FC2ブログ

    カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「未分類 」カテゴリ記事一覧


    一撃確殺週末日記 2018.8.19



    8末の引越しに向けて、明日からいよいよ梱包開始。

    80年代ロボものを中心にセレクトして新居に飾ろうと思うのですが、ガラスケース等をどうしたものか・・・と。
    あれ結構高いんですよねー。

    新しい部屋は収納がやたらと多いので、押入れのひとつにクロスを貼ってガラス戸にするのもなんかちょっと面白そうかなと思ってます。

    天面にLEDを付けたからかなり奥行きあるしジオラマ的展示も可能だ!

    夢は膨らみ予算も膨らむ・・・まあ引っ越してから考えよう・・・。

    そんな感じで今週のふわっと日記です!どうぞー!




    ララフェルグラビア

    ■ ララフェルの夏グラビア

    今週書いた、夏のグラビア風SSの撮り方を使って、FC:じょびのララさんたちを撮らせてもらった。
    いやー・・・やっぱり難しいですねララフェルはーっw

    ララさんの場合は、どうしても身長が低いので縦撮りにはあまり向かないのかもしれない。
    そして1人で撮るより視線をバラバラにして複数人で撮った方がそれっぽく見える事を発見しましたw
    なつやすみ感すごいけどねw

    ララフェルグラビ1

    極レウスに行った時に何気なく撮った1枚。 今まで撮った事がない表情をしているように見えても思わずシャッターをきった。
    通常の立ち状態でララフェルに目線を合わせているんだと思います。
    角度やら光の当たり方でそう見えるだけなのかな?まだまだ新しい発見があるなーw

    次回は秋っぽいSSの撮り方を研究してみようと思ってますっ!春夏秋冬季節に合わせて記事に出来るといいな。




    ララフェルグラビ2

    ■ Jimmy。

    ご存知、ジミー大西さんの半生を題材にしたネフリのオリジナルドラマ。
    これが、おもしろいっ!!

    ジミーさんがさんまさんに出会ったきっかけから始まり、ウソの様なホントの話がテンポ良く続いていく。全9話。
    やっぱこういう知らない世界を教えてくれるドラマが好きw 

    しかも「なんば花月」時代の吉本の雰囲気とかあの時代の芸人の話ですから題材からして面白いですよねw

    さらに目を引くのは、役者さんの演技。

    時代劇のようにもはや誰も本物を見た事が無い人物の演技ではなく、今でもTVに出ている実在の人物を演じるわけですから、似てる似てないの判別が誰でも付くわけですよ・・・。

    たとえばさんまさんの役は玉山鉄二さんがやってらっしゃるのですが、これがまたすごいっ!
    かっこいい!!だけどたしかにしゃべり方とか笑い方とかさんまさんなんですよね・・・w 
    モノマネしてるとかそういう事ではない・・・特徴を捉えて演技をしている・・・そんな感じ。

    それを見るだけでも価値ありですよっw

    むかーしジミーさんと吉本本社のエレベーターで一緒になった事があったんですが、ずっと頭をかいてはって、ほんまにこんな人なんやって思った事があるんですが、このドラマを見てなるほどな・・・って変に納得してしまいましたw

    最初と最後に差し込まれる本人たちのトークも安定のおもしろさですよw ほんとこれおすすめ!w




    20188110.jpg

    ■ 禁断症状。

    独身万歳!のコーナーが始まった頃に撮った写真。超合金コンバットさん。

    今週はVRゴーグルも買ってしまったし、引越しも控えているしでホビー関連は何も買わなかった。

    なので、プラモデルに対する禁断症状がすごい・・・w 

    だめだ!もう我慢できないっ!って思って財布を握り締めリアルグレードのサザビーを買いに行ってしまったのですが、運よく(?)売り切れで・・・事なきを得たw

    そんで、何気なく昔撮った玩具の写真とか見返していた。
    当時かっこいい写真撮れたー!って掲載したらうしろのどんぶりの置き方が気になる!って感想をいっぱいもらって、え?そこ!?ってなったのも良い思い出だ・・・w

