カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「パーティーキャッスル 」カテゴリ記事一覧


    これは僕のライフワークだ。

    これは僕のライフワークだ。

    ブログは僕のライフワークなわけですが・・・。

    実はもうひとつ生涯かけてやり抜こうと思っている事があります。

    やり始めたのは、2009年の10月下旬くらい。

    そうか・・・もうすぐまる6年になるのか。

    それが何かと申しますと・・・

    ライフワーク1

    「ECOのキャラクターをパーティーキャッスルに移植するという作業。」です。

    古くからの読者の人は、「え?まだやってんのっ!?」って思われるかもしれません。

    ええ、この5年間ずっとやり続けてるんですよ。

    この誰にも評価されない孤高の作業。

    ええ、この5年間ずっとやり続けてるんですよ。

    やりこむ時は1日5時間くらいかける時もあります。

    ライフワーク2

    いまや知らない人もいると思うので、簡単に説明すると、絵がかけない人でも簡単に3Dグラフィックのアバターを作ることができてそのキャラを動かしてチャットして遊びましょー!っていうFF14が始まる前にスクエニが運営してたオンラインゲームです。

    もう数年前にオンラインゲームとしてのサービスは終わっていますが、スクエニさんはオフラインでもキャラクターを作ることができるようにしてくれたんですね。

    ですのでPCさえあれば一生遊べるわけです。

    ライフワーク3

    僕が行っている作業は、他ゲームのキャラクターのSSを撮り、それを白紙のキャラクターに貼り付け再現していくという作業です。

    ライフワーク4

    てなわけで、最初に移植しよう!と決めたのが、このECOの自キャラであるマイドさんなんですね。

    パーティーキャッスルのエディット機能は、使い勝手も悪くデフォルトだと自由度もあまりありません。

    その制約の中で骨格の違うキャラクターを移植するというのは非常に困難。

    ライフワーク5

    これがパーティーキャッスルで最初期に作ってたマイドさん。

    がんばってた・・・・。このギャザとかはずかしい。

    ライフワーク6

    納得の行く形を求めて、手書き(マウス)を始め、手を加え始めたあたりから、なんだか「職人根性」のようなものが芽生え始める。

    数々の技術を編み出し、独学でがんばり続けたんですよね。

    ライフワーク7

    髪と顔を別パーツで作るので、顔のSSを撮る時に髪が入らないようにヅラをかぶってSSを撮る技術とか。

    ライフワーク8

    サイトを巡って知ったテクスチャーの高画質化とか。

    もうパーティーキャッスル以外ではほとんど役に立たない技術を5年かけてコツコツと育てていきました。

    ライフワーク9

    新しい技術を身につけたり発見したりするたびにリファイン。リファインリファイン・・・!!

    徐々に精度が上がっていく。でも骨格が違うので100パーセントの移植は不可能。

    ライフワーク10

    どうすれば本物に見えるのか?本物に近づけるのか?

    それだけを追求し続ける。たぶんMMDとか他の3Dソフトを使えば限りなく本物に近いものが作れるだろうけど、パーティーキャッスルにこだわり続ける。

    なぜか!?

    ライフワーク11

    いまさら新しい技術を覚えるのがめんどくさいからだっ!

    だからきっとこれからもパーティーキャッスルで精進し続けるのだろう。

    そして、ファミコン末期に発売されたような、え?これ8ビットなの!?みたいなゲームのように、え?これパーティーキャッスルなの?っていう制度のものを作りたい。

    そう思って5年間続けてきました。

    5年間周年で作業を続けてきました・・・。

    ライフワーク12

    そして・・・先日・・・ついにっ!!



