FC2ブログ

    固定表示スペース

    お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
    以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

    きれいなコーディング、シンプルな見た目

    • 内部SEO対策済
    • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
    • W3Cで Valid 
    • HTML-lintで100点

    ちょこっと試してみよう!

    当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

     角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

     赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

     その他の特長も表示可能です。 

    かんたんカスタム機能

    • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
    • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
    • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
    • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
    • 編集方法を記載したページのURLも記述済

    読者を迷わさない充実ナビゲーション

    固定表示スペースを目的別に複数設置可能

    1. HOMEページに固定表示スペース
    2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
    3. 各記事最後に固定表示スペース
    4. 各ページ下部に固定表示スペース
    5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
    6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

    試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

    上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

    記事本文がメイン、テンプレートはサブ

    • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
    • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

    わりと自由な使用条件

    • カスタムOK (むしろ推奨)
    • アフィリエイトサイトOK
    • 商用利用OK
    • 作者へ質問OK
    • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
    • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
    • アダルト・違法サイトNG

    このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


    仔猫のグルメ Season5

    クリスタリウム1

    ああ~・・・また泊っちゃったな。

    いろいろあってこの世界にやってきた時に初めて訪れた街・・・。

    いいんだよなぁ・・・新しい場所にいる!・・・っていう感じが。

    たまにここでログアウトしたくなっちゃうんだよねー。

    今週は幻想も集め終わったし・・・ぶらっとクリスタリウムでも散歩しますか。

    クリスタリウム2

    このたか~い天井がいいじゃないか。

    吹き抜けを走る通路・・・ 屋根の下に植えられた色とりどりの植物・・・・。

    活気あふれる行きかう人々・・・にぎやかな店・・・

    好きなんだよなあ・・・こういうの。

    クリスタリウム3


    田舎にある やたらでかいイオンモールみたいで・・・。


    仔猫のグルメ

    時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たす時、つかの間、彼女は自分勝手になり、自由になる。

    誰にも邪魔されず、気を遣わず「ものを食べる」という孤高の行為。

    この行為こそが、光の戦士に平等に与えられた 最高の癒し・・・

    と言えるのである。


    クリスタリウム4

    ほらほら・・・こういう高い所から下のショップを見る感じ。

    こういう所にイオンモールっぽさを感じちゃうよなあ。

    クリスタリウム5

    ぶらっとクリスタリウム。ぶらクリ。

    「わあ!たかい~」

    ん?

    クリスタリウム6

    おお~・・・・

    仔猫のグルメ2

    絶景かな絶景かな。

    やっぱりくりブラするなら見ておかないとね、クリスタルタワー。

    これがいいんだ・・・原初世界で見るのとまた雰囲気が違ってイイ。

    クリスタリウム7

    ぼくぼく・・・落ちないでよ・・・

    こんな高い所から落ちたら大怪我だ・・・


    牧場に菜園に牧場・・・一つの街の中に生活を支えるいろんな場所があるんだなあ・・・。
    ここで取った野菜を市場で売って・・・なんて想像するのもこれまた楽しい。

    クリスタリウム14

    あれ?あんな所によろず屋があるんだ。
    何が売ってるんだろ?

    クリスタリウム13

    フルーツワーム!なにそれおいし・・・

    クリスタリウム8

    あ・・・ワーム・・・釣り餌ね・・・ワッフル的な何かかと勘違いしちゃった・・・。

    なんという・・・肩透かし・・・いや・・・腹空かし・・・。

    これは・・・こんなことされちゃうと・・・





    腹 が ・・・



    ・・・・減 っ た。


    クリスタリウム9

    クリスタリウム10

    クリスタリウム11


    よし・・・こうしちゃいられない!


    クリスタリウム12

    店だ!店を探そう!

    たしかさっきのショッピングモールっぽい所に飯屋があったはず!

    クリスタリウム15

    いいなあ、ショッピングモールのフードコートってテンション上がるよなあ。

    ああいうところで食べると、安いラーメンでもなんだかおいしく感じるんだよ~。

    クリスタリウム16

    ああっと!しまった!上に来てしまったっ

    クリスタリウム17

    いつもマップだけ見て進むと、目的地が上だったり下だったりしてややこしいんだよなあ、クリスタリウム。

    ええい!もうっ・・・・

    クリスタリウム18

    飛んじゃえ!

