FC2ブログ

    固定表示スペース

    お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
    以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

    きれいなコーディング、シンプルな見た目

    • 内部SEO対策済
    • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
    • W3Cで Valid 
    • HTML-lintで100点

    ちょこっと試してみよう!

    当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

     角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

     赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

     その他の特長も表示可能です。 

    かんたんカスタム機能

    • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
    • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
    • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
    • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
    • 編集方法を記載したページのURLも記述済

    読者を迷わさない充実ナビゲーション

    固定表示スペースを目的別に複数設置可能

    1. HOMEページに固定表示スペース
    2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
    3. 各記事最後に固定表示スペース
    4. 各ページ下部に固定表示スペース
    5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
    6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

    試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

    上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

    記事本文がメイン、テンプレートはサブ

    • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
    • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

    わりと自由な使用条件

    • カスタムOK (むしろ推奨)
    • アフィリエイトサイトOK
    • 商用利用OK
    • 作者へ質問OK
    • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
    • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
    • アダルト・違法サイトNG

    このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


    龍が如く7 で遊び始めた。

    龍が如く7 1

    龍が如く7を遊んでみたら、とんでもないカスゲーだった。

    こう書くと、え!?龍が如く7ってクソゲーなの!?って思われるかもしれないが・・・

    違う。断じてクソゲーではない!「カスゲー」なのだ!

    どういうこと!?龍が如くってあのヤクザのゲームでしょ!?

    そう思われる方もおられると思うので、説明したい!

    現在僕は第三章まで進んだ。まず、現在の状況を記していきたい。

    龍が如く72

    今回、プレイヤーは今までのように、オールバックの切れるアウトロー桐生一馬を操作するのではない。
    龍が如く7の主人公は、こちらの「春日一番」という男。最初はヤクザなんですが、なんやかんやあって、組にいられなくなり、横浜でホームレスを始めるという、どん底人生を歩む、無職の42歳。

    今作はRPGであり、いろんなクエストを受注して進めて行くので、もちろん主人公にも仲間がいる。

    龍が如く73

    足立さん。元は横浜の刑事だったのですが、なんやかんやあって左遷され、免許センター勤務に。さらになんやかんやあって、警察を懲戒解雇され、無職になった。歳のせいか、最近牛丼の特盛が食べられなくなった。

    龍が如く74

    ナンバ。 元は看護師だったが、こちらもなんやかんやありホームレスになった、もちろん無職。
    びっくりするくらい靴下が汚い。

    龍が如く745

    全員40オーバーの無職 という社会的地位も何もない人たちが主人公なのだ。

    そんな彼らが・・・そんな彼らがですよっ!?

    龍が如く746

    龍が如く7467

    龍が如く74678

    龍が如く746789

    龍が如く746789s

    ドラクエごっこしながら、ハローワークの行くってゆー!!

    そして、チンピラや酔いどれサラリーマンに絡まれながら、やっとハロワについたのに・・・

    龍が如く74678922

    住所不定の為、まずは自立支援センターを紹介されるってゆー!!!

    今までの龍が如くシリーズとは540度違うかっこ悪さ!

    龍が如く746789226

    龍が如く7は、いわゆる現在社会で言う「カス」として物語を進めて行く「カスゲー」なんですよ!!

    目の前で起こる様々な出来事にひとつひとつショッキングで・・・でも実際にありそうで・・・。

    彼らもとて、望んでそうなったわけではなくて、それでも前向きに頑張って生きていこうとする。
    そこから生まれる人間ドラマはかなり色濃い物語になっていきそうでワクワクする。

    主人公の名前が「春日一番」ですからね。

    龍が如く7467892267

    僕は常々ゲームはいろんな疑似体験ができるからこそ面白いと思っています。

    世界を救う英雄になったり、モテモテの高校生になったり・・・いろんな体験ができる。

    でも、40歳オーバーのホームレスになって生きる体験ができるゲームを僕は他に知らない・・・。

    まだ第三章までしか進んでないので、最終的にどういうお話になるのかはまだわかりませんが、相当引き込まれましたねw

    龍が如く74678922679

    もちろん神室町も出て来るし、極道の世界も描かれているので、たしかにこれは龍が如くシリーズなんですが、主人公も変わっている為、前作までを遊んでいなくても充分別の意味で楽しめそうですよ。

