FC2ブログ

    カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「PlayStation4 」カテゴリ記事一覧


    CODE VEIN 体験版で遊んだ。



    楽しみにしているPS4の新作RPG「CODE VEIN」。

    ファミ通で記事を読んで、その怪しくも美しい世界観に興味津々でした。

    しかもオンラインゲーム顔負けのかなり凝ったキャラクリエイトができるとのこと。

    そんなの試してみたいに決まってるじゃないか!発売はまだかー!と思っていたら先日「体験版」が無料でダウンロードできるようになっていた。どうやらキャラクリエイトから序盤まで結構遊べるみたい。

    早速ダウンロードして遊んでみる。

    楽しみにしていたキャラクリ!どんなんかなー?

    コードヴェイン

    性別を選んだあと、キャラクターの基本外見を選びます。 

    え?こんなあんのっ!?w

    これはちょっと時間かけてじっくり作りたい・・・。

    コードヴェイン1

    輪郭や目の大きさなどは固定ですが、瞳のパターンや色、髪型、メイクにいたるまでものすごい量の選択肢!
    どんなのがあるかなー?って弄ってるだけであっという間に1時間くらいたってた。

    しかもアクセサリー類の量が尋常じゃなく、好きな位置に取り付けられるのでさらに深い沼になってますw

    そう創意工夫次第でなんでも作れそうなイイ感じのキャラクリエイト!

    CODEVEIN223.jpg

    猫耳はいわゆる普通のタイプなので、まずメインになる猫耳を付けて、さらにもうひとつを180度回転させかぶせる。
    そんな感じで作って行けばそれっぽい猫耳が作れる。

    コードヴェイン2

    洋服も細かく設定できて、この襟はいらないとか、ここの飾りの色はこれとかほんと作りごたえあって楽しいw

    コードヴェイン4

    ただでさえ多い髪型に加えて、アクセサリーで前髪やエクステまであるので、ほんと作りこめますw

    コードヴェイン5

    夢中になりすぎて、全然ゲーム始まらない・・・w

    悩み悩んだ挙句・・・・

    コードヴェイン6

    いつもの感じで、ゲームスタート。

    キャラクリがすごい!という予備知識しかないから、どんなゲームかあんまりわかってないw

    どうやら自分は吸血鬼らしい。敵の血を吸ってMPみたいなのを溜めて、スキルを使う・・・なるほど。

    コードヴェイン7

    時間をかけて作ったキャラクターはちゃんとゲーム内でも再現される。あれ?なんか作ったのと違う・・・って事もない。
    いいですね!

    コードヴェイン8

    とにかく、グラフィックが好みだ・・・。

    スクリーンショットが捗る系ゲームですねw

    コードヴェイン9

    ただゲーム的には結構難しいw

    チュートリアルもしっかりとあるのですが、専門用語が似通っていたり、うまくできたかどうかがわかりにくい。

    内容もゴッドイーターのような派手でスタイリッシュなアクションという訳ではなく、狭くて暗いダンジョンで地道に敵を倒して進んでいくタイプですね。ボス戦なんかは結構やられてしまった。

    ほんとよく死んでしまうので、途中でチュートリアルを受けなおしたw

    死んで覚えて、わかってきたりレベルがあがってくると、なんとかボスを倒せるって感じかな?
    序盤のごり押しとかはほぼ無理なので、地道に努力して強くなって進んでいこうw

    コードヴェイン56

    主人公が吸血鬼という時点で、厨二病的な要素が多いのですが、ストーリーは重厚な感じがしておもしろそう。

    体験版ですが、割と長く遊ばせてもらえてお得感ありましたw

    コードヴェイン57

    「CODE VEIN」、キャラクターはとても気に入ったのですが、視界が悪い中、ボスと戦うのですが、ボスの攻撃3発くらい食らったら死ぬ。スタミナも少なく緊急回避も無駄打ちできないという泥臭い戦闘はストレスがたまりそう。
    体験版だからそのバランスなのか、どうなのか・・・悩むところですね。難しいのが好きな人にはたまらないかもw

    体験版はPSstoreから無料でダウンロードできますので、キャラクリエイト好き好きさんは遊んでみるのも良いと思いますよ!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    HARDCORE MECHAで遊んだ。

    ハードコアメカ

    そら遊ぶよっ!遊ぶに決まっているよ!

