固定表示スペース

    お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
    以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

    きれいなコーディング、シンプルな見た目

    • 内部SEO対策済
    • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
    • W3Cで Valid 
    • HTML-lintで100点

    ちょこっと試してみよう!

    当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

     角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

     赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

     その他の特長も表示可能です。 

    かんたんカスタム機能

    • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
    • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
    • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
    • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
    • 編集方法を記載したページのURLも記述済

    読者を迷わさない充実ナビゲーション

    固定表示スペースを目的別に複数設置可能

    1. HOMEページに固定表示スペース
    2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
    3. 各記事最後に固定表示スペース
    4. 各ページ下部に固定表示スペース
    5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
    6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

    試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

    上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

    記事本文がメイン、テンプレートはサブ

    • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
    • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

    わりと自由な使用条件

    • カスタムOK (むしろ推奨)
    • アフィリエイトサイトOK
    • 商用利用OK
    • 作者へ質問OK
    • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
    • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
    • アダルト・違法サイトNG

    このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


    機動戦士 ガンダムエオルゼア

    ガンダムエオルゼア

    ガレマール脅威のメカニズム。

    続々と開発されるモビルスーツ。

    ガンダムヨツユ

    GMS-04 ガンダムヨツユ

    ガレマール帝国がドマのモビルスーツ・ツユを接収し、現地で強化改良し運用されたガンダムタイプのモビルスーツだ。
    右手に煙管型の小型シュツルムファウストを装備。

    ガンダムヨツユ01

    UMS-02 ナナモガンダム

    ウルダハの砂蠍衆がその総力をかけて作り上げた、ララフェル型のガンダム。
    ロールアウト直後は、他国にガンダムタイプと悟られぬよう偽装しモビルスーツ・リリラとして運用されていた。

    ガンダムエオルゼア2

    LMS-07-M NEWガンダムマイディー。

    激化する戦いに合わせ、新たにNEWガンブレの技術を注ぎ込まれて作られたミコッテ形の光のガンダム。

    ガンダムヨツユ02

    NEWガンブレへの以降にあたり、頭部パーツをライジングガンダムからゴールドフレーム天へと変更。
    白いカチューシャの再現やボブっぽいフェイスガードがそれっぽい。

    ガンダムヨツユ03

    特に固定の武装は無く、徒手空拳で戦うモンクタイプ。

    ビルド羅刹も健在だ。

    ガンダムエオルゼア4

    さらに今回は、サムライモードへのジョブチェンジへと発展。

    ガンダムヨツユ04

    たたかえ!ガンダムマイディー。

    ガンダムヨツユ05

    なんやかんや言いつつ、遊んでるNEWガンダムブレイカー。

    ゲーム部分はちょっとアレではありますが、やっぱりアセンブルだけは楽しいんですよねw

    まだまだパーツ数が少ないので思ったイメージのものが作れない・・・。

    ガンダムヨツユ06

    やっぱりこのゲームの要はここにあるなあ。

    好きなパーツを好きなように組んで写真を撮って遊ぶ。
    この部分をみんなすごく楽しんでいるんだから、ここをもっと強化してほしいですねー。

    ポーズくらいは自由に決めさせてくれてもいいのになあw

    ガンダムヨツユ07

    ・・・・というか、ガンプラが作りたくなってきたぞーっw

    また明日何か買いに行こうかな・・・。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    NEWガンダムブレイカー(製品版)で遊んだ。



    前回までのあらすじ。

    オンラインゲームとガンダムが好きなマイディーは、オンラインゲーム新しい形マルチプレイを体感する為にPS4を購入。
    最初に買ったソフトはMHWとガンダムブレイカー3だった。

    もともとガンプラが好きなマイディーはガンダムブレイカー3にはまり、オリジナルガンダムを製作し心行くまで遊んだ。

    それから時が流れ、西暦2018年6月、ガンダムブレイカーの新作「NEWガンダムブレイカー」の発売日が1週間後に迫る中、突如NEWガンブレの「βテスト」なるものがスタート。

    マイディーも期待に胸を膨らませこれに参戦。
    グラフィックが美しくなったガンプラのビルド要素に嬉しくなるマイディー・・・。

    しかし・・・肝心のゲーム内容に関しての感想はお世辞にもおもしろいとは言い難く、まったくもってつまらない。
    という感想を抱くに至ったのであった・・・。

    NGB2.jpg

    ネット上でも、NEWガンブレβテストの評価は著しく低く、βテストに参加してよかった、心置きなく予約をキャンセルできるというコメントまで飛び出す始末・・・。

    そんなユーザー達の悲鳴が飛び交う中・・・
    西暦2018年6月21日・・・「Newガンダムブレイカー」は発売された。

    βテストでは「まったくつまらない」と感じたものの・・・
    果たしてβの段階の評価でこのゲームを切ってしまっていいのだろうか?

