FC2ブログ

    カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「未分類 」カテゴリ記事一覧


    一撃確殺週末日記 2020.1.19



    俺たちの磯丸水産。

    磯丸水産いいですよねー。あのまったく緊張感を生まない店の作りとか、活気とかw
    何処にでもあるし、遅くまでやってくれてる所も多いし、何よりいいじゃないですか!浜焼き!!

    結構ソロで行ったりもするんですよねw 
    自分でホタテとかサザエとかイカとか焼きながらツイッターのタイムラインを流し読む・・・。
    おススメはですねー、〆の雲丹クリームパスタです!  濃厚でクリーミーなんですよねー。
    ランチの海鮮丼もいいぞ!

    また行きたくなってきた。昨日も行ったのに・・・。

    そいでは、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    20201190022.jpg

    ■ 3学期終了。

    2周目でやっと突入で来たペルソナ5ザ・ロイヤルの目玉3学期。また朝までかかってクリアしてしまった・・・。
    とても良いお話であった・・・。結果的に、2周目でクリアできてよかったなと思えた。多分初見で3学期やってたら蛇足に感じたと思いますしねw 1周目で通常のペルソナ5のエンディングを見たからこそ、比較できるというか。新メンバーヴァイオレットも良かったですね。コードネームはハラペコが良かったな。3学期を見ないと、ヴァイオレットがなんというか、完全無欠女子というか、正直ちょっといけすかない感じがするんですよね。あれですよ、ジャッカー電撃隊のビッグワンみたいな感じですよ。わかるかなw 既存のメンバーとは別軸にいる存在と言うか・・・オールマイティーな追加戦士感ある。でも3学期のストーリーで描かれる彼女の葛藤は既存メンバーのストーリーに対して勝るとも劣らないグッとくるものでしたね。ありだと思いましたw これにて僕のペルソナ5は終了。良い学生生活でした!というわけで、来月はスクランブル買いますw






    ■ もうひとつの人生を歩んだ気になれた。

    くらいぶさんがリツイートしてたので、なんとなく読み始めたら・・・もう止まらなかった。

    ツイッターでよく見る4~5Pの軽いエッセイマンガかなと思って読み始めたらあなた!1000ページ以上ありましたよw
    ただ、内容と構成が素晴らしすぎて全ての予定を投げだすほどに夢中で読んじゃいましたねw

    出てくるキャラクターのほとんどに大なり小なりの闇があり、その闇の滲み出方がとてもとても読んでてつらい。
    でもどの人の気持ちもわかるというか、人生はいろんな人の人生が重なり合って進んでいくんだなあとあらためて感じた。

    特にSさんの存在は僕の中で大きかったなあ。こういう人は・・・とても・・・いる。今までは感覚としてこういう人の存在を感じてたけど、そのおぼろげなビジョンを明確にキャラクターとして描いてくれているので、ハッとする事が多かったなあ。

    全てが丁寧描かれていて、本当にそこに自分もいるような感覚になり、まるでもうひとつの人生を歩んだ気になれてとても勉強になった。読み終わるまでかなり時間がかかりましたが、かけがえのない時間となりました!本当に素晴らしい作品でした。




    2020119001.jpg

    ■ 今週の80sロボ 「バルキリーとオーガス」

    今日は超時空シリーズから2体。1体はリボルテックのVF1J。このバルキリー好きなんですよ。リボルテックのやつ!変形はしないのですが、プロポーションが当時のプラモデルのボックスアートに近くて好きなんです。昨今いろんなバルキリーが出ていますが、どれも可変に重点が置かれているため、バトロイドになった時、胸部が大きく、肩や手足が細かったり小さかったりする。それに比べこのマッシブな体形のバルキリーのかっこよさですよ!バトロイドはこうでなくてわー!続いて左側にあるのが、パームアクションのオーガス。バルキリーに比べ立体化に恵まれないオーガス。それでもヴァリアブルアクションのオーガスはかなり決定版な作りなのですが・・・お高い・・・。リボルテックのバルキリーとも並べたかったので、オーガスはパームアクションの方を購入しました。これも高いんですけどねwかなり小さいのですが、ちゃんと4段変形するスグレモノですよ。

    飾って眺める事を主とするディスプレイ派の僕にとって、バルキリーに代表する可変メカの玩具って微妙な感じで、ファイター、ガウォーク、バトロイドのうちどれかの状態でしかディスプレイできないじゃないですか。そうすると結局バトロイドで飾りたくなる。なのでプロポーション重視の非変形ロボ玩具として出てくれないかなーとかとも思うんですが、需要は少なそうですねw

    そんな感じの一週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2020.1.12



    今日が日曜日!