    PS4で発売された「HARDCORE MECHA」を遊んでみましたよ!

    発売前のPVを見た瞬間から、そうそうこれ!こういうゲームを遊びたかった!という気持ちにさせてくれた、ロボットアクション「HARDCORE MECHA」!!発売されたのはわかっていたので、漆黒のヴィランズを遊びながら横目でチラチラ見てた感じですねw
    メインストーリーやレベリングもひと段落したので、とりあえず触ってみた。

    もうロボ好きとしては・・・最高ですね!

    ハードコアメカ1

    基本的には、昔あったレイノスや、ヴァルケンといった感じの名作ロボット2Dアクションゲームをリスペクトしたようなゲームなのですが・・・これが本当に良く作られている。

    もうね、ロボ好きがロボ好きの為に作ったロボゲームだという熱量がはんぱない!!

    ロボ好きが好きそうなネタを、全部盛りで盛ってくるので、もうね・・・一瞬で全部好きになる。

    ハードコアメカ2

    まずこれが、自分が操作するロボ、サンダーボルト。

    昔の2Dロボットゲームをリスペクトしている所は多いのですが、あの独特の80年代無個性ロボのデザインはサクッと捨てていて、各所がブルーに発光している意匠や、直線が多いパーツ構成なんかは、ガンダムOO以降の海老川兼武さんや、柳瀬敬之さんのデザインするロボのようで、かなり今風。

    またリアル等身ではなく、ディフォルメしたスタイルなのもゲームとマッチしていて親しみやすいのもいいですね。

    これを操作してゲームを進めるのですが、ロボ好きが卒倒しそうになる演出がてんこ盛り。
    ロボ好きハートを全力で殴ってくる。

    ハードコアメカ3

    まずゲームをスタートさせると、自分はビルより大きいスーパーロボットに乗っている。

    博士が言うには、怪獣が暴れているからそのスーパーロボットでやっつけないといけないらしい。

    これがチュートリアルになっているわけですね!!熱いじゃないですか!

    ハードコアメカ4

    そして、前進させるとズン!ズン!とコントローラーが振動する。

    こういう細かい演出がたまらないですねw

    ハードコアメカ5

    巨大怪獣と殴り合い、最後は必殺剣で怪獣を倒す!

    ツボをおさえた黄金の流れ!!でもこのゲームってリアルロボットものだと思ってた。
    こういうスーパーロボット的要素もあるんだー?と思っていたら・・・

    カメラが引いていき・・・実はそれはTVモニターに映った映像だったのがわかる。
    そしてそのモニターに血しぶきがかかり・・・

    ハードコアメカ6

    これがリアルロボット世界で放送されている「子供向けアニメ番組」だったというのがわかるという流れ。

    かっこいいっ!かっこいい演出だ!!50兆点!!まさか今やっていたチュートリアルがアニメだったなんて!

    またこれが、アニメ調のグラフィックなので場面展開が全てシームレスに繋がっていく。ほんとこの演出でいきなり心掴まれた。

    ハードコアメカ7

    そしてゲームがスタートすると・・・これが結構難しいんです。

    だって普通の2Dアクションなんですが、PS4のパッドのボタン全部使うんですよ!

    なのでロボットの操作に慣れるまでは結構死んでしまう。小さい歩兵にやられたりしますからねw
    で、これが操作になれてくるとめちゃくちゃおもしろくなってくる!!

    ハードコアメカ8

    歩兵は機銃で処理して、敵ロボはマシンガンである程度ダメージを与えてから、近接武器で仕留める。
    仕留めた後は、武器を切り替えつつダッシュで次のターゲットに接近するみたいな複雑なムーブができるようになってくる。

    そうそうこれこれ!徐々にロボの操作に慣れていき、複雑な動きが出来た時の快感!!

    このゲームはロボットを自機にするシューティングゲームではない!

    複雑な操作をこなしていく操縦してる感!!
    これぞ理想のロボゲーだ!

    敵も決して弱くないので、盾を使ってうまく攻撃を受けたり、マップ構造を利用して戦ったりしないといけない!
    そういうゲームとしての面白みも深いので、1度クリアしたステージでももう1回やりたい!となってくるw

    いいですねーw

    あとね!あとねっ!!

