カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「ドラゴンクエスト10 」カテゴリ記事一覧


    ことしのもくひょうは・・・

    今年の目標は・・・

    今年に入っての初DQX。

    さっそくお正月イベントでもやるっぜー!って意気込んでログイン!!

    今年の新春イベントは「新春わんわんワンダフル」!!

    そう言えば昔「にゃんとワンダフル」っていうゲームがあったなという事を思い出しながら報酬を確認したら、「鞠模様のふりそで」がもらえるようだ。プクリポの姿で着てもちょっと残念な感じにしかならなそうだけど、今はもう人間にも戻れるので取っておいたほうがいいよね!

    わんわんわんだふーる!

    わんっ!わんっ!わんだふぉーっ!フーっ!!

    って元気よく飛び出したら・・・

    わんわんわんだふーる!2

    昨日で終わってたよね。

    新年早々乗り遅れたぞ・・・。

    わんわんわんだふーる!3

    仕方が無いので、大好きなコタツの匂いでも嗅いで遊ぼう。

    わんわんわんだふーる!4

    昨年末は、思い出したようにメインストーリーを進めてキーエンブレムを6個も集めた・・・。

    やっぱりDQXのメインストーリーは何度見てもおもしろい。

    そして泣けるよなー・・・。

    わんわんわんだふーる!5

    いろんな出会いがあって・・・いい人も多くて・・・

    戦う理由もみんなさまざまで・・・

    ほんといいお話が多い。

    わんわんわんだふーる!6

    そして・・・思い出してきた・・・

    わんわんわんだふーる!8

    村を焼いたネルゲルへの怒り・・・・。

    あいつへの復讐を果たすために、このアストルティアにやってきたんだった。

    わんわんわんだふーる!9

    圧倒的な力でネルゲルへの復讐を果たすために、全ての職をLV50↑にして倒す。

    そう誓いを立てて頑張ってレべリングしてきた・・・。

    わんわんわんだふーる!10

    だがっ!

    わんわんわんだふーる!11

    キーエンブレムを集める旅に登場する全てのボスを素手で倒して進めてみた。

    もちろん軽々と倒せるけど・・・もっとこう・・・

    わんわんわんだふーる!12

    適当にボタン押すだけで勝てるっていうくらいにならないと圧倒的とは言えない・・・。

    ネルゲルと戦ってる間にトイレに行きたくなったら放置してトイレに行けちゃうくらいに強くならないと・・・。

    わんわんわんだふーる!13

    圧倒的力の差でネルゲルを蹂躙してこそ復讐を成し遂げたと言えるだろう。
    やつがエテーネの住民にやった事をそのまま返してこそ皆もうかばれるだろう・・・。

    その為にはもっとレベルを上げないと・・・!

    わんわんわんだふーる!14

    Lv99でネルゲルを倒す・・・くらいやらないとっ!

    コタツの匂いを楽しんでる場合ではないっ!

    わんわんわんだふーる!15

    レベルを上げて物理で滅ぼす。

    それこそエテーネの絶対王の戦い方!!

    今年の目標は・・・!!

    修行に修行を重ね!!ネルゲルに挑める最高レベルで挑む!

    わんわんわんだふーる!16

    辛い修行に心が折れるかもしれない!!

    途方も無いレべリング・・・!! 泣いちゃうかもしれないっ!!

    しかし・・・その苦行を成し遂げたとき・・・きっとエテーネのみんなが頑張ったねって褒めてくれるだろう。

    オンラインゲームのストーリーというのは決められたストーリーじゃないっ!!

    そうやって自分の足で切り開いていくものなんだっ!!

    今年の目標は・・・14

    うおおおおっ!やるぞーっ!!

    これがプクリポのマイディーのメインストーリーだーっ!!

