カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「玩具日記 」カテゴリ記事一覧


    楽しみすぎてリオレウス買う。

    楽しみすぎてリオレウス買う

    あーやばい!楽しみすぎる!FFXIV×MHW。

    まだリオレウスと戦えますよ!という部分しかわかってないけど・・・どうなるんだろう!?って今からワクワクしてます。

    発表当日はいてもたってもいられず、深夜にもかかわらずMHWでリオレウスと戦いに行きましたからねw

    でもどうやらそれでも興奮は収まらなかったらしく、気が付いたらこちらをポチってましたね・・・

    さて、本日購入いたしましたのは・・・・!!

    楽しみすぎてリオレウス買う11

    海洋堂 リボルテックヤマグチ リオレウス です。

    今から6年位前に発売されたフィギュアで現在はもうプレ値がついちゃってますねー・・・。
    もともとリオレウスが好きなので、いつか買おうと価格が落ち着くのを待ってたのですが・・・我慢できずにポチっちゃいましたw

    リボルテックシリーズはクリックの入った球体関節を持つアクションフィギュアシリーズですね。
    歴史も長い・・・。ですが、この関節がけっこうクセがあってなれるにはちょっと時間がかかるっていうしろものです。

    でも、現在可動するリオレウスではこれが一番入手しやすい感じですね。

    可動レウス1

    開封・・・!!結構大きいな。

    リボルテックと言えばちょっと小ぶりな印象ですが、羽が大きくてなかなかの迫力です。

    うーんこれこれ・・・w まさにモンハンの看板息子の勇士だw

    可動レウス2

    羽は軟質素材になっていて、結構自由に動きます。

    ただ、レウスさんは全体的にトゲトゲしているので、さわっていると痛い・・・w

    可動レウス3

    ああ・・・これもできる・・・!!
    これですよこれ!リオレウスの僕的かっこいいポイントっ!w

    このドラゴンっぽく上から相手を見下すのではなくて、胴よりも頭を下げて相手を威嚇するポーズっ!!

    思い出しますね~・・・モンハン1作目のオープニングムービー!!

    あのランポスを威嚇するリオレウスのかっこよさ~w
    レウスの咆哮と同時に流れ出す英雄の証~っw

    可動レウス4

    口の開閉はもちろん、舌は別パーツで可動!
    こだわりを感じますw

    可動レウス5

    しかも嬉しいことに・・・・

    可動レウス6

    同スケールのハンターがついてくるのが心憎いっw

    気が利いてるわーw

    楽しみすぎてリオレウス買う12

    バサァバサァ・・・・。

    あ・・・・


    可動レウス7

    もー・・・・めんどくさいなあ・・・

    可動レウス8

    閃光玉っ!!

    楽しみすぎてリオレウス買う13

    尻尾いただきっ!!

    この尻尾切られた時のレウスの動きが大好きで・・・w

    ちょっとかわいそうに思えるほどよくできてますよねっww

    可動レウス9

    あと1分で村に戻ります。

    すごい遊べるぞ!このリオレウスw

    たのしいw

    可動レウス10

    関節箇所も多くて、ゲーム内の動きはだいたい再現できる。

    普段はガンプラとか人型のものばかり触っているので、たまにこういうのを触ると時間を忘れてしまいますw

    可動レウス12

    FFXIV×MHWのコラボ詳細は7月公開との事ですし、京都FATEあたりで詳細がどどーんと出たりするのかな!?

    MHF側のベヒーモスも楽しみだし・・・熱い夏を楽しみにしながら、今はこのリボルテックで遊んでおこう・・・w

    あーっ!たのしみっ!!

