固定表示スペース

    お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
    以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

    きれいなコーディング、シンプルな見た目

    • 内部SEO対策済
    • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
    • W3Cで Valid 
    • HTML-lintで100点

    ちょこっと試してみよう!

    当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

     角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

     赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

     その他の特長も表示可能です。 

    かんたんカスタム機能

    • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
    • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
    • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
    • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
    • 編集方法を記載したページのURLも記述済

    読者を迷わさない充実ナビゲーション

    固定表示スペースを目的別に複数設置可能

    1. HOMEページに固定表示スペース
    2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
    3. 各記事最後に固定表示スペース
    4. 各ページ下部に固定表示スペース
    5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
    6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

    試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

    上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

    記事本文がメイン、テンプレートはサブ

    • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
    • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

    わりと自由な使用条件

    • カスタムOK (むしろ推奨)
    • アフィリエイトサイトOK
    • 商用利用OK
    • 作者へ質問OK
    • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
    • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
    • アダルト・違法サイトNG

    このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


    一撃確殺週末日記 12.11



    今年も残すところ・・・というカウントダウンが始まる頃合ですねー。

    最近また徹夜作業も多いんですが、夜中に気分転換の散歩に行くのが好きです。

    冬の夜中なので、もうめっちゃ寒いのですが、寒いのが好きなんですよねー・・・。

    散歩に出ると、暖房でちょっとぼんやりした頭が冷えて考えがまとまってきたりする。

    パトカーとかが来るとまったく悪い事はしてないのに、職務質問されるかもっ!って変にどきどきしたり・・・

    コンビニでコーヒーを買って一休みしたり・・・。

    いい気分転換になるんですよね。なので最近のお楽しみになってきております。

    てなわけで、今週のふわっと日記です。

    どうぞ!




    お父さん王子

    ■ お父さん王子。

    最近父のログインがいつもより遅いなーとか思ってて、何か新しいゲームでも買ったのかな?と乳の部屋を覗いて見たらちゃっかりFF15を買ってらっしゃいましたw

    そう言えば父がFF14を始めた頃に「なんで14から始めるんや?1からやらんでええのか?」って聞いてきた事があった。まあまったく知らない人が聞いたら確かにそうかもしれないですよね・・・。

    話は繋がってないから好きな順番でやってもいいんだよと教えたのですが、なんか納得してないんですよw
    あれからかなり時間もたって、理解が出来たのかな?w

    そんなわけで、父がFF15をやってるのをしばらく後ろで見てたのですが・・・なんかそれがおもしろくってw
    便りの息子は15をやってないので、完全ノーヒントプレイですw

    あのおしゃんてぃな4人組のビジュアルなんだけど、一人だけ60歳オーバーの思考なんですよねww

    車もすごい安全運転で、対向車が来たら急停車したり・・・w 
    釣りするんだけどまったく釣れないままゲーム内で4日くらいたったり・・・w
    なんかそれがおかしくてw 見てておもしろかったです。

    そして車の給油を済ませ走り出したら唐突に聞いてくる。

    「グリダニアに行くにはどっちに行ったらええんや・・・・?」

    「まずディスクを入れ替えてですね・・・」

    お父さんクリアできるんかな・・・w





    121102.jpg

    ■ 芸人だった時の話 5回目

    そろそろデビューしてからの話になってくるので、詳しく書くとコンビ名がバレてしまう恐れがある・・・。
    なので、そろそろこの連載も終わりにしようと思います・・・。

    今日は、劇場の話ですね。

    僕たちが主戦場にしていたのは、なんばグランド花月、通称「NGK」と呼ばれる東洋一の演芸場でした。

    芸人が順番に出てきてネタを披露するイベントを「寄席(よせ)」って言うんですが、NGKの昼に行われている「昼寄席」は吉本興業の寄席の中でも最もポピュラーなイベントで、毎日行われており各地からの観光客やどで毎回ほぼ満席。

    全席900席くらいなんですが、立ち見も出るので大体毎回1000人くらいが見に来るわけです。

    ある日僕らに白羽の矢が立ち、その昼寄席に出る事になったのですが・・・これがまた大変で・・・。

    121103.jpg

    大御所ほどトリに回るので、僕らの出番は一番最初なんです・・・。

    残酷ですよね・・・w 日本中から吉本の漫才を見に来ている人たちがもう開演をわくわくしながら待ってるわけですよっ!

