カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「ドラゴンクエスト10 」カテゴリ記事一覧


    伝説の合コン。

    合コン

    アスフェルド学園に潜入してしばらくが過ぎた。

    封印危機対策委員会、通称フウキに所属して、学園に張り巡らされた封印を解除してまわる毎日。

    少しずつ、学園の封印は解かれていくものの、まだまだ謎は多い。

    一体誰が何の理由で、平和な学園を封印しようとしているのか・・・。

    合コン1

    地道な活動続けるフウキにも頼もしい仲間達が増えてきた・・・。

    赤髪イケメンとか、天然イケメンとか、金髪とか黒タイツとか・・・。
    なんというか、非日常学園物としての基本に忠実なキャラ配置、うんうんとうなづきならストーリーを進めていく。

    合コン2

    そんな日常を送っていく中、時折不穏な言葉が構内の生徒達の間で飛び交っているのを耳にした。

    そのワードは・・・「合コン」。

    「○○ちゃん合コン行く?」「行こっか。」

    それだけではなく、「お持ち帰り」というワードまで飛び交っている。

    合コン3

    実は僕、リアルで「合コン」って行った事無いんですよ。

    合同コンパ・・・。何度か誘われたことはあるんですが、それが何をする集まりなのか昔からよくわからないんです。

    まあ知り合いの知り合いくらいのつながりの男女が集まって、お酒飲んだりしてきゃっきゃって話すんだとは思うんです。

    その「目的」がよくわからなくて、仮に行ったとしても、何を話せばいいのかさっぱりわからない。

    知り合いと飲みに言ったら、互いを知ってるので、あれどうなった?とかあいつどうしてるの?とか共通の話題もあるだろうけど、知らない人と席に座って幹事の人が

    「では、今から合コンをはじめます・・・
     準備はいいですか?では・・・トークスタート!!


    って始まるんでしょ?? まあ最初は自己紹介するんだろうけど・・・その後何はなすの?

    趣味の話とかすればいいんだよw とか言うけど

    何?延々と「トランスフォーマーのG1」の話とかしていいの?
    それ聞く体制できてんの?大丈夫なの?? そんなの考えるだけで恥ずかしい・・・。

    合コン4

    ・・・・という理由から「合コン」とやらに一度も行った事が無い。

    しかし・・・このアスフェルド学園では、まるで放課後の部活動のごとく合コンが行われているらしい。

    想像するに、何かしらのクエストをクリアすれば、合コンに参加できるようになるのではなかろうか?

    合コン5

    その言葉を知って以来、フウキの仲間達と青春ロードまっしぐらって感じでストーリーを進めて行く中、
    頭の中は合コンという言葉でいっぱいだった。

    リアルでは合コンって行った事ないけど、それがドラクエ10のシステムとしてあるのなら・・・どんなものか見てみたい!!

    合コン6

    もしそれが本当になるのなら、オンライン合コンみたいな感じなんだろうか?

    次、○○さんのトークタイムですとかなって、面白い話とかして・・・マッチングした相手がおもしろかったらいいね!入れたりして・・・相性のゲージが上がったり下がったりして・・・。

    最後は、気に入った人をひとり指名して・・・互いに指名してたらその後、二人で別マップに行って・・・みたいな??

    合コン7

    けしからんっ!! なんだそれは!! ドラクエ10は小学生とかのキッズもいるんだぞ!!

    すれたおねーさんみたいな人が、小学生の男の子に、胸元ちらつかせて反応見て楽しんだりするんでしょっ!!?
    小学生の女の子に、おじさんと鉄棒しにいこっか・・・とか日常茶飯事になるってことでしょっ!!?

    地球があぶないっ!! そんな不埒なシステム許してはおけないっ!!

    早くストーリーを進めて、調べなくては!! 謎の合コンシステムをっ!!

    合コン8

    そしてついに発見!合コン開放クエストっ!!

    合コン9

    即効でクエストを済まし、合コンに参加できる資格を得る。

    合コン10

    教室にいる、このチャラそうな女の子に話しかけて合コンに参加するようだ。

    このたち方・・・いかにも売人っぽい立ち方じゃないか!!

