カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「玩具日記 」カテゴリ記事一覧


    鋼のムーンサルト。

    鋼のムーンサルト

    一番最初の石ノ森版「仮面ライダー」ってどんな話か知ってますかっ!?

    TVでやってたのではなくて、6話で終わる漫画のストーリーですね。
    TVと同じようにショッカーに改造された仮面ライダーがショッカーと戦うわけですが・・・

    漫画版のショッカーは怖いんです。幼稚園バスを襲うとかじゃないんですよ。

    最終回で戦うショッカー幹部ビッグ・マシンの真の目的って何だったかというと、日本国民ひとりひとりに管理番号をつけてあらゆる情報を一元管理するっていう、いわゆる「マイナンバー制」の導入なんですよっ!?

    しかも、それを考えたのは当時の日本政府で、その為に業者に発注したコンピューターをショッカーが盗んで、自分たちの管理しやすいようにしてやろうと計画を進めてたわけですね。

    複雑・・・。ショッカーがやらずともいずれ日本政府が同じことをするって事ですよ。
    それを阻止するのであれば、ライダーキックで国会議事堂を破壊しなければならないわけで、テロリストになっちゃう。

    漫画版の仮面ライダーはそんな感じでもやっとして終わるのですが・・・・。

    今の時代に読み返してみると、結構怖いですよね、ショッカー・・・。
    デビルマンにせよ、仮面ライダーにせよ、当時の原作やコミカライズはおもしろいですね。

    さて、本日購入いたしましたのは・・・!

    鋼のムーンサルト1

    バンダイ S.H.Figuarts 
    仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム。


    いえーい。最近ずーっと戦隊・ライダーは見てなかったのですが、キュウレンジャーのラプターが好みすぎて見るようになり、セットでビルドも見ています・・・。しまった・・・キュウレンジャーは終わったけど、ビルドの続きが気になるからみ続けてしまい、そうなるとルパ・パトレンジャーも見ることになりそうだ・・・。

    ま、簡単に言うと今やってる仮面ライダーのフィギュアですねっ!
    ふつうS.H.Figuartsは1体5,000円~6,000円するんですが、このビルドはファーストタッチを狙ってか3,500円くらいと結構お安いんですよね。

    最近のバンダイのテクニックですね。
    ガンプラも主役機の値段を安くしてとりあえず手にとってもらおうっていう戦略なんだなーと思います。うれしいですよね。

    鋼のムーンサルト2

    かっこいい。
    さすがFiguarts。劇中から飛び出してきたかのようなスタイリング。

    「うさぎ」と「戦車」というまったく繋がらないような意匠が重なったデザインがいいですね。
    何気にオッドアイのライダーは初らしい。
    このまったく繋がらないものを重ねて何かを作り出すという発想は「PPAP」から来たのかな?w

    ビルド1

    あんまりマジマジと見たこと無かったのですが、つま先のデザインもかっこいいですね。
    片方は戦車の履帯になってて、もう片方はうさぎのつま先みたいになってる。

    ビルド2

    腰のボールジョイントを外せば、ベルトが取れる。

    ハンドルは回らないですが、極小のフルボトルはちゃんと取りはずしできるんですよーっ!
    さすが、対象年齢15歳以上。

    ビルド3

    そしてS.H.Figuartsの期待を裏切らない可動範囲。

    鋼のムーンサルト3

    決めポーズ用の手首も付属してますねっ!

    勝利の法則は決まった!!

    ビルド5

    最近のヒーローものではお約束になってるアレ・・・・。

    ビルド6

    一定量のダメージをくらうと変身がとけるやつ。

    この制度はいつ頃から始まったんだろう? キュウレンジャー見ててもビルド見てても同じようなシーンが多く感じたw
    なんか理由があるのかなー? その後すぐにもう一回変身して戦う事も多いしエネルギーが切れたわけではなさそう。

    まあ・・・かっこいいから好きなんですけど、あまりに頻繁すぎません?w

    ビルド4

    ラビットタンクのボルテックフィニッシュ。

    やっぱりキックはロマンがありますねっ!
    うさぎの足でジャンプして、硬い戦車の履帯で蹴り飛ばす・・・・かっこいい。

    なんだかんだ言いながら、毎週楽しみにしているビルド。
    次回はどうなるんでしょうねー??

    うしろの女の子気になります?

    鋼のムーンサルト4

    からかい上手の高木さんですっ!

