カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「ドラゴンクエスト10 」カテゴリ記事一覧


    隠れスライムフェスティバルで遊んできた。

    隠れスライム

    いいよ!ドラクエの高画質化いいよっ!!

    SS撮るのが楽しくなってきた。まあこの顔なんですけどもw 
    で、せっかく課金したのでなんか色々遊んでみようかなと思ってます。

    この間はゾーマのイベントを楽しんだので、今日は「隠れスライムフェスティバル」で遊んでみようかなと思います。

    これ公式ページで見て楽しそうだなーと思ってたんですよね。先日スタートしたので早速行って来ました。

    隠れスライム1

    最近エオルゼアでお友達になった初心者LSの方々。
    たまにエオルゼアでも一緒に遊んでもらってるんですが、アストルティア出身の方も多く、今回はそのグループに混ぜてもらいました。エオルゼアとは逆転して僕が色々教えてもらう側に。 こういうのもいろんな世界で一緒に遊ぶ楽しさですよねw

    隠れスライム2

    プクリポ・・・いいですよね。

    ララフェルとはまた違ったかわいさがあって・・・。見てるだけで癒されていきます。
    世間話してるだけでかわいく見えてくる・・・。

    いいなーふわっとしてて、かわいいなーとか思ってたら。

    隠れスライム3

    きょんくんから、「おい、見てるぞ・・・」みたいな、個人チャットが入ってきたけど、
    このふんわり空間を邪魔されたくないから無視した。

    ・・・というか久しぶりにDQXで人間とお話をする事になったんだけど、チャットの切り替え方と忘れててどうやって返事したらいいかわかんなかったんだよーっ!ごめんよーっ!www   っていう設定にしておこう。

    びっくりしたのは、最近はスマホからでもチャットできるんですねー・・・。すごい。

    隠れスライム4

    イベントの入り口であるグレンの町にはたくさんの人だかり。

    イベント!って感じがしますよねw 今回のイベントは「隠れスライムフェスティバル」というイベントで、4人一組で館に突入し、隠れているスライムを見つけたら「見つけた!」のしぐさを行って指定時間内に、スライムを何体見つけられるかな?というイベント。 

    戦闘も無く、レベル差も関係ないのでみんなが平等に楽しめるイベントだ。すばらしい。

    隠れスライム5

    4人一組で遊ぶけど、1人での参加の場合はマッチングされて仲間がそろうので1人から遊べる。

    僕達は4人PTで挑みました。申請すると、控え室のような所に飛ばされ全員の準備ができたらいよいよゲームスタートです。

    隠れスライム6

    制限時間は4分。 制限時間内にどれだけのスライムを探せるでしょうか!?

    ではスタートです!!

    隠れスライム7

    スライムは結構小さい。 しかも半透明なのでうっかりすると見過ごしてしまったりもする。

    でもこれが結構楽しいんですよw 燃える炎の中や、椅子の下とか、えー!?そんなところにー!?っていう所にいたりしておもしろい。

    隠れスライム8

    隠れているスライムにもいろんな種類があり、種類によって得点も違う。

    隠れスライム9

    もっとも低い特典のスライムは見つけると、スライムタワーに進化する事があり、それを別の人が見つけると高得点!
    一定数のスライムを見つけると、どこかにキングスライムやクイーンスライムが出現し、それを見つけると高得点!
    残り90秒になるとフィーバータイムが始まり、メタルスライムが増える!!などなど・・・

    単純なスライム探しにとどまらず、ゲーム性もあって楽しいですね。
    チャットで仲間と情報を交換してチームとして高得点を狙ったり、チーム内で誰が1番になるか競ってみたりもできる。

