FC2ブログ

    カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「未分類 」カテゴリ記事一覧


    BLADED FURYで遊んだ。

    BLADED FURYで遊んだ。

    なんとなくゲームがしたい。

    とはいうものの、フルプライスのソフトを買ってガッツリと遊ぶほどの時間は無い・・・。

    そんな時、2,000円以下でサクッと遊べて、満足させてもらえるのがインディーズゲームだったりしますよね。
    Steamとかで買うなら、外にも出なくていいし「あ、これおもしろそうだな」からゲームスタートまで5分もかからない。

    今日はSteamでサクッと変えてサクッと遊べる、僕のお気に入りゲームをご紹介しますっ!

    今回は、「BLADED FURY」です!
    なんとお値段1,010円!!

    メルセデス1

    僕の好きな、ゲームジャンルで「ヴァニラ系2Dアクション」というのがあります。

    ヴァニラウェアが開発した朧村正とか、オーディンスフィアとか美麗で贅沢な2Dグラフィックがぬるぬると動くゲームですね。
    イイ感じにレトロ感もありつつ、2Dだからこそのわかりやすさと絵としての美しさに引き込まれてしまう。

    今回ご紹介する「BLADED FURY」は、そんなヴァニラ系2Dアクションをリスペクトして作られたゲーム。

    言うなれば、「朧村正in中国」って感じの2Dアクションです。

    ウエディング利用5

    ゲームをスタートすると、まずお出迎えしてくれるのが中国の墨絵を彷彿とされる美麗な2D絵。
    もうこれだけで、ああ独特の世界観を持ったゲームなんだなってわくわくしちゃうw

    ストーリーは、古代中国で父親殺しの汚名をきせられ国を追われた李姜が復讐するというお話。

    ヴァニラ感

    そしてゲーム画面はこのヴァニラウェア感ですよっ!

    好きー!!

    わかりますかねーっ!?

    ヴァニラ感2

    こういうとことか

    ヴァニラ感3

    こういうとことか

    ヴァニラ感4

    こういうとことか

    ヴァニラ感5

    こういうとこね。

    よく研究されているというか、ものすごく好きなんだろうなあって愛情が伝わってきますねw

    ヴァニラ感6

    グラフィックだけでなく、ちょっとじとっとした湿度のある人の情念みたいなものの描き方もそれっぽいんですよね。

    しかしそこに古代中国という世界観が、イイ感じにマッチしていてヴァニラ系だけどヴァニラでないオリジナリティもある。

    ヴァニラ感7

    そしてグラフィックだけでなく、アクションがめちゃめちゃ楽しい。

    2Dアクションならではの操作性の良さと、ド派手な演出が素晴らしいですねー。

    BLADED FURYで遊んだ。1

    特に、敵の攻撃をタイミングよく防御して反撃する「パリィ」の要素が気持ちいい!

    タイミングが適度にシビアで、難しいのですがだからこそ決まった時嬉しいっ!

    パリィがある事で、ただただ連打で攻撃するのではなく、相手の出方を待つジリジリとしたボス戦が楽しめるようになっている。

    BLADED FURYで遊んだ。2

    そしてそのボスもほんと魅力的なやつばかり。

    攻撃も多彩で、この攻撃はガード、この攻撃は距離を取る、この攻撃の後がチャンス等、ごり押しでは倒せない所がまた良い。
    ちゃんとアクションゲームしてるなーって感じです。

    BLADED FURYで遊んだ。3

    次のボスはどんなボスでどんな戦いになるのだろう!?ってワクワクして止めどころがわからなくなるやつですねw

    次のボスで辞めよう!って思ってもボスを倒せば、そのボスの能力を使う事ができるようになるので、どんな力かなって試しているうちに次のボスに到達してしまうっていうねw

    ヴァニラ感8

    バッチリ日本語翻訳もされているのですが、古代中国のいろんな固有名称が出てきたりするので、ちょっと何を言ってるのかわからない所も多々ありますが、それがまたひとつの雰囲気になっているというか・・・w あ、こういう事なんだろうなって推理して物語を理解していくのも、ある意味ゲーム性があっておもしろいですw