    合コンに行くにはチケットがいるらしいが、1回目は無料らしい・・・。

    この手口・・・!あやしいっ!! 早速もらったチケットで合コンを申請・・・。

    合コン11

    びっくりしたことにあっという間にマッチング!!

    どんだけ人気あるんだ・・・合コン!!

    合コン12

    すると、高級そうなバーの入り口みたいなところに放り出された。

    みんな「よろしくお願いします。」と挨拶をしてる。

    とりあえずここは僕も挨拶をしておく。

    そして挨拶が済み・・・扉を開けると・・・・




    合コン13


    「!?」

    合コン14

    「???」

    合コン15

    「!!!!」

    合コン17

    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」

    合コン18

    最近の合コンってこんな感じなんや?

    割とすぐ終わる・・・。

    合コン19

    リアルで合コン行った事無いので、これが正しい合コンの形なんかどうか・・・・。

    マッチングして戦闘して、退出。 これを世間で合コンと言うのであれば、僕は今まで毎日合コン三昧だったってことか・・・。

    報酬としてもらったのは、なんか武器が強化できるアイテム? 

    合コン21

    マジ、イケてた?

    もっかいいこっかな・・・・。

    合コン22

    「合同懇親教練」・・・通称合コン

    それは僕が期待した思った合コンとはちょっと違うものだった。

    短時間でさっと楽しめて、ノーリスクな戦闘が楽しめる。普通に面白いコンテンツだった。

    合コン23

    かくして・・・地球の平和と、子供達の平穏は守られた・・・・。

    しかし・・・心のどこかで・・・

    少しがっかりしてしまっている自分を忘れようとバイクを飛ばす 伝説の転校生であった・・・・。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    伝説の転校生。

    伝説の転校生。

    久しぶりにアストルティアへとやってきた。

    前に来たのはそう・・・夏。 竜王との決戦をしにきたときだ。

    たしか・・・メインストーリーは途中でやたら敵が強くなり、どうしても勝てなくなったので、「もういいや。」となってほったらかしになってたはず・・・。

    ログインしたら氷の村にいたけど・・・ここで何してたのかも思い出せない・・・。

    とりあえず家に帰ろう。

    伝説の転校生。1

    家に帰ってポストを開けると・・・どさどさと手紙が出てきた・・・。 46通・・・。

    スペ福をもらいつつ・・・その他の手紙は流し読みしていく・・・・。

    何か面白い手紙は来てないかな・・・そう思って一番新しい手紙に目を通す。

    伝説の転校生。2

    アスフェルド学園・・・なんだそれ・・・。

    あ・・・そういえば随分前に、学園物のコンテンツが実装されるって聞いたことがある。

    その後、ドラクエ10の情報を何も仕入れていないので、
    結局その学園物コンテンツがどういうものかさっぱりわからない

    ふむ・・・・通常オンラインゲームって公式ページやニュースサイトで事前に情報を仕入れて、ある程度どういうコンテンツかを知った上で挑むのが定番・・・。

    まったく事前知識が無いコンテンツを遊ぶというのも・・・楽しそうだ。

    よし・・・この学園物コンテンツ・・・やってみよう。


    そう思った僕は、久しぶりに動かすモウカリさんをグランゼドーラ王国へと向かわせた。

    伝説の転校生

    ルーラストーンを使ってルーラなんだけど、その使い方をさっぱり忘れてる・・・。

    なんとか思い出し、グランゼドーラ王国へ。

    伝説の転校生。3

    なつかしい・・・・。

    ここでデミカという人が学園の事を教えてくれるらしい。

    行ってみましょう。

    伝説の転校生。4

    そしてデミカさんを発見。あんまりパッとしないNPCだなあ。

    デミカさんは、アスフェルド学園について教えてくれた。

    なんでもアスフェルド学園という所は、エリートをたくさん輩出した名門校で、今大変なことが起こっているらしい。
    詳しくは学園に行って学園に行って聞いてくれとのこと。

    手紙には、アンタから詳しい話を聞けって書いてあったのに!!

