ以外にいるサブキャラはログインする事ができた。

    ただただ今まで見たことが無い危機的状況を体験し、エオルゼアにいる人たちは総出で戦った。

    そんなイベントだった・・・。やがて17時になり・・・アナウンスがあるわけでもなく帝国どおりにサーバーは切断。



    ああ・・・終わった・・・。

    勝ったのか負けたのか・・・ダラガブがどうなったかもわからない・・・。

    エオルゼアがどうなってしまったかもわからない・・・。

    そんな状況の中、サーバーは切断され旧時代は終わりを迎えるのか・・・・。

    そう思ってロードストーンを覗くと・・・・1本のムービーがあがっていた。
     
    そう。僕らはそんな気持ちでこのムービーを初めて見たのだ。



    うめぼし、うめぼしと馬鹿にしていたダラガブが割れ・・・・。

    カルテノー16

    中からバハムートが出てきた。

    ダラガブはバハムートの拘束具だった。

    そんなの誰も予想してなかった。

    僕らは唖然とした気持ちで・・・・

    カルテノー17

    2年間慣れ親しんだ街が蹂躙されるのをただただ見るしかない。

    涙が出るよね。

    カルテノー19

    僕らがクエストで一生懸命祈りをささげた神降ろし。

    これで再びバハムートを封印する。

    カルテノー20

    それも破られ・・・。

    もう駄目だ・・・と思ったとき。

    カルテノー21

    ルイゾワ爺さんはその身をはって僕らを今のエオルゼアに飛ばしてくれた。

    カルテノー22

    僕らにすべてを託して。


    それは全ての終わり。
    だが、新生の始まりでもある・・・・・。




    カルテノー23

    「カルテノーの戦い」、今はそう呼ばれているイベント。

    何ヶ月もかけて進められた複線からのたった2時間のイベント。

    サーバーが持たなかったのも含めてかもし出された終焉の演出。

    そこからのムービー発表。それら全てが最後の一文に収束する。

    これは最初に失敗し作り直す事になった、ファイナルファンタジー14だからこそできたオンライン史上に残る大イベントだった。

    もう二度とできないだろう・・・・し、やりたくないだろうw

    カルテノー24

    みんながきゃいきゃい騒いでるのを見ているだけで「楽しい」と思えるのは、あんな時代があったからなんだろうなーと思います。

    ようこそ、エオルゼアに。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ベルト装備。

    ベルト

    誰からもあまり愛されてない装備「ベルト」。

    10種類の身体装備品の中で、唯一グラフィックが表示されない箇所。

    それなのにアイコンを見ると、きちっとデザインされている・・・。

    不思議だなあ・・・と思ったことがありませんか??

    実はこのベルト・・・旧時代はグラフィックに反映されていたのです。

    ベルト装備1

    例えば「サバイバルベルト」であればこんな感じ。

    水筒やポーチ等が腰まりにごてごて付いている。

    腰まわりにちょっとボリュームが欲しいときなどに重宝してました。

    ベルト装備2

    こちらはオーソドックスなデザインの「レザーベルト系」。

    ちゃんと腰に携帯する武器がベルトにひっかけてるように見えてました。

    ベルト装備3

    「ハンターベルト系」は大型で装備自体のシルエットを変える。

    軽鎧系にはいいアクセントになった。

    ベルト装備4

    斜めががけがかっこよかった「ツールベルト系」。

    腰にかけている道具の重みでななめになってるような感じに見えた。

    ベルト装備5

    「ロープベルト系」はマジ ロープ。

    ローブの上からでもベルトができたんですねー。

    ベルト装備6

    すごかったのは、こんな感じでベルトが隠れたりすること。

    ひとつの装備でもちゃんとした構造が作られていて、ちゃんと前垂れで隠れたりするんです。

    これはひとつひとつの装備のモデリングが大変だったと思いますよw

    そんなベルト装備ですが

    ベルト装備7

    アーティファクトを装備すると強制的に非表示に。

    グラフィック上いろんな制約を生んでしまうベルト装備は、AFをデザインするときにええーい!邪魔だ!!ってなったのかもしれませんねw 僕らも絶対装備しないといけないけど全体のラインが変わってしまうベルト装備を非表示にしてくれるので、こりゃいいや!ってなってましたけどねw

    その流れでいろんな制約を生んでしまうベルと装備は新生と同時にオール非表示になったのかと思われます。

    ベルト装備8

    旧時代からある装備は腰まわりになんとなーくベルトのラインが見えたりするんですよね。

    それはそんな時代のなごりなわけですね。

    表示非表示設定付きで復活してほしいなあ・・・。ベルト。


    つづく。



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    綺麗な脚。

    綺麗な脚

    何フェチですか?と聞かれたら「脚フェチ」です。と答える。

    でもなんかそれが悔しい。

    だって世界の全男性の約8.7割が脚フェチじゃないですかっ!

