カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「FINAL FANTASYⅩⅣ 」カテゴリ記事一覧


    ブレードランナー

    ブレードランナー0012121

    古いSF映画で、「ブレードランナー」というのがございまして。

    この秋かな?その続編が30年ぶりくらいに放映されるわけでございます。
    僕もオタクなので、ブレードランナーは大好きでして、先日映画を見る前の復習としてファイナルカットを見なおしました。

    やっぱり今見てもかっこいい!

    何がかっこいいって全部かっこいいんですねけどねw ストーリーも世界観も!

    ブレラン1

    ブレードランナーでリドリースコットが描いたのは、つやつやぴかぴかの未来都市ではなく、退廃した「酸性雨」と「ネオン」と「多言語」な未来都市。日本のカブキチョーからヒントを得たと言われるその未来都市は、のちに「サイバーパンク」と呼ばれる世界観を生み出すんですよねー。僕がブレードランナーを知ったのはその影響をモロに受けたゲームのスナッチャーからですけどねw

    ブレラン2

    初めてクガネの夜を見たとき、和のネオンとか、温泉の水蒸気とかが、あー・・・ブレードランナーっぽいって思ったんですよねw
    和の比重が大きいのでそのまんま!というわけではないですがw

    で、なんとなくこのクガネで、ブレードランナーっぽい雰囲気でSS撮れないかなーと試行錯誤。

    ブレラン3

    衣装は最近もらったアデプトガウンを羽織って、ブレードランナーのデッカード風に。

    ブレラン4

    ここのネオンがかっこいいですね。鮮やか4とかにするとそれっぽく見えてくる。
    水蒸気もいい感じw

    しかし・・・ブレードランナーといえば酸性雨・・・待てど暮らせど雨降らない・・・。

    そこで・・・

    ブレラン5

    スクリーンエフェクトの「鉛筆2」をONにして、カメラを調整して縦撮りに変更。
    鉛筆の線を雨に見立ててみる。

    ブレラン6

    おおー鉛筆雨すごいっ!!

    かっこいーっw デッカードブラスター大きすぎるけどw
    牙狼の銃もらおうかなw

    ブレラン7

    ブレランっぽいぽいw

    カラーフィルター:色鉛筆+スクリーンエフェクト:鉛筆2もシリアスな感じになってかっこいいですね。

    新たな技、鉛筆雨を習得した!!

    創意工夫で色々遊べるグループポーズはほんと楽しいですねっ!!

    そして・・・ブレードランナーの映画楽しみだなー・・・w

    まだ見てない人は、是非見て欲しいブレードランナー!SFオタクの必修科目ですよっ!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    急流すべりにでかける。

    急流すべり001

    アシエンの暗躍、帝国の侵略、蛮神の脅威、蛮族との衝突、様々な問題。

    敵は外敵だけでない・・・国家間の影で踊る様々な陰謀、謀略の数々。

    悪意に傷つき、倒れ、涙を流す人。 仲間を失い、傷つき倒れてもまた立ち上がり、希望に向かって進む人。


    あらゆる情念飛び交うこの世界・・・。


    この時代・・・・。


    そんな中、先日「急流すべり」に行ってきました!

    急流すべり002

    先日、お友達と話していましたら、マイディーさん「急流すべり」がたのしいんですよ。と教えてくれた。

    急流すべり?? この間のきりんちゃんのすべり台みたいな感じで、ついーっと滑れる所があるのかな?

    興味がわいたので、「急流すべり」に連れて行ってもらいました。

    急流すべり003

    やり方は超簡単。

    クルザス巨石の丘から流れている川に沿って、マウントで走るだけ。

    ただそれだけなんですが、1つだけ条件があるんです・・・・

    急流すべり004

    ただし、マウントは「ウィスパー」に限る。

    そう!現在絶賛再演中の「妖怪ウォッチコラボ」で手に入るマウントウィスパーを使うというのが条件なのです。
    光ってるやつでも、光ってないやつでもOK、ウィスパーってことが大事なのです。

    いろんな「?」が飛び交うけど、お友達の言うとおりウィスパーに搭乗・・・。

    急流すべり005

    ふむふむ・・・ここから川に沿って走っていけば言いわけですね・・・

    自分で走って急流すべりになるのかな?急流走りじゃないのかな? 