    結局あれから、例の夢の続きが見れてない・・・。2話でどうやら打ち切りになったようです。
    世の中どうやら三連休のようですねー。僕も今日は特に予定も無かったので、ずっとヤフオク見てましたねw
    家に居ながらにして無限に商品が出てくるヤフオク・・・ついつい時間を忘れてクリックを続けてしまう。
    特にこれといって欲しいものは無いんですけどねー・・・。僕はヤフオクはよく使うのですが、メルカリは使ったことが無い。
    全部即決のお値段になっているのはありがたいなーと思うのですが、こ・・・これは!!っていうのがだいたいSOLDOUTになっててガッカリするって事も多かったりしますw 世に出てるメルカリのいろんなコメントのやり取りを見てるのでなんかこう・・・ね。
    いや、そういうの良くないですね。一度使ってみようかな。

    というわけで、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    ゲーム障害

    ■ ゲームは1日60分!休日は90分!

    今週、香川県でゲーム障害対策として中学生以下のお子様を持つ親御さんに、子供が平日60分以上、休日は90分以上ゲームを遊んだら、こらー!って怒らないといけない責務を持たせるという条例案が話題になった。これに対してツイッターのTLではゲーマーの怒りが爆発してましたねー。僕も記事を読んだ時、またかとムッとしたんですが、ゲーム障害は問題ですもんね。オンラインゲームをやりすぎて学校や会社に行かなくなり生活が破綻する。そういう人はたしかにいますが稀ですよね。1の危険の為に9を規制し様々な可能性をもつぶしてしまうというのは、何の忖度も無い幼稚で雑なやり方だなあとは思いました。

    香川県議会議員さん、敵を倒すには、まず敵がどんなものかきちんと知らないといけない。

    そんな貴方に、『ファイナルファンタジーXIVフリートライアル』というものが存在する。

    グングニルにキャラクターを作り、僕に連絡ください。
    僕が手取り足取りオンラインゲームの真実を教えますので、一緒にツインタニアを倒してみませんか?






    ■ ふん、来たな。戦争を教えてやる・・・

    ありがとうございます!ありがとうございます!MSIGLOO2話の無料配信!
    やっぱり好きですねっ!この話っ!! 意地を通すというロマン。で、そこに垣間見える美学。
    男にとって、死は不幸ではなく、人生というストーリーの〆に他ならない。誇りを持って死ぬ。何かを貫いて死ぬ。
    そうする事で、自分の人生がきれいに〆る。絶頂点で死に、その後のグダグダを吹き飛ばす。かっこいいじゃないですか。

    こういう話って僕ら男子的には気持ちいいんですが、女性的にはどうなんだろう??
    このガンダムな上に、頑固なおっさんが悲惨な状況に陥りながらも、必死でもがいて死ぬというMSIGLOO。
    月刊なかよしとは真逆に振り切ったMSIGLOO。女性が見た感想が気になる限りですw

    CGが古いですね ٩(ˊωˋ*)و とか言われそう。

    それがええねんっ!!




    20201112c.jpg

    ■ 今週の80sロボ 「太陽の使者 鉄人28号」

    今週から1体ずつ1980年代のロボット玩具を紹介していきますね。

    こちらは超合金魂の太陽の使者鉄人28号。初代のまるっとした鉄人も大好きなんですが、80年代と言えば、こちらの太陽の使者バージョンですよね。西洋の甲冑のようなデザインはそのままにマッシブな体形に進化した鉄人。これはほんとにシンプルでかっこいいですよね。武器などはまったく使わず、腕も飛ばなければ、ビームも出ない。鉄の四肢が唯一の武器だ!パワーis正義。でも、当時版の超合金は、トサカが取れてオノになるギミックとかあったようなw

    なんといっても!あのオープニングがかっこいい。

    悪魔が街を狙ってる。僕らの街を狙ってる。スクランブルだ緊急出動、油断をするな。
    メカニック!スイッチオン!ハンマーパンチ。

    この「メェ~カニーィック、スイッチ!オンッ!」ってとこ・・・かっこよすぎませんかっ!!?