    クリスタリウム19

    いだっ!

    大腿部複雑骨折、脊髄損傷、肋骨も3~4本逝った。

    いや、そんな事より飯だ。

    クリスタリウム110

    あった!

    クリスタリウム111

    料理屋ハンジ・フェー。

    へえ・・・何が食べられるんだろ?

    ん?

    クリスタリウム112

    んーーー?? これはなんだろ・・・? いい音立てて焼いてる・・・。

    クリスタリウム113

    今川焼?なんだろ・・・六角焼?なにそれ・・・。
    でもイイ匂いだ・・・よし・・・何か考えるのはやめよう。

    食べて何かを確かめる!ミステリーな感じがいいじゃない!
    中から出てくるのは一体何か?肉か?野菜か?はたまたあんこか!?

    よし・・・

    「すいません、これふたつください」

    クリスタリウム114

    「それ飾りです。」

    「アッ・・・飾り」

    クリスタリウム115

    クリスタリウム116



    クリスタリウム1167

    「メニュー・・・もらえますか?」

    「はい!どうぞ!」

    仔猫のグルメ3

    ほほう・・・なるほど・・・
    ソーセージにサラダにポポト系・・・おっと・・・グラタンもあるぞ・・・なるほどぉ・・・こういう感じかあ

    それに、キャラメル・・・そういうのもあるのか。

    クッキーとキャラメルに挟まれたブロードビーンスープ・・・そういう系のスープなのかなこれ・・・。

    クリスタリウム1168

    「クリスタリウムはみんな忙しいので、ソーセージやグリルをパンにはさんで食べる人が多いんですよ」

    「そうなんですねえ」

    クリスタリウム11689

    となると・・・バゲットは外せないわけか・・・。
    レイルのグリルか・・・ソーセージか・・・バゲットの相手はどっちがいいか・・・悩ましい所だな。

    よし・・・ここはソーセージにして・・・サラダは・・・

    「あっ!すいません」

    クリスタリウム116810

    「ソーセージとバゲット、あと・・・・ブラッドトマトサラダください」

    「はい!飲み物はどうしましょう・・・」

    「飲み物・・・」

    そうか・・・考えてなかった・・・えっと・・・

    クリスタリウム1168101

    一択じゃん・・・。

    「じゃあパープルカロットジュースで」

    「かしこまりました」

    クリスタリウム1168102

    いいね・・・ちゃんとベンチがある店は信用できる。

    今までずっと立って食べてたからなあ・・・やっぱり人間・・・座って物は食べないとだ・・・。

    5.1から座って食べられるようなったのはいいけど・・・調度品の料理だけだから・・・食べる時は結局立つけど・・・。

    クリスタリウム11681023

    待ちゆく人を見ながらソーセージやパンを立ってほおばる・・・いい店じゃないか・・・。
    忙しい光の戦士にはこれくらいがちょうどいい。


    「お待たせしました、ブラッドトマトサラダです」

    クリスタリウム11681025

    おおー・・・定番のトマトサラダ・・・。

    ブラッドトマトって名前が物騒だけど・・・イイ赤だなあ・・・。
    黄色いパプリカも嬉しいじゃないか・・・。

    「いただきます。」

    クリスタリウム11681026

    お!ドレッシングはダークバルサミコ酢!!

    んんんーーっ!!!

    クリスタリウム116810267

    これは・・・っ ウッウッーウマウマ!!

    誰だよ・・・バルサミコ酢やっぱいらへんねんとか言ってた人・・・いる・・・絶対いる・・・!!