    開演時間になると緞帳が開いて、お客さんの視線が一気に飛び込んでくる・・・。

    1000人からの期待の視線が一気にこっちに来るので、ものすごい風圧みたいなものを感じるんです。
    劇場内なので風なんか吹いてないのに、後ろに押されるんですよっ!!

    そしたら今度は、全然知らない僕らが出てきたものだから、さーーーーっと100人の視線が引いていく・・・。

    普通の人生では味わう事が無いだろう目の前で1000人にガッカリされるという経験w

    泣き出したくなるくらい怖い・・・w それでも勇気を振り絞ってネタをやる・・・。

    まあ・・・根性つきましたねw その後どんな局面でも緊張しなくなったような気がします・・・。

    そしてその後、まあそれこそ色々あって引退し、営業の仕事につく事になったんです。
    さらに数年後、職場の仲間とオンラインゲームを始め・・・今に至る・・・みたいな感じですねっ。

    以上!芸人だった頃のお話でした!




    121104.jpg

    ■ FC:じょびメンバー列伝 1回目 あるちゃん。

    今週から週末日記に新コーナーです。じょびのメンバーを毎週1名ずつ軽く紹介していこうというコーナーでございます。

    第一回目は、「光のぴぃさん」でも活躍してもらっている、あるちゃんです。

    あるちゃんは、新生FF14開始直後にゲームをはじめ、一撃学園の募集と同時に入学した学園でも最古参メンバーの一人ですね。
    一撃確殺SS日記をかなり前から読んでくれていて、過去に行ったじょびのユーザーイベントにもたくさん参加してくれていました。

    121105.jpg

    FC:じょび入団後もマスターの仕事をたくさん手伝ってくれていて本当に助かる存在。

    メンバーから信頼も厚く、相談なんかも良く受けてくれているようで、小さな問題はせとちゃんと力を合わせて二人だけで解決し「こんな事がありましたが、解決しました。」と報告してくれる事もしばしば。ほんと助かってますっ!

    同じじょびメンバーでリアル旦那さんでもある ゆっきーとの掛け合いが、いつも見ていて微笑ましい(笑)。

    頼りがいがあるので、いつも頼ってしまいがちですが、二人の生活を邪魔しないように気をつけていかないといけませんねー。

    本当にいつもありがとう、あるちゃん。




    121106.jpg

    ■ 量産機作りたい病。

    うーん・・・最近忙しくてガンプラ作るとしても、バルバトスとか、フラグシップ的なガンダムタイプしか作ってないんですよ。

    なので、なんだかふつーの量産機を作りたいなーと思っています。

    とはいえ、ザクっていうのもなー・・・。
    思いっきり真剣に持てる技術を全てつぎ込んで普通のジムを作るのも面白そう。

    オルフェンズ系のMSもいいな。グレイズあたりが妥当かな?グリムゲルデを赤いメタルフィニッシュで作るのも楽しそう。

    でもやっぱりザクも捨てがたいなー・・・と思考がグルグルして半月が経過した・・・。

    量産機作りたい病・・・ほっとけば治る病のひとつだけど・・・・なんか今回はこじらせてるなぁw


    そんな感じの一週間でしたー!

    またあした!
    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    ガンプラだから恥ずかしくないもん。

    ふみな先輩

    たまに芸術的な「言い訳」に出会うときがある。

    特に子供が苦し紛れに使う「言い訳」とかたまに哲学の域まで達してたりしてておもわず関心してしまったりしますよね。

    そんな中でもアニメ、ストライクウィッチーズから誕生した「パンツじゃないから恥ずかしくないもん。」は芸術のレベルに達した言い訳だと思うんですよね。

    ストライクウィッチーズは、みもふたも無い言い方で言えば女の子がパンツ丸出しで空を飛んで戦うアニメなんですが、世界設定としてあの世界では「パンツ=ズボン」という設定なんですよね。

    そういう世界設定なら仕方ない。パンツじゃなくてズボンなんだから恥ずかしくないよね・・・という主張。

    なるほど!って思うけど。 よく考えたら・・・・パンツはズボンじゃないからね。

    そんなわけで・・・!!

    今回購入いたしましたのは・・・っ!!