    独身万歳っ!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    テスタロッサは天下一品。

    テスタロッサは天下一品。

    あー「天一」食べたい。

    月に数回襲ってくるこの衝動。ラーメンが食べたい・・・ではなく「天下一品」が食べたいという衝動。

    どろどろのスープに箸を突き刺すとそのまま立つと言われているあのスープ。
    目の前に運ばれてきて、蓮華を使ってスープを口に運ぶ・・・あの最初の一口・・・!!

    そう・・・これが食べたかったんだ・・・って気持ちになるんですよねーw

    しかし・・・あれは「ラーメン」だけど「ラーメン」と言っていい食べ物なのだろうか?
    始まりはラーメンだったかもしれないけど・・・もはやあれは「天下一品」という名の食べ物として完成しているような気もする。

    あー・・・食べたい。

    というわけで今回購入いたしましたのはー!

    テスタロッサは天下一品1

    ボークス 1/24 テスタロッサ です。

    ついに買ってしまった・・・。

    ロボ好きの僕が大好きなロボベスト3を選びなさいと言われれば必ずランクインするくらい好きなロボットがこちらのテスタロッサです。装甲騎兵ボトムズの外伝として発表された小説「ベルゼルガ物語」シリーズに登場する主人公が乗り込む最終機体がこちらの「テスタロッサ」ですね。

    これがまたかっこいいんですよーっ!! で、今回はプラモデルなので頑張って組み立てなければなりません。

    テスタロッサは天下一品2

    1/24という事で箱もかなり大きいのですが、その大きい箱の中にはパーツがぎっしり。
    多分パーツ数的にはガンプラで言うところのマスターグレードくらいだとは思うのですが、ひとつひとつが大きい。
    これは作り応えがありそうだ。

    テスタロッサは天下一品。11

    まずは上半身のボディを構成する部分。ちゃんとコクピットハッチも開くように作られてます。
    赤いトサカがかっこいい!!

    こちらのテスタロッサは一応分類としては、ボトムズの系譜にあたるメカなのですが、あの泥臭いATとは何もかもが違う。
    それ故に賛否両論あるんですよねー。「ボトムズじゃなければかっこいいのに・・・」とまで言われてたりしますよねw

    テスタロッサは天下一品。12

    下半身も完成。

    もうこの時点でめちゃめちゃかっこいいっ!!どうしようっ!!
    この太い足!!二つのつま先とトサカの頂点を結ぶと生まれる美しい二等辺三角形。

    テスタロッサは天下一品。13

    腕が完成!アンシンメトリな両肩。
    腕をつけると綺麗な☆形になるんですよねー・・・うっとり。

    白、青、がメインカラーで黄色と赤が刺し色。ガンダムとはまた違った色使い。
    でもテスタロッサの特徴は・・・ここからの装備にあるんですよね。

    テスタロッサは天下一品3

    キューブ。

    物語の鍵を握る謎のエネルギー推進装置「キューブ」。ほんとに四角い形してるんだw
    これがトンデモ装置なんですよねーw

    テスタロッサは天下一品4

    このキューブを劇中どおり、シールドにセットする。

    テスタロッサは天下一品5

    蓋をするともう取り出せない上に、外からまったく見えなくなる。
    プラモデル的には完全に意味が無いパーツだけど、このキューブをセットするという過程こそが大事w
    さすがボークスw

    テスタロッサは天下一品。14

    そして完成する・・・最強のロマン兵器「パイルバンカー」。

    なんかよくわかんないけど、爆発的なエネルギーを放出するキューブの力を使って単結晶合金製の杭を打ち出す。
    その力は、大地を割り、1万機の敵を飲み込む!!

    リアルなボトムズ世界において、いきなり登場する小学生が考えた最強の武器みたいな描写にひっくり返った人も多いはず。
    小説だから好き放題書けるのもいいよねw

    テスタロッサは天下一品6

    武器を作って仮組完成です。

    おおー・・・やっぱりかっこいいなあ・・・。

    テスタロッサは出力が出すぎて、普通の人が乗ったらGに耐え切れず死ぬんだよー。
    めちゃくちゃやー・・・。

    でもそのめちゃくちゃこそが最大の魅力。

    テスタロッサは天下一品7

    可動範囲もそこそこ。でもデザイン上派手な動きはできないんですよね。

    テスタロッサは天下一品。15

    この背面のかっこよさ・・・!!

    膝裏や、ふくらはぎ、足首辺りに見えるフレームのチラリズムが最高ですねっ!!