    これはうまい・・・そんでまたダークバルサミコ酢っていうのが第一世界っぽくてうれしいじゃない。

    ダークとかブラッドとか・・・厨二病っぽいネーミングが胃袋に沁みていく・・・。

    クリスタリウム1168102678

    皿もカリッカリでうまい。

    第一世界の人もサラダは皿ごといくんだなあ。

    サラのうまいサラダでブラッドサラサラ・・・・ふふ。

    「お待たせしました、バゲットとソーセージです」

    クリスタリウム1168102678s

    クリスタリウム1168102678s5

    おお~・・・・。

    クリスタリウム1168102678s6

    「ソーセージはパンにはさんでお召し上がりください」

    ほお・・・・

    クリスタリウム1168102678s7

    ・・・・・・・・。

    クリスタリウム1168102678s101

    「あの・・・・どうやって!?」

    クリスタリウム1168102678s10

    「すごい速さで交互に食べてもらえれば、そんな感じになります」

    「すごい速さで・・・・」

    「はい」

    クリスタリウム1168102678s7

    う・・・・

    クリスタリウム1168102678s9

    うおおおおおお・・・・ん!!

    クリスタリウム1168102678s1012

    ばくっ!

    クリスタリウム1168102678s1013

    ばくっ!

    俺は今・・・

    クリスタリウム1168102678s1014

    アシエンだ。

    クリスタリウム1168102678s10146

    分かたれた世界を・・・口の中でひとつにし・・・・

    クリスタリウム1168102678s10147

    元のサンドイッチという世界を取り戻す・・・!

    仔猫のグルメ5

    アシエン・マイディリプスだ!!

    クリスタリウム1168102678s101475

    ほおお・・・こうなるんだ?

    うまい!・・・たしかにサンドイッチと同じ味・・・いや・・・幾多の霊災による多くの犠牲の上に成り立ってるから・・・

    普通のサンドイッチよりうまい!そうきたか・・・

    クリスタリウム1168102678s1014756

    ぶらクリからの、世界統合・・・まさかクリスタリウムでアシエン気分が味わえるなんて・・・。

    今日の俺はなんて幸せ者なんだ・・・。

    さあ…熱くなってきた!アシエンとしての戦い!!

    ここで行っておくか!!

    「すいません!」

    クリスタリウム1168102678s10147567

    追いグラタン!!

    毎回毎回コップで飲まされてオチに使われるグラタン系!

    やっぱりこれでしょう!

    「お待たせしました。ラセットポポトグラタンです」

    クリスタリウム1168102678s101475672

    おおおおーっ!?

    へええーーっ! グラタンと言えば原初世界ではコップで飲むものなのに・・・第一世界ではパンに包んであるんだ?

    そうそう・・・・こういうのでいいんだよ。

    ソーセージとバケットの戦いにグラタンも参戦!

    ふふふふ・・・・これら3つの世界を・・・

    クリスタリウム1168102678s1014756723

    素早く交互に食べ・・・アシエンソーセージグラタンサンドの世界を・・・



    仔猫のグルメ6

    ・・・・って熱っつぁあうっ!!












    クリスタリウム1168102678s10147567233

    あー・・・えらいめにあった・・・。

    でもうまかったなあ・・・。
    忙しいクリスタリムの街にあった忙しいサンドイッチ。

    クリスタリウム1168102678s101475672333

    でも人よ・・・アシエン達よ・・・急ぎすぎるなかれ。

    時にはゆっくりと時間をかけて混じりある事も大切なのだ・・・。

    いろんな種族の人がいっしょに生きる・・・この街のように・・・。

    クリスタリウム1168102678s1014756723336

    あー・・・美味しかった!

    「ごちそうさまでした!」


    クリスタリウム1168102678s10147567233367

    いてて・・・そうだ・・・全身複雑骨折してるんだった・・・。

    ほんと・・・急ぎすぎても・・・良い事ないよなあ・・・。

    病院行こ・・・。

    仔猫のグルメ9

    マイディー♪

    マイディー♪

    マイディー♪

    マ・イ・マ・イ・ディー・・・フ~ (↓)



    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    じごくをみれば こころがかわく。

    じごくをみればこころがかわく

    僕は理屈っぽい。

    なんでもかんでも理屈で考える。
    理屈とは、「物事がそうなる理由」。どんな不条理に思える事でも理屈が通っていれば良しと思ってしまう事もある。

    ガンダムの目が二つあるのは、頭の上にあるメインカメラに加えて、二つのサブカメラを使って状況を立体的に把握さする為。
    とか理屈を語られると、なるほど2ついるよな・・・ってなる。

    パトレイバーのイングラムがなぜヒロイックなデザインになっているのか?それは犯人や一般人に対する心理的影響を考慮しているから・・・って言われると、なるほどあれじゃなきゃだめよねってなる。

    ビルドタイガーの胸にトラの顔がついているのは・・・それは・・・かっこいいから。
    そんな事言われると・・・なるほどわかるぅ ってなる。

    理屈大好き!理屈LOVE!理屈ちゅっちゅ!