    まあとにかくやってみよう・・・・という事でスタート!

    急流すべり006

    うわっ!なんだこれーっ!?

    急流すべり007

    あっという間にゴールしちゃった・・・・。

    めっちゃ速かった・・・なんだこれは・・・なんでそうなるんだ・・・。

    そして・・・なんでこんなに楽しいんだっ!?

    検証しなければならない・・・・ウィスパーで川を進むだけで急流すべりになるという現象の謎を!!


    急流すべり008

    なんでだろう・・・普通にウィスパーに乗って川を走ってるだけなのに、これはまぎれもなく「急流すべり」になってる!!

    自分で走っているのに、ウィスパーが急流にすごいスピードで流されてるように感じる・・・。

    何度か滑ってみて、理由が少しずつわかってきた。

    急流すべり009

    同じようにチョコボで川を走ってみると、急流すべり感はまったく感じない。

    チョコボもウィスパーもマウントなので、スピードは同じはずなのに「川を走っている」感じが強い。

    急流すべり0010

    筋斗雲でやってみると、チョコボとは違い「滑っている」感じはあるけど「急流すべり」っぽさは無い。

    急流すべり0011

    上記二つを試した上で、再度ウィスパーでやってみたら・・・理由がわかった!!

    なるほど・・・だからウィスパーしかダメなんだ!!

    急流すべり0012

    3Dゲームは基本的に前に進むと、自キャラの位置は変わらず、背景が前から流れてくるので進んでいるように見える。

    これはどのマウントも同じだけど、移動時のアニメーションで走っているのか、飛んでいるのかを表現している。

    チョコボの場合は歩みに合わせて上下するので「走っている」ように見える。
    筋斗雲が飛んでいるように見えるのは路面の影響を受けないので揺れない。

    ゲーム内の動きとしては変わらないけど、走ってるんだな、飛んでいるんだなと僕らが感じるのはそういう「演出」があるからだろう。

    急流すべり0013

    マウント・ウィスパー号の動きは特殊で、走らせると前と後ろにスウィングしながら走る。

    地面を走るとそのスウィングによってなんとなくアンバランスな感じで進んでいるように見え、
    ウィスパー号独自の不思議な乗り心地を感じさせてくれる。

    ところが!!

    急流すべり0014

    川を進むと、そのスウィングというアクションが、
    あたかも「流されている」ように見えてくるのだ!


    あのスウィングに理由が生まれるのか・・・・!! すごい!!

    様々な要素が折り重なって、
    「川をウィスパーに乗って走ると急流すべりみたい」という状況を作り出してる!!

    急流すべり0016

    うそぉ・・・w って思う人は是非一回やって見てください!!

    急流すべりにしか見えないからーっ!!ww

    急流すべり0015

    急流すべり・・・なんて高度な遊びなんだ・・・・。

    人間の脳が持つ「錯覚」を利用し、本当はそうじゃないのに「急流すべり」を体感できてしまうとは・・・

    この技術をもっともっと研究、応用していけば・・・「病気」の人が「病気が治った」と錯覚して本当に治ってしまう技術に応用できたり、カレーライスを食べてるのに錯覚してハヤシライスを食べてるような気になれる技術とかに発展していく「錯覚」ビジネスが可能になるのではないだろうか・・・・そして世に錯覚娯楽が溢れ、今日はカラオケ行く?錯覚する?みたいになるんじゃないだろうか・・・そして近い未来、自分の事をソルジャーだって錯覚する人とか出てくるのか・・・!!

    すごい!!錯覚すごい!!