    そして、次はどんなボスかな?と遊んでいけば、3時間ほどでクリアできる。

    1,010円という価格と相まって、尾を引かないサクッとしたゲーム体験ができるというのもいいですね。

    今週末家で何しようかな?とお悩みの方におすすめしたいですねー。

    なんかフルプライスのゲームを今買っても、もうすぐ7リメイクくるし・・・みたいな感じですもんねw

    そういう時に、こんな感じの「愛で作られた」インディーズゲームを遊んでみるのもいいものですよっ!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2020.3.29



    ひーっ!寒いっ!!

    暖かくなってきたなあ、春だなあとか思ってたらこれかー! 雪が積もってるしー!
    暖房も全然効かず、今日は一日布団の中で過ごしました。
    TVちょっと見ては寝て、TVちょっと見ては寝て・・・冬眠ですよね。

    去年くらいから、PC操作すると、右手だけがやたらと冷えるんですよね。左手は暖かいのに、右手だけがキンキンに冷える。
    これがつらくて、寒い日は布団に退避しているのですが、調べてみると、1日中マウスを触る人は、マウス操作時に軸にしている右手首が圧迫されて血流が悪くなり右手だけが冷えるらしい。リストレット付きマウスパッドを使うといいらしいので、ちょっと買ってみようかな。

    そんな感じで今週のふわっと日記です!どうぞ!




    329000002.jpg

    ■ トンベリ旅行。

    少し前になるのですが、トンベリ旅行に行ってきました。
    きっかけは、じょびハウスにトンベリサーバーからお客さんがやってきて友達になった事がきっかけでした。
    その方はシンガポールの方で、日本に住んでいた事もあり日本語がとてもお上手で、僕の方からお願いしてその方のFCハウスに遊びに行く事になったんですねー。トンベリサーバーと言えば海外の光の戦士の方々が多く活動するサーバー。その方のFCも海外のいろんな国の人が在籍していて、もちろんみんな英語での会話です。僕も頑張ってグーグル翻訳を片手に交流してきましたよ!w
    いやー、ほんと楽しい時間でしたねw いろんな国のコロナ事情や、ゲーム事情なんかも話しつつ、自分も親と一緒にゲームをしてみたいが、照れくさくて誘えないみたいなお悩み相談みたいな事もやり、どこの国のゲーマーもみんな同じだなあと笑ってましたw
    ちょっとした海外旅行気分でしたねー。また遊びに行きたい。






    ■ 超ブンドド。

    玩具マニア業界には「ブンドド」という言葉がある。ブンドドとは一人で、もしくは複数人でロボット玩具等を持ち寄って「ブーン!ドドドド!」と戦わせて遊ぶ遊び方だ・・・。この動画シリーズは、海外の方がガンプラを使って大人の本気のブンドド見せてくれるシリーズで、めちゃめちゃ楽しそうなんですよねw ラストは謎の感動まであるし・・・w

    次のガンダムブレイカーはこれでいいんじゃないかなと思う。プレイヤーはガンプラをカスタマイズして、戦闘はモビルスーツを動かすのではなく、あくまで人を動かし、うまくガンプラを戦わせるブンドドバトル。子供の頃、誰もが一度は体験した遊びのひとつだと思うし、実現すればまったくあたらしいゲームになるような気がするんですがどうでしょうねw

    あ、「ぶんどど!」っていう女子高生が、本気でブンドドを極めていく緩いアニメでもいいです。




    329000003.jpg

    ■ シルフィーとか。

    1年以上詰んでた、FA:Gのシルフィーを組む。グリーン部分だけメタリックで塗装した簡単仕上げ。作業時間は組み立て合わせて1時間半くらいでしたねー。とにかくパーツが細かくて黄色の四角いパーツがはまりにくくてつらかった。飛んで行ったらもう捜索不能になりそうでひやひやしました。サイズ感は本来のデスクトップアーミーの倍くらいはありますが、可動箇所が多いのと、モールドなどがしっかりとしているのがいいですね!またコラボで出してほしいなあ。

    数年に一度

    あと数年に一度発病する、カラーレジンを触りたい病が発病したので、ガレージキットを購入。
    少々高かったけど、1ヶ月くらいかけてゆる~りと作るにはちょうどいい感じ。うまくできるかなー?