    出島いったら横浜いけ、横浜いったら浦賀いけ、浦賀いったら「わあ黒船だぁ」  もう!

    って懐かしい。

    奥のエレベーターを降りると、学園への直通列車があるらしい。
    とりあえず、乗るだけ乗ってみる。

    伝説の転校生。5

    あれ?なんかチェックシステムみたいなのが起動して、通過できたぞ?

    なんかかっこいいぞ??

    っていうか学生やったっけ?

    伝説の転校生。6

    地下のホームに受け付けあったので聞いてみる。

    入学案内係のフラッセさんは、学園長から聞いている。あなたがモウカリさんですね。と学生カバンと学生手帳を渡された。
    なんでも通常の装備などは学園には持ち込めないらしい。

    と、淡々と説明をしてくれるのはいいけど・・・
    学園長に話を聞くのになぜ入学しないといけないんですか?

    話聞きにきただけなんですけどっ!!

    こんなキャバ嬢をイメージした容姿なのに、これで制服着ろってそれなんか昭和のAVみたいなそんな胡散臭い学生に

    伝説の転校生。7

    気が利いてるじゃない。

    どうやらそのまま学園に潜入したら目立つから、魔法の力で学園に合ったキャラクターにリメイクしろという展開。
    しかも性別まで変えられるのですね・・・。

    伝説の転校生。8

    とりあえず、髪だけ下ろしておこうか。

    こう潜入任務ってアップの髪を下ろしたりするじゃない?そういイメージで・・・。

    伝説の転校生。9

    制服まで与えられた・・・。

    伝説の転校生。10

    いやだから話を聞くだけだって!

    伝説の転校生。11

    え?入学!?手続きって?

    なんだこのNOと言えない流れ・・・・怪しい!この学園!!ショッカーじみたこの導線!!
    悪の組織の匂いがする!!

    伝説の転校生。12

    その後、急に性格診断テストを受けさせられる。

    なんでだ・・・なんでこんなことになってるんだ・・・

    そしていくつかの質問の後・・・結果が言い渡された。

    伝説の転校生1

    ほっといてくれやっ!

    なんやねんっ!もうっ!! っていうか!

    ちょっと待って?性格って『やさしい』とか『努力家』とかじゃないの?

    『くろうにん』ってどういうことよっ!

    なあ?それ結果ちゃうのん? 苦労してきた人の総称ちゃうのん?

    なあ?  


    なあって!!

    伝説の転校生。13

    文句ばっかり言うてたら電車乗せられた。

    多分学園行きの列車。

    伝説の転校生。14

    その後おおよそドラゴンクエスト要素がまったくないオープニングムービーが流れて・・・・

    学園に到着。

    伝説の転校生。15

    いいだろう。そっちがその気なら・・・・

    ドラクエであることはさっぱり忘れて、これは「ときめもオンライン2」だくらいの勢いで楽しんでやろう。

    そして今回手紙を出してきた学園長とやっとの事でご対面。

    伝説の転校生2

    なんでも今この学園は危機的状況にあるらしい。

    伝説の転校生。16

    ある日突然学園内の各施設に通れなくなる壁ができた。

    やばい。

    伝説の転校生。17

    学校の図書室に出てきた預言書によると、学校がヤバなったら、伝説の転校生モウカリっていうのが来てなんとかしてくれるって書いてあった。

    だから呼んだ。

    簡単に言うとそういう事らしい。

    数々のエリートを輩出している名門校らしいのに・・・なんともザクっとした理由で呼ばれたものだ。

    伝説の転校生。18

    このドラクエらしからぬ世界の中で、「いいえ」を選択したら永遠に話が進まないというドラクエらしさが光る。

    いいでしょう。 おっさんの言うことを聞いてみよう。

    何より「伝説の転校生」という言葉の響きがかっこいい。

    「はい。」

    よし。キミは2学年のスペーディオ組。

    すなわちⅡ・スペーディオの所属とする!


    あぁそうなん?わかりました。

    伝説の転校生。19

    こうして、モウカリさんのアスフェルド学園の伝説の転校生としての学園生活が始まった。

    いったいどんなストーリーなのか?どんな冒険が待ち受けているのか?

