固定表示スペース

    お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
    以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

    きれいなコーディング、シンプルな見た目

    • 内部SEO対策済
    • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
    • W3Cで Valid 
    • HTML-lintで100点

    ちょこっと試してみよう!

    当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

     角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

     赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

     その他の特長も表示可能です。 

    かんたんカスタム機能

    • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
    • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
    • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
    • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
    • 編集方法を記載したページのURLも記述済

    読者を迷わさない充実ナビゲーション

    固定表示スペースを目的別に複数設置可能

    1. HOMEページに固定表示スペース
    2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
    3. 各記事最後に固定表示スペース
    4. 各ページ下部に固定表示スペース
    5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
    6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

    試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

    上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

    記事本文がメイン、テンプレートはサブ

    • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
    • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

    わりと自由な使用条件

    • カスタムOK (むしろ推奨)
    • アフィリエイトサイトOK
    • 商用利用OK
    • 作者へ質問OK
    • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
    • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
    • アダルト・違法サイトNG

    このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


    メインストーリーを進める上でのマイブーム

    メインのマイブーム

    紅蓮のリベレーターメインストーリー、ただいま進行中。

    FC:じょびでもクリアした人がちらりほらり。早い人はもう終わらせてるみたいですねー。
    しかし、今回も楽しいストーリーですよね。

    僕は今回、メインストーリーを進めていきながらとある事で楽しんでおります。

    それは・・・・

    メインストーリーのマイブーム

    「NPCと記念撮影をしながら旅をする」 ・・・という遊び。

    蒼天のイシュガルドのシナリオってすごく「旅をしている」っていう感じが強かったじゃないですか。

    アルフィノやエステニアンやイゼルさんとの旅がとても楽しくて・・・いい思い出になってるんですが・・・

    SSを見返してみたら、自キャラのアップか風景しかない!

    というわけで・・・

    メインストーリーのマイブーム2

    このようにメインストーリー上でNPCと遭遇したら・・・・

    メインストーリーのマイブーム3

    「いえ~い!」と記念にパシャリ。

    よくよく考えたらですよ? メインストーリーって1キャラにつき、1回しか楽しめないわけじゃないですか。

    なので、その瞬間瞬間は全て1回しかないシャッターチャンスなんですよ。

    もっとそれに早く気づくべきだった・・・・。

    メインストーリーのマイブーム4

    なんとなく始めてみたら・・・これがなかなか楽しくてw

    撮っていくうちに、エモートや表情、構図なんかもどんどん凝りだしてしまう・・・w

    メインストーリーのマイブーム5

    撮ったSSを見返すと、なんとなく「解放への道のりは本当に大変ですが結構楽しく旅してます」みたいな感じに見えてほっこりしてくるし、ストーリーやNPCへの愛情も深まる感じがしますねーw

    メインストーリーのマイブーム6

    ああ・・・この世界に生きているのだなと・・・・ 
    SSを見返すとそんな気持ちになれて嬉しい。

    メインストーリーのマイブーム7

    しかし「グループポーズ」の機能は本当に素晴らしいですね。

    その瞬間瞬間を見事に切り抜き、保存してくれる。 旅の思い出をしっかりと残してくれる大発明だと思う。

    メインストーリーのマイブーム8

    この旅が終わったら、記念写真を集めて フォトブック(物理)にしてみようかな。

    モニター越しに見るのと、紙に印刷されたものを手元に置いておくのとではまたちょっと違った味わいもありますしねw


    FFXIVの旅は、カットシーンは振り返られるものの、旅をしているその瞬間瞬間までは振り返ることができない。

    なおかつ一度きりの旅・・・

    「NPCと記念撮影をしながら旅をする」・・・これは結構お勧めです!!

    4.0の旅がもっともっと楽しくなりますし、最近FFXIVを始められた方は今からやっておくとこれからのストーリーが何倍も楽しくなると思いますよーっ!!ぜひお試しください!