    暖房とか湯沸かし器とか、毎日何かしらのメカニックのスイッチをオンする僕らの生活ですが、その全てをこのテンションで生きられたらほんと楽しく生きれそう。

    ちなみに1番は、メカニックスイッチオン!ハンマーパンチ~♪という歌詞なのですが、2番になるとメカニックスイッチオン!センサーライト~♪なんですよね。センサーライトて・・・w人が通るとカチっとつくようなイメージしか・・・そういう所が愛おしくもありかっこいいですよね!

    そんな感じの一週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2020.1.5



    2020年、最初の週末日記です!

    というか、もう5日なんですね。いやー・・・ほんとね・・・今年のお正月は良いお正月でした!
    初詣とかね、お節料理とかね、福袋とかね、そういったお正月的な事なにひとつできなかった。
    まあずっとゲームしてたんですけどねw 

    なんとか明日にはエオルゼアに帰れそうです。
    今晩はね、寝ます・・・・。

    というわけで、くったくたですが、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    3学期ってなんやねん

    ■ ペルソナ5クリアしました。

    やっぱりペルソナは危険なゲームだった・・・。思った通りいろんなものをかなぐり捨ててプレイしてしまいました・・・。
    でもなんとかお正月休み中にクリアできてよかった。感想や詳細はまた後日記事にしますね。

    基本的に僕は、ゲームで遊ぶときは攻略サイト等は極力見ずにプレイして楽しむ派です。
    なので今回も、まったく攻略サイトを見ないでクリアしたんですよね。
    で、クリア後に攻略サイトを見て、あーこんなとこあったなあ・・・って見ていくのがまた楽しい。

    そんでもって、ついさっき。クリアしたのっでいつものように攻略サイト見てたんですよね。
    そしたら白目むきました・・・。

    おい!3学期ってなんやねんっww

    カウンセラーの事、ガン無視してましたよ。なんやこいつうっさいなあくらいの気持ちで・・・。
    えー・・・僕、ロイヤル買った意味なくない?w も・・・もう一回やらんと・・・・。






    ■ ガンチャンでイグルー。

    昨夜、ご飯食べながらYoutube見てたら、ガンダムチャンネルで「機動戦士ガンダムMS IGLOO」の第一話が無料で配信されてた!数あるガンダム作品の中でも、このシリーズはめっちゃ好きなんですよねー!ストーリーは、一言で言うと、ジオン軍のおもしろ兵器開発記なんですが、機動戦士ガンダムってタイトルに付いているのに、ガンダムが記録映像でちょろっと映るくらいで、あと一切出てこず、おっさんばっかり出てくるという神がかった映像作品。

    久しぶりに見たらやっぱり面白かった。男泣きしていまうような、泥臭いストーリーはもちろん、今となっては少し古く見えるフルCGもなんだか味があって良いw ちゃんとMSや登場人物が身体の方向を変える時、きちんと腕を振ってるんですよねー。これはCGだからこそできたって感じでよきよき。そしてこの芝居がかったオーバーなリアクションも好きw 

    人気あるのは、3話のヅダの話だと思うんですが、僕は2話のヒルドルブ派ですねっ!ソンネンカッコいい!
    2話以降も配信して欲しい所ですねー。たのしみ。




    アールジェタン

    ■ アールジェタン。

    年末に買った、EX合金のアールジェタン。定価は2万円以上するんですが、8000円くらいで買えた。スタイルはケバケバしくて、いいんですが、なんかもう・・・仕様がかなり苦しいアイテムですねw 足の関節が買ったままだとプランプランで自立すらできなかったですw 発売になった時は買うかどうかを、かなり悩んだんですよね・・・。変形も差し替えだし、発売は延々と延期を繰り返すし・・・でもこれを逃すと、アールジェタンの玩具とかもう2度と出無さそうだしでw 8000円で買えたのはほんとラッキーだった。 でも、ほんと・・・出してくれた事に感謝ですねw

    80年代ロボ玩具もかなり集まってきたので、今年は、この週末日記で、80年代ロボ玩具を毎週1体ずつ紹介していくのも楽しそう。来週からやってみようかな。

    というわけで、今日はもう寝よう・・・。

    そんな感じの1週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2019.12.29



    年末ですねー。今年最後の週末日記です。

    まあなんやかんやで今年は昨年に比べ、映画もありバタバタとした1年でしたね。
    その分いろんな事に挑戦できて楽しい1年でした。
    映画化もそうなんですが、とても嬉しかったのは子供のころから大好きだったファミ通にコラムを連載させてもらえるようになったこと。毎回楽しく書けてますw 