    隠れスライム10

    みんなで協力するのも楽しいですが、競争も楽しそうですねー。

    偽情報をチャットで与えてかく乱したり、相手の後をつけてスライムタワーを狙ったりと駆け引きも楽しそうですw

    隠れスライム11

    ワイワイと遊んでいるうちに総合ポイントがたまって、スライダークセットがもらえました。

    なんかかっこいいですね!この衣装w

    隠れスライム12

    メットは、ドルバイク乗るときにかぶるとかっこよさそう。

    隠れスライム14

    みんなで並んで記念写真を撮ったけど、プクリポはもうどれがだれだかさっぱりわからないw

    隠れスライム15

    普段のレベル差とかはすごいんだけど、みんな初見だったのでそういうのは関係なくワイワイ遊べた。

    やっぱりこういう「イベント」はいいですよね。 初心者さんもベテランも一緒になって同じ目線で遊べるイベント。

    オンラインゲームのイベントっていうと、どうしても報酬に目が行きがちですが皆さんと遊べた時間はその報酬以上に楽しかったなあ。

    表情も高画質になって集合写真も楽しそうに見えるような気もしますw

    仲良くなった友人達といろんなオンラインゲームで遊ぶ・・・。

    運営会社の事情や、ゲームのルールに縛られないオンラインゲームの遊び方として、僕は好きですね。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    大魔王ゾーマを倒せ!

    大魔王ゾーマへの挑戦

    僕にとってのドラクエⅢのラスボスはカンダタだった。

    幼少時代遊んだドラクエⅢ、ドラクエシリーズ初のセーブ機能搭載で、泣きながらメモったふっかつのじゅもんから僕達は解放された・・・はずだった。

    当時のセーブ機能はまだまだ不完全で、しばしばセーブデータが消えてしまうという事件が多発。
    当時のゲーム少年達に「機械を完全に信用するな」という教訓を残す。

    僕の持っていたドラクエⅢはどういうわけか、ストーリー序盤のカンダタを倒した後セーブするとデータが消えるという症状にみまわれており、何度やっても塔を出てからセーブすると消える。僕のドラクエⅢはカンダタから先を遊ぶ事ができなかった。

    ドラクエⅢのラスボス・・・大魔王ゾーマ。決戦の地アレフガルド・・・・。 

    たどり着けなかったあの大地に・・・まさかこんな形で訪れることになろうとは・・・・。

    ゾーマ1

    今回のアップデートでどれくらい高画質になったのかを調べるために課金してログインして見たらびっくり。

    なんと、今、あのドラクエⅢのラスボス「大魔王ゾーマ」と戦えるイベントをやっているらしいではないですか!!

    DQA21.jpg

    そういえば、ドラクエ30周年のイベントでドラクエⅠのラスボス竜王と戦えるイベントが前にあったな。

    あの時は、ゆうぼん、すぎやん、アキーラというドラクエにとっては生けるレジェンドと同じPTで戦えるという夢のようなドリームマッチだった。NPCとは言え、ファミコン少年にとっては神にも近い存在ですよ!

    ご無礼の無いように立ち回るのは大変だったけど、いい思い出になった。

    参考記事:「世界の半分をもらいにいこう。」

    ゾーマ2

    大魔王ゾーマか・・・子供のころはまったくそこまでたどり着けなかったけど・・・まさかこんな形で戦えるようになるとは・・・。
    いい時代になったものだ。

    早速電車に乗って、港町レンドアに向かう。

    ゾーマ3

    着いたぞー!ぽよんぽよん。

    DQXのジャンプは、ぽよんぽよんって音がするから好き。
    たまにくるっと回るのも好き。

    ゾーマ4

    町の南にいるスライムのスラエルに話しかけると、ルイーダの酒場に飛ばしてくれるようだ。

    そうですよね、ドラクエと言えばルイーダの酒場ですよね。名前も職業も自由に選んで仲間が作れる!!

    ドラクエⅡではさ、仲間の名前が勝手に決められてしまうじゃないですか、ムーンブルクの王女の名前が「まいこ」でさ。
    幼稚園のときやら僕の足を踏んでくるいじめっこ女子の名前と一緒だったんですよね。
    なのでどうもムーンブルクの王女に愛着がわかなくて・・・よく見殺しにして全滅してたりしたな。

    ドラクエⅢはそれが無いのがいいなと思ってた。

    ゾーマ5

    ルイーダの酒場に転送されるついでに職業が「勇者」になった!!