    まったく予備知識が無いので、ドキドキですね・・・・。


    そんな希望を胸に、モウカリさんは、学園長からもらった生徒証をなんとなく見てみた・・・・

    伝説の転校生。20

    せいかく「くろうにん」って書くなやっ!!

    好きなものマイディーとか書くなやっ!! ちょっと恥ずかしいやんけー!!

    伝説の転校生。21

    ちょっと誰かマジック貸してー!マジックー!!

    つづく。


    【次回予告】

    伝説の転校生。22

    学園を襲うなぞに迫る、伝説の転校生(くろうにん)のモウカリさんは

    伝説の転校生。25

    封印危機対策委員会、通称「フウキ」に所属し、新たな仲間ミランと出会う。

    伝説の転校生。26

    「フウキ委員 解錠せよ!」

    学園いちのフェロモンを持つシュメリア先生の指令のもと、学園に張り込まれた封印を解け!

    次回 伝説の転校生 第二話

    「汗とゴムと革の匂いがする青春の下駄箱」

    次回掲載予定無し!!



    伝説の転校生。27

    こういう今までの流れをぶった切るような思い切ったサブストーリーの実装は、自キャラそのままで別ゲームを遊んでるような気持ちになるので、とても新鮮で楽しいですよねw

    時間を見つけて進めていきたい・・・・。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    世界の半分をもらいにいこう。

    世界の半分をもらいにいこう。

    ドラクエ生誕30周年を記念して、DQ10で「竜王城の決戦」というイベントをやっているそうな。

    竜王城と言えば、ドラクエⅠのラストダンジョン、もちろん最後に待ち受けるボスはあの「竜王」だろう。

    ドラクエⅠか・・・なつかしいな。といっても結構大人になってからやったんですけどね、わざわざファミコン引っ張り出してきて。
    だからすでにレトロな空気だったんですが、それでも結構昔の話。30年周年という重みはすごいですね。

    世界の半分をもらいにいこう。1

    そんなドラクエⅠの最終決戦がDQ10の中で遊べるという今回のイベント。

    これはちょっとやっておかないといけないでしょう!という事で眠っていたプクリポのマイディーをたたき起こす。

    DQA1.jpg

    ログインしたら家の前にバトンちゃんって子が立ってた。

    えー!?最近全然ログインしてなかったのに、家に遊びに来てくれる人がいるなんってっ!!

    早速 「こんにちわ!久しぶりにログインしてみました!」 って話しかけても全然返事がない。

    あまりに返事がないので離席してるのかなと思い調べてみたら・・・

    DQA2.jpg

    NPCだったよね。 びっくりするわ。なんか近所に回覧板を回してねみたいなシステムらしいので、早速お届けする。

    DQA3.jpg

    メールもがっさり溜まってた・・・。

    皆さんスペ福ありがとうございます。

    たしか広場で手続きをしたので、竜王と戦うために必要な「虹のしずく」が届いているはず・・・。

    あったあった。

    DQA4.jpg

    酒場に行ってサポート仲間を雇う。DQⅠはシステム的に永遠のソロプレイだけど、DQXにはサポート仲間がいますしね!
    仲間と供に戦うぞ!(操作方法とか若干忘れている為。)

    とりあえずモウカリさんとモンスターのゾゴまる。あと去年たまに遊んでた小学校6年生のキッズをサポート仲間にいれた。
    きっともう中学生になっているんだろうなー・・・恋とかしてんのかなー。

    帰りに室内でルーラしてしまい頭を天井にぶつける。

    こんなんで竜王倒せるのかな?

    DQA5.jpg

    そいじゃゾゴまるくん・・・虹のしずくを使って竜王を倒しにいこう。

    竜王ってアレだよ、戦う前に「世界の半分をお前にやるから仲間になれ」って言ってくるんだよ。
    もしそう言われたら容赦なく貰おう。そして時が満ち竜王が油断したら後ろからブスっとやって世界の全部を手にいれよう。

    そして国民の為に粉骨砕身の努力で働き、国民の良きリーダーとなり国家予算を潤沢にして最強の軍隊を組織し、ネルゲルを打つ!それでいこう。


    では!虹のしずく使います!