    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    玩具棚の崩落。

    玩具棚崩落

    先日の地震・・・起こった時僕はまだ寝てたんですよね。

    前日の夜、理由はまったくわかりませんが、何故かやたらと「刑務所のご飯事情」が気になってネットとかでめっちゃ調べてて、へー結構美味しそうなのでるんだとか感心してたら4時くらいになってたので就寝。

    すやすやと寝ているといきなり目の前に何かが落ちてきてびっくりして目が覚める。

    南條さんのアルバム、サントロワだった! 結構遠い位置に置いてるはずのサントロワがなんで?とぼんやり考えてると・・・
    なんかめちゃ揺れてるやん!!と思った瞬間携帯からビュイビュイ!!と大きな音が。

    僕はハムスターがひまわりの種を持つポーズでサントロワを握り締めながら揺れが収まるのを待った。
    やがて揺れは収まり、ふわー・・・・すごい揺れた・・・と家族の安否を確認しにいった。

    全員の無事を確認できたので、TVを付けて現状を確認し、避難経路の確保やら、水や食料の確認やらなにやらを終わらせ、部屋に戻った。

    どうしよう・・・。見るか?絶対ひどいことになってるのわかってる。
    ああ・・・・でも確認しないと・・・と・・・玩具棚の方を見ると・・・・扉が開いている・・・ガラスは無事のようだけど・・・。

    玩具棚崩落1

    どうやら鉄人が左のパンチで扉をこじ開けたようだ・・・。ゲッター1がどん引きの表情でそれを見てる・・・。

    あ・・・でもそんな・・・思ったほど被害は無いかな・・・と思ってその上を見ると・・・

    玩具棚崩落2

    結構な数飾ってた武装神姫たちがいない・・・。

    これをチャンスと言わんばかりに飛び立っていったのだろうか?
    なんてことはなく、真下に落下してたんですけどね・・・。

    それ以外にも色々調べたが、あとは倒れるくらいで大きな損害は無かった。
    崩落を起こしたのはどうやら、メインであるこの棚だけのようですね。

    玩具棚崩落3

    さらに巣立ちで立っていた、やまとの1/12スコープドックはその自重を支えきれず転倒しばらばらになっていた。
    乗っていた西住さんはコックピット外へと飛び出していた・・・。
    散らばったパーツを集めて、一箇所に集めておこう・・・。踏んで壊したら大変だ・・・。

    昼間は買出しをしたり、情報を集めたりしながら過ごしました。

    夜になって少し暇になってきたので、まあせっかくの機会だし倒れてしまった玩具たちのメンテナンスをしながらひとつひとつ磨いていこうと思い立つ。

    玩具棚崩落4

    まずは一番のお気に入りである、やまと1/12のスコープドックから。

    特に破損は無いようなので、磨きながら組み立てていく。ほこりが溜まりやすいんですよね。
    西住さんも長年入れっぱなしなので関節がガチガチになってた・・・。

    玩具棚崩落11

    完成・・・やっぱかっこいいなこいつっw

    スコープドックはいろんな所から立体化されてるけど、このやまとの1/12が一番好きだ。
    何より大きいのがイイ。

    玩具棚崩落12

    このfigmaの納まり感が好き。

    玩具棚崩落5

    鉄人兄弟。どっちも捨てがたい魅力があるなあ。FXも出てほしい。

    超合金魂は、時間がたつと関節部分がへたってきますので、パーマネントマットバーニッシュで調節。

    玩具棚崩落6

    菅生さんも揺れでヘルメットを落としてましたね。メットのクリアパーツにヒビが入らなくて良かった。

    玩具棚崩落13

    武装神姫・・・なつかしい。

    神姫は落下してバラバラになってしまったものの、破損は無く全関節部分の渋みを調整して無事復帰。
    中でもこの蓮華さんがすごくお気に入りでして・・・。

    蓮華1

    オマケ(?)のオンラインゲーム「バトルロンド」は、オンラインゲーム史に残る隠れた超名作だったなあ・・・。

    蓮華さんはゲーム内のキャラも立っていて、金田朋子さんの演技がなんか素晴らしかったw
    そんな腹立つ言い方せんくっても・・・って感じで憎かわいいんですよねw 

    ふだんめちゃめちゃ憎まれ口を叩いてるのに、リセットしようとすると泣きながらやめてくれって懇願するんですよね。
    声にすごい魂が入っててリセットできなかったなあ・・・w

    玩具棚崩落7

    ものすごく時間かかったけど、手持ち神姫の半分くらいはメンテナンス完了。
    コトブキヤからのリブートが決定しているけど、バトルロンドも復活してほしいなあ・・・w

    玩具棚崩落8

    玩具メンテしている間も、たくさんの余震に関するアドバイスや励ましをメールやLINEで頂きました。

    中には熊本地震を経験されてる方からのアドバイスもあって、すごく細かく教えていただきとても参考になりました。
    本当にたくさんの方からのご心配ありがとうございます。