    引っ越したら早速模型製作スペースも作って、東京でのホビーライフも楽しみたい所だー。


    そんな感じの一週間でした!
    またあしたっ!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    VRゴーグルを買ってしまう。

    VRゴーグルを買ってしまう

    先日から楽しんでいるVRチャット。

    VR無しで楽しんでいたけど、やっぱりVRゴーグルがあった方がさらに楽しそうな気がしてくる。

    VRゴーグル1

    「VRアッタホーガタノシーヨー」

    この間公園みたいな所で知り合った台湾の人が、VRでプレイしたら全然楽しさが違うんだという事をすごく一生懸命伝えてくれた。

    VRゴーグル2

    VRゴーグルを装着すれば視界がバーチャルになるだけでなく、
    「手」を自由に動かすことができるようになるらしい。

    決められたエモートでの動きだけでなく、自由に手が使えるというのは人間のコミュニケーションにとって割りと重要ですよねー。

    手をふったり、指を刺したり・・・・。

    「私ハ、Windows MRツカッテルヨー、コレヤスイケドジュウブンヨー」

    へーそういうのがあるんだ。

    VRゴーグル45

    調べてみたら・・・なんかかっこいいじゃない!

    お値段もろもろで大体4~5万くらいってところかー。

    画面の解像度も高く、VRチャットを楽しむ分には申し分ないらしい。

    ただひとつ、小さな問題点が・・・。

    腕を動かすコントローラーみたいなのがあるのですが、Windows MRは視界の範囲内でしかそれを認識できないらしい。

    なるほどっ!!それでかっ!!!!

    VRゴーグル46

    あの子は、視界から手が出せないのか。だからいつも小さく前にならえをしてるのか。

    かわいいなーとは思ってたけどw

    常に画面内に手があるFPSなんかはまったく問題ないけど、VRチャットは周りの人から自分が見えちゃうもんねー。
    まあそんなに気にする事でも無いけどねー。

    しかし・・・

    VRゴーグル47

    そのあたりもクリアしたいとなると、今度は「VIVE」っていうのにしないといけないらしい。

    これはコントローラーを認識する装置を、部屋の高い所に設置して使うので、司会にない部分に手が行っても問題が無い。
    さらに拡張すれば「足」も自由に動かせるようになるしい!!

    足まで・・・だが、お値段が6万~8万前後とちょっと勇気のいる金額になる・・・。

    VRゴーグル48

    どっちがいいか・・・リーズナブルで美しい画面のWindows MRか・・・

    お値段は張るけど申し分ない性能を持ったVIVEか・・・

    どのみち引越しも控えているから、通販で買うにしてもタイミング的に色々面倒だから引っ越してから考えようかな。

    そうそう、今は引越しが大事!まあ購入はもう少し先だなー!

    そう思って電子レンジの値段でも調べようと近くのリサイクルショップへ行ったらたまげた。

    新古品の「VIVE」が「Windows MR」くらいの値段で売っていたのだ!

    VRゴーグル49

    さすがにこれはもう運命だろう!と思って買っちゃったw

    VRゴーグル410

    箱を開けたら未来が入ってた。

    設定とか難しいのかなーと思いドキドキしながら登録を進めると・・・

    あれよあれよと言う間に設定が問題なく進んでいく。

    半日くらいは覚悟してたのに・・・・10分ほどで楽しく終った・・・!

    そしてVRチャットにログインしてみる・・・。

    VRゴーグル4111

    おおおっ!!

    視界が向いたほうに動く!!これがVRというものかっ!!

    すごいなこれ・・・!!

    といささか校風を抑えられない感じでなんとなく自分の手を見たら・・・

    VRゴーグル41122

    うああああああーーーーっ!

    VRゴーグル41123

    僕の手がっ!!手があああーーーーっ!!!