    急流すべり0017

    「もっと長く滑れる川を探しにいきましょー」

    「うん!いこう!」


    そしてこの後、お友達と深夜遅くまでエオルゼア中の川という川で急流すべりして楽しんだのでした。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    夏の終わりに。

    夏の終わりに。

    あるちゃん 「花火をみんなで見たいなーと思うんです。」

    なんとなくリビングで雑談していると、あるちゃんが言ったんですよね。

    これが嬉しかったんですよねー・・・。

    たしかにドラマ化を進め始めてから色んなことで多忙になってしまい、毎月DDDっていうおしゃべりするだけのイベントはやっているものの、FCみんなで何かやりましょう!っていうのが、ここ1年くらいまったく出来てなかった。

    夏の終わりに1

    もちろんドラマ作りはFCみんなの協力の下頑張ったけど、もっと肩の力を抜いた気楽なFC行事は全然出来てなかった。
    僕自身もいろんな物に追われて、やろう!って言ってあげられなかったのは申し訳なかったな、と反省しFCイベントの実施を承認!!

    先日、もう夏も終わりそうだけどみんなで花火大会をする事になりました。

    夏の終わりに2

    そして当日、各自水着を持って準備開始!!

    久しぶりのFCイベントですからねっ!!気合も十分ですよっ!!

    なんでもあるちゃんとゆっきーが豪華景品が当たるミニゲームまで準備してくれてるらしい!!

    もう9月でリアル世界はちょっと肌寒くなってきてるけど・・・なんといってもエオルゼアはまだ夏ですからね!!

    エオルゼア最大のリゾート!コスタ・デル・ソルでまだまだ真夏を楽しんじゃおうぜ!!

    なんて勢いづいて、みんなでテレポしたら・・・・


    夏の終わりに21

    どしゃ降りですわ。

    めっちゃ雨降ってる。

    リアルも寒いし、どしゃ降りだしでジャージのままでいたら、あるちゃんが「マイディーさん水着にならないんですか?」って聞かれた。

    あるちゃんはやる気だ!!

    そうとなればと僕も水着に着替え、花火大会開始!!

    夏の終わりに3

    みんな雨にも負けず、風にも負けず持ってきた花火をどんどんと打ち上げる!!

    わあー!きれいだなーっ!!ww

    夏の終わりに4

    僕も顔に雨をびたびた浴びながら・・・「みんなで遊べそうなおもちゃを持ってきました!!」と提案。

    以前にクライブさんが寄付してくれたサイリウムを配る。

    これを振り回してみんなでSS撮ろうよ!!

    夏の終わりに5

    豪雨の中、水着でサイリウムを振り回す集団。

    その悲惨な状況が、だんだんとテンションをあげてくる。逆にあげてくるっ!!

    むしろこんな大雨の中大はしゃぎするなんて・・・今はもうオンラインゲームでしかできないしなっ!!

    夏の終わりに6

    あるちゃん 「では、豪華景品が当たるミニゲームを始めますよ。」

    このどしゃ降りの状況下でも、平常運転でイベントを進めていくあるちゃんがマジ勇者。

    ゲームのルールはシンプル!

    各自0~999の数字を申告して、あるちゃんが出すダイスの目に一番近い人が優勝。

    ただ景品が豪華で、お好きなハイマテ3個セットや、ウソウソのミニオンなどなど・・・

    夏の終わりに7

    ゆっきー 「では数字をコールしてください。」

    あるちゃんもゆっきーも大雨にまったく動じずに、着実にゲームを進めていく。

    夏の終わりに8

    シンキングターイム!という事で絶妙なタイミングで踊りだす二人。

    この大雨の中、段取りどおりに笑顔で踊る二人がもう・・・・愛おしくて愛おしくてっ!!

    わかった・・わかったから・・・って二人を抱きしめてあげたいとか感傷的になっていたら・・・

    夏の終わりに9

    ことのほか盛り上がってるわw

    まあ雨なのは仕方ないしねw 風邪引くわけでもないからねw 

    るーしーやゆかっち、ろうさんが見事に景品をゲット!!

    ミニゲームは大成功っ!! 

    そして・・・雨にも負けず風にも負けない楽しもうとする心が天に通じたのか・・・

    夏の終わりに10

    雨が上がった!!
    これならメインになるみんなで見上げる打ち上げ花火も綺麗に見えるぞ!!

    そしてさらにっ!!