    なんだお前もか・・・つまらない・・・。って言われるのも嫌なんですが、何フェチかってなんだろう、持って生まれたものみたいなのがあるから自分から決められない部分ってあるじゃないですかっ!

    そりゃ「指の間のシワフェチです。」とか「めがねはずしたときにできる鼻のなんか丸い跡フェチです!」とか言えば「ええーっ!?」ってなるんでしょうけど、「脚フェチです」って言っても「お前は?」って次の人にいかれてしまう。

    ちょっと何の話をしているのかわからなくなってきましたので・・・・

    本日購入しましたのは・・・こちらっ!!

    綺麗な脚1

    タカラトミー トランスフォーマープライム デセプティコン・ビーコン です。

    あれ?トップ画からして春麗さんの脚の話じゃないの?って?
    あ、すいませんあれはたまたま春麗さんが写りこんだだけです・・・。

    あ!まって!閉じないでっ!!
    ちょっと話を聞いていって!!

    このデセプティコン・ビーコン・・・
    トランスフォーマーの中で最も「美しい脚」を持ったトランスフォーマーなんですよっ!!

    美脚の話1

    このビーコンというキャラクターは、トランスフォーマープライムに出てきた悪役デセプティコンの一般兵的なキャラクターです。

    いわゆる雑魚キャラですね。なんとなく顔も弱そうでしょ?

    雑魚でももちろんトランスフォーマーなので、乗り物が変形してこの形になる。

    どんな乗り物からトランスフォームするのかというと・・・

    美脚の話2

    黒いスポーツカー・・・となってますが・・・。

    どう見てもヤクザ・カー。

    美脚の話3

    第一話において街中で主人公を路地に追い詰める為だけに生まれてきたようなデザイン。

    細い路地に逃げ込んだらなんとかなるだろうと逃げ込んだら、ゴミ箱を吹き飛ばしながら追ってくるカー。

    行き止まりに追い詰めたり、両方から追い詰めたりするも、そのまま主人公を轢かずにジリジリとにじみよりヒーローが来るまで待ってくれる優しいヤクザ・カー。

    こういった自動車がロボットに変形する場合、ボンネットやフロントガラス、天板等、面で構成されたパーツがあるためどうしても四角いロボットにしか変形できない。

    それでも有機的なデザインのロボに変形させようとすると

    美脚の話4

    このように背中にボンネット等のパーツを集め背負い込んだデザインにする「ガワ処理」が一般的だ。

    しかし、ガワは変形ロボット玩具界ではどちらかというと安直で嫌われるデザインとされている。

    このガワの処理をどうするのか?というのが変形ロボット玩具メーカーの腕の見せ所といった感じだ。

    美脚の話5

    このデセプティコン・ビーコンのすごい所は、大きな背負い物もなく、ガワが忽然と姿を消している所だ。

    デセプティコン・ビーコンが雑魚キャラなのに、トランスフォーマーの中でも傑作品と呼ばれているのはこのガワの処理が秀逸だからだ。

    では!そのトランスフォームを見てみよう!!

    美脚の話6

    まず後輪を軸にサイドのドアが開き腕がでてくる。

    美脚の話7

    続いて、問題の「ガワ」が車体前方に大きく開く。

    美脚の話8

    そしてそのガワが真っ二つに割れる。

    ここから・・っ!!

    美脚の話9

    パタ。

    美脚の話10

    パタ。

    美脚の話12

    パタ。

    美脚の話13

    あの大きかったガワが折りたたまれ、完全に脚に収納され・・・

    美脚の話14

    完全に消えてなくなり!!

    美脚の話15

    どこからともなく、いのししロボがやってきて・・・

    美脚の話16

    変形して・・・

    美脚の話17

    腕に合体!

    綺麗な脚2

    完成!デセプティコン・ビーコン!!

    かっこいいっ!!

    美脚の話18

    折り紙のようにたたまれたガワがピッチリ合わさって構成される脚!!

    こ・・・この変形の美しさっ!!

    美脚の話19

    まさしく美脚!!

    すばらしき機能美!!

    いいわ~。いいわ~。

    この一生懸命説明したのに、この良さがいまいち伝わってなさそうなこの感じ・・・・。

    いいわ~。

    綺麗な脚3

    今度から「何フェチですか?」って聞かれたら「メカフェチです。」って答えよう。

    デセプティコン・ビーコンでしたっ!!

    独身万歳っ!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    第28回プロデューサーレターライブをまとめてみちゃったよ。

    28pll

    本日はー!第28回PLLでございますよっ!