    VRの視点には、さほど驚くことは無かったが・・・

    あまりに自分の思いのままに動く手にひっくりかえりそうになったw


    なんか着ぐるみを着ている気分・・・・!!昔バイトでソニックの中に入ってた頃を思い出すw

    こ・・・・・これが・・・これがVRなのかっ!!

    よ・・・よし・・・冒険を・・・冒険を始めようっ!!!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    VRチャット

    VRチャット2

    VRChat。

    最近いろいろな所で目にする、VRを用いた新しいコミュニケーションツールである。

    Steamでソフトをダウンロードすれば誰でも簡単に始める事ができる。

    一度その世界に足を踏み入れると、不思議なカルチャーショックを受け惹きこまれてしまう・・・。

    そんなとても不思議な世界である。

    僕も1週間ほど前にダウンロードをして始めてみた。

    VRチャット1

    この1週間でいろんな経験をした。

    知らない事だらけで、どこまでが○で、どこからが×なのか明確なルールがわからない。

    ここでこうして記事にすること事態も、それが良い事なのか悪い事なのかの判別が難しい。

    ただブロガーとして、この世界の持つ強烈な魅力を何らかの形で言葉にしてみたい。
    しばらく悩んでいたけどその欲求に従い、僕はVRチャットの記事を書くことにした。

    VRチャット3

    まずはこの「VRチャット」なるものがどういうものなのかを、簡単に説明してみる。

    VRチャットは、SteamからダウンロードできるPC用のソフトである。

    個人で自由にフィールドとアバターが作れて、オンラインでつながって自由にそのフィールドを共有できる。
    基本的にユーザー同士の会話はチャットを使った文字での会話ではなく、ボイスチャットで行われる。

    最大の特徴として、VRゴーグルを繋げてログインする事でVR空間としても楽しめるが、VRのシステムを持っていない人も、通常のオンラインゲームのように遊ぶことができる。

    RPGのようにゲーム上の目的は無く、無国籍な「だべり場サービス」というイメージが強い。

    過去のオンラインゲームで例えるなら、「セカンドライフ」「パーティーキャッスル」が一番近い。
    そのVR版ですと言っても差し支えないくらいだ。版権的カオスな状況を含めて。

    VRチャット4

    僕はまだ、VRの環境が整っていない。

    それでも言葉では表現しにくい感覚的な「たのしさ」を味わうができた。

    そんな僕のある一日を振り返ってみる。

    VRチャット5

    VRチャット起動。

    このソフトのいいところのひとつ。 インターフェースが全部なんかかっこいい!

    VRゴーグルでログインすればきっとすごい没入感を得られるだろうなー。
    僕はまだその環境がないので上記のSSのような画面がモニターにうつっているだけ。

    VRチャット6

    ログインすると自宅からスタートする。

    操作方法は、普通のFPSと同じです。 WASDで移動、マウスで視点を操作する。

    Vキーを押している間、マイクがONになって発言ができる。

    VRチャット7

    右を向けば、鏡があってお出かけ前のアバターチェックができる。

    VRチャット8

    ESCキーを押せば、メニューが開く。

    フィールドの移動や、アバターの切り替え、エモートなんかが使える。

    行きたいワールドを選択して、GOボタンを押す。

    VRチャット9

    あれ?初めて来たはずなのに、変に馴染みのあるプールだぞ??

    どうやらここには誰もいないようだ。違うワールドへ行こう。

    VRチャット10

    ワールドはほんと無数にある。1日2日じゃ全部回りきれないほどに・・・・。

    日本のアニメも大人気で、それを模した場所なんかがあったりしてテンションがあがります。

    なんとなく花火が見たくなったので、花火があがっているワールドに移動。

    VRチャット11

    すると3人の外国人が、英語で何やら楽しそうにはなしていた。

    声が直に聞こえてくる・・・・。どうやらピンクの髪のアバターの人は外国の女性のようだ。

    笑いながら、男性アバターの股間にパンチを繰り出している。

    なんかバーチャルパリピって感じ・・・w

    VRチャット12

    早口の英語で何を言っているかさっぱりわからないが、時折聞こえてくる双方の笑い声で盛り上がってるんだなーというのがわかる。
    ちなみにVR環境でログインしていると腕を動かすことができる。

    あの子は多分VRなんだろう。 

    そんな事はどうでもいい、花火を見ようと縁側に座って花火を見ているとどうやら3人がこちらに気づいたようだ。

    VRチャット13

    女の子がこっちに近づいてきた・・・!!