    つづく

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    大感謝アップデート!

    大感謝アップデート

    8月31日をもってサービスを終了するECO。

    最後に少しでも楽しい思い出を!という運営さんの気持ちのこもったアップデート「大感謝アップデート」が始まりました。

    全部で3回にわけで、最後の大盤振る舞いが行われるわけですね。

    本日はその第一弾として「アイテム開放」など様々な緩和/調整等が行われました。

    大感謝アップデート3

    街に突如出現した、「ThanksObject」。

    ここにアクセスすると、懐かしいアイテムから最近のクジ品まで厳選されたお洒落アイテム等が格安で買える。

    これがまたお得すぎて、笑いが止まらないw

    どれくらいお得かをリアル世界のイメージでお伝えするならば、ランボルギーニアヴェンタドールの本物が5,000円くらいで買えるイメージ。そりゃ世界の終わりを感じずにはいられない・・・・。

    前にECOやってたよ・・・という方にそのお得感を伝えるならば・・・・

    大感謝アップデート4

    はじめてのワイシャツ(黒)・・・・5,000ゴールド。

    大感謝アップデート5

    ほんのりチーク・・・・5,000ゴールド。


    光の戦士にも これがどれくらいのお得感かをお伝えするとするならば・・・

    大感謝アップデート6

    話を聞いたじょびメンバーが紅蓮そっちのけでアクロニアに集結するほどに大事件なのです。

    大感謝アップデート7

    みんなどんどんかわいくなっていくw

    僕はでかねこみみと、ネコスーツを買って、僕にブログの楽しさを教えてくれた恩人のコスプレを・・・・。

    なつかしくて涙でそうw

    大感謝アップデート8

    昔こうやってよく手を振ってくれてたなあ・・・・。

    大感謝アップデート9

    ももちゃん。

    大感謝アップデート10

    ひな・・・・。

    いろんな髪型見ると当時のフレンドを思い出すなあ・・・・。

    みんななつかしい。元気にしてるといいな。

    たくさんの友達ができたエミル・クロニクル・オンラインの世界。

    ぜひこれを機会に触れたことがない人にも触れてほしい。
    昔やってた人は、サービスが終わるまでに一度は帰省してほしいなと思う。

    大感謝アップデート11

    この世界もあと、2ヶ月ちょっとだ・・・。


    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    クガネ散歩

    クガネ散歩

    気がつけばアーリーアクセスは終わってた。

    というわけで、紅蓮のリベレーター正式サービス開始。
    しかし、アーリーアクセス中は絶対緊急メンテをしないぞ!という意地を感じましたねw
    初日は混雑しすぎてバトルコンテンツに入れないぞ!という事はありましたが、その間にほかの事を進めたりして気がついたらなおってた。

    こういう安定した運営ができているっていう部分、もっと評価されるべきですよねw

    さて、侍も60になり、モンクに切り替えメインストーリーを進めております。
    決して駆け足にならないように、じっくり遊びたいところです。

    そしてついにやってきましたよ!憧れの街「クガネ」。

    クガネ散歩1

    トレーラーで何度も見た街、おおっ早く行ってみたい!と憧れていた街、クガネ。

    そこに足を踏み入れる感動・・・これぞエクスパンションの喜び!!

    前回のイシュガルドも感動しましたが、いかんせん雪国な上に千年も戦争をしている国だったので、
    ああ・・大変そうな街だなあ・・・というのが最初の感想だったのですが、クガネはまたそれとは違った感想・・・・

    クガネ散歩2

    極彩色豊かな、エキゾチックジャパンな町並み。

    「歩いているだけで楽しくなる街」というのが最初の感想でした。
    到着してからしばらくはクエストを忘れて散策してしまうほどにw

    クガネ散歩3

    和風なのに、大きな電飾看板のようなものが至る所に見え、蒸気が立ち込めてたりしてどことなく、リドリースコットの「ブレードランナー」を髣髴とさせる全体像。立ち食いそばもあるしねw