    そんな僕なので、あまりに理屈が通っていると・・・それを無条件にかっこいいとさえ思ってしまうのだ。

    さて!本日ご紹介しますのは!

    りくつかっこいい

    5PRO ATM-09-ST スコープドッグ  です。

    またスコタコかよ!そうです。好きなんです。スコープドッグ。
    なんだろう、何十年たっていろんなデザインのものが出ても、結局最初のがイイってありますよね。
    いつも買っているのはやまとの1/12シリーズなのですが、今回は気分を変えてディフォルメタイプのスコープドッグです。

    開封。ばりばり。

    じごくをみればこころがかわく1

    あらやだ。かわいい。ララフェル?

    もともとリアルロボの中でもちょっとかわいいデザインですからねw ディフォルメが映えるw

    スコープドッグはやっぱりこの色合いがいいですよね。基本がグリーンってところ。
    緑って軍用のイメージつよいですもんねー。

    緑色の理屈は、軍用のジープをイメージしてデザインされたかららしい。
    扱いもジープに近いですもんね。

    りくつかっこいい1

    スコープドッグ最大の特徴はなんと言っても顔。

    ターレットレンズですね。ヒーローロボットらしい目鼻口は泣く、無機質なレンズが中央にある。

    これにもちゃんとしたデザイン上の理屈がありまして。

    ダグラム4

    これがボトムズの前番組の主役ロボダグラム。これも変わった顔のロボで顔がヘリのコックピットみたいになっている。
    これはこれでカッコよくて人気もあったのですが、いかんせん表情が無い。

    なのでロボ戦なんかではロボットがどこを見ているのかわかりずらく、作画や演出に苦労したそうです。

    で、次の番組のボトムズでは、この路線を踏襲しつつなんとか表情を持たせられないかという注文に、天才デザイナー大河原邦夫氏が出した答えが・・・ターレットレンズだった。

    りくつかっこいい3

    めちゃめちゃ見てる感あるもんなー。不思議ですよね。

    じごくをみればこころがかわく3

    そしてボトムズと言えば、ローラーダッシュ!

    人間みたいに走って戦わない。足の裏にある車輪を使って、スケートですべるように移動する。

    これがかっこいいんですよねー!キュイーンって音もあいまって!!

    りくつかっこいい4

    急速旋回する時は足に仕込まれたターンピックという杭を地面に打ち付けてそこを軸に反転する。

    これもかっこいい!!

    もちろんローラーダッシュが生まれた理屈もある。どったんばったん足を前後してロボットが走るとその分作画枚数が増えるからですね。ドムのホバー移動も同じ理由。

    こいうメタ的な理由が、設定に落とし込まれていい方向に跳ねてるってすごいですよねw

    ちなみにガンダムが大きな盾を持っているのは、大きな盾に身体が隠れる事であまり身体を描かなくていいかららしいですよw

    じごくをみればこころがかわく4

    スコープドッグは俯瞰から見るとほんとかっこいい!

    胸の部分が斜面になっているのは、正面から飛んできた弾を上方向に跳弾させてダメージを逃がすという理屈。

    じごくをみればこころがかわく5

    このハッチオープンもかっこいいよなあ。全長3mっていう設定がまたいい。
    18mだと無理っぽいけど、3mとかだとほんとに作れそうですもんねw

    あとあと!!

    じごくをみればこころがかわく6

    横方向から攻撃を受けて、バランスを崩して転倒しそうになったとするじゃないですか!