    龍が如くシリーズの最初のクエストって、クラブで働く美人ホステスに指輪を買いに行くという所から始まるのですが・・・、あえてかどうかわからないですが、今作の最初のクエストはあまりにそれとは対照的な物を探してくるという所もむむむ!って思いましたね。

    これは名作の予感!それでは続きを遊んできますねw

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    一撃確殺週末日記 2020.1.19



    俺たちの磯丸水産。

    磯丸水産いいですよねー。あのまったく緊張感を生まない店の作りとか、活気とかw
    何処にでもあるし、遅くまでやってくれてる所も多いし、何よりいいじゃないですか!浜焼き!!

    結構ソロで行ったりもするんですよねw 
    自分でホタテとかサザエとかイカとか焼きながらツイッターのタイムラインを流し読む・・・。
    おススメはですねー、〆の雲丹クリームパスタです!  濃厚でクリーミーなんですよねー。
    ランチの海鮮丼もいいぞ!

    また行きたくなってきた。昨日も行ったのに・・・。

    そいでは、今週のふわっと日記です!どうぞ!




    20201190022.jpg

    ■ 3学期終了。

    2周目でやっと突入で来たペルソナ5ザ・ロイヤルの目玉3学期。また朝までかかってクリアしてしまった・・・。
    とても良いお話であった・・・。結果的に、2周目でクリアできてよかったなと思えた。多分初見で3学期やってたら蛇足に感じたと思いますしねw 1周目で通常のペルソナ5のエンディングを見たからこそ、比較できるというか。新メンバーヴァイオレットも良かったですね。コードネームはハラペコが良かったな。3学期を見ないと、ヴァイオレットがなんというか、完全無欠女子というか、正直ちょっといけすかない感じがするんですよね。あれですよ、ジャッカー電撃隊のビッグワンみたいな感じですよ。わかるかなw 既存のメンバーとは別軸にいる存在と言うか・・・オールマイティーな追加戦士感ある。でも3学期のストーリーで描かれる彼女の葛藤は既存メンバーのストーリーに対して勝るとも劣らないグッとくるものでしたね。ありだと思いましたw これにて僕のペルソナ5は終了。良い学生生活でした!というわけで、来月はスクランブル買いますw






    ■ もうひとつの人生を歩んだ気になれた。

    くらいぶさんがリツイートしてたので、なんとなく読み始めたら・・・もう止まらなかった。

    ツイッターでよく見る4~5Pの軽いエッセイマンガかなと思って読み始めたらあなた!1000ページ以上ありましたよw
    ただ、内容と構成が素晴らしすぎて全ての予定を投げだすほどに夢中で読んじゃいましたねw

    出てくるキャラクターのほとんどに大なり小なりの闇があり、その闇の滲み出方がとてもとても読んでてつらい。
    でもどの人の気持ちもわかるというか、人生はいろんな人の人生が重なり合って進んでいくんだなあとあらためて感じた。

    特にSさんの存在は僕の中で大きかったなあ。こういう人は・・・とても・・・いる。今までは感覚としてこういう人の存在を感じてたけど、そのおぼろげなビジョンを明確にキャラクターとして描いてくれているので、ハッとする事が多かったなあ。

    全てが丁寧描かれていて、本当にそこに自分もいるような感覚になり、まるでもうひとつの人生を歩んだ気になれてとても勉強になった。読み終わるまでかなり時間がかかりましたが、かけがえのない時間となりました!本当に素晴らしい作品でした。