    僕も、家族も、玩具もみな無事でおりますのでご安心下さいませ!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    さんびゃくえん。

    さんびゃくえん

    ・・・300円。

    ある一定の期間にある一定の体験をした人にとって、その金額は特別なものだ。

    大人になり、自分でお金を稼ぐようになった。

    毎日忙しく、子供の頃になりたかった職業とは程遠い仕事を毎日こなしている。

    そんな中、ランチタイムに立ち寄った、ちょっとこじゃれた洋食屋。

    他を当たる時間もなく、空腹に即されドアを開け、席についてメニューを見る。

    『 Aランチ 1200円 』

    ある一定の期間にある一定の体験をした人はこう思う。

    『4個分か・・・高いな。』

    そう感じる理由はただ一つ・・・少年の頃、300円という金額にとても大きな夢を与えてもらった記憶があるからだ。



    さて・・・・今日は何を作ろうかな?

    温故知新

    時々あるんだよなー・・・。

    ああ!もうたまらない!あれが食べたい!!ってなること。

    「モスチーズバーガー」とかさ、「ノーマルのカップヌードル」とかw

    ガンプラも似たようなもので、むしょうにアレが作りたい!ってなったりすることがある・・・。

    そういう時は、その感情に従うようにしてるんですよねー・・・。

    そんなわけで、模型屋をはしごして・・・探して探してやっとみつけてきた・・・・。

    さんびゃくえん1

    バンダイ ベストメカコレクションNO4 1/144 ガンダム。

    そう・・・何千種類もあるガンプラの中で、最も最初に発売されたガンプラの始祖だ。

    一番最初のガンプラ!

    発売されたのは、今から約40年も前の1980年!

    ガンダムのプラモデルシリーズとして発売されたわけではなく。
    当時の人気ロボットのプラモデルシリーズ「ベストメカコレクション」の第四弾として発売された・・・。

    ちなみに、NO1がダイデンジン、NO2がゴッドシグマ、NO3がゴーディアンなんだよね・・・。
    40年前の時代を感じるねー。

    温故知新1

    く・・・詳しいのは文献をよく読んでるからだからねっ!

    古いワインに詳しい人だって100歳とか200歳なわけじゃないでしょっ!?

    でも・・・40年も前のプラモデルだと相当プレミアついて高いんじゃない?っておもうけど・・・・

    温故知新2

    なんと今でも当時の300円という金額のまま発売され続けてるんだ。

    つまり今でもバンダイは、このキットを作り続けてるってことだ。

    40年間・・・値段を上げる事無く・・・・。こういう所がすごいよね・・・。

    温故知新3

    しかし、もっとすごいのは・・・

    この40年間、その時代に商品として出せるよう、金型を改修し続けているというところ・・・。

    つまり・・・今売っている300円のガンダムは、40年前のガンダムとは違うということ。
    大きな部分はそのままで、パーツの合いや細かい所を調節してある。

    どこがどう変わっているのかを感じ取る・・・それが「通」ってもんだ・・・!

    今日買ってきたのは、近年再販されたメカコレのガンダム!

    さっそく組んでみよう。

    温故知新4

    おお~っ・・・これこれ!この色艶!!
    真っ白ではなく、うすーいグリーンが入ったこの成型色!!

    メカコレのガンダムと言えばこの色だよな~w 好きっ!

    でもあれ? あれ? あれ!?

    温故知新5

    ・・・・ないだと!?

    あれが・・・今は入ってないのか!?



    なんてこった・・・!!あの香りを嗅ぎながら作るのが嬉しかったのにっ!

    コスト削減・・・300円という金額を保つための悲しい取捨選択の犠牲になったのか?