    「KAWAII!!KAWAII!!」

    そう言いながらパリピ子ちゃんがバーチャル腕で僕を撫で回す。

    僕の今のアバターはケモノっぽいかわいいキャラクターなので撫でたくなる気持ちわかるけど・・・

    VRチャット18

    やめろよっ!!近い近いっ!!

    声が生々しいほど近く、息遣いが聞こえてくる・・・・これは・・・

    VRチャット15

    あかんあかんっ!見える見えるって!!

    ハイテンションな英語で色々質問してくるけど、何言ってるかわかんないし・・・

    さっき股間をパンチされてたパリピボーイたちもなんか相手にされなくなって文句言ってるし・・・

    カオス!!圧倒的にカオス!!

    VRチャット16

    VRだったらドキドキしすぎて即死だったかもしれない・・・。

    VRチャット17

    気が付くとパリピボーイはいなくなっていて、パリピ子ちゃんと僕の二人だけになっていた・・・・。

    パリピ子ちゃんも、急に静かになってこちらをじっと見つめてくる。

    この子はVR環境だから、目線がこっちにくるという事はほんとにこっちを見つめてるってことでしょ・・・。

    どーんどーんと花火の音だけが聞こえてくる。

    なにこの・・・あまずっぱい緊張感・・・。

    VRチャット19

    さっきまであんなにキャーキャー騒いでたのに、二人になったとたん大人しくなる・・・。 

    ずるいぞなんか・・・w

    僕が日本人と察したのか、言葉もカタコトの日本語に変わってきた。

    VRチャットにいる外国人はびっくりするくらい日本語が上手い人が多い。
    みんな「日本のアニメ」で覚えたって言う・・・。すごいな。

    「チガウトコロイコー」

    とパリピ子ちゃんがゲートを出してくれた。ゲートをくぐると違うフィールドへとジャンプできる。

    VRチャット20

    ちょっと歩いてはなでなで・・・ちょっと歩いてはなでなで・・・。

    ペットみたいに思われてる・・・。

    VRチャット21

    僕が日本人とわかったからか、へのへのもへじを描いてくれた。

    なるほどなあ・・・・・。

    なんか走った。

    FFXIVが始まる前にはまっていた「パーティーキャッスル」というオンラインゲーム。

    自由にキャラを作って、何も無い広場に集まれるだけだった珍しいオンラインゲーム。

    その世界は「メインストーリー」も「クエスト」も何も無い。

    ただ集まれる広場があるだけ。

    なので、このオンラインゲームのメインコンテンツは「交流」

    好きなキャラクターを持ち寄って話したり、趣味の話をしたり。
    でもそれがとても楽しかった。

    オンラインゲームという素材の持つ普遍的なおもしろみ。
    「別の何かになって誰かと話す」

    それだけに特化した世界だった。

    VRチャット212

    VRチャットにはそのおもしろみと似たようなものがあって、さらに規模が大きくなり表現の幅も広がっているって感じだ。

    知らない人と話すって事は、こんなに楽しいんだと再認識できる。

    僕はまだ始めたばかりでVR環境すら整っていない。
    なのでまだこの世界の何百分の1くらいしか楽しんでないように思える。

    まだまだVRの敷居は高く、導入は難しい。

    ・・・それでもちょっとVRセット買おうかなと僕は思った。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2018.8.12



    超寝た。

    昨日、暑い日が続く疲れからか、22時くらいにすごく眠たくなってきて我慢しきれずお布団へ。
    そこから何度か目を覚ましたもののたまにはゆっくり寝ようと二度寝三度寝を繰り返し、今日のお昼ごろに目が覚めた。

    合計14時間くらい寝たのか!!起きてからは身体は軽くとても清々しい気分!w

    引越しの準備やら何やらで結構疲れが溜まってたのかもしれないですねw

    やっぱり睡眠は大事だった。

    てなわけで今週のふわっと日記です!どうぞー!