    今回は神戸FATEからのお届けですねっ!!神戸・・・おしゃれな街のイメージです。
    成人してからの初デートは神戸でしたね。色々思い出したくない街です・・・。

    さあ、今日もお仕事を頑張ってる方!!寝坊しちゃった方!
    今回も頑張ってまとめておきますねっ!

    だが・・・だがしかし!

    毎度の事ながらPLL記事にあげてます情報は、あくまで自分がメモ程度にまとめたものを公開しています!

    間違いなどあるかもしれませんので、正しい情報は公式ページで確認するようお願い致します!


    でわー!どうぞーっ!!




    第28回プロデューサーレターライブin神戸FATE

    今回はパッチ3.2のフィードバックがメイン。

    28pll9.jpg

    ■ クラスジョブ関連

    Q:今後ヒーラーの命中を修正する予定はありますか?
    A:IDに関しては命中が少なくても当たるように修正をあてます。
    ただしレイドでの命中に関しては議論中。 

    Q:召喚のエギのミラプリの進捗は?
    A:3.4くらいから1パッチ1体入れていきたい。

    Q:ガウスバレルを非表示にできますか?
    A:自分だけ見えなくするなら割とすぐできる。次のパッチまでにスラッシュコマンドでON/OFFできるようにする。

    Q:学者・星占のパーティーボーナスにMND補正が無いので、修正して欲しい。
    A:難しくは無いので、もう少しフォーラムでフィードバックをください。

    Q:タンク装備の「受け流し」が目に見えて実感できるように修正できませんか?

    A:計算式がなだらかなので、大きなシステム回収になる、3.4のタイミングか・・・4.0で変えたいなとは思ってる。

    28pll8.jpg

    ■ バトル関連

    Q:ワールドを越えたパーティー募集ができるようにしてほしい。
    A:レイドファインダーを作ろうと思っている。基本は零式専用コンテンツファインダーだけど、細かく募集内容を設定できるシステムにしようと思っている。アチーブチェック等もつける。3.3で実装いけそう。

    ワールドを越えたパーティー募集も進行中だけど、それはまた次の機会に・・・。

    Q:アレキ律動零式のプレイヤークリア進捗は想定以内?
    A:これくらいなかーと思ってた範囲内。DPSチェックが相当ゆるいがダメージチェックが高いので活力ジャを刺した方が良い。
    トップ層は想定どおりだった。2層が厳しく3層が緩い状況なので例外だけどダメージ調整をしようかなと悩んでる。

    Q:蛮族デイリーのFATEが短くなったけど、一部のFATE発生が遅いものがある。
    A:時間をかけないと修正ができないですが、調整して行こうと考え中。

    Q:クリタワの譜面が競争になるので取りにくい!!調整はありますか??
    A:調整を入れます・・・。最低1個は出る確定ロットにする予定。

    28pll7.jpg

    ■ ザ・フィースト

    Q:シーズン1はパッチ3.25から始まりますか?
    A:来週パッチがあたるパッチ3.25ではもっと勝負が早く済むようにすむように調整。
    コールドゲームがもっと多くなる。AAのボックスの出現頻度・ボックスの耐久度を減少。
    マップ側のオフェンス・ディフェンスキットがでるように。各種ジョブの調整をいれ、レーティングシステムもマッチングアルゴリズム調整。

    シーズン1は上記の調整を入れ2週間くらいおいてからスタートしようと思っているのでパッチ3.25から約2週間後くらいに開始予定。

    Q:PVP用とPVE用にホットバーを別で保存できるようにして欲しい。
    A:ニーズは多いので検討を始めている。(システム的に難しいので方法を考えている。)


    Q:PSO2とのコラボでFF14側は何をするの?
    A:まだ決まっておりません。何にしよう・・・という状態。14側が実装までに時間がかかるのでPSO2側に先にやってもらった。

    28pll2.jpg

    ■ ギャザクラ関連

    Q:マイスター関連でクラフターの敷居があがったように思えます。
    A:3.2では装備を整えた人のアドバンテージを強くした。パッチが進むと現在のマイスターレシピは緩和していく予定。