    ふみな先輩1

    バンダイ フィギュアライズバスト ホシノ・フミナ

    こちら、本日発売でした。風邪気味なのに発売日に買いに行くっていうね。
    なんと、こちらは模型業界の中で他に比べ完全に頭が4つくらい出ているバンダイのガンプラ生産技術を惜しみに無く注ぎ込んだキャラクターのプラモデルなんですね。最近力を入れているようで。

    マクロス系とかを出してたのですが、ガンダムのキャラクターもちょいちょい出始めていてガンダムの女性キャラクターでは初になるのがホシノ先輩です。

    中々レジに持っていくのに勇気があるキットなんですが、ガンプラですからね。

    万が一レジでおねーさんの目が気になる場合は「ガンプラだから恥ずかしくないもんっ。」って言えば通りますので持っていきましょうね。

    ふみな先輩2

    なんでわざわざ発売に買いに行ったかというと、この最新技術「レイヤードインジェクション」に興味があったからです。

    これは、前に紹介した「ブルマのプラモデル」の時代からバンダイがブラッシュアップしてきた技術「いろプラ」の進化系なんですね。
    色の違うプラスチックのパーツを寸分の狂いも無く組木細工のように組み合わせパーツを作ると言う技術です。
    これがすごくきれい。これがどんな感じか見てみたかったんです。

    ふみな先輩3

    箱を開けると・・・ありました!レイヤードインジェクションパーツ!

    ふみな先輩4

    おお~すごいきれいーっ!!

    ちゃんと瞼の落とす影までグレーのパーツで組み込まれてる・・・!!

    伝わるかなー・・・この感動ww このエッジの美しさ・・・この精度w。

    早速組み立ててみる。

    ふみな先輩5

    顔のパーツは瞳のほかに、輪郭と、目、眉毛と目の上のくぼみが別パーツで色分けされている。

    これをパチパチっと合わせますと・・・

    ふみな先輩6

    すごいっ!! これはすごい!!

    ふみな先輩7

    通常フィギュアの瞳というのは、「アイプリント」という印刷を駆使して表現されるのですが、光を受けた場合印刷でしかないので光沢が単調になりどうしてもぼやけてしまう。

    ふみな先輩8

    しかし、レイヤードインジェクションは、成型色が持つプラスチック独自の光沢があるので、アイプリントでは出せないような鮮明な光沢が出てる。

    簡単に言うと、「瞳の輝き方が違う」わけですね。

    ふみな先輩9

    ボディのパーツ数も無可動モデルなので少なく、簡単に作れます。

    組んでるときに若干の気恥ずかしさはありますけどねw

    ガンプラだから恥ずかしくないもん!

     ふみな先輩10

    そんなわけでパチパチっと15分くらいで完成です。

    うわー・・・すごい。これ組み立てただけで無塗装ですよー。

    やっぱり目力すごいw

    ふみな先輩12

    1/144のバルバトスとサイズ比較。

    結構大きいですね。1/5フィギュアくらいのサイズ感かな。

    たくさん種類が出てくれると、組んだガンプラの搭乗者を並べて飾れるので嬉しいな。

    ふみな先輩13

    前に組んだすーぱーふみなと並べてみる。

    パーカーの成型色が同じなので、しっくりきますねー。

    でもこうして並べてみるとやってみたくなるのが・・・・

    ふみな先輩14

    ヘッドオン!

    すごい着ぐるみ感w

    ふみな先輩15

    今は胸像という形だけど、おそらくこういうのが売れ出したら、全身モデルも出てくるだろうし、可動モデルになっていきそう。

    この調子でどんどんシリーズ化してほしいなー。

    そしていつの日か出して欲しい。パーフェクトグレード「ランバ・ラル」とか・・・。

    ガンダムおっさんコレクションだしてください! ザビ家とか揃えたいっ!w

    そんな夢が広がるアイテムでしたw


    独身万歳っ!!