    悩んだ末にマイディーはひとつの決断をした・・・

    NGB1.jpg

    「あえて買う。」

    最悪の評価で始まったこのゲームの行く末を見たい。

    最悪の評価で始まっても、後のアップデートで生まれ変わるゲームだってある。

    どう良くなっていくのか?はたまたこのまま朽ち果てていくのか。
    それを見届けたい・・・・そう思ったのだ。

    かくしてマイディーは・・・
    新品6,480円でNewガンダムブレイカーを購入したのであった。

    NGB3.jpg

    そんなわけで買ってまいりました、NEWガンダムブレイカー。
    amazonのレビューなんかはもうひどい事になってますね・・・。

    まあレビューはレビュー。

    ガンプラ好きとして、このゲームがどうなのかを自分の目で確かめたい。

    NGB4.jpg

    このゲームは、ガンプラを組み立てて戦わせるというゲームなのですが、毎回ストーリーがあります。
    僕はガンブレ3しかやってないので、3以前はどうだったかわかりませんが・・・・

    主人公がガンブレ学園という所に転校してくる。転校当日に校門で幼馴染の女の子と再会する・・・・。

    あまりにも テンプレ of テンプレ な展開。 スキップを押しそうになるがぐっとこらえる。

    6,480円も払ってるからねっ!

    NGB5.jpg

    そして、クラスで自己紹介をしたのち、1/144のガンダムを与えられてクラスの委員長とガンプラバトルをすることに。
    チュートリアルですね。

    まあこの辺はβテストでやったので、サクサクと終わらせる。

    最初のストーリーをクリアすると、ガンプラのカスタマイズとマルチ対戦ができるようになる。

    NGB51.jpg

    マルチ対戦は、対戦相手のパーツがもらえたりするのでやって損は無い。
    少しでも多くのパーツが必要なこのゲームのメインコンテンツになるのだろう。

    強いパーツやかっこいいパーツを付けて参戦すると狙われる可能性も高い。

    なので、僕は早速マルチ対戦用のガンプラを作り上げた。

    これが・・・NEWガンブレにおける・・・僕の最初のガンダム!!

    NGB55.jpg

    『ガンダム・スリーハンドレット』!

    見よ!この300円のガンダムを、まったく色も塗らず作りましたという感じの佇まい。

    この一切褒める所が無いガンプラのパーツを誰が欲しがるだろうか!

    NGB52.jpg

    この作戦が功を奏した。

    激しい戦場の中、完全にモブになってる。
    相手チームは誰も僕に興味を示さない!すごいステルス性能だ。


    NGB53.jpg

    NEWガンダムブレイカーにおけるガンプラバトルの勝敗はいかに相手を多く撃墜するかではない。

    コンテナを集めろ、とかNPCの敵キャラのパーツを集めろとか、戦闘中ランダムに出題されるクエストをクリアしてポイントの多い方が勝つ。誰からも欲しがられない初期機体の素組みは・・・・実は強いのだ!

    NGB54.jpg

    βテストの時に感じた、マルチプレイの不満点は二つあった。

    ひとつは、自分で作った俺ガンダムで出撃するも、相手からの攻撃を受けてポロポロとパーツが取れてしまい、とりあえずそこらに落ちているパーツを拾って耐えしのぐも、見た目が寄せ集めのパーツで作ったキメラモビルスーツになってしまう。

    「ガンダム」で出撃しても、戦いが終わる頃には「ザク」になってるなんて事は日常茶飯事。

    NGB57.jpg

    そのあたりは製品版でどう変わったのか?