    Q:蛮族デイリーの報酬にクラフター用のマテリアを追加する予定はありますか?
    A:ほかの場所で予定しています。

    Q:マテリアを装着するNPCを入れて欲しい!
    A:確定穴に入れてくれるNPCは予定あり。禁断はプレイヤーに頼んでこそ・・・という部分はある。

    Q:複数のHQをNQに一気に変えることはできませんか?
    A:きわどい処理になるので、慎重になっている。もう少し検証をお待ちください。

    Q:伝説の採取場等の実装でGPが足らないことが多い・・・リキャストの見直しを・・・!
    A:もう少しお待ちください・・・装備更新もありますし・・・。

    28pll3.jpg

    ■ アイテム関連

    Q:アニマウエポンの装備版もほしいです。【海外勢より・・・】 ※会場どよめきw
    A:フォーラムでフィードバックを・・・・。

    Q:チャイナ服を日本でもっ!!
    A:あまり課金アイテムを増やしたくないけど、フォーラムで声がたくさんあれば、検討。

    28pll4.jpg

    ■ FC関連

    Q:ハウジングの引越しシステムは??
    A:3.3で大幅な土地追加予定。マンションは3.4、その先に予定してるのでもうしばらくお待ちください。

    Q:オーケストリオンの通常の3D再生ではなく、普通のBGMのように聞けるオプションはつきますか?
    A:ちょっと時間がかかる。3D再生の調整は行う予定。

    Q:シャッフル再生機能は?
    A:作っています。

    Q:これまでの14以外のFFシリーズの楽曲の追加予定は?
    A:え?サントラ売れなくなるから・・・使ってない曲を流すのは怒られるかもしれない。

    Q:友達に配りたいのでオーケストリオン譜のスタックができるようにしてほしい。
    A:システム的に確認しておきます。できるようであれば前向きにします。

    28pll6.jpg

    ■ ストーリー関連

    Q:事件屋以外のサイドクエストの今後は?
    A:事件屋は毎パッチ入れていく予定。それ以外も3.4でどばっと増える予定。


    Q:三闘神はメインクエストとは別で進むのですか?
    A:別に進んでいきます。大きいストーリーになるが、別ルートとして作っていく。

    28pll5.jpg

    ■ その他

    Q:報酬MGPが上がる予定は?
    A:攻略手帳の報酬を当てる予定。3.25でチョコボレースがアップデートするので、その報酬が大きくなってる。

    Q:今後フライング化を考えているマウントは?
    A:フェンリルは飛ぶ。次はタンクマウント3つを予定。

    Q:自分の小隊を作るコンテンツはどうなった?
    A:開発は始まっている。3.4でいけそう。3.4では一緒にダンジョンにいけるかどうかわからない。
    グランドカンパニーの階級もそのタイミングで開放予定。

    Q:アドオン機能はどうなってますか?
    A:DPSメーター等の名前が出ているので、UIやスキンの変更程度のものしかできないよう調整中。
    遅れている。

    Q:UIのレイアウトを何種類か保存できるようになりませんか?
    A:3.3から3種類保存できるようになる予定です。

    Q:ロール共有装備をジョブ毎に複数ミラプリを変更できるようになりませんか?
    A:システム的に不可能。作り直しが必要なレベルなのでやるには別の方法を探るしかない。

    Q:名前が英語なので、ストーリーなどを見てるときに違和感がある。クエスト用の名前を作れるようになりませんか?
    A:検討したけど、見送りになった。仕様的に採用するのが無理そう。

    Q:ベイグランドストーリーの装備を実装する予定は?
    A:知らない人もいるだろうし・・・裸エプロンだし・・・。

    Q:アーマリーチェストの数を拡張して欲しい。
    A:増強の準備は始まっている。大きく装備が増えるタイミングで実装する予定。



    ■ 新情報

    28pll11.jpg

    28pll12.jpg

    ● 次回の24人レイドは外。
      ピラミッド等をめぐる内容になる。詳しくは次回の超会議で!



    28pll10.jpg

    ● 3.3で実装予定のクラフター共通装備。


    28pl8

    28pl7

    ● アニマウエポンも3.25マイナーアップデート。
    3.3でもアップデートしサブステをいじれるようにする。 【SSは3.3でのデザイン】

    28pl5

    ● トレハンダンジョン 
    3.3からたまにギャザラーが掘ったらダンジョンの入り口がでてくる。
    ダンジョンを進んでいくとお宝がザクザクとれる場所が出てくる。中のモンスターを倒すと宝箱が空いたりする。

    28pl9

    ● 3.3の新フライングマウント 
        「わたげ」・・・・夜光ります。

    28pll13.jpg

    ● 新グランドカンパニー装備。

    最強1

    ● 「さいきょう」実装。

    3.3から実装。ボタンひとつで一番強い装備に着替えてくれる。

    28pll14.jpg

    ● ダブルクロスホットバー

    LRボタンのダブルクリックで現れるサブパレット。現在開発中。
    3.4くらいに入れたい。

    ■ ビッグなお知らせ。

    28pll18.jpg

    ドリンク1本で1ptのようです。 ※週制限無しw

    28pll16.jpg
    28pll19.jpg
    28pll20.jpg

    ドリンク28本でコンプリート。

    1日1本のコーヒーをセブンイレブンで買うといい感じですね。



    そんな感じでした!徐々に3.3アップデート内容も出てきましたね。

    たのしみです!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 3.27



    ああ・・・3月が終わりかけてますね・・・。

    はやいなー・・・・。今年は特に早く感じます。ばたばたしてるもんなー;