    2020119001.jpg

    ■ 今週の80sロボ 「バルキリーとオーガス」

    今日は超時空シリーズから2体。1体はリボルテックのVF1J。このバルキリー好きなんですよ。リボルテックのやつ!変形はしないのですが、プロポーションが当時のプラモデルのボックスアートに近くて好きなんです。昨今いろんなバルキリーが出ていますが、どれも可変に重点が置かれているため、バトロイドになった時、胸部が大きく、肩や手足が細かったり小さかったりする。それに比べこのマッシブな体形のバルキリーのかっこよさですよ!バトロイドはこうでなくてわー!続いて左側にあるのが、パームアクションのオーガス。バルキリーに比べ立体化に恵まれないオーガス。それでもヴァリアブルアクションのオーガスはかなり決定版な作りなのですが・・・お高い・・・。リボルテックのバルキリーとも並べたかったので、オーガスはパームアクションの方を購入しました。これも高いんですけどねwかなり小さいのですが、ちゃんと4段変形するスグレモノですよ。

    飾って眺める事を主とするディスプレイ派の僕にとって、バルキリーに代表する可変メカの玩具って微妙な感じで、ファイター、ガウォーク、バトロイドのうちどれかの状態でしかディスプレイできないじゃないですか。そうすると結局バトロイドで飾りたくなる。なのでプロポーション重視の非変形ロボ玩具として出てくれないかなーとかとも思うんですが、需要は少なそうですねw

    そんな感じの一週間でした!またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    その後のP5ロイヤル。

    その後の

    おい!囚人!

    元旦から遊び倒してクリアしたものの、3学期突入のフラグを知らず、通常エンディングを迎えた僕の怪盗人生。
    クリアまでに80時間くらいかかってしまい、その真実を知ったので完全に口から魂が抜けてしまった。

    のですが・・・。あの双子の「おい!囚人!」という声が忘れられなくて、2周目を始めてしまった・・・。

    2周目1

    2周目の怪盗人生は、人間パラメータを引き継いでくれるので、そこのレベリングにかかった時間をまるっとコープ育成に持って行けるので、かなり効率的に回すことができた。

    1周目で犯した過ちを最優先にして進めたので、無事3学期に入る事ができましたねー。
    一度見たカットシーンは飛ばして、進めて約20時間・・・。がんばったなあ。

    2周目2

    とにかく、双子の看守、ジュスティーヌとカロリーヌがかわいい。

    P5は、ベルベットルーム周りで起こる出来事がほんとよくできていておもしろいですよね。
    まさかまさかの展開でw

    その後の6

    ロイヤルで追加されたという、双子とのおでかけイベントも楽しかった。
    この子らおでかけイベントの時は他の人にも見えるんですねw

    2周目3

    双子の話がもっと見たい!という気持ちから悪魔合体もがんばりました。

    2周目4

    これとこれであれなので、あれをこうして、あっちのあれはこうだからこうして・・・・みたいに頭をひねり作り上げていくビルドが楽しかった。2周目は全書が引き継がれてるのも大きい。よし!これでOK!行け!・・・・事故!?ってなるのも定番ですねw
    双子がかわいいから許す。

    その後の8

    そんなこんなで、サタナエルも完成!

    かっちょいい!!150万くらいかかりましたけどねw 
    これでもし何かあっても3週目は最初からサタナエル使えるようになるし・・・安心か・・・。

    2周目5

    まさか2周もしないとしないといけないとは・・・合計100時間以上遊んでいる。
    では、おまちかねの3学期を楽しもうかなっ!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ウルダハ走り。

    ウルダハ走り

    あああああぁああぁあああ~!!

    劇場版光のお父さんの1シーンでウルダハを全力で走るシーンがあるのですが、作品全体の中でもこのシーンが結構好き。
    声を入れている時も、南條さんの素晴らしい叫びにホロリと涙が出てしまったんですよねw

    撮影時の演技自体はそんなに難しく無かったんですが、撮影がとても楽しかったのをよく覚えてます。

    ウルダハ走り1

    実際に走ったコースは、ゲームをやってる人ならすぐに分かるウルダハのメインストリートですね。
    実はここが一番走りやすかった。

    ウルダハ走り2

    いろんなゲーム内演技がある中で、実はこういった移動を伴うシーンは難易度が高い。

    ウルダハ走り3

    例えば、この場所からリテイナーベルまで移動するシーンを撮るとする。

    ウルダハ走り4

    普通にゲームをしていると、基本的には最短で行けるこのコースになる。

    ウルダハ走り5

    しかし、そうなるとソファを横断するので、こういうどことなく非日常的なカットが生まれてしまう。
    もちろん、ゲームを遊んでいる人から見ればこっちの方がリアルなんですけどねw
    でもゲームをやってない人が見ると、ここに違和感を感じてしまう。