    まあ僕はこんな機体なので狙われないというのもあるのですが、冷静にバトルの流れを見ていても、不用意に互いにつぶしあったりはしていない様子。

    ちゃんとNEWガンダムブレイカーのルールに沿って戦っているように見えました。

    なるほどな。βテストの時は、今までのガンブレのイメージからかとりあえずクエストを無視して撃ちあえ!っていう空気が色濃かった。

    まああのβをやった後、製品版を買った人たちも多いだろうからそのあたりを心得た上で戦ってる・・・そんな印象でしたね。

    なので、βの時ほどパーツポロリが無かった。

    NGB56.jpg

    互いの撃ち合いが減ってくると、NEWガンブレのルールがいきてきた。

    製品版ではまだ、若干ではあるけど、「競技性」のようなものを感じる事ができたのだ。

    ただ強いパーツを付けて、相手を蹂躙するだけの戦いでは無く、おのおのに活躍の場がある。
    そんな印象でしたね。

    攻撃を受けすぎて、すぐパーツがはずされるストレス。
    これはNEWからの新しいバトルルールが浸透していけば、おのずと改善していくように思えましたね。

    1つ目の不満、ここはまだ希望を感じた。

    NGB58.jpg

    もうひとつの不満点だった、ラグによる画面停止。

    これは製品版になっても起こる。駄目。

    新たなクエストが発生した時とかに起こりますねー・・・。
    止まってる間にやられたりすることもあったりなので大きなストレスがかかる。

    それ以外にも全体的にもっさりとしているので、ここはやっぱりこれから改善してほしいですねー・・・・。

    ここが直らないと人には勧めにくいとおもいます・・・・。

    NGB59.jpg

    カメラの感度もノロくてストレスだったのですが、こちらはオプションで感度を70に設定すれば一気に快適になりましたw

    バトル関連はそんな感じかなあ。

    マルチでパーツも少し増えたので、再びストーリーモードへ。

    NGB5100.jpg

    テンプレ of テンプレなストーリーですが・・・

    なんか段々面白いような気がしてきたw 気のせいかもしれないけど・・・・w

    展開や設定はテンプレっぽいのですが、登場人物全てが
    徹底してガンプラオタクなのでおもしろいというより愉快に感じてきたw

    NGB5101.jpg

    あ、この子とはあんまり話合わないかなあとか、
    通常のギャルゲーよりもわかってしまう自分が悲しい。


    βで出来たのは、第二話までだった。

    まあこういう系のアニメなんかも最初は毛嫌いして見始めるけど、三話目くらいから登場人物も増えておもしろくなったりもするので、スキップせずにちゃんと見ていこうと思います・・・。

    NGB5102.jpg

    そしてそろそろ僕の「ガンダム・スリーハンドレット」も恥ずかしい感じになってきたので、ビルドを始めようかな。

    NGB5103.jpg

    ビルド関連は、組み立てる楽しみという普遍的な面白さがあるので、そこまで酷い様には思えないかな。

    ガンブレ3より出来ることも、ガンプラの種類も減っていると聞くけどあいかわらず楽しいなとは思えた。

    まだ触り始めたばかりなので、わかんないですけどねw

    NGB51034.jpg

    以上がとりあえず製品版を触ってみた個人的な感想です。

    不思議なもので、
    実際にお金を出して買ってみると、色々寛大な気持ちになれてそこそこ楽しいと思えた。

    レビューなんかに書いてある事は大体本当のことではある。
    でもめちゃめちゃ駄目!!ってほどではないかな・・・僕はそう思った。

    「お金を出す」という行為自体が、自分を前向きにさせたのだと思うけど、あのβで抱いた感情も少しはマシになった。

    だからと言って、みんな楽しいから是非遊んでみて!とは言えないかなあ。
    これからのバージョンアップに期待するしかないっ!

    ガンプラを改造して遊ぶという普遍的な楽しみは体験できますしねっ!



    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    楽しみすぎてリオレウス買う。

    楽しみすぎてリオレウス買う

    あーやばい!楽しみすぎる!FFXIV×MHW。

    まだリオレウスと戦えますよ!という部分しかわかってないけど・・・どうなるんだろう!?って今からワクワクしてます。

    発表当日はいてもたってもいられず、深夜にもかかわらずMHWでリオレウスと戦いに行きましたからねw

    でもどうやらそれでも興奮は収まらなかったらしく、気が付いたらこちらをポチってましたね・・・

    さて、本日購入いたしましたのは・・・・!!