    わんわんわんだふーる!18

    よしっ


    今年の目標は・・・15

    「メタル迷宮券」ください。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ドラクエ10 おされまわり。

    おされまわり

    ふんわりと遊んでるドラクエ10のバージョン4。

    まだまだストーリーは追いつけていないので、ぶらぶら散歩して遊んでいる感じですねー。

    先日たまたまNPCに話しかけたら、星降る夜の再会というクリスマスイベントのNPCだったようで遊んでみました。

    おされまわり1

    クエストは二つあって、一つ目は素材を集めて来いって感じのものですが、二つ目は指定されたハウジングにサンタのコスプレをして届けて来いみたいなイベントでした。

    なんか全然知らない人の家のポストに物を入れるというのが、ちょっとドキドキしましたねw

    でも、そういう人と人を繋ぐイベントっていうのもおもしろいなーと感じました。

    「え?だれ?」 「いや・・・クリスマスのイベントで・・・」 「そうなんだ!ありがとう!」 「あの・・・結婚しませんか?」 「結婚しましょう!」みたいな出会いもあったりするんだろうか・・・?

    まあ僕はメタルギアなみに誰にもみつからずクリアしたけど・・・。

    おされまわり2

    簡単なクエストの割には、結構良い衣装がもらえて嬉しかった。

    マニアックな話かもしれませんが、ドラクエ10の黒色の表現がすごく好き・・・。
    なんというかこのテロテロ感いいですよねw

    赤いピカレスクコートかっこいい!!

    おされまわり5

    そんなわけで、最近のおしゃれ事情はどうなってるのかと、ファッションの都メギトリスに来てみた。
    ここは髪形を変えるサロンとか、洋服を染色してくれるお店とか色々あるんですよね。

    久しぶりにきたなー。

    おされまわり3

    でもなんか・・・プクリポが着ると、丸太に着せてるみたいで・・・。
    なんでこう・・・東大阪っぽくなるんだろう。 顔か・・・。

    おされまわり4

    ドラクエの染色はいいですよね。

    メインカラーとサブカラーに分かれてて、メインはコートの生地自体を染められて、サブカラーはファー部分を染める感じ。
    FFでもこれができたらいいのになーって思う。

    おされまわり6

    とはいえ、FFにある種族からキャラクリしなおせる幻想薬的アイテムが無いドラクエ10。

    でも変わりに期間限定で他の種族に変更できる課金アイテムが発売されてるんですねー。

    まあ僕とか幻想しても最終的にはもとのキャラクターに戻ったりするので仮想メイクっていう発想と同じなんですよねw
    なるほどこういう事もできるようになったのかー。

    おされまわり7

    人間時の体格が変更ができるシステムなんかも増えてるんですね。

    そのほかにも・・・バージョン4.0で追加されたシステムとして・・・

    おされまわり8

    顔アクセサリーが二つ同時につけられるようになりましたよ・・・っていうのがあるんですね。

    これで、メガネ+何かなんて事ができるようになったのかー。

    ドラクエはフェイスパターンが他のオンラインゲームに比べてそんなに多くないなーと思っていたのですが、顔アクセサリーが二つ付けられるなら結構な個性を出すことができますよね。遊びの幅も増えそうで良いっ!

    おされまわり9

    さらに「くちべに」が実装かー。

    なるほどなー。ウェディとか青系のくちべにとか使えば、色っぽくなりそうですね。
    モウカリさんどんどんキャバ嬢っぽくなっていく・・・。

    え?でもくちべにってプクリポにも反映されるの?

    おされまわり10

    あー・・なるほど、びみょーにw

    ギャグマンガ感増していいなこれww

    くちべにというより、肉にかじりついた後の野獣に見えなくも無い・・・w

    おされまわり12

    プクリポはくちべにより、むしろ顔シールの方が貼り甲斐がありますねw

    ぐるぐるほっぺ思わず買ってしまったw

    おされまわり11

    色々買ってしまう罠。

    なるほどなー・・・ドラクエのおされまわりもより個性が出しやすいように進化していて楽しいですねー!