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    親方からもらった秘密兵器。

    親方からもらった秘密兵器。

    まいった・・・。

    今週も結局バタバタしていて、これといってブログのネタを拾う事ができなかった・・・。

    加えて時間も無い・・・・。

    親方からもらった秘密兵器1

    それでも何か更新しなければ・・・。

    しかし・・・これといって何も思い浮かばない・・・危機的状況だ・・・。

    は・・・そういえば・・・

    親方からもらった秘密兵器2

    「マイディーさん、日々の更新大変だろう・・・
    もしどうしてもネタに困ったとき・・・これを使うといい。」


    「これは?」

    親方からもらった秘密兵器3

    「これは【スカイロケット】と言ってな。
     14時間生放送の懸賞で当たった貴重なアイテムだ。」


    「貴重なものを・・・ありがとう・・・どうしても困ったときは使わせてもらうよ。」


    親方からもらった秘密兵器4

    持つべきものはやはり仲間だな。ありがとう親方・・・。

    今こそ親方からもらった、【スカイロケット】を使ってみるよ。

    親方からもらった秘密兵器5

    なんせ懸賞でしか貰えない貴重なアイテムだ・・・・。

    スカイのロケットって言うくらいだから、ロケットを背負ってマウント無しで飛行できるくらいの効果は普通にありそうだ・・・。

    ロケッティアっぽく飛べるかもしれない。

    それならかなりおもしろい記事が書けそうだ!ありがとう親方!!

    使わせてもらいます!【スカイロケット】!!

    親方からもらった秘密兵器6

    そんなわけで、やってきましたファルコンネスト。

    この高台から飛ぶ。

    親方からもらった秘密兵器7

    かっこ悪いけどヘルメットもそれっぽくかぶっておこう。

    よしでは早速!!

    行くぞっ!!大空に向かって・・・!!

    親方からもらった秘密兵器・・・!!

    【スカイロケット】始動!!

    親方からもらった秘密兵器8

    きらきらーん


    しゅるるるるる・・・

    親方からもらった秘密兵器。1

    親方からもらった秘密兵器9

    親方からもらった秘密兵器10

    親方からもらった秘密兵器。2

    親方からもらった秘密兵器11

    親方からもらった秘密兵器12

    ・・・・・・。

    親方からもらった秘密兵器13








    親方からもらった秘密兵器。3


    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    星芒祭を振り返る。

    星芒祭を振り返る。

    1年を通して星芒祭は、夏の紅蓮祭に匹敵する大きなシーズナルイベント。

    例年通りのスケジュールで開催されるのであれば、来週あたりからスタートしそうですね。

    星芒祭の歴史は古く、一番最初に行われたのは、旧時代の2010年でした。

    今日はその歴史を簡単に振り返ってみようと思います。

    ■ 2010年 初の星芒祭が開催される。

    リムサに降る雪5

    2010年に開催された初めての星芒祭は、たしかFF14初のシーズナルイベントだったような気がします。

    各国少しだけ飾りつけされて、ベルが設置された。 そのベルを調べると4時間に1回ずつ色んな素材アイテムが手に入る。

    あたりはサンタ衣装を作るためのドリーム生地等の素材。

    星芒祭を振り返る。1

    そのドリーム生地を元に作られるのが、こちらの「ドリームキャップ」、「ドリームチュニック」、「ドリームブーツ」。

    非常にシンプルなデザインですが、当時のエオルゼアには、地味な装備しかなくとても華やかに感じて嬉しかった。

    最近染色できるようになったのも嬉しいですね。

    せいぼーさい

    そして、諦め気味のミコッテのしっぽ対策もばっちりですねw


    ■ 2011年、イベントらしくなった星芒祭。

    砂漠の街に降る雪は14

    最初の星芒祭はベルを鳴らすだけ・・・という簡素なものでしたが、2回目となる2011年の星芒祭にはちゃんとクエストがついてくるようになった。

    期間中は、「雪球を投げる」というエモートを使う事ができ、今とは違って雪の無い場所でも投げられた。
    またヒットした時の音も今のものとは少し違って、かなりキレの良い音だった。