    温故知新6

    箱にもちゃんと書いてある・・・これも時代の流れなのか・・・。

    今のガンプラと違って、当時のキットは組み立てるために接着剤が必須だった。
    その為に当時のガンプラには少量のセメダインが付属してたんだよなー・・・。

    温故知新8

    迂闊だった・・・。

    温故知新7

    せっかく当時を再現しようと、ニッパー代わりの爪きりまで買って来たのに・・・・。

    仕方ない・・・自前の接着剤を使うか・・・ちぇ・・・

    温故知新9

    ランナー数はわずか2枚・・・。

    ものすごく大味なパーツ分割。これぞ旧キット!って感じだねーw

    温故知新10

    このランナー状態で塗装した色指定もなつかしいなあ・・・w

    温故知新11

    しかしこのキットには大きな罠がある・・・。

    現代ガンプラをたくさん作った人ほどはまりやすい罠・・・。

    舐めてかかると火傷する作りになってるんだよ・・・。

    そこに気をつけて慎重に組んでいこう・・・。

    温故知新12

    爪きり・・・w 切りにくい・・・w

    温故知新14

    序盤の難所・・・。

    ここを最初に作ることになるんだよなー・・・。

    ⑰のパーツの接着・・・これが実はとても重要で、完成後はガンダムの腕と肩の接続部分になり、可動をつかさどる箇所になる。

    ここがしっかりと接着されてないと肩の関節がゆるゆるになってしまうんだ・・・。

    接着剤が乾くまで次の工程に進むべきではないんだけど・・・。完全に乾燥するには1日~2日かかる・・。

    子供がそんなに待てるはず無い・・・だから子供がつくるこのガンダムは腕がプラプラになるんだよね。

    温故知新15

    こういう関節部分がポリキャップになったのは、その問題を解決する為だったんだろうなあ・・・。

    奥が深いよ、ガンプラは・・・。

    温故知新13

    いいなーこれw

    マニュピレーターというより完全に「ぐー」だw かわいいw

    手の甲の部分に白い装甲が無い・・・そういえばいつからそれが当たり前になったんだろう・・・。

    温故知新17

    よし!腕は完成だっ!

    関節部分は瞬間接着剤と効果スプレーを使った。大人の技だ・・・w

    そして・・・腕の組み間違いも無い・・・罠は無事回避だ・・・w

    温故知新18

    わかるだろうか・・・?

    この「親指の位置」と、「腕の傾斜」の関係性。

    温故知新19

    実は腕のパーツはただの四角ではなく、片方のパーツだけわずかに末広がりになっている。

    これが腕の外側にくるのが正しい形。

    親指が内側で、傾斜が外側。

    似たようなパーツだけど、この位置関係が逆にも組めてしまう・・・。

    これが罠なんだよね・・・。

    温故知新110

    足のパーツもそう。 

    膝から下にかけて、一見同じパーツに見えるが、左右がきっちり決まっている。

    温故知新111

    これも実は足首の関節が若干斜めになっている。

    温故知新112

    左右間違えて組むと、足がきれいにハの字にならない。

    内側に来る股間の接続部分に対して、外に広がるように組みあがらないといけないわけで、これを左右間違えると、ガンダムはちゃんと大地に立たない。

    厄介なことに、当時のキットは間違えて組むことができてしまう。

    しかもこれは旧キット・・・そう接着している。

    やりなおそうと思えば、確実にパーツが痛む。後戻り、アンドゥは通用しないのだ。

    これがこのキットの罠なんだ。

    温故知新113

    しかし、そんな事は罠でもなんでもなく、ちゃんと説明書に書いてある。

    プラモデルとは組み立て説明書を見ながら組み立てていくもの。

    そんな事は、ガンプラを作る人は十分わかっている。

    温故知新114

    でも、早く完成させたいという欲望に操られ、そんな基本的な事を忘れてしまう・・・。

    ガンプラに慣れていけば、慣れていくほど、手癖で説明書を読まずに進めてしまう。

    どんなに焦っていても、大事な文字は読まなければならない。

    人生それで失敗した人も多いだろう・・・こいつはそういう事を思い出させてくれる・・・。

    温故知新115

    僕は昔それで組み間違えて、僕が作ったガンダムは綺麗に立たなかったなあ・・・

    でも今回は綺麗に立ったよ。腕もきれいに揃ってる。

    僕は、大人になったんだなあ・・・・。

    さあ・・・腕をつけ・・・いよいよガンダムの象徴!

    頭にブレードアンテナを接着だ!!