    見た目が変わるとモチベーションも充填されるっ!ストーリーも進めていこーっ!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    46億年前から数えてる。

    46億

    バトルえんぴつ・・・。

    それを転がす時、俺は魔王になれる。

    あらゆるモンスターを引き連れて、この世界を蹂躙するのだ。

    歯向かうやつらは、俺の手下のモンスターどもが蹂躙する。

    圧倒的力・・・。 圧倒的恐怖・・・。  慈悲は無い。

    ただ・・・・時々むなしくなる事もある。

    なぜ俺はこんな強者に生まれてしまったのか・・・生まれたときから覇者になることを運命付けられた毎日・・・。

    負けを知りたい・・・俺の最強の魔の

    「では、マイディーさん、この問いの答えは?」
    「あ・・・すいません、聞いてませんでした。」
    「もー!じゃ座って、代わりに○○さん」

    バトルえんぴつ・・・。

    それを転がす時、俺は魔王になれる。

    忘年会企画24

    マイディーくん・・・次の刺客は・・・風の町、アズランにいる・・・

    刺客の名は・・・バットエンド四天王の一人・・・、悪魔使いのラミー!

    ばとえんファイター

    「あれ?このあいだ、敵の組織の名前バッドエンドって言ってへんかった?」

    「ああ、すまん・・・実は間違えてた・・・正しくはバットエンドだ・・・点々はいらない。」

    ばとえんファイター1

    「はあ?どーゆーこと?大人やろ?何間違ってんの?」

    「すまんすまん、ちょっと間違えちゃって・・・・」

    「そんなん困るわ・・・ちゃんと謝って・・・責任とって!」

    「・・・ごめんなさい。」

    「全然気持ちこもってない、土下座して」

    ばとえんファイター2

    すごい・・・大人がミスすると鬼のように責め立てる・・・・。

    そのミスで自分が特別困るわけでもないのに・・・ 謝罪を求める・・・。

    マイディーさんの「小学生スピリッツ」・・・今日もキレキレだわ・・・。

    ばとえんファイター3

    「マイディーさん、会長にはあとでSNSを通して全世界に謝罪させますので、とりあえず悪魔使いのラミーを倒してください!」

    「わかった。二度とこんな事無いように指導してや」

    ばとえんファイター4

    今回もありがとう・・・ローリン君・・・。

    いえ・・・でも大丈夫でしょうか・・・悪魔使いのラミー・・・彼女もまた・・・強力な小学生スピリッツの使い手・・・。
    ダックスの時のようにはいかないと・・・

    その為に・・・・バトエンの技術は乏しいが、とても高い小学生スピリッツを持ったマイディー君にお願いしたのだよ・・・。

    ばとえんファイター5

    「来たわね・・・マイディー・・・私はダックスのようにはいかないわ・・・勝負よ」

    「うっさいブス。」

    「はあ?あんたの方がぶっちぎりでブスやし!」

    「だまれブス!」

    ばとえんファイター6

    「ひどい・・・うっうっ・・・私ブスちゃう・・・うぅ・・」

    は・・・まずい!!

    ばとえんファイター7

    「あんたラミーちゃん泣かしたやろ!!」

    こ・・・これはっ!

    ばとえんファイター8

    『泣いたもん勝ち』!!

    言い合いになったとき、高度な小学生技「嘘泣き」を行い涙を見せることで、同情を買い周囲を味方に付け相手を孤立ささせる恐ろしい技・・・!! これを破るには・・・「嘘泣き」である事を立証しなければ・・・形勢を覆せない・・・!!

    こいつ・・・こいつも・・・小学生スピリッツを使いこなすのかっ!?

    くっ!!この不利な状況で・・・

    ばとえんファイター9

    バトル!!

    ばとえんファイター10

    エンゲージ!!

    駄目だ・・・バトエンの出目は・・・その時の雰囲気に左右されてしまう・・・!!

    ばとえんファイター11

    今は・・・こいつを泣かしてしまったことになってる・・・なんて不利な状況・・・・

    ああっ!!

    ばとえんファイター13

    プ・・・プリズニャーン!!

    ばとえんファイター14

    ああっ!!だめだっ!完全に空気にのまれたっ!!

    空気を制するものが・・・バトエンを制す・・・!! 昔、織田信長がそう言ってたとおりだ!!