    DQA6.jpg

    おおーっ!虹の橋がかかったぞー!!

    あれ?竜王の城ってクジラの背中に乗って行くんじゃなかったっけ?

    あ、それワルキューレだ。

    DQA7.jpg

    おっ!これすごい!ちゃんと鎧がドラクエⅠの装備になってる!たいまつも持ってるし!

    おおー・・・職業もオリジナルのものになってる・・・これなら一人でも勝てたかもなー・・・。

    よし!じゃあモウカリさん!小学生!ゾゴまる!即効で世界の半分を貰いにいこう・・・

    世界の半分をもらいにいこう。2

    ぜ・・・って 誰!?

    あれ?小学生って中学生になったら、こんなに大人になるものなの?

    DQA8.jpg

    うわあっ!!

    これって・・・いわゆる・・・「堀井雄二」さんに「すぎやまこういち」さんに「鳥山明」先生ですよね・・・。

    こんなん・・・電車のボックス席でこの3人に囲まれたら確実に駅と駅の間は息するのも失礼に当たるレベルやで!

    どうやら竜王と戦うにはプレイヤー同士のマッチングか、この特別ゲストパーティじゃないとだめみたい。

    DQA9.jpg

    これがあの・・・鳥山明先生かっ!

    愛知県にものすごく税金を落とすので、愛知県が引っ越させるまいと自宅から空港まで直通の道を作ったと言う都市伝説まであるという・・・鳥山先生・・・!!

    悟空がスーパーサイヤ人になった時金髪になるのは、髪の毛のベタを塗るのがめんどくさかったからというのは本当ですか?
    日本で生まれ育った男子として聞きたいことがいっぱいありますっ!!

    DQA10.jpg

    いえーい!記念撮影 いえいっ!!

    DQA11.jpg

    そんな事してる場合ではなかった。

    とっとと世界を支配し、スカイツリーを破壊して変わりに全長250mの初期ブルマ像を建てねば!

    竜王の玉座まで道自体は1本道なのですが・・・

    世界の半分をもらいにいこう。3

    マップがドラクエナイズされてて楽しいw

    一部のところしか移動できないですが、雰囲気があっていいですね!


    DQA12.jpg

    そうそう・・・竜王手前の毒の沼地がうっとうしいんですよね・・・。

    DQA13.jpg

    4人とも職業が勇者なので、攻撃力も高く、攻撃・回復両方の魔法が使える。

    なので途中の戦闘もらっくらく。もちろん戦闘中のBGMはなつかしのドラクエⅠ!

    DQA14.jpg

    ひー!みなさん・・・お怪我は無かったですかい?

    皆さんが一人でも倒れようものなら、音楽、ゲーム、漫画の分野が傾きかけないですからねー・・・。

    緊張しますよー。

    世界の半分をもらいにいこう。4

    そしてついに竜王の元にたどり着く、億万長者3名と一般市民1名。

    ちょちょちょ、竜王さん!僕のことはいいから・・・もっと後ろの3人にも触れてあげてっ!!
    機嫌を損ねたら大変なことになるからっ!!

    そしていよいよ世界の半分を選ぶか、戦いを選ぶかのシーンに!!

    しかし・・・

    DQA15.jpg

    30年前はバブル経済真っ只中・・・世間も羽振りが良い時代だった・・・・あれから30年がたち・・・・

    DQA16.jpg

    不景気の波が魔界にまで広まっているのか、今回は世界の6分の1しかくれない・・・・。

    DQA17.jpg

    舐めやがって!こうなったら喧嘩だ!!

    お前を倒しアストルティアすべてを手に入れてやる!!

    DQA18.jpg

    戦いが始まるやいなやいきなり竜王は変身する・・・・!!

    世界の半分をもらいにいこう。5

    うおあーーーっ!!まぎれもない・・・

    こいつはウン十年前に戦った・・・・

    DQA19.jpg

    ・・・・あの竜王だっ!!

    DQA20.jpg

    やっぱり強い!!