    すごい!!現実世界ではキーエンブレムを取らずにブラブラしてる格闘家なのに、異世界に飛ばされたら「勇者」ですよ!
    最近はこういうのが主流なんですよね、なろう系って言うんですか。

    衣装も勇者っぽくなってテンションがっ!

    ゾーマ6

    あがらない。 まったく似合わないですよね。

    顔も髪型も髪の色・・・、どう見ても地元大好きな東大阪の女の子ですしね。
    なろう系なんだからもっともっと甘やかしてほしかった。シュッとして欲しかった。

    でも!!ドラクエⅢ!!ルイーダの酒場!! 仲間くらいはシュッとたキャラクターにしてあげよう。
    どんな感じでつくろうかな。

    ルイーダさんに早速話を聞いてみる。

    ゾーマ7

    うんうんぼくもそうおもいます。

    その辺きっちり考えて作るので、早く仲間を作らせてください。

    ゾーマ8

    あれ?作れないのかな。

    特別なゲスト!!ってことは!? あれかっ! ドラクエオールスター的な!?

    ロトの勇者とか!! トルネコさんとか!!ゼシカさんとか!!アリーナ姫!!アリーナ姫がいいです!!

    ゾーマ99

    うわああああ!!またきたあああああーっ!!

    いやいやいや・・・あれでしょ? この人たち忙しいでしょっ!?

    むしろ暇? もう働く必要がないから!! もうこれ以上ないもの作っちゃったから!!

    しかもこのメンツ相手に、「あ、一応俺が勇者だから。」っていう雰囲気になるんですか!?

    うわああ・・・。

    ゾーマ910

    扉の向こうは、大魔王ゾーマの城なんだって。

    なんだろうこの・・・それとはまた別の緊張感・・・・。

    ドアを開けると・・・光の橋が出現し・・・ゾーマの城にワープ!!

    そして・・・・

    ゾーマ9111

    いるわ・・・いやいやいやっ!! おられるわ。

    やばいぞぉ・・・できるだけ消さなければ・・・FFの匂いを・・・。
    「あ、君FFの人なんだ?」って言われたらキマヅイしな・・・。今は同じ会社だけど・・・・。

    ゾーマ9112

    アキーラ先生・・・。

    その前回はすいませんでした・・・。あのなんていうか・・・守りきれなくて・・・。

    っていうか、今回アキーラさん僧侶ですかっ!?

    当時にしても・・・かなり色っぽいデザインでしたが・・・まさか自分で着る事になろうとは・・・思っても・・・

    あ!いえっ!似合ってます!!似合ってますよっ!!

    ゾーマ9113

    あ!ほり・・・ゆうぼんさん!

    竜王の時はたすけていただい・・・

    ゾーマ9114

    て・・・

    ゾーマ9115

    ・・・・・。

    嫌われてる・・・泣きそう。

    逃げ出したい・・・テレポで・・あっ!いやっ!ル・・・ルーラで!!

    あ、いやそういうわけじゃなくっ!! 泣きそう。

    ゾーマ!!ゾーマ倒しましょう!!
    ゾーマ大好き!!

    ゾーマ9117

    なるほど・・・今回もマップはファミコン風になってるんですね。
    へえードラクエⅢのラストダンジョンはこんな感じだったのかあ。

    知識がカンダタでとまってるしなあ。

    奥に玉座があるからそっちへ行ってみる。

    ゾーマ9118

    ん~・・・扉と思ったら・・・壁かあ・・・別の道があるのかな?

    やばい・・・テンポよくやらないと・・・レジェンド様と一緒なんだし・・・
    黙って後ろに着いてきてくれてるけど・・・

    ゾーマ9119

    え!なにっ!?すいませんごめんなさいっ!!

    ゾーマ91110

    良かった。敵だった。

    怒らせちゃったかと思った・・・。
    まあ敵なら倒せばいいだけですしね!