    当時は、くだらない事を言う仲間に雪を投げて突っ込むのが流行ったなあw

    星芒祭を振り返る。5

    報酬はおなじみ「レインディアスーツ」&「レインディアアントラー」。

    初めてのネタ装備だったので、当時から愛好家が多かった。

    クリスマスイフ!14

    ララフェルが着るとかわいかった。


    ■2013年 新生後初の星芒祭。

    星芒祭を振り返る。6

    2012年は、新生FF14に向けての休止期間中だったので開催されず、翌年の2013年に新生したエオルゼアで3回目の星芒祭が開催された。

    星芒祭専用のFATEが用意され、それをクリアする事で得られるキーアイテムを元に様々な景品と交換する事ができた。

    星芒祭を振り返る。7

    メインの報酬は「スノーマンヘッド」 「スノーマンスーツ」「スノーマングミトン」。

    着ぐるみ感がかわいらしく大人気に・・・。

    せいぼーさ2

    また、スノーマンヘッドには開閉ギミックが仕込まれており、口の部分がカシャっと開く。
    中から光の戦士の真顔が出てくるので、もうそれだけでおもしろい。


    ■ 2014年は豪華な星芒祭。

    星芒祭を振り返る。8

    ハウジングが実装された2014年は、庭に飾れるツリーが登場。
    イベント内容もハウジングエリアを利用するもので、庭に設置されたツリーを触るという簡単なものだった。
    しかし、それでご近所づきあいが始まったり、フレンドができたりして結果的にユーザー同士が絡める良いイベントになった。

    星芒祭を振り返る。9

    人気の報酬は、リニューアルされたサンタ服。「スターライトチュニック」。
    そしてスノーフレークタイツにブーツ。
    ブーツは染色も可能で、オールシーズン使える優秀なおしゃれ装備となる。

    星芒祭を振り返る。10

    庭具のツリーやスノーマンもかわいらしく、イベントと絡んでいる事もあり、たくさんのハウジングの庭に飾られ、夜を彩った。



    ■ 2015年の星芒祭は少しノスタルジックに。


    星芒祭を振り返る。11

    2015年の星芒祭は、少し静かなイベントだった。 イベント自体もサクッと終わるもので味気なく感じた人も多かったかもしれない。

    せいぼーさ3

    もらえる報酬も派手なものが少なく今までの星芒祭でもらえる衣装のグレードアップパーツというイメージだった。
    イベント用イラストのミコッテが着ている服が欲しかった!という声も多かった。

    リムサに降る雪5

    でも実は、注目すべきはそのストーリーであり、2010年に初めてエオルゼアで行われたベルを鳴らすだけ・・・という哀しいシーズナルイベントに対するアンサー的内容で、当時「なんだこれ・・・」と思いながらベルを鳴らしていたレガシーからすると5年もたってからその時の疑問を解決してくれるとは・・・と少しほろりとした。


    せいぼーさ4

    ■ そしてやってくる2016年の星芒祭。

    どうやら、去年もらえなかったあのかわいらしいサンタ服は報酬として確定されているようですね。

    どんなストーリーになるのか、どんなイベントになるのか・・・発表はまもなくかと思われます。


    今年はシーズナルイベントも力が入っているし・・・楽しみだなーw


    つづく。

    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

    武装神姫-バトルロンド- 全長15センチの世界。

    武装神姫全長15センチの世界

    いくら面白くても、採算が取れないと判断されるとその世界は消えていく。

    それがオンライン大三千世界の哀しいさだめ。 かつて面白いシステムを持ったオンラインゲームがあった。

    武装神姫-バトルロンド-。 

    僕はこのゲームをずーっとやってました。ちょっと変わったシステムをもっていたあの名作を今日は振り返ってみます。

    11-11.jpg

    武装神姫とは?