    DQA21.jpg

    でも勇者も強い!!

    きっちりと互いに回復を入れあいながらがんがん行こうぜ!

    あ!すいません!がんがん行っていただけると至極幸いでございます。

    DQA22.jpg

    30年前にニッポンのRPGの基礎を作り上げた、生ける神々との共闘・・・・。

    これは・・・・すごい!!

    いちゲーマーとして、身に余る嬉しさに満ちたすばらしいイベント!!

    DQA23.jpg

    みなさん・・・本当にありがとうございます。

    今こうしてこんなに興奮できているのは・・・・

    DQA24.jpg

    みなさんが、30年前にドラクエを・・・・って ああああーっ!!

    DQA25.jpg

    鳥山せんせぇぇぇーーーっ!!

    しんでしまっ・・・・!!

    DQA26.jpg

    先生!どうぞっ!せかいじゅの葉ですっ!!

    ドラゴンボールを集めてる暇が無いので、今はこれで勘弁してください!

    DQA27.jpg

    僕はどうなってもかまわない・・・!!

    この3人を守らないと・・・・ゲームの未来が・・・・ニッポンの未来が・・・!

    愛知県の税収が!!・・・・この後、回復に徹し・・・・

    世界の半分をもらいにいこう。6

    なんとか竜王を倒す事ができた!

    良かった・・・守りきったぞ・・・文化の未来。

    世界の半分をもらいにいこう。7

    竜王を倒した後は、ローラ姫に謁見できる。

    いえいえ!とんでもないです!僕は回復しかしてないのでっ!!

    ところで昨夜もやっぱ お楽しみだったんすか?

    DQA28.jpg

    謁見も終わり、アストルティアへ戻ったプクリポのマイディー。

    いやー・・・・たのしかった。

    DQA29.jpg

    ドラクエ30周年・・・・それを記念したイベントらしい演出。
    本当に楽しかったですね。40周年ではシドーと戦えるのかな?
    長生きしないとねー・・・・w

    記念に兜を貰って、おやすみなさい。

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ホイミの味はガーリックマヨ。

    ガーリクマヨ

    からあげクンは、からあげ業界の革命児だったのかもしれない。

    学校の帰り道、ちょいとすいた小腹を満たすあいつの名前は、「からあげクン」。

    営業中の車の中で、ちょっとお昼ご飯おにぎりだけじゃーなーっ!という時も大活躍したりしますよね。

    からあげを皿の上から、ストリートに時はなったからあげの世界を変えた革命家的なからあげくん。

    そんな時代の一歩先行くからあげくんが、まあ奇妙なことをやりはじめた。

    ガーリクマヨ1

    からあげくん ホイミ味。

    なんだろう・・・なんで 【ホイミ 味】 なんだろう・・・・。

    食べる前に、冷静になってこれをちょっと考えたい。

    「ホイミ」といえば、いまさら僕が説明しても仕方ないけど、いわゆるドラクエの回復魔法ですね。

    まず、衝撃なのは、「魔法に味がある。」という新事実ですよね。

    そうだったんだ、ドラクエの魔法って全部味がついてる世界だったのか。

    長年ドラクエを遊んできたけど、この世界設定はあんまり聞いたことがなかった。

    ドラクエ1の発売から30年の時が経ってゲーム自体も、いろんなバーチャル技術なんかも発展はしてきたけど、いまだにゲーム内で味わうの味覚をプレイヤーに伝える技術は浸透していない。

    つまり、からあげクン ホイミ味を食べる事が、世界で初めて魔法の味を味わえるチャンスなのだ。

    そんなん、ゲーマーとしてやっぱり食べてみたいじゃないですか!!

    ホイミ味1

    そう思って、ローソンへと行ってきた。ちゃんとホットスナックの所にスライムたちが並んでいる。
    これこれ・・・でもこれだけ買うのもちょっと恥ずかしいので、おにぎりとコーヒーも持ってレジへ。

    お昼時だったので、結構並んでる・・・・ここで「ホイミ味ください!」っていうのちょっと恥ずかしいな。
    後ろには女子大生のグループみたいな人が並んでるし・・・ちょっと聞かれたら恥ずかしい・・・。

    でもコレ下さいと言って指を刺してもどれですか?って聞かれたら結局ホイミ味って言わないといけないし・・・。

    ちょっとなんか・・・どうしようとか迷っている間に順番が来た。ええい・・・言うしかない!!