    ばとえんファイター15

    「さあ・・・魂をいただくわよ・・・」

    まずい・・・このままでは・・・魂を抜き取られ廃人になってしまう・・・

    この絶対的不利な状況を覆すには・・・あの危険な技を使うしかない・・・か・・・

    これは賭けだが・・・やるしかない。

    こいつの小学生スピリッツを逆手にとって・・・

    ばとえんファイター16

    「あれ?今の【練習】やで?1回目は練習って言うてたやん」

    「はぁ?」

    「練習やで?言うてたもん」

    ばとえんファイター17

    ふーん・・・なるほどね・・・苦し紛れの嘘で、逃げ切ろうと言う魂胆ね・・・。

    そんな低レベルの小学生技なんて見苦しい・・・見せてあげるわ・・・本物の小学生スピリッツを・・・

    「じゃあ聞くけど・・・・練習ってほんまに言うた?」

    「言うたもん・・・練習って」

    「ふ~ん・・・

    ばとえんファイター19

    「じゃあそれは何時何分何秒?地球が何回まわった時?」

    「!?」

    決まったわ・・・私の【地球が何回、回った時】・・・誰も証明できないこの問い・・・

    これに答えられないものは・・・・それが例え真実であっても・・・言ってない事になる・・・・無敵の技・・・!!

    さあ・・・認めなさい・・・己の馬鹿さ加減を・・・・敗北を・・・!!

    ばとえんファイター20

    「地球の回り方って、自転と公転があるけど、自転でええやんな?」

    「ん?」

    「正解は16時24分46秒・・・
    地球が1兆6790億73万6022回回った時です。」


    「は・・・はあ?」

    ばとえんファイター21

    「さあさあ、どうなんこれ、合ってるか間違ってるか教えて?」

    「ど・・・どうやって計算したんよ・・・?」

    ばとえんファイター22

    「計算? 地球が誕生した46億年前から数えてた。だから合ってるはず。数えてないあんたはちゃんと計算して証明して?」

    「ぐ・・・!」

    ばとえんファイター23

    「あれ~?証明まだですか~?答えもわからないのに質問したんですか~?たしかにその時間に言ったんですけどね~」

    「ぐぐ・・・!!」

    「証明できないなら、言ってたって事でー、練習っだったって事でいいですよね~」

    ばとえんファイター24

    「あと1回だけやしなっ!」

    「は~いっw」

    ばとえんファイター25

    バトルエンゲージ!!

    ばとえんファイター26

    バトエンの出目は・・その時の雰囲気に左右される・・・!!

    完全に打ち負かされたラミーの出目は最悪で・・・

    ばとえんファイター27

    頼みの綱のアークデーモンすら・・・マイディーのプリズニャンに叩き折られた・・・・。

    口は災いの元・・・調子に乗って地球が何回回った時と聞いてしまった事で・・・

    相手に嘘の証言を証明する「チャンス」を与えてしまったのだ・・・。

    ばとえんファイター28

    「負けたわ・・・ダックスを倒したあなたの小学生スピリッツ・・・たいしたものだわ・・・」

    「ふ・・・・」

    ばとえんファイター29

    「しかしすごいわね・・・相手の言葉で嘘を真実にしちゃうなんて・・・」

    「嘘じゃねえよ・・・1回目は練習って言ってたさ・・・」

    「どうだかww とんだ嘘つきさんねw」

    ばとえんファイター30

    「ひでえな・・・俺がついた嘘は・・・たったひとつだけさ・・・」

    「?」

    46億22


    「あんたは・・・ブスじゃねぇよ・・・・。」




    悪の組織バットエンド第二の刺客ラミーは倒した・・・。
    バットエンドの野望とは? バトエンの未来は!?

    バトエン復興を成し遂げるまで・・・

    イキりたおせっ!マイディー!

    バトルエンゲージ!マイディー!!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    バッドエンドを振り払え!

    バッドエンドを振り払え

    DQX・・・ログインしてまず最初にやるのはバトルえんぴつだ!