    ・・・って

    温故知新116

    ああ~っwww

    あはははっww

    温故知新117

    ブレードアンテナに「旗」ついてるww

    なるほどなあ・・・ちゃんと改修してるんだあw

    温故知新118

    ガンダムの象徴、ブレードアンテナの先は本来尖っている。

    でもこれをプラスチックで作ると指に刺さってしまう恐れがある・・・。

    温故知新119

    なのでバンダイは安全面を考慮していつの頃からか、ガンダムのアンテナに「旗」をつけるようになった。
    お子さんが誤って、指に刺さないようにする為だ。

    もちろんその姿は原作とは違う・・・でもそれに気づける大人はこれを切り落とせばいい。

    でもその工程は組み立て説明書には記載されない。
    なんでこれがついてるか、これをどうすればいいか大人ならわかるでしょ・・・・そういう事だ。

    これが発売された頃はおおらかな時代だったので、もちろん旗なんかついてなかった。

    40年の歴史の中で改修されたのだろう。

    温故知新1110

    全てはここから始まったんだな。

    ポリキャップの関節や、接着剤いらずのスナップフィット、組間違いしない為の様々な工夫。

    さんびゃくえん2

    こういう話を読んだことがある。

    昔々のガンプラブームの頃・・・ガンプラの工場見学に来ていたある子供が、このガンダムを見てこんな事を言ったそうだ。

    「このガンダムは真っ白だね。」

    その一言にはっとしたバンダイは、それから多色成型の研究をはじめ・・・

    近年の完璧な色分けされたガンプラまでたどり着いたらしい。

    さんびゃくえん3

    常に顧客と向き合い、意見を取り入れ、その技術を極限にまで高めてきたガンプラ。

    そのはじめの一歩だったバンダイのベストメカコレクションNO4。

    それを組むことで、大きな歴史の流れを感じる事ができる。

    まさに温故知新・・・古いキットを作るからこそ、発見できる今の良さってのがあるよなあ。

    温故知新1111

    なんか無性にこれが作りたくなったのは、最新作に触れてその進化のすごさを改めて感じたかったからかも知れない。

    また色々勉強になって、楽しかった・・・。

    さんびゃくえん4

    ベストメカコレクションNO4 1/144 ガンダム。
    ごちそうさまでした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    夢と希望のプラスチック。

    夢と希望のプラスチック

    毎日必ず1回は触れる事になる素材・・・合成樹脂プラスチック。

    発明されたのは今から100年ほど前らしいのですが、実際に産業として世に浸透し始めたのは第二次世界大戦後。

    プラスチックは、軽くて丈夫で、腐食にも強い。おまけに成型もしやすいのでこの50年で瞬く間に浸透した。

    今僕が叩いている、キーボードキーもプラスチック。朝歯を磨いた時に使った歯ブラシもプラスチック。
    今皆さんもプラスチックに触れながら、このブログを見ていることでしょう。

    僕の好きな玩具の世界でも、プラスチックはなくてはならない存在。

    人間の頭の中で描く世界を、現実にアウトプットする際、これほど便利な素材は他にあるのだろうか?

    合成樹脂であるプラスチック。

    それには、たくさんの人の夢と希望も一緒に練りこまれているのだろう。

    さて!本日購入いたしましたのはー!!

    ぷらっちっく

    バンダイ Figure-rise LABO ホシノフミナ。

    買えましたよ・・・・発売日に・・・。

    たしか今から数ヶ月前。ネットでバンダイの新ブランド発表放送があった。その時発表されたのがこの商品。

    その放送を見て、「あかん、これ絶対買えなくなるやつや」と察知して、玩具通販サイトに貼りつき、予約開始と同時にポチ。その日のうちに完売になってましたね・・・。

    ホシノフミナは、ガンダムビルドファイターズトライというアニメに登場したヒロインなのですが

    マイディーさんそんなに「ホシノフミナ」が好きなの?

    って聞かれると別にそういうわけではない。

    ほしのさん

    でもなぜか、ホシノフミナと名の付く商品はほとんど買ってしまっているのだ!

    バンダイ、メカ少女型可動フィギュア初のプラモデル化!⇒すーぱーふみな。
    バンダイ、新技術レイヤードインジェクション搭載プラモデル!⇒ホシノフミナ。

    このように、バンダイの新技術投入の影に必ず現れるのがホシノフミナなのだ!