    ゾーマ91111

    あ!みなさん!大丈夫です!!
    ぼくやりますんで!!

    みなさん奥でアールグレイとか飲んでてください。
    恐れ多いです!!僕やりますんで!!

    ゾーマ91112

    あ!アキーラさん下がって!! 

    いのちをだいじにしてください!!ほんとうに!!

    気を使いつつ丁寧に敵を攻撃し、なんとかだいまじん軍団を討伐・・・。

    奥のほうで扉が開いた音がした。

    奥に進めるようだ。

    ゾーマ91113

    あー・・・これダメージ床だあ。

    歩くとバリッバリッってダメージ受けちゃうんですよね。

    トラマナのじゅもんだよね、こういう時は・・・それ使えばダメージは受けないけど・・・

    どうしよう・・・

    ゾーマ91114

    言えねえ・・・こんなビッグネーム相手に・・・

    「僕勇者なんで、トラマナつかってくれる?」っなんて言えねえ。

    はあ?って思われるぜったい。

    よし・・・

    ゾーマ91115

    こ・・・根性っ!!

    みなさん!!気をつけてください!ダメージ床です!!

    早くわたらないと!!

    バリッ!!  バリッ!!

    ゾーマ91116

    あ・・・あれ?

    バリッ!!  バリッ!!

    ゾーマ91117

    僕勇者なんやけど・・・僕だけダメージくらってる。

    なるほど・・・年収だ。 4人の中で僕だけ年収が著しく低いからダメージを食らうんだ。

    レジェンドクラスになると、人生常時トラマナ状態なんだ。

    罠は抜けたけど、涙がなんか止まらない。

    なんて心に突き刺さる罠を張ってくるんだ!ゾーマ!許すまじ!!

    ゾーマ91118

    その後も3人のレジェンドと、そこらの人と変わらない勇者一行の旅は続き・・・

    伝説の三悪魔を討伐・・・!!

    ゾーマ91119

    大魔王ゾーマの元へとたどり着く。

    お・・・おはつにお目にかかります・・・・。

    はるか遠くファミコン時代から・・・あなたに会ってみたかったんですよ。

    ゾーマ911110

    「滅びこそ我がよろこび・・・死にゆく者こそ 美しい。」

    ゾーマ911111

    「さあ 我が腕の中で息絶えるがよい!」

    そうそれ・・・それ言って欲しかったずっと。

    ここだ・・・こここそ少年時代から続く旅路の果てだ!!

    今こそゾーマを倒し・・・子供のころの無念を晴らす!!!

    ゾーマ911112

    ゾーマはつよい。

    いろんな魔法で攻撃を仕掛けてくる。

    ゾーマ911113

    でも!!

    こっちには心強いレジェンドたちがいる!!

    ゾーマ911114

    そんじょそこらのヒーローなんかより全然かっこいい。

    ゾーマ911115

    ゆうぼん!


    ゾーマ911116

    すぎやん!

    ゾーマ911117

    アキーラ!!

    皆さんがドラクエを作ってくれたからこそ、日本のロールプレイングゲームが動き出した。

    僕らが好きなRPGが始まった・・・皆さんがいてくれたからこそ、僕達はたくさんの冒険を楽しむことができた!

    ゾーマ911119

    そんなみなさんと一緒に戦えることが・・・

    僕は・・・僕は・・・

    ゾーマ9111110

    嬉しいんですっ!!

    みなさんっ!!

    ゾーマ91111111

    あ・・・・

    ゾーマ911111122

    あああ・・・・

    ゾーマ911111123

    ああああーーーっ!!

    大魔王ゾーマへの挑戦11

    ギガデイン!!!