    ハードコアメカ9

    ロボを降りれるんですよっ!!
    これ世界でいっちばん好きっ!!(おめシス リオちゃん風)

    ロボットは人との対比があってこそ!という僕のロボかっこいい理論に完全に刺さるシステム!

    ハードコアメカ10

    しかもそれが、ゲーム上の演出ってだけでなく、ちゃんと降りてから敵基地に侵入し敵に見つからないように進んでいくというしっかりとしたゲーム上の体験になっているのがこれまたすごい。理想!まさに理想!!

    ハードコアメカ11

    もちろんねー、ロボを降りて敵基地に侵入でしょ?

    ハードコアメカ12

    そりゃー当然敵にみつかるよー!
    みつかって生身でロボに囲まれるよ!


    あーピンチだー!!ってなるよねー!?なるよねー!!

    ハードコアメカ13

    そうなるともちろん、母艦がロボが届けてくれて、それに乗り込み戦闘開始!

    こういうですね、ロボットアニメにおける約束事をきっちりとひとつひとつ果たしていってくれる!

    ほんと義理がたいロボットゲーム。
    決してロボ好きを裏切らない!

    ハードコアメカ91

    何がすごいって、このゲーム・・・2,000円なんですよ。

    すごいっw どこにも文句つけられないww

    もうね、感想も「楽しい」とか「おもしろい」を通り越して、「ありがとう」の領域ですよw

    ロボ好きでも何でもない人は今日の記事を読んでもふーんってなものだと思いますが、ロボ好きにとっては築地のお寿司2,000円で食べ放題に匹敵するくらいテンション上がってしまう内容なんでご容赦くださいw

    僕もあまりに面白くて、先に進めず1ステージ目を何回もやってますw

    ほんとおすすめっすよ!「HARDCORE MECHA」!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    サイコ・ソルジャーで遊んだ。

    サイコソルジャー

    PSstoreでゴールデンウィークセールが始まった!

    ニーアやDQビルダーズ、エースコンバットもお安くなっていたりとがっつりやり込む系ゲームがお安く買えるのは嬉しいですね。

    僕も何か新しいゲームを買おうかなとチラチラ見ていると・・・

    な・・・なんとサイコ・ソルジャーが売っているではないですか!

    うっそ!?すごいっ!! なんてことだっ! すごいなPS4! これは買うわっ!!

    あの日の屈辱を晴らしたいっ!!
    昨日偶然にもその話を思い出したところだったので、ちょうどよい!

    ダウンロード!!

    さいこそるじゃー1

    くぅううぅぅっ!なつかしいっ!!
    忘れもしないぞ!麻宮アテナ!!

    今ではKOFですっかり有名になってしまった麻宮アテナ。
    アテナという名作アクションゲームの続編?として発表になったサイコソルジャーに登場するヒロイン。

    ギャルゲーという概念すらなかった時代のアクションゲームなんですが、その最大の特徴は・・・

    ゲーム中にボーカル付きの歌が流れるという
    80年代のハイパーテクノロジーの急速な発展とともに登場した奇跡のゲームなのだ!

    さいこそるじゃー2

    幼かった僕は、当時はこれがすごくかわいく見えていてちょっとした恋心みたいなものを抱いていたのか、
    当時は不良のたまり場だった近所のゲーセンに通っていた。

    でも子供だからさ、そんなにお金が無いわけですよ、だから1日1プレイしかできない。

    隣のゲームのギャラリーしているお兄さんが、サイコソルジャーの椅子に座ってたらもう怖くてできないんですよw

    それでも空くのを健気に待ってプレイしてたなあ。

    と、しみじみしながらスタート。

    さいこそるじゃー3

    びよんびよん・・・

    さあ・・・歌が始まる・・・

    さいこそるじゃー4

    イコボールがっ♪ ひーかでぃっ はーなちっ♪
    ナのすがーたっ てーらしっだーすのっ♪

    そうそう・・・これっ!!これっ! このこもった感じっ!!