    とにかくあらゆるところが「かっこいい」街です。

    クガネ散歩4

    主な色使いは、白い壁と緑色の瓦に朱色の刺し色。たしか妖怪ウォッチのコマさんの武器かなんかで、すごく「朱色」にこだわったって言ってたので、クガネの街の朱色がとても綺麗なのも頷ける。

    クガネ散歩5

    もうひとつ嬉しいのが、マップがわかりやすいこと。

    道が全部直線で出来ていて、覚えやすいw イシュガルドの街で未だに迷う僕にはありがたいw

    クガネ散歩6

    とにかく写真ばっかり撮ってる・・・ザ・観光客って感じですよw

    そしてなにやら・・・このクガネには、隠された名物があるようですね・・・・

    それが・・・

    クガネ散歩7

    「登山」!!

    登山とは、ジャンプを駆使してマップ上のわずかな突起等を足場に上へ上へと登っていく遊びです。

    新生エオルゼア時代は、何度か登山ブームが到来し数多くのチャレンジがなされましたが、蒼天のイシュガルドの実装に伴いフライングマウントが実装され登山ブームは衰退の一途をたどった・・・。

    しかし・・・今回のクガネの街はフライングマウントが使えず、なおかつ高層建築が多い町並み!!

    登れる場所があるわあるわ!

    これは言うなれば、「さあ登ってみろ」という運営からの挑戦状なわけですよw

    今日はそのうちの一箇所をご紹介しましょう。

    クガネ散歩8

    MISSION:「望海楼、幻の屋上湯を目指せ!」

    ここ、探検手帳にもあるところですねw

    なので割と簡単に登れて絶景が拝めます。

    クガネ散歩9

    スタートはこの位置。まずは望海楼1Fの屋根を目指します。

    クガネ散歩10

    まずは手前の屋根にあがり、提灯をつるしている紐をわたって左側の屋根へと移ります。

    左側の屋根から望海楼に向けて進みます。

    クガネ散歩11

    さあ・・・ここからが勝負です。

    クガネ散歩22

    望海楼の屋根に飛び移ったら、バルコニーのようなところを進み、看板の端へとジャンプ。そこから1本目の杭にジャンプ。
    ここまでは特に難しくありませんが、その次、屋根の下から出ている杭へとジャンプする所が最初の難関です。

    ここを失敗すればまっさかさま、スタートへ戻ります。 

    視点を真横からにするとわかりやすいかな?

    クガネ散歩23

    2Fの屋根に上がったら、同じように杭から杭へとジャンプを繰り返します。
    そしてここも、屋根の下から出た長い杭へのジャンプが最大の難所。
    早く飛びすぎると、屋根に頭を打ち付けて落下。行き過ぎると真下へまっさかさま。

    何度も失敗したら、落ち癖がつくので、しばらく休憩するのがコツ。

    クガネ散歩12

    最後にもう一本杭がありますので、そこに飛び移って屋根をあがっていけばゴールです。

    最後の難関クリアに必要なのは・・・勇気でしょうかw

    クガネ散歩24

    クガネを一望できるところにお風呂があるとは・・・「粋」ですねw

    クガネ散歩13

    ここには探検手帳があるので、言うなれば用意された登山。
    なのでアスレチック感覚で遊べて楽しいです。

    苦労して登って湯船に浸かりながら見るクガネの街は・・・それはそれは贅沢な感じですよ・・・。

    そして・・・ここから見えるんですよね・・・

    クガネ散歩25

    あの絶望的高さを誇るタワーへと挑む・・・クライマーたちの姿が・・・・w

    がんばれ・・・がんばれ・・・・あ・・・・おちた・・・w

    メインの進行やレべリングに疲れたら、クガネに戻って登山するのもお勧めですよっ!!

    余計に疲れたらごめんなさいw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    「ゼノス」MQフィギュアが届いたよ。

    ゼノス00

    コレクターズエディション届きましたー!!