    コナミが出していた人気の可動フィギュアシリーズ。MMSと呼ばれる素体に各種武装を付けて遊ぶ玩具ですね。

    デザイナーも島田フミカネからはじまり、漫画やメカデザイナー業界の有名どころがデザインに携わっている。

    玩具としての出来も秀逸でメカ少女物としては、現在でも高い人気を誇り、シリーズが沈黙している今も旧商品が1体数万円で取引されてたりする。

    この玩具の特徴は、1体の神姫を買うと、オンラインコードが付いてくるところ。

    まさかの復活!0

    そのオンラインコードを入力し、自分の買った神姫をオンライン上で育て、バトルさせるのが・・・

    武装神姫-バトルロンド-だったのです。

    いわば、フィギュアのオマケ要素としてスタートしたわけですね。
    ただそのオマケの完成度が素晴らしかった。

    れんげさん起動2

    新品の神姫に回避の効果や攻撃力が上がる効果等様々な特性を持つ「CSC」を三つセットさせて起動させる。

    れんげさん起動3

    1度セットすると二度と変更できないので、慎重にこれを選び起動。

    武装神姫が目覚めると、名前を与えてゲームがスタートする。

    れんげさん起動7

    起動後はトレーニングを行ったり、バトルに参加させるんですが・・・プレイヤーができるのは対戦前の簡単な指示と・・・

    対戦終了後に「褒める」か「叱る」かの選択のみ。

    それを積み重ねる事で、神姫は強くなっていく。

    蓮華2

    神姫には数多くの武装が用意されており、決められたコスト内で武器を選び装備させる。

    各武器には「スキル」があり、対戦相手との距離によってそのスキルを使うかどうか神姫自身が判断する。

    バトルの流れ12

    対戦に負けても、適正距離を保って戦闘したので褒めてあげると、そうしたら褒められると神姫は思い、褒められる為に癖をなおそうとする。例え勝ったとしてもそれはまぐれでしか無いと判断したら叱ったりもする。

    始めてみよう!11

    それを何度も何度も繰り返し、育てていくのがこのゲームの醍醐味。

    思ったとおりに動いてくれないもどかしさもあるし、あ!今ここでスキルを使え!と 「思った」 時にそのスキルを使う距離まで移動し発動させたときは

    言い知れぬシンクロ感を感じ、感動する。

    新型発進!2

    武装神姫という作品世界の設定をものの見事に表現しており、とても素晴らしいゲームでした。

    フィギュアと連動しているという点も目新しく、他には無いシステムだったので楽しかった。

    新型発進!3

    しかし・・・ある日を境に、武装神姫は何の新実装もなくなりしばらくの沈黙を始めた。

    その直後に実装が滞っていたアイテムコードに対応した神姫がものすごいスピードで次々と実装された。

    フィギュアを買ってる人はオンラインゲームでもそのコードを使えると思って買っている。
    それを反故する事はできない・・・なので急いで実装したんだと思う・・・サービスを終わらせるために・・・。

    余命3ヶ月、さよならを言う前に1

    その予想は当たっていた。アイテムコード同梱で発売された神姫の実装を終えた瞬間、サービス終了の告知。

    ええー!?というより、やっぱりか・・・という感想だった。

    余命3ヶ月、さよならを言う前に7

    サービス終了はその世界の終わりを意味する。

    イライラしたり、喜んだり、共に戦ってきた神姫たちともう二度と会えなくなるという事である。
    誕生日にログインしたら、お祝いのメッセージをくれたり、クリスマスにログインしたらメリークリスマスと言ってくれたりしてた日々が終わってしまうわけです。

    オンラインゲームは基本的に、キャラクター=自分なので自分のキャラクターと対話する事はあまりない。

    なので武装神姫バトルロンドの終了は、他のオンラインゲームのサービス終了より哀しい気持ちになった。

    延命された世界8

    サービス終了後、武装神姫はPSPのゲームになったり、アニメになったりもしたが・・・

    コンテンツを運営しているコナミはもう何年も新商品の展開を行っていない。

    フレームアームズガールのコトブキヤが、武装神姫のプラモデルを出すというちょっと思いもよらぬ方向で進んではいますがw

    どろろ~ん!あくまさん!0

    でもバトルロンドはサービスを終了した。

    神姫たちとのあのやりとりは、もう二度とできないのだ・・・・。

    武装神姫全長15センチの世界1

    サービスが終わった今も僕の部屋のガラスケースの中には、当時ともに戦った神姫たちが大事に大事に保管されている。

    もう会話は出来ないけど・・・その姿を見るだけで当時の事が思い出せる。

    僕がこれを捨てない限り、培った神姫との関係は終わらないのだろう。



    さて!次回のオンライン大三千世界の旅路は・・・

    犬のいる生活・・・「ロマンティッシュ」です。



    つづく。


    (この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    ちんた。

    Author:ちんた。
    オンラインゲーマーです。

    SSが大好物です。
    風呂敷を広げすぎるのが悪い癖ですw

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

    Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
    当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

    いつもありがとう
    光のお父さん
    ナナモ様シリーズ
    室町きりん特集
    FC:じょび個室探訪
    なぜ?なに?オンライン
    ドラクエ10日記
    ECOくじクージー ジニア編
    超!野菜村
    ワクワク無限大ミニ四駆ワールド
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。