    そんなわけで今週をゆるーく振り返ってみます。

    3271.jpg

    ■ 光のお父さん掲載スケジュール。

    大変お待たせしております、光のお父さんシリーズ。本当に連載が長くかかって申し訳ございませんでした。

    あと2回で終わりますよ・・・と言って数ヶ月がたちましたが・・・お約束どおり今月中にアップできそうです。

    しかも!!長らくお待たせしたお詫びとしまして・・・。

    3月30日 光のお父さん第30話 「光のお父さんは大縄跳びを飛んだ。」
    3月31日 光のお父さん 「最終回」
    4月1日 光のお父さん あとがき + 「?????」

    という事で、「春のパパ祭」みたいな感じで、3日連続「光のお父さんシリーズ」を掲載いたします。

    もうあれだと思うんです・・・最終回1話前ってやっぱり引きで終わったりするじゃないですか・・・・・。
    そこでまた何ヶ月もお待たせするのもよろしくないと思い、現在2話分頑張って書いております。

    現在の進捗からして、書いてる途中にデータが消えた!とかならない限り予定通りいけそうです。
    もうしばらくだけお待ちくださいませ。


    3272.jpg

    ■ 10周年ビジュアルブック

    届いた。うーん・・・見入ってしまった・・・・。古参ECOプレイヤーにとってはこの表紙だけで感慨深いものがありますよね。
    この本はエミルクロニクルオンライン10周年を記念して発行されたサービス開始からのいろんなイラストをまとめたビジュアルブックでございます。

    ECOはスタート当初、羽々キロさんという方がビジュアルを担当しており、キャラクターのモデリング等も氏のラインが大きく反映されている。それに魅せられてECOを始めた人も多かったと思います。ところが・・・スタートしてから2年ほどたち、いきなり路線変更が行われ、キービジュアル等が、キロさんのビジュアルからまったく違うアニメっぽい絵に変更になったんですよね。

    それ以来、羽々キロさんの絵はECOの時代の流れとともに消えていってしまった。
    ECOの運営も「何かあったのかな?」と邪推してしまうほどにキロさんの絵を表に出さない。

    ところが、10周年を記念され発売されたこのビジュアルブックにはその封印を解いたかのごとくキロさんの絵が多数掲載されている。公式ページでキロさんの絵にまったく触れてない所や、巻末の座談会でもまったく触れてない不自然さはあるものの、10周年という節目で、こうして公式にキロさんの絵を本にしてくれた事には感謝の言葉しかない。

    この本をめくりながら・・・「やっぱ、これだよね。」と、ニヤニヤした古参プレイヤーも多いと思いますw

    キロ絵を見たこと無いよ、というECOプレイヤーさんもきっと「あ、ECOだ・・・。」って思える素晴らしいイラストですので、プレイヤーさんにはとてもお勧めの1冊でした。

    ティタとマーシャ、ルルイエがかわいいですw

    3273.jpg

    ■ 昇進。

    ブラゲ三日坊主委員会に所属している僕が、珍しく続けている「スケ雀刑事」。

    ちょっとした息抜きにささっと10分くらい集中して遊べるのがいいですね。
    このたび、メインで使っている東雲さんが昇進(進化)しました。

    だから・・・?って感じですが自慢したくなったので書きましたw

    3274.jpg

    ■ キングダム

    アニメ版の1期、2期 全76話完走してしまいました。

    おもしろいわー・・・・。

    ものすごくどストレートな少年漫画ですよねー。

    「俺は天下の大将軍になる!!」って感じですが、下僕からスタートして大将軍への道をちゃんと1段ずつ昇って行ってるのがいいですねw 何話もかけてめっちゃ強い敵をなんとかボロボロになって倒して、配下の兵隊が700人増えました。みたいなw

    登場するキャラクターが言い方は悪いですがテンプレート的でわかりやすいのもいい感じです。
    こいつは豪快なやつ、こいつは頭使うやつ、こいつはおちゃらけてるけど強いやつ・・・みたいなねw

    きょんくんが原作の漫画もおもしろいと教えてくれたので、続きは漫画で読もうかな・・・。

    羌瘣さんがどうなるのか・・・知りたい。

    死なないでーーーっ!!



    今週はそんな感じでした!

    またねー!

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    W システム

    Wシステム

    こんばんわ!マイディーです!!

    本日は初のソロラジオ「一撃確殺ひとりがたり」を放送予定です。

    Wシステム1
    3/28(月)

    21:30~22:00 きりん 今日のががんとす!
    出演:マイディー・室町きりん

    22:00~22:45 一撃確殺ひとりがたり
    出演:マイディー

    わたくし、マイディーがあれやこれやと一人で何かを語ります。
    ロボットの話になるのか、会社で役立つ豆知識になるのか、FF14の今後の話になるのかはその日のお楽しみ。
    新システム「Wシステム」を採用したあたらしい番組です!