    アーリーアクセスに夢中すぎて、箱が届くのすっかり忘れてましたねw
    設定資料集や布製マップも素敵な感じですが・・・・

    やっぱりメインはこれですよね・・・!!
    本日ご紹介しますのはーっ!

    ゼノス3

    FINALFANTASYXIV
    マイスタークオリティフィギュア 「ゼノス」


    FFXIV紅蓮のリベレーターコレクターズエディションの特典として付いてくるゼノス様のフィギュアですね。
    マイスタークオリティフィギュアシリーズは前回の「オーディン」も非常に出来が良かったので今回も楽しみにしていたんですよね。
    監修を吉田P/Dが直々にやってらっしゃるので間違いは無いシリーズ。吉田さんも立体物には相当うるさいですからねw

    というわけで開封。

    ゼノス4

    手にした瞬間ズシリとくるPVCの重み。

    前回のオーディン同様に造形物として中心から外に向けてのラインが素晴らしい。
    ツノ、刀、鞘の先が綺麗な二等辺三角形を描いている。かっこいいですよね。

    ゼノス様11

    握っている刀のデザインもかっこいいですね。 あ!これはっ、ニヤっとしちゃうw

    ゼノス様15

    腰布の先が上に向いているのもポイントが高い。
    前回のオーディンもそうでしたが、このシリーズは先端がどっちを向いているかにすごく拘ってるのかなと思います。
    固定モデルはポーズを変えられないのでそういうこまかな演出がものを言いますからねー。さすがです。

    ゼノス様13

    ゼノスの特徴的な装備「魔導リボルバーぐるぐる鞘」。※正式名がわかんないw

    なるほどこんな形をしてたのか、とまじまじと見てしまう。

    握り方が自然でいいですね。親指に力を入れて刀に添えている感じがよく出てる。

    ゼノス様18

    腰周りの装飾の質感も丁寧。ヒスイの石の感じとかすごいいいですね。ここだけ光沢が効いてます。
    ブラウンのベルトとその先のシルバーの質感もいいですね。

    ゼノス5

    ファンフェス発表時のサンプルからも実は結構変わってますね。
    吉田P/Dがまだ全然駄目!って言ってたのもよくわかる感じで、ゲーム内のカラーリングとの差異が結構あったわけですね。
    ゲーム内のカラーリングの方が変更になったのかもしれませんがw

    こういう経緯が見れるのはおもしろい。

    ゼノス様16

    あと取り扱いの注意点として、東部と肩にある小さな羽の装飾。

    PVCはこういう細いパーツに弱いです。落下したり、洋服を引っ掛けたりすると簡単にポキっと折れてしまいます。
    特にツノ部分は折れやすいのでご注意です。

    ゼノス様17

    下から見上げたときの絶望感。

    それが見事に再現されてていいですよね。「えー・・・削れって言われても・・・」って思うよねw

    ゼノス6

    うーん・・・敵ながらかっこいい。

    マイスタークオリティと銘打つだけあって、ただゼノスのフィギュアですよーどうぞーという感じではなく、徹底的に監修されていて。
    特典の域を超えてますねw 今回もずっと眺めてニヤニヤしたくなる満足のいく逸品でした。 

    とはいえ、まだメインストーリーは途中でして・・・大丈夫かな?

    このまま進めて「こいつだけは絶対許せねえ!」ってなってエアガンの的にしたくなったりしないかなw

    何はともあれ、次回作も楽しみにしてますねっ!