    夏の終わりに11

    虹だあーっっ!!
    虹が出たぞおおおーっ!!

    エオルゼアでは天候が雨から晴れに変わると、たまに虹が出ることがある。
    しかし・・・虹が出ている時間は極めて短い!!

    まるで訓練された特殊部隊のように機敏に動くじょびメンバー!!

    夏の終わりに13

    そして、虹をバックに集合写真をパシャリ。

    整列とサプライズはFCじょびのお家芸ですからねw 

    夏の終わりに14

    そしてそのまま暗くなり、みんなで打ち上げ花火が始まるのを待つ。

    まあ、普段見ている新生祭の打ち上げ花火なんですが、みんなで見たらまた違って見えるんだろう。

    打ち上げ花火、一人で見るか、みんなで見るか。

    夏の終わりに15

    しかし・・・暗くなれども花火はあがらず・・・。

    あれ?もっと遅い時間からスタートだったかな? そう・・・これは罠だった。

    紅蓮祭の花火は、コスタでもあがるけど、新生祭の花火は3国の都市周辺でしかあがらないのだ!!

    どうする!?三国の都市だと人が集まるし・・・ハウジングエリアにしよう!なら、ミスト・ヴィレッジの浜辺にしよう!

    そんなこんなで、急いでテレポ!!

    夏の終わりに16

    遅れてくらいぶ親方も合流。

    遅くなった理由は、どの水着がいいか迷ってたかららしい。 
    親方!!割とそういうの気にするんだww

    夏の終わりに17

    そしてあがり始める打ち上げ花火・・・。

    いいなあ・・・こんな感じ。

    夏の終わりに18

    ああ・・・夏が終わっていく・・・エオルゼアが新生してから4回目の夏・・・・。

    いろんな事があった夏だった・・・。

    夏の終わりに19

    新生祭が始まったとき、あるちゃんやせとちゃん、せろくんたちとなんとなくリビングで話してて・・・

    「もうみんなと知り合って4年かあ・・・」って話をしてたら・・・

    「きっと来年も同じこと言ってるでしょうね」ってせとちゃんが言ってた。

    なんかそれが嬉しかったな。 今年で5年かあ・・6年かあ・・・って

    夏の終わりに20

    これからもずっと言って行けるのが幸せなんだろうな。

    そんな事をふんわりと考えながら・・・・

    夏の終わりに22

    僕らの夏は終わった




    約1名を除いて・・・・。


    夏の終わりに23



    しゃあない・・・個別で連れてってあげよう・・・・・w


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    メガネが欲しい。

    メガネが欲しい。

    ここ数年ずっと欲しいと思い続けてるアイテムがある。

    そのアイテムの名は・・・「アーティザン・アンダーリムグラス」!!

    なんてことはない、アンダーリムのメガネ。

    めがねほしい1

    そう、あるちゃんがずっと前から使用しているあのメガネ・・・・。

    あるちゃんがしてるから知的に見えるのか、ずっとあのメガネに僕はあこがれている。

    思えばこのアンダーリムグラスへの想いは、実装当時からあった。

    めがねほしい2

    実装当時このメガネを手に入れるためには結構な努力が必要だった。

    クラフターのLVがまず50必要で、さらにそこからアイテムを大量に納めて「秘伝書」を取り、そこにある難度の高いアイテムを納品することで初めて手に入れることができるというものだった。後に納品数は緩和されて入るが手順は変わらない。

    めがねほしい5

    当時の僕は、頑張って秘伝書まではたどり着いたが、裁縫師でアンダーリムグラスを獲得するための指定納品アイテム「シルバーブロケードHQ」が作れなかったのだ。

    当時これを作るには、クラフターの装備をお金をかけて強化し、スキル回しを勉強し、初めて完成するアイテムだった。

    つまり、ちゃんとクラフターを頑張っている人しか手に入れることができないアイテムだったわけです。

    めがねほしい6

    しかし、僕はと言えば旧時代は結構頑張って裁縫をしていたものの、新生後はだらけきってた超ダメクラフターなんですよね。
    色々とクラフターを上げたのは、「何かを作る喜び」を得たいのではなく、ただ単純にクラフターAFが着てみたいからという不純な動機でしたしね・・・。