    ああ・・・教えてやりたい・・・。





    ゾーマ911111124

    セーブデータが消えて泣いている僕に・・・教えてやりたい。


    ゾーマ911111125


    お前はいつか大人になって・・・すっごい人たちと一緒にゾーマを倒すんだぞって・・・教えてやりたい・・・。


    ゾーマ911111126

    前回の竜王イベントに引き続き・・・長く引きずってきた僕の個人的な思いも重なってすっごい楽しめました。

    長い長い歴史を持つドラゴンクエストだからこそ、たくさんのいろんな想いが詰まってるんですねー。

    こうなってきたら、今度はデスピサロとか、ムドーとかとも戦ってみたくなりますね。

    その時は、またよろしくお願いしますねっ!

    みなさんっ!!

    ゾーマ911111127

    すいませんでした!調子に乗りました!!

    ゾーマ911111128

    では失礼しますっ!!すませんっ!!

    ゾーマ911111130

    ゾーマを倒したらたくさんポイントがもらえて、いろんなアイテムと交換できた。

    ほくほくで家に帰る。

    ゾーマ911111131

    記念にロトのつるぎを飾って、おやすみなさい。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    たまにはプクリポ。

    たまにはプクリポ。

    今日、なんか無性にプクリポを動かしたくなったので久しぶりにDQXにログイン。

    久しぶりだなーとか思って冒険者広場を見ていたら、「黒猫のスウェット」っていうのがあって、すぐさま課金したよね。

    これツイッターでマイディードレアとか言ってやってくれてたやつだ!

    すうぇっと1

    ええやんこれっ!

    もうこれずっと着ていようw

    すうぇっと3

    このテロテロ感気持ちよさそう。

    すうぇっと5

    やっぱりプクリポいいですね。なんか体が軽くなった感じ。

    すうぇっと4

    DQX独特のこの質感好きですねw

    全体的につやつやてかてかではなく、マットな色調がDQXの魅力だなー。

    あ、そういえばキャップも持っていたような。

    すうぇっと6

    カジュアル!というか、なんかヒップホップの人みたい。

    ひっぷほっぷくりぽ。

    すうぇっと7

    そして、たくさんのメッセージありがとうございますっ!!

    全部読ませて頂きました!

    すうぇっと8

    今日は色々作らないといけないものがあって、あまり時間が取れなかったけど
    お気に入り装備も手に入ったし、また息抜きにアストルティア散歩でも楽しんでみようかな。

    と言いつついつもあっという間に時間が過ぎていく・・・。
    なんとかしないとなあ・・・。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    伝説の合コン。

    合コン

    アスフェルド学園に潜入してしばらくが過ぎた。

    封印危機対策委員会、通称フウキに所属して、学園に張り巡らされた封印を解除してまわる毎日。

    少しずつ、学園の封印は解かれていくものの、まだまだ謎は多い。

    一体誰が何の理由で、平和な学園を封印しようとしているのか・・・。

    合コン1

    地道な活動続けるフウキにも頼もしい仲間達が増えてきた・・・。

    赤髪イケメンとか、天然イケメンとか、金髪とか黒タイツとか・・・。
    なんというか、非日常学園物としての基本に忠実なキャラ配置、うんうんとうなづきならストーリーを進めていく。

    合コン2

    そんな日常を送っていく中、時折不穏な言葉が構内の生徒達の間で飛び交っているのを耳にした。

    そのワードは・・・「合コン」。

    「○○ちゃん合コン行く?」「行こっか。」

    それだけではなく、「お持ち帰り」というワードまで飛び交っている。

    合コン3

    実は僕、リアルで「合コン」って行った事無いんですよ。

    合同コンパ・・・。何度か誘われたことはあるんですが、それが何をする集まりなのか昔からよくわからないんです。

    まあ知り合いの知り合いくらいのつながりの男女が集まって、お酒飲んだりしてきゃっきゃって話すんだとは思うんです。

    その「目的」がよくわからなくて、仮に行ったとしても、何を話せばいいのかさっぱりわからない。

    知り合いと飲みに言ったら、互いを知ってるので、あれどうなった?とかあいつどうしてるの?とか共通の話題もあるだろうけど、知らない人と席に座って幹事の人が

    「では、今から合コンをはじめます・・・
     準備はいいですか?では・・・トークスタート!!