    少しずつなれてきた「チャットラジオ」のシステム。

    大きな混乱も無く運営できているのは、ひとえにリスナーの皆様がきっちりルールを守っていただけているからに他なりません。

    そろそろ新しい事を取り入れていけないか・・・と考えたときに思いついたのが・・・

    「Wシステム」という方式です。

    Wシステム2

    「Wシステム」とは・・・?

    リスナーさんが、チャットラジオを見ていてクスっと笑えたり、おもしろいと思ったら・・・

    「W」のみ発言できるというシステムです。

    ■ ルール

    ① パーソナリティーが発言した話が面白かったら自由に「W」のみ発言できます。
    ② 「W」は何個入力してもOKです。面白さの大きさに応じて個数を増やしてもOK
    ③ パーソナリティーが再び会話を始めると「W」の入力はいったんストップです。
    ④ おもしろいと思った時のみの入力でOKですw



    Wシステム3

    「チャットラジオ」なので、何かエオルゼア内での作業を進めつつ聞いてもらえれば・・・というコンセプトですが。

    チャットラジオの下地に、この「Wシステム」がうまく回れば、トークライブ的なものもできたりするかもしれません。

    そうなると「すべらない話」とか「漫才」なんていうのも放送できるようになりそうですねっ!!
    「W」の個数も計測できるので、エオルゼアM1グランプリとかもおもしろそうですw

    うまくいけば、かなり「チャットラジオ」の雰囲気も変わってくるような気がするんですよねー!楽しみ。

    というわけで、本日の「一撃確殺ひとりがたり」は、この「Wシステム」対応でやってみようと思っております。

    問題は・・・僕が面白い事言えるかどうか・・・ですけどねw


    Wシステム4

    「じょびチャラジオ」は今まで、FC:じょびメンバーのみで番組を作ってまいりましたが、そろそろ裾野を広げてFC外のプレイヤーの方をゲストに迎えたり、共同で番組を作ったりしていこうかと考えております。

    最終的には、まったくFC外で番組やコーナーを作ってもらったり運営してもらえるようにもしていこうと思っております。

    FCのアピールや、イベントの案内やリアルタイムの現地レポートなども放送できるようになれば、「チャラジオ」は任意の情報や番組が流れてくる「情報チャンネルLS」に進化していく気がします。

    おもしろそうですねw


    そんなわけで、本日の放送もがんばりますーっ!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    あぶないっ!

    あぶない!1

    あぶなかった!!

    光のお父さんの最終回の追い込みで、うっかり今日の更新を忘れそうでしたっ!w

    あぶないあぶない。

    この一週間くらいずーっと書いてますが、やっと30話、最終回とも完成しそうです。

    長い道のりだったなあ。先週は伝承も落としてしまった・・・。

    あぶない2

    今、最終回のラストシーンにかかりました。

    この調子でいけば、今晩中に最終回が完成して、明日30話をアップしつつあとがきを書けば・・・。

    3/31と4/1はフリーになるーっ!!

    久しぶりに日本橋にでもいこうかなー。

    なんかプラモデルを真剣に作ってもいいなー・・・。

    あ、そうだFF14しようかな・・・w

    あぶない3

    久しぶりに書いていて楽しい「光のお父さん」。
    2話とも楽しく書けたので、よかった。

    今日はこのままのテンションで書き上げたいので、今日の日記は手抜きですいません!!

    それでは明日からの「春のパパ祭」!お楽しみに!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    光のお父さんは大縄跳びを飛んだ。