    独身万歳っ!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    泳げる世界。

    泳げる世界

    そうか・・・ついに泳げるようになったか・・・・w

    それは、今から6年も前のPLLですよ。

    当時FF14を担当することになったプロデューサー兼ディレクターが言ったんです。

    「いずれ泳げるようになる。なおかつ潜れるようになる?酸素をどうするか検討中」

    旧時代のエオルゼアに愕然としていた当時の冒険者達に夢を見せてくれた、第一回PLL。

    その内容は、当時リーブしか娯楽のない世界なのに対し、家を建てられるようにするとか、スカウトクラスを実装するとか、カジノを作るとか、あまつさえ飛べたり泳げたりできるようにするとか、そんな夢いっぱいの話ばかりだった・・・。

    参考記事:⇒ 2011年11月4日「広げられたふろしきは、果てしなくでかい。」

    しかし・・・

    あの日広げられた大きな風呂敷は、もうそのほとんど現実のものとなってきている。

    そうか・・・泳げるようにしてしまいましたか・・・・w

    泳げる世界1

    それがうれしくて、アーリーアクセス前は、コスタデルソルでログアウトした。

    そして、アーリーアクセス開始・・・即ログインして・・・ジャンプ!!

    ざぶーん!

    泳げる世界2

    おおおおあああっ!?

    ほんとだっ!ほんとに水に入れるっ!! 6年前の約束は守られたのだ・・・!!

    泳げる事よりもその事に感動するレガシーw

    泳げる世界3

    すごいなあ・・・・。腰までしか浸かれなかった海を泳いでるわー・・・・。

    泳げる世界4

    めちゃめちゃきれいやしーっ!w

    水をかくスピードや操作感も、泳いでる感じがして良いですね。

    泳げる世界5

    今回新しく実装された、「水中に浮く」のエモート。

    あ・・・気持ちよさそう・・・w

    泳げる世界11

    ゲームの中とはいえ、なんと贅沢な・・・w

    スーパーリゾートだ・・・w

    泳げる世界6

    いや・・・こういう場合は「イルカ」でしょっw

    なんでこんな大きなサメが・・・・w こういう所がなんというか14らしくていいですねw

    泳げる世界7

    とあるクエストを完了すると、潜れるようにもなる。 ※コスタでは潜れません。

    これもまた気持ちいい。息継ぎはいらないのでずっと潜ってられるのも気持ちいい。

    泳げる世界8

    水中では、「水中宙返り」なるエモートもありますね。

    すごく華麗にくるっと回りますので、ぜひお試しください。

    泳げる世界9

    水中の揺らぎも雰囲気が出てて素敵ですね。

    水面まで上昇すると、ザバっとなって画面が切り替わるのもシームレスな感じがして気持ちいいです。
    つい何度もやってしまうw

    泳げる世界10

    水中を行くツインタニアもかっこいいじゃないですか。
    マウントに乗るとスピードも増してこれまたきもちいい、きもちいい事づくし!

    泳げる世界12

    まだ潜れるようになったばかりなので、一箇所しか潜ったことないけど、今後はいろんな水中の風景画見られるようになるのかな?それも旅を進めていく楽しみの一つになりそうだ。

    泳げる世界13

    とにかく感動した。

    「アップデートで泳げて潜れるようになりました。」っていう場合、ゲーム上では水中を移動できるようになったっていうだけなんですが、ちゃんと操作感や、演出、フィールドが「楽しく水中を移動できる」ように作りこまれている。

    ここなんですよね、FF14すごいなーって思うのは。
    何かひとつ付け足しましたっていうだけじゃなく、え?そこまでやるの?っていう驚きが毎回あるw

    初めて空を飛んだときのあの浮遊感にも驚いたし、今回の水中アクションもそう。
    こうやって丁寧に丁寧に広がっていく世界がたまらないですよね。

    だからこそ、2年に一度のエクスパンションはお祭りになるんですよねー。

    あと・・・畳にあがる事や、泳げるようにもなりましたので・・・そろそろ裸足になれるようお願いしますw

    広げられた風呂敷はでかい。6

    家も建てられ、空も飛べて、海も泳げる。
    あの日広げられたふろしきはとてつもなく大きかった。

    でも、今こうして目の前にあるFF14はあの頃夢見た世界だ。

    FF14はもう充分にスーパーウルトラ超大作だなと僕は思う。

    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。