    じごくをみればこころがかわく7

    その際、倒れそうになった方向の地面を射撃して・・・

    じごくをみればこころがかわく8

    その反動を利用してバランスを立て直しつつ反撃する。

    これが、「ブースタンド」っていうボトムズ乗りの高等テクニック。

    架空の乗り物の、架空のテクニック・・・かっこよくないですかっ!?

    じごくをみればこころがかわく9

    主人公キリコの特殊能力もすごい!

    彼は異能生存体と呼ばれていて、どんな状況に置かれても彼は死なない。

    しかもそれが、銃弾を跳ね返すとかそう言う事では無くて、とどめを刺されそうになったら偶然爆発が起こって助かったり、胸を銃で撃たれてもわずかに心臓からずれて当たっていたり・・・いわゆる主人公補正っていう特殊能力なんですよね。

    ほんとリアルロボットアニメの傑作なので、ぜひ見てほしい。
    作画がなあ・・って思う方はペールゼンファイルズっていうシリーズでもいいので見て!それから見ても大丈夫!

    じごくをみればこころがかわく99

    ボトムズと言えば男くさいむせる作品というイメージが強い。

    なのでそろそろ女子高生がゆるーくATを乗り回す「ぼと☆むず!」とか作ってくれてもいいんですよ。
    ただしATの描写だけはゴリッゴリで。

    「ねえねえ、今の見た?」
    「ふえ~ブースタンドだよ~っ!」

    じごくをみればこころがかわく99s

    見たい。

    独身万歳!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    てんどんやないかっ!w

    てんどんやないか

    おもしろかったww



    なんか、朝日新聞デジタルに吉田P/Dが寄稿されたそうで・・・。

    しかもタイトルが「人は、なぜオンラインゲーム(MMORPG)をプレイしないのか」というかなり興味をそそるタイトルだったんですよね。

    かなり気を引き締めて読み始めたのですが・・・。

    読んでみたら、忙しい吉田P/Dが、限りある時間の中で挑戦した「お笑いエンタメ作品」だったw

    やっぱり吉田P/Dの文章は冒頭がうまいんですよねー。漫才で言うと掴みの部分。
    この文章も冒頭のわずか10行ほどで、なんとなくこの人の話はおもしろそうだって思えるもんなあ。

    まあもちろん、タイトル通りの内容も書かれていて、人がMMOをやらない理由をあげて、そのネガを見事に解決しFFXIVに導いているw その制約の中で、まるでゲームを遊んでいるかのように自分でお題出して答えて、自分でお題出して答えて、どうクライマックスに持っていくかを考えつつ楽しんで書いてるなあ・・・というのが伝わってきて吉田さんらしいなと思ったw

    今日は僕のブログを読むよりこっち読んだ方が絶対面白いので、ぜひw

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    やっぱりエクスアラガン好き!

    やっぱりすき

    今日はバタバタしててブログを書く時間があんまり取れなかった!

    なので、あっさりとした記事でごめんなさいっ!で、何を書くかというとまたエクスアラガンがかっこいいって話ですよ。
    この間書いたばっかりなのにね!かっこいいから仕方ない。

    レンジャーのエクスアラガンをそろえた後も、エクスアラガン熱は冷めずPVPに精を出してました。

    で、タンク系のエクスアラガン・ディフェンダースーツを取りました!

    これもかっこいいですよね~っっ!!

    やっぱりすき1

    今回もエッジの白がかっこいい!刺し色がレンジャーと違って赤なんですねー。
    黒地に赤!悪そうだー!という事で今回は黒で染色!

    がんぶれ1

    ディフェンダーは、コート状になっているのがいいですね。

    手はロボット的にしたかったので、ヘヴィ・ダークライトガントレット、脚はラプトルスカートです。
    しれっと追加されていたラプトルスカート。タイツ付きスカートとしては割と優秀なんですよね。

    SF剣士!って感じでお気に入り。

    そしてさらにお気に入りが!

    やっぱりすき2

    スカイパイレーツディフェンダーヘルム!

    この頭装備好きなんですよー!このまったく表情を感じさせないつるっとしたフルフェイス。

    がんぶれ2

    悪役感すごい!

    決してしゃべらず、マシン的な音だけ立ててヒーローと戦うライバル的中ボス!