    ガリアン

    ■ 今週の80sロボ 「機甲界ガリアン」。

    ガリアン、本編自体は割とマイナー作品になるのだろうか? しかし、ガリアンという作品が後世に残した遺産は二つある。
    まずはいわゆる「ガリアンソード」と呼ばれる武器の系統。 ロングソードが蛇腹状に分割して鞭状になる武器ですね。ガリアンはあまり見ませんがガリアンソード系の武器はよく見ますもんねw 劇中には回転剣と呼ばれる刃の部分がドリルのように横回転する剣も登場したんですがそっちは残りませんでしたねw あれもかっこよかったんだけどなあw もうひとつは、「発掘リアルロボ」という設定!これが結構僕好みで好きw ようは、太古の昔高度な文明があって、その文明が滅び数千年の時がたった世界が舞台で、過去の遺物であるロボットを掘り出して使うという世界設定ですねー。ターンエーなんかもろそれなんですが、僕が好きだった発掘ロボのは、白き操兵ニキ・ヴァシュマールですねー。モデロイドにならないかなー・・・w

    そんな感じの1週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ディードリット in WONDER LABYRINTH で遊んだ。

    ディード

    ロードス島戦記が、探索型2Dアクションゲームになったよ!プレイヤーは美麗なドットで描かれたディードリットを操作するよ!

    まあポチるよね。ポチらない理由をいくら探してもみつからないよね。

    現在はアーリーアクセス中なので、ステージ1しか遊べない。

    それでも1300円ちょっと払って遊ぶよね。遊ばない理由が見当たらない。

    そんなこんなでプレイしてみたんですけどね・・・おもしろいっ!!

    ディード1

    ゲームが始まると、画面中央で誰かが倒れている・・・。

    ディード2

    ディード3

    ディード4

    そして・・・立ち上がる・・・。

    ディード5

    ディードリット!!

    あ・・・あんた・・・ディードリットじゃろ!? 間違いない! 
    その笹耳!金髪!金縁取りの青いアーマーとデカい肩アーマーとセットのマント!そして緑の服!

    和製エルフの始祖と呼ばれるそのお姿ー!

    あの頃、ロードス島を読んでた人は、きっと今も「こちら側」の人間だと思うw

    ディード6

    まずドット絵がめちゃめちゃ綺麗!

    操作性も良く、スルスル動いてくれてディードリットを動かしているだけで嬉しくなってくるんですよね。

    ディード8

    武器は、レイピア等の剣類と、遠距離攻撃が可能な弓、必殺の魔法。

    また精霊を見つけ出すと、風の精霊なら滑空ができる等いろいろな恩恵を受けるのでそれらを駆使して迷宮を進んでいく。

    ディード7

    メトロイドみたいな感じですね!

    ディード9

    ロングソードや矛等を手に入れると、ちゃんとグラフィックも変わり、リーチも変わってくるので、敵によって武器を切り替えて戦う事も可能。それでもやっぱりレイピアを使いたくなりますけどねw

    また属性の概念もあるので、強力な攻撃が来るときは、その属性にチェンジして耐えるみたいなアクションゲームとしてもやりごたえがあって良いです!

    ディード10

    また、扉を開ける為の謎解きも楽しい。

    これは弓を反射させてロープを切るという仕掛けですねっ!

    ディード11

    迷宮内でギムに会うと、いろんなアイテムや装備を売ってくれる。

    なつかしいな・・・仲悪いんですよねw

    ディード12

    ギムだけでなく、もちろんお馴染みのキャラクターたちも登場!