    PCの操作ミスで・・・・


    5年間かけて作ってきたデータがぜーんぶ消えました。

    ライフワーク13

    5年間かけて努力を重ね、作ってきた数々の作品、データ・・・・。

    まるっと消えて初期状態。

    ほんとね、気がついたらね、ぽとぽとって・・・ぽとぽとって涙がこぼれてた。

    悲しいから泣くっていう意識もなくね、呆然としてたらね、目から水が流れてくるんですよ。

    僕・・・泣いてるんだ・・・って思ったw

    ライフワーク14

    頭の中は真っ白、アバターもまっしろ・・・。

    ほんとにほんとにコツコツやり続けてたから・・・・。


    ものすごいショックだったのに・・・無意識の涙がこぼれるくらいなのに・・・

    この時なぜか僕の中で自分でもびっくりするくらい前向きな感情が出てきたんです!

    ライフワーク15

    「また、いちから作りなおそーっ」

    リカバリとか考えず、新しく作り直そう。技術も上がってるはずだし、もう一度いちから作ると前より精度の高いものができるはずだ!

    みたいな・・・・。

    ライフワーク16

    作業はいちからだけど、手についた技術を失なったわけではないので、脅威のスピードで普及していく。

    なおかつ、前から気になっていた輪郭の微調整を行い、その輪郭線にそったバランスを考えてパーツを配置。

    根本的なリファインを行う。洋服のデータは古いのが奇跡的に残ってたのでそれを着せてバランスを保つ。

    最終的には全身を改修し前よりもグレードを上げていこう。

    これは僕のライフワークだ。2

    なるほど。きっとこれは完成させる必要はないんだ。

    データが消えてショックを受けたけど、技術は無くならない。
    例えそれがよそでまったく役に立たない技術でも、技術が蓄積されていく事に快感を覚えているんだ。

    物をつくる事がもともと好きだけど、完成させる事が好きなんじゃなくて作ることが好きなんだな。

    だからきっと僕は一生パーティーキャッスルを遊ぶような気がするw

    これは僕のライフワークだ。



    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    死に絶えた世界でまだ戦っている。

    死に絶えた世界

    黒い砂漠のキャラメイクがすごい!と巷で話題ですが・・・。

    なんのなんの・・・スクエニが昔運営していたオンラインゲーム・・・

    「パーティーキャッスル」に比べれば、なんてことない。

    いまだにパーティーキャッスルを越えるキャラメイクは、オンラインゲームの歴史上存在しません。

    数年前にサービスが終了したにも関わらず、僕は未だにそのキャラメイクで遊んでます。

    では、実際に作りながら紹介しますね!パーティーキャッスルのすごさ!!(過去何回も書いてきたけど・・・。)

    死に絶えた世界1

    まずスタートすると白紙状態のキャラクターが出てきます!

    現在のオンラインゲームでは、基本的な何種類ものパーツから自分好みのものを選び、組み合わせて顔とかを作っていくのが主流でしょ?

    でも、ほしいパーツがなかったり、どうもうまくいかず、妥協してしまったりしますよね!

    でも、パーティーキャッスルにそんな心配はいりません!

    絶対に気に入ったパーツが見つかるはずです!

    死に絶えた世界2

    なんせ、自分で自由に書くわけですから!

    え?自分には絵心が無い?

    大丈夫大丈夫!!そんな時は!!

    死に絶えた世界で1

    モデルにしたいSSを用意してー・・・!

    死に絶えた世界で2

    ぺターン!!

    にんげんのもうかりさん2

    てーれってれー♪

    コピー&ペーストでチョー簡単!!

    このようにイージーな技術で自分の好きな3Dキャラクターを作り、みんなで持ち寄って遊ぶという画期的なオンラインゲームでした!

    しかし・・・こんな楽しいオンラインゲームなのに・・・サービスは当の昔に終了してしまいました。

    死に絶えた世界で3

    オンラインにつないでも、そこにはただ広場があるだけ。

    クエストどころか、目的も何も無い。ただ自分の作ったキャラクターで集まってチャットするだけ。

    ゲームだったのかも怪しい。

    無論ヒットすることも無く、静かに終わりの日を迎えました。

    死に絶えた世界で4

    しかし!パーティーキャッスルは運営終了後もクライアントだけは使える!そんな粋な処理を残してくれました!