    テスタロッサは天下一品8

    テスタロッサは、ボトムズ界においての「天下一品」なんだと思うんですよ。

    スコープドックがしょうゆラーメンで、ベルゼルガがとんこつとか考えていくと、確実にその枠から逸脱した唯一無二の味。
    ラーメンではあるけど別の食べ物のように感じる天下一品のラーメンに近い。

    テスタロッサは天下一品9

    だからこそかっこいいんだけど、だからこそ邪道という声もあがる。

    そういう少し「アブナイ」感じがまた魅力のひとつだったりするんですよねw

    僕は天一も好きだし、テスタロッサも好きだ・・・w

    テスタロッサは天下一品10

    さて、今回はまだ仮組まで。

    アルミ製のメタルパイルも買ったので、これを装着してフル塗装を行いたいと思いますっ!
    ワンオフで出撃回数も少ないので、ボトムズ系お馴染みの錆表現等は行わず綺麗に塗りたいですねっ!

    またバラすの大変だなこれ・・・・w

    ゆっくり完成させていこうっ!

    ボトムズとのコラボもあったので、フィギュアヘッズでテスタロッサ出ないかなあ・・・・。
    スーパーエクスキューションでもいいし・・・もしベルゼルガ物語とコラボしたらガレージロット!
    青天井で出るまで引きます!

    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    フル可動のナナモさま。

    フル可動ななもさま

    多数お問い合わせをいただいておりますので、一度記事にしておきます。

    最近僕がツイートして遊んでいる「ナナモちゃんの雑なひとりぐらし」というシリーズに登場する

    「フル可動ナナモちゃん」は、売ってませんっ!!w

    どこで買うのですか?と聞かれるのですが、こちらは自分で作ったものでこういう商品があるわけではないんですねー。

    でも!超簡単に作れますので、今日はパッチ4.2実装直後ではありますが作り方を記事にしておきますっ!

    というか・・・前にも書いたんですけども・・w

    ななもさまうごく

    まずこちら・・・eストアで買える、
    「ファイナルファンタジーXIV マスコットフィギュア <おすわりナナモ様>」
    というアイテムを使います。 1個3,500円くらい。

    ナナモ愛をこじらせた僕は、発売日に3個買ったんですけどね・・・。

    20170225153930b1a (1)

    このおすわりナナモ様は、非常に良くできていて首が「ボールジョイント」で接続されており、自由に動かすことができます。

    ボールジョイントで接続されているという事は、力と言う名のパワーで引っこ抜けば簡単にはずす事ができます。

    ※ はずす時は、心の中でナナモ様に対し、深く謝罪をすること。

    フル可動ななもさま20

    で、世の中にはコトブキヤから発売されている「キューポッシュ」なる可動素体が存在します。

    色々な可動素体があるのですが、おすわりナナモ様のサイズにはこれが一番しっくりくると思います。

    ななもさまうごく114

    ちなみにねんどろいどのボディだとこんな感じ。

    詳しい人であれば、オビツ11でもいいのかな?と思われる方も多いかもしれませんが、オビツ11だとボディがオーバーサイズになるんですよー。体型はララフェルっぽいんですけどねw

    わずか10秒でナナモさまを立たせる3

    サイズはぴったりなので、ほぼ無改造でヘッドオンできます。

    接続の方法はいろいろあると思いますが、自分にあった方法を探してみてくださいませ。

    ななもさまうごく113

    僕は、ネオジム磁石という強力な磁石で簡単に取り外しができるように加工しました。

    ななもさまうごく115

    キューポッシュはいろんなアイテムが出てるので、お好きなコスプレをさせてあげても楽しいかもですね。

    ななもさまうごく116

    ノーマル素体と布製の服っていうのもありですね。

    リアル裁縫スキルがある方は、いつものドレスを作ってあげてもいいかもです。

    ななもさまうごく117

    僕にはそんな上等なスキルは無いので、市販のキューポッシュ用ジャージを着せてあげました・・・。

    散らかってるアイテムはぷちサンプルシリーズ。
    適当に並べてみたら悲壮感溢れるナナモ様が撮れたので、これで遊ぶ事にした次第でございますw

    あそうそう!改造は自己責任でね!

    独身万歳っ!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    バーゼラルドを作る。

    バーゼを作る

    コラボレーション。

    最近のエンタメ系広報の常套手段であり、消費者にとっても大きな楽しみのひとつとなってきている。

    特にオンラインゲーム業界においても、その波を大きく受けていて楽しい。

    アニメ作品とコラボしてキャラクターコスプレができたり、他のゲームに登場する乗り物に乗れたり・・・。

    もっともっとコラボが進んでいくと、いろんな垣根を越えて楽しい世界になるような気もする。

    FFでもガンダムに乗れて、PSO2でもガンダムに乗れて、ガンオンでもガンダムに乗れる。

    例えば今回のフィギュアヘッズのフレームアームズとのコラボ。

    僕は完全にそれに釣られてフィギュアヘッズを本格的に遊ぶようになりましたが、フィギュアヘッズプレイヤーはどれだけコトブキヤのフレームアームズを買ったのだろう?