    そして・・・最後までバトルえんぴつ。バトルえんぴつオンライン・・・それが僕の最近のDQXなのですよ。

    バトルえんぴつの何がそんなに好きなの?って聞かれると、それは・・・

    「えんぴつ」なところ。

    正直バトルえんぴつってゲームシステム的に「えんぴつ」である必要性は皆無なんですよね。

    でも・・・「えんぴつ」なんですよ。

    モンスターカードと6面ダイスがあれば、まったく同じようなゲームシステムでさらにコストカットできるはずなんです。

    でも・・・「えんぴつ」なんですよ。

    カードやダイスを学校に持って行ったら怒られるけど・・・「えんぴつ」や「消しゴム」だったらそれは文房具、怒られやしない。
    その為にこいつら玩具のくせに、文房具に擬態してるんですよ。

    おもしろいと思いませんか・・・「バトルえんぴつ」を考えたのはきっと大人なんですよ。
    大の大人が、いかに玩具を学校に持ち込ませるかを考えて考えて導き出されたのが、「バトルえんぴつ」という形なんですよ。

    学校に玩具を持ち込んで遊ぶという行為に感じる「背徳感」のようなもの・・・
    それを背負って戦うっていうのがバトルえんぴつの魅力だと・・・僕は思うんですよね。

    バトルえんぴつの話1

    昔、一世を風靡した「バトルえんぴつ」の復興の為に現在アストルティアにやってきたバトエン。

    しかし、その復興を邪魔しようとする組織がある・・・

    それが・・・「バッドエンド」を名乗る悪の組織。

    彼らは、各地で人々にバトエン勝負を持ちかているらしい、
    ・・・そしてなぜか彼らに敗北した人は魂を抜かれた状態になってしまうらしいのだ。

    バトルえんぴつの話3

    「調査によれば、オルフィアの町の裏通りにバッドエンドの構成員であるダックスという男が潜伏中らしい。

    君の華麗なバトエンさばきで、ダックスを倒してくれないかっ!?」


    バトルえんぴつの話5

    「別にそれ、どつきまわしたったらええんちゃいますん?わざわざバトエンせんでも・・・筆箱開けてるすきに目とか突いたったらええんちゃいますん?」

    バトルえんぴつの話6

    「悪いやつらなんでしょ?えんぴつ転ばしてる場合ちゃいますやん。
    そんなん、目、突いたったらええんですよ。目。」







    バトルえんぴつの話7

    「バトエン・・・」



    バトルえんぴつの話6

    「目、突いたったらええんですよ。」

    バトルえんぴつの話8

    「いや・・・目とかいったら、親出てきますよ?」

    「別に親とか怖ないし。」

    「でもダックスのお父さんめっちゃ怖い人かもですよ?」

    「俺の友達のいとこがヤクザやしな。俺が言うたらすぐきよるわ。」

    「ほな、すぐ呼びましょうよ、そのヤクザ。」





    バトルえんぴつの話5






    バトルえんぴつの話9

    「今日ちょっと・・・呼べへんやつやねん・・・、あかん・・・やつやねん・・・。」

    「ほなどうするんですか?」

    「バトエンでやっつけてくるわ・・・」

    「はい、おねがいします。」

    バトルえんぴつの話10

    ありがとう・・・ローリン君・・・。

    いえ・・・しかし・・・すごい「イキリ」でしたね。

    ああ・・・あの小学生並みのイキリかた・・・・
    マイディー君はバトエンの腕はいまいちだが、とてつもない「小学生スピリッツ」を持っている。

    バトルえんぴつの話11

    「私はあの子の持つ・・・無限の小学生スピリッツにかけてみたんだよ。」

    「小学生スピリッツ・・・。」


    バトルえんぴつの話12

    「おいこら、俺とバトエン勝負しろこら」

    「え?あ、はい」

    バトルえんぴつの話13

    行くぞっ!!

    バトルえんぴつの話14

    バトルエンゲージ!!