    楽しみすぎてリオレウス買う11

    海洋堂 リボルテックヤマグチ リオレウス です。

    今から6年位前に発売されたフィギュアで現在はもうプレ値がついちゃってますねー・・・。
    もともとリオレウスが好きなので、いつか買おうと価格が落ち着くのを待ってたのですが・・・我慢できずにポチっちゃいましたw

    リボルテックシリーズはクリックの入った球体関節を持つアクションフィギュアシリーズですね。
    歴史も長い・・・。ですが、この関節がけっこうクセがあってなれるにはちょっと時間がかかるっていうしろものです。

    でも、現在可動するリオレウスではこれが一番入手しやすい感じですね。

    可動レウス1

    開封・・・!!結構大きいな。

    リボルテックと言えばちょっと小ぶりな印象ですが、羽が大きくてなかなかの迫力です。

    うーんこれこれ・・・w まさにモンハンの看板息子の勇士だw

    可動レウス2

    羽は軟質素材になっていて、結構自由に動きます。

    ただ、レウスさんは全体的にトゲトゲしているので、さわっていると痛い・・・w

    可動レウス3

    ああ・・・これもできる・・・!!
    これですよこれ!リオレウスの僕的かっこいいポイントっ!w

    このドラゴンっぽく上から相手を見下すのではなくて、胴よりも頭を下げて相手を威嚇するポーズっ!!

    思い出しますね~・・・モンハン1作目のオープニングムービー!!

    あのランポスを威嚇するリオレウスのかっこよさ~w
    レウスの咆哮と同時に流れ出す英雄の証~っw

    可動レウス4

    口の開閉はもちろん、舌は別パーツで可動!
    こだわりを感じますw

    可動レウス5

    しかも嬉しいことに・・・・

    可動レウス6

    同スケールのハンターがついてくるのが心憎いっw

    気が利いてるわーw

    楽しみすぎてリオレウス買う12

    バサァバサァ・・・・。

    あ・・・・


    可動レウス7

    もー・・・・めんどくさいなあ・・・

    可動レウス8

    閃光玉っ!!

    楽しみすぎてリオレウス買う13

    尻尾いただきっ!!

    この尻尾切られた時のレウスの動きが大好きで・・・w

    ちょっとかわいそうに思えるほどよくできてますよねっww

    可動レウス9

    あと1分で村に戻ります。

    すごい遊べるぞ!このリオレウスw

    たのしいw

    可動レウス10

    関節箇所も多くて、ゲーム内の動きはだいたい再現できる。

    普段はガンプラとか人型のものばかり触っているので、たまにこういうのを触ると時間を忘れてしまいますw

    可動レウス12

    FFXIV×MHWのコラボ詳細は7月公開との事ですし、京都FATEあたりで詳細がどどーんと出たりするのかな!?

    MHF側のベヒーモスも楽しみだし・・・熱い夏を楽しみにしながら、今はこのリボルテックで遊んでおこう・・・w

    あーっ!たのしみっ!!

    独身万歳!!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    目線はずしとナナメ撮りのススメ。

    ナナメ撮り12

    おたよりいただきましたっ!!

    最近グループポーズでのスクリーンショットに凝り始めたのですが、どれもこれも棒立ちの記念撮影みたいなスクリーンショットばかりになってしまい動きがあってライブ感のあるスクリーンショットが撮れません。

    なにかコツのようなものがあれば教えて下さい。

    僕もゾゴック好きです!!


    おたよりありがとうございます!同じゾゴックを愛するものとして、僕が普段使っているお気に入りの方法を共有させていただきたいと思います。

    ナナメ撮り1

    多分質問者さんのおっしゃる「棒立ちの記念撮影みたいなスクリーンショット」というのはこういうやつかなーと思います。

    中央に人物がいて、カメラ目線でポーズをとっている。

    まあこれはこれで全然悪くないですし、こういう構図は駄目だ!というわけではありません。

    ただこのスクリーンショットから受ける印象は、カメラの前ではいポーズってやりましたという感じ見えちゃうような気がします。リアルで旅行に行ったときなんかに撮る写真はこんな感じになっちゃいますもんねw

    では脱!棒立ちSS!という事で、僕が普段ブログ用に撮影する時に意識している事をいくつかご紹介します。
    多分なんどか記事に書いた事がある内容もあると思いますが、ご了承下さいませw