    死に絶えた世界で5

    それ以来未だに遊んでます。

    やっぱり僕は何かを集中して作っていると、ストレス発散になる。

    死に絶えた世界で6

    何も無い広場で思い思いのキャラクターを持ち寄って、話す。

    たったそれだけなのに、楽しくて毎日遊んでたパーティーキャッスル。

    死に絶えた世界で7

    やる事なんてひとつも無かったのに、「やることないね・・・。」って言う人は一人もいなかった。

    お芝居して遊んだり、踊りのエモを自作してみんなで踊ったり。

    誰かがそこにいるだけで、楽しい毎日だった。


    死に絶えた世界で8

    僕らはいつからコンテンツに甘えるようになったんだろう。

    もっともっと自由な発想で遊びたい。


    そんな事を思いながら僕は今でもパーティーキャッスルで遊んでます。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    えこってのマイディー

    えこって

    忙しい時ほど何かに没頭したくなる。

    実はまた引っ越す事になりまして・・・部屋の片付けとか進めているのですが・・・気が付いたらPTC触ってました。

    数年前から色々な形でPTC化しようとミコッテのマイディーさんにトライしてきましたが、まったくもってうまくいかず作っては投げ出し作っては投げ出し・・・。

    型が決まっているPTCには不向きなんだきっと・・・。と半場諦めてました。

    で、部屋の片付けをしているときにふと・・・FF14→ECO化→PTC化の順でやってみたらそれっぽくできるんじゃないかなと思い立って今です・・・。

    えこって1

    そもそも論として、これをそのまま移植してもほかのキャラクターと並べたときに違和感が出まくるだろう。

    だったら、移植が比較的楽なECOのキャラをフォーマットにしてデフォルメをかければいいんだ。

    えこって2

    一度作ったマイドさんを基準にして、ミコッテっぽく加工していこう。

    どんなものが出来上がるか楽しみ。

    えこって3

    PTC内で前に作ったマイドさんのデータをコピーして加工開始。

    マイドさんも、マイディーさんも若干垂れ目なので、目の模様と色をそれっぽく塗っていこう。

    えこって4

    ゲーム内のペイント機能を使って塗り塗り。

    暗い部分に光を当てていくような感じで塗っていきまーっす!

    絵の描き方はよくわからないので、ガンプラのエアブラシ塗装と同じ要領ですw

    えこって5

    旧FF14が終わった頃にりりーさんに描いてもらったPTC用のデータを流用してすぽっとかぶせると・・・。

    えこってだ・・・。

    えこって6

    いつものジャージはSSを元にあえてぺったりとした色で上塗りしていく。

    5分くらいでさくさくっと完成。

    えこって7

    ぼふっと着せて、はい出来上がり。

    えこってのマイディーさんです。

    裸足だけどいいかw

    えこって8

    眉毛もきりっとしておきました。

    背景をエオルゼアのSSに変更して・・・。

    えこってのマイディー3

    おおーw

    結論的に似てるか似てないかで言うと似てないんですけどねw

    えこってのマイディー5

    とうにサービス終了したPTC・・・・。

    オフラインエディターさえあれば、あと10年は遊べそうですっ!!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    【悲報】 「アプリ彼女」に はまりました。