    クラフターとして作るものと言えば、FCジャージであるコットンハーフローブのみ。

    しかも・・・
    倹約⇒上級加工⇒上級加工⇒上級加工⇒上級加工・・・模範Ⅱっていう、
    ぶっかけろ!まぜろ!焼け!!みたいな男の料理的スキル回ししかできない。

    なのでLv50にしてコットンハーフローブですらたまにHQにならないっていうだめっぷり。

    めがねほしい7

    そういう理由から僕は努力することなく・・・
    アンダーリムグラス欲しいなと思いながらもシルバーブロケードHQ作りをことを諦めたんですよね。

    めがねほしい8

    そう・・・僕の中には1つの淡い希望があった。 それは戦略的撤退だったのだ!!

    めがねほしい9

    アンダーリムグラスと言えば、おしゃれメガネの定番!!

    きっとアーティザン・アンダーリムグラスの他にも似たようなおしゃれ装備が実装され簡単に手に入る日がくるさ!!

    それを待とう!!是が非でもクラフターに対する努力はしたくない!!必ず楽して手に入る日が来る!!!


    そして・・・


    めがねほしい10

    おかしい・・・あの戦略的撤退から・・・数年の月日が流れたぞ・・・。

    めがねほしい11

    まったく実装されねえっ!!

    リムレスグラスや、オーバルリーディンググラスみたいなおしゃれメガネはたくさん実装されたけど・・・

    アンダーリムグラスがまったく実装されない!!!

    めがねほしい12

    途中、オーバルリーディンググラスというおしゃれなアイテムが実装され、アンダーリムじゃないけどこれもいいじゃないか!!
    と思って、やった!やった!と気に入ってつけていたら・・・

    「マイディーさん、オーバルリーディンググラスって老眼鏡って意味ですよ。」

    って言われて叩き落された気分だった・・・やっぱりアンダーリムグラスがほしい!!

    めがねほしい13

    欲しいよ!アーティザン・アンダーリムグラス!!

    学者する時、つけたいよっ!!!

    でもシルバーブロケードHQを作るための努力はしたくないよっ!!
    スキル回しも、倹約と上級加工と模範しか使いたくないよっ!!
    ついでにギルもかけたくないよっ!!

    わー!わー!わー!!
    アーティザン・アンダーリムグラスが欲しいよっ!!




    「ふふふ・・・そんな君にぴったりなシステムがあるクポ。」


    めがねほしい14

    だれ!?

    「蛮族デイリーのモーグリをやるクポ」

    「蛮族デイリーモーグリ?」

    めがねほしい15

    「蛮族デイリーモーグリは45年の歴史があって、1日20分ていどのクエストでみるみるクラフターのレベルが上がるクポ」

    「!?」

    「カンストクラフターの約4割が蛮族デイリーモーグリの出身者クポ」(モーグリ調べ)

    めがねほしい16

    「そんな日ペンの美子ちゃんみたいなシステムが!?」

    ちなみに3代目美子ちゃんが好き。まつもとみな・・・っていうか佐藤元。

    めがねほしい17

    なるほど・・・アーティザン・アンダーリムグラス実装当時はたしか、クラフターのMAXはLv50だった。
    今はキャップも外れて、MAXはLv70!!

    この対してクラフター知識もいらない蛮族デイリーで、LVをどんどん上げていけば・・・
    ギルを使わず装備も手に入り、コットンハーフローブのように適当に頑張ればシルバーブロケードHQが作れるようになるかも?

    つまり・・・

    なるほどねー

    レベルを上げて物理で殴るみたいな・・・!!

    なるほど・・・蛮族デイリー・・・いいじゃないか!!
    まあこれで70まで上がるかどうかはわかんないけど・・・クラフターでギルをかけずにLvを上げられるのはありがたい!

    僕はクラフターを極めるのではなく、めがねが欲しいだけだし・・・w
    これで終わる・・・僕の心の中で、永き渡り続いていたアンダーリムグラス戦争が終わる!!