    2020年は、色々新しい事に挑戦していきたい。マイディーはマイディーとしてブログや活動を継続しつつ、それとは別にどこかの誰かとして、全く別の何かをゼロから始めるのも楽しいかもしれないって最近思っております。サブキャラでーとかそういうのではなくw

    来年はそういう時間も取れそうでわくわくしております。

    そんな感じで、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    1229001d

    ■ 大晦日のじょびネッツア。

    毎年年越しは、オンラインゲーム内で行っています。ECOの時代からずっとそんな感じですね。特別何かをするわけではないのですが、なんとなくハウスなり拠点に集まってだらだら話すだけ。庭には門松を出し、ツリーを片付ける。0時になると今年もよろしくーと言いながら、降神祭へ。降神祭はいつも0時から始まるので、人も多く、初もうで感あっていいですよねw あけましておめでとー!とログがすごい勢いで流れるのがいつも楽しいw だいたいいつも降神祭のシーズナルイベントはすぐに終わるので、みんなでやって、その年の干支の兜をかぶってSSを撮り、今年もがんばろーねーなんていいながらログアウト。
    旧時代から始まった降神祭、最初の干支の兜はうさぎだったので、今回終われば、あと二つで一回りですよーw 

    そうかあ・・・エオルゼアでの年越しも・・・今年で10回目なんだ・・・w めでたいですねw






    ■ 渚のバカンス。

    昨日、2019年に遊んだゲームをまとめたんですが、十三機兵防衛圏を入れ忘れるという大失態。ほんとおもしろいゲームだったなあ。全キャラクターが愛おしく、各キャラクターが、悩みぬいて悩みぬいて、ラストシーンにたどり着く時、この作品がとある誰もが知る有名冒険小説のオマージュだったという事に気づかされる。その壮大な仕掛けはほんと拍手。
    そしてこのゲーム好きー!!となったのは、劇中歌「渚のバカンス」が流れながら戦う防衛線の一幕。それは初めて劇場版マクロスのラストバトルを見た時のなんとも言えないあの高まりを思い出させてくれた。80年代への愛がつまったいいゲームだった。因幡深雪は、リン・ミンメイ、時祭イヴに並ぶ80年代のアイドルだw




    1229001dtsa

    ■ デスクトップアーミー シタラさん。

    お気に入りのシリーズ、デスクトップアーミー!アリス・ギア・アイギスとのコラボ!成子坂はいつもコラボアイテムが出ると事務所にこうやって山積みされるけど、従業員は自由に持って帰っていいよ的なやつなのかなw いいなw

    1229001dtsarf

    この箱の分厚さ・・・w ビッグマックみたいw なんと言っても、大型ギアのガネーシャですからねー!!
    これくらいの迫力は無いとw

    1229001dtsarfs

    最初は完成済みの素体が入っていて、武器やら装備をランナーから切り出してくっつけるという簡単お手軽感が良かったデスクトップアーミーですが・・・もうプラモデルって言っていいよねwこれはw

    1229001dtsarfsd

    デスクトップアーミーなのにかなり大きい。さすがガネーシャ!かっこいい!
    すごいなと思ったのは、差し替え無しでアームが展開するところですね。
    脚のブースターも差し替えではなく、ちゃんと履かせるタイプなのもおどろき。
    小さいながらにこだわりがつまってるなーと感じました。

    そしてメガミデバイスのガネーシャも発表されたので・・・大きさもすごい事になりそうですが、こちらも楽しみですねーw


    そんな感じの一週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    2019年に遊んだゲーム達。

    2019ゲーム

    今年もいろんなゲームを遊びました。

    先日は、もう一つの趣味である玩具についての振り返りでしたので、本日は2019年に遊んだゲームの振り返りです。

    今年はいろんなゲームを遊んでいくうちに、自分の中の面白いゲームとはなんぞや?という部分に気づかされた意義ある1年であったように思えます。これはなかなかの発見でしたね。

    あ、そうそう今回の記事は、あくまで2019年に僕が遊んだゲームを振り返る記事になりますので、今年発売されたゲームを振り返る記事ではありませんのでご注意くださいませ。

    では振り返ってまいります!