    HGティオ

    アンドロイド、iPhoneどちらでも遊べる、「アプリ彼女」。

    先日記事にした、あのギャルゲーアプリなんですけども・・・。

    大変面白い。 はまりましたw

    HGティオ6

    ティオさんの丸顔があまりにもパーッティーキャッスル向きだったので、なんとなく作り始めたら、2時間くらいでできあがってしまいました。

    あまりにも簡単にできてしまったので、今回の箱絵オマージュは、ガンプラの「HG」シリーズに。

    これまたうまくできたような気がして満足です。

    HGティオ1

    装備はガチャで当たった猫耳と現在装備中のセーラー服にしました。

    ツインテールの髪型もガチャで当たったような・・・忘れましたけど・・・。

    HGティオ2

    なかなかゲームデザインがしっかりとしているアプカノ。

    装備にコストがある事を知ったらぐっとおもしろくなりましたのです。

    HGティオ3

    性能の良い装備を身につけるとコストが上がるので強いですが、スタミナ消費が激しい。

    ウイルスと戦うときは、スタミナを消費するわけですが、これは他のアプリと同じように
    リアル時間によって回復するんです。

    スタミナを使い切ったときにスキャンでレアウイルスが出現したりすると大変。

    レアウイルスは10分とかでいなくなってしまうので、スタミナを使い尽くした時に出現されるとフル装備で戦闘できる値までは回復できない!

    HGティオ4

    そんな時は、裸になるまで装備をはずしてコストを下げる。

    防御力はがた落ちですが、スキャンに成功したらなんとか勝てるかもしれない。

    そんな駆け引きが楽しい。

    HGティオ5

    ちょっと前までは、くだらないガチャゲームが多かったゲームアプリ業界ですが、パズドラの成功以降、骨太なゲームが世に出回り始めている。

    良い傾向ですねー!

    まだまだこの業界は伸びそうです。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    S.H.F ECOくじ クージー

    フィギュアーツ箱

    ツイッター等がおとなしい時はだいたいPTC。

    今回は、いまさら感あふれるクージーさんを作ってみました。
    というか原型は出来てたんだけど、途中で投げっぱなしにしてたのを完成させた感じですね。

    トップ画のなんちゃってボックスアートシリーズ、今回はS.H.Figuartsに挑戦。

    プレイバリューが少ないけど高い。けどクオリティ高いフィギュアシリーズですね。

    本物はボックスにアニメの絵なんかが入るのでSSを使用してみた。
    ・・・けどアニメ絵が入ったのはタイバニシリーズだけかー!

    なんか・・・ボックスアート研究コーナーになってきましたねw

    だけど、あまり似なかったw ブリスターの表現はもうちょっと勉強したいところ。


    SHFクージー2

    ECOのキャラクターをPTC化するのは、簡単。

    等身もなんとなく似てるし、なによりSSが使えるのが嬉しいですね。

    アニメ系グラフィックのキャラクターとPTCの相性は良い。

    SHFクージー3

    シアターで3面図のSSを撮って重要な部品のみSSでぺたぺた。

    あとはスポイトで色をとって塗るだけです。

    SHFクージー1

    PTCは自由にポーズが作れるので、それを使って漫画みたいなのを書いてる方もおられます。

    一時、自分もアプリの紹介をPTCのECOキャラを使ってやってたんですが・・・

    SHFクージー4

    それはPTCであってECOではない。

    なんかそんな風に思えて、手を抜いてるような気になるんですよね・・・。

    うまく説明できないw

    SHFクージー5

    最近は、もはやECOがツールになってきているような気もするw

    独自のストーリーのSSを作る為、アバターに演技させたりとかさせるツール・・・。

    だったら、PTCでいいじゃない!とかも思うんですが・・・

    SHFクージー6

    ECOプレイヤー視点から見たオンラインゲームの世界
    というコンセプトからずれるような気もするのでできないんですよねー・・・。

    それもこれも勝手に自分で作った制約なので、どうでもいいと言えばどうでもいいのかもしれませんがw

    制約された条件の下で表現を行うというのは、それはそれで僕のゲームなんだ。


    ですので、アクロニアの片隅で壁に向かってエモしてる自分を見かけたら、ああ・・・今日も何かに挑戦しているんだなと生暖かい目で見守っていただければ幸いですw


    SHFクージー7

    まあ・・・なにはともあれ・・・ クージーちゃん完成です!






    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。