    ウルダハ走り6

    なのでアクターは、このように障害物を避けて目的地まで移動する必要がでてくるわけですね。
    移動するだけならいいんですが、さらにそこに視点の切り替えや表情エモの組み合わせなんかも必要になってくるので、移動を伴うシーンはなかなか難しい。

    ウルダハ走り7

    その点、このウルダハのメインストリートは走りやすい。

    お判りいただけるでしょうかっ!?

    ウルダハ走り8

    実は石の並びが陸上競技場のトラックみたいになってる。

    これが結構重要なんですねー。

    ウルダハ走り9

    と言うのも、走るシーンはグループポーズに対応していないので、通常のゲーム画面を使いUIを消して撮影せざる得ない。

    しかしそうなってくると、ゲームですので、必ずキャラクターが中央に配置された状況でしか撮影できない。

    ウルダハ走り10

    走るシーンって、走っていく方向に視野が広がってる方が疾走感が出ると思うので、迫力ある画面にしようと思うと、キャラクターを画面の端に寄せる必要がある。

    ウルダハ走り11

    なので、監督がとった撮影方法は、スプリントで走るマイディーを、主観でブレないように捉えながら、自分もうしろ向きにスプリントで走りながら撮影するっていう激ムズな撮影方法だったんですねw

    プロってすごいw

    ウルダハ走り12

    その結果、違和感が生まれないくらいの絶妙な手振れ感も出て、このシーンに命が吹き込まれましたねw

    でも、これ以上にFFXIVのスプリントに合わせても違和感ないように走らなければならなかった坂口さんやリアルパート組も相当大変だったと思いますw

    そこに南條さんの名演が加わっているので、とてもいいシーンになったなあと大変満足しております。

    わずか数秒のシーンでもこんな風に創意工夫を重ねて撮影していた日々、楽しかったなあw

    個人的にでもいいので、また何かやりたいですねー。


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    追憶の凶星。

    追憶の凶星

    2月中旬に予定されているバージョン5.2。

    年末のPLLにてその「追憶の凶星」というタイトルが発表されたのですが、内容についてはまた今度・・・みたいな感じでしたね。

    そんなバージョン5.2のキービジュアルが公開されました。

    追憶の凶星1

    クリスタルの中に描かれる、光の戦士、白アシエン、アルバート(?)の3人。
    それに加えてクリタル上部に描かれているのは・・・まちがいなく「ダラガブ」なんでしょうねー。

    凶星と言えば、ダラガブですし、追憶の・・・と付いているという事は、第七霊災の話になるのかなあ?

    凶星

    第七霊災の時、鏡像世界では実はこんな事が起こってたんです!みたいな事を教えてくれるのかもしれない。

    それを踏まえて、光が溢れすぎてる第一世界にダラガブ落として霊と星を調和させてガガっとイイ感じにしようぜ!
    みたいな展開になって、今度は闇の戦士としてメテオ計劃を進めて行ったりすんのかなーw

    あの禍々しかった凶星を今度は違う立場で見るっていうのもおもしろそうですしねw

    追憶の凶星2

    しかしながら実装は、2月の中旬なのでまだ1ヶ月も先ですねー。

    ただ、20日からまたまたモグモグ★コレクションが始まるので、ずっと欲しかった魔導プレデターをゲットしてみようかなと思っています。ガンブレのレベリングも兼ねてちょうどいい!

    あと、29日にドラクエ10のアップデートもあるようで、新しいフィルターなんかも追加されるみたいですね。
    なんだかんだやっているうちに1ヶ月はあっという間に過ぎ去りそうだ・・・w


    つづく。
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    モグステ課金装備カタログ
    カタログバナー
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。