    最初真剣にサイコボールじゃなくて、たいこボールって言うんだって思ってたもんなあ・・・。

    さいこそるじゃー5

    ゲーム自体は強制横スクロールアクション。

    敵の攻撃をかわしながら、岩に隠れた様々なアイテムを獲得し、アテナをパワーアップさせて戦っていく。

    さいこそるじゃー6

    アテナのまわりに回っているのがたいこボールじゃなかった、サイコボール。
    一応パワーアップしていけば敵の攻撃を恥いてくれるのですが結構シビアでボールとボールの隙間に敵の攻撃が入るとやられてしまうので、バリア性能はいまいち信頼できない。

    さいこそるじゃー7

    岩を壊して出現させるパワーアップエリア。ここに入ると左下のエネルギーゲージがたまっていき、サイコボールが強化される。
    サイコボールを強化していくと、ボールが大きくなったり回転が速くなったりして被弾率を下げてくれるわけですね。

    よくできてると思います。

    が!

    さいこそるじゃー8

    これが結構むずかしい!

    やられてしまうと、サイコボールの強化はリセットされてしまうのでリカバリーに時間がかかってしまうのですよね。
    また後半に行けば敵が堅くなってくるので、無強化状態に戻ると連続してやられてしまう事もしばしば・・・

    さいこそるじゃー9

    なのでできるだけ死なずに進めたいのですが、そうもいかない所がこのゲームのポイントですね。

    まあゲーセンのゲームなので、連コインでごり押しは可能なんですけどねw

    さいこそるじゃー10

    当時は僕子供だったので、連コインごり押しなんてできなかった。
    なので最初の1機でどこまでいけるかが勝負だったんですよね。

    でも、めちゃくちゃ難しいので、何日も通ったけどあまりうまくならなかったんです。

    さいこそるじゃー11

    そんなある日の事、ゲームの神様が僕に宿ったのかノーミスで最終ステージにたどり着く事ができたんですよ!

    ものすごく緊張しましたね、念願の最終ステージですよ!

    ゲームオーバーになると、コンティニュー画面になって大好きなアテナちゃんが「もっとやってよ!」と何の飾りも無い連コインを促すセリフをボイス付きで言ってくるんですが、僕は背を向けて帰らなければならない宿命!

    ついにたどり着いた最終ステージですよ!緊張しながら慎重に進めていると・・・ゲーセンの奥で誰かが叫んだんです。

    「となりが火事ですよ!」

    また不良がふざけてる・・・おまえらにかまっている暇はない、今僕はって思ったら

    瞬く間に煙がゲーセン内に入ってくるんですよね。さすがに大人がやってきて僕を強制的に連れだしました。

    結局火事は大きく広がりはしなかったのですが、ゲーセンの一部にも燃え移ってしまい・・・そのまま閉店になってしまった。

    それ以来僕はサイコソルジャーできなかったんですよね。

    ファミコンのアテナに付いてきたカセットテープに収録されたサイコソルジャーの歌をしみじみと聞いていましたよ。

    さいこそるじゃー12

    運命に翻弄され、長い間つかなかった決着をつける時かがきた。

    もうお前なんか怖くもなんともないぞ!僕は大人になったんだ!

    大人の力、連コインでおまえを倒す!ていうかめちゃめちゃ強いよこいつw

    さいこそるじゃー13

    ごごごごごご・・・・

    良かった・・・でも倒した時ちょっと後ろ見たよね、火事になってないかw

    そして念願のエンディング!

    麻宮アテナが・・・!ステージで歌うっ!!念願のエンディング!!

    さいこそるじゃー14

    イコボールがっ♪ ひーかでぃっ はーなちっ♪
    ナのすがーたっ てーらしっだーすのっ♪

    アテナさん・・・www 持ち歌1曲しかないのですねwww
    しかもなんでそんながけっぷちでライブを・・・w

    あー・・・おもしろかったw

    大作が安く遊べるのもいいですが、自分だけのこだわりゲームを選ぶのもありかなと思いますっ!
    サイコソルジャーはセールと関係ないですがw


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    FFXVクリア後の感想。

    俺もだわ。

    「俺もだわ。」

    ノッくんの最後の言葉に釣られて、僕も最後に言っちゃいましたねw

    最後のキャンプで、色々料理が並ぶ中、「きっとこれを食べたいだろうな」と思って最初に食べたおにぎりを選んだ時点で、もう僕は充分にこの4人を好きになれたんだろうなあと思った。

    最初はあんなに抵抗があった主人公たち4人。

    俯瞰で見るストーリーだ!とか思いながらゲームを進めていたのですが、船に乗るあたりにはもう感情が入っちゃいましたねw

    「寄り道をいっぱいして!」というアドバイスが無ければ、XIVのコラボまでにクリアしないと!という気持ちからメインストーリーをごりごり進めてたと思います。

    リプライでのナイスアドバイス!ありがとうございました!