    バトルえんぴつの話15

    マイディーさん・・・
    バッドエンド先陣隊長のダックスは鳥系のバトエン使い・・・
    ★タイプを好んで使う傾向があるわ。

    ★タイプに強いバトルえんぴつを用意しておけば勝てるかもしれません。

    バトルえんぴつの話16

    「行け!あらくれチャッピー!」

    バトルえんぴつの話17

    「★殺しのあらくれチャッピーが、お前のバトエンを全て一瞬にして叩き折るぜ・・・一発で決めてやる!覚悟しろダックス!」

    バトルえんぴつの話18

    「あれ?」

    「ばくれつけん」は、10×4のダメージを相手に与えられるが・・・●タイプの敵にのみダメージ・・・。
    ダックスのキメラは、★タイプなのでダメージを与えられない!!

    その後も・・・すてみ→ばくれつけん→すてみと・・・意味の無いターンが続き・・じりじりと削られる・・・!!

    バトルえんぴつの話19

    ここは、プリズニャンにチェンジして・・・チェンジアタックでダメージを与える!

    バトルえんぴつの話20

    「ふ・・・全体の流れを見ずにその場しのぎのバトエンさばき・・・おまえあほやろw」

    バトルえんぴつの話21

    お前のプリズニャンは、チェンジアタックは★タイプに強いが、それいがいはてんで駄目!!

    お前、あんまり良いバトエン持ってへんやろっww

    バトルえんぴつの話22

    そんなしょぼいデッキで俺の鳥軍団を倒せるとでも思ったんかww
    はーっはっはっはっ!!

    バトルえんぴつの話23

    「・・・っていうかなんか臭ない?」

    「え?」

    「え?めっちゃ臭いw なんかドブの臭いするっww」

    「別に臭くないけど?」

    バトルえんぴつの話24

    「わかった!お前のえんぴつやっ!ww」

    「え?ちゃうわっ!」

    「お前そのえんぴつ、ドブで拾ったやつやろ」

    「ちゃうわ!西友で買ったわ!」

    バトルえんぴつの話25

    「絶対せやわ。くっさ・・・!!お前のえんぴつくっさ!」

    「ちゃうわっ!」

    バトルえんぴつの話26

    「お前何泣いてんねんwww」

    「泣いてへんわっ!」

    「泣いてるやろww」

    「な・・・泣いてへんわっ!」

    バトルえんぴつの話11

    「バトエンの出目は、バトエンを振る物の精神に大きく左右される・・・負けに焦ったり・・・イライラしてしまうとその影響がモロに出て、出目を狂わせる・・・・」

    「たしかにそれはありそうですね・・・」

    バトルえんぴつの話278

    マイディー君の小学生スピリッツから繰り出される、なんの根拠も知性も無い煽りは対戦相手を最高にイラッとさせ・・・自滅させる。

    バトルえんぴつの話28

    「それに加えてあの顔ですからね・・・」

    「そう・・・それがマイディー君の強さなのだ。」

    バトルえんぴつの話279

    「あーっ!俺の鳥軍団がー!」

    「臭い上に弱いとかお前最悪やな。」

    バトルえんぴつの話2710

    「俺はまだまだバッドエンドの中でも再弱!
    これからは・・・もっと強い刺客がやってくる!お前みたいなイキリすぐボコボコやっ!」


    バトルえんぴつの話2711

    「ふん・・・なんぼでもかかってこい・・・」

    「なんやとっ!」

    バトルえんぴつの話2712

    「言うとくけど、俺の友達のいとこ・・・ヤクザやしな・・・。」

    悪の組織バッドエンド第一の刺客ダックスは倒した・・・。
    バッドエンドの野望とは? バトエンの未来は!?

    バトエン復興を成し遂げるまで・・・

    イキりたおせっ!マイディー!
    バトルエンゲージ!マイディー!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ばとえん。

    ばとえん

    DQX追加パッケージ「5000年の旅路、遥かなる故郷へ」発売!

    発売日は16日だったんですけどねw 16日はちょっと用事で大阪へ。
    日本橋にもよったので、物理追加パッケージを探して歩いたのですが・・・PCのゲームを扱ってるところが全然見つからず・・・w
    恵美須町の最果てでやっと見つけました・・・w

    しかしその後もバタバタしてたので、今日やっとインストール!!