    双方が得をしてこそのコラボレーション。
    コトブキヤサイドも今回のコラボでプラモデルがたくさん売れれば次回のコラボがあるかもしれない・・・。

    そんなわけで・・・今回購入しましたのは・・・こちら!

    バーゼを作る。1

    コトブキヤ フレームアームズ バーゼラルド:RE

    最近ほんと頑張っているコトブキヤ。そのコトブキヤが展開するオリジナルロボットプラモデルシリーズが「フレームアームズ」です。 どちらかと言えば、最近は「フレームアームズ・ガール」が有名になってますが、このフレームアームズに登場するロボットを擬人化したものが「フレームアームズ・ガール」ですね。

    今回は、フィギュアヘッズとのコラボでも登場した「バーゼラルド」のご紹介です。

    えー・・・このフレームアームズシリーズですが、いわゆる「ガンプラ」とは少し違います。

    バーゼを作る3

    ガンプラはいちから全て自分で作っていきますが、フレームアームズは箱を開けると、基本フレームがもうすでに完成した状態で入っております。

    フレームアームズは、この基本フレームに各種装甲をくっつけていって完成させるというコンセプトのプラモデルなんですね。
    ですので、プラモデルあんま作った事無い・・・という方でも比較的簡単に完成させる事ができます。

    まあその辺もフィギュアヘッズっぽいですよねw

    バーゼを作る。2

    説明書どおりに、装甲を組んでフレームに付けていく。

    この「バーゼラルド:RE」は、従来のREとデザインは同じなのですが、基本フレームが新しいものになっています。
    なので「RE」を買ったほうがいいですよ。

    また、接着を推奨する部分もありますが、基本的にパーツを切り取る「ニッパー」さえあれば完成します。


    バーゼを作る。3

    作っていて楽しかったのが胸部まわり。

    基本フレームに内部装甲的なものを付け、その上に外部装甲をつけていく感じが、男心をくすぐります。
    デザインも多面的でかっこいい。

    バーゼを作る4

    そんなわけで、バーゼラルド完成です。

    かっこいいですよねーっ!!デザインもヒロイックでベースカラーが白!

    デザインしたのは柳瀬 敬之氏。直線がかっこいいのは梁瀬メカ!
    島田フミカネ氏のキャラクターとの愛称も良いんですよねw

    バーゼを作る5

    頭部がめちゃめちゃかっこいい。

    額のブロックがひさしになってるデザインのロボ・・・好き。
    そしてうさぎの耳みたいに伸びる耳もかわいい。

    バーゼを作る6

    さらにメカフェチとしてぐっとくるのが、足の装甲の割れ方!

    Sガンダムみたいに、膝アーマーが縦に伸びず、太ももに残るっていう発想が新しい。
    大丈夫?みんなついてきてる?w

    バーゼを作る。4

    ボディ本体は直線ばっかりで構成されてるのに、目立つ位置にバーニアが着いていて、直線の中に円があるという個性的なロボですよね。

    バーゼを作る7

    フィギュアヘッズ版と比べるとかなりスタイリッシュ。

    こうやって見るとフィギュアヘッズの2Footってかなり独特なシルエットをベースにしてるんですねー。

    バーゼを作る。5

    2Footのコアにあたる部分には本来バーニアがついている。

    バーゼを作る8

    こちらは、フレームアームズガールのバーゼラルド。

    好きすぎて2体作りましたw

    バーゼを作る9

    まさか、バーゼラルドに乗る事ができるとか思いもしなかったなあ・・・。

    フィギュアヘッズのコラボいいですよねー。

    ボトムズ→ダグラムと来てるので、次はガリアンなのかなー?
    って思ってたらまさかのフレームアームズだったので、ほんとガタッ!てなったw
    悔しいくらいに釣られた・・・w

    バーゼラルドのプラモデルは、だいたい3,000円ちょっと。
    ガレージロット10回分か・・・まあ10回ではまず装甲は揃いませんが、プラモデルは買えるぞw

    いるかどうかはわかりませんが、フィギュアヘッズやっててプラモデル作った事ないーという方にはフレームアームズのプラモデルお勧めですよっ!!購入してコラボ第二段三段を期待しましょうよっ!!w