    にーあ7

    ■ NieR:Automata。

    発売自体は2017年なのですが、FFXIVのコラボ発表と同時に購入して遊ぶ。ずっと気になっていたタイトルでしたが、なかなか手が出せなかったんですよね、コラボがいいきっかけになった。NieR:Automataやろうかな?って言うとよく、それなら関連作品からやった方が絶対楽しめますよ!という人が現れる。それはきっとニーア愛の深い人だからこその発言なんだろうけど、気になっている人にとってはとても逆効果に思える。FFXIVが気になってるんだ!という人に対し、じゃあFF1から13までやった方がXIV楽しめるよ!というのに似ていて、そりゃそうなんだけど・・・って感じになる。だからあえて言いたい。

    「NieR:Automata」は1本のゲームとしてとても楽しめます。

    いやほんと・・・こんなおもしろいゲームがあったんだって思いましたもんねw

    にーあ6

    とにかくこの世界観に酔いしれるところが良かった。もともと僕は、人が作った機械人形の悲哀というテーマにめっぽうよわい。
    なのでNieR:Automataはドドドドドストライクだったw 飛行ユニットもかっこいいしねw

    【以下ネタバレあり】

    とにかく僕がこのゲームで一番驚いたのは、Eエンドの存在ですね。セーブデータを消す代わりにエンディングが見れますよという仕掛け。ニーアシリーズでは定番らしいのですが、僕はこれが初体験だった。そしてそのシステムに意図的なのかどうかはわかりませんが、その仕組みに「抜け道」があるというのを知った時、これはすげえ・・・と震えました。

    劇中で2Bや9Sは何度も「記憶のバックアップ」を取ります。記憶のバックアップさえとっていれば、彼女たちは本体が壊されても、その記憶を新しい体にダウンロードし生きながらえる事ができる。そういう世界観かっこいいなあと思ってプレイしていたのですが・・・これって・・・。NieR:Automataのセーブデータ(記憶)をPS4の機能を使ってアップロードする。その後、Eエンドを見て全てのデータが消えた後、セーブデータ(記憶)をダウンロードすれば元通り・・・。きしくもNieR:Automataの世界観とPS4の仕組みがリンクしているってすごいSFだ!と感じました。

    【以上、ネタバレあり】





    レフトアライブ9

    ■ LEFTALIVE

    フロントミッション好き好きです。僕はこれはおもしろそう!と思ったゲームの情報は極力事前情報を仕入れずプレイしてから体験したい派です。それが結構裏目にでちゃったのがこのゲームですねw ロボゲー好きなのでフロントミッションはもちろん大好きなんですが、メタルギア+フロントミッションくらいの情報しか持たずに遊んだので、その難易度の高さにうちのめされましたw

    戦場の極限状態をうまく表現しているなと思うのですが、プレイヤーはいきなりそこに放り込まれる。
    操作からシステム、ヴァンツァーの操作方法に至るまで全てがぶっつけ本番になるんですよね。で、死にゲーなので何度も死んでしまう。なんとか苦労してヴァンツァーに乗り込んでも操作方法がわからず十字砲火を浴びて死んでしまう。

    で、途中でやめてしまいました。辞めた理由は何度何度も死んでしまう自分のキャラクターが嫌いになったからですね。
    例えば、ゲーム開始直後はヴァンツァーに乗って幸せな状況をプレイしながらのチュートリアルがあり、その後開戦して極限状態に落とし込まれてしまうという流れなら、もっと続けていただろうなと思う。あの状況を取り戻したい!という感情が沸くから。
    プレイヤーキャラクターに愛情が持てないと、極限状態を生き抜け!というミッションはつらいなと思いました。

    その後色々緩和されたと聞くので、もう一度やってみるのもいいかもしれないと最近思ってますw




    チャプター53

    ■ FINAL FANTASY.XV

    これもいつかやろうと思っていて、FFXIVとのコラボがきっかけで遊んだゲーム。正直言って、僕も最初に公開されたXVのPVを
    見て笑ってしまった人だ。ホストみたいなちゃっらちゃらの男の子たちが、オープンカーに乗ってドライブし、キャンプを楽しんでモンスターを倒す。なにそれw って思ってプレイしたいとあまり思わなかった。女の子はこういうの好きだろうなーとは思っていましたけどねw
    でもプレイしてみて、その感想は180度変わりましたね。