    ばとえん1

    溜まりたまったポストを開けると、果たし状が!

    大胆なプレイヤーがいるもんだぜ!とか思ったらNPCからだった。

    おおっ!天地雷鳴士!!

    そうかそうか、新たな職が追加されたのですね。全然情報取ってないので、何もかもが驚きだw

    んじゃま、早速これをLv50にしてパッシブを頂こう。

    ばとえん2

    は~・・・まだキーエンブレム1個だから、汽車が使えないので、徒歩だよ。

    マップもうる覚えなので、地図とにらめっこしながら、着いたよカミハルムイ。

    どんな職なんだろうー?

    ばとえん3

    かるーく前提のクエストを終わらせて、無事天地雷鳴士に!!

    名前から凄そうですよね、天地雷鳴士!! 天よ地よ火よ水よ~我に力を与えたまえー!ってバイカンフーになれんの?

    なるなるw

    さあ、今回は迷宮使わず、新職を楽しみながらLv50を目指そうかなって思ったら・・・

    ばとえん4

    この職は特別やさかい、あんたもうLv50なってんでって言われて、あ、そうなんやってなりました。

    という事はもうあれをやるしかないですね!僕的4.0のメインコンテンツ!!

    バトルえんぴつ!!

    ばとえん5

    手紙も来てる来てる!
    なるほど・・・レンドアスタートなんですね!

    ばとえん6

    わくわく・・・!!

    ばとえん12

    どうやらこの綺麗なおねーさんがバトルえんぴつのチュートリアルを担当してくれてるらしい。

    美人だ。 なんでこの人はこの職に就こうと思ったんだろう。

    ばとえん7

    おおーっ!なんか対戦格闘ゲームっぽい感じだ・・・!

    ばとえん8

    バトルえんぴつ!!

    バトルエンピツは、1本のバトルえんぴつにつき、1体のモンスターが設定されており、六角柱の各面にモンスターが取る行動が書かれている!これを転がして相手のモンスターに攻撃する!
    各自3本のバトルエンピツを転がして戦い、相手のバトルエンピツを全て倒せば勝利という文房具バトルだ!

    ばとえん9

    さらに消しゴムには、体力を回復する「やくそう」や、すばやさを上げる「クイックケーキ」等の効果があり、バトルには二つ持ち込める!

    ばとえん10

    じゃあ早速行くぜ!

    ばとえん11

    バトルエンゲージ!

    ばとえん13

    いけ!俺の友達・・・!!プリズニャン!
    君に決めた!

    ばとえん14

    プリズニャン!

    爪を使った連続攻撃が得意なモンスター!

    ばとえん15

    ★にも●にも強いぞ!プリズニャン!そして何より回数を重ねる攻撃が得意なので、はぐれメタルキラーだぜ!

    ばとえん16

    各モンスターには●か★どちらかの属性みたいなものがあって、●に攻撃という目が出たらその場にいる●モンスター全てにダメージを与える。 たしか本物はさらに▲の属性があったんだけど、展開をスピーディーにするためにDQXのバトエンは▲が無いのね。

    ばとえん17

    10ターンを過ぎると、クライマックスバトルが開始され、●★の属性が無くなる。
    そうなる事ですべての攻撃が相手に入ることになるので、ここから一発逆転が狙えたりするのも面白いですねw

    ばとえん18

    バトルが終了すると、各順位毎にバトエンポイントがもらえる。
    これをいろんなアイテムと交換したり、あたらなバトルえんぴつをゲットしたりする。

    ばとえん19

    バトルえんぴつに経験値があったり、このレアエンピツがあれば絶対勝てる的なものもないので、駆け引きの上手い下手の差はあるかもしれないけど、ベテランも初心者もある程度フラットな条件で勝負できるのも良いですね!
    まあ勝敗のほとんどは運に左右されるのでw

    ばとえん20

    どうやらストーリークエスト的なものもあるようなので、それもすごく楽しみだ。

    とりあえずフリー対戦でルールや戦い方は学べたので、そろそろバトエンストーリー始めてみようかなー!

    たのしみw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。