    大縄跳びを飛んだ。

    子供のころ、父が僕に手品を見せてくれた。

    父は、僕が選んだトランプのカードを見事に言い当てるのだ。
    何回やっても的確に僕が選んだカードをいい当てる。

    父は大人だから僕達子供には無いすごい力があるんだろうと思って憧れの目で見ていたように思う。


    ある日、僕はどうしてもその手品のタネが知りたくてなって 父に教えてくれとせがんだ。

    あまりにもしつこかったからか、父は渋々その手品のタネを教えてくれた。

    なんてことはない手品のタネ・・・・。

    教えてもらったとおりやってみると、僕にも同じ事ができてしまった。


    僕はとてつもない秘密を知ってしまった気になり父を見た。

    父はもうTVを見ていた。

    いつもとなんら変わりの無い父の横顔。


    それを見た僕はなぜだかとても申し訳ない気持ちで胸が痛くなり、泣いてしまいそうになったのを今でもよく覚えている。



    僕は、あの時 手品のタネを聞くべきではなかった。



    大縄跳び1

    光のお父さん計画・・・・。

    それは、60歳を超えるゲーム好きの父にFF14をプレイしてもらい、自分は正体を隠してフレンド登録。

    共に冒険を続け、いつの日か自分が実の息子である事を打ち明けるという壮大な親孝行計画である。


    ロールプレイングゲームを触った事が無い父がエオルゼアに降り立ち、半年が過ぎた。

    最初はろくにチャットが出来なかった父も冗談を飛ばすようになり、弓の腕も格段に上がっていた。

    そんな父と共に目指した、大迷宮5層。

    僕たちはついにたどり着いたんだ。

    光のお父さん計画最終目的地、大迷宮バハムート邂逅編 第5層。

    そこに待ち受けるは・・・大迷宮邂逅編 最終ボス・・・

    大縄跳び4

    ツインタニア・・・!!

    この禍々しい竜の攻撃は多彩かつ高威力。
    下限レベルの挑戦であれば一発食らえばタンク以外は即死する事もある。

    大縄跳び5

    そしてその多彩な攻撃 ひとつひとつに攻略法が存在する。

    予習無しで挑む場合は、それら全ての対処法を発見し、克服していかないといけない。

    初見メンバーは一応アイテムレベル制限を設けていないので火力はでるが、それでも狙われたらひとたまりも無い。

    今まで戦ってきたボスとは比べ物にならない強烈な難易度を誇っていた。

    大縄跳び7

    ツインタニアは自分の体力が減ってくると 攻撃方法 を変えてくる。

    それが全部で5フェーズもあるのだ。


    ① ツインタニアHP100% ワイバーン
    ② ツインタニアHP80% ファイアボール・ファイアストーム
    ③ ツインタニアHP50% ダイブボム+蛇
    ・エーテリックプロフュージョン
    ④ ツインタニアHP50% ツイスター
    ⑤ ツインタニアHP30% 5連リキッド+魔力爆散

    大縄跳び8

    そして恐ろしいのは、そのフェーズのひとつひとつが、今までの大迷宮に匹敵する難易度なのだ。

    つまりツインタニアを倒すには連続して5つの階層をクリアする技術とチームワークが必要になる。

    しかもツインタニアは最強の技を持っている。

    大縄跳び9

    それが「13分目のエーテリックプロフュージョン。」だ。

    戦闘開始後13分が経過すると、2回目のエーテリックプロフュージョンが放たれる。

    これが放たれると全員即死。

    すなわち・・・13分以内に全5フェーズをクリアしなくてはならない。

    大縄跳び10

    タンクが倒れると、ツインタニアが暴れだし全滅。
    DPSが倒れると、火力が足らなくなり全滅。
    ヒーラーが倒れると、回復が足らず全滅。

    1人が倒れると、そこから総崩れをおこし全滅する。
    1人が失敗してしまうと、全員が失敗したことになる。


    そう。 これだ・・・。


    こいつなんだ・・・。

    こいつがまさに・・・・

    大縄跳び11

    FF14が「大縄跳び」と呼ばれる原因。


    実装当時、大迷宮に挑んだフリーカンパニーや固定パーティーは、崩壊する。という噂が流れた。

    仮に自分だけが連続4回死んでしまったら。自分の責任で4回クリアできなかったと思うだろう。

    「どんまい」「気にするな」・・・・・。本当にそう思って仲間に声をかけても・・・もう届かなくなってくる。

    光のお父さんがガルーダ戦で垣間見た・・・・ギスギスした空気。その何倍もの重圧。

    それがエオルゼアに住む人達の繋がりを腐食し断ち切ってきた・・・・。

    それが「ツインタニア」という存在だ。

    大縄跳び12

    お父さん・・・・僕はこの戦いが終わったらひとつの決断をしなければならない。

    自分が貴方の息子であることを・・・打ち明けるのか・・・打ち明けないのか・・・。

    それは・・・・まだ決まってない。

    でもきっと・・・ツインタニアを倒した時・・・僕には何か見えると思うんだ・・・・お父さん・・・。

    だから・・・全力で戦いましょう・・・。

    全ては・・・この戦いが終わったら・・・わかるはずだ!!

    行こう・・・・。

    マイディー 「きりんセット!!」

    さあ・・・始めようか・・・地獄の5層!

    大縄跳び13

    マイディー 「ゴー!!」

    きりんちゃん 「にゃんにゃんぷ~♪」

    きりんちゃんのテンションも高い!!

    大縄跳び21

    あとはこのツインタニアを倒すだけっ・・・!!

    大縄跳び22


    このツインタニアを倒すだけっ・・・・!!!




    大縄跳び23

    ツインタニアを・・・




    大縄跳び42

    このツインタニアを・・・!!

    大縄跳び25

    倒すだけっ・・・!!