    次は・・・轟雷に乗りたいですっ!! ガールじゃ無いほうねっw


    独身万歳っ!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    こまごまと.2。

    こまごまと21

    なんだか今日は個人的にバタバタしていて、特に書くこともない一日でした。

    なので、今日はふんわりと最近買ってまだご紹介できてないような玩具でもだらだら~っとご紹介しようかなと思います。

    ふ~ん・・・とか思いながらお読みくださいませw

    ではいきまーっす。



    こまごまと22

    イノセンティア&DXライドシューター

    年末にFA:Gを作りたい衝動にかられ、買ってしまった3体目のイノセンティア。ブルーバージョンなので、肌が褐色。
    てなわけで、なんとなく自転車乗る人のような感じで塗装してみた。

    完成したので、イノセンティアが乗る自転車の玩具を探してたら、なんとなく当時品のR&MシリーズDXライドシューターが1,500円くらいで売られてたので、これでいいやと購入。

    こまごまと23

    割といい感じにフィット。 ややイノセンティアが大きいですけどねw

    「仮面ライダー龍騎」、好きでした。 当時はゾルダが一番好きだったかなーw

    こまごまと222

    劇中どおり、天面のフードが後ろに開き、シートが前面に起き上がるギミックが付いているのですが、これら全てをバネの力で行うので、劇中のようにゆっくりとシートが上がるのではなく、パカーン!!と勢いよく上がるので気をつけないとイノセンティアが吹っ飛ぶw

    こういう当時品の玩具もいいですねー。




    こまごまと223

    コトブキヤのキューポッシュ

    これまた年末に投げ売られてたキューポッシュの轟雷を無事救出。うしろのやつね。

    キューポッシュといえば、お座りナナモ様のヘッドがいい感じに馴染むので、轟雷のボディにお座りナナモ様ヘッドを取り付けてみた。

    こまごまと224

    そしたらやっぱりいいサイズ感で馴染んだ。 キューポッシュボディがララっぽい。
    武器はデスクトップアーミーのものを拝借。 かっこいいですねw

    お座りシリーズもっと出ないかなあ・・・お座りタタルさんとか・・・。




    こまごまと225

    ボンボンKC プラモ狂四郎 2巻

    大好きなんですよね。大好き。未だ少年ホビー漫画の頂点はこの作品だと思っております。

    というのも、昨今のホビー漫画っていうのはどうしても「宣伝」という側面が強いので、いかに新商品がすごいのかを描く事が多かったりする・・・。

    でもプラモ狂四郎のすんごいところは・・・

    こまごまと226

    「な なんだリアルタイプガンダムって成形色がちがうだけで
     中身は1/100ガンダムとおなじじゃないか」


    って新商品を見もふたも無い言い方で切り捨ててる・・・・w
    そして堂々と「リアルタイプガンダム(1/100)の欠点」って言い切って箇条書きに・・・w

    今の時代には出来ないようなおおらかな時代だったんだなあ・・・って思います。
    さらにバンダイのガンプラだけではなく、タミヤのスケールモデルが出てきたり、タカラのダグラムが出てきたりと、当時のプラモデルがオールスターで出演してる。今の時代で言うとビルドファイターズに、フレームアームズが出てくるようなものだ。

    こまごまと24

    「アニメモデルだってりっぱなプラモデルだ」

    ガンプラの黎明期に描かれたからこその、この熱い台詞。
    模型店で「アニメモデルwww」って模型お兄さん達から馬鹿にされてた少年たちの思いを代弁してくれたんですね。

    プラモ狂四郎はガンプラの宣伝漫画ではなかった。れっきとしたプラモデル漫画だったと思う。




    こまごまと227

    クルーズチェイサー ブラスティー

    FFXIVにも登場した「ブラスティー」。80年代に登場したPCゲームとは別にホビージャパンで展開されていた方のブラスティーのガレージキットですね。しかもこれ、すごく小さくて10センチくらいしかない。年末になんとなく筆塗りで作ってました。

    このつま先かっこいいですよねー・・・・。宇宙空間のみで戦うからつまさきはいらない!みたいな感じなのかなw
    僕にとってのブラスティーはこの形だったなあ・・・・。

    こまごまと25

    FFXIVのブラスティーはどっちをイメージして作ったのかなあ・・・?やっぱりゲーム版なのだろうか??

    でもFFXIVのブラスティーもつま先がとがってるんですよねー・・・。どっちだろ?


    てな感じで今日はこのへんでーっ!

    独身万歳っ!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。