    ストーリー的には、最新作のロードス島戦記 誓約の宝冠に至るまでのお話らしいです。
    ??? ではなぜギムが・・・?? 謎が謎を呼びますね。

    ディード13

    ボスはなかなかに手ごわく、レベル上げや回復薬の準備を怠るとあっという間にやられてしまう。
    ポチポチボタン押してればクリアできるものではなくて、良い難易度になってますねっ!

    ディード14

    アーリーアクセス版は、1時間ちょっとくらいでクリアできましたね。

    ステージ1のみなので、そんなものかな?製品版は全6ステージになるらしい。

    まあとにかく、グラフィックが綺麗なのと、ディードリット!ですねw
    ゲームとしてのバランスもちょうどいいように感じます!この先どうなるかはわかりませんがw

    製品版がたのしみだなーっ!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    原神 【クローズドβ】

    原神CB

    2020年にmiHoYoからリリースを予定の、オープンワールド型RPG「原神」のクローズドβで遊んでいます。

    1月中旬くらいにゲームニュースサイトでクローズドβテスターの募集を知り、応募したらなんだか当たっていたようで。
    なんとなくプレイを初めて見たのですが・・・これが楽しい。現在進行形で楽しい。

    原神CB1

    特徴は何と言っても、アニメ調で作られたオープンワールド。

    現在期待急上昇中のブループロトコルみたいな感じですね。ただブループロトコルのように自分のキャラクターをクリエイトできず、決められたキャラクターに名前を付けて操作するタイプのRPGですね。

    ただ・・・これがなんなのか、僕はいまいちわかってない。

    普通に発売されるRPGなのか、オンラインゲームなのか、ソーシャルゲームなのか・・・。
    公式ホームページを見ても、ストーリーや世界設定、キャラ情報のようなものばかりで、これがどんなゲームなのかの説明がまったくない。

    原神CB2

    とりあえずプレイしてみたらわかるかも・・・とゲームを初めて・・・もうすでに20時間以上は遊んでるような気がする。
    眠たくなって、ゲームを終えて眠って起きて、ご飯食べて仕事して・・・あ、原神やりたいとまた立ち上げて遊ぶ、

    アニメ風のグラフィック以外にも、魅力的な所がたくさんあって何より新鮮なんですよねー。

    原神CB3

    プレイヤーはオープニングムービーを見た後、男女どちらかを選択して本編がスタート。
    妖精のような「パイモン」と一緒に旅を始める。そこでいろんな人と出会って、広大なオープンワールドで生きていく。

    原神CB4

    とにかくグラフィックが綺麗。本当にアニメを見てるみたいな感じで、ブループロトコルにも引けを取らない完成度ですね。

    原神CB5

    そしてとにもかくにもオープンワールドのフィールドが広い!

    原神CB6

    たとえば、奥に見える崖のような所。RPG的にはあれがMAPの壁になっていて、あれ以上先には進めないんだろうなあと思うんですが・・・

    原神CB7

    このゲームは壁を登れるんですね。

    握力ゲージがゼロになると力尽きて、落下する。高すぎるとキャラクターは死んでしまう。
    なので、どう見ても登り切れなさそうな、崖は諦めるしか無いのですが、注意深く崖の作りを見てみると、休憩できるスペースなんかが見えたりする。そしてそこで握力が回復するのを待って再び登ると、崖を突破し、新たなフィールドが目の前に広がる。

    このボルタリングのルートを探すような感覚が、冒険感を感じさせてくれるのでフィールドがとにかく楽しい。

    原神CB8

    さらにバトルも適度にややこしくて、楽しい。

    この世界の戦いではいわゆる「属性」が重要なのですが、火の敵には水の攻撃が有効でより強いダメージを与える事ができる。という単純な物では無いんですよね。たとえば、相手を水の攻撃で濡らした後、雷の攻撃を入れるとダメージが通りやすくなるだけでなく、その後氷の攻撃を入れると敵が凍ってしまうとか、木の属性を持った盾を火の属性で攻撃し、さらにそこに風の属性の攻撃を入れて炎を拡散させるとか、様々な属性を関連付けて組み合わせて戦う・・・みたいな感じです。