    目の前のつらい事から逃げて、やたら遠回りして圧倒的別の努力を経て目の前のつらい事をつぶすという流れ・・・

    美しいな!!w

    そんなこんなで、最近はモーグリクエ進めておりますっ!


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    Gungnir

    グングニル1

    元々はFFVがすっごい好きだったんですよね。

    なので旧時代サーバー選択時に「Istory」サーバーを選択したんです。昔はサーバー名がFFに登場する町の名前だったんですよ。しかしどんどんと人が減ってしまい、「Mysidia」サーバーと併合して新たに「Gungnir」サーバーになった。

    もう今から5年も前の話なのかあ。

    当時から「Istory」はちょっと田舎扱いで、「Mysidia」がちょっと都会だったんですよねw
    サーバー統合時は、どうしよう、「Istory」民いじめられないかな・・・とか思ってましたねw
    全然そんな事はなく、友達も増えて嬉しかったなー。

    ぐんぐん1

    そうそう、当時はハウジングが無かったから、各LSでたまり場みたいなものがあったんだけど、統合する際それが重なったらどうしようっ!?とかも悩んでましたねw 当時はウルダハに人が集まってたので、人の少なかったグリダニアの公園にたまり場に引っ越したの良い思い出。

    そうして誕生した「Gungnir」サーバー。「Gungnir」になってからも若干人が増えたかな?くらいのイメージで特に問題もなくすぐに馴染んだ。そもそも全体的にそんなにプレイヤーがいたわけではないですしねw

    ぐんぐん2

    そして旧時代が終わって、新生する時が一番悲しかったかな。

    「レガシーは隔離しろ!」って新生から始める人によく言われてた。
    まあそういう気持ちもわかるから、仕方ないなとは思ってたけど蓋を開けてみれば、新規サーバーとレガシーサーバーって分けられたから事実上隔離みたいなものだったw

    あの頃はほんと不安だったなあ。そりゃ新規の人は同じ進捗の人が多いとこ行くでしょうw
    じゃあ僕らレガシーサーバーはどうなっちゃうんだー!とか思ってた。

    ぐんぐん3

    でもよくよく考えて見たら、当時は新規さんが少なかったからこそ、みんな手厚く歓迎してたのかもしれない。

    なので新生後「Gungnir」に来た人たちは、ゆっくりじっくり新生後の人たちは馴染んで言ったんだと思う。
    それが土壌となって「新規さんに優しくする文化」みたいなものが出来上がったのかなと思います。

    僕がサスタシャ村やる!ってなった時もたくさんのレガシーさんが協力してくれましたからねー。

    ぐんぐん4

    マイディーさん会いに来ました!ってよく他のサーバーから来てくれるんですが、そんな人達からよく言ってもらえるのが「ビギナーチャット」が楽しいですね!ってよく言ってもらえてました。 それってすごい嬉しいw

    僕は「Gungnir」のビギナーチャットしか知らないのでなんとも言えないのですが、たまに見ているとビギナーさんが募集して、ビギナーさんどうしでパーティ組んでたり、足りないところにメンターさんが入ったりしててちゃんと機能してますもんね。

    ぐんぐん5

    今日ほんっとうに久しぶりに、ビギナーチャットに入って若葉さんのIDに一緒に行きました。
    そこでメンターさんが言ってくれた言葉。

    「自分は、ビギナーチャットが楽しくて、卒業した後メンターになって帰ってきたんですよw」

    っておっしゃってて、じーんと来ましたねw そりゃそういう人が一人でもいればビギナーチャットは居心地いいよねw

    その気持ちを受け継いで、若葉さんが成長し、
    また新しい若葉さんを支えるという「文化」はオンラインゲームにおいて何よりも強い。


    「ビギナーチャット」が楽しいっていうのは、とても重要です。

    ぐんぐん6

    「Gungnir」サーバー満員御礼!

    混雑サーバーということでいろんな弊害もあるけど、
    このサーバーに初日からいる身としては賑やかになるのはとても嬉しいです。


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。