    僕はホシノフミナを買っているのではない、バンダイの新技術を買っているのだ!

    ・・・・と言い訳が完了したところで、早速開封してみたい。

    ほしのさん1

    なんとお・・・・。
    これが・・・バンダイ脅威のメカニズム・・・!!

    新たなレイヤードインジェクションの力・・・!!

    ぷらっちっく1

    脚。

    これは脚だ・・・。
    これがプラスチックであることを忘れるほどに・・・脚だ。

    何故今僕は、これをプラスチックのパーツとしてではなく「脚」として認識しているのか??

    ほしのさん2

    本来人体のフィギュアやプラモデルの肌の部分は、「肌色」1色で成型される。

    もちろんその肌の色も日々研究が重ねられ日々人体の肌の色に近づいてきている。

    ただ、人体には血が通っていて、必ずしも肌色1色というわけではない。

    ほしのさん3

    そしてその肌色をよりリアルに見せるため、各メーカーはその肌色に塗装を行う。

    匠の技で、ほほにうすく赤を吹いたり、陰になる部分にオレンジを吹いたり・・・。

    女性がお化粧に使うチークのようなものですね。
    より美しく見せるための努力・・・それをフィギュアメーカーは怠らないし、その技術の高さにユーザーも驚いたりする。

    しかし・・・今回のバンダイは、その概念自体をひっくりかえしてきた。

    ほしのさん4

    作る手順はこうだ。
    ① まず軸を作る。
    ② 軸の上に赤いぼこぼこしたパーツを作る。
    ③ それを薄い肌い色のパーツで覆う。

    肌色のパーツ表面と、赤いぼこぼこが近い部分は、少しだけ赤が透けて見える。

    上から塗るチークの赤ではなく、中から透けて見える赤。

    ゆえにその発色は限りなく人体に近い・・・・!!

    とんでもない発想力・・・。

    ほしのさん5

    その発想もすごいけど、それを工場でがちゃんがちゃんとものすごい精度で作り上げ、店頭に並ばせる事ができる企業・・・

    それが日本のバンダイなんですよね。

    そりゃこのホシノフミナは売れますよね・・・僕らユーザーだけでなく同業者もどんなものか買うでしょうしねw

    ほしのさん6

    さらに、水着部分のパーツには、グロスインジェクションという成型方法を使いつやつやのピカピカになってる。
    クリアーを吹いて艶をだしているのではなくて、艶のあるプラスチック・・・。これもすごい。

    ほしのさん7

    瞳のパーツもレイヤードインジェクション。
    つやつやのパーツや透けるパーツ、いろんな質感のプラスチックを重ねて美しい輝きを出している。

    タンポ印刷や、シール、デカールでは絶対出せない瞳の輝きですね・・・。

    箱を開けたとたん言いたくなりますよ・・・

    「箱の中身は、プラスチックの大博覧会や~!」って。

    え?ぼくだけ?w

    ほしのさん8

    パーツ数もさほど多くなく、組み立ては簡単なんですが・・・
    このゲート処理が大変ですよねw

    失敗すると、せっかくの肌色が台無しになってしまうので、丁寧に丁寧に処理していかないとだめだー。
    またパーティングラインというパーツをあわせたラインも丁寧に落としていかないといけない・・・。

    かなり人体に近い色合いになっている分、そういう部分がすごく目立つんですよね。

    ほしのさん11

    赤いパーツのゲート跡がどうしてもできてしまいますが、台座やポーズでうまく隠れますので、特に肌色をさす必要も無いっていうのが考えられててすごい・・・。

    ほしのさん9

    僕の技術では、これが限界だった。

    プラモデルの基本的な技術だけにくやしい・・・精進しないとですね・・・。

    ほしのさん10

    今回、腕に関してはレイヤードインジェクションが使われていません。
    通常の肌色になっているので、気になる人はいつもどおりウェザマスとかで陰影を入れたほうがいいかもですね。

    ほしのさん12

    瞳もすごいけど・・・歯がちゃんとつやありだ・・・。

    これなんの塗装もしてないんですよ・・・ほほのチーク具合とかすごない?w

    ぷらっちっく2

    そんなわけで完成です。
    結構大きいですね。スケール表記は無いですが、1/7って感じですかね?