    これは、男性にぜひプレイして欲しいゲーム。

    男同士だからこそ、起こるようないざこざや、仲直り、それを繰り返しながら旅する心境はかなりリアルだなと感心しました。

    たしかに、最初は主人公たちの今風というかちゃらい喋り方は、鼻に付いた。でも、旅を続けていくうちに気づいたんですよね。
    なるほど、これはこの人たちの国の方言なんだと。そう思えてからは旅が楽しくて仕方なかったw

    ラストはこの4人が大好きになっていて、普通に泣きましたね・・・・王子・・・いいやつじゃないか・・・。

    ぜびFF16は、キャバ嬢が4人でドライブしながら世界を救うやつにしてください。




    さいこそるじゃー4

    ■ サイコ・ソルジャー

    昔はこの子がかわいいと思っていたんだよ。

    ひさしぶりにやったらさ・・・・やっぱりかわいかったよ。




    ハードコアメカ2

    ■ HARDCORE MECHA

    たった2000円であそべる、最高の2Dアクションロボゲーだった。むかーしレイノスやらヴァルケンで遊んだ人には絶対おすすめですw ロボも今風でかっこよく、アクションもカッコイイ。ただこの「ハードコア・メカ」というタイトルがなんかちょっと残念ですよねw なんかもっとこう・・・ねえw タイトル決める会議で考えが煮詰まって3周くらいした結果出てきたタイトルに感じるw

    こういうゲームもっと出てくれないかなあ。




    アイスボーン89

    ■ MHW ICE BORNE

    そうだった・・・僕アイスボーン買ったんだ・・・。
    全然やれてないわ・・・。たしか新しいヴァルキン装備を作って・・・そのまま放置してる!

    既存のモンスターの体力がどかーんとあがって新モンスター以外は、あんまり楽しめなかったんですよね。
    装備も新しく作り直していかないといけないし、もう一回MHWが新しい環境で遊べるというのはいいのですが、ちょっと飽きてしまったのかなあ。やれば楽しいのはすっごいわかるんですが、僕的になんかきっかけが無いとダメかも。
    ただ次の拡張が出た時に、きっとこのアイスボーンをクリアしてないと楽しめないだろうから、やっておかないとなんですけどねー。悩ましい。




    VRたのしい36

    ■ グーグルアースVR

    これはゲームですか?と聞かれると違いますと答えるんだけど、僕にとってはゲームのような体験だったので振り返っておくw

    VRゴーグルをつけ、現実の街に降り立つ奇妙な感じはかなり新鮮でしたね。家の前の道をVRで体験するという贅沢。いやもう外出ればええやんって感じなんですけどねw

    とにかくこのグーグルアースVRで、おもしろかったのは、「昔付き合ってた人の家に行く」という使い方w

    これがもうなんとも言えないスリルがあるんですよっ!w 現実世界でやったらばったり会ってしまうかもしれないじゃないですか!VRならその心配が無い!! 過去の記憶を頼りに、たしかここを曲がってたなとか、ああこの橋・・・なつかしいなんて思い出し、当時を振り返りながらゴールを目指す。 これほんとなんとも言えない感じになれるので、PCのVR環境がある人には超おすすめですw




    ラストラビリンスA2455

    ■ LAST LABYRINTH

    こちらもVRのゲーム。車いすに固定され動けない状態で、少女と一緒に館の謎を解き脱出するVRゲーム。
    謎解きの種類も豊富で、頭が沸騰しそうになる。でももしかして!という気づきから、どんどんと謎が解けていく快感は他では味わえない独特の喜びがあるんですよねー。 いろんな謎があるのですが、僕的に一番楽しかったのは、極限状態でプレイするどうぶつしょうぎですねー。ざわ・・・ざわ・・・って感じでしたw 一番つらかったのは天秤の謎。 メモを取らずにクリアした自分を褒めてあげたいw

    最近、PSVRの体験版もあるので、PSVR持ってる人はぜひおためしあれ!