    とぷ

    ■ 新たな世界の片隅で・・・。

    様々な事情が重なり、「VRChat」始めました。VRの環境が無いのですが・・・始めましたw
    というか始められるんですね、普通のPCだけでw びっくりだw VR無しでやる場合は普通のFPSみたいな操作になります。

    最近何かと話題のVRChat。簡単に言えばアバター付きの音声チャットコミュニケーションソフトって感じですね。
    ただ、話す体と場所がある・・・という訳なのですが、これがまたカオスな状況でございまして・・・。

    あの「セカンドライフ」が始まった時のような鳴動を感じます。
    最初何もわからないまま、ただただいろんなワールドを歩き回っていたら、僕の身体はナナチっぽくなっていました。

    ironnnagengo.jpg

    色んな国の人が、色んな姿をしていて、色んな言語が飛び交っている。
    昨日は、韓国人のタコさんが明日から兵役に入るという事でみんなで応援してた。
    韓国語はわからないのですが、親切な韓国の人が今こんな話をしてるんだよって日本語で通訳してくれたんですよね。

    ironnnageng22.jpg

    このネコさんは、日本のアニメが大好きな韓国の女の子。日本人か!って思うほどに日本語がお上手で日本のアニメで学んだらしい・・・・。すごい情熱だ・・・。なぜか話が南條さんとFFXIVの話になり、南條さんがFFのドラマに出たっていう話になった。へーそうなんだ、すごいねーって言っておいた。

    しかし、こういう世界において日本のサブカルチャーの浸透性はものすごく高い。
    歩いているアバターの半分以上は日本のアニメキャラクターのような感じだ。

    なかなか面白い世界でとても深い・・・これは深く調査する必要があると感じた。




    ironnnageng23.jpg

    ■ 今週のシンカリオン。

    今週のシンカリオンの1カットである。すごい・・・声が本物だ。いよいよ放送となったシンカリオンのエヴァコラボ回。
    1秒1秒が見逃せない展開だったw エヴァ世界の住民たちが、シンカリオンのキャラクターと同じ画面でやりとりをするっていうのは、スーパーロボット大戦が本気でアニメになったらこんな感じなんだろうと思わされた!

    マジンガー、ゲッター、グレンダイザーのスーパーロボット軍団や、悟空とアラレちゃんみたいに作者が同じだから同じ作品に出るっていうのは今までもあったけど、制作会社の垣根を越えてのコラボは本当に新鮮でしたね!

    シンカリオンは、今の日本アニメの宝だ!もっと流行って!
    エヴァコラボ回の31話はアマゾンプライムで見れるのでみんな見てー!

    リンクも貼っとく!

    あまぞんのシンカリオンのページ




    バルクアームα

    ■ バルクアームα

    先週買ったコトブキヤ ヘキサギアシリーズの「バルクアームα」を組んだ。

    いいわーこれ・・・この無骨なシルエット・・・・!! どことなく80年代のロボゲーっぽさもあるよね。

    組んだ感じも、プラモデルというよりブロックに近くて新鮮だったなあ。

    ironnnageng24.jpg

    何より惚れたのは、このコックピットの開閉システム!!

    男子のロマンここにあり!!って感じですよねw 別売りのガバナーを買うとちゃんと乗せたままハッチが閉じる!

    ironnnageng25.jpg

    あと、ワンフェスで買ったDTAのバニー素体を塗ったりなどしました。かわいいですね。

    バルクアームα1

    ガバナーを買うか、DTAが乗れるように改造するか・・・悩む所ですね。

    さて、引越しが間近に控えているので、今月のホビー系はここらで一休みですね。
    と言いつつ、RGのサザビーが気になる・・・。

    引っ越したら本格的製作ブースを作ろうかなw

    そんな感じの一週間でした!!

    またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    激闘!ベヒーモス! 完成!ドラケン装備!

    ドラケン完成

    MHW×FFXIV、MHWサイドのベヒーモスが実装されて4日たった。

    実装日から頑張ってきて、週末にやっとベヒーモスを倒すことができました!!

    まず一言感想を言うならば・・・最高におもしろかった!!

    ドラケン比較11

    ベヒーモス実装前のリハビリと準備から始まり、前提クエストのクリア、初見ベヒーモスに初見で打ち勝ち、あんまりたいしたことなかったぜ!と思ったらそれは前哨戦で・・・w 手負いのベヒーモスと初めて戦った時の絶望感・・・w

    そこから練習を重ね、攻略方法を相談し、試し・・・手負いベヒーモスに初めて打ち勝った時の感動!

    そして周回!!4日間ベヒー漬けですごく充実して楽しい時間をすごせましたw

    ドラケン比較9

    4人の固定を組んで挑んだんですが、僕はなんとヒーラー担当w

    フロンティアでは笛もやってましたしねっ!ミールストームを閃光でつぶし、広域で回復しつつ旋律をきらさないようがんばった。
    まあ、きれてたけど・・・。最初は使い切っていた回復薬も後半には余るようになり目に見えて固定メンバーが強くなっているのを実感できて楽しかったw

    ドラケン比較10

    なんと言っても、「エクリプスメテオ」の緊張感!!

    XIVと同じように降ってきたコメットに隠れてやりすごすのですが、隠れ切れなかったら即死!!

    一番最初、XIVの癖で岩は通り抜けられるだろう・・・って思ったら出来なくて死んだよねw

    そしてコメットに隠れてるのが自分だけだった時の「みんな大丈夫?大丈夫??」っていう気持ちw

    最後の一発がすごく緊張するw ほんとよくできてて、XIVのルールを見事にモンハンに溶け込ませていてほんとに楽しかった。

    パーティメンバーも愉快で頼もしかったし、良い4日間でしたw

    で!

    ドラケン比較12

    ベヒーモス素材で作るコラボ装備も全て完成しましたー!

    ドラケンシリーズめちゃめちゃかっこいい!!

    では!今回のコラボで作れたりもらえたりする
    愛にあふれた数々の報酬品を見ていきましょう!!


    ドラケン比較1

    まあよくできますよねっ!!

    ハンターとミコッテなので、体型にかなりの差がありますが・・・w

    PLLなんかでも吉田P/Dがおっしゃっていましたが、カプコン側には元データをお渡ししているそうで。

    XIVはMMOなので、かなりの人数を画面に表示しなければいけないので装備のグラフィックも泣く泣く省略しないといけなかったり・・・MHWはそのあたりの制限が軽く元データに近い形で再現されているそうな・・・。

    では!各部位の比較です!

    ドラケン比較2

    ■ ドラケンアーメット

    XIVのような開閉ギミックはありません!この特徴的な前頭部のデザイン!まさにドラケン!!
    各箇所の装飾品のデザインが細かく作られていますねー!
    特に額中央にシルバーが入っていてかっこいいです。

    ドラケン比較3

    ■ ドラケンメイル

    女性版では露出する腹部まわりも見事に再現!!
    ちょっとSSではわかりづらいですが、MHWのドラケンは本体色に細かい傷のようなチッピング処理がされていて平面の情報量が増してるんですよね。かっこいい。

    胸周りの筋肉の付き方が全然違うw


    ドラケン比較15

    ■ ドラケンアーム

    MHW版のアームは、上腕部にエレキングの角のようなパーツが付いている。
    これは本家の場合メイルの方に付いてるんですよね。装備の干渉を考慮してかな?
    こういう細かい違いを比べるのも楽しいですねっ!

    ドラケン比較7

    左腕には、MHW共通の装備「スリンガー」が付いてます。

    この部分はXIVには無いので、カプコンオリジナルでドラケンに寄せてデザインしている。
    違和感がまったく無い!!