    大縄跳び26

    ツインタニア

    大縄跳び37

    このツインタニアをっ・・・!!









    大縄跳び28

    このたに





    大縄跳び33

    たお・・・・







    大縄跳び30

    このツインタニアをっ・・・!!





    大縄跳び31

    たお

    大縄跳び32

    ついんたに






    大縄跳び34

    たお・・・・


    大縄跳び35

    ツインタニアを・・・・





    大縄跳び36



    たおす



    大縄跳び38f

    つい・・・・・



    大縄跳び39





    たお・・・・・・・・・・






    大縄跳び40




    ・・・・





    大縄跳び41






    ・・




    ツインタニアを・・・・


































    倒すだ





































































       


































    おかしい・・・

    初挑戦のあの日から・・・もうかなりの時間が過ぎている・・・。






    マイディー 「きりんちゃん、今日の晩御飯何だった?」



    なんかもう・・・負け続けて緊張感が薄れてきている・・・・。








    大縄跳び2




    きりんちゃん 「アイスですね~♪」



    マイディー 「アイスかーw あ、そろそろ 今日も終わりの時間だね・・・」


    きりんちゃん 「きりんは電池切れで~おやすみなさい~」





    なんか・・・やばい感じだ・・・・。


    大縄跳び100


    どーなってんだこれ・・・・。


    大縄跳び43

    初突入の日から・・・もう 「3ヶ月」もたっちまったっ!!

    毎週毎週誰かが大縄跳びにひっかかる。

    ここまで強かったか!ツインタニアっ!
     
    週に一度の挑戦ではあるが、3ヶ月も時間がたつとさすがに精神的疲労は大きかった。

    ツインタニアを倒すという執念も曇りはじめ・・・緊張感も薄れていく・・・・。

    攻略自体は進んでいる・・・。 誰か一人が特別大縄跳びに引っかかるわけではない。

    大縄跳び42

    しかし、一つ一つのギミックにつまづきき、つまづくたびに攻略法を考え、練習して超えていく日々。

    この方法を取る限り、時間がかかるのは想定していたけど・・・ここまでかかってしまうとは・・・。

    誤算だった・・・。

    3ヶ月たった今、やっとフェーズ4にたどり着けた・・・・。

    だが・・・ここからツイスターになれていくにはまだまだ時間がかかるだろう・・・・・。


    1ヶ月か・・・2ヶ月か・・・。


    大縄跳び44

    「父に自分の正体を打ち明けるか、打ち明けないかを決める運命の日が今日かもしれない・・・・」 

    そんな緊張感を背負って飛ぶ大縄跳びがこんなにもきついとは・・・・

    このままあと何ヶ月も・・・・闘うのか・・・・。

    みんなの精神的疲労も心配だ・・・。

    このまま大縄跳びを飛び続け、みんなの心がバラバラなってしまったら・・・僕はどう責任を取ればいいんだろう。

    大縄跳び45

    光のお父さん計画は・・・親孝行しようと思って始めたんだった。

    一緒に冒険した仲間が実は息子でした!

    映画が好きな父に・・・普通では体験できないような・・・・そんな映画みたいな体験をしてほしい。

    もう充分なんじゃないか?

    毎日こんなに楽しそうにFF14で遊んでる父。

    新しい趣味をプレゼントできたんだ・・・それだけで充分親孝行できたんじゃないのか?

    もうこれ以上大縄跳びにみんなを巻き込まない方がいいんじゃないのかな。

    大縄跳び46

    もうまもなくすれば、FF14初の拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」が発売される・・・。

    そうなれば、もうみんな忙しくなる・・・。レべリング・・・・。新しいストーリー・・・みんなそれに集中したくなるだろう・・・。

    そろそろ「妥協」してもいいのかもしれない・・・・。

    クリア組がヒントを出すか・・・アイテムレベルを上げるか・・・・、その辺が落としどころになるのかもしれない・・・。




    僕にそんな迷いが出始めたころ・・・

    とても大きな「うねり」の様なものがやってきた。





    きりんちゃん 「まいでぃ~さん・・・お話があります。」

    大縄跳び50

    マイディー 「なにかな?」

    きりんちゃん 「きりん 引越しの関係で、来週から1ヶ月くらいネットに繋げなくなるよ~」

    マイディー 「!?」

    きりんちゃん 「だから誰かと交代しないと~」

    マイディー 「んー?? 交代って言って・・・も・・・


    大縄跳び47

    !!






























    ・・・・・・・・きた。






    大縄跳び51



    これだ・・・・。



    28pl11

    来たっ・・・・・!!これで勝てるっ・・・・!

    みんな・・・僕らは手に入れた・・・ 手に入れたぞ・・・!

    ツインタニアを倒すための・・・「最後の武器」を!!



    【後編はこちらをクリック】

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。