    原神CB9

    属性は1キャラにつき1つ。

    プレイヤーは4キャラクターでPTを組んで、戦闘中にキャラクターをスイッチしながら戦う。
    なのでPT編成から頭を使うんですよねw よくできてる。

    原神CB10

    そして肝心なキャラクターはクエストか、ガチャで獲得します。

    原神CB11

    また、ストーリーを進めると、マルチプレイが解放される。

    マルチプレイでは、他のプレイヤーとチャットをしながら、最大4人PTを組んで同じフィールド上でダンジョンを攻略したり、賞金首モンスターみたいなのを討伐しに行ったりする事ができる。

    つまりこのゲームは・・・
    オンラインマルチ対応のアニメ風オープンワールド型属性アクションロールプレイングソーシャルゲームなんだろうか。

    原神CB12

    MMOみたいに、街で知らない誰かとすれ違う・・・みたいな事は無いのですが、オンラインゲームで必要な最低限の人とのかかわりを感じさせつつ、昨今流行のゲームのいろんな所を吸収したような作りになっていますね。そしてそのバランスもよく取れているように感じました。

    ソーシャルゲームで良く感じる、ストーリーとゲーム部分はガチャのオマケみたいなのは全然感じなかったw
    純粋に探索と戦闘とレベリングが楽しい。

    スマホ、PC、PS4、スイッチとありとあらゆるハードでリリースされるらしいので、これは発売(?)、サービス開始(?)されたら話題になりそうな気はしますねー。

    今後の展開がたのしみです。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    アリス ギア アイギス -クライアント版-

    アリスギアクライアント版

    本日よりー!
    あのアリス・ギア・アイギスが、クライアントをダウンロードして遊べるようになりましたよ。


    このブラウザゲームや、アプリのゲームは長続きしない病の僕が唯一長く遊んでいるゲームですね。

    元々がスマホアプリなので、基本的にPCで遊ぶ場合は、キーボード&マウスで操作していたのですが・・・!

    なんとクライアント版では、ゲームパッドに対応してくれているという!

    アリスギアクライアント版1

    ゲーム自体はシューティングなので、ゲームパッド対応はありがたいですね!

    というのも、僕はデュアルモニターで遊んでいるので、マウスでずずーっと左に移動すると、気が付いたら隣の画面からマウスカーソルが行ってしまい、射撃しているつもりが全然関係ないファイルを開いてしまったりしてましたので、クライアント版のスタートを心待ちにしていました。

    感想は以上です。

    実際にパッドで遊んでみると!かなりストレスなく遊べるっ!!

    今までマウスなんかでは、操作が難しかったフリックとかがサクッとできるようになっていて、思い通りにアクトレスが動いてくれる感じですね!いいんじゃないでしょうかっ!!

    感想は以上です2

    ただ・・・!!

    僕がわかってないだけかもしれませんが、スクリーンショットは圧倒的に撮りにくくなりましたねw
    カメラモードにすれば撮れるんですが、ブラウザ版にはあったスクショボタンが無くなったので、耐久の画面や装備画面ではSSが撮れなくなってしまったのかな?これは残念だ。

    感想は以上です3

    クライアント版でも、際どい角度にカメラを向けると、100%バグる健全仕様もそのままですねw

    安心しましたw

    感想は以上です10

    クライアント版になると、もっといろいろ変わってくるのかな?と思ったらゲームパッドで遊べるようになりましたよという所以外はあまり大きな変化を感じる事も無く、クライアント版が出た割にはかなり平常運転で、他には10連ガチャチケットが貰えたくらいだった。

    でもこれから始める人には良いかもですね。

    メガミデバイスやデスクトップアーミーとのコラボ商品はばんばん買ってますが、ゲーム自体はずっと無課金で遊んでますし、スタミナ系の消費も無いので、こういうゲームにしては良心的なゲームだと思います。

    感想は以上です101

    とにかくシタラさんのガネーシャがかっこいいので、こういうのが好きな方はこれを機に始めて見るのもいいかもしれませんね!
    で、どんどんプラモデル業界にもお金を落としていってくださいっ!w

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。