    って始まるんでしょ?? まあ最初は自己紹介するんだろうけど・・・その後何はなすの?

    趣味の話とかすればいいんだよw とか言うけど

    何?延々と「トランスフォーマーのG1」の話とかしていいの?
    それ聞く体制できてんの?大丈夫なの?? そんなの考えるだけで恥ずかしい・・・。

    合コン4

    ・・・・という理由から「合コン」とやらに一度も行った事が無い。

    しかし・・・このアスフェルド学園では、まるで放課後の部活動のごとく合コンが行われているらしい。

    想像するに、何かしらのクエストをクリアすれば、合コンに参加できるようになるのではなかろうか?

    合コン5

    その言葉を知って以来、フウキの仲間達と青春ロードまっしぐらって感じでストーリーを進めて行く中、
    頭の中は合コンという言葉でいっぱいだった。

    リアルでは合コンって行った事ないけど、それがドラクエ10のシステムとしてあるのなら・・・どんなものか見てみたい!!

    合コン6

    もしそれが本当になるのなら、オンライン合コンみたいな感じなんだろうか?

    次、○○さんのトークタイムですとかなって、面白い話とかして・・・マッチングした相手がおもしろかったらいいね!入れたりして・・・相性のゲージが上がったり下がったりして・・・。

    最後は、気に入った人をひとり指名して・・・互いに指名してたらその後、二人で別マップに行って・・・みたいな??

    合コン7

    けしからんっ!! なんだそれは!! ドラクエ10は小学生とかのキッズもいるんだぞ!!

    すれたおねーさんみたいな人が、小学生の男の子に、胸元ちらつかせて反応見て楽しんだりするんでしょっ!!?
    小学生の女の子に、おじさんと鉄棒しにいこっか・・・とか日常茶飯事になるってことでしょっ!!?

    地球があぶないっ!! そんな不埒なシステム許してはおけないっ!!

    早くストーリーを進めて、調べなくては!! 謎の合コンシステムをっ!!

    合コン8

    そしてついに発見!合コン開放クエストっ!!

    合コン9

    即効でクエストを済まし、合コンに参加できる資格を得る。

    合コン10

    教室にいる、このチャラそうな女の子に話しかけて合コンに参加するようだ。

    このたち方・・・いかにも売人っぽい立ち方じゃないか!!

    合コンに行くにはチケットがいるらしいが、1回目は無料らしい・・・。

    この手口・・・!あやしいっ!! 早速もらったチケットで合コンを申請・・・。

    合コン11

    びっくりしたことにあっという間にマッチング!!

    どんだけ人気あるんだ・・・合コン!!

    合コン12

    すると、高級そうなバーの入り口みたいなところに放り出された。

    みんな「よろしくお願いします。」と挨拶をしてる。

    とりあえずここは僕も挨拶をしておく。

    そして挨拶が済み・・・扉を開けると・・・・




    合コン13


    「!?」

    合コン14

    「???」

    合コン15

    「!!!!」

    合コン17

    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」
    「おつかれさまでした。」

    合コン18

    最近の合コンってこんな感じなんや?

    割とすぐ終わる・・・。

    合コン19

    リアルで合コン行った事無いので、これが正しい合コンの形なんかどうか・・・・。

    マッチングして戦闘して、退出。 これを世間で合コンと言うのであれば、僕は今まで毎日合コン三昧だったってことか・・・。

    報酬としてもらったのは、なんか武器が強化できるアイテム? 

    合コン21

    マジ、イケてた?