    ホイミ味2

    「これと、からあげくんのホイミ味ください。」

    まあ正直うまく言えたかなって思ったよね、店員さんだけに聞こえるくらいの音量で・・・
    後ろの女子大生っぽい人にも聞かれないくらいの絶妙な音量で。

    「からあげクン、ホイミ味ですね。」

    そしたら、元気良く復唱された。

    「えっwホイミ味やってー」、「ホイミって何?」

    みたいな会話が聞こえてきた。

    まずい、ここから早く離脱したい。
    おねーさん早くして、早く。

    ホイミ味4

    「おひとつでよろしいですかあ?」

    おひとつでいいよww 体力満タンだよw

    いそいそと財布からお金を出して会計を済ませる。

    ああ・・・これでこの恥ずかしい空間から離脱できると思ったら・・・

    てれれれってって~ん♪

    なんだよww 何でレジからレベルアップのジングル流れるんだよw
    恥ずかしさ倍増じゃないかww

    「レベル上がったww」「??」

    女子大生の後ろからの追い討ち攻撃をくらいながら、やっと買えた、からあげクンホイミ味。

    ホイミ味5

    家に帰って、早速ホイミ味を食べてみる。

    味自体は、ガーリックマヨネーズ味。

    結構ガーリックが強めなので、白ご飯が欲しくなる感じでした。おにぎり買っておいて良かったw

    にんにくの匂いが結構あるので、午後から商談がある営業マンさんは注意です。

    たぶんべホイミ、ベホマと回復量が増加するごとにガーリックの量が増える感じなのだろうか?

    でもおいしいコレ。

    ちょっと「ケアル味」とか「レスタ味」も気になってきた。

    ホイミ味6

    そしてうれしいのがこれ。

    つまようじの代わりに、「ロトの剣」が付いてくる。

    からあげクンにロトの剣を刺して食べるようになってるんです。
    伝説の勇者の剣をそんな風にしてちょっと罰当たりな感じ。

    そんな恐れ多いことはせずに・・・

    ホイミ味7

    適当に筆塗り。

    ホイミ味8

    思ったとおり、良い長さ。

    1/12フィギュアの片手剣サイズにぴったりです。

    しかも所詮からあげを刺すつまようじの代わりのはずなのに、きっちりとロトの紋章もモールドされててすごい良くできてるw

    きちんと真剣に塗装すれば、かなりかっこよくなりそう!!

    食べた後ゴミ箱に捨てるのもったいないですよw

    ガーリクマヨ2

    ちょっとこれは良いものですっ!

    ロトの剣は無くなり次第終了らしいので、もう2~3個買っておこうかな。

    人のいない時間を見計らって・・・・。


    つづく。



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    バージョン3.2がたのしみ。

    V32楽しみ1

    ドラクエXの3.2バージョンアップ近し!

    メインの一番新しいストーリーだけは追い続けているものの、全然遊ぶ時間が無くちょっと状況があまりよくわかってないw

    次のアップデートはバージョン3.2の前期なのですね。

    なるほどなるほど、大型アップデートの前期にメインストーリーが追加されていくという形式なのですね。

    たしか前回のアップデートでレベルキャップが開放されてLV85→LV90になったんでしたね。

    3.2のストーリーを遊ぼうと思う場合はやっぱりLV90まで上げておいたほうがよさそうですね。

    そう思って久しぶりにログイン。

    32あぷで準備

    あれなにこれどこ?