    ① 目線はずし。

    ナナメ撮り2

    上のSSをご覧ください。 カメラ目線でこちらを向いていますね。
    動きのあるSSを撮る際、かなり重要なのはこの「目線」なのだと思います。

    このSSはマイディーさんがこちらを向いていますね。記念撮影っぽくなる原因はだいたいこれかなと思います。

    カメラ目線という事は、SSの登場人物がカメラを意識している。カメラの前でポーズをとっていると感じてしまう。

    そう。僕らはリアルの経験から、「カメラ目線=止まっている」と感じてしまうんですよね。

    ナナメ撮り3

    ところが、角度を変えて視線をカメラからはずすと・・・
    あら不思議!SSにストーリー性が生まれました。

    視線が自分から離れることで、被写体が「何を見てるのかな?」とか「何を考えてるのかな?」という部分がわからなくなりそのストーリーをなんとなく想像してしまう。

    このストーリー性こそが、自然な「動き」を撮る為に必要な考え方かなと思います。

    つまり、写真撮影以外の事をしているように見せるのが大事という事ですねw


    ② ナナメ撮り。

    ナナメ撮り4

    グループポーズには、撮影する角度に横回転を加える機能が備わっています。

    ツイッターのTLに流れてくるSSなんかを見ているとあまりこれを触ってる人がいないような印象を受けました。

    実はこの機能はとても優秀で、これを活用する事でSSにぐっと動きが加わったりするんですよっ!

    ナナメ撮り5

    ではその効果をより感じる為に、あえてカメラ目線で実践してみましょう。

    「おねだり」ですね。 

    このSSに横回転を少し加えます。

    ナナメ撮り6

    背景が斜めになりました。

    右回転ですね。通常建てにあるべきものが斜めになるだけで、動きの演出を強めることができます。
    なんとなくSSの右側に力が入っているように見えませんか!?

    ナナメ撮り7

    こっちはなんか首が左に曲がりません?

    人は目に見えるものが通常と違う形で映し出されると、正常に戻そうと無意識に脳が働いてしまう。
    ミラーハウスなんかに入るとヨロヨロしてしまうのがまさにそれですねw

    背景を斜めにするだけで、脳はその写真に違和感を感じてしまう・・・
    それが軽い刺激となって漠然と「動き」を感じてしまうというわけですねー。

    ナナメ撮り6

    ここで2枚目に戻ります。

    なぜか不思議な事に、3枚目のSSより落ち着いて見える。

    見比べてみるとなんとなくこっちがしっくりきますね・・・・。

    その秘密は「軸」です。

    ナナメ撮り8

    2枚目のスクリーンショットは、マイディーの顔から身体にかけてのラインが、まっすぐになっているんですね。
    これが軸になって全体の安定感がとれているんですね。

    ナナメ撮り11

    このように中央付近に軸を設けて、背景を斜めにすれば一気に躍動感があるスクリーンショットになってくると思います。

    ナナメ撮りはこの角度が正解!というのが背景や被写体によって変わってくるので都度カメラをグリグリと傾けてみて安定感あるな!と思うところでシャッターを切れば良いかと思いますっ!!

    あくまで僕の主観ですけどね・・・w

    ドラゴンボールの戦闘シーンなんかでは、この技術がよく使われていますね。

    これとかそう

    縦撮りなんかにも使ったりするとポスター感がでますねー。


    以上の事から、動きがあってライブ感のあるスクリーンショットを撮る為に僕がお勧めしたいのは・・・

    「目線はずし」と、「ナナメ撮り」でっす!!

    ナナメ撮り9

    ちなみにガンプラもナナメ撮りするとかっこいいぞっ!!


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    玩具棚の崩落。

    玩具棚崩落

    先日の地震・・・起こった時僕はまだ寝てたんですよね。

    前日の夜、理由はまったくわかりませんが、何故かやたらと「刑務所のご飯事情」が気になってネットとかでめっちゃ調べてて、へー結構美味しそうなのでるんだとか感心してたら4時くらいになってたので就寝。

    すやすやと寝ているといきなり目の前に何かが落ちてきてびっくりして目が覚める。

    南條さんのアルバム、サントロワだった! 結構遠い位置に置いてるはずのサントロワがなんで?とぼんやり考えてると・・・
    なんかめちゃ揺れてるやん!!と思った瞬間携帯からビュイビュイ!!と大きな音が。