    もっかいいこっかな・・・・。

    合コン22

    「合同懇親教練」・・・通称合コン

    それは僕が期待した思った合コンとはちょっと違うものだった。

    短時間でさっと楽しめて、ノーリスクな戦闘が楽しめる。普通に面白いコンテンツだった。

    合コン23

    かくして・・・地球の平和と、子供達の平穏は守られた・・・・。

    しかし・・・心のどこかで・・・

    少しがっかりしてしまっている自分を忘れようとバイクを飛ばす 伝説の転校生であった・・・・。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    伝説の転校生。

    伝説の転校生。

    久しぶりにアストルティアへとやってきた。

    前に来たのはそう・・・夏。 竜王との決戦をしにきたときだ。

    たしか・・・メインストーリーは途中でやたら敵が強くなり、どうしても勝てなくなったので、「もういいや。」となってほったらかしになってたはず・・・。

    ログインしたら氷の村にいたけど・・・ここで何してたのかも思い出せない・・・。

    とりあえず家に帰ろう。

    伝説の転校生。1

    家に帰ってポストを開けると・・・どさどさと手紙が出てきた・・・。 46通・・・。

    スペ福をもらいつつ・・・その他の手紙は流し読みしていく・・・・。

    何か面白い手紙は来てないかな・・・そう思って一番新しい手紙に目を通す。

    伝説の転校生。2

    アスフェルド学園・・・なんだそれ・・・。

    あ・・・そういえば随分前に、学園物のコンテンツが実装されるって聞いたことがある。

    その後、ドラクエ10の情報を何も仕入れていないので、
    結局その学園物コンテンツがどういうものかさっぱりわからない

    ふむ・・・・通常オンラインゲームって公式ページやニュースサイトで事前に情報を仕入れて、ある程度どういうコンテンツかを知った上で挑むのが定番・・・。

    まったく事前知識が無いコンテンツを遊ぶというのも・・・楽しそうだ。

    よし・・・この学園物コンテンツ・・・やってみよう。


    そう思った僕は、久しぶりに動かすモウカリさんをグランゼドーラ王国へと向かわせた。

    伝説の転校生

    ルーラストーンを使ってルーラなんだけど、その使い方をさっぱり忘れてる・・・。

    なんとか思い出し、グランゼドーラ王国へ。

    伝説の転校生。3

    なつかしい・・・・。

    ここでデミカという人が学園の事を教えてくれるらしい。

    行ってみましょう。

    伝説の転校生。4

    そしてデミカさんを発見。あんまりパッとしないNPCだなあ。

    デミカさんは、アスフェルド学園について教えてくれた。

    なんでもアスフェルド学園という所は、エリートをたくさん輩出した名門校で、今大変なことが起こっているらしい。
    詳しくは学園に行って学園に行って聞いてくれとのこと。

    手紙には、アンタから詳しい話を聞けって書いてあったのに!!

    出島いったら横浜いけ、横浜いったら浦賀いけ、浦賀いったら「わあ黒船だぁ」  もう!

    って懐かしい。

    奥のエレベーターを降りると、学園への直通列車があるらしい。
    とりあえず、乗るだけ乗ってみる。

    伝説の転校生。5

    あれ?なんかチェックシステムみたいなのが起動して、通過できたぞ?

    なんかかっこいいぞ??

    っていうか学生やったっけ?

    伝説の転校生。6

    地下のホームに受け付けあったので聞いてみる。

    入学案内係のフラッセさんは、学園長から聞いている。あなたがモウカリさんですね。と学生カバンと学生手帳を渡された。
    なんでも通常の装備などは学園には持ち込めないらしい。

    と、淡々と説明をしてくれるのはいいけど・・・
    学園長に話を聞くのになぜ入学しないといけないんですか?

    話聞きにきただけなんですけどっ!!

    こんなキャバ嬢をイメージした容姿なのに、これで制服着ろってそれなんか昭和のAVみたいなそんな胡散臭い学生に

    伝説の転校生。7

    気が利いてるじゃない。

    どうやらそのまま学園に潜入したら目立つから、魔法の力で学園に合ったキャラクターにリメイクしろという展開。
    しかも性別まで変えられるのですね・・・。

    伝説の転校生。8

    とりあえず、髪だけ下ろしておこうか。

    こう潜入任務ってアップの髪を下ろしたりするじゃない?そういイメージで・・・。

    伝説の転校生。9

    制服まで与えられた・・・。

    伝説の転校生。10

    いやだから話を聞くだけだって!