    いつも自宅でログアウトするのになあ。なんでこんなところで・・・。

    は!じわじわ思い出してきた・・・。

    たしか前回のアップデートの時、モウカリさんをLV90にしようとしたんだった。

    32あぷで準備1

    で、スライムベホマズンをやっつけてなんかとってこいって言われて、戦いに行ったものの久しぶりすぎてサポート仲間を連れて行くのを忘れて・・・ソロでひ弱な僧侶のばくれつけんのみで戦って・・・。

    なんどもベホマズンで全回復されつつも、10分くらいかけてなんとか倒したけど該当のアイテムが出ず・・・

    また今度にしようと思って、完全に忘れてた・・・。

    32あぷで準備2

    いったん宿に戻り、こんどはサポ仲間を連れてリベンジ。
    3体ほど倒したら該当アイテムが出たので、これでレベルキャップは開放。

    32あぷで準備3

    220時間の非ログインタイムと引き換えにもらえる「メタル迷宮」チケット。
    これを使えば経験値の多いメタルスライムだけが出る迷宮に行けてぐいぐいレベルが上がる。

    これだけは、まめにもらうようにしてたので手元に7枚あったのでもったいないから使う。

    32あぷで準備6

    料理と元気玉を使って6枚消費したら、30分でLV90になった。

    なんと復帰者に優しいシステムか・・・。
    ただひたすらぽちぽちと「こうげき」をしてただけなので、プレイヤースキルはまったく上達してませんが・・・;

    とりあえずこれで気になるメインストーリーは追えるかな??

    32あぷで準備7

    前回もすごくおもしろかったので、今回のストーリーもすごく楽しみです。

    そんなゆるゆるなプレイヤー視点から見た3.2PV。

    感想を書いてみようw

    32あぷで準備8

    今回の新MAPはは氷の世界なんですねー。

    「氷に閉ざされた極寒の世界で、心のぬくもりを感じる冒険がはじまる。」

    ですってよー!今回は泣けるストーリーなのかなあ?
    好きな映画の新作を待つ感じに似てますねw

    32あぷで準備9

    自分とは違う決まったキャラクターを操作して物語を進める「妖精図書館」も第二幕!

    これも難易度が丁度良くってすごく楽しめたんですよねー。ドラクエやりながら違うRPGを遊んでいるのは不思議なシステムは結構好きですねw

    32あぷで準備10

    ハイエンドコンテンツもろもろも追加なのかな?

    サポート仲間だよりのウルトラスーパーライト勢なので、この辺のコンテンツは「そういうのがあるんだなー」くらいしかわからないw
    ドラクエのコマンド選択するのも「えっと・・・ベホマラーはどこだったかな・・・」くらいのPSなのですぐ即死しそうw
    近づかないでおこう・・・。

    32あぷで準備11

    高級住宅村レンダーヒルズ。

    これもまたおもしろい発想ですよねw 土地の値段がめちゃくちゃ高いという高級ハウジングゾーン!
    ハウジングが好きな人はすっごいがんばって金策してここを目指すぞー!とかするんですねーw

    すごく高い土地を買うくらいなので、すごく気合が入った家とか見て散歩するだけもで楽しそうじゃないですかっw
    そもそも入れてもらえるのかなw

    そして今回一番気になるのが・・・

    32あぷで準備12

    これっ!これなにこれー!?
    これが噂の「アストルティア学園」っていうやつ?

    これなに?みんなで学校に通うの??

    32あぷで準備13

    みんなで授業受けたり昼休みにお弁当食べたりするの??
    普段のフレとは違うクラスになってしまって、自分のクラスでできた新しい友達とばっかり遊ぶようになって、ふわっとした嫉妬感を抱いたり抱かれたり?

    32あぷで準備14

    昨日まで全然意識してなかった女子が急に夢に出てきて、次の日から変に意識してしまったりして遊ぶの?

    うわー・・・そんなん、全然クラスになじめず体育の時間の「二人一組になって」という言葉に怯えて生きる学園生活プレイしたいわーw

    でもこれは、後期の実装なのかな?どんなシステムで遊ぶのかたのしみw


    なかなか既存のMMOの仕組みに当てはまらない挑戦的なコンテンツが多くておもしろそうなアップデートですねーw

    32あぷで準備15

    今回もエステラさんの新しい萌えポイントに一番期待してますけどね。

    12/24にアップデートかあ・・・・
    それもまたリア充プレイヤーを殺しにかかってて素敵w

    3.2!たのしみですw

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。