    僕はハムスターがひまわりの種を持つポーズでサントロワを握り締めながら揺れが収まるのを待った。
    やがて揺れは収まり、ふわー・・・・すごい揺れた・・・と家族の安否を確認しにいった。

    全員の無事を確認できたので、TVを付けて現状を確認し、避難経路の確保やら、水や食料の確認やらなにやらを終わらせ、部屋に戻った。

    どうしよう・・・。見るか?絶対ひどいことになってるのわかってる。
    ああ・・・・でも確認しないと・・・と・・・玩具棚の方を見ると・・・・扉が開いている・・・ガラスは無事のようだけど・・・。

    玩具棚崩落1

    どうやら鉄人が左のパンチで扉をこじ開けたようだ・・・。ゲッター1がどん引きの表情でそれを見てる・・・。

    あ・・・でもそんな・・・思ったほど被害は無いかな・・・と思ってその上を見ると・・・

    玩具棚崩落2

    結構な数飾ってた武装神姫たちがいない・・・。

    これをチャンスと言わんばかりに飛び立っていったのだろうか?
    なんてことはなく、真下に落下してたんですけどね・・・。

    それ以外にも色々調べたが、あとは倒れるくらいで大きな損害は無かった。
    崩落を起こしたのはどうやら、メインであるこの棚だけのようですね。

    玩具棚崩落3

    さらに巣立ちで立っていた、やまとの1/12スコープドックはその自重を支えきれず転倒しばらばらになっていた。
    乗っていた西住さんはコックピット外へと飛び出していた・・・。
    散らばったパーツを集めて、一箇所に集めておこう・・・。踏んで壊したら大変だ・・・。

    昼間は買出しをしたり、情報を集めたりしながら過ごしました。

    夜になって少し暇になってきたので、まあせっかくの機会だし倒れてしまった玩具たちのメンテナンスをしながらひとつひとつ磨いていこうと思い立つ。

    玩具棚崩落4

    まずは一番のお気に入りである、やまと1/12のスコープドックから。

    特に破損は無いようなので、磨きながら組み立てていく。ほこりが溜まりやすいんですよね。
    西住さんも長年入れっぱなしなので関節がガチガチになってた・・・。

    玩具棚崩落11

    完成・・・やっぱかっこいいなこいつっw

    スコープドックはいろんな所から立体化されてるけど、このやまとの1/12が一番好きだ。
    何より大きいのがイイ。

    玩具棚崩落12

    このfigmaの納まり感が好き。

    玩具棚崩落5

    鉄人兄弟。どっちも捨てがたい魅力があるなあ。FXも出てほしい。

    超合金魂は、時間がたつと関節部分がへたってきますので、パーマネントマットバーニッシュで調節。

    玩具棚崩落6

    菅生さんも揺れでヘルメットを落としてましたね。メットのクリアパーツにヒビが入らなくて良かった。

    玩具棚崩落13

    武装神姫・・・なつかしい。

    神姫は落下してバラバラになってしまったものの、破損は無く全関節部分の渋みを調整して無事復帰。
    中でもこの蓮華さんがすごくお気に入りでして・・・。

    蓮華1

    オマケ(?)のオンラインゲーム「バトルロンド」は、オンラインゲーム史に残る隠れた超名作だったなあ・・・。

    蓮華さんはゲーム内のキャラも立っていて、金田朋子さんの演技がなんか素晴らしかったw
    そんな腹立つ言い方せんくっても・・・って感じで憎かわいいんですよねw 

    ふだんめちゃめちゃ憎まれ口を叩いてるのに、リセットしようとすると泣きながらやめてくれって懇願するんですよね。
    声にすごい魂が入っててリセットできなかったなあ・・・w

    玩具棚崩落7

    ものすごく時間かかったけど、手持ち神姫の半分くらいはメンテナンス完了。
    コトブキヤからのリブートが決定しているけど、バトルロンドも復活してほしいなあ・・・w

    玩具棚崩落8

    玩具メンテしている間も、たくさんの余震に関するアドバイスや励ましをメールやLINEで頂きました。

    中には熊本地震を経験されてる方からのアドバイスもあって、すごく細かく教えていただきとても参考になりました。
    本当にたくさんの方からのご心配ありがとうございます。

    僕も、家族も、玩具もみな無事でおりますのでご安心下さいませ!!

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    マイディー

    Author:マイディー
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    FF14を始めたばかりの方向け!
    悩めるFCマスター向け記事!
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。