    伝説の転校生。11

    え?入学!?手続きって?

    なんだこのNOと言えない流れ・・・・怪しい!この学園!!ショッカーじみたこの導線!!
    悪の組織の匂いがする!!

    伝説の転校生。12

    その後、急に性格診断テストを受けさせられる。

    なんでだ・・・なんでこんなことになってるんだ・・・

    そしていくつかの質問の後・・・結果が言い渡された。

    伝説の転校生1

    ほっといてくれやっ!

    なんやねんっ!もうっ!! っていうか!

    ちょっと待って?性格って『やさしい』とか『努力家』とかじゃないの?

    『くろうにん』ってどういうことよっ!

    なあ?それ結果ちゃうのん? 苦労してきた人の総称ちゃうのん?

    なあ?  


    なあって!!

    伝説の転校生。13

    文句ばっかり言うてたら電車乗せられた。

    多分学園行きの列車。

    伝説の転校生。14

    その後おおよそドラゴンクエスト要素がまったくないオープニングムービーが流れて・・・・

    学園に到着。

    伝説の転校生。15

    いいだろう。そっちがその気なら・・・・

    ドラクエであることはさっぱり忘れて、これは「ときめもオンライン2」だくらいの勢いで楽しんでやろう。

    そして今回手紙を出してきた学園長とやっとの事でご対面。

    伝説の転校生2

    なんでも今この学園は危機的状況にあるらしい。

    伝説の転校生。16

    ある日突然学園内の各施設に通れなくなる壁ができた。

    やばい。

    伝説の転校生。17

    学校の図書室に出てきた預言書によると、学校がヤバなったら、伝説の転校生モウカリっていうのが来てなんとかしてくれるって書いてあった。

    だから呼んだ。

    簡単に言うとそういう事らしい。

    数々のエリートを輩出している名門校らしいのに・・・なんともザクっとした理由で呼ばれたものだ。

    伝説の転校生。18

    このドラクエらしからぬ世界の中で、「いいえ」を選択したら永遠に話が進まないというドラクエらしさが光る。

    いいでしょう。 おっさんの言うことを聞いてみよう。

    何より「伝説の転校生」という言葉の響きがかっこいい。

    「はい。」

    よし。キミは2学年のスペーディオ組。

    すなわちⅡ・スペーディオの所属とする!


    あぁそうなん?わかりました。

    伝説の転校生。19

    こうして、モウカリさんのアスフェルド学園の伝説の転校生としての学園生活が始まった。

    いったいどんなストーリーなのか?どんな冒険が待ち受けているのか?

    まったく予備知識が無いので、ドキドキですね・・・・。


    そんな希望を胸に、モウカリさんは、学園長からもらった生徒証をなんとなく見てみた・・・・

    伝説の転校生。20

    せいかく「くろうにん」って書くなやっ!!

    好きなものマイディーとか書くなやっ!! ちょっと恥ずかしいやんけー!!

    伝説の転校生。21

    ちょっと誰かマジック貸してー!マジックー!!

    つづく。


    【次回予告】

    伝説の転校生。22

    学園を襲うなぞに迫る、伝説の転校生(くろうにん)のモウカリさんは

    伝説の転校生。25

    封印危機対策委員会、通称「フウキ」に所属し、新たな仲間ミランと出会う。

    伝説の転校生。26

    「フウキ委員 解錠せよ!」

    学園いちのフェロモンを持つシュメリア先生の指令のもと、学園に張り込まれた封印を解け!

    次回 伝説の転校生 第二話

    「汗とゴムと革の匂いがする青春の下駄箱」

    次回掲載予定無し!!



    伝説の転校生。27

    こういう今までの流れをぶった切るような思い切ったサブストーリーの実装は、自キャラそのままで別ゲームを遊んでるような気持ちになるので、とても新鮮で楽しいですよねw

    時間を見つけて進めていきたい・・・・。



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。