    成型技術だけでなく、造形のレベルもほんとすごいです。
    ゲート跡を隠すためか左足を上げていますが、ベースをうまく使って二箇所で固定。

    ほしのさん13

    肩胛骨のラインが質感の違う2種類のプラスチックで表現されていてすごいw

    あとまあ造形すごい!って思うポイントはもっとあるけど、買って確かめてくださいw 
    ちょっと書きづらいw

    ほしのさん14

    Figure-rise LABOチームは、今回2年を費やしてこれを完成させたそうな・・・。

    LABOチームだけあって、日々こういった新しい表現方法を模索しつつ商品展開していくらしい。

    今回生み出された技術は、ガンプラ設計にもフィードバックされてまたすごいのが出てくるんだろうなあ・・・。

    パーフェクトグレードすーぱーふみなとか出たりしてねw

    なんかもうほんとすごい・・・。どこよりも高い技術でどこよりも安く売ってる・・・。

    これで5,500円ですからねw

    今はもうどこにも商品が無くて、プレ値で1万くらいまで上がってますね・・・。

    ぷらっちっく3

    今回も休まないトップランナーバンダイの底力を見せ付けられましたね~!!

    夏も近いので水物と一緒に飾っておこうかな!

    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    僕の好きなモビルスーツ ~完成編~

    僕の好きなモビルスーツ完成

    ■ 前回までのあらすじ。

    幼い頃より愛してやまないモビルスーツ「ゾゴック」。

    なんとなくそれを思い出して、HG1/144ゾゴックを購入し組み立て始めたマイディーであったが、ゾゴックへの愛を再確認するものの、どこか少し納得がいかない。

    組みあがったゾゴックを見て納得がいかない理由を悟るマイディー。
    それは現在発売されているゾゴックは「ユニコーンバージョン」だったからだ。

    それならば・・・と組みあがったゾゴックを一端バラし、旧キットカラーで仕上げる事を決意する。

    ゾゴック旧1

    うーん・・・・基本塗装は、まあざっとこんな感じかなあ・・・・。

    白の発色があまり綺麗ではないけど、水物だしなあ・・・こんくらいで丁度いいかな。

    ゾゴック旧2

    てか久しぶりにエアブラシ使ったから・・・ちょっと気持ち悪くなった・・・・。

    換気が不十分だったかな・・・。気をつけないとなあ・・・・。

    とりあえず、塗料が乾くのを待ってから・・・ディティールアップも少ししてみようかな。

    ゾゴック旧3

    これだ・・・この時間だ・・・これが苦痛なんだ・・・。

    この塗料が乾くまでの時間!! 
    この間に下手に触ると・・・塗装が剥がれたり、指紋が付いたりする・・・。

    1日~2日は触らない方が無難・・・。もう大丈夫かな?という強烈な誘惑に勝たねばならない・・・。
    ディティールアップしたい!ディティールアップしたいっ!!・・・・・でも今は我慢だ・・・!!


    ぐうう・・・・・。



    -2日後-

    ゾゴック旧4

    よしっ!塗装は乾いた!
    ディティールアップと仕上げをやっていこう。

    まず絶対直したかったのがここだっ!!モノアイ!!

    ゾゴック旧5

    ユニコーンバージョンのモノアイってレンズ部分が凹になってるんですよね。

    ここに大きな違和感がある・・・。まあカメラレンズとして考えればそうなんだろうけど・・・。

    凹カメラはかっこいいけど・・・ジオン系MS独特のかわいさが足りないんだよなあ。

    このモノアイに手を加えれば、きっと印象がガラっと変わりそう・・・。


    ということで・・・

    ゾゴック旧6

    『Hアイズ』!!
    もはやジオン系MSでは定番の改造だなーw

    こういうビルドアップ系のパーツは買っておくといざという時に便利だよね。

    最近は、バンダイから直々にビルドアップパーツとしてモノアイが売られてるけど・・・あれはちょっと凝りすぎてる・・・。
    Hアイズのツルッとした感じの方が好みなんだよねー。

    Hアイズ+ホイルシール+丸モールドのあわせ技!!