    おかげさまでクリア時には「俺もこの4人大好きだわ」って思えました。

    では、僕なりの感想をまとめていきたいと思います。

    クリア後の感想1

    【これはすごいと思った演出】

    ゲームにおいて僕が一番重視するのは、ストーリーでもなく、バトルでもない。

    いわゆる「体験」です。

    宇宙飛行士になったり、ハンターになったり普段は出来ないような体験、もしくは普段体験していることを画面越しに行うという体験。そんないろんな体験ができるのがゲームの面白いところだなと思うんですよね。

    そういう点において「FFXV」は「男4人で旅をする体験」がたくさん楽しめるのですが・・・
    なによりすごい演出だと思ったのが・・・

    クリア後の感想2

    「旅先での喧嘩」ですね。

    ここはほんとすごいなと思った。
    ストーリー上、旅の途中で喧嘩みたいになってすごくギスギスとするシーンがあるのですが、ここがほんと良く出来ていた。

    旅先で友達と喧嘩すると、なんでもかんでも楽しかった雰囲気は一変し、一気にすべてが楽しくなくなる。
    喧嘩した相手のひとことひとことがすごく気になる。仲直りした方がいいのはわかっているけど、そのタイミングが掴めない。

    クリア後の感想3

    「走んなよ」って一言ですらグッサリと心に刺さる。

    あんなに冗談を言い合っていたのに、冗談が冗談に聞こえない。
    そして一番明るいやつが気を使ってくるのがすごくわかったり・・・。

    そんな旅先の喧嘩を見事に体験させてくれたのがすごいと思いましたねw

    まあそういう体験をしたいかどうかは別としてw 
    でもラストに向かう中で、確実にあそこで僕の感情は4人に入って行ったと思う。

    しんどい・・・ってのがほんと良かったw

    余談ですが、喧嘩した夜のキャンプであんなに気を使ってくれたプロンプトが、「一応・・・今日の写真見る?」って聞いてきてその優しさが心に沁みるなあと思って写真を確認したら・・・
    エラーが出て、セーブデータが壊れ30分巻き戻った時、ああこいつも怒ってるんだ・・・って思いましたw

    クリア後の感想5

    【ストーリー】

    XVのストーリーも好き嫌いが結構ばっくり分かれているようですが、僕は好きなストーリーでした。

    もともと僕は、富野世代なので全滅エンドとか報われないエンドに耐性があるんだと思う・・・むしろ好みw

    たしかに説明不足や、雰囲気だけで押し流す所も多いけどそんなに気にならなかったなあ。

    前の記事に書いた、500億持ってる人が300億を奪われて、300億を取り戻すストーリーってのはその通りだったと思うのですが、奪われた300億を王として自分以外の人の為に取り戻すみたいなお話だったのでグッときましたね、ラスト。

    キングスグレイブを含み、最後はできれいに折りたたまれたなと感じました。

    クリア後の感想4

    【ただ・・・・】

    不満に思ったところもある。これはXVに限ってではないですが・・・w
    言いたい・・・ゲーム全体にひとこと言いたい。

    「もう・・・鍵を探す体験は飽きた。」

    バイオハザード、メタルギアソリッドあたりからの迷宮テンプレートになりつつある「鍵探し」。
    僕らゲーマーはこれからの人生あと何本の鍵を探さないといけないのか?

    扉の奥に目的地があるんだけど、今からその扉を探さないといけないというシチュエーション。
    鍵を探すためのシナリオがあるならまだしも、そこらに置いてある鍵を探すために雑魚との戦闘を繰り返しぐるぐる回るのは辛い。

    XVの13章もまさにそれって感じだったので、ここは現実に引き戻されてつらいなーと思いました。

    クリア後の感想7

    【写真を撮ってもらう体験】

    あとやっぱり最後まで楽しめたのが、「写真」ですね。
    僕は普段ゲームでSSを撮るのが趣味なのですが、撮ってもらう事ってあんまりないんですねw

    なので、ゲーム中プロンプトが旅の写真を撮ってくれるという体験が何よりも楽しかったです。

    写真ってモロに撮る人の想いが出るものだと思っているので、ゲーム内のキャラクターがこちらにカメラを向けて撮った写真を毎晩見せてくれるっていうシステムはほんとに新鮮だった。