    やっぱりすき23

    いまいちミラプリが決まらなかったガンブレイカーですが、これで上げていこうと思います!
    60から70まではIDなんかで上げて、残りはフェイスの育成をしながら上げて行こうかな。

    まあこんなナリですが、ID行った時はきちんと「よろしくおねがいします!」って言おうと思うw

    お会いした時はお手柔らかにお願いします!w


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    LAST LABYRINTH -ラストラビリンス-

    ラストラビリンスA

    中学校の時だったかな、すごく楽しかった思い出がある。

    移動教室っていうのがあって、普段勉強している教室とは違う所で授業を受ける事がたまにあった。
    ある日そんな移動教室で普段とは違う机に座った僕。なんとなく机に目をやるとこう書いてあった。

    「机の中を見ろ」

    あーこれはあれだな、たまに落書きである「上を見ろ」「右を見ろ」「バーカ」みたいなよくある手の込んだ落書きだなと思いなんとなく机の中を見てみるとメモがあってこう書いてあった。

    「右隣の机の中を見ろ」

    ええっ!?自分の座ってる場所だけで完結しないの!?隣の机の中を見ろって授業中だし・・・。
    まあ授業が終わってから見たらいいか・・・と思ったものの・・・気になる。

    授業中、隣の机の中を見るにはどうすればいいのか。ちょっと見せてとガサガサやるとさすがに先生に見つかる。
    この状況をクリアするためにはどうすればいいのか。今の状況を隣の席の友人に口頭で伝える事は難しい。
    僕はおもいついた。机の中から出てきたこのメモに「机の中からこんなのが出てきた、ちょっと机の中を見て」と書き足し隣の席の友人に渡したてみたんですよね。そしたら友人はわかった!みたいな表情をして机の中を見てくれたんですよ。
    そしたらまたメモが出てきた。

    「右隣の机の中を見ろ」

    さらに右!?謎が謎を呼ぶ展開!僕は口パクで「まわせまわせ!」と伝える。
    友人もわかった!みたいな感じで隣の席にメモを渡した・・・。

    先生に見つかると怒られるという制約の中進める謎解き・・・。

    途中、1回先生に見つかりかけましたが、なんとか4つほど席を渡った先で謎の答えが書いてある紙が発見されたようだ。
    謎の答えが書かれた紙が自分の所まで戻ってきた。「バーカ」と書かれた紙。すごくくだらないオチ。

    でもこの謎解きは、とてもスリルがあってすごく楽しかったのでよく覚えている。

    先日発売になったVRゲーム「LAST LABYRINTH」もまさにそんなゲームだった。

    ラストラビリンスA22

    このゲームは、車いすに縛り付けられ、身動きが取れない状態の中、頭から出るレーザーポインターを使って謎を解いていくゲーム。ジャンルで言うと「VR脱出ゲーム」になるんだと思う。

    このゲームを作った会社は、光のお父さんのドラマ化で尽力してくれたぴぃさん所の会社。
    僕もテストプレイをさせてもらった事があって、とても楽しかったんですよね。なので製品版の発売を心待ちにしておりました!

    ラストラビリンスA23

    VRゴーグルを装着し、ゲームをスタート。

    暗来部屋の中にポツンといる自分。
    目の前には電気スタンドが・・・。

    あかんわ・・・これあかん。絶対怖いやつ。
    VRのこわいやつ!

    VRの怖いやつは、通常のゲームの怖いやつの約28倍くらいこわい。

    スタートしたら車いすに縛られたあげく、暗がりの部屋に置かれ、目の前に電気スタンドって・・・
    なんて絶望的な・・・。

    でもねーこれねー。
    普通のTVゲームなら、ひゃー・・・どうなるんだろうわくわく・・・みたいな感じですけどね。

    VRだと他人事じゃないんですよね。

    このあかりが付いたら、どどーんとゾンビがいたら速攻でアンインストールしてやろうと思う。

    ラストラビリンスA24

    カチ!

    ひっ!