    ドラケン比較6

    ■ ドラケンコイル

    コイル部分は本来メイルと一体なのですが、MHWでは装備箇所の違いからメイルと切り離して装備できる。
    腰にぶら下がっている装飾は、ハンターの動きに合わせてゆらゆらする!!

    ドラケン比較8

    ■ ドラケングリーブ

    これも装備箇所の違いで、MHWでは本家の脚と足が組み合わさった状態になってますね。
    このハンターのふとましさ・・・w たくましい!!

    高い所から落ちるとXIVではダメージを食らいますが、どんな高いところから落ちてもハンターはへっちゃらですからね!
    鍛え方が違うのかもしれないw

    ドラケン比較17

    もちろん染色も可能です!

    赤く染めたくなるよね・・・w

    ドラケン比較16

    ■ ゲイボルグ

    本家と比較しようとしたら、僕まだ取ってなかったw

    MHWのゲイボルグは、槍ではなく「操虫棍」という武器。
    「棒」と「虫」を使う武器なのですが、ジャンプ技が多く、竜騎士のイメージに近いため操虫棍になった。

    元々の操虫棍は、常に大きな虫が手に止まるため、生理的に受け付けない人も多かったのでは・・・w

    でも安心!ゲイボルグに合わせ、虫も「ドラゴンソウル」になりドラゴンダイブの竜の形になります。

    虫っぽさゼロ!

    ドラケン比較18

    とにかく、ジャンプからの空中戦が竜騎士っぽくてかっこいい!

    一部では、本家より竜騎士らしいと話題になるほどですもんねw

    ドラケン比較19

    ■ オトモ装備 モーグリ

    ハンターの心強い相棒オトモ猫ちゃんの装備。
    オトモがモーグリのコスプレをするという次元を軽く飛び越えてモーグリそのものになるww

    サイズも一回り小さくなって、宙に浮くんですよね。フルセットなので、顔だけモーグリとかにできない。ざんねんw

    ドラケン比較20

    ■ 金のチョコボロッド

    オトモ専用のコラボ武器。さきっぽに金のチョコボが付いていてかわいいクポ。

    モグル・モグXII世が持ってるロッドですねw そんな細かいものまでーっw

    ドラケン比較110

    ■ ジェスチャー 「ジャンプ」

    ジェスチャーはXIVで言うところの「エモート」ですね!

    シュバっとすばやくジャンプしてしばらく後、落ちてくる。かなり爽快感があって、何度も連発したくなります。
    若干の無敵時間があるようで、なんとこれで敵の攻撃を避ける事もできるそうな!

    かっこいいだけでなく、実用的なジェスチャーとはw

    ドラケン比較222

    ■ エオルゼアマップ背景+竜騎士のポーズ

    か・・・かっこいい!!これはギルドカードと言って、友達に渡せるプロフィールカードみたいなものですね。背景やポーズを自由に選択して作ることができる。そこで使用できる背景とポーズです。

    カインのポーズですよね。FFっぽい!!

    ドラケン比較223

    ■ ヒルディのポーズ

    竜騎士のポーズと同じく、ギルドカードで使えるポーズですね、なんでヒルディ・・・w

    ちゃんとオトモもヒルディポーズしてるのがポイントですよねw

    いやはやこんな所までひろってコラボしてくれるとは・・・光の戦士として本当に嬉しいですよねーっ!!

    ドラケン比較11111

    とにもかくにも・・・

    これだけコラボレーションが当たり前になりつつある、エンターテイメント界。
    形だけのコラボというか、浅いコラボも多い中、これだけ愛を持って歩み寄ってくれたコラボがあっただろうか!という感想。

    衣装だけでなく、ゲーム性まで深く踏み込んだコラボですよ!!

    本当に感動しました!!

    ベヒーモスも倒したし、コラボ装備も頂いたので・・・・

    今度はハイデリンでリオレウスと対決だ!!

    あー・・・・・たのしみっっっ!!!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。