    そしてラストにはその写真が大きな意味を持つという流れ・・・最後の選択は・・・30分以上迷いましたね・・・w
    多分なかなかこねーなあ・・・って心配になって何回かアーデンが扉の隙間から覗きに来たと思う。

    めちゃめちゃ悩んだ挙句・・・おにぎりと同じ理由で最初の1枚にしましたけどねw ベタにw
    船に乗る前の写真と悩んだんですが・・・レガリアは5人目の仲間だと思うし・・・。

    クリア後の感想8

    【FFXVは・・・】

    なんで・・・?って思う所もいくつかあったけど、それを差し引いてもFFXVは僕にとってとても楽しい体験だった。

    長いロードムービーを見た後のような、プレイ後の軽い喪失感。エンディングもスタンドバイミーでしたしねw

    なんか・・・旅行に行きたいってなったなw

    クリア後の感想9

    さあ・・・さあ・・・いよいよ明日にはノクトがFFXIVにやってくる。

    君が来る前に君の事をよく知れて良かった。

    多分一人で来るんだと思うけど・・・大丈夫。

    僕が彼の代わりにたくさん写真を撮ってあげるからね。

    このコラボが君の大切な旅路の たのしい寄り道になりますように。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    FFXVでFFXIVを遊ぶ。

    FFXVでFFXIV

    徐々に旅が楽しくなってきたFFXV。

    Lvは30まであがり、メインストーリーもぼちぼちと進め始めました。
    で、楽しみにしていたチャプター5までたどり着き・・・いよいよアレが遊べるようになったはず!!とマップを確認してみたら・・・

    FFXVdeFFXIV.jpg

    親の顔より見てきた「!」マークが登場。

    早速向かうぜ!と思ったものの、車はさる事情によりレッカー移動されたのでチョコボで向かう。

    FFXVdeFFXIV1.jpg

    ちなみにチョコボも白に染めました!レンタルなのに染めて怒られないかな・・・と思いつつ・・・。

    マップ上の「!」マークに到着すると・・・・

    FFXVでFFXIV11

    でぶチョコボに乗られた初期服のミコッテが。

    もちろんこの世界にミコッテはおりません・・・・。デブチョコボもおりません・・・。

    ギザールの野菜を入手して、ミコッテを助ける。

    FFXVdeFFXIV2.jpg

    彼女の名はヤ・ジメイさん。

    とある事件に巻き込まれ、エオルゼアからやってきたミコッテ(巴術士)だ!!

    エオルゼアの世界からここに飛ばされた理由を熱く語るヤ・ジメイ!!

    ふおーっ!コラボっぽくなってきたぞおい!!

    FFXVdeFFXIV3.jpg

    でも ノっくんたちドン引き。

    まあミコッテなんで猫耳にしっぽがついてますからね・・・。
    やってきたのがララフェルだったりしたらまた違った反応だったんだろうか。

    話をかいつまんで説明すると、蛮神ガルーダを顕現させようとしているイクサルもこっちに来ているらしいから、イクサルの神降ろしをヤ・ジメイさんと阻止しよう!という内容。

    ヤ・ジメイさんからリンクパールを渡されるノっくんたち。

    FFXVdeFFXIV4.jpg

    いまいちリンクパールの使い方がわからないノっくん。

    もぉ~・・・スマホでキングスナイトとかする現代っ子はこれだから・・・。

    でもこういうのおもしろいw

    そして敵の基地に潜入を試みるも・・・

    FFXVdeFFXIV5.jpg

    推奨レベルは45。

    僕のレベルはまだ30だから少し厳しいかも・・・でもここまで来ると好奇心が抑えられない!!

    よーしっ!突入だっ!!

    FFXVdeFFXIV6.jpg

    シャキーン!!