    ラストラビリンスA223

    ここで登場するのはカティアちゃん。

    まあ、テストプレイさせてもらったので、知ってたんですけど…お約束ということでw

    ラストラビリンスA2234

    近寄ってくるカティアちゃん。
    非常に自然な動きなので、女の子が近寄ってくるだけですごい臨場感!

    無意識にあたりに警官がいないか見渡してしまったわw

    ボンテージで車いすに縛られ、女の子にさわられてるなんて・・・
    もしこんな所、警察に見つかったら間違いなく捕まる。

    これVRですから!なんて言い訳通用するかどうか・・・・

    それくらい現実とバーチャルの境界がわからない没入感&緊張感w

    ラストラビリンスA22266

    このゲームで自分が動かせるのは、首と指だけ。

    頭に装着されたレーザーポインターで気になる所を指し、ボタンを押すとカティアちゃんが何かしらのアクションをしてくれる。
    うまくカティアちゃんに指示を出して、閉じ込められた部屋の謎を解き、脱出しましょうというゲームである。

    普通VRのゲームと言えば、バーチャル世界を「自由」に動き回れる!なんてのが売りになるのに、このゲームを楽しくしているのは、この「不自由」という制約だ。

    そして、この「不自由」の練り込み方が絶妙なんですよ。

    ラストラビリンスA2455

    カティアちゃんは一生懸命、何かを伝えようと語り掛けてくれるのですが、その言葉が日本語どころか英語でもドイツ語でもない。まったくわからない言葉で語り掛けてくるんですよね。そんな言葉の壁による不自由このゲームを面白くしている。

    おもしろいなーと思ったのは、この謎の言葉。

    何を言っているかわからないので、ここ・・・なんだかあやしいね!とかそんなNPCからのヒントは期待できない。

    でもゲームを続けていくと、簡単な言葉だとなんとなーーーくですが理解できるようになってくるんですよねw

    あ、これは「はい」っていう返事なんだとか、「これ?」って聞かれてるんだとか・・・w

    それはゲーム全編を通しての謎みたいな感じになっていて、余計にカティアちゃんに親近感が沸く。

    しかも声を当てているのが、メタルギアVのクワイエットを演じたステファニーさんだっていう謎の豪華さ。
    ちなみに僕ファンで、ツイッターフォローしてるんですよね、ステファニーさんw

    ラストラビリンスA24556

    そして何より不自由を感じるのは「VRであること」。

    ヘッドセットを付けているので・・・ゲームを遊んでいても、メモが取れないんですよ!

    途中、記憶力を試される仕掛けや、因数分解みたいなのを暗算でやらされるような仕掛けとかあり、紙に書いて考えたりメモを取れば楽勝だろうなという考えが湧いてくるんですが、カティアちゃんと一緒にここまで脱出してきた!という経験が変なプライドを生み、それをしたら負けという気分になってしまうw

    ゲーマーは、出されたお題を、与えられた環境のみでクリアしてなんぼだと思うんですよね。

    でも、天秤の部屋だけは・・・ほんとに頭が沸騰するかと思ったw

    ほんと・・・みんな・・・天秤には・・・気を・・・つけ・・・ろ・・・バタ

    ラストラビリンスA222667

    様々な制約の中、知恵を絞り脱出できた時の爽快感。

    ほんと、あの中学の時の制約の中での楽しかった謎解きを思い出した。

    程よい脳の疲労感からか、洋館から脱出した時に風を感じちゃったりする・・・。

    途中何度も、こんなん無理やとヘッドセットを取ろうとするけど、ほんっとに些細な事がヒントになって一気にパズルが溶ける瞬間がある。それを一度でも体験すると、もう戻れないw どんどんラストラビリンスに潜っていく事になると思いますよw

    VRなので、ホラー的な物だったら嫌だなと思ってましたが、いきなり、ドーン!キャー!というものはほとんどなく、忍び寄るこわさみたいなのも良かった。

    脱出系のゲームの謎解きが好き!という方にはぜひともおすすめしたい1本です。
    新しいVRの楽しみ方をいくつも発見できて楽しいです。

    VRのプラットフォームはPCのVIVE、PSVR、オキュラスなんかにも対応してます。

    VR持ってる人はぜひ!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。