    ゾゴック旧7

    丸モールドの裏面に2mmの穴を開けてから、くぼんだところにホイルシールを貼る・・・。

    ゾゴック旧8

    その上から、Hアイズをはめ込む。

    下にホイルシールを貼っているから、キラキラするんだよねー。これポイント。

    で・・・これを・・・

    ゾゴック旧9

    既存のモノアイと交換すると・・・。

    ゾゴック旧10

    やったねっ♪

    ゾゴック旧11

    アイプチ成功w
    ぐっとかわいくなったぞw

    ゾゴック旧12

    あとこの背面のパイプ!!
    これせっかく腰にボールジョイントが入ってるのに、このパイプのせいで、腰関節が死んでるんですよね。

    なので・・・

    ゾゴック旧13

    これをスプリングパイプに交換。

    ゾゴック旧14

    これで腰が回るようになる!!

    ゾゴック旧15

    だいたいさっ!!

    ゾゴックって言ったら、パンチじゃないっ!!なのに腰が回らないって駄目でしょ!!

    設計した人っ!!ゾゴック愛が足らないよっ!!

    ウソ・・・・ゾゴック出してくれて本当にありがとうございます。大好き。

    ゾゴック旧16

    あとは・・・メタル系のディティールアップパーツを付けたり・・・デカール貼ったり・・・細部の塗装をしたりして・・・・!!

    ゾゴック旧17

    ・・・・うん!!

    ぞご旧

    ゾゴック 旧カラーバージョン!!

    完成だーっ!!

    いいなー・・・このオモチャ感・・・・!! 派手なカラーリング!!

    これぞ僕らのゾゴックだーっ!!

    ゾゴック旧18

    昔作ったユニコーンバージョンと比較。

    くぅぅぅーーーーっ!いいよその白パンツ!かわいい!!

    おめめもパッチリだねーっ!!

    ゾゴック旧19

    やっぱモノアイ大きくしたから表情がでるなあ・・・!!

    戦闘25

    僕が始めて遊んだオンラインゲーム、U.C.G.O!

    そこでの愛機はもちろんゾゴック・・・旧カラー!!

    ゾゴック旧110

    立てひざをつかせると、あの頃の記憶が蘇ってくるよー!

    やっぱりお前はかっこいいなーっ!!

    ゾゴック旧111

    よし・・・・。

    ゾゴック旧112

    同サイズのガンダムと比較だ!!

    以外にもゾゴックの方が頭一つ分大きいんだなあ。

    ゾゴック旧113

    自慢のパンチでかいっ!!

    これいけんじゃないの?勝てんじゃないのっ!!?

    ゾゴック旧114

    ふむ・・・・こうか?

    ゾゴック旧115

    ブゥゥゥーメランっ!!

    ゾゴック旧116

    カッタァァァァーッ!!

    ゾゴック旧117

    アアアーーーーームッ!!

    ゾゴック旧118

    パーンチ!!

    ゾゴック旧119

    「ぶったね!親父にもぶたれたことないのに・・・・」

    おきろーっ!!
    殴られもせずに一人前になったやつがどこに・・・

    ゾゴック旧1110

    いるものかパーンチ!!

    「2度もぶったああーっ!!」

    ゾゴック旧1111

    強い・・・圧倒的強さじゃないか・・・ゾゴック・・・!!

    お前はやっぱり最強のモビルスーツだよ・・・・!!

    僕の机の上ではだけど・・・・。

    そしてゾゴック好きなら誰もが一度は考える・・・・

    僕の好きなモビルスーツ11

    パーフェクトゾゴック!!

    すぐやられそうでかっこいいっ!!

    ゾゴック旧1112

    ていうかやっぱりお前・・・・

    ゾゴック旧1113

    かわいいなあ・・・・っ!

    おめめおっきくして大正解だったなあっ!!

    ゾゴック旧1114

    じゃあ・・・ちょっと・・・ここを・・・こうして・・・こうして・・・

    ぞご旧11

    「じゃぶろー行く前に コンビニ よっていぃ?」




    ゾゴック旧1115

    あ・あ・あ・・・・・。かわ・・・かわいい・・・・。

    す・・・・好き・・・・好き・・・・。

    ぞご旧12

    強く・かっこよく・なつかしい!!
    そしてなにより!かわいらすいいっ!!

    1/144 HG ゾゴック 旧カラーカスタマイズ!!


    ごちそうさまでした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。