    ・・・・わろたw 知りすぎてるわ・・・この雰囲気w

    FFXVdeFFXIV7.jpg

    ああ・・・・なんか・・・これ・・・
    海外旅行中に吉野屋を見つけた時の安心感に似てる・・・。


    さあ・・・敵基地に潜入して戦うぞ!と思いきや・・・

    FFXVdeFFXIV8.jpg

    最初にするのは登山っていうね。

    光の戦士と煙は高いところに登りたがるしね・・・w 仕方ないねw

    いいじゃない・・・XVプレイヤーの皆さん、エオルゼアに来ると登山し放題ですよ!

    FFXVdeFFXIV9.jpg

    XIVで鍛えた登山スキルを発揮して、ゴール地点にいるヤ・ジメイさんに会う。
    モーションがちゃんとXIVのエモートの動きなのでいちいち感動する。

    そしていよいよ戦闘か!!と思いきや・・・次にやらされたのは・・・

    FFXVdeFFXIV10.jpg

    吹き矢のやつやんっ!!
    吹き矢のシステムで探すやつやんっ!!

    まさかここに来てまでこれするとは思わなんだわっw

    FFXVdeFFXIV11.jpg

    やりとりもなんかちぐはぐでおもしろいw

    ヤ・ジメイさんそれアプカル違うねん・・・。なんかパイッサもおるし・・・。
    ちょっと時代を感じるわ・・・w 今ならナマズオなんだろうなあ。

    FFXVdeFFXIV12.jpg

    クエストを進める事で、徐々に明かされていく謎。

    なぜ、ヤ・ジメイやイクサルがこの世界に飛ばされてきたのか・・・。

    XVプレイヤーさんは、にわかに信じがたいかもしれませんが・・・
    この複雑な事情もXIVプレイヤーには一言で説明できるんですよ。

    「あれです、いつものアラグ系です」

    多分今頃、これを読んでXIVプレイヤーはうなずいてますよ。

    「アラグなら仕方ない」って。

    FFXVdeFFXIV13.jpg

    推奨レベルに達してないから、戦闘はきびしいかなと思ったのですが、ヤ・ジメイさんがフィジクで回復してくれるのでそんなに苦戦はしなかった。ありがたいですね、回復。

    フィジクもこの世界ではありがたい・・・なんか懐かしいおふくろの味って感じだ。

    FFXVdeFFXIV14.jpg

    そしていよいよお待ちかね!!

    FFXVdeFFXIV15.jpg

    ラストはガルーダ姐さんの登場だ!!

    そして・・・XV世界で・・・

    FFXVdeFFXIV16.jpg

    Now fall...
    デデッデーデッデッデッデッデー♪

    FFXVdeFFXIV167.jpg

    ギミックは光の戦士ならどれもニヤニヤしてしまうものばかり・・・w

    Lv30での挑戦でしたが、ポーション系をたくさん持ち込めば普通に勝てましたね。
    XVの戦闘システムと、XIVのギミックがうまく融合していて楽しい戦闘でした。

    詳細はぜひ挑戦して確かめてね。

    FFXVdeFFXIV168.jpg

    クエストをクリアしたらヤ・ジメイさんはエオルゼアに帰っちゃうのかなと思いきや・・・

    FFXVdeFFXIV1689.jpg

    ロウェナなみの商売を始めました。

    ガルーダを周回し、素材アイテムを集めればガルーダ武器が作れるようですね。
    ちなみクリア後は極ガルーダも登場。推奨レベルは120!!ひえー。

    FFXVdeFFXIV168110.jpg

    初回クリア報酬として、エオルゼアの初期服セットがもらえました。
    なんとも落ち着く面々になったw これでしばらく旅を続けてみようかなw

    しかし、めちゃめちゃ楽しめたクエストだったー!!

    FFXVdeFFXIV1681111.jpg

    あとこのクエスト・・・。

    驚いたことに・・・ちゃんと伏線が貼ってある感じですよっ!?

    なぜノクティスがエオルゼアにやってくるのか・・・・の。

    僕のここまでのプレイ時間は16時間ほど。

    XIVにやってくるXVコラボイベントを楽しみたい!という方はXVを買ってここまで進めるといいかもしれません。

    とにかく4人とヤ・ジメイさんのやりとりがおもしろいし、ほっこりする。

    XVから見るXIV・・・このクエストを遊べば、あらためてXIVが好きになれるような気がします。

    まだXIVでのコラボ開始まで時間もあるので、僕はこのままエンディングを目指して旅を続けまっす!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。