    フォトモード100

    ■ CODEVEIN

    最近フォトモードが実装されて、さらに楽しくなってきたCODEVEIN。いわゆるソウルライクな死にゲーなんですが、バディがいるので比較的楽です。・・・と書かれてますが難しい所は難しいw とにかくキャラクリエイトが楽しくてはまったなあ。
    こういう路線のグラフィック好きですね。PS4版とPC版があったのですが、PC版を買ったのも良かった。1日中PCの前にいるのでダブルクリックすれば遊べるという気軽さはありがたかった。PS4だとTVの前まで行って、TVの電源付けて、PSの電源を入れてゲームをし、スカイプなんかの着信があるとPC前に戻り・・・という感じになっちゃうので、目の前で全部解決するってやっぱり楽だったw




    タイタンフォール223

    ■ タイタンフォール2

    ・・・・のキャンペーンモード。これも楽しかったですねー!!ほんと食わず嫌いしてた。ストーリーもシステムも楽しかったですし、なによりBTが好き。機械的な喋り方をする男性ボイスともに冒険していく様は、ちょいとサイバーフォーミラのアスラーダを思い出しますよねw ゲーム中ずっと機械的な応答しかしないロボなりメカが最後に見せる人間味。これはやっぱり泣けてしまう。もともとプレイしなかった理由は、FPSが苦手っていうのもありますが、ロボのデザインが海外風だったのでどうにも・・・と思ってたんですが・・・・そうでした。僕らはターンAで学んだ・・・・ロボットの中には「動けばカッコいい」というやつがたくさんいたって事忘れてた。BTもまさにそれだったなあw かっこいいよBT。




    デススト10

    ■ DEATH STRANDING

    文句なし!今年一番面白かったゲームです。いえ、ここ数年で一番面白かったゲームです。
    いちゲームファンとしてこのゲームを遊んだ時に感じたのは「まだこんなゲームが出るんだ?」という驚き。

    生まれて初めて遊んだゲームがDEATH STRANDINGだとそんな事は無いのかもしれませんが、たくさんのジャンルのゲームを遊んできたからこそ、感じるいろんな「新しい体験」に驚かされる事ばかり。

    ゲームって、敵を倒すだけじゃなく、いろんな「体験」をさせてくれる遊びなんだ。
    新しい「体験」は新しい発想に繋がり、人生をより豊かにするきっかけになったりもする。

    僕にとってTVゲームの可能性をまたひとつ広げてくれたのが、このDEATH STRANDINGでしたね。

    デススト5

    僕にとって、そのゲームがおもしろいかどうかは、ストーリーやキャラクターではなく、どんな「体験」をさせてくれるかで面白いかどうかが分かれてくるんだと再確認。

    DEATH STRANDINGで体験したのは、荷物を運ぶ体験。それは荷物を運ぶという動作だけでなく、意味や影響も合わせて体験できた。

    ここに「荷物」があるという事は、その到着を待っている誰かがいて、それを誰かが届ける事で感謝や可能性が生まれる。
    そうする事で人と人とは繋がっていくなんて・・・そんな考えを今までしたことが無かった。

    じゃあ人と人との繋がりってなんだろう?という事を再び考えたりもしましたねー。

    そしてそれをストーリーの言葉として語るだけでなく、ゲームを通して「体験」させて伝えてくれるっていうのはほんとすごいw

    本当にこれはいいゲーム。大好き。

    デススト11

    ちなみに僕がこのゲームで一番号泣しちゃった箇所。

    【以下ネタバレ】

    一番泣いたのはストーリーじゃないんですよね。最後の配送依頼・・・今までで最もつらい配送依頼。
    かなり重い気持ちで、一歩踏み出し配送に向かったんですが・・・そんな僕を励ましてくれたのが・・・僕だった。

    最初のチュートリアル、看板を立ててみようで自分が建てた看板・・・「BBお疲れ様」。
    ゲームを始めたての頃、どんな冒険になるかも知らずに純粋な気持ちで自分が立てた看板が目に入った。
    そこにいいねが7つくらい入ってて・・・。

    思い起こせばここを初めて出てから、いろんな冒険や出会い、別れ、辛い事を乗り越えてここに至る。
    最初に建てた看板を見て、このとても長かった旅で起こったいろんな事が一気にフラッシュバックしたんですよね。
    まだ生まれもしていないこの子の命には、ちゃんと意味があったよね。この子のおかげでたくさんの人が繋がったんだから。

    そう思うとボロボロと泣けてきましたね。

    それをセリフや言葉ではなく、ゲームシステムで伝えてきた。
    この「体験」は一生忘れないだろうなあ・・・と思った。

    【以上ネタバレ】


    デススト146

    2019年もいろんなゲームで遊んだ。

    一番面白かったゲームは、DEATH STRANDING。
    一番好きになったゲームは、NieR:Automata。

    そんな感じでしたねー。

    はてさて・・・2020年のゲームは僕にどんな「体験」をさせてくれるのだろう?

    たのしみですねー!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。